無料ブログはココログ

« Love Song/水野あおい | トップページ | Domino/田村英里子 »

2010年2月24日 (水)

思われている/中嶋美智代

思われている/中嶋美智代
春らしくなってきてますね〜

ポカポカ陽気の中、10曲目〜

「思われている」中嶋美智代
作詞:小倉めぐみ
作曲:都志見隆
編曲:新川博
(1992年9月18日リリース)

ミッチーの7枚目のシングルです。
ミッチー最後の清純路線ですね。

この曲を最後に、セクシー路線にいっちゃいますからね。

ということで、結構地味な曲です。

実際のところこの曲に関してはあまり書くこともないんですが、なんで取り上げたかというと、ただ聴きたくなったからなだけです!w

すみません!

いや〜こういう地味であまり目立たない曲って、聴く回数が少ないだけに、急に無性に欲するんです!

ふとした時にね。

そんな曲ですね。

で、久々に聴くと、「いい曲やん!」って思える。

地元に帰ってきた時のような安心感。
そんな気持ちにさせてくれます。

そんなことを考えていたら、1992年当時、高校生だった自分を思い出してしまいました。

高校生の頃の自分には、この曲が支えになってました。

「あなたは 思われているよ
誰かに 思われているよ
心が 信じたあの日の
鐘を鳴らしていて…♪」

高校生時代は孤立することも多く、一人ぼっちで生きていたようでした。

そんな自分にはこういう言葉が励みになりましたね。

ってことで、ただの思い出話になっちゃいましたね〜
あらら…

ということで、今この曲を噛み締めて聴いてみると、ほんといい曲だなあ、としみじみ思います。

ミッチーの切ない歌声がグッときますね。

セクシー路線に走らずに、こういう曲をもっと歌ってほしかったなあ、というのが正直な当時の気持ちでした。

確かにミッチーは、かわいいだけじゃなく、セクシーな要素もありましたが、時代の流れには逆らえなかったんですね。

« Love Song/水野あおい | トップページ | Domino/田村英里子 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

005:乙女塾」カテゴリの記事

コメント

中嶋さんは自分の中では地味、垢抜けないという印象もありました。
童謡のような歌もありましたし素朴というような印象も。

アイドルでは珍しく「思われている」で聞けるようなミドルテンポも魅力の一つですよね。
あまり、声を張ったりせず。
歌詞の内容がそういうのが多かったせいもあるかもしれませんね~

「思い出にもなれない」
http://www.youtube.com/watch?v=-4oKhLenDu4

「とても小さな物語」
http://www.youtube.com/watch?v=s4hAm-9yC_0

など一連、何か物語に関連性でもあるような楽曲が魅力でした。

>富士山さん

コメントありがとうございます!
美智代ちゃんは地味目な曲が多かったですね!
おとなしい女の子っていうイメージでした!
「どうぶつでんわ」とかありましたね~。あれは名曲でした!

「思われている」のような曲、珍しいですね!
こういうのをシングルで出すのが美智代ちゃんらしさでしたね。
地味だけどいい曲が多かったです!

「思い出にもなれない」や「とても小さな物語」もいいですね!!
曲の主人公がおとなしい女の子っていう共通点があるので関連性を感じますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/33520647

この記事へのトラックバック一覧です: 思われている/中嶋美智代:

« Love Song/水野あおい | トップページ | Domino/田村英里子 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アイドルポップス関連