無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

ショートカット/スマイレージ

Photo

さわやかな春はすぐそこ!


宇宙へ飛び立つ180曲目〜


「ショートカット」スマイレージ
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:平田祥一郎
(2011年2月9日リリース)

スマイレージ(S/mileage)の4枚目のシングル曲です〜

遅くなっちゃったけど、第52回日本レコード大賞最優秀新人賞受賞おめでとうございます!!
めでたいね〜

涙の受賞となりましたね。
スマイレージの活躍はほんと嬉しいです!
今後も飛躍を期待してます!

そんなスマイレージの、最優秀新人賞受賞後の1曲!!
つんくさんも、最優秀新人賞受賞後ということで、ここからが“はじまり”ということを意識して曲を制作されたようですね。

『ショートカット』は、そんな気合いを感じる1曲となりましたね!
スマイレージのコンセプト、“笑顔”が最大限に活かされた曲になりました。

この曲の為に、4人はショートカットにもしました。
「美女学」でもその模様がオンエアされましたが、戸惑いを隠せないメンバーでしたね。

あやちょなんて、ポニーテールができなくなるのはアイドルとして許せなかったりして、抵抗したり。

ですが、4人とも髪を短くしましたね。

でもなかなかアイドルがショートカットにするのって、危険な綱渡りでもありますよね。

過去にショートにして人気がなくなったアイドルもいますしね…

さきちぃや、かにょんはそもそもショートカットなので、似合ってるし問題ないとして、問題はゆうかりんとポニーテールあやちょですよね。

ゆうかりんは意外や意外。
かわいさが増したように思います!

あやちょはやっぱり髪が長い方が似合う顔立ちですね。
それを察してか、4人の中では1番長さを保っていたように思います。
それでいいんです!
それが、いいんです!

そして曲もかわいいですが、衣装もかわいすぎです!
色とりどりの、花を纏っていて、花の冠もして、春の妖精って感じの4人ですよね。

そんな衣装で『ショートカット』を歌う姿を見て、やっぱりスマイレージめっちゃいいやん!って感じましたね。

「美女学」では、レコーディングも追っていて、ラストのおいしいパートを誰が歌うかに焦点を置いてましたね。
結果、最近の♪旅したい!♪のパートは、さきちぃが割り当てられました。

メンバー中最年少のさきちぃの、若さ溢れる無限大の可能性にかけたってことですかね〜

PVでは、常日頃あやちょが言っている、「宇宙へ行きたい」というのが反映された形になり、宇宙へ4人が降り立ちましたね。
4人の元気溢れる映像が最高です〜

それからジャケット!!
どのジャケットもかわいくて良いんですが、1番好きなのが、上に貼ってあるジャケットです。
80年代アイドルらしさが出てますよね!
この80年代らしさがたまらなく好きです。

歌詞の内容は、若さを武器に、いろいろ夢を叶えていこう!って感じでしょうか。
スマイレージの今の勢いが、そのまま曲になったって感じですね。

♪いっぱい恋して いっぱい目立って いっぱい友達作って そんで 出来るならばやっぱ あいつと腕を組んで 世界中を旅したい!♪

このフレッシュさに元気をもらえますね。

♪いっぱいやんちゃして いっぱい学んで 失敗したってくじけないもん 怖い事が一個 あるとしたら それは この若さの パワーかも♪

4人の歌声のキュートさったらないです。
ソロパート、全員パート、どこをとってもかわいらしいですね。

なんかスマイレージの小人たちが歌っているようなコーラスも、キュートなエッセンスとなってます!
サビパートで後ろで子供が叫んでるような歌唱を、注目しながら聴くのもいいですよね。

振り付けもこれまた脚を強調してみたりと、スマイレージらしさを固めていってますね。
美脚アイドルとしてはね〜

♪どこにでもいるような娘に ならないつもりよ♪

そんな、どこにでもいるようで、どこにもいない、素敵な4人組目指して頑張ってほしいです!!



関連記事:
○○がんばらなくてもええねんで!!/スマイレージ
同じ時給で働く友達の美人ママ/スマイレージ

2011年3月29日 (火)

君はどこにいるの/細川直美

Photo
だんだん春らしくなってくるよ〜


春風に吹かれて179曲目〜

「君はどこにいるの」細川直美
作詞:真名杏樹
作曲:三浦一年
編曲:若草恵
(1989年4月25日リリース)

細川直美ちゃんの1枚目のシングル曲です〜

ナビィこと細川直美ちゃんのデビュー曲ですね!

この曲はですねぇ、去年YouTubeで聴いて、すーぐにCDを買いに走ってしまいましたw

初めて聴いて、ビビッとくるものがありましたね。
それ位に素敵なアイドルポップスだったんです。

すぐにでも記事にしようと思いましたが、春らしい曲なので保留にしておき、やっとこさこのブログに登場しました〜

そんなこんなでナビィです!

デビュー曲の『君はどこにいるの』は、ほんと春風のような曲。
むしろ直美ちゃんそのものが、春風のような存在ですね。

それほどさわやかな完成度です!

YouTubeで、「広島フラワー歌謡祭'89」のステージで歌う直美ちゃんの姿を見ましたが、花に囲まれて歌う姿が絵になりますね。

そんなさわやかなメロディに乗せて、野太い応援が響き渡ります!

「かわいー かわいー 超かわい〜 細川直美のお通りだー」

す、すごい〜
これは圧巻でした。
そこも注目かな(笑

まぁそれは置いといてw
直美ちゃん、自分としては女優のイメージが強かったですが、めちゃくちゃアイドル歌手してますやん。

ツインテールもかわいいです。
そりゃあ、かわいーかわいー超かわい〜言われますよね\(^-^*)

歌声も、なんともアイドル的ですね。
まだまだ幼い少女らしい歌声をしています。

♪La La La どこに どこに どこに どこにいるの そばに そばに そばに そばにいるよ La La La きっと きっと きっと きっと明日 キミに キミに キミに キミに会えるよ♪

この繰り返される言葉が耳に残りますね。

♪流れだす 人の波 肩を押され歩く 君ですか 違うかな 期待しすぎで 息もできない♪

この、♪違うかな♪のとこなんて、特に幼さを感じますね。
ちょっと鼻にかかっていて、うさぎのような歌声とでもいいますか、なんとも人懐っこい感じがして愛らしいです。
勝手に“恋するラビットボイス”と呼んでおきます。←

2番の、♪甘い予感を 抱きしめてるの♪のパートも、歌詞通り“甘い”歌声を聴かせてくれます。

歌詞の内容は、新しい季節がやってきて、気持ちが弾み、未来の恋人がもうすぐ現れるんだと、恋の予感に浮かれるという歌です。

まだ好きな人にすら会っていなくて、何も始まっていないけど、春の陽気に恋に恋している感じですね。
デビュー曲として、“はじまり”を演出しているようで、これからの展開を期待させる作りですね。

いい戦略なんじゃないでしょうか。
ピュアさもアピールできますからね!

