無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

Turn to you/Folder5 Featuring HIKARI

Hikari
8月も終わる〜

それでも生きる240曲目〜

「Turn to you」Folder5 Featuring HIKARI
作詞:B-WORKS/aico
作曲:Kosuke Morimoto
編曲:Kosuke Morimoto
(2002年7月17日リリースのFolder5の2ndアルバム「FIVE GIRLS」に収録)

Folder5のHIKARIのメイン曲です〜

HIKARIと言えば、ご存じ満島ひかりちゃんですね。

HIKARIの唯一のソロ(メイン)作品ということで、今となっては貴重な1曲ですね!

現在は説明不要な位、女優さんとして活躍されてますからね〜
映画でもよく見ますよね。
CMでも見かけるな〜

現在放送中のドラマ「それでも、生きていく」を見てますが、演技上手いですねぇ。
女優として活躍することになるとは、Folder5当時はわからなかったですよね。
それにしてもこのドラマ、どうなるんやろ。
ドキドキして見てます。

そんなひかりちゃんの、女優としての顔ではなく、歌手の一面を思い出してみましょう。

Folder5としては、メインヴォーカルはAKINAって感じだったので、HIKARIメインの曲があったこともちょっと忘れてしまってました。

歌声は、粗削りな感じはしますが、ひたむきな一生懸命さは伝わりますね。
もっと歌わせてもらったら、どんどん変わっていきそうな、そんな伸びしろを感じさせてくれます。

声は今よりちょっと幼いかな。
背伸びして大人っぽくしている感じがします。
コーラスのAKINAに、声の派手さで負けてしまいそうな部分がありますが、頑張ってますね。

内容は、都会の闇から抜け出して、愛する人のもとにたどり着きたいともがいているような感じです。

 ♪指に光る 赤い糸を 信じてたぐってみるの
  その先には 何が見える? 一番分かっているよ
  欲しいのはアナタ・・・♪

♪欲しいのはアナタ・・・♪のとこが、危機迫っていて、印象的ですね。
挑発的な歌い方が、耳に残りますね。

 ♪時に悩んだりして 時に泣いたりもして
  増えて しまう想いを 胸に刻んで♪

この辺の歌声は、今の雰囲気を感じますね。
ひかりちゃんらしいです。

現在はいろんな役を自分のものにしていっているひかりちゃん。
そんなHIKARI時代の発展途上な歌声に、現在のルーツを感じました〜

あぁ、「それでも、生きていく」の続きが気になる〜
この曲を聴いて、次回まで待ちたいと思います!

2011年8月28日 (日)

天才!LET'S GO あややム/あややム With エコハムず

Photo
ハムハ~

はんぶらこっこの239曲目~

「天才!LET'S GO あややム」あややム With エコハムず
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:鈴木Daichi秀行
(2004年11月26日リリース)

松浦亜弥ちゃんの"あややム"としてのシングル曲です~

あややはまだこのブログでは取り上げていませんでしたね。
松浦亜弥名義でもアイドルらしくていい曲たくさんありますが、初めて取り上げる曲が、あややム(笑
いや~ちょうどCSでやったた「とっとこハム太郎」の映画を観たんでね。

「劇場版とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ! ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔」(2004年、東宝)に、声優としてあややム役をされてました~
あやや、結構出演しててびっくり~
あんだけ重要な役割だったんですね!

wikiの転載で申し訳ないですが、あややムの説明がこれです↓
異空間にある絵本塔に住んでいる多才の絵本作家。魔法の羽ペンに乗って空を飛び、魔法のインクでハム太郎たちの冒険物語世界を描く。親友だと思っていた友人達に裏切られたため、引きこもり状態になり、友達なんかいらないと思うようになった。

あややムにアシスタントとして、妖精役に、石川梨華(リカハム)と道重さゆみ(しげハム)のエコハムずも出演していて、子供だけでなくハロプロ好きにも十分楽しめる内容になってますよね!

