無料ブログはココログ

005:乙女塾

2017年1月 1日 (日)

恋するニワトリ/CoCo

◆レビューNo.808◆
Heart_to_heart

「恋するニワトリ」CoCo
作詞:谷山浩子
作曲:谷山浩子
(1990年6月21日発売のVHS「HEART-TO-HEART」収録)

CoCoのコンサートで披露されていた楽曲です!

いきなりですが、明けましておめでとうございます!
はい!
2017年、酉年です!

と言うことで、この曲をセレクト♪
CoCoちゃんの『恋するニワトリ』!はい、そういう事です(∪´>‿<`)

なので、2017年は、この曲を聴いてスタートしました~♪♪♪

では、この曲を紐解いていきましょうね。

『恋するニワトリ』は、谷山浩子さんのアルバム『空飛ぶ日曜日』に収録されていた楽曲。
その曲を、CoCoちゃんがライブでカバーしていました~☆

歌詞に「ココココ・・・」と、CoCoを連呼するところがまさにCoCoで~。
CoCoちゃんにぴったりな楽曲でしたね!

谷山浩子さんの本家の『恋するニワトリ』は、NHK【みんなのうた】の曲でもあり、有名な楽曲だったんでしょうねぇ。

ちなみに、谷山浩子さんのNHK【みんなのうた】で使用されていた曲、『しっぽのきもち』もCoCoちゃんがライブでカバーしておりました☆
こちらもかわいく、CoCoちゃんらしさを振りまいていた1曲でした♪

この2曲、結局CoCoちゃんバージョンはCD化されなかったのが残念でしたが。
CoCoファンの間でもCD化してほしいという要望はあったようですけどね。
タイミングやらいろいろな問題があったんでしょうかね。

CD化はされなかったものの、ファーストコンサート「HEART-TO-HEART」のVHSにバッチリ収録されております!
それが救い!!!

CDデビュー間もないCoCoちゃんの初々しいルックス&歌唱で、このピュアな世界観を創り上げています☆
それぞれのソロパートも魅力的で。

最年少ミッキーの優しい歌声に純情を感じますね~。
あっちゃんはしっかりと歌い上げてくれます♪楽しそうに歌ってるのが良いですね!
理恵ちゃんはやっぱりしっくりきますね(笑 かわいすぎです!
羽Pの耳心地の良い歌声~♪
まきボーの不安定な歌声も、乙女チックでキュンとなります☆

そしてサビですよね!この曲は!
会場中、手で「ココココ」しております。一体感が生まれますね~。
ライブで定番の曲になるのも頷けますね。
CD化されなかったものの、CoCoちゃんにとって重要な1曲な訳です♪

この曲は2000年代にも蘇っておりまして~♪
時東ぁみちゃんがアルバム「②好きです…。」(2006年3月15日)でカバーしています!
(以前、このサイトでもレビューしています☆)
しかもこちらは、つんく♂さん曰く、CoCoのカバーという形になっていて、CoCoのライブビデオを見て制作されていると言う素晴らしい経緯の代物なんですよね~。
こういうの、嬉しいですよね。
その後はTHE ポッシボー(現:チャオ ベッラ チンクエッティ)が、アルバム「① Be Possible!」(2017年3月14日)にて、カバーしております。

そして「ココココ・・・」で思い当たるのは、ももいろクローバーの『ココ☆ナツ』(2010年11月10日)ですね!
ヒャダインこと前山田健一くんも、CoCoちゃん好きですからねー。
これでもわかる通り↓↓↓
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/2013/05/post_153.html
そういうことですよ!笑
CoCoちゃんのオマージュとも言える曲だったり!?
サビの「ココココ・・・」の振り付けも、一緒だったり!!

そんな、アイドル史に残ると言っても良い1曲でもありますね。
CoCoちゃんの活動は、こうやって現代のアイドルにも影響を与えているのですね☆

(突然)さぁ、みなさん、2017年「ココ コココ ココ ココ コココ恋は恋は恋♪」で良いスタートをきりましょうね(*´◒`*)

2017年も、CoCoちゃんともども(なぜかCoCoとセット)よろしくお願い致します☆

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
さよならから始まる物語/CoCo
夏の友達/CoCo
思い出がいっぱい/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
君の歌、僕の歌/CoCo
Live Version/CoCo
幸せかもね/CoCo
さよなら/CoCo
ひまわり/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with   CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo
ちいさな一歩で/CoCo
シャボンのため息/宮前真樹 with CoCo
夏と君と・・・/宮前真樹

恋するニワトリ/時東ぁみ

2016年9月 4日 (日)

逢いにきて/永作博美

◆レビューNo.802◆
Photo

「逢いにきて」永作博美
作詞:黒部真弓・CHAKI
作曲:CHAKI
編曲:亀田誠治
(1994年6月17日発売)

永作博美ちゃんの3枚目のシングル曲です!

ひろちゃん主演の舞台、【頭痛肩こり樋口一葉】を観てきました~。
ひろちゃんの演技を間近で観てきましたよ☆

 〈樋口一葉没後120年記念〉
 東宝・こまつ座提携特別公演「頭痛肩こり樋口一葉」
 ■日時・会場:2016年8月5日(金)~25日(木)日比谷シアタークリエ(東京)
 ■作:井上ひさし
 ■演出:栗山民也
 ■出演:永作博美、三田和代、熊谷真実、愛華みれ、深谷美歩、若村麻由美

http://spice.eplus.jp/articles/52768?_ga=1.170584290.310991077.1472560480

やっぱりすごかった~。
最初、子供の役で登場するんですけどかわいいですよ(笑

話しは最初は難しいかな~、とか思いつつも、どんどん世界に引き込まれ、最後には感動していました。
とても良い舞台でしたね。

それからもう1つ、映画【ペット】日本語吹替版を観てきました☆
http://www.cinemacafe.net/article/2016/06/07/41016.html

ひろちゃんは、デブ猫のクロエ役という意外な役でした!
でもこのクロエ、姉御肌を感じさせる役どころで、そういうところはひろちゃんっぽさも感じたかな。
サバサバした性格って感じですからね☆

わくわく・ドキドキ・ハラハラさせてくれる、遊園地に来たような映画でした~♪

この夏はひろちゃん三昧って感じでしたね!

と言うことで、ひろちゃんの楽曲を紐解かないといけませんね(*^∇^*)ノ

今回はソロ3枚目の『逢いにきて』です♪

イントロから穏やかな世界と言いますか、幻想的な空間に引き込まれますね~。
リラクゼーションミュージックのような感覚で聴けると思います♪
ribbonの元気なイメージとは違い、大人っぽい雰囲気の楽曲です!

