無料ブログはココログ

« いちごがポロリ/本田理沙 | トップページ | Wake Me Up!/Dream5 »

2012年9月 7日 (金)

愛の魔力/Lip's

Photo
国民的アイドル宣言!

タイプの違う3人がそろった339曲目~

「愛の魔力」Lip's
作詞:白峰美津子
作曲:上田知華
編曲:新川博
(1990年3月21日リリース)

Lip'sの1枚目のシングルです~

Lip'sの曲についてレビュー済みかと思ったら、まだ1曲も書いてなかったので自分で驚いてしまいました(笑
Lip'sの初期の曲は名曲揃いなのに何事~

ということで、Lip'sのデビュー曲『愛の魔力』を紹介します☆

Lip'sは加藤貴子ちゃん、吉村夏枝ちゃん、山本京子ちゃんの3人組です。
1989年のUCC CAN COFFEE ミスコンテストグランプリの入賞者で1990年に結成されました。

それぞれ、缶コーヒーの種類の担当的なものがあったんですよね。
加藤貴子ちゃんは、「UCCミスハーフビターちゃん」。
吉村夏枝ちゃんは、「UCCミスオリジナルちゃん」。
山本京子ちゃんは、「UCCミスビターちゃん」。

それぞれの味にあったイメージを持った3人なんですよね。

UCCのCMで、【国民的アイドル宣言】をしていたのが印象深いです!

青空の下、船に乗って歌う3人が輝いていました☆

3人それぞれのソロカットもあり、名前までおっきく表示されていて、アイドル好きにはたまらないCMでしたね!

CMソングになっている『愛の魔力』もさわやかで最高の楽曲です!
この映像と、この曲、そしてそれぞれの個性もしっかりしていて素材も素晴らしいアイドルなら、売れないわけないでしょう!
って感じなんですが、なかなか上手くいかないものですねぇ。
時代のせいにしてしまうしかないものか。

とにかくいい曲ですし、歌のクオリティも高いグループですね。
特に山本京子ちゃんは、後にソロでアーティストデビューを果たしているほどの歌唱力の持ち主。

アイドルグループとしては、加藤貴子ちゃんをセンターにしてかわいい歌声をメインボーカルにするのが正解ですけどね。

3人は年齢もバラバラだったんですよね、実は。
見た感じそんなに差は感じないですが、加藤貴子ちゃんが大学2年、吉村夏枝ちゃんは高校2年、山本京子ちゃんが中学2年という!!
なんか一人一人に驚いてしまいますw

まずは山本京子ちゃん、この当時中学生なんですよね!!
1番大人っぽいですよ。
この事実、すっかり忘れていましたが、ほんと改めて驚きがありました。

そして加藤貴子ちゃんは1番アイドルらしくかわいらしいイメージですが、意外とアイドルとしては遅咲きの19歳なんですよね。

吉村夏枝ちゃんは妥当なところですね。

いや~、なんかすごい集まりだったんですね(笑
3人がどんな普段会話をしていたのかが気になります。

そんなLip'sのデビュー曲は、ほんと名曲ですよ!
セカンドシングルの『Splendid Love』も語り継がれる名曲ですね。

どちらもUCCのCMソング。
それだけに力を入れていたのでしょうか。
素晴らしいです。

『愛の魔力』はCMのイメージも強く残っているので、曲を聴くと南風を運んでくれるような青い海と青い空が思い浮かびます。

 ♪今すぐに 熱く燃える くちびるから
  気付いて You're my ecstasy
  何も迷わないくらい
  あいつを 夢中にさせたい

CMでも使われていたこのサビ、完璧です!
CMでサビを聴いただけでも名曲だとわかりますね!

サビ以外では3人のソロパートも楽しめて、それぞれの良さを感じれます!

アルバム『これ、うまいぢゃん』(1990年9月21日)には、『愛の魔力(フィラデルフィア・ヴァージョン)』という別バージョンも収録されています。

オリジナルと大きく違いはないとは思うんですが、アレンジに広がりが感じられる気がしますね。
豪華版でしょうか。

『Splendid Love』と併せて聴きたくなる名曲ですね☆

今回はこの懐かしいCMの動画を貼っておきます!

UCC UCCCANCOFFEE with Lip's 国民的アイドル宣言

あの頃の空気を感じれますね!

 「今までも
   いつまでも
    国民的アイドル」

 

« いちごがポロリ/本田理沙 | トップページ | Wake Me Up!/Dream5 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

待ってました♪Lip's!
加藤貴子ちゃんがいまだに顔変わらないのが凄いですよね(笑)
『これ、うまいぢゃん』はソロ曲が多く、グループとしての面白みには欠けますが曲そのものは正にうまいぢゃんでしたね(笑)ソロ(個性)を尊重したり楽曲がアーティスティックな部分も含めてTPDに近いものがありましたよね。アイドル声担当の加藤貴子ちゃんですがソロ曲「負けられないゲーム」「あの日のまま」では年相応の落ち着いた雰囲気で魅了してくれました。アイドルとニューミュージックの中間の渡辺満里奈ちゃん路線って感じかしら?
「Splendid Love」は前奏聴いただけで涙が出るほど(笑)好きな曲なんです![七つ星]のアルバムでは「Splendid Love」のクリスマスバージョンもありましたよね。歌詞はクリスマスバージョンの方が好きです。吉元先生天才!ってくらいに…
ところでこの時期の同じく楽曲重視アイドルグループKEY WEST CLUBのアルバム『UNBELIEVABLE』は聴かれますか?1曲目は9月の曲ですが他は夏全開で初夏から初秋まで対応できる優秀なアルバムですよね(笑)あたしは毎年夏はヘビロテです♪

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
お待たせしました(笑
Lip'sの登場です!
加藤貴子ちゃん、ほんと変わらないですよね。
たまにバラエティ番組で見かけると雰囲気までそのままだからほんと驚きます。

『これ、うまいぢゃん』も名盤ですよね。
確かにソロが結構入ってて、それぞれの個性を際立たせようとしていましたね。
そう考えると確かにTPDと近いですね。納得です。

加藤貴子ちゃんのアイドル声はやっぱり1番好きだったので、ソロも加藤貴子ちゃん派でした。
欲を言えばブリブリアイドル路線も1曲ソロで歌ってほしいところでしたけどね。

『Splendid Love』ほんと名曲ですよね!!
『愛の魔力』もそうとういい曲ですが、それを上回った感がありました!!
七つ星でもクリスマスバージョンで収録されていましたね。
こちらも良かった!
七つ星のアルバムでは他にも宍戸留美ちゃんの『銀河でクリスマス』も名曲だと思いました。
あのアルバムはすごかったですね!

KEY WEST CLUBのアルバム『UNBELIEVABLE』持ってますよ!
最近はちょっと聴いてなかったかも^^;
確かトロピカルな感じですよね。
1曲目は9月の曲なんですね。
KEY WEST CLUBは真夏のイメージが強いので意外です。
夏が終わる前に、聴いてみますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/46978076

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の魔力/Lip's:

« いちごがポロリ/本田理沙 | トップページ | Wake Me Up!/Dream5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連