そんな『君はどこにいるの』ですが、AKB48のまゆゆこと、渡辺麻友ちゃんが歌うとハマると思うんですよねぇ。
振り付けもそのままで。
なんか動画を見ていて、まゆゆが思い浮かんだので。

その時は…

「かわいー かわいー 超かわい〜 渡辺まゆゆのお通りだー」

って、言っちゃいましょうね(*^-')b

2011年3月27日 (日)

スキよ!ダイスキ君/ソフトクリーム

Photo_2
ソフトクリームにハマリました〜

スキよ!ソフトクリーム178曲目〜

「スキよ!ダイスキ君」ソフトクリーム
作詞:伊藤アキラ
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1983年8月21日リリース)

ソフトクリームの3枚目のシングル曲です〜

ソフトクリーム、ふとしたきっかけで、YouTubeで見たところ、めっちゃハマってしまいました!

楽曲も良く、楽しくて、なんと言ってもメインボーカルのユミちゃん(エンポコ)のキラキラした歌声が、眩しすぎます!

エンポコは、歌声だけでなく、見た目もアイドルらしくてほんとかわいいです。
なんかくりっとした瞳なんかは、森尾由美ちゃんにも似てる気がします。

そんなエンポコの魅力にハマりましたね。

ソフトクリームは、遠藤由美子 天野千英 大塚真実の3人組。

リアルタイムでの記憶は一切ないんですが、この『スキよ!ダイスキ君』は、CMソングにもなっていたみたいです。

ヤクルトジョアのCMソングに起用され、ヤクルトの選手の荒木大輔さんと共演していたんですね。

そんなブレイクしそうな環境にいながらブレイクしなかったのはもったいないですね〜
これだけの逸材が。

そう思わせる程、完成度は高いと思います!

後付けなのかも知れませんが、おニャン子クラブのプロトタイプとも言われているようですしね。

アイドル界の未来を左右したグループと、言っても過言ではないのかも知れないですね。

そんなソフトクリームの『スキよ!ダイスキ君』は、思春期の乙女の歌って感じですね。
おニャン子クラブ同様に、ちょっとエッチなフレーズで驚かせてみたり。

♪情熱 はだかで あげたい
 気持ちは 言葉じゃ 言えない♪

♪恋人になりたい 友だちになりたい
 夢ならあなたに キスしていいでしょ♪

若い女の子がさわやかにドキッとする歌詞を歌うという、まさにおニャン子クラブの感覚ですよね。

サビはほんとキャッチーで、頭の中でヘビーローテーション中です♪

♪スキよ! スキよ! ダイスキ君
 カンゲキ! ダイスキ君
 スキよ! スキよ! ダイスキ君
 まぶしイ ダイスキ君♪

アレンジもキラキラクルクルという音が、遊園地にいるような弾けるサウンドです。
そんなメロディに、エンポコの少年のような幼いボーカルが乗ると、さらに輝きを増します!

ほぼ全編エンポコをメインで歌わせたのは正解でしょうね。

特に、♪遠くから見てたの 近くから見たいの♪という抑えめに歌うところから勢いよくはねあがるBメロが、魅力的です。

この伸びる歌声での抑揚が、癖になる歌声ですね。
高音になった時に、「キター」ってなります。

そして最後のパート。

♪とっても愛して ダイスキ君
 とっても愛して ダイスキ君♪

この2行でエンポコの魅力大爆発って感じです。

最後に弾けまくって、まだまだ聴いていたいと思う中、曲が終わります。

こんなことされたら、ソフトクリーム中毒になりますよね(笑

それほどに、今ハマっている訳です。

最近の自分的お気に入りは、ももいろクローバーとソフトクリームだったりします。
現代と昔が入り混じってますねw

2011年3月25日 (金)

アンブレラ・エンジェル/高井麻巳子・白石麻子・渡辺美奈代・山本スーザン久美子(おニャン子クラブ)

Photo
天気予報外れて雨〜

さらに雪まで降る177曲目〜

「アンブレラ・エンジェル」高井麻巳子・白石麻子・渡辺美奈代・山本スーザン久美子(おニャン子クラブ)
作詞:秋元康
作曲:山川恵津子
編曲:山川恵津子
(1986年3月10日リリースのアルバム「夢カタログ」に収録)

おニャン子クラブの2枚目のアルバム『夢カタログ』の曲です〜

まだまだファン歴1年程度のおニャン子クラブ初心者な自分なので、ちょっとずつおニャン子の世界を楽しんでます。

こないだ「夕焼けニャンニャン」のDVDを購入したので見てみると、全体的にぐだぐだ感があってすごかったです。
おニャン子クラブのメンバーだけでなく、他の司会者も噛みまくりでしょうw

おニャン子クラブも、歌披露の最中でも、喋ってたりするしwww

素人集団と言われるのも理解できましたよ。
今のAKB48とは、やはり志が全く違いますね〜

まぁそれがおニャン子クラブの売りでもあるので、おもしろいんですけどね!
そういうところにおもしろさを見出してしまいます。

中でも、なかじこと中島美春さんとかがなんか好きかな。
あと、河合その子さんが見た目はおとなしそうな雰囲気ですが、結構元気で驚いたな〜

あとはやはり自分のお気に入りの、うしろゆびさされ組の2人がいいですね〜

高井麻巳子ちゃんは色白で清純派だな〜と。
自分の中ではちょっと堀川早苗ちゃんとかぶったりします。

透明感とか天然ボケな感じがね。

そんな高井麻巳子ちゃんの曲を紹介!
と言ってもまみまみのソロではないんですけどね。

まみまみメインの曲をセレクトしてみました。

うしろゆびや、ゆうゆの曲では好きな曲が結構あるんですが、まみまみの曲は全体的に地味な曲が多く、まだこれだ!という曲が見つけれてないんですよ〜
またまみまみのソロもじっくり聴いてみたいと思います!