ひろちゃんの歌声がまたね、癒される耳心地の良い声で(。ゝω・)ノ☆;:*
でも歌詞はちょっぴり切ない内容で。

好きな人に逢いたいと言う気持ちを歌っているのでね。
星が輝く夜空の下、孤独に耐えているようで。

ひろちゃんの子猫のような歌声が、キュンとしますね☆

子猫・・・と言えば、【ペット】ですが、こちらは太っちょ猫です(笑
【ペット】の次回作は、2018年夏公開!
映画館に、「逢いにきて」!←

関連記事:
Boy's Dream Days~あの頃の気持ち/永作博美 with ribbon
卒業/永作博美 with ribbon
My Home Town/永作博美
いちばんの友達 ~I Hope Your Happiness~/永作博美
Without You/永作博美

2016年5月25日 (水)

Be My Diamond!/ribbon

◆レビューNo.793◆
Be_my_diamond

「Be My Diamond!」ribbon
作詞:原真弓
作曲:楠瀬誠志郎
編曲:松本晃彦/コーラスアレンジ:楠瀬誠志郎
(1993年4月7日発売)

ribbonの12枚目のシングル曲です!

1993年3月9日にNHK-BSで放送された、劇団☆新感線の舞台【TIMESLIP 黄金丸】をついに観ることができました!
生では観に行っていないので、初めて観れましたね。

3人とも声がつぶれているようで、つらいものはありましたが、でもがんばってるのが伝わりました!
3人の熱演に感動です!!!

永作博美ちゃんの、女優への道の第一歩って感じの作品ですかね。
その前にも【世にも奇妙な物語】の「テレフォンカード」や、さらにさかのぼるとファーストビデオ「FIRST WAVE」の中のミニドラマ(コント!?)「水の悪魔」とかありますが(笑

ひろちゃんも、ribboとしてデビューした当時は女優になるとは思ってもいなかったようですしね。
本当に重要な作品ですよね。
ribbonとしてのアイドル活動を糧に、女優に転身した良い例ですね。

そんな、ひろちゃんの転機ともなった作品【TIMESLIP 黄金丸】の主題歌的な楽曲がこの「Be My Diamond!」ですね!

これがまたすごい良い曲で~。

アイドルって路線変更しかけてきたら、個人的にですがピンとこなくなっちゃうんですが、ribbonはバリバリアイドル時代から、後半の路線も良いんですよねぇ。

ひろちゃんメインボーカルで、あみちゃんとあいちゃんを従えている感じですね。
11枚目のシングル『Do You Remember Me?』からひろちゃんメインの曲になって、その第2弾的な?感じですよね。
まあ、そうなっちゃうのかな~、とも。

Qlairも最後の方は吉田亜紀ちゃんがメインになって、3人組は真ん中が重要と言いますか。
そういうバランスになっていくものなのかな、と。

ribbonもひろちゃんのボーカルが正統派と言いますか、あみちゃんとあいちゃんが個性派って感じがして、ひろちゃんがメインを歌うとバランスがものすごくよい感じはしますね。

といっても、きちんとあみちゃんとあいちゃんのソロも多めにあります!
サビがひろちゃんソロなので、メインっぽくなりますね。

あと、歌う時にスタンドマイクで歌っていて位置固定なので、その辺の印象もひろちゃん中心的な感じに受けます。

作曲の楠瀬誠志郎さんがコーラスとしても参加されており、コーラスも耳に残るような印象的な作品になっております!
シュワシュワしていてさわやかです(*ゝωб*)
ひろちゃんのソロパートからのキラキラ感、ほんと素晴らしいです☆
ひろちゃんのくしゃっとした笑顔もかわいすぎてねぇ。
これがアイドルですよね、このきらめきを出せるのは!

振り付けは今までの初期の難易度からは、低めになっている気がします。激しさはない感じですね。
その分真似したくなりますが☆

腕をぐるぐるする列車の振りがこれまたかわいくて!
歌詞に出てくる「列車」が表現されているようですね~。

こんなかわいい曲だけど、失恋の歌なんですよね。
でも悲壮感はあまりなく、前向きな歌で。
それにしても主人公の女の子、健気な女の子だな~。
きっと素敵な女性へ成長していくことでしょう(*^▽^*)

でもですね、この曲のキャッチコピーは、

 「甘く見るなよ!オトコたち」

Be_my_diamond2
というとても力強いものなんですよね~。
女は強し、ってことでしょうか。
健気な女の子・・・ではなさそうですね(笑

あと、『Be My Diamond!』と言うタイトルから雰囲気たっぷりですが、ロネッツの『ビー・マイ・ベイビー』がルーツとも言えますね。
CDジャケットもそれっぽく仕上げている感じがしますd(ゝ∀・)

そして以前にもちょっと触れましたがこの『Be My Diamond!』、中国語バージョンもあるんですよね~。
これ全然当時知らなかったんですが、前に知って驚いたものです。
舞台に海外デビューにと、着実にステップアップしていた3人でした!

ribbonの新たな挑戦がつまった1曲になりましたね(゚∀゚人)

ribbonの本気、ここにあり!!!

関連記事:
リトル☆デイト/ribbon
そばにいるね/ribbon
避暑地の風/ribbon
あのコによろしく/ribbon
太陽を聞いて/佐藤愛子(ribbon)
Boy's Dream Days~あの頃の気持ち/永作博美 with ribbon
ゆるせない!!/ribbon
サイレント・サマー/ribbon
Deep Breath/ribbon
卒業/永作博美 with ribbon
My Home Town/永作博美
いちばんの友達 ~I Hope Your Happiness~/永作博美
Without You/永作博美

2016年1月28日 (木)

さよならから始まる物語/CoCo

777曲目突入!
ラッキーでスペシャルな1曲をどうぞ!!!
 

◆レビューNo.777◆
Strawberry

「さよならから始まる物語」CoCo
作詞:森本抄夜子
作曲:山口美央子
編曲:十川知司
(1990年3月14日発売のアルバム「Strawberry」収録)

CoCoの1枚目のアルバム収録曲です!

まず、曲については置いておいて。
宮前真樹ちゃんのライブに行ってきました~!

 『宮前真樹なんか歌うってよΨ( ̄∇ ̄)Ψ』
 日程 : 2016年1月23日 土曜日
 時間 : 1部14:30〜 2部19:00〜
 会費 : 7,500円(税込)お料理、フリードリンク付
 会場 : Café Restaurant M.Nature

今回は、1部の昼の回のみですが、参加してきました。

今回、まきボーが久しぶりにしっかりと歌ってくれると言うことで!
最後!と言う触れこみで開催されました☆

サポートメンバーとして、田中有紀美ちゃんのライブでも活躍されているギター加藤さん。ベース森口さんが参加です!
そして田中有紀美ちゃんももちろん参加です!!!

