無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

好きです…なんて…/山中すみか

好きです…なんて…/山中すみか
夏祭りも終わり…。

少し秋が近付いた80曲目〜

「好きです…なんて…」山中すみか
作詞:桜木星子
作曲:水島康宏
編曲:信田かずお
(1990年8月21日リリースのアルバム、「いっしょに歩こうネ!」に収録)

山中すみかさんの3枚目のアルバム『いっしょに歩こうネ!』に収録されている曲です〜

すみかんですよ〜(*^^*)

この『いっしょに歩こうネ!』というアルバムは、ファンの人の前で、スタジオ・ライブ・レコーディングされているアルバムです。

ファンの人の掛け声や拍手、そしてすみかんのナレーションも入った臨場感たっぷりの作品です。

まぁ個人的には普通にレコーディングしたものの方がいいんですが、これはこれで当時のリアルな雰囲気を感じれる1枚ですね。

曲の方は、なんともすみかんらしい!

曲の始まりにはMCが入っています。

「好きです…なんて…を歌います。この曲は、ゆえへんっていう言葉が入ってます。はい、では聴いてください」

すみかんのふんわりしたトークがいいですねぇ。

トークもですが、歌もトークとあまり雰囲気が変わらないトーンで、ふんわりボイスを聴かせてくれます。

ゆったりしたメロディが、すみかんに合ってますよね。

歌詞もこれがまたいいんですよねぇ。

8月も終わろうとしている今の時期にぴったりな内容です。

♪夏の終わりの夕立 石畳 濡らして…光る…♪

♪コスモスと風が会う前に 伝えたいの 待てないの 切なすぎて…♪

♪とまどい色の季節が そっと急ぎ足で 過ぎてくの♪

と、つらつら詞を並べちゃいましたが、夏の終わりを感じる曲で、すみかんの切なさを含んだウィスパーボイスにぴったりだなぁって。

まぁなんと言ってもあれでしょう!

♪好きです…なんて…ゆえへん…♪

この「ゆえへん…」がすみかんらしい!

京都出身のすみかんが歌うと、こんなにかわいらしくなるんですねぇ。

ライブレコーディングなんで、あまり歌を加工しきれてないのが勿体無いかな。

すみかんは声量がないので、エフェクトやらエコーやらを多用させてほしいですね、やっぱり。

声を重ねるとかいろいろやったら、さらにいい曲になったんじゃないかと思います。

それでシングルカットでもしてほしかった曲です。

曲終わりには、またMCが入ってますが、これがまたかわいいです。

「やぁもうなんか、しんみりしてなんか、全然応援してくれはれへんかったらどうしようとか思ったけど、だいぶ応援してくれはったから良かったです。ありがとうございます(笑)」

京都弁まるだしな感じがいいですね〜

すみかんって、京都らしいふわふわしたかわいさを持っていて、見た目は美少女でしたし、ほんとアイドルとして逸材だと思うんですよ!

曲も良かったですし、(前にレビューした『春 花ざかり』や『なぜ』など名曲多数!)自分的にはソロアイドルではNo.1かなぁ、という存在であります。

そんなすみかんの夏の終わりの素敵な片想いソングを聴いて、風に吹かれていたいですね。

関連記事:春 花ざかり/山中すみか

2010年8月30日 (月)

AKB48指原莉乃、さしこに改名

AKB48指原莉乃、さしこに改名
24時間テレビの中のCMで、衝撃(笑撃)発表が〜!

CMナレーション↓

AKB48の新曲
「ヘビーローテーション」のミュージックビデオに
2.5秒出演する美少女がいた

その名は…
指原莉乃 改め

さしこ

君はもう、さしこを見つけたか

どーん!どーん!

え〜
どういうこと〜

さしこてw

さっしーがえらいことに。

これぞ指原クオリティwww

さっしー最近キャラ立ちしてるなぁ、と思ったらこんなことになっちゃいましたか。そーですかー。

かつてのモーニング娘。で言ったら保田圭さんが、「ケメ子」に改名するようなもんですからね〜

「指原莉乃」といういい名前を捨てるのは勿体無いですが、これでステップアップするといいですね。

あと「24時間テレビ」の見所は、やはりモーニング娘。とAKB48とのコラボレーションでした!

もっとAKBアイドリングみたくメンバー同士が組んでほしかったですが、おもしろかったです。

スマイレージもね。

そう言えばさっしーって、アイドル好きなんですよね〜
共感持てるなぁ。

Berryz工房の熊井友理奈さんや℃-uteの萩原舞さんや、モーニング娘。の亀井絵里さんなどが好きみたいですね。

推しメンとは?/指原クオリティー

こりゃ、さしこに目が離せないw

■追記■
無事に(?)、さしこから指原莉乃に戻ったそうです。
1日だけのサプライズ改名だったんですね〜

見事に釣られたわw

どーん

2010年8月28日 (土)

ときめいて/姫乃樹リカ

ときめいて/姫乃樹リカ
ただ今早朝のお台場にいます。

オダイバランドから79曲目〜

「ときめいて」姫乃樹リカ
作詞:松本隆
作曲:松田良
編曲:荻田光雄
(1988年5月11日リリース)

姫乃樹リカさんの2枚目のシングルです〜

姫乃樹リカさんって、当時存在は知っていたけどCDって買わなかったんですよね。
最近そんなんばっかりですが。

最近は昔のアイドルを発掘しまくってますからねぇ。
そうなっちゃいます。

姫乃樹リカさんの曲は1曲も記憶になく、ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』を購入して聴いてみました。

歌唱力がすごい!!
当時16歳でここまでとは〜

こんなアイドルを埋もれさすには勿体ないですよね〜
ブレイクしなかったのも不思議です。

どの曲も姫乃樹さんのポテンシャルの高さに驚き。

曲によって歌いかたも変わっていたり、力量がすごい。

特にこのバラード『ときめいて』はアイドルの域を越えてますね。

『ときめいて』と言えば西田ひかるさんですが、こっちも素晴らしい!