あややの声は、アニメにもしっくりきますね。

 ♪LET'S GO あややム
  LET'S GO 天才!
  LET'S GO あややム
  LET'S GO 天才!♪
  
チアガール風のメロディから始まって、ノリノリです!
つんくさん曰く、「強力な摩訶不思議ソング」。
確かにそんな予感がするオープニングです。

 ♪私はあややム!
  はんぶらこっこ
  はんぶらこっこ♪

という感じで、あややムの自己紹介ソングって感じですね。
キャラクターソング的な。
エコハムずも頑張ってます!
♪はんぶらっこっこ♪の意味はあまりわからなかったんですが~

 ♪ペンペンペンペン羽ペン
  いらっしゃいお友達
  ペンペンペンペン羽ペン
  あややムは友情が好きよ♪

アニメの曲らしく、キャッチーで子供も歌いたくなるだろうな~って感じのサビですね。
友達に裏切られ、友達は必要ないと思っていたあややムが、友情が好きと思えるようになったんだと思って聴くと、感動的な内容でもあります。
映画を観たら、♪いらっしゃいお友達♪と言ってる意味の重要性がわかりますが、観てなかったらそこまでわかりませんけどね。

それにしても、いろんな曲を歌いこなせるあやや、すごいですね~
あややの軽快な歌声が、この曲の完成度を上げていますね。

あややムを演じきるあやや、完璧なアイドルです!

カップリングのエコハムずの曲も好きです~
それはまたいつかの機会にでも。

2011年8月26日 (金)

裸足でヤングラブ/能瀬慶子

Photo
夏ももうすぐ終わるけど、

夏の始まりの238曲目~

「裸足でヤングラブ」能瀬慶子
作詞:浜田省吾
作曲:浜田省吾
編曲:船山紀基
(1979年4月5日リリース)

能瀬慶子さんの2枚目のシングルです~

慶子ちゃんは、70年代のアイドルですね。
正直慶子ちゃんに関しては、ほとんど知らずにブログに取り上げてます。

慶子ちゃんを知ったのは、こないだ再放送されていた、「夜のヒットスタジオ」で見たのが初めてでした。

見た目は・・・普通っぽさが売りなのかな~?みたいな。
ネットで調べると、学芸会のノリのアイドルだとか、不安定な歌声だとか、結構な言われようw
まぁ悪い意味ではなく、愛のある言葉って感じで書かれていたので、不思議な魅力はあったんでしょうね。
自分も嫌いじゃないです(笑
目がキラキラしていて、清純感もありますしね!

『裸足でヤングラブ』を歌う姿に釘付けになりましたからね。
歌の良さもありますし、古き良きアイドルという言葉も似合う感じもありますし。

振り付けも手の振り付け中心の、70年代らしさ満開ですよね~
手をパラパラしてたり、真似できそうな感じがしますね。
これが癖になるんですけど。

曲もすぐ耳に残り、頭の中でヘビーローテーションしてしまう始末w
慶子ちゃんの歌声も、中毒性があります。

 ♪Young Love Young Love Never Stop!
  Young Love Young Love Never Stop!
  ひきかえせない♪

サビが頭の中をグルグル~
浜田省吾さんってこんなアイドルソングも書かれていたんですねぇ。

 ♪夏までは まだ あともう少し
  人影のない 浜辺の
  鍵がこわれた ビーチハウス
  「中へ入ろう・・・」とあなた誘うけど♪

わ~
なんか想像しやすい内容で、いいです。
ちょっと生々しい感じもしますねぇ。
♪浜辺の~うぉううぉううぉう♪ってのもいいですよね~

 ♪Stop! 考えさせて
  口づけだけよね? それから先は
  どうしよう どうしよう どうしよう♪

少女の戸惑いが、手にとって伝わってきますね。
背伸びしたいけどやっぱり怖いっていう思いがビシバシと。
絶妙なギリギリ感がいいですね。

曲全体的にはさわやかで、かわいらしい雰囲気が漂っていて、とてもいいです!

そんな慶子ちゃん、活動期間は短かったようですが、ベストアルバムもしっかり出ているので、チェックしたいと思います~

2011年8月24日 (水)

南南西/島崎和歌子

Photo
風が強い~

風に包まれる237曲目~

「南南西」島崎和歌子
作詞:麻生香太郎
作曲:あすなろ
編曲:竜崎孝路
(1990年3月21日リリース)

島崎和歌子ちゃんの4枚目のシングルです~

この曲はワッコの曲で、リアルタイムに一番聴いていて、好きだった1曲です。
この曲以前の曲は、後々CDを集めて聴いたので、自分が最初に触れたワッコの曲だとも言えます。