昼と夜のセットリストはコチラ↓

■1部■

 01.宮前珈琲館のテーマ曲
 02.明日の恋
 03.夏の友達
 04.ひまわり
 05.雪が降るTOKYOタワー
 06.夏空のDreamer(with田中有紀美)
 07.行かないで夏休み(with田中有紀美)
 08.シャボンのため息
 09.さよならから始まる物語
 10.EQUALロマンス(with田中有紀美)
 11.宮前珈琲館のテーマ曲

■2部■

 01.宮前珈琲館のテーマ曲
 02.笑顔でNo-Side
 03.キミがくれた宝石
 04.HOLY NIGHT
 05.乙女のリハーサル
 06.お願いHOLD ME TIGHT(with田中有紀美)
 07.だから涙と呼ばないで(with田中有紀美)
 08.シャボンのため息
 09.黄昏通信~たそがれどきに想ってる~
 10.みんな大丈夫
 11.EQUALロマンス(with田中有紀美)
 12.宮前珈琲館のテーマ曲
 ~アンコール~
 13.夏空のDreamer(with田中有紀美)

2部は、Twitterの方で皆様に教えていただきました。ありがとうございます!
いや~、名曲ばかりだ!!!
自分が観たのは1部のみなので、1部のみの話しになりますが、1曲1曲その場で選んで歌っていくようなスタイルでした。

曲の間はトークでつなぐ感じでしたね。
1曲1曲曲への想いなど、いろいろ聞けて良かったです(*vωv)

その中でも感動的な話がありまして。
今回、CoCoちゃんのメンバーの曲を歌おうと決めて。
はねちゃん(はねだえりか)や理恵ちゃん(三浦理恵子)は今後歌う機会もあるかも知れないけど、幹代ちゃん(大野幹代)は引退しているし今後人前で歌う機会がないかもしれないからと、大野幹代ちゃんのメイン曲をセレクトされたそうです。
幹代ちゃんは早くに引退したので、それも気にかけていたようで。
まきボー、幹代ちゃんのこと心配してましたもんね。

『行かないで夏休み』は、そんな幹代ちゃんへの愛情を感じれた選曲でしたね。
幹代ちゃんへの想いもそうですし、幹代ちゃんの名曲に日の目をまた当ててあげたいと言う想いにも感動しました☆

『行かないで夏休み』はゆきどんと一緒に歌っていたのですが、これまた素晴らしくて!
2人とも優しい歌声なので、癒されますよね。
しかもこの曲、昔を思い返させるようなキュンキュンする楽曲ですし!
心が透明になっていくような気分でした+.(*’v`*)+

そして嬉しかったのは、やはり『夏の友達』を歌ってもらえたことですね!
まきボーに数年前から『夏の友達』が好きだとアピールしていたので、それを覚えていてくれていて。
Photo
で、歌ってもらえました!
ライブ後にまきボーに挨拶して帰ったのですが、「『夏の友達』歌ったよ!」と言ってもらえて本当にありがたい!!
その気持ちに感謝感激でしたね~☆

あとは、ゆきみどん(まきボー独自の有紀美ちゃんの呼び方)の盛り上げ方がすごくうまかったですね!
会場を熱くさせていたのはまさにゆきみどんでした!素晴らしい!

まきボーがゆきみどんが隣に来てくれて落ち着いたり、ほんといい関係ですね☆

『EQUALロマンス』では振り付けもしてくれて。
まきボーとゆきみちゃんたちに、たくさん楽しませていただきました~!

その他、トークでの興味深い内容は、レコーディングの話しですね。
CoCoとMelody、一人一人レコーディングするのは同じだったようで。
でも、CoCoは結構自由と言いますか、伸ばすところとか誰かに合わせて歌ったりしたそうですが、それでも合わなかったと(笑
Melodyはその辺はきっちりしていたそうで。
そういう違いもあったんですね~。

あと、『TWO HEARTS』は英語の発音とかもバラバラだという(笑
この辺はそういうアバウトな部分をまたしっかり聴いてみるのもCoCoちゃんの楽曲の楽しみ方になりますね!

他には、ライブで疲れたら歌わなくなると。
歌うのは他のメンバーに任せて休憩していたらしいです(笑
CoCoちゃんで言えば、『みんな大丈夫』で、くり返しで一人ずつ脱落していく中、最終的に幹代ちゃんが残って、がんばって歌いきっていたそうです!
さすが幹代ちゃん+.゚(*´∀`)b゚+.゚

貴重でおもしろい話が聞けました!!
ではでは、ライブの話しはこの辺で。

今回取り上げる曲は『さよならから始まる物語』です!
この曲も大好きで、当日の朝、ちょうど聴いていた曲で。
青春ですねぇ。

この曲で思い出すのは、【めざましテレビ】の前に放送されていた【グッドモーニングジャパン】と言う番組内のコーナー「おはよう乙女塾」の最終回!
もうね、泣けますよね。

当時大阪に住んでいたんですが、関西では乙女塾の番組ってほとんど放送されていなくて。
なのでこの「おはよう乙女塾」はめちゃくちゃ楽しみにしていた番組で!
それが最終回なんてね、さびしいですよやっぱり。

だからこの最終回は印象深い思い出の1ページになりました。
過去の放送を振り返り、CoCoちゃんの『さよならから始まる物語』がかかる演出。
素晴らしかったですね~。

明るい曲なんだけど、切なくて。
もうすぐ始まる卒業シーズンにぴったりの曲ですよね。

寂しさを紛らわせるために、はしゃぐ姿が目に浮かびますね。

でも、離れ離れになってもまた夏には会えるという明るい光がさしているのも良いですね。
『さよならから始まる物語』と言うタイトル通り、終わりじゃなくて、未来を感じさせてくれて、最後にはすっきりしたさわやかな気持ちになれます☆

デビュー間もない初々しい歌声のCoCoちゃんが歌っているのもまた良いんですよね。
あの頃しか出せない淡い青春時代がそこにあって。

ラストの別々の旋律が重なっていくところがまた広がりがあって感動的ですよね。
これはグッと来てしまいますね!
青春時代の名曲です!

そして今回、まきボーのライブの物販でこんなクリアファイルを購入できました~。
Photo_2
『さよならから始まる物語』の歌詞!
そして『君の歌、僕の歌』の歌詞もあり。

それからこの猫のぬいぐるみクリップ!
Photo_3
なんと手作り!
まきボーの手作りか~、と思いきや、まきボーのお母さまの手作り!笑
器用なまきボーママですねぇ。
ある意味貴重過ぎる代物です!大切にします゚+゚*((Pq’v`★)゚+。

今回のライブ、歌うのは最後ということでしたが、ファンのみんなの要望で、また歌ってほしいというリクエストもあり、また歌ってくれるかもしれないです!
カラオケやろう!という話しもされていましたが、どういう形であれ、またまきボーの歌声を聴ける機会があるといいな~と思います!


という事で、今回のまきボーのライブの記事のリンクはコチラ↓

田中有紀美「宮前珈琲館のこと」
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12121202259.html
Cafe Restaurant M.Nature「宮前珈琲館の色々( ´∀`)」
http://ameblo.jp/mnatureblog/entry-12121286185.html

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
夏の友達/CoCo
思い出がいっぱい/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
君の歌、僕の歌/CoCo
Live Version/CoCo
幸せかもね/CoCo
さよなら/CoCo
ひまわり/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with   CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo
ちいさな一歩で/CoCo
シャボンのため息/宮前真樹 with CoCo
夏と君と・・・/宮前真樹

2015年10月25日 (日)

あなたじゃなければ/瀬能あづさ

◆レビューNo.765◆
Photo

「あなたじゃなければ」瀬能あづさ
作詞:三浦徳子
作曲:中崎英也
編曲:上杉洋史
(1992年10月21日発売)

瀬能あづさちゃんの4枚目のシングル曲です!