という事で、おニャン子クラブのアルバム『夢カタログ』、タイトルからして好きですねぇ。

いろいろいい曲はありますが、まみまみの全曲集『うしろゆびさされ組 うたの大百科その2 高井麻巳子』にも入っている、『アンブレラ・エンジェル』に注目。

まみまみの落ち着いた曲の中で、珍しいキュートでポップな曲ですね!

元気なイントロから、ノリノリになりますね。

まみまみの歌声は、淡々と進んでいきますね〜

やはりそんなまみまみの地味めな歌声に彩りを添えるのが、白石・渡辺・スーザンの合いの手ですよね。

♪RAIN RAIN RAIN♪

この弾む感じ、雨が楽しくなりそうな感じですよね。

それはそのはず、急に降りだした雨に、かわいい少女が傘をさしてくれて、一目惚れするという曲ですね。

♪僕はずぶ濡れのまま
 ゼミのテキストかざす♪

とあるので、男の子目線の曲ですね。
最近ではSKE48でよく見られる「僕」の曲です。
SKE48がカバーしても良さそうな曲ですよね。
SKE48の『青空片想い』、『ごめんね、SUMMER』、『コスモスの記憶』の一人称が僕でしたから、『アンブレラ・エンジェル』は、エピソード0的な感じにもなりますよね。

それはそうと、この曲は、サビに向かう流れが好きです!

♪そんな時♪という、パートで、アレンジが一瞬途切れ、サビになだれ込み、バックの音も派手になってくところがいいと思います。

恋の魔法にかかったように、憂鬱な雨が、こんなにうきうきしたものになるんだな〜

♪アンブレラ アンブレラ
 君はアンブレラ・エンジェルさ♪

名前も知らない女の子を、“アンブレラ・エンジェル”と呼んでしまうとこはさすがです。

秋元さんが描く少女“アンブレラ・エンジェル”こそが、高井麻巳子さんだったんですかね〜

♪君の白い傘
 まるで羽根みたい
 僕だけの天使♪

その姿に、高井麻巳子さんが重なりますね!


関連記事:
象さんのすきゃんてぃ/うしろゆびさされ組
猫舌ごころも恋のうち/うしろゆびさされ組

2011年3月23日 (水)

恋してZOO/胡桃沢ひろ子

Photo
なかなか暖かくならないですね・・・



だけど元気に行きたい176曲目〜

「恋してZOO」胡桃沢ひろ子
作詞:平出よしかつ
作曲:岩崎元是
編曲:船山基紀
(1993年2月1日リリース)

胡桃沢ひろ子ちゃんの5枚目のシングルです〜

ひろ子ちゃんは、桜っ子クラブさくら組のリーダー的な存在でしたよね。

「ミュージックステーション」に桜っ子クラブさくら組が出演して、『なにがなんでも』を歌った時には、堂々とセンターで歌っていたのが印象深いです。

ひろ子ちゃんは、天然おとぼけキャラって感じでしたね。
今でいうと里田まいちゃんみたいな感じでしょうか。
バラエティ番組やラジオなどで、おもしろい発言をしていたのを覚えています。

『日本がアブナイ!』なんていう、ひろ子ちゃんにぴったりな曲もありましたしね〜

そんなひろ子ちゃんの『恋してZOO』は、、ラストシングルになった曲ですね。
アニメ「コボちゃん」のオープニングテーマソングになっていました。

「コボちゃん」と言えば、こないだレビューした、こんぺいとうの『ニッポン チャ!チャ!チャ!』も、「コボちゃん」の曲になってましたね〜

ということで、この2曲は制作者も同じ人だったりして、方向性が同じですね。

こんぺいとうが『恋してZOO』を歌っても、全く違和感がなかったでしょうね。
なんならひろ子ちゃんよりも、こんぺいとうが歌った方がしっくりきたような、感じですね。
変な意味じゃなく、当時19歳のひろ子ちゃんには、幼すぎた内容だったのかな、とも思いました。

歌詞を読むと、タイトルにあるように、動物園のように、動物たちがたくさん出てくる、楽しい内容になっています。

♪街角を私カンガルー 約束のデイト遅れゾウ
 怒ってる顔でイルカな 待ちぼうけ君はペンギン♪

よく考えないと理解不能(笑)
多分、こういうことですよね?

街角を私駆け抜ける 約束のデイト遅れそう 怒ってる顔でいるかな 待ちぼうけ君は立ち尽くす

…みたいな。

この曲のすごいところは、この冒頭部分だけではなく、全編動物の名前にかけた言葉で突っ走ってるとこですね。

あまり深く考え過ぎずに、言葉の中に隠れた動物の名前を聞き取るのがこの曲の醍醐味だと思います!

♪ほらね! ハイ ハイ みんなが見てる
 照れてシマウマ 仲なおりしまヒョウ♪

ときちゃいますからね〜
“しまヒョウ”って!ってツッコミたくなる楽しさです。

ツッコミどころ満載なんです(笑

♪ほらね! ハイ ハイ すぐにヤギもち
 やいてシロクマ 涙がアフリカ♪

“アフリカ”!もはや国www
「涙がアフリカ」という言葉もなんだかおもしろいです。

ひろ子ちゃんの歌声は、音程が不安定で、伸ばすとこがふわっとしていて、なかなかな浮遊感を味わえます(ホメ言葉です!)。

あと、こんなボケ満載な曲だけど、あまり狙った歌い方もせず、「何か問題でも?」って感じでまっすぐ歌っているので、それはそれでおもしろいことになってます。
キャラも天然ですが、歌声も天然ってことでしょうか。

パンチのない歌声ではありますが、それがくるみーの良さに繋がってたりしますね。

そんなくるみーの、ほんわかしたギャグのような1曲でした〜

2011年3月21日 (月)