♪I Just Fall In Love With You♪

とかかっこよすぎでしょ〜

語尾の抑揚とか、英語の発音とかここまでできるとは。

♪Ah せつなくて 涙があふれる♪

とかも、雰囲気出まくりw

セカンドシングルでここまでやれるとは相当の実力者ですよ。

楽曲もいいんですよねぇ。
これがまた。

『ゴールデン☆ベスト』のライナーノーツには、宮崎美子さんもお気に入りの曲と解説されています。

それだけ愛された曲なんですね。

伸びやかな歌声が気持ちよく、きちんと歌詞を表現できている感じもします。

80年代には素晴らしいアイドルがいたもんですね〜

伊藤智恵理さんも歌唱力にひかれますし、こういう実力派アイドルも聴いてみるのも楽しいです。

伊藤智恵理さんにしても、姫乃樹リカさんにしても、時代が悪かったのかなぁ。

現代なら受けそうなタイプのアイドルかもですね。

2010年8月27日 (金)

乙女座失恋倶楽部/杉本理恵

乙女座失恋倶楽部/杉本理恵
今年は暑いの続くよ。

夏バテしそうな78曲目〜

「乙女座失恋倶楽部」杉本理恵
作詞:松井五朗
作曲:本間昭光
編曲:上杉洋史
(1991年12月5日リリースのアルバム「銀河の空想」に収録)

杉本理恵さんの4枚目のアルバムに収録されている『乙女座失恋倶楽部』です〜

杉本理恵さんは、ゲーム「イースⅡ」のリリアというキャラクターの、コンテストで優勝してデビューしたアイドルですね。

リリアとかよくわかんないんですが、確かにお姫様のような可憐な雰囲気です。

ゲームのことはわからないんで、自分が杉本理恵さんに関して記憶してることは、バラエティ番組に出てたことですね。

「ザ・ラスベガス」とか出てましたね〜

杉本理恵さんが番組ではどんな感じだったかも覚えてないんですが、確かほんわか天然系だったように思います。

今で言ったら元モーニング娘。の紺野あさ美さんみたいな感じですかね。

見た目や歌声にも通ずるものがあります。

杉本さんは、アルバムでデビューして、アルバムを次々にリリースしてました。

シングルよりも、アルバムの方が枚数出してますしね。

それも、ゲーム関連の歌を多く歌ってたからですね。

なので、アルバムは結構特殊なものとなってます。

今回取り上げる曲はゲームとは関係ない曲です。

『乙女座失恋倶楽部』…どのワードも杉本さんにぴったりなような。

文学少女で天体好きな雰囲気がしますね。

倶楽部ってのもいい。
同じ文化系の女友達となぐさめあってる感じが、杉本さんらしい。

健気な感じがハマってますね。

おとなしそうでいて、案外秘めた強さを持ってる感じが、この曲にリアルを感じます。

失恋した友達に、もっとふさわしい人が現れるよ、美しくなって振ったことを後悔させてやりましょうと、勇気づける曲です。

♪さぁ 夢に署名(サイン)して わたしたち愛をあきらめない さぁ 元気だして ここは乙女座失恋倶楽部♪

と歌っています。

CDの帯にも、このフレーズは使われています。

「さぁ 夢にサインして でかけよう 銀河の旅に」

夢に署名…みんなで団結して、夢を叶えよう!ってことですかねぇ。

銀河の旅…杉本さんは、星が似合いますねぇ。

本人の世界観がそのまま曲に反映されている、そんなアイドルだったと思います。

購入CD(西村知美,工藤静香,新田恵理,姫乃樹リカ,酒井法子)

購入CD(西村知美,工藤静香,新田恵理,姫乃樹リカ,<br />
 酒井法子)
8月25日購入

『姫乃樹リカゴールデン☆ベスト』姫乃樹リカ

アルバム

2006年3月1日リリース

今回もいっぱいあるんで、詳しくは書きません〜

80年代最高〜♪

2010年8月24日 (火)

オリジナルアルバム〜2枚目〜( ジャケット:大野幹代、羽田恵理香)

オリジナルアルバム〜2枚目〜(<br />
 ジャケット:<br />
 大野幹代、羽田恵理香)
7月から始まった企画です〜

月毎にアイドルオリジナルアルバムを作って行く企画の第2回目です♪

数あるアイドルソングの中から、夏の友達が10数曲選んでアルバムを構成していきます。

8月のアルバムのテーマは、「真夏」です〜
7月は「夏」だったから、あんま変わってないけど突っ込まないでw

『2枚目〜真夏の夏休み〜』

1.行かないで夏休み/大野幹代 with CoCo
2.夏のダリア/ゆうゆ
3.はじめての経験/真野恵里菜
4.セルロイドの夏休み/高橋由美子
5.ピンクのラフレシア/宍戸留美
6.冒険のSunny Day/Qlair
7.真夏のドア/O.P.D
8.憂鬱な休暇/島崎和歌子
9.夏に恋するAWATENBO/中山忍
10.冷たくしないで/田村英里子
11.夏休みは終わらない/おニャン子クラブ
12.ここにおいで/ribbon

オープニングを飾るのは、自分にとって、夏休みといえばこれ!って感じのCoCoの幹代ちゃんのメイン曲『行かないで夏休み』。
夏休みのシーンがスライドショーのようによみがえります!

ゆうゆの『夏のダリア』で、忘れられない夏を、さわやかにキュートに駆け抜ける!

遅れてきたアイドル、真野恵里菜さんの『はじめての経験』は、80年代の雰囲気漂う古き良きアイドルポップス♪
それに続くように次の曲『セルロイドの夏休み』は、元気はじける20世紀最後のアイドルGood-Pの、サマーチューン♪

ルンルンの『ピンクのラフレシア』では、ジャングルの中、のーんびりした夏を満喫。
ジャングルからジャマイカに移動して、Qlairの『冒険のSunny Day』で優雅なジャマイカの午後を。

稲葉貴子さんメインボーカルの『真夏のドア』で、真夏に飛び込み、島崎和歌子さんの『憂鬱な休暇』で、のんびりリゾート気分☆

リゾート気分のあとは、中山忍さんの『夏に恋するAWATENBO』で、恋をしない夏を選択し、秋へ続く切ない風が吹く。

♪いま夏のまん中です 好きなんです……とても♪
と歌うのは、えりりんの『冷たくしないで』。
まだ幼い雰囲気の残る歌声で、片思いを切なく歌う。

おニャン子クラブの『夏休みは終わらない』では、田舎の夏休みを思いだし、秋が近づく切なさを感じて。

エンディングはribbonの『ここにおいで』。
♪悲しくなったら ここにおいでよ 待ってるから 会いにきてね♪
甘酸っぱい気分になり、きらめきの夏の締めくくり。

今回のベストアルバムは、こんな感じになりました〜

秋も近付いてきたんで、切ない雰囲気も漂いはじめました。

今回のベストアルバムのジャケット(画像)は、CoCoから末っ子ミッキーこと大野幹代さんと、羽田恵理香さんの2人です〜
デビュー間もない2人です。
かぁいぃw
『行かないで夏休み』はほんといい曲ですね!

