無料ブログはココログ

« 青春のSUNRISE/EE JUMP | トップページ | BELIEVER〜旅立ちの歌〜/下川みくに »

2011年3月 2日 (水)

だいじょうぶ/堀川早苗

だいじょうぶ/堀川早苗
3月になりました〜

始まりの167曲目〜

「だいじょうぶ」堀川早苗
作詞:田口俊
作曲:山口美央子
編曲:亀田誠治
(1992年2月21日リリース)

さなさなこと堀川早苗さんの3枚目のシングルです〜

乙女塾5期生の、さなさなです!
ダンシング!さなさな!!笑

さなさなと言えば、やはり「不思議少女ナイルなトトメス」ですよね〜

トトメス面白かったな〜

さなさな自体はなんかドジでどんくさそうなイメージなので、悪魔と戦うなんて、考えられなかったですけどね。

さなさな本人は、トトメスで鍛えられたと言ってるだけあり、過酷な撮影だったんでしょうね。

ふわふわしてるイメージですが、内に秘めた強さがあるんですよね。
まさにトトメスそのものですねw

そんなさなさなの3枚目のシングルは、トトメスを卒業してからの、初めての曲になりますね。

“トトメスの堀川早苗”ではなく、“堀川早苗”としての曲になる訳です。

そんな早苗ちゃんのために作られた曲、『だいじょうぶ』は、まさに早苗ちゃんのふわふわしたのんびりした早苗ちゃんにぴったりな曲でした!

さなさなの歌声は、このゆったりした曲に合っていて、まさに陽だまりにいるように心地よく、ほんわかした気持ちにさせてくれます。

アコースティックなイントロから、早苗ちゃんらしさを感じますね。
それだけほんわかした雰囲気を持っていた、癒される存在でした。

内容は、春に夢に向かって、大事な人と離ればなれになるという、旅立ちを歌った歌です。
だけど、一人じゃないからだいじょうぶという、励ましかける歌ですね。

♪だいじょうぶ 今は少し涙もろいけど だいじょうぶ もっと強くなれる気がする♪

旅立ちの歌だから、切ない気分にもなるけれど、頼りないながらも前向きに進んでいく決意が感じられますね。
トトメスを卒業して、新しいステージに進む早苗ちゃんを重ねることもできますね。

♪終わりじゃなくて始まりだから 見送らないで ここで Good-bye Good-bye♪

この曲『だいじょうぶ』から、また新たなスタートでしたからね〜

早苗ちゃんの状況にも重なりますね。

ほんとにこういう素朴なメロディに似つかわしい、素朴でかわいい歌声です。

ルックスと歌声がぴったりなアイドルでしたねぇ。

このジャケットもさなさなっぽくて好きなんだな〜

この淡い陽だまりのような曲に包まれて、ほんのり幸せな春を過ごしたいですね!

« 青春のSUNRISE/EE JUMP | トップページ | BELIEVER〜旅立ちの歌〜/下川みくに »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

005:乙女塾」カテゴリの記事

コメント

お、まさか2週連続でこの曲のレビューを目にするとは。
単なる偶然ですよね。

それはともかく、堀川さん。
確かに、堀川早苗=トトメスですね。
イブンバツータをこれで覚えた人も多かったりして。
スカラベルージュはファンクラブ名にもなりましたし。
親戚の子の前で変身してみせたら大喜びされた、なんて言ってました。

あと堀川さんといえば、ドジ話。
大半は風呂で寝たとか、道に迷ったとか他愛のないものなんですけどね。
でもさすがに「コテを落として皮がめくれるヤケドをしたのに、皮を戻そうとしてコテごとヤケドした部分にあてた」というのは…。想像するだけで痛そう。

そんな堀川さんに「だいじょうぶ」と言われても、こちらは半信半疑なのですが、『だいじょうぶ』とは彼女の口癖なのだとか。
フォーク調の地味な感じで、アルバムに入っていそうな曲というのが第一印象。
でもよく聴くと、イントロの笛?とか声が裏返るところとか妙に印象的で、じわじわ来ます。
詞は、夏の友達さんのおっしゃる通り、堀川さん自身の新たなスタートという意味もあるのでしょう。
オリコン最高47位というのは微妙ですけど、仕方ないのかも。
一見さんは素通りしてしまうでしょうからね。

余談ですが、このブログの過去の記事をちょくちょく拝見しているのですが、時代がバラバラで面白いですね。
90年代以降のアイドルってそんなに詳しくないので、勉強にもなります。
今度、昔の記事にコメントさせていただいてもいいですか?

>終わらない夏休みさん

2週連続でですか!
早苗ちゃんブーム到来ですね(笑

堀川さん、トトメスのイメージが強いですね。
花島さん=ポワトリン程ではないですが。
イブンバツータスカラベルージュは名台詞ですね。
ファンクラブ名にもなっていたんですね!
銀行に就職が決まっていたけど親を説得してトトメスをやって良かったでしょうね。
今や営業職で働く女って感じでやってるみたいですが。

堀川さんのドジ話、いろいろありましたね!
覚えてるなんてすごいです!!
コテの話もそう言えば聞いたことあります!!
ほんと痛そうですよね。。
早坂好恵さんもそんなこと言っていたようないないような。
堀川さん確かに「だいじょうぶ」でもない感じでしたね。
それがいいところでしたが。
口癖だったってのもそう言えば言ってましたね!
忘れてました。情報豊富に持ってますね!すごいです。
いろいろと思い出されます!

確かに地味な曲ですよね。
声が裏返るところとかほんといいです。
堀川さんの優しい歌声だからこそ、素敵な曲に仕上がったんではないかと。

オリコン47位でしたか。
なかなかあの時代ではきつかったですしね。

過去の記事も読んでいただいてますか!
ありがとうございます!
自分は1989年あたりからずっとアイドルの曲が好きで、新しいものも聴き続けてます!
ほんと時代がばらばらですよね~
昔の記事でもコメントはいつでも受け付けてますよ!
お気軽によろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/39072003

この記事へのトラックバック一覧です: だいじょうぶ/堀川早苗:

« 青春のSUNRISE/EE JUMP | トップページ | BELIEVER〜旅立ちの歌〜/下川みくに »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アイドルポップス関連