FOR YOU/横山知枝

FOR YOU/横山知枝
アイドルソングで気分転換。

春風のような175曲目〜

「FOR YOU」横山知枝
作詞:尾崎亜美
作曲:尾崎亜美
編曲:富田泰弘
(1991年11月13日リリース)

横山知枝ちゃんの2枚目のシングルです〜

横山知枝ちゃんと言えば、「やまだかつてないテレビ」ですよね〜

この曲『FOR YOU』も、フジテレビ系「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」の挿入歌になってます。

やまだかつてないWINKの活動を終え、ソロアイドルとして活動してからの曲ですね。

たしか、番組の中で番組のCM的な感じのVTRが流れていたと思います。
それが印象深いですね〜

やまかつWINKのオーディションの時から、透明感あふれる美少女が出てきたなぁ、と思いました。

邦ちゃんと活動させるには勿体ないとw

そんな清純派の知枝ちゃんですが、企画物のやまかつWINKだけでは終わらず、ソロデビューできて良かったですね。

ソロデビュー曲の『Happy Birthday』は、知枝ちゃんの清楚な雰囲気が曲とマッチして、ヒット。

そしてセカンドの『FOR YOU』も、ファーストの路線を引き継いだ、透明感あふれる素敵な曲でした。

尾崎亜美さんのカバーと言うことですが、知枝ちゃんのイメージとボーカルにぴったりな曲ですね。

ファーストほどのインパクトはなく地味な感じがするものの、とても好きな曲です。

発売が秋口の11月で、曲の内容が春休み前の曲で、発売時期が季節外れな感じはしましたね。
曲の雰囲気も思いっきり春のひだまりのような、ほんわかした雰囲気でしたし。

とにかく知枝ちゃんに合う曲ということで、時期は考慮しなかったんですかね〜
それだけアイドルとして旬な時期に、この知枝ちゃんとの相性がいい曲を出したかったのかも知れないですね。

それはそれとして、歌詞もとてもアイドルらしい儚さやさわやかさがあって、いいんですね。

♪知らず知らずに書いていました ノートの落書き あなたのイニシャル♪

春の教室で、春の暖かい陽射しを浴びて、制服を着て机に向かっている知枝ちゃんが思い描けます。

♪声をかけたこともなかった もうすぐ最後の春休み♪

ゆったりしたメロディから、サビはドラマティックに盛り上がりますね。
学生時代を思い起こしてくれます。

♪突然ですが大好きです 心の鍵で開けてほしい♪

この2番のサビではこれまたドラマティックな演出。
この曲の抑揚、キュンとせずにはいられません。
学園ドラマを見ているような感覚ですね。
素敵すぎます。

最後の♪唄をあなたへ…♪は、なんだか音程が外れているように思えますが、壊れそうな乙女の心が伝わりますね。

横山さんはこの曲の後は、やまかつに関係ないところでCDをリリースしていきました。

1994年に発売された『福山四季彩歌〜ここは福山寄んなさい〜』っていう曲がとても気になるんですが、未入手です。
それも聴いてみたいですね。

春風のような、知枝ちゃんの歌声で、気持ちに新たな風を吹かせていきましょう!

関連記事:
“T”intersection〜あなたに戻れない〜/やまだかつてないWINK

2011年3月19日 (土)

行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー

Momoiro
ももクロちゃんが、日本を救う。

日本を明るくするアイドルの174曲目〜

「行くぜっ!怪盗少女」ももいろクローバー
作詞:前山田健一
作曲:前山田健一
編曲:前山田健一
(2010年5月5日リリース)

ももいろクローバーのメジャーデビュー曲です〜

ももクロちゃん来ましたよ!
百田夏菜子、早見あかり、高城れに、有安杏果、玉井詩織、佐々木彩夏の6人からなる“週末ヒロイン”ももいろクローバーです!
メジャーデビューしてからのももクロちゃんの勢いは、目を見張るものがありますね〜

こないだは「しゃべくり007」に出演していて、それぞれの個性を発揮していました。

オープニングでこの『行くぜっ!怪盗少女』をショートバージョンで歌ってましたが、短いながらもこの曲の良さも伝わりましたし、なによりフレッシュなパワーを感じました。

ももクロちゃんの今の勢いすごいです。
惹き付けられます。

ももいろクローバーは、メジャーデビュー前から家電量販店なんかに行くとPVが流れていたりして、そこで初めて見かけました。

なんかちょっと和風な衣装に身を包み、元気に歌い踊ってるな〜って感じで気になってたんですよね。

そんなももクロちゃんとの出会いから、2010年になってこの『行くぜっ!怪盗少女』を聴いた時、これは行くな、と思いましたw

目まぐるしく変わるメロディに、スペクタクルを感じます!
最初から最後まで飽きさせない流れで、テンション上げてくれますよね!

デビュー曲ということで、みんなの名前が入っていて自己紹介にもなっているという抜け目のなさ。

♪Yes! Yes! Were the ももいろクローバー レニ カナコ アカリ シオリ アヤカ モモカ Go! Now! 君のハート めがけて Sing a Song!♪

完璧でしょ〜
この出だし。

PVもほんと見ていて楽しいです。
ずっと見ていたい感じ。
メンバーが代わる代わる登場して、目が離せません!

内容は、ももクロちゃんのステージを見ている人の心を掴んで離さない、という感じでしょうか。
それを怪盗になぞらえて、みんなのハートを盗んでやる、みたいなものですね。

これはほんとよくできてますよ〜

♪笑顔と歌声で 世界を照らし出せ 行くぜっ!! Let's Go!!!♪

世界にももクロちゃんの笑顔と歌声で、平和を振りまいてほしいものです。

♪無限に広がる 星空よりも キラキラ輝く みんなの瞳 何より いとしい 宝物だから いつも 全力で 歌おう! 踊ろう! 笑おう!!!♪

このパートなんて、感動すら覚えます。
ひた向きに頑張る少女たち。
応援してあげたくなりますね。

ボーカルは、似たようなタイプが集まっているように思いますね。
元気なボーカルがすごくいいと思います。

アカリちゃんの、台詞とも言える♪狙った獲物は 逃がさない そう 神出鬼没の大泥棒♪とかはかっこよくキマってますよね。
1人、セクシーさが突出してます。

でもそんな早見あかりちゃんですが、早くもももいろクローバーを卒業してしまいます。

このタイミングでそんなのありか!?って感じなんですが。
まだまだアイドル界を上りつめているところなのにな〜

人気上昇中での卒業は、なかなかの決断ですよね。

メンバーが増えたりするのでしょうか。

自分的には初期にももクロのメンバーだった、伊倉愛美ちゃんがももクロに復帰してくれたらかなり高まりますが。

とにかくこの先さらに飛躍するであろうももクロちゃんに、ハート盗まれ目が離せません!
だいぶハマってきてますよ、ほんとに。

新曲『ミライボウル』も大好きです!
『ミライボウル』に関しては、またレビューしたいと思います〜
ももクロちゃんの曲を聴くと、ほんと元気になれます!

