無料ブログはココログ

« *ポケベルNightは5643#/MOMO | トップページ | ノンタンといっしょ Dancing!びびでな・すてっぷ/千秋 »

2011年1月 8日 (土)

危い土曜日/キャンディーズ

危い土曜日/キャンディーズ
3連休だ〜

土曜の夜の143曲目〜

「危い土曜日」キャンディーズ
作詞:安井かずみ
作曲:森田公一
編曲:竜崎孝路
(1974年4月21日リリース)

キャンディーズの3枚目のシングルです〜

『危ない土曜日』ではなく、『危い土曜日』なんですね。
“な”がないのが違和感〜
昔はこれでOKだったのかな。

キャンディーズは言わずと知れた、ランちゃん(伊藤蘭)、スーちゃん(田中好子)、ミキちゃん(藤村美樹)の3人グループです〜

とうとう自分が生まれる前の曲までさかのぼってきましたよ。

キャンディーズは、なんとなく古いイメージしかなくて、今まで聴いてませんでした。

ですが、たまたま入手したこの『危い土曜日』と『なみだの季節』がカップリングされたCDを聴いて、興味が湧いてきました!

そして、動画サイトで「わが愛しのキャンディーズ」という番組を見て、キャンディーズの歴史を知ることができました!

いや〜すごいですね。
面白かったです。

最初はスーちゃんがセンターだったのが、ランちゃんをメインにしたところ、『年下の男の子』でヒットしたとか。

曲が良かったってのもありますが、ランちゃんメインがしっくりくるものがあったんでしょうねぇ。

自分は誰派と言われると、スーちゃんな気がします。

瞳が大きくて、ふっくらしていて人形みたいにかわいいですね。

あとは、解散宣言に驚きですね〜

自分たちで決めて、勝手に発表しちゃったという…

ここで有名な台詞、「普通の女の子に戻りたい」が出てくる訳ですね。

ほんと伝説となってますからねぇ。
衝撃です。
スタッフとかにも相談せず、発表してしまうなんて強い信念だったんですねぇ。

3人でめちゃくちゃ悩んだ結果なんだろうな〜と、しみじみ見ちゃいました。

解散コンサートでは、「私たちは幸せでした」という言葉を残し、幕を閉じたんですよねぇ。
感動ですね。

アイドルとして、絶頂期にファンに惜しまれながらの解散って、勿体無いと思ってしまうけど、落ち目になって解散するよりは、いいのかも知れないですね。

絶頂期に解散したら、永遠のアイドルになれるんだなぁ、って思いました。

そんなキャンディーズですが、最初はスクールメイツにいたんですね。
歌手養成所に通っていたなんて、初めて知りました。

だからあんなに歌もしっかりしてるんですね。

キャンディーズはただのアイドルではなく、実力派アイドルだということが、わかりました。

さっきも記述しましたが、今まできちんと聴いたことがなく、今回いろいろ聴いてみて、綺麗なコーラスワークに引き込まれました。

今回紹介する曲、『危い土曜日』は、スーちゃんがメインで歌ってますが、しっかりした歌唱力ですね。

スーちゃんは3人の中では1番特徴のある歌声だと思います。
ちょっと鼻にかかったような、かわいい中にもスパイスが隠れている感じです。

そしてこの『危い土曜日』は、緊迫感溢れる迫りくる曲です。
パーカッションが印象的ですね。

内容は、土曜日の夜に彼と一緒にいたら、愛してるとささやかれ、ムードたっぷりな夜になっていき、私たちどうなっていくのでしょうという、曲です。

彼との2人きりの夜に、もっと先に進みたいという気持ちと、彼の思い通りになるのが怖いという、躊躇する気持ちがぐるぐる回っている感じでしょうか。

危ない夜のはじまりですね〜

♪ふたりっきりになったら あなたに 巻き込まれる 危い土曜日 くちずけされちゃう♪

大人への階段を登っていく少女の心情が描かれてますねぇ。

曲は、そんな気持ちをまくしたてるように突き進みます。

しっかりコーラスも入っていて、3人のボーカルの完成度も素晴らしい曲だと思います!

アイドルの原点ここにありって感じですね。

« *ポケベルNightは5643#/MOMO | トップページ | ノンタンといっしょ Dancing!びびでな・すてっぷ/千秋 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

初めまして、春一番と申します。
キャンディーズのファンです。
私はこの「危い土曜日」が一番好きです。
この曲は1974年当時はあまりヒットしなかったようですが、後になってから評価されるようになりました。
私がファンになったのは、解散の前の年の1977年になってからでした。
中3の時に同級生から譲ってもらったLPレコードを聴き、キャンディーズの奥の深さに魅了されていきました。
私も3人の中で一番好きなのはスーちゃんです。

