無料ブログはココログ

« ガラスのクツ~なっちゃん/なっちゃん(星井七瀬) | トップページ | いちごがポロリ/本田理沙 »

2012年9月 5日 (水)

9月には帰れない/堀川早苗

9
もう9月になったよ~

そよ風に吹かれて337曲目~

「9月には帰れない」堀川早苗
作詞:松井五郎
作曲:山口美央子
編曲:佐藤準
(1991年7月10日リリース「アフロディーテ<聖女>の夏」のカップリング曲)

堀川早苗ちゃんの2枚目のシングルのカップリング曲です~

乙女塾の5期生のさなさなです!

さなさなの癒し系の歌声に癒されてしまいますね。

早苗ちゃんの歌声は、ほんとに優しくて完全なる癒し系アイドルでしたよね。
歌声だけじゃなく、見た目も癒し系。
アイドル歌手は見た目も歌声も、優しくなきゃと思わせてくれます。

飾り気のない素直さが、とても好感を持てたアイドルでしたね。

ほんわかしているところがとてもいいですね。
キャラもルックスも歌声も全てがほんわかしています。

天然でしたしね(笑
ドジなところもアイドルとして良かったですよね~

そんな癒し系アイドルさなさなの、癒し系ソングがこちら、『9月には帰れない』。

9月になり、街の雰囲気も落ち着いてきて、なんだかこういうしっとり落ち着いた曲も聴きたくなってきた季節です。

『9月には帰れない』は、「不思議少女ナイルなトトメス」のエンディングテーマ曲になっていた『アフロディーテ<聖女>の夏』のカップリング曲と言うことですが、こちらの曲はトトメスとは関係ない楽曲ですね。

曲調はミディアムバラードで、別れた彼を思う気持ちを歌った曲です。
お別れをした9月を思い返して、あの日に帰りたいけど帰れない…というもどかしい思いがあふれた1曲。

 ♪ねぇ まぶしい空 ねぇ あの朝
  揺れるコスモス 覚えてますか
  そう ともだちなら あゝ 上手に
  言える お別れも 知ってたのに

そっと昔を思い出しているようですね。
メロディもほんわかしていて、さなさなの歌声もほんわかしています。
切なさよりも、ほっこりしてしまうのは、やはり早苗ちゃんの癒し系ボイスが堪能できるからでしょうね。

 ♪さよなら さよなら
  心が震えてる
  好きです いまでも
  あなたの 横顔

ゆったりしたメロディから、サビは盛り上がりますね。
でもやっぱりさなさなの歌声にほっこりしてしまう☆
さなさなの歌声は、切なさよりも癒しが優先されますね。

曲の内容としては切ないですが、あまり暗くならず明るさを保ってるのは、さなさなのふわふわな歌声のせいでしょう。

それでいいんです!
それがいいんです!

これが、早苗ちゃんの世界なんだな~、と実感できる1曲ですね。
しかしいい曲です。

この曲は、シングルのカップリングに収録されたバージョンと、アルバム『Dear You』(1992年8月5日)に収録された、『9月には帰れない(vocal new version)』の2種類が存在しますね。

シングルバージョンよりも、アルバムのvocal new versionの方が、何気にパワーアップした感じですね。
よりふわふわした歌声になってるように思います。
エコーのかかり具合のせいもあるかもですが(笑
コーラスも派手になったようで、声に厚みを持たせていますね。
18歳のさなさなと、19歳のさなさなの歌声を聴き比べるのもいいものですね。

9月の天気のいい朝、この曲を聴いて戻れない1991年の9月に思いをはせてみたいですね。

関連記事:
だいじょうぶ/堀川早苗

« ガラスのクツ~なっちゃん/なっちゃん(星井七瀬) | トップページ | いちごがポロリ/本田理沙 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

005:乙女塾」カテゴリの記事

コメント

堀川早苗ちゃん、あの時代でも乙女塾のアイドルの中では古風で女性的なビジュアルイメージでしたね。この当時は素材がよくても正当な評価をもらえる場が少なくてかわいそうなアイドルがたくさんいましたね。そういえばヤングなでしこのせいでこの当時のアイドル田中陽子ちゃんを思い出しました(笑)
ところであたしは「一年中夏でもいい!」ってくらい夏が好きなので今年はまだまだ秋の雰囲気が少ないので得した気分です♪曲も夏真っ盛りなのはさすがに似合わなくなってきたけど晩夏に似合う曲を聴いています。80年代のなら中山美穂ちゃんの「Leave me alone」や石川秀美ちゃんの「バイ・バイ・サマー」や森川美穂ちゃんの「教室」など…90年代ならribbonの「サイレント・サマー」やともさかりえちゃんの「たそがれ」などですかね。
とにかく夏の友達さんのこんな楽しいブログをみつけることができて幸せな気分です。今後ともちょいちょいお邪魔させて下さいね☆

>ラパスさん

コメントありがとうございます!

堀川早苗ちゃん、古風なイメージありましたね。
そこがさなさなの良さでしたね。
元気で明るい子たちが多かった乙女塾のメンバーの中でも1人だけ雰囲気は違ってたように思います。
確かに素材は素晴らしいですからね、やはり時代が悪かったんでしょうか。
80年代にデビューしてたら国民的アイドルになれたのかもしれないですね。

田中陽子ちゃん!
最近名前をよく聞きますね、なでしこの(笑
自分もその名前が出る度アイドルのよっきゅんを思い出してしまいます(笑

一年中夏でもいい!!一緒です!!!
自分もそういう気持ちから、CoCoちゃんの『夏の友達』という名前を拝借させていただいてます。
まだまだ昼間は夏らしくていいですね。
今日も昼休みに外に出た時にとろけそうな暑さを感じました。
まだ夏の曲で日記に取り上げたいものもあって、今月はまだ夏の曲も入れ込んでいこうかと思ってます。未定ではありますが。

中山美穂ちゃんの「Leave me alone」、石川秀美ちゃんの「バイ・バイ・サマー」、森川美穂ちゃんの「教室」、勉強不足でわからなかったので、チェックしておきますね。
80年代はまだまだ知らない曲も多くていい曲を発掘するのが楽しみです!
今石川秀美ちゃんの「バイ・バイ・サマー」聴きながらコメント書いてますが、やっぱり夏の曲はいいですねぇ。
まだまだ夏気分でいきたいと思います!
森川美穂ちゃんの『教室』も聴いてみましたが、このアイドル時代知りませんでした。
なんか気になります!

ribbonちゃんの『サイレント・サマー』はいいですよね!!
夏が終わっていく今の時期に聴くのにも合いますよね。
ともさかりえちゃんの『たそがれ』は知らなかったので聴いてみました。
ゆったりしてて黄昏時に聴いてみたい曲ですね。

ブログ楽しんでいただけてほんとこちらこそ幸せです!!
是非是非いつでもお邪魔していただけると嬉しいです!
今後ともよろしくお願いします^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/46952586

この記事へのトラックバック一覧です: 9月には帰れない/堀川早苗:

« ガラスのクツ~なっちゃん/なっちゃん(星井七瀬) | トップページ | いちごがポロリ/本田理沙 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連