無料ブログはココログ

« 枯葉のステーション/松井玲奈(SKE48) | トップページ | ドラえもんのうた/吉川ひなの »

2010年11月 8日 (月)

秋/瀬能あづさ

秋/瀬能あづさ
立冬ですね〜

だけど秋の115曲目〜

「秋」瀬能あづさ
作詞:三浦徳子
作曲:高見沢俊彦
編曲:中村哲
(1993年10月21日リリース)

瀬能あづささんの7枚目のシングルです〜

暦上では冬になったとは言え、秋もこれからですね。

紅葉もこれから色付いていくでしょう。

そんな秋の曲と言えば、瀬能あっちゃんの『秋』でしょ〜

自分が“秋”の曲を思い出す時に、1番に思い付くのがこの曲です。

タイトルも直球ですし、曲も秋のセンチメンタルな部分がよく出てますしね。

内容は、恋人への真夏のように熱く燃え上がっていた気持ちが、秋のように冷たい風が吹くように心変わりしてしまったというもの。

季節が変わるように、心変わりして、愛が冷めてしまったんですね〜

切ないですねぇ。
彼はそんな自分を責めない人で、余計に心苦しく感じるというもの。

アレンジも見事にそんな心の闇を映すように、ダークです。

あっちゃんのナイフのような歌声が、切なさを増幅させていきます。

やはりあっちゃん、歌上手いですよね〜

結局この曲がラストシングルになってしまいましたが(後に舞台関連の曲をリリース)、勿体無かったです。

あっちゃんほどの実力の持ち主で、まだまだこれからいけそうな気がしていただけに、引退は残念でした。

『秋』を聴いていると、ほんとそう思いますね。

あっちゃんには、いくつになっても歌い続けてほしかったというのが正直な気持ちですね。

今でもライブ活動とかしてくれたら、絶対観に行きますよ!

あっちゃんへのファンのみんなの思いは、「心変わり」しません!

でも結局、アーティストとして活動したかったあっちゃんの気持ちとはウラハラに、ファンはやはりアイドルのあっちゃんを求めてしまっていたんですよねぇ。

CoCoという大きなアイドルグループにいた為に、それも宿命だったのかも知れませんが。

あれ?
なんか暗い部分に迷い込んできましたよ〜

とにかくあっちゃんの歌声は、素晴らしいということなんです! はい。

伸びやかで綺麗な歌声を、堪能しましょう!

関連記事:

6月の海/瀬能あづさ

« 枯葉のステーション/松井玲奈(SKE48) | トップページ | ドラえもんのうた/吉川ひなの »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

005:乙女塾」カテゴリの記事

コメント

私もこのCD持っていました。
瀬能さんの高音は音程もしっかりしていて素敵ですよね~。
華原朋美よりは歌唱力がありました。
セミヌード写真集で芸能界復帰をもくろんだけどファンからの評判も良くなくてそのまま消えてしまった感があり残念ですが、生で歌っても音程外せずに歌えるのは貴重ですよね~。
そんな私は、3枚目のシングル曲『君の翼~だいじょうぶだから~』が1番好きです。
といいつつ、瀬能さんの楽曲は、シングルのカップリング曲、アルバム曲どの曲も良いです。
ファーストアルバムは、全曲好きです。
どうせ消えるなら、キムタクと結婚し、声も出なくなりババくさい、工藤静香が消えてくれたほうが良かったのではないでしょうか??と思う今日この頃です。

コメントありがとうございます!

CD持ってましたか~!!
あっちゃんの高音、ほんとに音程しっかりしててきれいですよね。
素敵です!
シンガーとして注目されても良かったな~と思いますけど、かわいさが邪魔をしてしまったんですかね??
セミヌードでの復帰は驚きました。
複雑な心境になっちゃいましたね。。
その後CDーRでしたが、歌を出してくれたのはうれしかったです!
生で歌ってもしっかり歌えるのは、ほんと歌唱力あったんだな~って今更ながら実感してしまいます!

『君の翼~だいじょうぶだから~』いいですよね!!
自分も当時好きで、いっぱい聴いた記憶があります!