今の暗い闇に包まれた日本を、明るく塗り替えてくれるのは、ももクロちゃんではないでしょうか!
ももクロパワー、突き進め!!

2011年3月17日 (木)

瑠璃色の地球/松田聖子

Photo
祈りを込めて…この曲を。

穏やかに過ごせる地球を願う173曲目〜

「瑠璃色の地球」松田聖子
作詞:松本隆
作曲:平井夏美
編曲:源田俊一郎
(1986年6月1日リリースのアルバム「SUPREME」に収録)

松田聖子さんの13枚目のアルバム『SUPREME』の曲です〜

この曲、本当に素晴らしいですね。
珠玉の名曲だと思います。

松田聖子さんの曲は、最近聴くようになったのですが、歌唱力もあり、曲もハイクオリティで、今まで聴いてこなかったのが勿体無い位です。

そんな聖子さんの曲『瑠璃色の地球』は、“今の想い”と通ずるものがあります。

今しがたも地震がありました。。
どうにか平穏な生活に戻りたい。
切なる願いです。

今は辛い日々だけど、きっと夜明けは来ると信じてます!

そんな今だからこそ、『瑠璃色の地球』に、とても共感します。

♪夜明けの来ない夜はないさ
 あなたがポツリ言う♪

夜明けはすぐそこ…そう信じます。

♪朝日が水平線から
 光の矢を放ち
 二人を包んでゆくの
 瑠璃色の地球♪

とても美しいですね。
歌詞だけでも胸を打たれます。
聖子さんの歌声も壮大で、胸に染み渡ります。

♪ガラスの海の向こうには
 広がりゆく銀河
 地球という名の船の
 誰もが旅人♪

スケールがおっきいです!
生まれてからずっと、地球という名の船に乗り、旅を続けているんですね。
世界中のみんなが、同じ1つの地球に住んでるということを、まじまじと感じさせられます。

♪ひとつしかない
 私たちの星を守りたい♪

曲の盛り上がりに、心が揺さぶられ、あふれる想いは最高潮に達します。
今はこの思いでいっぱいです。

日本を守りたい。
地球を守りたい。
私たちの星を守りたい。

最後に、やはりこの曲に関しては、聴いてもらうのが一番だと思うので、PVの動画で締め括らせていただきます。

松田聖子さん、ほんとにいい曲歌ってますね〜
この曲を聴いて、希望を持って、明日からも明るく頑張っていきたいと思います!

2011年3月15日 (火)

春景色/南野陽子

Photo
まだまだ春を楽しむ余裕もないですが・・・
保存していた記事を出します!

気持ちを明るく持っていきたい172曲目〜

「春景色」南野陽子
作詞:イノ・ブランシュ
作曲:岸正之
編曲:萩田光雄
(1986年3月21日リリースの「悲しみモニュメント」のB面)

南野陽子さんの3枚目のシングル『悲しみモニュメント』のカップリング曲です~

まずは御結婚おめでとうございます~
3月3日、ひな祭り婚でしたね☆
晩婚ということで、スケバン婚らしいですね~笑
本人のギャグ~

ということで、ナンノの曲です!

『春景色』は、シングルのカップリング曲でもあり、1stアルバムの1曲目も飾っている程の、素晴らしい曲ですねぇ。

歌詞に出てくる♪神戸線のホームから 遠い海が見える駅♪とは、ナンノの母校、松蔭女学院の最寄り駅、阪急神戸本線の王子公園駅の景色を歌ったものなんですよね~

神戸を舞台にしてるってのが、関西出身の自分にとって、胸に染み渡るものがあります。
ポートアイランドに実在した喫茶店名までも入っていたりと、この1曲で神戸を満喫できます!
目を閉じれば情景が浮かんできますね~

春のうららかな雰囲気が気持ちを穏やかにさせますね。

イントロから春の日だまりのようで、素晴らしいです。
こういう春の世界を感じれるアレンジの曲って大好きなんだな~

でも幸せな暖かい春っていう中にも、センチメンタルな雰囲気も漂っています。

歌詞の内容が、なんともシビアで。
同級生の彼が、留年(一浪)してしまい、4月からは自分だけが先に大学生になってしまう…という現実味のある内容なんですよね。

この世界観、切なすぎる~

♪電車の音 まぎれ 「遊びすぎたみたい」と 黙ってるわたしの瞳 不安気にのぞくの♪

ナンノみたいなかわいい女の子と付き合って、浮わついてしまったんでしょうねぇ。

♪おこってるからじゃないの 無口になってるわけは 過ぎて行く季節のことを 想ってただけ♪

そんな彼に対して、怒るよりも、その先の別々の道に進む2人のことをじっと考えてるんですね。
いじらしいですよね~
彼、頑張らないと!

♪ジェラートをなめてても やっぱりあなた 元気ない 「嫌われても仕方ない」と想ってる ばかなの♪

ナンノは頼りない彼でも、好きという気持ちは変わらないんですね。
彼はちょっと自暴自棄になっちゃってますが。
彼、頑張れ~w

♪“アイランド・キャフェ” stary high-way 一緒にやったパーティ そんなmemories 一瞬に消えるわけないでしょう?

