無料ブログはココログ

« …好きです/芳賀ゆい | トップページ | Bye-Break Heart/中村亜紀 »

2010年10月18日 (月)

NO TITLIST/宮沢りえ

NO TITLIST/宮沢りえ
実家でCD発掘してきたよ〜


古くて新しい104曲目〜


「NO TITLIST」宮沢りえ
作詞:川村真澄
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉
(1990年2月15日リリース)

宮沢りえさんの2枚目のシングルです〜
読みは、「ノンタイトリスト」です!


「ぶっとび〜」が懐かしいですねぇ、宮沢さん。

自分がアイドルポップスを好きになった第一歩は、宮沢りえさんなんですよねぇ。

中学生になり、CDラジカセを買ってもらい、宮沢りえアルバム『MU』を、何気なく購入したのがきっかけだったかな〜

当時音楽は、流行りものの曲を買って聴いてましたが、後々まで何度も聴く曲は、アイドルの曲のみになっていき、アイドルの曲を聴くのが好きになっていったんですよ。

そこからはもうアイドルポップスにトリコでした。

この曲は「いつも誰かに恋してるッ」という宮沢りえさん主演のドラマの曲でもありました。

ドラマ見てたな〜

西田ひかるさんや島崎和歌子さんも同級生役で出ていて、楽しかったですよねぇ。

同シリーズの「いつか誰かと朝帰りッ」も好きで見てました。
また見てみたいです。

この『NO TITLIST』は、小室哲哉さんの曲ですね。

都会的なイントロから始まり、小室さんっぽいアレンジではありますが、宮沢りえさんのウィスパー系のふわふわした歌声が、いい化学反応を起こしている曲だと思います。

都会のオアシス…ってとこですかねぇ。

私の生き方にタイトルをつけたくない、枠にとらわれずに生きていきたいって曲ですね。
前向きガールって感じです。

サビの英語部分は結構ハマってますね。

♪No No Imitation,It's my Sensation♪

宮沢さんの歌声はどこか英語的な発音を感じるので、それがしっくりきてるように思いますね。

声が裏返ったような部分は危うさを感じますが、それも魅力ですね。

♪誰かのまねを したくはない 感じたことしか表現できない 子猫のように♪

というとことかは、 裏声なのか高い声なのかがわからない感じですね。


そんな感じなんですが、この曲で思い出されるのは、中学生時代に同じクラスの女子が、このCDを手にして歩いてたな〜と。

なんの話しやね〜ん。

タイトルはつけたくない話しでした〜

« …好きです/芳賀ゆい | トップページ | Bye-Break Heart/中村亜紀 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/37292733

この記事へのトラックバック一覧です: NO TITLIST/宮沢りえ:

« …好きです/芳賀ゆい | トップページ | Bye-Break Heart/中村亜紀 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連