『南南西』、秋川淳子さんと高田みづえさんのカバー曲なんですね。
当時はワッコのオリジナルと思ってました。

でもそうですよね、70年代の雰囲気がビンビン伝わる曲です。
当時も懐かしい感じがするな~って思って聴いてましたから。

オリジナルも聴いてみましたが、テンポとかちょっと遅めだったりと、ワッコさんバージョンの方が攻撃的なアレンジなんですね。

17歳当時のワッコはショートカットでスレンダーで肌が黒くて健康的な印象でした~
「女だらけの水泳大会」でもその健康的な水着姿を披露してましたね。
『南南西』も、ちっちゃいワイプの中で歌ってました。
歌も上手くて、アイドルとしても申し分ない存在でした。

それにしても「オールスター感謝祭」は、この『南南西』発売の約1年後には司会を務めているなんて、長くやってますねぇ。
ほんといい仕事取りました。
とは言え、この番組の行く末がわからなくなっちゃいましたが・・・

それは置いといて、『南南西』ですが、発売が春だったんですねぇ。
夏の曲のイメージがあったので、夏発売かと思ってました。
ジャケットの写真も長袖ではあるけど夏を感じさせますからね。

曲も夏のパッションを感じます。

 ♪南南西 風よあなたに
  このまぶしさを
  つたえてくださいな 心をこめて

このメロディが、懐かしさを感じて好きでした。

 ♪夕陽をふちどる かげろうが
  いまにも泣きだしそうにみえるのは
  あなたに出逢って この胸の
  なにかがはじけたせいでしょうか

哀愁も感じますねぇ。
ワッコの歌声が、70年代のサウンドにしっくりくるんですよね。
ちょっと古風な歌声なんですよね、きっと。
オリエンタルな見た目と古風な歌声のギャップが良かったかもですね。

夏の終わりを感じる今日この頃。
ワッコの哀愁の歌声で彩るのもいいですね。



関連記事:
Stardust Harmony/島崎和歌子
J・Jがいた夏/島崎和歌子

2011年8月21日 (日)

Dream-self/雛形あきこ

Dream_self
夏がかげりを見せ始めましたね。。

切ないけどまだ夏らしく236曲目~

「Dream-self」雛形あきこ
作詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
(1996年6月5日リリース)

雛形あきこちゃんの5枚目のシングルです~

このブログ初登場ヒナの曲です!

昨日「めちゃ²イケてるッ!」の睡眠企画面白かった~
まぁヒナは特に出番ありませんでしたが。

なんとなく曲選びの時に昨日のめちゃイケ思い出して、今日はヒナの曲をセレクトしてみました。

ヒナと言えば、グラビアアイドルでしたね~
グラビア系は自分はあまり好きでもないんですが、ヒナはアイドル的な側面もちゃんと持っていたんで、好きでしたね。
一時期トップアイドルになった頃もありましたしね。

ヒナが良かったのはやはり歌を歌っていたことですね。
アイドルはやはり歌を歌わないと!

あとは、アイドル系のドラマにもよく出ていて、見てましたね~

「最高の恋人」では確か高橋由美子ちゃんをいじめる感じの役だったような。
気の強そうな役が似合いましたからね。

「闇のパープルアイ」ではヒョウに、変身するというすごい内容でしたね。
あれも好きだったな~

「ストーカー・誘う女」では、ストーカーを演じきりましたしねぇ。
あれもすごかった(笑
あの大げさな演技がおもしろかったというw

バラエティ番組では、キレキャラだったりで、無表情の印象が強いですね。
でもたまに思わず笑ってしまったりして、そんなヒナが好きですw

曲にもそんな、無表情な無機質な雰囲気が表れている感じがしますね。
淡々と歌っている感じがします。
声にかわいさがあるので、それでもちゃんとアイドルの雰囲気を保ってますけどね。
PVではさわやかな笑顔が見れるので、映像と一緒に聴くと、さらに清涼感が増すと思います。

この『Dream-self』は、ヒナの曲の中で一番好きかな。
夏らしくて弾けた炭酸水のような曲ですよね。
それもそのはずアサヒ飲料の、「さわやかぶどう」のCMソングにもなってましたからね。
清涼感溢れるCMに、ぴったりな曲でした!

前作の『Six Colors Boy』も夏らしい曲で、その2ヵ月後にまた夏らしい曲を連発していたのも、印象深く残ってます。
どっちも似てるんですけどね~

彼と別々の道を進むことを、悲しいけど、未来の為に進むしかないという、ヒナのイメージに合った強い女性って感じがしますね。

 ♪何も言わないで ホームに飛び降りる
  閉まるドア越しに あなた戸惑ってる♪

彼の方が、戸惑いを隠せないようですね。
女の子の方がしっかりしているという、アイドルらしからぬ内容ではありますが。

 ♪太陽から生まれた 刺激に今弾けて
  キラリ胸のときめき もう誰にも止められない♪

サビはさわやかですね!
真夏のジリジリした太陽が思い浮かびます。

 ♪駆け上がる階段の 風に夏を感じる
  キラリ胸のときめき もう誰にも止められない♪

彼女は彼がいなくなり、何かすっきりしたような感じなんでしょうか。
新たな自分の進むべき道を見つけて、何かの始まりにわくわくしている感じがしますね!