ここ、彼女の彼への想いが溢れ出ていて、グッときます!
こんな女の子、手離しちゃあかんよ。

卒業式が終わり、そのあと2人はどうなっていくんですかねぇ。
彼は1年猛勉強して、彼女とまた一緒に過ごせるといいですが。

いや~、なんかいろいろ想像をかきたてる曲ですね。

ナンノの暖かくもあり甘酸っぱい儚さを含んだボーカルが、とてもこの曲に合ってると思いますね。

隠れた名曲と言われるのもわかります。

♪坂道を上りきり 見下ろせば ほら船の影 優しくわたし包んでる この街は いつでも♪

ナンノのキラキラ輝く笑顔が見えてくるような情景ですね。

のどかな春の神戸、いいですね~
行きたくなったなぁ。

春にはこの曲を聴いて、神戸の雰囲気にひたりたいと思います。

優しい日射しに包まれながら。

関連記事:
秋からも、そばにいて/南野陽子

2011年3月13日 (日)

東日本大地震・・・

被災者の方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

こちらは大きな揺れがあり、会社から4時間かけて徒歩で帰宅したりと大変だったものの、怪我もなく、部屋はCDが散乱していたというだけで、被害は少なかったです。

テレビで見ると・・・心が締め付けられますね・・・

どうか皆様が平穏に暮らせる日が早く訪れますように・・・

これ以上被害が拡大しないように、祈っています。

2011年3月10日 (木)

ニッポン チャ!チャ!チャ!/こんぺいとう

ニッポンチャ!チャ!チャ!<br />
 /こんぺいとう
ストレス〜

元気をもらえる171曲目〜

「ニッポン チャ!チャ!チャ!」こんぺいとう
作詞:ピエール・ニグロ&マリオ・ニグロ(日本語詞:平出よしかつ)
作曲:ピエール・ニグロ&マリオ・ニグロ
編曲:岩崎元是
(1992年10月21日リリース)

こんぺいとうの3枚目のシングルです〜

こんぺいとうと言えば、“地球にやさしい2人組”というキャッチコピーで活動していた、高市智子ちゃんと菅野美寿紀ちゃんの、モモコクラブ出身の2人組アイドルグループです!

“こんぺいとう”という名前からして素朴で、親近感のわくかわいさを持ってますね。
そういう親近感のあるアイドルというのが狙いだったと思います。

そんな素朴さが売りの、自然派ユニットでしたね〜

シングルより先に、ミニアルバムでデビューしていて、数ヵ月後に初シングル『ポップコーンハート・ブレイク』を発売しました。
どんな戦略だったんでしょうね〜これ。

『ポップコーンハート・ブレイク』はタイトル通りの弾けた感じが出ていて、若さと元気が弾けるいい曲でしたね〜

そして今回紹介する『ニッポン チャ!チャ!チャ!』も、『ポップコーンハート・ブレイク』に負けない位に弾けまくってます。

拍子木の音が鳴ったりと、いろいろコミカルな要素もプラスされて、楽しさ全開の曲になってます。

アニメ「コボちゃん」のオープニングテーマにも採用されているだけあり、アニメの曲にぴったりな明るく弾けた曲ですね。

この曲、ここ数年聴いてなかったんですが、久しぶりに聴いたらいいじゃないですか〜

こんぺいとうは『ポップコーンハート・ブレイク』の印象が強いからか、この後期の『ニッポン チャ!チャ!チャ!』は自分の中で霞んでしまっていました。

ですが、聴き直してみると、この楽しい雰囲気に飲み込まれていきます!
2人の歌声がほんと元気なんだな〜

はつらつとした歌声に、元気をもらえます!

♪まるい地球はタマテ箱 ふしぎ ノストラダムス 何が起こるか? わからない♪

Aメロから、わくわくさせてくれます♪

♪いつでも ワッ ハ ハ ハ 馬の耳にハレルヤ お猿は キャッ キャッ キャッ キャッ バナナニヌネノ♪

言葉遊びも楽しいですね〜
2人のテンションも高くてほんと楽しいです!

特に好きなのは、「ニッポン チャ!チャ!チャ」という掛け声ですね〜

イントロや間奏やアウトロに、この掛け声は出てきますが、こんなにかわいい「ニッポン チャ!チャ!チャ!」を聴いたことないわ〜って感じです(笑

ほんと2人の声はかわいいんです。

特に菅野美寿紀ちゃんの歌声がかわいらしいんだと思いますが、2人合わさった時のかわいさったらないです。
小動物のようにも思えますw
元気で底抜けの明るさを感じますね。
そこがこんぺいとうのいいところですよね〜

こんぺいとうの歌声で、地球を明るく照らしてほしいです!
このストレスも、吹き飛ばしたいです〜

2011年3月 8日 (火)

IKENAI!いんびテーション/吉成圭子&RIPPLES

IKENAI!いんびテーション/吉成圭子&RIPPLES
また急に冷え込む〜

春への招待状がほしい170曲目〜

「IKENAI!いんびテーション」吉成圭子&RIPPLES
作詞:こしばてつや・KAO
作曲:羽毛田丈史
編曲:羽毛田丈史
(1991年9月21日リリース)

吉成圭子さんの"吉成圭子&RIPPLES"名義でのデビュー曲です〜

吉成さんと言えば、制服向上委員会の初代リーダーですね!

そんな吉成さんが、制服向上委員会としてデビューする前に、Vコミックの主題歌でデビューしていたんですね。

制服向上委員会は、そこまで詳しくなかったので、最近知りました。

内容的にはちょっとエッチな路線のものなんでしょうね。
ビデオまでは見てないのでどこまでのものかはわかりませんが。

CDジャケットでは、イラストで描かれている女の子たちがパンチラしていたり、危ない雰囲気がしますね。

曲のタイトルも、狙ってます。

インビテーションという言葉を、“いんび”テーションと表記するあたり、怪しいですね〜

歌詞は、やはりエッチ路線狙ってます。

♪誘惑の シチュエーション 刺激的 だわ キスしたい 抱きしめたい とろけちゃう 夢♪

わ〜わ〜

♪もっと強く抱きしめてよ 夜は明けたりしない 甘いトキメキを早く ほらねキミも感じているわ♪

なんてことをw

積極的に男の子に迫る女の子の歌ですね。
“いんび”な世界への招待状ってことですよね。

でもですよ、曲はすっごいかわいいんですよ!
しかも、吉成さんの歌声もかわいいから、なんとも言えない曲に仕上がってます。

ただのセクシーソングでは全くないんですよね。

歌詞は過激ですが、曲の雰囲気や、吉成さんの繊細な歌声で不思議な魅力を醸し出しています。

しかしながら、「清く正しく美しく」をモットーにしていた制服向上委員会に後に加入する人が歌う曲ではありませんよね。

でもこれまたびっくりすることが、この『IKENAI!いんびテーション』を、制服向上委員会も歌ってしまうという荒業をやっちゃいました。

当時のことは何も知らない自分ですが、これってすごいことだったんじゃないかな?と思うんですが。

制服向上委員会的には吉成さんの黒歴史は隠した方がいい気がするんですが、どういうことなんですかね〜

それでもやはり、そのまま制服向上委員会が歌う訳もなく、タイトルが『恋のインビテーション』となり、さわやかな清く正しい内容に塗り替えられてます。

新たな曲に生まれ変わらせることで、歴史も塗り替えようとしたのか!?

