無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

元気でいるよ/加藤紀子

元気でいるよ/加藤紀子
う〜寒い!

春やで!
また冬になってるやん…

水曜あたりから暖かくなるみたいやけどね!

そんな春の20曲目〜

「元気でいるよ」加藤紀子
作詞:吉川みき
作曲:吉川みき
編曲:白井良明
(1996年2月26日リリース)

カトノリです〜

カトノリはバラエティの印象が強いですが、歌には力入れてましたね!

歌手志望でしたよね。

デビューが19歳だったんで、アイドルらしい曲は最初の数曲でしたが。

それでもかわいい曲はたくさんですね!

この曲もかわいい曲です。

アレンジが70年代アイドル風で、春が来た幸せを感じる一曲やね。

春を感じるとこの曲が頭の中で流れます。

歌声は低めですが、なんかほんわかしてるんですよね、紀ちゃんの歌声って。

だからこんな幸せな気分になれる曲が似合います。

加藤紀子さんと言えば、ある番組でサイン入り写真集が当選したことがあるな〜

手違いでサインなしの写真集が届き、直後にサイン色紙が送られてきましたが。

名前入りで嬉しかったですけどね〜

モーニング娘。

モーニング娘。
3月27日購入

モーニング娘。『⑩MY ME』

アルバム

2010年3月17日リリース

酒井法子

酒井法子
3月26日購入

酒井法子『夢冒険』

アルバム

1988年1月1日リリース

SKE48

SKE48
3月24日購入

SKE48『青空片想い』

シングル

2010年3月24日リリース

この曲でSKE48にハマってきたかも!

2010年3月19日 (金)

恋は数学/制服向上委員会

恋は数学/制服向上委員会
春のときめき三連休〜

そんなきらめき色の19曲目〜

「恋は数学」制服向上委員会
作詞:鈴之助
作曲:羽毛田丈史
編曲:羽毛田丈史
(1993年3月3日リリース「制服宣言」カップリング曲)

制服向上委員会のデビュー曲、『制服宣言』のカップリングです!

AKB48の『桜の栞』が合唱曲ということで、制服向上委員会も過去に合唱曲を歌っていたことを知り、購入しました〜

カップリングに『花』という曲が入ってるんですよねえ。

春のうららの〜♪

制服向上委員会は、めちゃハマりはしなかったんで、持ってるCDも数枚なんですよ。

なので最近入手した訳です。

あまり意味ない前置きが長くなっちゃいましたね…

『恋は数学』を聴いてると、吉成圭子さんの歌声の素晴らしさを再確認しました。

ソロアルバム2枚持っているんで、吉成さんの良さは知ってたつもりですが、改めて魅力的だな〜と感じました。

なんでしょう。このかわいらしさ!
それもさりげないかわいらしさ。

いや、実際めちゃくちゃかわいい声なんですが、安心感というか、なんかお母さんのような包容力を感じてしまいます。

吉成さんのメインボーカルと、他のメンバーとの混ざりあった時の心地よさ。

吉成さんがみんなを優しく包み込んでいるように思えて。

この曲は春にぴったりなそよ風のような恋の歌なんですけど、幸せな気分になれる一曲です。

サビ前の「プン!」なんてどんだけかわいらしいんですか!

吉成さんあっての制服向上委員会だなあと思います。

当時あまりハマらなかった分、今いろいろ吉成さんのいた制服向上委員会を知りたくなってきました〜

渡り廊下走り隊

渡り廊下走り隊
3月17日購入

渡り廊下走り隊『アッカンベー橋』

シングル

2010年3月17日リリース

まゆゆのカード出た〜\(^o^)/

中川翔子

中川翔子
3月13日購入

中川翔子『しょこたん☆かばー3〜アニソンは人類をつなぐ〜』

アルバム

2010年3月10日リリース

2010年3月15日 (月)

WILD CHILD/穴井夕子

WILD CHILD/穴井夕子
やっとこさ春の気分になってきました!

