無料ブログはココログ

« 桃色スパークリング/℃-ute | トップページ | 陽春のパッセージ/田中陽子 »

2011年5月31日 (火)

ひだまり/武内由紀子

Hidamari
バルボラーチョ♪カルボナーラ♪


陽気な208曲目~


「ひだまり」武内由紀子
作詞:丸山智子
作曲:あみ啓三
(2009年9月1日発売のDVD「花坂荘の人々」に収録)



武内由紀子さん出演の、神保町花月公演「花坂荘の人々」(2008年4月)で歌われた劇中歌です。

武内由紀子さんと言えば、元大阪パフォーマンスドールですが、現在はよしもとの女優さんとして、芝居などで活躍しています。

「花坂荘の人々」での武内さんの役は、"花坂つぼみ"という、花坂家が営む花坂荘の娘役。
その花坂荘に暮らすみんなのお姉さんのような存在で、"つぼ姉"という愛称で、親しまれています。

そんなつぼ姉が、ちょっと悩んでいるシーンなどで歌われる曲が、『ひだまり』です。
エプロン姿のつぼ姉が花坂荘の2階のベランダで、夕陽を見ながら歌っていたり、ハートウォーミングで感動します。

そして先週、神保町花月200回記念公演「バルボラーチョの夜は続く」を観に行きました~
武内さんは、バル・ボラーチョのシンガー"聖子"役で、主演の"雪彦"役のさっくんこと佐久間一行さんと、結婚するという役でした。

この公演では、BARバラボラーチョを舞台に、ミュージカルのように歌が挿入されて、芝居が進みます。

武内さん参加曲も多数ある中、やはり神保町花月で定番曲になった『ひだまり』がとても良かったです!
武内さんの優しい歌声に癒されます。

武内さんは、素朴でかわいい女性の役なんですが、その素朴なかわいい雰囲気を、歌の中でも演じています。
ちょっぴりセンチメンタルな曲で、切ないシーンでこの曲が歌われるのですが、遠い目で歌う姿にジーンと来てしまいますね。

そして、本公演終了後のトーク&SPライブ「ビバ!バルボラーチョ!!」も観に行ってきました。
こちらは「バルボラーチョの夜は続く」に関すエピソードトークを中心に、劇中歌も歌ってくれました!
ここでも『ひだまり』が聴けて感動でした~

『ひだまり』は、まさにひだまりのような、心温まる曲です。
人生に疲れたときに、聴きたい曲ですね!(それ程疲れていませんが~)

♪忘れられない思い出も
 忘れられた記憶にも
 やさしい時が流れてた♪

聴いてるこっちまで、遠い目でいろいろと思い出してしまいますね。

♪人が人を傷つけて
 人が人に敗れ去る
 たとえ全てを失くしても
 けして負けない挫けない♪

芝居でも、この健気さが出ていて、歌と上手くリンクしています。

♪ひだまりのようなあの人が
 見つめてるからわたしは生きる♪

歌詞を書くだけでも、キュンときます!
ほんといい曲なんだな~

着うたフルも出ていましたが、今は配信が終わってるかも知れません。
神保町花月公演のサウンドトラックCDとか出てくれたらいいのにな~と思います。

なぜかここ最近寒い日が続いてますが、ひだまりのような暖かさがほしいですね。
Yukiko

花坂荘の人々 上巻[DVD] DVD 花坂荘の人々 上巻[DVD]

販売元:よしもとアール・アンド・シー
発売日:2009/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 桃色スパークリング/℃-ute | トップページ | 陽春のパッセージ/田中陽子 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

006:東京パフォーマンスドール 大阪パフォーマンスドール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/40210779

この記事へのトラックバック一覧です: ひだまり/武内由紀子:

« 桃色スパークリング/℃-ute | トップページ | 陽春のパッセージ/田中陽子 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アイドルポップス関連