ではではまた次回♪

涙なんか…/南青山少女歌劇団

涙なんか…/南青山少女歌劇団
夕焼けが綺麗な季節だ〜

夏の空が透き通る77曲目〜

「涙なんか…」南青山少女歌劇団
作詞:松井五朗
作曲:岩崎元是
編曲:岩崎元是
(1993年5月26日リリース)

南青山少女歌劇団の5枚目のシングルです〜

南少(なんしょう)ですね!

当時は東京パフォーマンスドール、桜っ子クラブさくら組、制服向上委員会、そして南青山少女歌劇団が、大人数アイドルとして活動してました。
その中でもミュージカルに特化した活動をしていたのが、南青山少女歌劇団ですね。

曲も、ミュージカルの中で歌いだしそうな曲が多いです。

この『涙なんか…』も、そんな1曲。

ミディアムバラードで、まさに青春です!

こういうの好きなんですよね〜
青春系のミディアムバラード。

AKB48でいうと、まさに『夕陽を見ているか?』みたいな路線の曲ですね。

歌い方は、AKBとは全然違いますが。
AKBみたいにかわいさを強調した感じではなく、力強さを感じます。

舞台の経験を活かした発声での歌唱法ですね。

そうなると、アイドルとしては物足りない部分もあったのは否めませんが、リアルな青春を味わうにはもってこいのグループです。

メインボーカルも選抜されているようですが、南少の1人1人の歌声まで把握できてないのでわからずです〜

この『涙なんか…』では、大サビ(ブリッジ)ではソロをもらっている子がいますが、すごいはっきりした歌い方ですねぇ。

これぞ、南青山少女歌劇団って感じです。

ブカブカのはしのえみさんにも似てる感じもしますね。
口を大きく開けてはっきり歌う感じが。

歌詞は、歌い方が力強いだけあって、力強さがあります。

♪涙なんかくたばれ 笑いとばすのさ その胸に秘めた力 信じなくちゃ だめさ ぼくらはいつも一緒 信じなくちゃ だめさ♪

ミュージカルの中で、悩んでいる子をはげますシーンで歌いそうな曲ですね。

ほんとまっすぐな瞳で見つめられたような、熱いものが伝わってくる曲です〜

伝説のアイドルがまさかの大集結! !

伝説のアイドルがまさかの大集結!<br />
 !
本日の「HEY!HEY!HEY!」ですごい発表が〜

9月20日の放送で、伝説のアイドルが大集結しちゃうらしいです!!

CoCoちゃんのCDジャケットまで出てるのが気になります!!

ついにCoCoちゃん一夜限りの復活を遂げるのでしょうか!?

次回に期待(*^^*)

2010年8月22日 (日)

ちょっとFallin' Love/渡辺美奈代

ちょっとFallin' Love<br />
 /渡辺美奈代
お台場合衆国へ〜

お台場からの76曲目〜

「ちょっとFallin' Love」渡辺美奈代
作詞:文園千津子
作曲:鈴木慶一、渚十吾
編曲:鈴木慶一
(1988年5月18日リリース)

渡辺美奈代さんの8枚目のシングルです〜

全く関係ないけど昨日、お台場合衆国に行ってきました。

そこで、なぜかずっと頭の中にヘビーローテーションされていた曲がこの曲なんですよ。

なんならちょっと口ずさんでましたからね(爆)

もちろん周りに聞こえない程度ですよf(^^;

♪ちょっとFallin' Love ダメダメ ちょっとMoment Love♪

ってのが頭の中ぐるぐる回りまくってまして。

この曲はこないだ買った美奈代さんのアルバム『MY BOY-a summer place-』に収録されていて、初めて聴いたんですけど、1回聴いただけでいいと思えました。

おニャン子クラブ解散後で、アイドルからちょっとアーティストへ踏み出した曲とも言えるのかな。
まぁ動画で見てみると、かなりアイドルしてましたけどね。

曲はアイドルとはちょっと違う、新たな魅力が見え隠れしているような。

歌詞は、よく見るとちょっとエッチな感じなんでしょうか。

♪おんなの子の まん中 ズキッと はしる 衝撃は♪
♪胸のドア たたくあなた 痛くさせないでね♪

美奈代さんは、リアルタイムには『ピチカートプリンセス』のあたりからしか知らないので、それ以前の曲はほとんど知らなくて。

『ピチカートプリンセス』自体、アイドル直球の曲ではなかったですからね。

この『ちょっとFallin' Love』は、歌手として新たなステージにステップアップするには存分な曲だったんじゃないでしょうか。

メロディもキャッチーながら、アレンジもいいんだな〜これが。

鈴の音がシャンシャン入ってたりするので、クリスマスソングかとも思いましたが、発売が5月で、歌詞も冬っぽいところもないんで違いましたね。

自分的には美奈代さんと言えば、志村けんさんの番組でコントやってたイメージが強いですが、この曲で歌手のイメージがアップしました〜

それにしてもほんと、昨日はこの曲ぐるぐる回りすぎだったな〜
カラオケで歌いたくなっちゃいましたww

これは歌うの気持ちいい曲だと思いますね!

2010年8月18日 (水)

なんて哀しいSILENCE/新島弥生

なんて哀しいSILENCE<br />
 /新島弥生
夜も暑いよ〜!