只今外は春の嵐です〜

そんな風の中の18曲目〜

「WILD CHILD」穴井夕子
作詞:とみたきょうこ
作曲:Reimy
編曲:富樫明生
(1994年2月2日リリース)

穴井ちゃんの4枚目のソロシングルです。

このシングルは、東京パフォーマンスドールのフロントメンバー7人同時発売の一枚となりますね。

今までのシングル3枚とはまた違った路線へ。

方向性が見えてきた曲ですね。

他のメンバーも、同時発売された曲で、きちんと自分のスタイルを表現していたのはお見事でした。

アイドルではなく、アーティスト軍団と言っていたのもうなずけます!

この頃はCoCoも活動末期に近づいており、東京パフォーマンスドールに夢中な時期でした。

アイドルらしいかわいい歌が好きな自分でも、東京パフォーマンスドールのカッコいいステージや楽曲にハマってましたからねえ。

それだけ魅力的なグループでした。

穴井ちゃんは東京パフォーマンスドールの中ではアイドル担当って感じでしたが、歌の上手さには定評がありましたからね〜

東京パフォーマンスドールに加入する時も、先輩メンバーの間で「歌の上手い子が入ってくる」と、噂になってたようですしね。

穴井ちゃんの歌声はかわいらしさだけでなく、はかなさも持っていて、やはりアイドルだけにはおさまりきれませんからね。

『WILD CHILD』の小悪魔っぷりがこれまたすごいですよね。

♪生け捕りにしてキスしたい 好きと言わせたい
あなたを想う涙は 毒薬に変わるの♪

って穴井ちゃんの歌声にはまるはまる。

かわいらしさが恐ろしい、みたいな感じですかね〜

あとジャケットも結構何気に際どい!

これ、穴井ちゃんのお父さんが見て、穴井ちゃんを叱ったっていうエピソードもありましたね。

そんな穴井ちゃんの新境地となった曲でした〜

そう言えば穴井ちゃんがCoCoのメンバーになるという噂もありましたが、実際入ってたらどうなってたかなあ。

穴井ちゃんにはCoCoの曲は合わなかったかもですね〜

逆に穴井ちゃんに合わせてCoCoの曲を作ったら、4人に合わなくなりそうな。

今となっては実現してほしかったですが、やはり難しいですよねえ。

2010年3月12日 (金)

ドッカン〜人生最大の衝撃/菅野美穂

ドッカン〜人生最大の衝撃/菅野美穂
やっと天気も良くなり、気分も春〜

春を感じる今日の17曲目〜

「ドッカン〜人生最大の衝撃」菅野美穂
作詞:さいとうみわこ
作曲:有留博信
編曲:米光亮
(1995年3月24日リリース「恋をしよう!」カップリング)

菅野美穂さんのデビューシングル『恋をしよう!』のカップリング曲です!

菅ちゃん弾けまくりですね〜

早坂好恵路線ですよね、この曲。
途中演歌調になったりするとこなんか、『キミに本命申し上げます』を思い出すなあ。

ピコピコしたイントロから始まり、おとなしめの歌い出しから一転、彼の浮気を発覚してしまい、ぐちゃぐちゃになっていく様がすごい。

コミカルなリズムに菅野さんのかわいい怒りが乗ってます!

「歌いまくるわノドかれるまで♪マキハラ〜♪」なんて出てきたり、面白い流れ。

間奏では叫びまくります!
「はまぐり爆弾投げてやる〜」なんてね!