2006年にNHKの特集番組で「わが愛しのキャンディーズ」が放送されました。
その放送を見ていたら、忘れ掛けていた当時の記憶が鮮明に蘇り、気分が高揚し何とも言えない気持ちになりました。
それ以来再びキャンディーズ熱が再燃し、ヤフオクでポスター・雑誌・プロマイド・CD・DVD等を数多く落札購入しました。
お気に入りのポスターをパネルに入れて、部屋に沢山飾っています。

以下は私の好きな曲です。
いずれもスーちゃんがボーカルです。
機会があったら是非聴いてみて下さい。

・危い土曜日
・迷える羊
・ガラスの少女
・バス・ストップ
・バイ・バイ・センチメンタル

当時は中学の3年生でしたから、コンサート等には行ける筈も無く、専らレコードを聴く事が全てでした。
キャンディーズが解散したのは1978年4月4日、高校入学を控えた春休み中の事でした。
多感な青春の想い出づくりに解散コンサートへ行けなかった事が、今でも心残りとなっています。

>春一番さん

はじめまして。コメントありがとうございます!
自分は当時からのファンと言う事ではないので、現在いろいろと聴いているところです。
「危い土曜日」がその中でも気に入った曲でした。
当時はあまりヒットしなかったんですね。
1977年からファンでしたか。当時を知っている方の話し聞けて良かったです。

スーちゃん、良いですね。
かわいらしさと歌声に魅了されました。

「わが愛しのキャンディーズ」、当時からのファンとしては胸が熱くなるものがあるでしょうね。
それがわかる内容ですね。
そこからキャンディーズ熱が再燃されたんですね!

スーちゃんメイン曲ですか!それは、聴いてみたいですね。
時間がある時に探して聴いてみますね。

中学生でしたらなかなかコンサートに行けないですよね。
後々になると行けなかった悔しさが残ってしまいますね。
自分もそういうことを経験しているので、なるべく今は観に行きたいコンサートは行くようにしています。
3人そろうのは叶わぬ夢ですが、何かの形でキャンディーズを観れる機会ができると良いですね。

こんばんわ。
またお邪魔します。
キャンディーズの事について色々とお伝えしたいと思います。

「バス・ストップ」という曲は、イギリスのホーリーズというグループのカバー曲です。
「迷える羊」と「ガラスの少女」は、サードアルバムの「なみだの季節」に入っている曲です。
「バイ・バイ・センチメンタル」は、5枚目のアルバム「その気にさせないで」に入っている曲です。
私は当時この「バイ・バイ・センチメンタル」という曲を聴いて、よく涙しました。

キャンディーズはアルバムにいい曲が沢山あります。
キャンディーズ・プレミアムオール・ソングスという12枚組のCDがあるんですが、このCDにキャンディーズの曲が全て網羅されています。
私もこのキャンディーズ・プレミアムオール・ソングスのCDを持っています。
その後キャンディーズ・タイムカプセルという20枚組のCDも発売されました。
このキャンディーズ・タイムカプセルも全曲網羅されていますが、未発表曲等も入っています。

真偽の程は良く分かりませんが、キャンディーズは表向きは仲良し3人組という事になっていますが、ランちゃんとスーちゃんの間には確執があったというような話もよく耳にします。
デビュー曲の「あなたに夢中」に始まり、「そよ風のくちづけ」、「危い土曜日」、「なみだの季節」の4曲はスーちゃんがセンターでしたが、「年下の男の子」からセンターをランちゃんに変えた頃から急に人気が出てきました。
以降「わな」を除きランちゃんがセンターを務める事になります。
「わな」は唯一ミキちゃんがセンターを務めた曲です。
それまでセンターだったスーちゃんにしてみれば、心穏やかではなかったと思います。

>春一番さん

コメントありがとうございます。
こんにちは。キャンディーズ情報、ありがとうございます。

「迷える羊」と「ガラスの少女」、聴きました。
切ない雰囲気が良いですね。スーちゃんの歌声、哀愁を感じます。

「バイ・バイ・センチメンタル 」もまた哀愁を感じる楽曲ですね。
泣けるのもわかります。
今聴いたらまた当時のことを思い出して泣けてきそうですね。

キャンディーズのアルバム、まだちゃんと聴けていないので、いろいろ良い曲を見つけたいです。

「キャンディーズ・タイムカプセル」、20枚組ですか!すごいですねえ。
なかなか入手は難しいですが、ちょっとずついろんな曲を知っていければと思います。

キャンディーズの3人、仲良い雰囲気がありますね。
確かにスーちゃん、最初センターでしたからね。
センター変わってから、思うところはあったんだろうなとは思います。
まあメンバーと言ってもライバルではありますから、少なからずそういう面もあっても普通なのかな、と感じていますねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/38391991

この記事へのトラックバック一覧です: 危い土曜日/キャンディーズ:

« *ポケベルNightは5643#/MOMO | トップページ | ノンタンといっしょ Dancing!びびでな・すてっぷ/千秋 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アイドルポップス関連