熱帯夜の75曲目〜

「なんて哀しいSILENCE」新島弥生
作詞:松井五朗
作曲:山口美央子
編曲:佐藤準
(1992年7月17日リリース)

新島弥生さんの3枚目のシングルです〜

新島弥生さんと言えば、KBS京都で沢田聖子さんとやっていたラジオ「はいぱぁナイト」を聞いてたな〜と。

ラジオの印象が強い訳ですが、新島さん、番組では「にーじー」という愛称でかわいがられてましたね。

というか、見た目は超美少女って感じですが、おもしろい子です(笑

大阪出身なんで、関西ノリも備えており、ビジュアルとはまた違ったギャップが楽しいアイドルでしたね。

このビジュアルで関西弁ってのがね。

もっと売れてもいい素材だったんですけどねぇ。

時代が悪かったんですよね。
アイドル冬の時代でしたしね。

歌の方は、関西ノリではなく、透き通ったきれいな歌声で、美少女のイメージそのものです。

それ故に、地味めな曲が多くなってましたが。

そんな中でも自分はこの曲が好きですね。

落ち着いて聴けるミディアムバラードです。

ジャケット写真もグーだと思います。

夏の曲ですが、蒸し暑さがなく、クールで涼しい雰囲気が漂います。

それも、にーじーの氷のような透明感のある歌声だからかも知れないですね。

歌の内容は、想いを寄せる彼に、妹あつかいされて、哀しい夏…って感じです。

♪なぜ夏は過ぎてゆくの 遠く消えてしまうの 痛いほどだきしめてるSILENCE♪

というパートが印象的で、夏のはかなさが詰まった曲だなぁと思います。

秋が近付くこの時期に聴くと、さらにアンニュイな気持ちになりますね。

熱帯夜には、にーじーの歌声で涼みましょ〜

購入CD(AKB48)

購入CD(AKB48)
8月17日購入

『ヘビーローテーション』AKB48

シングル

2010年8月18日リリース

2010年8月16日 (月)

僕らのナツ!!/Dream5

僕らのナツ!!<br />
 /Dream5
まだまだ夏は終わらない!

灼熱の74曲目〜

「僕らのナツ!!」Dream5
作詞:前田亘輝
作曲:春畑道哉
編曲:鈴木Daich秀行
(2010年8月4日リリース)

Dream5の2枚目のシングルです〜
通称"ドリ5"!
このドリ5ってのが気に入ってます。

「天才てれびくん」は大好きで、第1回目から見てます!
なんと言っても音楽系コーナーが豊富なんですよ!

テレビ戦士たちが歌手さながらのPVで楽曲を披露する、MTK(ミュージックてれびくん)では、次は誰が歌うのか、どんな組み合わせで歌うのかを、毎回ドキドキワクワクで見ていたものです♪

番組開始当初は、クリスというテレビ戦士が担当していた音楽コーナー「ポコアポコ」というのがありまして、『がんばってダーリン』という曲で、クリマカーユというユニットがデビューしました〜

その後、生田斗真、伊東亮輔、前田亜季、ジェニファー・ペリマン、ウエンツ瑛士、篠原麻里の6人で、ストロベリーパフェというバンドユニットも生まれましたね〜
今やすごい面子w

それから広瀬香美さんがテレビ戦士をオーディションして、饗場詩野、モニーク・ローズ、山元竜一の3人を選出し、MO-SHI-YA(モシヤ)というユニット名で、『HONEY BEAT』でデビューしました。

そして2009年!
テレビ戦士の重本ことりちゃんと、オーディションで勝ち抜いた5人が、Dream5として本格歌手デビューを果たしました!

メンバーは、重本ことり(現在はテレビ戦士卒業)、日比美思、
大原優乃、高野洸、玉川桃奈という、女の子の4人で、男の子1人という構成のユニット。

重本ことりちゃんと、日比美思ちゃんがボーカル担当。
あとの3人がダンサーです。

ハスキーボイスのことりちゃんと、ミルキーボイスの美思ちゃんのボーカルが、競争するように火花を散らします。
いや、いい意味でね(^ω^)

この『僕らのナツ!!』は、TUBEの前田さんと春畑さんが作った曲ということもあり、夏らしい元気な仕上がりになってます。

子供らしさもありますが、やはり厳しいオーディションを勝ち抜いてきたメンバーだけあり、完成度は高いですね。
まぁまだまだ伸びしろはあると思いますが。

いつかDream5の活動が終了したとしても、ことりちゃんあたりはエーベックスでなんらかの形で歌っていそうです。

ハスキーボイスを活かしてセクシー歌手になりそうですが、今後に期待です。

曲の方は、夏休みの冒険心あふれていた子供の頃を思いだしますね〜
そんなわくわくする夏が実感できます。

Dream5は、目が離せませんね〜

で、ですよ。
今年2010年に、2回目の全国オーディションが開催されまして、新しいユニットが登場しました!
ドリ5のライバルですね!

その名も、HI's★cream(ハイスクリーム)。
略してハイズ!

メンバーは、脇菜々香(テレビ戦士)、吉元優里菜、山下朋美、熊谷美波、藤田遥奈、成澤かりん、佐藤英理菜、竹井未来望、古口莉子。

テレビ戦士の脇菜々香を中心にした9人組ユニット。

『絶対 Catch A Dream』という曲を発表してるので、今後のCDデビューが楽しみなユニットです。

ドリ5とハイズ、天てれは歌手を育てはじめてますねぇ。

なんならめっちゃアイドル系のユニットを作ってみてほしいです!

今のテレビ戦士なら、鎮西寿々歌ちゃんあたりがアイドル的要素がありそうですね!

ドリ5とハイズに続け!

2010年8月15日 (日)

るみちゃんの危機/宍戸留美

るみちゃんの危機/宍戸留美
今日は海へ〜

ゆでダコみたいになった73曲目〜

「るみちゃんの危機」宍戸留美
作詞:石嶋由美子
作曲:福田裕彦
編曲:福田裕彦
(1990年10月21日リリースのアルバム、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・シ・シ・ド・ル・ミ」に収録)

ルンルンこと、宍戸留美さんのファーストオリジナルアルバム『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・シ・シ・ド・ル・ミ』から、『るみちゃんの危機』です〜

夏休み最終日、海へ行って焼いてきました!

もうね、今まっかっか。
まさにゆでダコみたいになっちゃいまして、この曲です。

♪ビールのつもりでサイダー飲んだら ゆでダコみたいになっちゃってるの♪

好意を寄せる男の子に海に誘われて、どぎまぎしている女の子の気持ちを歌った歌です。

アルバム『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・シ・シ・ド・ル・ミ』がほんと最高傑作ですよね。

ルンルンのファニー&キュートな歌声が、めいっぱい聴けます!