最後はもっと綺麗になるわ、と、しっとりバラード風に歌いあげて終わりかと思いきや!!
やっぱり怒りがおさまらないご様子の菅野さん再登場(笑)
壊れまくりですね〜

ほんと笑ったり泣いたり感情の起伏が激しい一曲です。

菅野さんは歌は上手くない方ですが、台詞パートなど感情の入れかたがすごいですよね〜

現在放映中の菅野さん主演ドラマ『曲げられない女』も見てますが、「シャッター開いた時」の感情むき出しになるとこが、この曲と同じなんですよね〜
ドラマ見ててこの曲を思い出した訳です。

いや〜菅ちゃんの感情むき出しな演技、好きですわw

酒井法子, 西田ひかる, 中山忍,杉本理恵

酒井法子,<br />
 西田ひかる,<br />
 中山忍,杉本理恵
3月11日購入

酒井法子『ラブリー・タイムズ』

アルバム

1988年8月21日リリース

西田ひかる『CLEAR』

アルバム

1989年6月21日リリース

中山忍『夏に恋するAWATENBO』

シングル

1989年8月10日リリース

杉本理恵『恋するSATURDAY NIGHT』

シングル

1994年11月23日リリース

2010年3月 9日 (火)

初雪/須藤温子

初雪/須藤温子
めっちゃ雪やん…
寒い〜

3月の雪♪

とは言え、マッキーの曲を紹介する訳じゃないですよw

雪降る16曲目〜

「初雪」須藤温子
作詞:C.CLOSE
作曲:松浦晃久、八木一美
編曲:松浦晃久
(1999年11月25日リリース)

須藤温子さんのセカンドシングルです!

今日の雪にこの曲を〜

須藤温子さんと言えば、国民的美少女のグランプリ受賞ですよね!

上戸彩さんもいた時ですね〜

ピュアさが良かったです!

須藤さんで思い出すのは、この曲も使われていた、テレビ東京『64マリオスタジアム』の司会ですね。

確か加藤紀子さんに続いての司会だったかな。

おちゃめなイメージがありました。

この曲はメランコリックですねえ。

歌は結構歌えてますよね。

綺麗に歌えてるので、このミディアムテンポの曲に合ってると思います。

ジャケットも白さが強調されてかわいいですねえ。

歌は残念ながら2枚シングル出して終了しちゃいましたよね。

ここまで歌えてたから、アルバムせめて一枚でも出して欲しかったなあ、と。

きっとアルバムだと、いい世界観出せたと思いますね。

2010年3月 7日 (日)

ずっとこうしていたい/酒井美紀

ずっとこうしていたい/酒井美紀
一回春らしくなったのにまた真冬の陽気ですね…

春が待ち遠しい15曲目〜

「ずっとこうしていたい」酒井美紀
作詞:亜伊林
作曲:林哲司
編曲:林哲司
(1994年5月21日リリース)

酒井美紀さんのセカンドシングルです!

デビュー曲『永遠に好きと言えない』は名曲ですよね〜

それに続くシングルということで、やはりデビュー曲には及びませんでしたが、これを取り上げたのは、聴きたかったからですw

ミッチーの『思われている』の時と同じパターンですね。

デビュー曲が良すぎて印象が薄くなっちゃった曲ですね。

曲はポップで幸せな春っていうイメージがありますね。

憧れの相手と一緒にいられるだけで幸せって感じの。

酒井美紀さんは今はもう女優のイメージが強いですが、デビュー当時は地方アイドルからメジャーデビューした、清純派アイドルでしたからね〜

ほんとに曲も透き通った水(あえてミネラルウォーターという表現にしない方がしっくりくるね。)って感じでピュアそのもの!

歌声はちょっと低めで、あまり好きなタイプの声ではないですが、それ以上にピュアさが勝っていて、曲も好きでした。

自分はこの『ずっとこうしていたい』の時に、京橋であった握手会にも参加しました。

イメージそのもののピュアな雰囲気だったなあ。

その後出演した、ドラマ『白線流し』での演技には驚かされたものです。

制服向上委員会,酒井法子

制服向上委員会/酒井法子
3月7日購入

制服向上委員会『制服宣言』

シングル

1993年3月3日リリース

酒井法子『Fantasia NORIKO PartI』

アルバム

1987年7月1日リリース

2010年3月 4日 (木)

いつか逢おうね/高橋由美子

いつか逢おうね/高橋由美子
もう3月ですね〜
卒業シーズンですね〜

社会人の自分には関係ないですが、やはり卒業ソングが聴きたくなります!