1992年5月17日の日本武道館でのコンサートで、CoCoを卒業し、『君の翼~だいじょうぶだから~』をリリース。

この曲はCoCoから独り立ちした心境を歌っているような内容でしたね。
それから完全なソロ活動を開始し、ついに『あなたじゃなければ』でバラード曲をドロップ!

あっちゃんのエレガントな歌声!ブリリアントですね~☆
渾身のバラード曲をシングルで満を持してついにリリース!!

CoCoの元気でかわいい笑顔が似合うイメージとは違う、大人のイメージ!

この曲で、歌手”瀬能あづさ”が確立したとも言えますね。
『あなたじゃなければ』で歌手として大きな1歩を踏み出したあっちゃん。

この曲を聴いたのかどうか、THE ALFEEの高見沢俊彦さんに才能を認められて、プロデュースしてもらえたわけですよね。

それ程あっちゃんの歌唱力を活かした素晴らしい作品だと言うことは言うまでもありません☆

そしてこの楽曲、ニッポン放送「伊集院光のOHデカナイト」のスーパーミュージックリサーチで1位を獲得したそうで~。
あっちゃんさすがですね!

CoCo時代からバラードが似合うな~、と思っていまして。
CoCoの『メロディ』をソロコーナーで歌っていた時に、素晴らしい!と感じましたね。

バラード楽曲以外にも、大サビでの壮大なパートのあっちゃんの伸びやかな歌声!
ほんと素晴らしくて~。

CoCoの中でも歌唱力が飛び抜けていたあっちゃんですもんね。

ロック系の楽曲もあっちゃんのパンチのある歌声と弾ける笑顔でマッチしていましたが、バラードもあっちゃんの真骨頂ですよね~。

『あなたじゃなければ』では完全に"歌手"の顔でしたし。

堂々と歌い上げるあっちゃんに、圧巻でしたね。
歌への強い思いも感じ取れました!

あっけらかんと笑っていた笑顔がトレードマークだった頃の、CoCo時代のあっちゃんとは違い、グッと大人になったようでした。

そう言う意味で、少し寂しかったようにも思います。
あっちゃん、もうアイドルじゃないのか~、みたいな感情がこの曲あたりから芽生え始めましたね。

それでも歌手としてずっと活動していってほしいなと思っていた一人であります。
歌手として大成するのを願っておりました*゚($’v`$)。*゚

あっちゃん自身、歌が大好きで、歌で泣いたり元気をもらったりしていたので、そういう歌手を目指していたんですよね。
そういう影響力のある歌手になれる実力を持ってましたね。

『あなたじゃなければ』は、歌詞も今までの殻を破ったような内容で。

まず出だしから♪引き裂いてみてよ この胸を・・・♪ですもんね。
ドッキリドキドキです(笑
19歳のあっちゃんは、やはりひと味違います☆

やはり、ポスト"工藤静香"感はありますね。
もちろん、あっちゃんらしさや、静香ちゃんとは違ったオリジナリティはきちんと持っていたので、ただの真似にならずにすんでいたのだと思います。

あなたじゃなければ歌えない歌、きっとあるんです!
あっちゃんじゃなければ、ね!

https://www.youtube.com/watch?v=c1CPpkSjPhI

関連記事:
土曜の夜にRainbow/瀬能あづさ
君の翼~だいじょうぶだから~/瀬能あづさ
6月の海/瀬能あづさ
秋/瀬能あづさ

2015年10月21日 (水)

シャボンのため息/宮前真樹 with CoCo

◆レビューNo.764◆
Sylph

「シャボンのため息」宮前真樹 with CoCo
作詞:宮前真樹
作曲:山口美央子
編曲:山川恵津子
(1992年12月16日発売のCoCoのアルバム「Sylph」収録)

宮前真樹ちゃんのCoCoの5枚目のアルバム収録曲です!

その前に、宮前真樹ちゃんのライブに行ってきました~!
なんと10年以上ぶりに人前で歌うというスペシャルなライブです!!!

真樹ちゃんがお店に立っていた銀座の「キマエマヤミ」(2008年オープン)から、ライブを切望する声が上がっていましたよね。
それが叶ったのは、田中有紀美ちゃんのおかげであります!
有紀美ちゃんが全て手配して、段取り組んでライブまでこぎ着けたそうで。
真樹ちゃんも感謝しておりましたが、自分含めお客さんみんなゆきどんに感謝ですね!
本当にありがとうございます!!みんなでお礼を言わなきゃならないですよねぇ。

と言うことで、はんぶん不思議な二日間がスタートです♪
今回は、1日目にエムナチュールでライブ2回。
2日目に有紀美ちゃんのホームとも言える風知空知で真樹ちゃんと有紀美ちゃんの2人でのトークライブと、2DAYSでした!!!

まずは、1日目の、エムナチュールでのライブを振り返りましょう☆

 ■宮前珈琲館■

 ☆10月17日土曜日
 ☆一部14時~☆二部19時~
 参加費¥7500(税込)
 お料理6品飲み放題付き

「宮前珈琲館」は、食事をしながら真樹ちゃんの話しを聞いたり真樹ちゃんの歌を聴いたりしましたね。

こんなCoCoちゃんの曲のタイトルが付いたドリンクもあり!
Photo_4Photo_5
「ひまわり」を飲みました~。ひまわりをイメージされてますね~☆
Photo_6Photo_7Photo_8
撮り忘れもあるためこれで全部ではないですが、食事もおいしかったです!

1番乗りで並んだため、席もかなり真樹ちゃんに近く。
もう近すぎて、直視できませんでした(〃ノωノ)
いや、真樹ちゃんも近すぎて笑っちゃうし(笑
ちょっと下がって歌ってましたが、あまり見すぎないように聴いてました(笑
あまり見てほしくはないらしく(笑

 昼の部のセットリストはコチラ↓

 1.シャボンのため息
 2.君がくれた宝石[ジュエル]
 3.ひまわり
 4.明日の恋
 5.EQUALロマンス(with 田中有紀美)

 夜の部のセットリストはコチラ↓

 1.シャボンのため息
 2.明日の恋
 3.赤い花束(中嶋美智代)
 4.君がくれた宝石[ジュエル]
 5.ひまわり
 6.EQUALロマンス(with 田中有紀美)

まきボーの好きな曲を歌ったらこうなったっていう感じのセットリストで!