この『るみちゃんの危機』も、普通のアイドルだったらこんなに歌いこなせてませんよ、ほんとに。

ボーカルを全面に押し出した感じで録音されており、ルンルンの歌声が迫ってきます。

これだけ歌声をフューチャーしてるだけあり、ルンルンの表現力や、かわいくまとめる技術のすごさがわかります。

サビの♪るみちゃんの危機 るみちゃんの危機 るみちゃんの危機♪の部分は、エコーがかかっている感じで、歌い方も変えていて、いろんなタイプの曲を歌えるアイドルだということが読み取れますね。

実際現在は声優業などでも活躍しており、歌や演技に頑張ってますからね。

生き残って活動してるのも、このファーストアルバム『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・シ・シ・ド・ル・ミ』を聴くとうなずけますね。

特にこの『るみちゃんの危機』はいろんな側面のルンルンが見れます。

台詞が入ってますしね〜

「ちぇっ」
「きもちいーっ」
「次回に期待」

いろんな種類のルンルンのスーパーボイスが堪能できます♪

それにしても足が真っ赤になりすぎててひりひりする〜

明日から仕事なんで、早めに寝ます!
おやすみなさいw

関連記事:

Panic in my room/宍戸留美

2010年8月14日 (土)

starry pink/中川翔子

starry pink/中川翔子
starry pink/中川翔子
夏の夜空に包まれて。

星の命の72曲目〜

「starry pink」中川翔子
作詞:中川翔子,meg rock
作曲:nishi-ken
編曲:nishi-ken
(2008年3月19日リリースのアルバム、「Big☆Bang!!!」に収録)

しょこたんこと、中川翔子さんのファーストオリジナルアルバム『Big☆Bang!!!』から、『starry pink』です〜

こないだしょこたんは、『ロマンティックあげるよ』をレビューしてるので、第3シーズン2回目になっちゃいますが、訳あっての2回目です!

と言うのも、昨日池袋のプラネタリウム「満天」に行って来ました!

しょこたんコラボの、「飛び出せ!宇宙へ しょこたんの星空ツアー」ってのをやってまして。

プラネタリウム自体好きなんで、観に行って来ましたよ。

やっぱりすごいですね〜
星空ギガロマンティックすなぁ(^ω^)

この「しょこたんの星空ツアー」は、しょこたんがナレーションを担当していて、星の神秘に迫っていきます。

しょこたんは星や惑星が大好きと言うことで、星座や惑星のことを、いろいろ教えてくれます。

特に木星が大好きなようで、その魅力をしょこたんらしく、しょこたん語も交えながら伝えてくれました!

そしてなんと言ってもしょこたんの曲まで聴けるという、アイドルポップス好きにはたまらんお得感。

使われている曲は、挿入歌に、『starry pink』。
エンディングに、『ありがとうの笑顔』。

2曲も聴けて大満足。

星たちの神秘を見て、壮大な気持ちになり、宇宙へ旅立つ中、かかった『starry pink』はドラマティックでした。

バラード調の曲で、プラネタリウムの雰囲気にすごく合ってました!

♪星の瞬き切なく揺れる 暗い夜 越えた空♪

というように、星のイメージにもぴったりで、神秘的な夜空とうまくコラボレーションしてました。

プラネタリウム、楽しすなぁ(^ω^)

今後もプラネタリウムとアーティストとのコラボ企画はあるみたいですね!

プラネタリウムで聴きたい曲は、CoCoの『同じ星の上で』です!

ロマンティック〜♪

関連記事:

ロマンティックあげるよ/中川翔子

2010年8月12日 (木)

ごめんねカウボーイ/うしろ髪ひかれ隊

ごめんねカウボーイ/うしろ髪ひかれ隊
今日から休み〜

真夏の休日の71曲目〜

「ごめんねカウボーイ」うしろ髪ひかれ隊
作詞:秋元康
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1987年11月11日リリース)

うしろ髪ひかれ隊の3枚目のシングル『メビウスの恋人』のB面の曲です〜

カップリングではなくB面ってのがミソですね。

まぁそれはそうと、うしろ髪ひかれ隊の曲です。

最近秋元康さんの曲の取り上げ率が高くなってますが、ビビッときた曲なので〜

と言うのも、CSでアニメ「ついでにとんちんかん」の再放送がやっていて、そのオープニングを飾っていたこの曲がいいなぁ、と思いました。

この曲、昔「ついでにとんちんかん」見てたので、微かに覚えてましたが、あまりはっきり記憶になく。
「ついでにとんちんかん」と言えば、生稲晃子さんの『麦わらでダンス』の方がなんか印象に強く残ってたんで。

まぁそんな懐かしいアニメから、うしろ髪ひかれ隊の名曲がどっさりですね。

ウェスタンっぽいイントロから始まるけど、全体的にはウェスタンって感じでもないような不思議な曲。

メイン的な扱いは、生稲晃子さんなのかな。
でもやはり工藤静香さんの歌声にひかれますね。

ふわふわした生稲さんと斎藤満喜子さんのアイドル的な歌声から始まり、Bメロで一転してシャープな工藤静香さんの歌声。

この温度差がすごくて、工藤さんの歌声がさらに引き締まって聴こえます。

現実世界から、一気に異次元に飛ばされるような、不思議な感覚を味わえるのは、そんなボーカルの対比があるからですね〜

メロディーラインもなんか不思議な曲です。

サビ終わりの、♪あなたを…あなたを…♪とか、異次元に誘われそうな感じです。

あと、アレンジもいい!
凝ってるなぁ、と思います。

サビでは、よく聴くと地鳴りのような音が鳴っていたり、壮大な雰囲気も漂ってますね。

うしろ髪ひかれ隊は、まだまだいい曲がたくさんあるので、今後もじっくり聴いてみます♪

あっ、そうそう。
今年の夏の秋元さんの曲と言えば、SKE48の『ごめんね、SUMMER』でしょう!

