無料ブログはココログ

« ももいろクローバーZ ライブ【ももクロ☆ファンタスティックスター2011 Zでいくって決めたんだZ!!】 | トップページ | 瞳いっぱいの夏/Qlair »

2011年7月 7日 (木)

お先に失礼/おニャン子クラブ

Photo
第7シーズンスタートです!

七夕の220曲目~

「お先に失礼」おニャン子クラブ
作詞:秋元康
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1986年7月21日リリース)

おニャン子クラブの5枚目のシングルです~

夏のはじまりに、この曲がいいなぁと思い、7月の1曲目に選びました。

おニャン子クラブのシングルの中でも、好きな曲なんですよね~

と言うのも、会員番号19番のゆうゆ推しの自分としては、やはり外せない曲ですね。

フロントメンバーは、富川春美・岩井由紀子・布川智子・渡辺満里奈の4人。

初期のフロントメンバーを一新して、新たなメンバーをフロントに配置した、変革の1枚ですね。

世代交代の曲ということになるんですよね。

こういうのが、グループアイドルが好きな自分としては好きだったりします。

いろんな子がフロントに選抜され、新たな組合わせや、ボーカルが聞けるのが、大人数アイドルグループのおもしろさだと思ってます。

まぁ自分は基本、ゆうゆの歌声が聴ければ満足しちゃう訳ですが。

ゆうゆはほんと「クイズ!年の差なんて!」とかでのバラドルのイメージしか持ってなかったので、アイドル時代を知って、見る目変わりましたね。

まさに、天使の歌声でした。
『天使のボディーガード』とはよく言ったものです。

満里奈ちゃんも、清純派って感じでいいですよね。
ちょっと暑さに気だるさを感じてそうな歌声が、いいですね。

富川さんと布川さんは、元気娘って感じがします。
歌声もはつらつしてるな~

そんなところで『お先に失礼』ですが、東宝映画「おニャン子ザ・ムービー 危機イッパ ツ!」のテーマソングにもなっていた曲ですね。

この映画、見てみましたが、とりあえずコンサート映像とかレコーディング風景とか見れて楽しいな、という内容でした。

当時多忙だったおニャン子クラブが映画の撮影する時間もなかったので、普段の仕事風景を追って、それを映画にしてしまったんですよね?
当時の人気がうかがえますね。

その映画でも使われていた、「夕焼けニャンニャン」でのこの曲『お先に失礼』を沖縄の海の上で歌う映像が、いいんですよねぇ。

ジリジリ太陽の下、日差しが眩しそうに歌う水着姿のメンバーたち。

空も海も綺麗で最高です!

この『お先に失礼』も、夏全開でメラメラしたサウンドだから、青空と青い海がお似合いです。

内容は、友達が夏に大人になったという噂を聞いて、自分も早く彼氏を見つけて大人にならなきゃと、焦る女の子の心情を歌った曲ですね。

イントロから、夏のメラメラ感が伝わります。

そしてゆうゆのソロパート。

 ♪太陽が近づけば
  あの娘もこの娘も急かされ♪

夏の日差しの下でとろけそうなソフトクリームのような、ほわーんとした歌声がいいですね。

満里奈ちゃんもふんわりしていていいですね。

 ♪砂浜の貸しボート
  とびきりいかしたアルバイト
  ボーイフレンドの コレクションの中
  加えてもいいみたい♪

夏の海が表現されていていいですね。
友達に見栄を張る愛らしい乙女心がちらついてます。

 ♪お先 お先に失礼
  自慢気にそっと言えるように
  お先 お先に失礼
  誰かねェ早くレディーにさせて♪

際どい内容ですが、まだ主人公はピュアで、きっと夏が過ぎても何もないんだろうなぁ、と想像します。
そうだといいな~と。

やっぱりアイドルの夏の曲って、キラキラ輝いていていいな~と思います!