夏の始まりのようなさわやかさを、この曲で感じて、残り少ない夏を楽しみたいと思います!

2011年8月18日 (木)

行かないで夏休み/大野幹代 with CoCo

行かないで夏休み/大野幹代 with<br />
  CoCo
夏休みが終わった〜(*_*)

行かないで!夏休み!の235曲目〜

「行かないで夏休み」大野幹代 with CoCo
作詞:和泉ゆかり
作曲:羽田一郎
編曲:羽田一郎
(1992年3月25日リリースのCoCoのアルバム「Share」に収録)

CoCoの大野幹代ちゃんの、メイン曲です〜

やっとこさミッキーのソロ(メイン曲)の、レビューです。
これでCoCoのメンバー5人のソロのレビューコンプリート!

ミッキーと言えば、ソロデビュー曲『許して・・・』、セカンドシングル『震える決心』と、低めの歌声を活かしたちょっと大人びた曲が似合ってましたが、それ以前にはこんなさわやかな歌もソロで歌ってましたね〜

この『行かないで夏休み』より後になると、背伸びした大人っぽい曲ばかり歌っていたので、ミッキーにとって貴重な1曲でもありますね!

さわやかな青春路線で、『Share』を初めて聴いた時からとてもお気に入りの曲になりました!
ほんと大好きなんだよな〜、この曲。
自分の中では、夏休みと言えば『行かないで夏休み』!って位の、夏休みを代表する曲になりましたね。

イントロからキラキラしていて、今聴いても甘酸っぱい青春が鮮明によみがえります。

そんなキラキラなイントロから、ミッキーの歌声☆

 ♪SMILE! SMILE! SMILE!
  君が笑ってる 君がはしゃいでる
  今はアルバムの中 sweet days♪

輝きの中にミッキーがいます!
今でもこの曲の中に、17歳のミッキーが佇んでいるようですね。
まさに青春の1ページって感じがします。

そんな幻想的なオープニングから、明るさを帯びた雰囲気になり、逆に切なさを煽っているようにも思えます。

この無駄のない心地よい位のポップさが、飽きずに今でも大好きな曲でいてくれているのかも知れないです。
まるで、ミッキーそのもののよう。
主張し過ぎず、でもちゃんと存在感はあって、気になる存在で。
CoCoのしっかりものの末っ子娘でしたからねえ。

 ♪もう 夏はもどらない
  いま バス停へ急ぐ朝
  なぜ 憂鬱なためいき
  ねぇ 行かないで夏休み♪

夏休みに、親の実家にでも滞在していたのでしょうか。
そこで出会った少年との淡い青春の思い出かな。
楽しい時間は過ぎて、もう帰る時間。
そんな切なさが伝わってきますね。

 ♪ねぇ 来年のことを
  なぜ 約束できないまま♪

来年また会おうと言えなかったんですね〜
本当に甘酸っぱい青春です!
これぞアイドルですよ。

やはりこの曲は、サビが印象的ですね!

 ♪SMILE! SMILE! SMILE!
  君が走ってる 君が振り返る
  波は果てしなく寄せ
  けれど還らない だれも帰れない
  思い出の中で♪

♪SMILE! SMILE! SMILE!♪が、さわやか!
この曲の核になってますね!
歌詞もいいんだな〜

帰りたくても帰れない場所ってありますもんねぇ。
全ては過去の思い出の中。
CoCoが活躍していたあの頃に帰りたいと、何度も思うけど、それは無理な話なんですよねぇ。
そういったもどかしさも感じます。

『行かないで夏休み』は、17歳のミッキーが歌うからこその、若い頃にしか歌えない1曲ですね。

ミッキーの低めの歌声でも、これだけさわやかに聴こえるのは、この歌詞と、このメロディと、このアレンジが名曲過ぎるんだと、思ってます!