ごめんねつながりで〜w

関連記事:

雲の上はいつも/うしろ髪ひかれ隊

2010年8月10日 (火)

ステキに わ・が・ま・ま/河田純子

ステキにわ・が・ま・ま/河田純子
久々の雨〜

真夏のエールの70曲目〜

「ステキに わ・が・ま・ま」河田純子
作詞:森由里子
作曲:青山裕
編曲:難波正司
(1989年7月21日リリース)

河田純子さんの3枚目のシングルです〜

この曲は、リアルタイムでは多分聴いたことなかったです。

自分がアイドルポップスを聴くようになった、1990年より前の曲だということもあるので。

当時は、あまり過去の曲を振り替えって聴くってこともなかったので、スルーしちゃってました。

河田純子さん自体、当時はあんたり聴かなかったのもあるんで。

河田純子さんを聴くようになったのは、当時のソニーのソロアイドル3人(中山忍,田山真美子,河田純子)の企画者的なユニット、「楽天使」に数年前ハマってからです。

楽天使も、3年位前に好きになったんですけどね。

それから河田さんのCDを集めまして、その中の曲がこの、「ステキに わ・が・ま・ま」。

CDで初聴きでしたが、ポップで元気ですごくいいな〜と思いました。

内容は、いつも勇気をくれる君に、今日は私から元気をあげたいという、応援ソングです。

河田さんの元気でキュートな歌声が、素直に響き渡ります!

歌詞もなんだかおもしろい。

♪ねっ! 瞳が・(てん)になってるよ 君は わざとはしゃいだりするトコ クラいぞ!♪

ってなんか河田さんが、男友達の肩をポンと叩いて言ってる姿が目に浮かびます。

なんか健全で、古きよき世界観のアイドルポップスだなぁと思います。

ポップな早いテンポの流れで、サビ前に深呼吸するように、一瞬ゆったりするとこもいいですね。

♪味方したいな…♪

心の声って感じですね。

河田さんは、しっかり歌えている方ですね。

まじめな感じも歌声に出ている気がします。

CoCoの大野幹代さんとも仲が良かったんですね〜

こういうアイドル同士の交友関係、気になります。

それにしてもこの曲当時、ジュンジュンは14歳の中学年3年生だったんですねぇ。

てっきり18位なのかと思ってしまいました。

大人びてますね〜
完成されてます。

2010年8月 9日 (月)

亀井絵里,ジュンジュン,リンリン モーニング娘。卒業

亀井絵里,<br />
 ジュンジュン,<br />
 リンリンモーニング娘。卒業
昨日はAKB48の、奥真奈美ちゃんに会い、ふわふわしてたらこんな衝撃的ニュースが飛び込んできました。

モーニング娘。から、亀井絵里、ジュンジュン、リンリンの3人が、秋のコンサートツアーを最後に卒業…

夕方モバゲーニュースで知り、叫んだ(笑)

かねてから亀井絵里さんのアイドル歌手としての実力を認めていたので、これは寂しい…勿体ない…

亀井ちゃんにはもっとメインで歌ったりソロで歌ったりしてほしかったんでね。

ジュンジュンとリンリンは、2人でユニットを組んだら面白そうだとは思ってましたが、一緒に卒業なんですね。

中国で歌手としてやっていくということで、なかなか活躍を見れなくなっちゃうかな。

亀井ちゃんは、アトピー性皮膚炎の治療に専念という、今までにない卒業理由でしたね。

しっかり治して、いつかきっと、帰ってきてほしいと思います!

卒業しても、応援していくよ〜

やっぱり自分はえりりん好きなんだよなぁと、改めて実感しました。

ジュンジュンとリンリンも、おっきくなって日本に逆輸入的な感じで帰ってきてほしいですね!

2010年8月 8日 (日)

かたつむり/おぐまなみ

かたつむり/おぐまなみ
かたつむり/おぐまなみ
今日はおぐまなみお披露目の儀だい。

九段下からお届けする69曲目〜

「かたつむり」おぐまなみ
作詞:秋元康
作曲:青野ゆかり
編曲:野中"まさ"雄一
(2010年5月12日リリース)

謎の歌手おぐまなみさんのデビューシングルです〜

今までひた隠しにされてきた「おぐまなみ」さんですが、本日、九段下の科学技術館での握手会にて、正体がお披露目されました〜

正体は…

AKB48の、奥真奈美さんでした〜
バレバレ〜笑

見に行ってきましたよ〜

白い幕に隠されたステージに、その人はいました!

奥真奈美さんは初めて生で見たので、ドキドキでした。

かわいいふんわりした服装で、真っ白な肌、まんまるなおっきい瞳。

かわいすぎますね。

で、ツーショット撮影ができたので、一緒に撮りました。

隣に座ってどんなポーズにするか聞かれて緊張。
近すぎやしませんかw

普通にピースショットにしました。

そんなこんなで奥さんと初対面でした。

なぜ奥さんが選抜メンバーになかなか選ばれないのか謎なんですけど〜

是非ともじゃんけん選抜でセンター勝ち取って下さい!

そんなこんなのやんごとなきプリンセスに出会った真夏の1日でした。

できれば『かたつむり』を歌うとこも見たかったんですけどね〜

ということで、イベント参加報告だけにしようと思いましたが、流れで『かたつむり』のレビューもやります♪

イベント会場でも、『かたつむり』とカップリング曲の『芋虫ジョニー』の2曲がエンドレスでかかっていたのでね。

『かたつむり』は、NHKの「おじゃる丸」の曲となってます。

忙しく過ごす人々へ送る、のんびり系癒しソングです。

♪なぜ 人は誰かと 比較をしたり 競争するの?♪

と、総選挙とかを実施している秋元さんらしくない歌詞ですねw

まぁそれは置いといて、奥さんの歌声は、高めの裏声的な声が印象的ですよね。

そう言えば喋り声も、なんか高くなってる時もありますね。

それがそのまま歌声にも表れている感じでしょうか。

カップリングの『芋虫ジョニー』は、GSサウンドってやつですか?

ギターが気持ちいい、ギラギラ太陽を感じる曲です!