関連記事:
恋はくえすちょん/おニャン子クラブ

« ももいろクローバーZ ライブ【ももクロ☆ファンタスティックスター2011 Zでいくって決めたんだZ!!】 | トップページ | 瞳いっぱいの夏/Qlair »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

004:おニャン子クラブ」カテゴリの記事

コメント

実は後藤次利さんが「おニャン子クラブ」のシングルを手掛けたのは、
この曲が最初です。
そのせいか、前作までのオールディーズ風味が後退し、
ロックぽいドライブ感が前面に出ています。

おニャン子クラブのシングルといえば、フロント4人が誰かが注目ですが、
確かに世代交代ですね。
前作も変化を感じましたが、福永・内海は残っていましたから。
当時の感想では、やはり満里奈ちゃんの起用が一番の話題でした。
これで将来のエースは彼女だという雰囲気になりましたね。
ゆうゆに関しては、6月に麻巳ちゃんが先にソロデビューして、ファンが相当危機感を持っていた時期ですから、4人に選ばれてホッと一息という感じだったかな。
実はこの時期は5月の夕ニャン復帰以来、富川さんの人気が盛り上がっていましたから、彼女の起用は順当でした。
「避暑地の森の天使たち」で美奈代・満里奈とトリオを組んだのが富川さんだったのも、そういうことだと思います。
布川さんは…わかりません(笑)。
新鮮さとサプライズを狙ったのかな。

「おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!」には横浜スタジアムのコンサートの模様が出てきますが、このコンサートが行われたのは1986年7月19日。
このコメントを書いているちょうど25年前です。
私も観に行きましたが、学校の終業式からいったん帰宅して、出たばかりの『PANIC THE WORLD』を聴き返してから勇躍乗りこんだことを思い出します。
うしろゆびが「SE・KI・LA・LA」を披露したのもこのツアーぐらいなのですから、
完全版を見たいものです。

沖縄でこの曲を歌う映像も夕ニャンでさんざん見ました。
ゲーム大会も楽しそうだったなぁ。

肝心の歌の内容はというと、実に他愛ないんですよね。
でも、おニャン子が歌うとすごくリアル。
満里奈ちゃんの「何かしなくちゃ」のふわふわした歌い方を、
生稲さんがマネしてよくからかっていたっけ。
ライブでもすごく盛り上がります。
あと個人的に、一番最後の部分で、両手を上にあげ、
片足で後ろを向くフリ付けがコミカル&かわいくて大好きです。

>終わらない夏休みさん


後藤次利さんこの曲が最初なんですね。
あまり作家陣に注目していなかったので、それを踏まえると、おもしろいですね。
今までの曲との変化がありますね。

おニャン子クラブのフロント4人は注目ですね!
当時リアルタイムでその楽しさを知らない自分としては、今からしてみれば、なぜこの選抜?って思ったりしてしまいますが。

この曲はやはり変化の1曲だったんですね。
満里奈さんの起用が話題になってましたか。
そういう当時の空気を感じる話題、聞けておもしろいです!
ゆうゆに関してはそういう感じだったんですね。
普通に順当な選抜かと思いましたが、そうでもなかったんですね。

富川さんに関しては詳しくないのですが、人気が出ていたんですね。
それなら選抜された理由になりますね!
「避暑地の森の天使たち」は、1人浮いてるな~と思ってしまってたんですが、当時は人気もあった方なんですね~
注目したいと思います。
布川さんは、サプライズでしたか(笑
ボーカル的に曲に合ったのかな??

「おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!」こないだCSで見ました!!
コンサートの映像出てきますね。
ちょうど25年前とは!!
そして終わらない夏休みさんも観に行かれてたんですねぇ。
それなら感慨深いものがありそうですね!
うしろゆびの「SE・KI・LA・LA」もほんといい曲だと思います!
歌ってるとこ見たことないので、見てみたいですよ~
完全版、見たいですね!

沖縄での映像もいですね!
ゲーム大会もありましたか!
夕ニャンの映像いろいろ見てみたいです。

満里奈ちゃんのマネを生稲さんが!!
わ~それは楽しそう!
それも見てみたかったです。
ライブでもやっていたんですね!

最後の振り、おニャン子らしいですね~
あの手の動きとか、楽しくていいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/40702681

この記事へのトラックバック一覧です: お先に失礼/おニャン子クラブ:

« ももいろクローバーZ ライブ【ももクロ☆ファンタスティックスター2011 Zでいくって決めたんだZ!!】 | トップページ | 瞳いっぱいの夏/Qlair »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連