コーラスで参加しているCoCoちゃんたちの歌声は、個性的で主張が強いですね(笑
理恵ちゃんとか思いっきり理恵ちゃんだし(*^^*)
でも、キレイなコーラスですよね。
なんかジーンときてしまいます。

あぁ、あの時代良かったな〜
なんて懐古的になっちゃいましたが、全てはアルバムの中で生き続けるんですね。

夏休みも終わっちゃったので、夏が終わった気分にもなってますが、この曲を聴いて、残りの夏を過ごしたいと思います。

2011年8月15日 (月)

有頂天LOVE/スマイレージ

Photo
連休ももう終わっちゃいます(泣

それでも元気に234曲目~

「有頂天LOVE」スマイレージ
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:大久保薫
(2011年8月3日リリース)

スマイレージのメジャー6枚目のシングルです~

8月3日、渋谷タワーレコードに、スマイレージの新曲発売記念ライブ&握手会に行ってきました~
まずは自分の見た回のセットリストを。

 1.有頂天LOVE
 2.恋にBooing ブー!
 3.同じ時給で働く友達の美人ママ
 4.スキちゃん
 5.有頂天LOVE

http://natalie.mu/music/news/54229
新メンバー加入発表まで残り11日となったこの日は、4人でのスマイレージとしての活動も残りわずかということで、気合を感じました。
やっぱり4人のスマイレージがいいな~とも思わせてくれましたね。
まとまりがあるし、4人のバランスもすごい良いと思います!

イベント直前の8月1日は、リーダーのあやちょこと和田彩花ちゃんの誕生日があり、うさぎの形をしたケーキでお祝いもしてもらっていました。
あやちょも17歳なんですね~

握手会にも参加して、4人としてのスマイレージを目に焼き付けてきました。

そしてついに!8月14日のハロープロジェクトのコンサート「Hello!Project 2011 SUMMER 〜日本の未来はWOW WOWライブ〜」で、新メンバーが発表されましたね。

勝田里奈(13)
小数賀芙由香(13)
中西香菜(14)
田村芽実(12)
竹内朱莉(13)

http://s-mileage.jp/info/2863

さらに若返ったスマイレージになりましたね。
とは言え、サブメンバーから始めるということで、試練は続く模様ですが、どうなるんでしょうねぇ。
9月28日には、新曲『タチアガール』も発売されるので、どういった形態で活動していくのか、目が離せませんね。

ということで、進化を遂げるスマイレージですが、4人でのラストシングルの『有頂天LOVE』です!

良い!
正直パラパラとか好きじゃないんですが、この曲はただのパラパラじゃないものを感じますね!
“チャラ可愛い”がコンセプトになっていて、衣装もチャラ可愛らしさが出ていて、これがまたいいんですよね~

PVではセーラー服になっていたり、それもまた可愛いと思います!

この底抜けの元気さが、スマイレージらしいと思います。
日本を元気に、笑顔にしてくれるグループって感じがします。

やっぱりハロプロはこういう路線じゃなくちゃって思わせてくれる1曲です。

 ♪いまだかつてないような
  キラキラした毎日
  ぶっちゃけ有頂天な日々送ってる♪

最初っからチャラ可愛さが炸裂ですね!

 ♪WOW WOW
  ドクターストップがかかる程
  「恋落ち」してるわ♪

ここ!!
♪ドクターストップ♪のこの収まりのよさ!
というか可愛らしさがこの曲の肝になってるんじゃないですかね~
このパートは癖になりますね!
それに続く、

 ♪大好きが止まらない
  Oh Love Me Love Me Love Me
  Love Me Love Me Do!♪

ここも可愛さが止まらないですねぇ。
♪お~らみらみらみらみらぶみ~どぅ~♪ってのがね。
また癖になるパートが出てきちゃってます。
スマイレージのキュートな歌声で歌うからこそ良さが引き立ちますね!

9人になるかはまだわかりませんが、9人体制になっても、このかわいさと元気さが崩れないといいなぁと思います。

この夏は、この曲で、有頂天になっちゃいたいですね!

関連記事:
○○がんばらなくてもええねんで!!/スマイレージ
同じ時給で働く友達の美人ママ/スマイレージ
ショートカット/スマイレージ

2011年8月11日 (木)

ワンダー・ブギ/石野真子

ワンダー・ブギ/石野真子
連休前に体調崩し気味〜

元気になれる233曲目〜

「ワンダー・ブギ」石野真子
作詞:阿久悠
作曲:馬飼野康二
編曲:馬飼野康二
(1979年7月5日リリース)

石野真子ちゃんの6枚目のシングルです〜

真子ちゃんは、今でもバラエティ番組やドラマなどでよく見かけますね〜
「夜のヒットスタジオ」の再放送では若かりし日の真子ちゃんも見れますしね。

自分が真子ちゃんを気になり始めたきっかけが、この『ワンダー・ブギ』なんです。
去年あたり、「HEY!HEY!HEY!」でこの曲が取り上げられて衝撃を受けました。
水着姿でリトル・バーズという小学生のバックダンサーと踊る姿がインパクトありすぎて。
子供たちがケンカしていて、そんな子供たちに真子ちゃんが一言!!