カップリングやアルバム曲もほんといいですよね!
あっちゃんには力入れてもらってたんでしょうか。
またあっちゃんの歌声が聴きたくなってきました。
もう復帰はないんですかね。
あっちゃんの歌声、また生で聴けたら幸せだな。

私が、初めて買ったCDが『もう泣かないで』でした。
当初は、羽Pの『迷子にさせないで』を買おうと思ってCDショップに行ったらなくて、中嶋美智代の『とても小さな物語』にしようか迷って、瀬能さんのソロデビューシングルにしました。
羽Pのソロデビュー曲を買おうと思ったのも、オリジナルビデオの『ハンサムな彼女』の主題歌だったという単純な理由ですが、アニメの中で流れる『笑顔のポーカーフェイス』はなんかしっくりこない。原作では、歌の上手いアイドルのコが歌うシーンを羽Pの曲を流すということでしたが、多分瀬能さんの方が適任だったと思える程(笑)。

私は瀬能さんのシングルは7枚、アルバム2枚買いましたよ~。
個人的には、やっぱり瀬能さんには、もう少しアイドルポップス系を歌って欲しかったです。

私はカラオケでは、『もう泣かないで』か『君の翼~だいじょうぶだから~』、『あなたじゃなければ』、『I miss you』、『秋』、を歌うことが多いんですね~。

まったく関係ありませんが、私のアイドル遍歴は、
1984年頃松田聖子(当時人気があったから。今思うと、楽曲は良いけど歌唱力ないです。この程度なら南野さんの方が下手かもしれませんが一生懸命歌われるので好感が持てます)
1988年頃ナンノこと南野陽子さん(かわいらしかったです。楽曲も良かったです。)
1989年頃工藤静香(『嵐の素顔』『くちびるから媚薬』が好きでした)
1992年頃あっちゃんこと瀬能あづささん(歌唱力がピカイチです)
1994年頃グッピーちゃんこと高橋由美子ちゃん(『笑顔の魔法』『GoodLove』とかかわいらしく歌っていたと思います)
高校時代から中森明菜さん(表現力が素晴らしい。『ミ・アモーレ』『禁区』あたりはカラオケでよく歌います)
2006年以降河合奈保子さん(かわいらしくて、性格良くて、歌唱力もあるので。『唇のプライバシー』、『ジェラストレイン』『デビュー』が好きです。)
というわけで、ニックネームは、昔『あっちゃん。』だったのですが、今は『なおなお』です(笑)。

くだらないことを書いてしまってすみません。

>なおなおさん

初めて買ったCDが『もう泣かないで』ですか!
それは思い出深いですね。
そういえば9月21日は、羽ちゃんとミッチーのシングルが同時発売されてましたね。
2枚一緒に購入したこと、今でも覚えてます!
乙女塾関連は自分的には絶対だったので、ほぼフラゲして購入していたので。
羽Pの曲、「ハンサムな彼女」の曲でしたね。
サウンドトラックも出ていて買いましたよ。
『胸に飾った夏』とかも入っていて。

『笑顔のポーカーフェイス』もいい曲だと思うんですが、アニメのほうは見たことないんですよ。
すごく気になりますが。
アニメでの歌唱シーン、見てみたいですね。
確かに歌がうまい設定なら、あっちゃんでしょうけどね(笑
まあ羽ちゃんは澄んだ歌声が魅力ということで。

あっちゃん、アイドルポップス系歌ってほしかったですね。
本人はCoCo脱退後はアーティストに移行したかったのかな?と感じました。
カラオケなかなか行かないので、行ったらあっちゃんの曲歌ってみたいです!
『君の翼~だいじょうぶだから~』とかも入ってるんですね!!

アイドル遍歴ありがとうございます!
自分はリアルタイムで応援していたのは1990年ころからなので、CoCoあたりがはじまりと言えます。
グッピーももちろん好きでしたよ!
河合奈保子さんから、なおなおさんなんですね!
まだ河合奈保子さんは未開拓でして、今後いろいろ聴いてみたいと思います!
きっとハマるでしょうね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/37587060

この記事へのトラックバック一覧です: 秋/瀬能あづさ:

« 枯葉のステーション/松井玲奈(SKE48) | トップページ | ドラえもんのうた/吉川ひなの »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アイドルポップス関連