それにしても歌詞を変えるだけで、清らかなイメージにはなりましたね。

例えばサビは、『IKENAI!いんびテーション』ではこうです。

♪あぶない愛のテンプテーション 恋のチャンスはイマジネーション ママには内緒よ イケナイ イケナイ いんび いんび いんび テーション♪

そして制服向上委員会の『恋のインビテーション』ではこうなってます。

♪あぶない愛のテンプテーション 恋のチャンスはイマジネーション 心がときめく イケナイ イケナイ 恋の 秘密 インビテーション♪

微妙な違いに見えますが、前者では“いんび”という言葉を繰り返して、強調してすり込んでくるのに対し、後者は“恋の秘密”と、さらっと流しています。

でも、歌詞は全とっかえしないとこにも驚きですよね。
結構元の歌詞を残してるんですよね〜

サビ以外を見ると、またおもしろいと言うかなんと言うか。
まずは『IKENAI!いんびテーション』。

♪もう子供じゃないの バカね また泣いたりしない 清い恋なんて やめて 私ずっと感じてるのよ♪

そして『恋のインビテーション』

♪もう子供じゃないの バカね また泣いたりして 悪いことなんて 忘れ 私ずっと 友達なのよ♪

これ全く正反対に向かって行ってますよね〜
ほんと荒業としか言い様がない〜

当時もしリアルタイムでこの2曲を知っていたら、ある程度の衝撃受けてただろうな〜笑

過去を隠さず堂々と焼き増しした制服向上委員会って、なんかすごいと今さらながらに思った出来事でしたw

でもやはり吉成圭子さんの歌声は、歌手としてとても素晴らしいですね。

まあいろいろ書きましたが、結局は同じ楽曲だけど正反対な2曲とも、いい曲だと思います!

関連記事:

恋は数学/制服向上委員会

2011年3月 5日 (土)

卒業までに…/bump.y

卒業までに…/bump.y
渋谷タワレコ行ってきたよ!

生bump.yに会えた169曲目〜

「卒業までに…」bump.y
作詞:サイトウアカリ
作曲:重永亮介
編曲:生田真心
(2011年3月2日リリース)

bump.yの3枚目のシングルです〜

ついに!ついに!
昨日、bump.yに会えました〜O(≧∇≦)O

渋谷のタワーレコードで行われた、3rdシングル『卒業までに…』発売記念ミニライブ+握手会に行ってきましたよ〜
Bumpy

bump.y、ここ最近気になっていて、CDを買えば握手会に参加できると知り、はりきって見に行きました。

いや〜
かわいい!に尽きるな〜
女優さんだけあって、みんな洗練されたかわいさを持ってますね。
bump.yのメンバーは、松山メアリ 桜庭ななみ 宮武美桜 高月彩良 宮武祭の5人。

ステージに現れた5人は、輝いてました。
淡いピンクを基調にした衣装で、上品で、清純な雰囲気がありました。

桜庭ななみちゃんなんかは、ドラマや映画で見ていただけあり、間近にいることが夢みたいでした。

リーダーのメアリさんが進行していく形で、ななみちゃんがそれにツッコンでみたりと和気あいあいで楽しかったですね〜

宮武姉妹の掛け合いも面白いですね。
美桜ちゃんのポテンシャルの高さもすごいな〜
そして祭ちゃんは、歌終わりに咳き込み始め、水を飲むというハプニングが。
「大丈夫か〜」って声かけてあげたい感じです。
それにしても祭ちゃんを見ると、モーニング娘。初期メンバーの、福田明日香さんを思い出してしまいます。
メンバーの中で突出して若いのと、見た目も似てなくもないような。
まぁ余談ですが。
ほんとちっちゃくて、見守りたい気持ちになりますね。

あと、彩良ちゃんが13歳ってのに驚きなんですが。
自分実は13歳って知ったの今しがたなんです(汗
17歳位かと思ってたな〜
握手のとき、なんかかなり爆笑に近い位に笑われて、どないしたんや!?って思ったけど、年齢を知って納得いきました(笑
トーク中にもよく笑っていて、そういう年頃なのかな〜とw
あんなに笑ってくれるのは好印象ですけどね!

披露した曲は3曲。

『voice』
『2人の星〜離れていても〜』
『卒業までに…』

シングル曲を歌ってくれました。
どの曲もなんか感動しましたよ。
bump.yってこんなに良かったのか〜
ノリノリで盛り上がるタイプの曲ではないので、ゆったりじっくりみんなを見守る感じで見れていいですね。

最初は女優の寄せ集め的な印象しかなく、興味なかったんですが、最近じわじわbump.yの曲にハマってきたんですよね。

生でステージを見れて良かったです!

『卒業までに…』のことも勿論話していました。
祭ちゃんの制服は、背中の部分を切って詰めて縫い合わせてあるとか。
祭ちゃん11歳の小学5年生ですからね。
祭ちゃん本人も、小学生だから制服は似合わないと言ってましたしね。
メンバーからは「優等生に見えた」という優しいフォローもありつつ。

『卒業までに…』は、タイトル通りの卒業ソングです。

♪好きで好きで好きだから 好きと言えなかった♪

というアカペラで始まるのも印象的でドラマティックです。

やはり卒業ソングにハズレなしと思いますね。
卒業は特別ですからね。
感動を呼ぶものですよね。

♪二人並んで飛ばした 白い紙飛行機 ずっと飛んでけ 並んだままで 桜の花と一緒に♪

ドラマのワンシーンのようですね。
さすがアクトレスシンガーです。

ソロパートは、結構均等に割り振られているように思います。
センターにいる桜庭ななみちゃんが、最後のパート♪一人で歩き出します♪というオイシイパートを割り振られているので、やはり目立ちますね。

特に生で見てかわいいと思ったのは、やはりサビの振りですね。

♪一人で歩き出します♪

指を足に見立てて歩くような振り付けがめちゃくちゃいいんだなぁ、これ。
至近距離で見れて良かったです!
この部分は要チェックです!

