無料ブログはココログ

« 不思議な手品のように/新田恵利 | トップページ | ONCE IN A BLUE MOON/深津絵里 西田敏行 »

2011年11月10日 (木)

さよなら/CoCo

Coco
秋も深くなって寒くなりましたね。

寒い秋の風の257曲目~

「さよなら」CoCo
作詞:和泉ゆかり
作曲:山口美央子
編曲:澤近泰輔
(1992年3月25日リリースのアルバム「Share」に収録)

CoCoの4枚目のオリジナルアルバム『Share』に収録されている曲です~

CoCoの"S"から始まるアルバムの、第4弾ですね!
たまたま"S"の付くタイトルが続き、最後までそれを貫きましたね。(ベストを除く)

そんな『Share』は、分け合う、分かち合うというタイトルどおり、5人のソロ曲が収録されていています。
これはなんだかわくわくしました!!
それぞれの個性が活かされた楽曲が多数あり、このアルバムはとても興味深かったです!
その分5人の曲が少なくなってしまったので、アルバム2枚に分けて、2人・3人でソロを発表しても良さそうな気もしましたが。
まぁでも平等にソロを分け合って、丸く収まったカタチでしたね。

そんな中で、今回はアルバムの1曲目の『さよなら』を取り上げます。

正直この曲について何か書ける事は特にないんですが、やっぱりいい曲だし、今の時期にぴったりなので、紹介したいと思いました。

この曲は、自分の中ではミッキーの印象が強いです。
最初のソロパートがミッキーだからだと思いますが、ミッキーを主人公として、自分の頭の中の映像で思い浮かべて聴いています。

そしてこの曲は、アルバム『Share』の1曲目を飾っています!
アイドルのアルバムなのにバラードから始まるってのも、なんだか新鮮な感じがしました。
しかも、春リリースなのになぜか秋の曲からというのも、当時違和感はありました。

他には、夏の曲『ひまわり』もありますし、ミッキーの夏休みの曲『行かないで夏休み』もありますし、『お願いHOLD ME TIGHT』は冬だし。
いろんな季節の曲が混じってます。
逆に春らしい曲はそんなになかったりしますし。

3枚目のアルバム『STRAIGHT』の歌詞カードに『ひまわり』の元となる詩が発表されていたので、ためていた曲がアルバムの曲数になったってことなんですかねぇ。

『さよなら』は前にも述べたように、秋の曲。
センチメンタルな雰囲気が際立っています。

瀬能あづさちゃんの卒業コンサート「CoCoコンサート'92 春はCoCoからファイナル~武道館スペシャル~」でも歌われていますね。

そう考えると、あっちゃんへの『さよなら』とも取れなくもないですね。
切ない~

 ♪さよならが言い出せなくて
  あなたはもうおちこんでる
  駅までは銀杏の並木
  寒い秋の風

最初からセンチメンタルだなぁ。
別れを告げられる女の子の歌だけど、ふる方もつらい思いをしてるんだよっていう曲ですね。
あっちゃんのことが重なるな~
CoCoから離れていくあっちゃんの決意、みたいな。

 ♪ふられるのは私なのに
  あなたの方がつらいのね

ミッキーの歌声が胸に届きます。
ミッキー、切ない表情が美しいからなぁ。
絵になるんでしようねぇ。

 ♪大事なことが いつも言えない

まきボーも儚い歌声がはまるんだよな~
キュンときます!

 ♪ささいなことで泣いたけど
  あなたの前でだけだった

羽ちゃんも切ない系が似合いますね。
サビの♪あんなにも痛いくらい♪は、なんだか高く幼い歌声になってますが。
2008年に発売されたCoCoの全曲ベスト『CoCo うたに大百科 その1』で、この『さよなら』の話しで羽ちゃんの歌声について書かれていますね。

 羽田のヴォーカルが想像以上に叙情的な作品に似合うと
 実感させてくれた『さよなら』も、同アルバムのトップ
 ナンバーにふさわしい佳曲となっている。
 (『CoCo うたに大百科 その1』ライナーノーツより)

羽ちゃんの方向性がつかめてきた頃なんですね~

理恵ちゃんの♪こんなにも痛い程 ああ♪も、かわいすぎやろー!

 ♪「元気をだして」
   「元気でいてね」

理恵ちゃんのこのソロパートは、台詞でも良かったかも、とも思いますねぇ。

 ♪「忘れないでね」
  「忘れられない」
  空に消える真実

そしてあっちゃんのボーカルもやはりいいんです!!
この表現力!
思い出をかみ締めるように歌っています。
やはり他の4人とは歌唱力や表現力の差を感じますね。
貫禄のあっちゃん!
メンバーに「忘れないでね」と告げ、CoCoとしての活動を「忘れられない」と言っているようで、切ないですね。

この曲、5人の歌声も素敵ですが、アレンジも好きだな~

アレンジに注目して聴いてみるのもいいですね。
この曲のアレンジは、どこをとっても大好きです!
イントロから終わりまで。
ホーン(?)の音とか秋の壮大さを感じます。

武道館のコンサートで歌う『さよなら』を再チェックしてみましたが、最高だな!

ほんと神公演だなぁ。
あの場所にいたかったと、悔やまれます。

『さよなら』に関して特に書くことないかもとか最初に書いたけど、案外あるもんだな~笑

まぁなにはともあれ胸がいっぱいになる、そんな心を動かす力のある曲ですね。

名曲だと思います。
やっぱCoCo最高だーーー!

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
夏の友達/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
Live Version/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo

« 不思議な手品のように/新田恵利 | トップページ | ONCE IN A BLUE MOON/深津絵里 西田敏行 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

005:乙女塾」カテゴリの記事

コメント

「さよなら」は本当に良い曲ですよねー!
自分も大好きな曲の一つです。

長年、CoCoのファンをしていて初めて気付きました!
アルバムが“S”始まりだったなんて・・・
言われてみて見てみたら本当にそうで驚きました!!

やっぱりCoCoは素晴らしい!

コメントありがとうございます!

「さよなら」いい曲ですね!
じわじわいい曲だな~って思います。
大好きな曲の1つですか~!
ですよね!

アルバムが"S"始まりは、たまたま流れでそうなったみたいです!
スタッフの遊び心的な感じですかね~

ほんとCoCoちゃんは素晴らしいですね!
自分的にも永遠のNo.1アイドルです!

武道館で歌われてますね。忘れないでね、と歌ってましたね。ここからで失礼ですが、ツイッターをフォローして頂けないでしょうか。以前、前田敦子ちゃんのことを、あっちゃんとツイートしてたのをおこりブロックしてしまいました…。なにも間違っていないのに。瀬能さんへの想いが強すぎて…。今は平気です、変なヤツなんです。失礼が無いようにしまので宜しくお願いします。自分は90年、2000年代より80年代の方が詳しいです。これからもブログとツイッターを楽しみにしています。ここを利用してすみませんでした

>理森さん

武道館でも歌われていましたね。
切ない曲だけどいい曲です!
Twitterでもまたよろしくお願いします!
前田敦子ちゃんのことは、あっちゃんと投稿することもありますが^^;
不快にならなければ・・・
2000年代のアイドルの話しもいっぱいしますが、80年代も好きなので、いろいろ話題に挙げたいと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/42958207

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら/CoCo:

« 不思議な手品のように/新田恵利 | トップページ | ONCE IN A BLUE MOON/深津絵里 西田敏行 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アイドルポップス関連