そうそう、ライブ前に、写真を購入してサインをしてもらったんですけど、そこでこう伝えました。
「季節的に難しいかもしれないけど、『夏の友達』が大好きなので歌ってもらえるといいなあ」と。
まきボー、自分が『夏の友達』が好きな事をわかっててくれたんですよ~。それが嬉しかったですね。
前々から何度かそのことを伝えていたのでね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

MC(というのかな笑)でも、「『夏の友達』が好きと言ってくれる人がいたり・・・」とかそのことにも触れてもらえて。
結局歌われなかったけど、その言葉が聞けただけでもありがたかったです☆

選曲もまきボーの歌声に合う、優しいふんわりした楽曲ばかりですね♪

有紀美ちゃんとの『EQUALロマンス』も最高でしたね!
やはり歌声が合いますね~。
真樹ちゃんも、「2人の声が重なるとアイドルみたい」とおっしゃってましたが、まさにそうで!
個人的には2人でのライブもやってほしいと思ってます!ユニット組めます!笑

夜の部ではミッチー(中嶋美智代ちゃん)の曲も歌ったそうで!!
これは!聴きたかったな~。
まきボーと美智代ちゃん、乙女塾時代からの親友ですもんね。

宮前真樹ちゃん&田中有紀美ちゃん、素敵な時間をありがとうございました!

そして次の日・・・

2DAYSラストは、2人のトークライブ!!!

 ■トークライブ 田中珈琲店ミーティング■

 2015年10月18日(日)
 トークライブ 田中珈琲店ミーティング
 ゲスト:宮前真樹
 場所:下北沢 風知空知
 開場:18:00 開演19:00
 前売り:3500円+1D お子様(中学生以下)2500円+1D
 当日4000+1D

Photo

ゆきどんとまきボーのアイドルトーク!
アイドル時代の話しからいろいろ、興味深い話がたくさん聞けましたね!

2人のアイドル時代の関係性だとか。
当時はCoCoが先輩でMelodyは後輩だったので、特に話したことがなかったそうで。
そこから飛び出した、【恐怖の黒ドレス事件】(笑
要は、まきボーとゆきどんが一緒に歌う時に、似た感じの衣装で丸被りしてしまったという。
先輩のまきボーと同じような衣装になってしまった有紀美ちゃん、替えの衣装もなく、そのまま出ることになったそうな~。
有紀美ちゃんはしっかり覚えていたのですが、まきボーは映像を見ても思い出せなかったそうです。
それがコレ↓の16分50秒くらいからのメドレーのやつね。

本当に似てますね( ゚Д゚)
まるで2人組ユニットかのような~。
今となっては良いコンビ!と笑って言えることも当時は恐怖だったでしょうね~。

それにしてもこの映像、大阪パフォーマンスドールも出ていて、今の「アイドル会」のメンツがたくさんいてすごいんですよ!
あ~、いいな~!
OPDの映像を見て、「今でも変わらない」と有紀美ちゃんもおっしゃってましたが、ほんとそうなんですよね。
もちろん有紀美ちゃんやまきボーもそうなんだけど、この頃のアイドルの変わらなさが驚異です!
変わらずいてくれるのは、嬉しい事ですね!

そして休憩を挟み、質問コーナーなど。
その中で、真樹ちゃんがCoCoのメンバーのソロ曲で好きな曲を挙げていたのがおもしろかったのでまとめておきます!

 ★宮前真樹ちゃんセレクト CoCoのメンバーのソロ曲で好きな曲♪

 大野幹代 → 行かないで夏休み
 羽田惠理香 → 無言のファルセット
 三浦理恵子 → 日曜はダメよ
 瀬能あづさ → もう泣かないで

だそうです~。メモメモ!
ミッキーの曲とかいいところついてきますね!

そんなこんなで、無事2DAYSも終了した訳です。
まきボー、ゆきどんお疲れ様でした~!!

と、言うことでライブでも歌われた『シャボンのため息』です♪

この曲は真樹ちゃんの作詞!!
そこ重要ですよね!

乙女チックな真樹ちゃんらしい歌詞で~。

まきボーのソロ1曲目と言えば、CoCoの4枚目のアルバム「Share」(1992年3月25日)の『笑顔でNo-Side』ですが、こちらは元気な女の子のイメージでしたね。
ショートカットのまきボーの元気で明るい!イメージそのものの楽曲で。

ところがまきボー本人が作詞してみれば、乙女チックなが曲が出来上がったと言う。
これが真樹ちゃんの素に近いんでしょうね。
ボーイッシュなイメージだけど、実はメンバー1女の子らしいという話も聞いたことありますし。

ソロデビュー曲は、CoCoのアルバム「Sylph」と同日発売の『夢へのポジション』(1992年12月16日)。
『シャボンのため息』と同じ日に発売された訳ですが、雰囲気が全く違って。

『夢へのポジション』はアニメ関連でしたからね。
真樹ちゃんのイメージとはまた違っていたような。

『シャボンのため息』をシングルリリースしていたら、また真樹ちゃんのソロでの歌手活動も、違っていたでしょうね~。

透明感があってキラキラした楽曲に、真樹ちゃんの乙女な歌声がまたマッチしていて。

まきボー自身、シャボン玉が大好きと言ってましたもんね。
家でシャボン玉を吹いていると語っていたことも(笑

まさに、まきボーらしい楽曲ですね!
まきボーのソロ曲と言えば、『シャボンのため息』が1番に思い浮かぶほどなので、それ程イメージに合ってたんだな、と思います!

宮前珈琲館で聴いたまきボーの『シャボンのため息』も、乙女の心が失われていない、キラキラした歌声でした!
ほんと癒されますね、この曲と歌声に☆

もっと真樹ちゃんの生歌を聴きたい!と言うことで!!
なんと!2016年1月には真樹ちゃん、ライブを行うそうですよ!
今回のライブよりも歌うそうなので、大注目です!!
正直今回は内容的には満足でしたがやはり曲数は少なかったな~、と曲数に関しては物足りなさも感じていたので、これは朗報です!!!

今まで歌はかたくなに断っていたように感じていたので、ほんと有紀美ちゃんのおかげですよね!
ありがとうございます!!!!!

最後に感動の田中有紀美ちゃんのブログを読みましょうね↓
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12085901396.html
素敵な関係ですね~。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そして最後に、2日間のライブの物販で購入した写真と手作りバッグとサインです!
Photo_2Photo_3

この手作りバッグがまた良かったんです!!
まきボーとゆきどんの手書きです!!
この有紀美ちゃんのブログ↓を見ると、ほんといろんな絵があって楽しいですよね!!
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12084631058.html
かなーり迷って結局1枚目に描いたという栗を購入しました(笑
秋ですからね~☆

「Cafe Restaurant M.Nature」のイベントの記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/mnatureblog/entry-12085840857.html
宮前真樹ちゃんのイベントの記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12086252436.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12086241887.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12085390440.html
田中有紀美ちゃんのイベントの記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12085738906.html
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12085896012.html

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
夏の友達/CoCo
思い出がいっぱい/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
君の歌、僕の歌/CoCo
Live Version/CoCo
幸せかもね/CoCo
さよなら/CoCo
ひまわり/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with   CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo
ちいさな一歩で/CoCo
夏と君と・・・/宮前真樹

2015年7月14日 (火)

いちばんの友達 ~I Hope Your Happiness~/永作博美

◆レビューNo.744◆
N

「いちばんの友達 ~I Hope Your Happiness~」永作博美
作詞:山本秀行
作曲:清岡千穂
編曲:亀田誠治
(1993年9月1日リリースのアルバム「N」収録)

永作博美ちゃんの1枚目のソロアルバム収録曲です!

ribbonとはまた違う、ひろちゃんの魅力を出したアルバムですね。
その前に・・・。

今年2回目!ひろちゃんの舞台挨拶に行ってきました~☆

 ■「夫婦フーフー日記」舞台挨拶■
 【実施日】  5月30日(土)
 【実施劇場】 新宿ピカデリー
 【実施時間】 9:00の回上映終了後
 【登壇者】  佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、前田弘二(監督)

今年に入って、「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-」、「ソロモンの偽証」と、ひろちゃん出演の映画が次々公開されていて嬉しいですね~。
特に「さいはて~」と今回の「夫婦フーフー日記」は主演ですしね。
ひろちゃんの活躍、ほんと嬉しいです!