激しく歌い踊るアイドルが主流の中で、貴重な存在だと思います。

女優活動が中心だと思いますが、歌手としてもコンスタントに良質ポップスのリリースを続けてほしいですね。

ああ、またイベント行きたくなりました〜
次は握手会で、もうちょい話せるように頑張りたいです。

がんばんぴ〜( ̄▽ ̄)b

2011年3月 4日 (金)

BELIEVER〜旅立ちの歌〜/下川みくに

BELIEVER〜旅立ちの歌〜/下川みくに
めっちゃ寒いです〜

心だけでも暖かくしたい168曲目〜

「BELIEVER〜旅立ちの歌〜」下川みくに
作詞:広瀬香美
作曲:広瀬香美
編曲:井上ヨシマサ
(1999年4月28日リリース)

みくこと下川みくにさんの1枚目のシングルです〜

チェキッ娘ID002の、チェキッ娘卒業後のソロデビュー曲ですね。

下川さんにとって、チェキッ娘としてラストとなった曲、『はじまり』ではセンターを務め、その存在感はおっきかったですね〜

みくの歌声で、成り立っていた名曲だと思います!

そんなみくのソロデビューですが、この流れ、CoCoを思い出しますね。

CoCoから瀬能あづささんが卒業した時、CoCoの『だから涙と呼ばないで』で、別れを歌い、あっちゃんのソロ『君の翼〜だいじょうぶだから〜』で、旅立ちを歌い。

チェキッ娘『はじまり』からの、下川みくに『BELIEVER〜旅立ちの歌〜』。

この、グループからソロへと新たな道へ進む演出が、“旅立ち”と重ね合わせられて、感動を生むんですね。

そんなみくのソロデビュー曲『BELIEVER〜旅立ちの歌〜』は、ナチュラルな雰囲気で、アーティストの要素もありつつ、アイドルの部分も残しつつの、いいバランスの曲だと思います。

みくの歌声は、まっすぐで、聴いていて気持ちいいですね。
高音がなめらかでとてもいいです。
はっきり丁寧に歌うので、言葉1つ1つがきれいに聴こえますね。
広瀬香美さんプロデュースということもあり、高音を活かした楽曲でもありますね。

♪BUS STOP降りたら 目に染みる朝日 新しい毎日が始まる 前を向いて 逃げないで♪

卒業を終えて、新しい場所へと旅立った、希望ややる気が読み取れますね。

新生活が始まり、夢に向かってがんばる姿が健気に描かれています。

♪そっと手帳にはさんだ 懐かしい写真見つめて ぎゅっと心に刻む 寂しいのは私だけじゃない♪

というメロディが変わるところも印象的。
ちょっと後ろを振り返って感傷的になってみるけど、みんなそれぞれがんばってるんだと、自分を励ましてるんですねぇ。

最近は卒業ソングをよく取り上げていますが、やはり卒業は、“前向き”なんですよね。

寂しいけど、がんばるしかないってことですね。
がんばった先の未来に向けて、自分もがんばろうと思います!

♪きっと叶えられる きっと輝き出す Always believer キミに恋したあの日のように♪

2011年3月 2日 (水)

だいじょうぶ/堀川早苗

だいじょうぶ/堀川早苗
3月になりました〜

始まりの167曲目〜

「だいじょうぶ」堀川早苗
作詞:田口俊
作曲:山口美央子
編曲:亀田誠治
(1992年2月21日リリース)

さなさなこと堀川早苗さんの3枚目のシングルです〜

乙女塾5期生の、さなさなです!
ダンシング!さなさな!!笑

さなさなと言えば、やはり「不思議少女ナイルなトトメス」ですよね〜

トトメス面白かったな〜

さなさな自体はなんかドジでどんくさそうなイメージなので、悪魔と戦うなんて、考えられなかったですけどね。

さなさな本人は、トトメスで鍛えられたと言ってるだけあり、過酷な撮影だったんでしょうね。

ふわふわしてるイメージですが、内に秘めた強さがあるんですよね。
まさにトトメスそのものですねw

そんなさなさなの3枚目のシングルは、トトメスを卒業してからの、初めての曲になりますね。

“トトメスの堀川早苗”ではなく、“堀川早苗”としての曲になる訳です。

そんな早苗ちゃんのために作られた曲、『だいじょうぶ』は、まさに早苗ちゃんのふわふわしたのんびりした早苗ちゃんにぴったりな曲でした!

さなさなの歌声は、このゆったりした曲に合っていて、まさに陽だまりにいるように心地よく、ほんわかした気持ちにさせてくれます。

アコースティックなイントロから、早苗ちゃんらしさを感じますね。
それだけほんわかした雰囲気を持っていた、癒される存在でした。

内容は、春に夢に向かって、大事な人と離ればなれになるという、旅立ちを歌った歌です。
だけど、一人じゃないからだいじょうぶという、励ましかける歌ですね。

♪だいじょうぶ 今は少し涙もろいけど だいじょうぶ もっと強くなれる気がする♪

旅立ちの歌だから、切ない気分にもなるけれど、頼りないながらも前向きに進んでいく決意が感じられますね。
トトメスを卒業して、新しいステージに進む早苗ちゃんを重ねることもできますね。

♪終わりじゃなくて始まりだから 見送らないで ここで Good-bye Good-bye♪

この曲『だいじょうぶ』から、また新たなスタートでしたからね〜

早苗ちゃんの状況にも重なりますね。

ほんとにこういう素朴なメロディに似つかわしい、素朴でかわいい歌声です。

ルックスと歌声がぴったりなアイドルでしたねぇ。

このジャケットもさなさなっぽくて好きなんだな〜

この淡い陽だまりのような曲に包まれて、ほんのり幸せな春を過ごしたいですね!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連