男言葉の台詞にも、注目ですね。

そんなおぐまなみさんに出会った記念日でした〜

「また来て下さい」と言われたので、(もちろんみんなに言ってることだけど)握手会とか行きたいですね。

劇場公演を観に行きたい〜

おくまなみちゃんブログ

購入CD(西田ひかる,ザ・ポチ!,渡辺美奈代,国生さゆり,中山美穂,生稲晃子)

購入CD(西田ひかる,<br />
 ザ・ポチ!,<br />
 渡辺美奈代,<br />
 国生さゆり,<br />
 中山美穂,<br />
 生稲晃子)
8月8日購入

『お熱いのはお好き?』

シングル

1992年11月25日リリース

今日は九段下でのおぐまなみさんのイベントのあと、神保町に行き、CDあさってきました〜

多いので手抜きで画像だけで記録っ。

2010年8月 6日 (金)

君のことが好きだから/アンダーガールズ

君のことが好きだから/アンダーガールズ
夏よこのまま。

真夏に送る68曲目〜

「君のことが好きだから」アンダーガールズ
作詞:秋元康
作曲:織田哲郎
編曲:野中"まさ"雄一
(2009年10月21日リリースの、AKB48「RIVER」カップリング曲)

AKB48の14枚目のシングル『RIVER』のカップリング曲です〜

メンバーは、『RIVER』の選抜メンバー以外のメンバーからの16人です。

佐藤亜美菜/高城亜樹/藤江れいな/奥 真奈美/倉持明日香/多田愛佳/片山陽加/指原莉乃/仲川遥香/石田晴香/菊地あやか/小森美果/佐藤すみれ/仁藤萌乃/前田亜美/松井玲奈(SKE48)

いや〜もうねぇ、曲が素晴らしい!

AKB48でも、『10年桜』、『涙サプライズ!』などなど名曲続きの2009年でしたが、この曲も負けじと素晴らしいです。

しかもカップリングで、さらにメインメンバー以外で構成されたアンダーガールズですからねぇ。

奇跡の1曲でしょう。

PVも、メイン曲よりはそこまで凝ったものではないように思うんですが、いい出来なんですよね。

自分は奥真奈美ちゃんが好きだったりしますが、やはりかわいい!!
なぜメインに選ばれないのか今でも謎に思ってます。

そしてこのPVを見てから、あきちゃこと高城亜樹さんと、SKE48の松井玲奈さんがすごくいいと思い初め、この2人も大好きになりました。

現在ではあきちゃも玲奈も、メインメンバーに昇格してますからねぇ。

そう思うと、この『君のことが好きだから』は、次世代エースの集まりなんだなぁ、と思いますね。

さらに月日が流れた時には小森美果さんや、前田亜美さんあたりもメインへ行ける日が来るんじゃないかと思います。
あと、奥真奈美ちゃんも忘れずに(*^^*)

そんな訳でメンバーについて自分の好みを語っちゃいましたが、曲の方は、かなり聴き込みました。

PVは何回観たかわからん位です。

基本全員もしくは数人で歌いきる感じですが、16人の歌声が厚みを感じれて心地よく迫ってきます。

聴き所はやはりサビにある、「だ・い・す・き」のとこでしょうねぇ。
歌詞カードにも載ってない掛け声的なパートですが、重要です!

これがあるかないかでだいぶ印象変わったと思いますしね。

あとは、この早いテンポなとこも、ぐぐっと惹き付けられますね。

あと、元気がいい!

メインメンバーより、若いだけあって、弾けた印象です。

そんなメンバーがこんな弾けた歌を歌ったら無敵ですね。

PVでは、あきちゃの弾けっぷりに目が離せませんね。

これで人気が出たのも頷けます。

あと、2番のパートでいいなってのがあって。

♪恋とは静かに 広がってく波紋 その中心は君なんだ♪

の、♪波紋♪の部分の歌声がかわいい。
メンバーの歌声の聴き分けは、完璧にできないのではっきりはわからないですが、奥真奈美ちゃんではないかとにらんでるw

次の日曜日に、奥真奈美ちゃんの撮影会のイベントがあるので、行ってみようかと企んでます♪

アレンジも最高で、ダンスも最高な、奇跡の1曲です!

あきちゃと玲奈とさっしーこと指原さんをのしあげた1曲ですね。

2010年8月 5日 (木)

ちびまる子音頭/ManaKana

ちびまる子音頭/ManaKana
祭りだ祭りだ〜

夏祭りの67曲目〜

「ちびまる子音頭」ManaKana
作詞:さくらももこ
作曲:佐橋俊彦
編曲:佐橋俊彦
(1998年7月1日リリース)

ManaKanaの3枚目のシングル『おどるポンポコリン』のカップリング曲です〜

ManaKanaとは、子役時代の三倉茉奈さんと三倉佳奈さんの双子ユニットですね!

で、この曲はアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマ曲にもなってました。

タイトル通り、昔ながらの音頭ですね。

ManaKanaのまだ幼いフラットな歌声が聴けます。

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」にぴったりな国民的な双子って感じの2人でしたね〜

実は一度イベントにも足を運んだことあります。

セカンドシングルの『アップトゥミー』が出た頃ですかね。

まぁ『アップトゥミー』はデビューシングル『二千一夜のミュウ』のカップリング曲なんですが、テレビタイアップが付いて、シングルカット的な扱いで再度発売されたものなんですが。

ほんとはつらつ元気!!って感じで、心が和んだのを思い出します。

笑顔が似合う2人ですからね〜

ManaKanaの何がいいかって、やっぱりほっこり感ですね。
なんか平和〜な気持ちになれるというか。

そんなほっこり感が1番出てるのが、この『ちびまる子音頭』だと思います。

♪そーれ そーれ おどろうよ そーれ そーれ のんきだね ちびまる子 音頭だよ ホラ エーサ エーサ ヨー♪

やっぱり和むわ〜

現在は「茉奈 佳奈」という名義でCDリリースしてますが、この子役時代のManaKanaとは全く違う、ハーモニーを聞かせるユニットとなりましたね。

カバーアルバム『ふたりうた』なども発売しているんで、購入して聴いてみたいと思います!

子供時代と、大人になってからの現在の曲とを聴き比べるのも楽しいです。

でも…そんだけ時の流れは早いんやなぁ、としみじみ実感(・・;)

夏の夜はこの曲聴きながらしみじみやね。

セブンイレブンフェア×AKB48

セブンイレブンフェア×AKB48
セブンイレブンフェア×AKB48
先月セブンイレブンで、AKB48のベアブリックが当たるくじ引きやってましたね!