 「やめなさ〜い!!」

何これwww
おもしろすぎる!!
その台詞のあと、真顔で整列して手をグルグル回して真子ちゃんの周りを回るのも、またおもしろい。
そんな感じでこの『ワンダー・ブギ』が好きになりましたね〜
あのVは、何度も繰り返し見てしまったw

その台詞だけじゃなく、曲自体も自分の好きな感じでしたね〜
コミカル風味を持ちながら、夏らしさもあり、元気ではじけていていいんですよねぇ。
灼熱の夏って感じがします!

そしてやっぱり歌詞がね〜
楽しいんですよね。

 ♪ブギウギ・シュワッチ ブギ・ドゥワー
  ブギウギ・シュワッチ ブギ・ドゥワー
  真夏はユカイ(真夏はユカイ)
  ワンダー ワンダー・ブギウギ♪

歌詞通り、愉快な内容ですよねぇ。
♪シュワッチ♪の部分では、ウルトラマンのスペシウム光線が振り付けに入っていたりと、遊び心満載な1曲ですね!
振り付けは基本的におもしろくていいんですよねぇ。

サビ以外も、楽しい歌詞です。

 ♪鯨の背中の上で ビキニ娘が踊る
  ゆらゆら揺れてる胸に 鴎が見とれて落ちる
  仲間の鴎が怒り 娘のビキニをはずす
  パパイヤみたいな胸に 鴎は真赤に染まる
  ただよう鯨に 真赤な鴎
  セクシー娘のきりきり舞い♪

なんかおもしろいストーリーなので、長々と書いちゃいましたが、この絵に描いたような出来事が、愉快な雰囲気にしてくれますね。
ちょっとエッチな絵本って感じでしょうか。
♪きりきり舞い♪というパートが、爽快感を与えてくれます。

アレンジも楽しい要素満載で、元気になりたい時にもってこいですね!
拍手みたいな音が入っていたり。

真子ちゃんの歌声ははっきりしていて、かわいい中にも力強さもあっていいですね。
聴きやすいです。
こういうパンチのある曲にも負けてません!

真子ちゃんのアイドル直球の曲もいいけど、こういうコミカル路線もいいですね!
真子ちゃんスマイルに似合ってると思います。

この夏は、♪ブギウギシュワッチ♪で、愉快な夏にしたいですね〜笑




関連記事:
プリティー・プリティー/石野真子

2011年8月10日 (水)

CoCoちゃんの名曲「はんぶん不思議」をしょこたんがカバー☆

わー!

なんとついに、CoCoちゃんの名曲『はんぶん不思議』がしょこたんによってカバーされます!

前からしょこたんにはCoCoちゃんの曲をカバーしてほしかったから感激です!
http://natalie.mu/music/news/54497

中川翔子「しょこ☆かば 4-1 ~しょこ☆ドル篇~」収録予定曲

※曲順未定 / カッコ内はオリジナルアーティスト

01. はんぶん不思議(CoCo)
02. 吐息でネット(南野陽子)
03. 蒼いフォトグラフ(松田聖子)
04. くちびるNetwork(岡田有希子)
05. ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
06. 赤道小町ドキッ(山下久美子)
07. 約束(原日出子)

[CD+DVD]「はんぶん不思議」Music Clip&メイキング映像収録予定

何このネ申アルバム\(^ω^)/

『はんぶん不思議』のミュージッククリップも楽しみ過ぎる!
しょこたんが、1人5役とかやっちゃうんでしょうか!
そんなのが見れたらたまんないですよね~

他にもえりりんの『ロコモーション・ドリーム』もすばらしい!
聖子ちゃんまで入ってる!!
ナンノもユッコも!

欲を言えば、他にも歌ってほしい曲もあるけれど、これだけでも満足できるな~

ライブで『はんぶん不思議』や『ロコモーション・ドリーム』歌ってくれるなら観に行きたいな~

発売が待ち遠しいです!