そんな卒業ソングの14曲目〜

「いつか逢おうね」高橋由美子
作詞:秋元康
作曲:筒美京平
編曲:若草恵
(1992年2月5日リリース)

卒業ソングと言ったらこれは外せません!

「20世紀最後のアイドル」と呼ばれていた、Good-P(グッピー)こと、高橋由美子さんの曲です!

グッピーですよ〜

やはりアイドル冬の時代に活躍していたグッピーが出てこない訳にはいきませんよね!

この曲はちょうど自分も中学卒業の時期と重なり、思い出深いですね〜

ゆったりしたメロディーに、無駄な音のないアレンジが、幻想的で思い出を噛み締めて思い出せますね。

グッピーのまっすぐな歌声が胸に染み渡ります。

今まで『Fight!』や『笑顔の魔法』などのアグレッシブなアップテンポな曲から一転して、バラードなんですよねえ。

自分こういうミディアム系バラード好きなんです。
悲壮感漂うバラードは気分が沈むから苦手なんですけど、この曲は卒業は寂しいけど、前に進んで行くってのがいいんですよね。

「まるで 花びらみたい
涙 止まらないから
明日の空を見上げ
歩き出したこの道♪」

グッピーも高校卒業の節目に、アイドルから少しずつ脱皮していくことを見据えていたんでしょうね。

真野恵里菜

真野恵里菜
2月27日購入

真野恵里菜『春の嵐』

シングル

2010年2月24日リリース

2010年3月 2日 (火)

通学ベクトル/鈴木愛理

通学ベクトル/鈴木愛理
最近雨ばかりなので雨の曲をここらで投入しときます。

雨模様の13曲目〜

「通学ベクトル」鈴木愛理
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:平田祥一郎
(2007年4月18日リリースの、℃-uteのアルバム『②mini〜生きるという力〜』に収録)

℃-uteのアルバム『②mini〜生きるという力〜』から、鈴木愛理ちゃんのソロ曲です!

愛理ちゃんは℃-uteのボーカルを支えてるだけあって、かなりの歌唱力ですね〜

間奏のフェイクも様になってますね。
そんじょそこらのアイドルにはできない技術を織り混ぜてきますからね〜

楽曲もちょい昔のアイドル風味で好きです。

曲は雨の日だけ、同じバスになる人に恋をしている乙女心を歌ったもの。
待ちに待った雨なんて、中山忍の曲にもありましたよね〜
『青空は大キライ』ってのが。
まあ他にもあるかなあ。

アイリーンにはまだまだ可能性を感じるので、今後も目が離せないですね!

どーした!安達/安達祐実

どーした!安達/安達祐実
う〜雨…

洗濯が…

憂鬱な気分もぶっ飛ばしたい、そんな、12曲目〜

「どーした!安達」安達祐実
作詞:森若香織
作曲:森若香織
編曲:福富幸宏
(1994年2月23日リリース)

ゆみちゃんのラップナンバーです!

安達祐実さんは、普通の歌よりラップの方がハマりましたね。

台詞っぽい歌の方がお得意な模様です。

ゆみちゃんのポップな面が押し出されてて、楽しい一曲ですね!

「どーした!安達」「あたしっすかー?」
「どーした!安達」「キライじゃないもんで……」

みたいな台詞部分がやはり上手い!
女優さんですね〜

この曲ではラップパート以外の歌パートも、表情が目に浮かぶ位の表現で歌えてますよね〜
小学生のおちゃめな部分がしっかりと出てます。

特に好きなパートは4番のここです。

「あなたが助けてくれたこと
私が嬉しかったこと♪」

ほんとかわいく歌えてますね〜

この曲(ラップ)以外では、結構一本調子な感じのするボーカルですが、この曲ではほんといろんなゆみちゃんが見えてきますね!

キュートなラップで好きな曲です!

それにしても、今でもあんまり変わらない方ですね〜
見た目も、声も。

きっと今でもこの曲歌ったら、小学生の時と全く変わってないだろうなあw

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連