映画によって、キャラクターが全然違ったりするところもすごいですよねぇ。
今年の3作なんて、全て違う雰囲気の役をこなしていますからね。
かわいい役、ちょっとぶっとんだ役、影のある役とね。
そのギャップがすごすぎます!
「夫婦フーフー日記」では、かわいらしい面がたくさん見れて、良かったですよ。
もちろんそういうかわいい部分だけでなく、泣かせてくれますしね。゚(´つω・`。)゚。
Photo_2
今回の映画「夫婦フーフー日記」は、
余命わずかの妻と、夫の夫婦生活を描いた映画で。

でも悲しくなりすぎない、ポップな雰囲気が印象的な映画でした。
とは言え、やっぱり切ない部分は切なくて。
涙あり笑いありの映画でしたね☆

注目は、冒頭での大学生時代のシーンかな~。
ひろちゃん、二十歳位の役を演じている訳ですが、違和感なくかわいい!
共演した佐藤仁美ちゃんも舞台挨拶で、そのシーンのひろちゃんがかわいくて好きって言ってましたもんね。
仁美ちゃん本人が出ていないシーンでありながら、そこが好きっていう仁美ちゃんが素晴らしかったです(笑

今も大学生役をこなしてしまうひろちゃん、やはり永遠のベビーフェイスですね!

そして今回セレクトした楽曲にもつながる注目のシーンがありまして。
サプライズ!結婚式のシーンです☆

青空の下、純白のウェディングドレスを着るひろちゃん、かわいかったですよ♪
きらめきの1シーンでした~。

と言うことで、『いちばんの友達 ~I Hope Your Happiness~』へとつながります。
もちろん映画とは内容は全然違うんですが、ハッピーウェディングソングということで~。

映画では、ひろちゃんが結婚しますが、こちらの楽曲では、友達の結婚を祝福する歌になります。

さわやか~!ですよね☆
アレンジもハッピーそのもの!音の一つ一つがHAPPY☆
素敵なハッピーチューンですね♪
ラストにはひろちゃん自身のコーラスも入ってて、ひろちゃんの歌声の交差で、さらにハッピー感が増していきます!
もう幸せしかない!みたいな世界観で~。
歌詞がまたハッピーな内容で。

ライバルでもあり憧れの友達の結婚を、心から祝福していて。
まるでribbonを思い出してしまうような♪

松野有里巳ちゃんと佐藤愛子ちゃんの結婚式でもこういう気持ちだったのかな~、なんて。
ひろちゃんが出席したかどうかは知りませんが~。
そんな想像をしてみるのも楽しいですね☆

もう3人ともご結婚されていますもんね。
そんな時代になったのですね~、なんてしみじみ思ってみたり。

今のひろちゃんが歌っても違和感のない歌だと思います。

映画の話しからribbonの話しへと・・・楽曲の話しはブリッジになっちゃいましたがΣ(=ω= ;)

ribbon時代から、現在への女優へと橋渡ししてくれる、貴重なソロ歌手時代な訳です!
ひろちゃん、今でも歌ってほしいですよね~♪

あっ、アコムの歌はしょっちゅう聴いてます~笑

♪は・じ・め・て・の~♪

Photo
街中のひろちゃん(∩∀`*)
なぜかアコムで締め!笑

http://natalie.mu/eiga/news/148915
http://www.cinemacafe.net/article/2015/05/30/31562.html
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/160341

関連記事:
Boy's Dream Days~あの頃の気持ち/永作博美 with ribbon
卒業/永作博美 with ribbon
My Home Town/永作博美
Without You/永作博美

2015年4月27日 (月)

幸せな日々/三浦理恵子

◆レビューNo.721◆
Photo

「幸せな日々」三浦理恵子
作詞:横山 武
作曲:山口美央子
編曲:遠山 淳
(1996年2月10日リリース)

三浦理恵子ちゃんの10枚目のシングル曲です!

テレビ東京「Disneyへようこそ」エンディングテーマです♪

22歳の理恵ちゃんの、ナチュラルな1曲ですね☆

この曲で覚えているのは、「笑っていいとも!」にゲスト出演した時に、曲の告知をしていた時です。
SMAPの中居くんに、ポスターに書かれていた「1996 1st Single」と言うような記載があったようで、中居くんに「1枚目のシングル」と勘違いされちゃってたような流れですね。
今年に入って1枚目のシングルなんですが、重要な部分が抜けてしまって~。
見ていてどぎまぎしました(笑

というプチエピソードから入っちゃいましたが、とても素敵な曲でして~。

CoCo時代の十代の頃のアイドル路線から、また雰囲気が変わった曲になりましたね。
9枚目のシングル『Girls,be ambitious!』から「イーストウエスト・ジャパン」にレコード会社が変わり、そこからちょっと大人の理恵ちゃんになりました。

『Girls,be ambitious!』は「L・リーグフジタSCマーキュリー」イメージソングと言うこともあったので、イメージソングを作ることを先行で制作されたようでしたね。
なので、本当の意味での第2の理恵ちゃんの音楽の始まりは、この『幸せな日々』でいいのかな、と思います☆

アルバム「Kiss」(1996年3月25日)が新たな理恵ちゃんの世界だと物語っていますね。

素朴な雰囲気で、オーガニックな1枚ですよね☆

飾らない理恵ちゃんの歌声が堪能できるアルバムです。

アルバムの中にはポップな曲や『ときめきは負けない』と言うまだまだアイドルらしいタイトルのかわいい曲もありますが、大人かわいい雰囲気です♪

そんな中でもシングル曲『幸せな日々』は、ゆったりしたバラードで、地味ではあるんです。
アレンジも最小限の音で作られている感じで、理恵ちゃんの歌声がスッと心に入り込んでくるようになっていますね。

理恵ちゃんの息吹を感じ、耳元で問いかけてくれているような、グッと距離が縮んだようなそんな印象。

曲の内容も、日常の生活を感じれますよね。
晴れた日のベランダで、花に水をやったり洗濯物を干したり。
そうした日々の生活を送る中で、感じている気持ちなんだろうな~、って+.(*’`*)゚+