2011年8月 7日 (日)

ときめいて/西田ひかる

Photo
お台場にいるよ~

お台場合衆国から232曲目~


「ときめいて」西田ひかる
作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:渡辺格
(1991年8月7日リリース)

西田ひかるちゃんの11枚目のシングルです~

ひかるちゃんの曲で個人的に一番印象深いのは、この曲なんですよね~

キャッチーで売れ線だし、アイドルらしさもあるし、ひかるちゃんのP-カンな元気な部分も出てるし、完璧な一曲だと思います。

この曲は、ひかるちゃん出演のドラマ、「デパート!夏物語」の主題歌でしたね。

「デパート!夏物語」好きだったな~
CSでも再放送されていて、見たりしますが、なんか和みます。
あの古くさい演技w
なんか生きる勇気が出てきます(笑
また再放送があったら、全部録画して残しておきたいです。

そして『ときめいて』に関しては、振り付けが何やらおかしなことになっているバージョンが存在しますよね。
振付師の南流石さんの振り付けだと思うんですが、「ミュージックステーション」で披露したバージョンにはびっくりでした。
曲と合ってないwww
あれは当時見て衝撃だったな~
別バージョンは、無難でかわいかったんですけどね~

楽曲の方は、覚えやすくてヒットしそうな曲ですよね!
実際オリコン初登場7位で、自身初のベスト10入りを果たしましたからね。
ひかるちゃんの脂が乗り始めた頃でしょうねぇ。
テレビでも良く見かけて、アイドル歌手というよりはタレントさんって感じでしたけどね。

歌詞の内容は、片思いと両思いの狭間で揺れる、幸せな時間を過ごしている2人の歌ですね。

 ♪ときめいて ときめいて ときめいて
  心は翼を広げて旅立つ(I'm falling Love with You)♪

この出だしのパートが印象的ですよね~
ひかるちゃんの歌声は鼻にかかっていて低めですが、伸びやかさで爽快感を出していますね。
歌詞のように、大空へ飛び立つような感じがします。

 ♪(うれしくて)ノッポの肩にもたれかかる
  「人」って文字みたい ささえてね♪

ちょっとバラード風味になるブリッジもいいですね~
歌い上げてます。

一時期、聴きすぎてこの曲から離れていた時期はありますが、やはりいいですね。
久しぶりに聴いてみたら素晴らしいアイドルポップスだと思いました。

あっ、今気づいたけど今日、このCDが発売されてからちょうど20年なんですね。
20年か~
遠い目~笑

関連記事:
フィフティーン/西田ひかる

2011年8月 4日 (木)

Z伝説~終わりなき革命~/ももいろクローバーZ

Photo
ももクロちゃん観てきました~

東京タワーから231曲目~

「Z伝説~終わりなき革命~」ももいろクローバーZ
作詞:前山田健一
作曲:前山田健一
編曲:前山田健一
(2011年7月6日リリース)

ももいろクローバーのメジャー4枚目のシングルです~

Zepp Tokyoでのライブに続き、7月31日(日)の、東京タワーのフリーライブに行ってきました!

ももクロちゃんと、初めて直接話すことも出来ました~

まずは当日のセットリストを。

「ももいろクローバーZ フリーライブ
 見上げれば東京タワー
 そうだ!アキレス腱を伸ばそう。」

 Z伝説~終わりなき革命~
 ピンキージョーンズ
 ワニとシャンプー
 ミライボウル
 キミノアト
 D'の純情
 ChaiMaxx
 行くぜっ!怪盗少女
 コノウタ
 オレンジノート

  ~アンコール~

 ツヨクツヨク

フリーライブでこの充実な内容!!
ここまでやってくれるとは思いませんでした!

せいぜい3曲程度かな、と思って行ったので、おなかいっぱいに(笑
もちろんいい意味で!!

雨の中で、ステージも雨で濡れていて、転んでしまわないかとか、いろいろ心配してしまいましたが、怪我もなく終わり安心しました!

かなこのえびぞりジャンプも見事成功でよかった~
れにちゃんのダンスもパワーみなぎっていていいよな~
あーりんのアイドル然とした佇まいは完璧!
ももかはももか節がきいてて独自の路線を確立している感じ。
しおりんはみんなの妹という言葉通りにかわいかった!

