無料ブログはココログ

« ドッカン〜人生最大の衝撃/菅野美穂 | トップページ | 中川翔子 »

2010年3月15日 (月)

WILD CHILD/穴井夕子

WILD CHILD/穴井夕子
やっとこさ春の気分になってきました!

只今外は春の嵐です〜

そんな風の中の18曲目〜

「WILD CHILD」穴井夕子
作詞:とみたきょうこ
作曲:Reimy
編曲:富樫明生
(1994年2月2日リリース)

穴井ちゃんの4枚目のソロシングルです。

このシングルは、東京パフォーマンスドールのフロントメンバー7人同時発売の一枚となりますね。

今までのシングル3枚とはまた違った路線へ。

方向性が見えてきた曲ですね。

他のメンバーも、同時発売された曲で、きちんと自分のスタイルを表現していたのはお見事でした。

アイドルではなく、アーティスト軍団と言っていたのもうなずけます!

この頃はCoCoも活動末期に近づいており、東京パフォーマンスドールに夢中な時期でした。

アイドルらしいかわいい歌が好きな自分でも、東京パフォーマンスドールのカッコいいステージや楽曲にハマってましたからねえ。

それだけ魅力的なグループでした。

穴井ちゃんは東京パフォーマンスドールの中ではアイドル担当って感じでしたが、歌の上手さには定評がありましたからね〜

東京パフォーマンスドールに加入する時も、先輩メンバーの間で「歌の上手い子が入ってくる」と、噂になってたようですしね。

穴井ちゃんの歌声はかわいらしさだけでなく、はかなさも持っていて、やはりアイドルだけにはおさまりきれませんからね。

『WILD CHILD』の小悪魔っぷりがこれまたすごいですよね。

♪生け捕りにしてキスしたい 好きと言わせたい
あなたを想う涙は 毒薬に変わるの♪

って穴井ちゃんの歌声にはまるはまる。

かわいらしさが恐ろしい、みたいな感じですかね〜

あとジャケットも結構何気に際どい!

これ、穴井ちゃんのお父さんが見て、穴井ちゃんを叱ったっていうエピソードもありましたね。

そんな穴井ちゃんの新境地となった曲でした〜

そう言えば穴井ちゃんがCoCoのメンバーになるという噂もありましたが、実際入ってたらどうなってたかなあ。

穴井ちゃんにはCoCoの曲は合わなかったかもですね〜

逆に穴井ちゃんに合わせてCoCoの曲を作ったら、4人に合わなくなりそうな。

今となっては実現してほしかったですが、やはり難しいですよねえ。

« ドッカン〜人生最大の衝撃/菅野美穂 | トップページ | 中川翔子 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

006:東京パフォーマンスドール 大阪パフォーマンスドール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/33789480

この記事へのトラックバック一覧です: WILD CHILD/穴井夕子:

« ドッカン〜人生最大の衝撃/菅野美穂 | トップページ | 中川翔子 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連