春めいてきて、暖かくなって来たこの頃、こういう曲が胸に染み渡りますよね。

 朝、窓から差し込む光

 人通りまばらな駅前通り

 春風が揺らす若葉色のカーテン

 休日の公園

 カフェテリアで飲む紅茶

 のらねこと遊ぶ午後

 夕暮れに響き渡るチャイム

そんな日常に、優しく寄り添ってくれる曲だと思います(。uωu。)

転調する部分とか、幸せがそっと押し寄せてくる感じがしてほんとに素敵な曲で~。

なんでもない日常を、幸せだと感じさせてくれる曲♪
日々の生活に、理恵ちゃんの歌声を添えて、幸せを感じていたいですね☆

CDジャケットも良いですよね。
真っ白な洋服でピュアさが出ていて。
ゆったりした時間が流れているように見えて心を落ち着かせてくれます´∀`*

そしてこの曲が進化していったのが、「中之島ゆき」名義で発売された『出町柳から』『朝靄の京橋で乗り換え』(2003年7月7日)なのかな~と思います。

『幸せな日々』はまさに大人の理恵ちゃんが始まった曲。
新しい季節、春の香りを吸い込んで、気持ちをまっさらにして歩いて行こうと思います☆

関連記事:
夢であいたい/三浦理恵子
涙のつぼみたち/三浦理恵子
天使のいる渚/三浦理恵子
出町柳から/中之島ゆき

2015年3月31日 (火)

卒業/永作博美 with ribbon

◆レビューNo.709◆
Photo

「卒業」永作博美 with ribbon
作詞:原真弓
作曲:楠瀬誠志郎
編曲:楠瀬誠志郎
(1993年4月7日リリースのribbon「Be My Diamond!」C/W)

ribbonの12枚目のシングルカップリング曲です!

永作博美ちゃん主演の映画【さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~】の初日舞台挨拶に行って来ました~。

 【さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~】初日舞台あいさつ
 2月28日(土)
 会場:丸の内TOEI
 開場9:10/開映9:30 上映後舞台あいさつ
 登壇者:永作博美、佐々木希、臼田あさ美、桜田ひより、保田盛凱清

Photo_2
素敵な女優になったひろちゃんを観れるのは嬉しいですよね!
映画でもゆったりした時間が流れているような感じでしたが、舞台挨拶も一言一言丁寧に語っていましたね。
珈琲が飲みたくなる映画でした☆
波の音を聞きながら飲むコーヒー、良いですよねぇ。
こちらの映画は4月上旬から台湾で劇場公開される模様です!

そして、【ソロモンの偽証<前篇・事件>】の方も観に行きましたよ!
Photo_3
この映画は、90年91年あたりが舞台になっていたので、あの頃を懐かしみながら・・・と行きたいところですが、いかんせん内容が重いのでね。
ひろちゃんもほんとすごくて。最後のシーンとかね、驚きます!!きゃー笑
かわいいだけのひろちゃんじゃあないですね、さすがです。
バブリーな時代のひろちゃんが見れるのも注目です!
後編も早く観たいです!どうなるんでしょう。
あ~、ドキドキ。

主演映画公開時期は、映画の番宣でテレビ出演を多数されていたりと、ひろちゃんが充実できましたね!

2015年2月27日放送の「アナザースカイ」では、ribbon時代の話しもされていて~。
ribbon時代にribbonとして訪れた、台湾でロケをしていて。
ribbonの『Be My Diamond!』の中国語バージョンがかかっていたりと!
こういうの、あったんですね、知りませんでした!
カップリング曲の『卒業』まで中国語バージョンがあったなんてね。
驚きの発見でしたよ!
台湾への進出を展開させていたんですね。

『卒業』は、ribbonのシングル『Be My Diamond!』のカップリングんに収録された永作博美ちゃんがメインで歌った曲!
ribbonのシングルのカップリングで、メンバー3人のソロ曲をそれぞれ発表していました!

ribbonの9枚目のシングル『太陽に火をつけて』(1992年6月3日)では、佐藤愛子ちゃんソロの『正しい♡の行方』♪
ribbonの11枚目のシングル『Do You Remember Me?』(1992年12月2日)では、松野有里巳ちゃんソロの『ハートブレイク』♪
そして12枚目のシングル『Be My Diamond!』で、永作博美ちゃんのメインボーカル曲になった訳です。
ひろちゃんの曲のみ、愛ちゃんとあみちゃんがコーラスをしているので、ソロ曲ではなくメインボーカル曲ということになりますね。
あと、10枚目でソロ企画をお休みしたのは、『"S"ENSATIONAL WIND』(1992年9月2日)が清水エスパルスのサポーターズソングになり、カップリングも含め、サッカー色を出していたためですね。

ひろちゃんの『卒業』は、タイトル通り卒業ソング♪
22歳のひろちゃんにとっては、タイミング的には大学卒業の年ですね。
なので、アイドルが歌う卒業ソングよりも、ちょっぴり大人っぽい落ち着いた卒業ソングになっていますね。

内容的には、過去の卒業を思い出しているので、高校生時代を思い返しているようです。
高校を卒業して会わなくなった彼をふと思い出して、もう彼の事は思い出だと思えるようになり、それが彼からの卒業・・・という流れかな。
そう解釈しております(*бωб)

想い出は美しいですね~。
そう思わせてくれる楽曲♪

『Be My Diamond!』同様に、楠瀬誠志郎さん作曲で、コーラスとしても参加されており、楠瀬誠志郎さんの印象的な歌声で始まります!
これがまた良いですね~。
瞳を閉じれば優しい思い出の中にひたれますね(。vωv。`)

ラストの犬の鳴き声や、ひろちゃんたちの笑い声もなんだ幸せでほっこりします!

春風に吹かれて聴きましょうね☆

思い出に浸りつつ、現在のひろちゃんの活動も今後も楽しみなわけで~。
次は、【ソロモンの偽証<後篇・裁判>】。
そして【夫婦フーフー日記】が公開されたら観に行きますよ~!
こんな記事もありますね(笑 ribbon時代からかわいいひろちゃんです!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00036015-crankinn-movi

という事で、ひろちゃんからの「卒業」は、しませんからね!笑

関連記事:
Boy's Dream Days~あの頃の気持ち/永作博美 with ribbon
My Home Town/永作博美
Without You/永作博美

2015年3月19日 (木)

ひまわり/CoCo

◆レビューNo.703◆
Coco

「ひまわり」CoCo
作詞:和泉ゆかり
作曲:馬飼野康二
編曲:米光 亮
(1992年3月25日リリースのアルバム「Share」収録曲)

CoCoの4枚目のアルバム収録曲です!

宮前真樹ちゃんのイベントに行って来ました!!