どの曲もほんと良かったです。
『オレンジノート』では、音響のハプニングがあり、途中で音が途切れるというサプライズ。
そんな中でもももクロちゃんは、アカペラで歌い続けました!
この演出なに~?
『オレンジノート』ってとこが泣ける~

そしてライブの後は、7月27日に発売されたアルバム『バトルアンドロマンス』のメンバー手売会が開催されました!
そこで、初めてメンバーと会話してきました~
手売り会は、CDを受け渡すメンバーと、CDを袋に入れるメンバーと、特典の写真を渡すメンバーに分かれていたので、全員と会話はできませんでしたが、メンバー本人からCDを受け取れるのは、嬉しいですねぇ。

自分はももかからCDを購入しました。
ほんとに元気に会話で対応してくれて、楽しかったですね~

写真はしおりんから受け取りました。

CDを袋に入れてくれたのはあーりんなんですが、ももかと会話することに一生懸命になってしまい、あーりんと1回も目をあわすこともなく、去っちゃったのが申し訳ない気持ちで心残りとなっちゃいましたが。
まぁまたそのうちリベンジを。

次はかなことれにちゃんとも話してみたいですからね~

そんなこんなで今回は最新曲の『Z伝説~終わりなき革命~』を取り上げます!

これは早見あかりちゃんが抜けて、新たに5人になったももクロちゃんのテーマソングって感じですね!
『行くぜっ!怪盗少女』に続く、自己紹介ソングとなってます。

戦隊もの風の衣装で、ヘルメットとかも被っちゃいます。
今回の東京タワーでのライブでも、ヘルメットを被った状態での登場となりました!

台詞には、水木しげるさんが参加していたり、PVはほんとに戦闘ものの番組を見てるかのようです。

自己紹介的な内容で、5人の特徴がまとめられています。

そんな中、感動的な歌詞もいいですね~

 ♪わたしたち 泣いている人に
  何が出来るだろう それは
  力いっぱい 歌って 踊ること!♪

ももクロちゃんらしいです!

 ♪やまない 雨なんか ない
  光を 信じて♪

空に突き抜けるような歌声がいいですね~

そして、2番でのここがまた、やってくれますね。

 ♪BLUE!!
  あ・・・♪

こういうことが出来るのはももクロちゃんですね~
CoCoちゃんはこれはできなかったですよね(笑

れにちゃんの♪大好きだよ♪や、しおりんの♪はらへったー♪ってのもいいですね~

そしてここでは鳥肌が立ってしまいます!

 ♪絶対 あきらめない WE ARE♪

このかなこの情熱的な歌声に、感動を呼びますよね!
ここでほんとグッと来るんです。

PVと併せて聴くと、さらにいいですね~
PVも大好きです!

ももクロちゃん、Zになってからまた新たな進化を遂げていますね。
今後も見逃せないZ~

関連記事:
行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー
ミライボウル/ももいろクローバー

2011年8月 2日 (火)

メロンのためいき/山瀬まみ

Photo
戻り梅雨・・・やだな~

雨雲の230曲目~

「メロンのためいき」山瀬まみ
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆
(1986年3月21日リリース)

山瀬まみちゃんの1枚目のシングルです~

「国民のおもちゃ新発売」というキャッチコピーでデビューしたまみちゃん。

デビュー曲の『メロンのためいき』では、アイドルの王道突き進んでますよね~
バラエティの不思議少女キャラとはまた違った魅力ですね。

動画サイトにもいろんな動画がありますが、ほんとキラキラしていてアイドルしてますね!

歌声は、ちょっとドスを利かせつつ、かわいさも表現してますね。
歌唱力もあるので、この素敵な楽曲を輝かせていますね。

ほんとメロディラインが素敵な楽曲だな~と思います。

 ♪蒼いメロンのためいきみたいなキッスを
  頬に素早くあげたらはにかむかしら♪

完璧だ~
このなめらかな流れ。

 ♪白いタオルにくるまり肩を寄せれば
  Fall In Love With You
  お願いよ冷たくしないで♪

サビ全部が完璧なメロディだと思います!
歌詞もアイドルソングとして素晴らしいですよね~
それだけいい曲だと思います。

 ♪人気ない雨のプール・サイド 水の輪を教えてた♪

こことか好きなんですよね~
雨雲の下、プールサイドで水着着てる動画とかもありますからね。
この歌詞がぴったりです。

そしてこの曲は、ぁみにぃこと時東ぁみちゃんもカバーしてますね。
ぁみにぃバージョンからこの曲をちゃんと聴いたのですが、どちらも好きです!

最近の天気の悪さにちょっとリンクするこの1曲。
今の時期に、聴きたい曲ですね!


関連記事:
Strange Pink/山瀬まみ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連