あれめっちゃ欲しかったんですが、当たらなかったです〜

まあしょうがないですね(._.)

2010年8月 3日 (火)

きゃきゃきゃのきゃ/西村知美

購入CD(西村知美)
蒸し暑いですね〜

とろけそうな66曲目〜

「きゃきゃきゃのきゃ」西村知美
作詞:秋元康
作曲:都志見隆
編曲:中村哲
(1988年11月16日リリース)

西村知美さんの13枚目のシングルです〜

いや〜
ものすごいですね、この曲w

この曲を知ったのは、去年だったかな?
『ミュージックステーション』で、昔の映像が次々出てくる中で、目をひいた曲!

ribbonの懐かしい映像に感動していると、これですからね〜

度肝抜かれますねw

曲だけでなく、映像にも驚きましたよ。

おっきな人形と踊ってるという。
しかもかわいい人形じゃなくて、外人の木こり的な(笑)

今までコミカル路線のアイドルは、早坂好恵さんや、宍戸留美さんなどなどいましたが、まさかとろりんまでぶっとんだことやっていたとは。

そんなこんなで今年になって、ある方のブログで『君は流れ星』がレビューされているのを読み、『君は流れ星』が好きになってCD購入しました。

そしたらやっぱり『きゃきゃきゃのきゃ』が気になるしw

他にもメルヘンな曲とかいろいろいい曲もあるけど、何気に癖になる曲でして。

1曲まるごと聴いてみると、アレンジやコーラスあたりしっかりしていてそれはそれで笑えるんですが。

♪猫でも 踏んじゃったかしら♪

とか真面目にコーラスされてもと思いつつ、やはりとろりんの歌声が頭をとろけさせます〜

やはりサビが強烈!

♪恋の始まりはいつでも きゃきゃきゃのきゃ♪

この「きゃきゃきゃのきゃ」の最後の「きゃ」の部分が、歌と台詞の微妙なはざまで揺れ動く感じがなんとも言えん。

子供をあやすような感じって言うんですかね〜

で、歌詞は、刺激的な恋に、鼓動が波打ち「きゃきゃきゃ」と騒いでいるというもの。

秋元康さん作詩と知り、納得しました(笑)

やっぱり秋元さんはアイドルソング好きの心をくすぐるものを作りますね。

大好きですわ(*^^*)

きゃきゃきゃのメロディ〜♪

購入CD(Dream5,ノースリーブス)

購入CD(Dream5,<br />
 ノースリーブス)
8月3日購入

『僕らのナツ!!』Dream5

シングル

2010年8月4日リリース

待望のドリ5のセカンド!

『君しか』ノースリーブス

シングル

2010年8月4日リリース

今回はたかみなバージョンではなく、みぃちゃんバージョン。
なぜかというと、特典DVDが、みぃちゃんバージョンはレコーディング風景だったから。

2010年8月 2日 (月)

恋のはじまり/水野あおい

恋のはじまり/水野あおい
8月に突入〜

真夏の65曲目〜

「恋のはじまり」水野あおい
作詞:有森聡美
作曲:ヤギハシカンペー
編曲:ヤギハシカンペー
(1995年8月2日リリース)

水野あおいさんの4枚目のシングルです〜

8月に入ったということで、真夏の曲をいってみようと、選曲しました!

真夏の雰囲気を存分に味わえる1曲です。

内容は、夏休みに男女の友達数人で、一泊二日の旅行に行くというもの。
清純派路線のあおいちゃんにしては、一緒に旅行なんて過激な内容に思いますが、 夏らしい爽快なアレンジと、あおいちゃんの透き通ったさわやかな歌声で、かわいらしい恋のイメージになってます。

しかも、2番は台詞ですしね。
かわいすぎでしょう。

で、この台詞はシングルバージョンのみなんです。

アルバムでは、『恋のはじまり(アルバムバージョン)』となっており、台詞パートだった箇所は、普通に歌ってます。

しかも、歌詞も微妙に変えて、台詞バージョンと、歌バージョンの2つあるんですねぇ。
芸が細かい!

シングルの台詞はこんな感じ。

♪白いパラソルが並んだ、かわいいお店に
二人入ったのに…
今日、私が無口なのは、あなたのせいよ。
胸の中はもう、嬉しかったり、恥ずかしかったり
とってもおしゃべり…
まるで、このソーダ水の泡みたいに、弾けそうよ。
あなたにも、聞こえるかしら… ドキドキしてるの♪

こんな感じで結構がっつり台詞がありますね。
詰め込んでます。

アルバムバージョンでは、こんな感じにまとまってます。

♪パラソルが 並んでいる
かわいいお店で ひと休み
何だかぎこちなく ドキドキしてるの♪

だいっぶ凝縮されてますね。

どちらが好きかと言われると、やはり台詞入りのシングルバージョンですね。

あおいちゃんの、かわいいしゃべり方が堪能できる訳で。
ちょっと早口なとこも、ちょこまかしていてかわいらしいと思います。

歌っていたのに急に語りだすのもびっくりしちゃいますが、アイドルだからなせる技でしょう!
そこまでしゃべるか!?と普通ならツッコミ入れたくなるでしょうねぇ。

曲の中の台詞は、やはりアイドルソングの醍醐味ですからねぇ。

ribbonの『リトル★デイト』や、宍戸留美さんの『地球の危機』だったり。
いいエッセンスとなる訳です。

で、台詞だけじゃなく、あおいちゃんは歌もしっかり聴かせてくれます。

完成度が高いです。

こんなに安定して歌えるアイドルってのも、いないと思うんですよねぇ。

ライブにも行きましたが、クオリティ高かったと思います。

それでいてアイドル的な雰囲気も保たれていて、評価されていいアイドルだったんだなぁ、と歌を聴き直してみて思いました。

関連記事:

Love Song/水野あおい

2010年8月 1日 (日)

購入CD(スマイレージ)

購入CD(スマイレージ)
8月1日購入

『○○がんばらなくてもええねんで!!』スマイレージ

シングル

2010年7月28日リリース

この曲最高〜
スマイレージかわいすぎやしませんか!(*^^*)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連