【第2部】 「クラブまきぼー」
 日程 : 2015年3月14日(土)
 時間 : 18時-20時
 会費 : 6,500円(税込)お食事、フリードリンク付
 会場 : Café Restaurant M.Nature

真樹ちゃんプロデュースのお店、エムナチュールで食事を食べながらなんと秘蔵映像を見れると言う素敵な企画!!
ちなみに第一部は「宮前珈琲館」!田中有紀美ちゃんがやっている「田中珈琲店」「bar yukimi」の姉妹店らしいです(笑

まきボーのブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12001590620.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12002155425.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12002755751.html

なんとなんと!
この日のみのスペシャルメニューがありました!
それがコレ!
Photo
『行ってしまったバス』『明日の恋』『Moonlight Express』なんて素敵な名前!!!
そうです!CoCoちゃんの歌をイメージしたドリンクなのです!
真樹ちゃんが好きな曲でもあるのかな~。
『明日の恋』を大好きと言ってたりしたので!
いい曲ですよね~、どれも!

クラブまきボーでは、真樹ちゃんがお客さんみんなに気を配り、おもてなしをしていました☆
秘蔵映像は、CoCoのデビュー前の「パラダイスGO!GO!」!
デビューイベントの映像を見ることができました!

真樹ちゃん曰く、このDVD(秘蔵映像)に入っている映像は「恐怖映像」でしかないと(笑
いやいや、乙女塾のみんなかわいいですよねぇ。
真樹ちゃんも初々しくて~。

「おしぼり一本!フジテレビ」の真樹ちゃんバージョンも観れました!!
これ、初めて観ました!
幹代ちゃんの水着バージョンは知ってたんですけどね。

パラGO!自体、大阪では放送されていなかったので自分はほとんど見れていないのでね。
まさに貴重映像でしたね。

レコーディングの話しもおもしろかったですね!
譜面は読めなかったので、歌詞に記号(矢印)などを書いて、上がるところとか下がるところとかを表現していたそうです。
伸ばすのもどこまでかきっちりしていなかったので、みんなの声を合わせると終わりがバラバラだったりっていうこともあったらしく。
それがCoCoちゃんの歌の良さでもありますね(笑

そして秘蔵写真が集められたアルバムも見せてもらえました!!!
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12001091015.html
5人時代のCoCoちゃんから真樹ちゃんのソロ時代まで、素敵な写真がいっぱいで!
この写真、Melodyの田中有紀美ちゃんと一緒に選んだ写真なんです!

このイベントの2日前に行った有紀美ちゃんのライブでその話もされていましたね。
有紀美ちゃんは昔からCoCoファンだったので、今ファンとしてではなく、人間として付き合うことができることに驚きもあるようですね!
でもほんと仲良い2人!
真樹ちゃんが有紀美ちゃんのことを会うたびに好きなると言っているように、友情が深まっていっているようですね。
そういうのを聞くとほんと嬉しくなります!
好きなアイドルたちが、仲が良いなんてね!

そんな素敵な友情の詰まったアルバムを見つつ、真樹ちゃんの喋りを聞きつつ、料理を食べつつ、秘蔵映像を見つつと、盛り沢山な時間を過ごしました!

あと、秘蔵映像ってことではないですが、ラストコンサートの映像も観ました。
ラストツアー「CoCo夏'94 CoCo was CoCo made」(1994年8月21日)の映像ですね。
真樹ちゃん、見てほしくない個所などは早送りを駆使しつつ(笑
まあ、時間もないのでそこのところを考えつつね!

そこで、真樹ちゃんのソロ『シャボンのため息』では、映像に合わせて歌ってくれました~。
今まで歌を封印していたように思えてたので、ほんと嬉しかったですね!
『夢へのポジション』も歌ってくれたかな。
『ひまわり』も一緒に歌ってくれたりして、感動でしたね。
過去のまきボーと、現在のまきボーのデュエット、と言っていいんじゃないでしょうか♪
こんな間近で歌う姿を見れることになるとはねぇ。

と言うことで、季節外れですがこの曲を!

とは言え、このアルバム「Share」は、春に発売されているんですよね。
大野幹代ちゃんメイン曲の『行かないで夏休み』も夏曲だったり、『さよなら』は秋曲。
そして『お願いHOLD ME TIGHT』は冬曲と、さまざまなシーズンの曲が収められていますね。

でも統一感がない訳ではなく、全体的にさわやかな楽曲でまとまっていて。

そんな中で、「Share」の中でも象徴的な1曲、『ひまわり』☆

前作の3枚目のアルバム、「STRAIGHT」からつながる曲なんですよね。
「STRAIGHT」の歌詞カードに、ポエムとしてこの「ひまわり」の詩が書かれてあって。
これに気づいた時は感動でしたよねぇ。

歌詞も子供の頃のきらめいた瞬間が閉じ込められていますよね。
この曲の中には、永遠に続く幼かったあの日の夏が息づいています☆

メロディと言い、歌詞と言い、昔の良かった時代っていうものを思い出させてくれますよね。
子供の頃遊んだ場所とか友達とか、もう戻れないあの季節をね!

ラストコンサートでは、間奏に台詞があるんですよね。
ひまわりを持った4人が階段に腰かけて言う台詞にジーンときてしまいます☆

そこで言っていた、水着の跡が消えなかったって言うのは、「おしぼり一本!フジテレビ」の、あの撮影の時に残った跡の話しだったらしく。
あれからずっと撮影の時に焼けてついた跡が、残ってたらしく。
それも、もう消えてしまって・・・時の流れを感じさせる台詞だったんですね。

そう思うと、ほんと切ないです☆

やっぱりあっちゃんの歌唱力の高さも一人際立ってるのもわかりますね、この曲特に。
他のメンバーもはかなさや触れると壊れそうな夢を感じる歌声で良いのですが♪

この曲を聴いて子供時代に思いを馳せるのも、たまには良いですよね!

と言うことで、クラブまきボーの話しにちょっと戻って。
クラブまきボーでは、真樹ちゃんの写真や、真樹ちゃん手作りのスイーツも売っていました!!
写真とケーキ、購入しました~。
Photo_2

そして店を出る時にサインをしていただき☆

『ひまわり』の詩をお願いして書いてもらいました~。
Photo_3
♪追いかけるあなたは少年の瞳♪・・・まきボーのソロパートです!
お店で真樹ちゃんが歌ってた時も、ここのパートが印象的で。
と言うことで、今回『ひまわり』を取り上げることになったわけです☆

有紀美ちゃんにも歌ってほしいと言われているらしく、もしかしたら歌うかも知れないそうで。
まだそれは未定ですが、まきボーのライブ、見てみたいですよね。

最後に、クラブまきボーでの料理を~。全部ではないですがどうぞ!
Photo_4Photo_5Photo_6

エムナチュールのブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/mnatureblog/entry-12002143476.html
http://ameblo.jp/mnatureblog/entry-12002257228.html

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
夏の友達/CoCo
思い出がいっぱい/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
君の歌、僕の歌/CoCo
Live Version/CoCo
幸せかもね/CoCo
さよなら/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with   CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo
ちいさな一歩で/CoCo
夏と君と・・・/宮前真樹

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連