無料ブログはココログ

« 涙目のアリス/玉井詩織(ももいろクローバーZ) | トップページ | 風のプリズム/広末涼子 »

2012年10月15日 (月)

ラビットの玉子たち/Cotton

Photo
秋はセンチメンタル!

ラビット急増中の360曲目~

「ラビットの玉子たち」Cotton
作詞:小泉長一郎
作曲:実川俊晴
編曲:白井良明
(1990年10月1日リリース)

Cottonの1枚目のシングルです~

Cottonとは、第3回ミスモモコクラブから飛び出した3人組アイドル☆

メンバーは以下の3人!

 岡田有紀(ゆきぽん) グランプリ
 福田浩子(ひろぽん) 日本コロムビア賞
 谷内智美(たにやん) セイヨー賞

Cottonの曲大好きなのに、まだあまり紹介できてませんでしたね。
しかもこの名曲~~~~!!決して迷曲ではありませんよ^^;
ほんといい曲、いい出来なんです!アイドル的にいい出来っていう意味で(笑

ルックスもアイドルとして申し分ない程の正統派アイドル!
特にセンターの岡田有紀ちゃん、今見てもほんとかわいい!
いつ見てもかわいい!!

それだけに、途中で脱退してしまったのはもったいないというかなんというか、やりきれない気持ちでしたね。

雑誌では、たにやんとひろぽん(このニックネーム、問題があって途中変えたはず)の2人しか見なくなってしまい、レギュラー出演していたテレビ東京系アニメ「ジャンケンマン」でも2人で健気にコーナーMCを頑張っていましたね。

たにやんはおっとりしていて文系なイメージでした。
ひろぽんは、しっかりしていてテキパキしてそうなイメージだったなあ。

そんな2人でなんとか活動を続けていましたが、やはり中心メンバーがいないのは物悲しいものがありましたね。
ゆきぽんが心配でなりませんでした。

やはりゆきぽんがいた頃が最強でしたね。
このデビュー曲のCDジャケットもかわいい!
ゆきぽんがラビットそのもの~!!
ニンジンをかじかじしてそうな歯ですw

正統派アイドルのCottonでしたが、曲は個性的な楽曲が多かったですね。
ただただかわいいアイドルじゃないところがCottonの良さだったのかな~

同時期に活動していたCoCoとかribbonとの差別化を図るため個性派な楽曲になった、みたいなことを聞いたことあるけど、それなら納得いく(笑

90年初頭は、ribbonを始め、Lip'sやBABY'S、そしてQlairなど、3人組アイドルもいくつか存在していましたね。
その中でもほんと方向性が違っている感じがして、見ていて聴いていて、面白かったですけどね。

現にCottonの曲は、どの曲も好きだったりします。
全曲好きですよ、ほんと。

今回は、ゆきぽんもいた頃の、記念すべきCottonのデビュー曲を取り上げます!

『ラビットの玉子たち』は、やはりデビュー曲で、Cottonを好きになった曲でもあるので、かなり好きな曲です。

この曲当時ハマりましたねえ。
スカビートとCottonのバラバラな歌声がまた中毒性がありますよね。

当時のアイドルにこういう楽曲を持ってきたのがすごいですよね~
なかなかのチャレンジャーですね☆

 ♪ララララ ラビッター
  ラビットの季節

歌詞カードにはないけれど、このフレーズから始まります!
3人の歴史が始まるんですね~
そう思うとワクワクしてきます。

 ♪直接君に尋けばいいけど
  今は勇気が 品切れみたい

ここのメロディいいよな~
切なげなんだけど、Cottonの陽気な歌声で何もかも吹き飛んでいきそうw
♪品切れ~♪ってのもいいね。

 ♪君の噂を 追い掛けすぎて
  お耳がこんなに 長くなっちゃた
  君の噂で 泣き明かしてたら
  お目々がこんなに 真っ赤になっちゃった

3人の自由奔放な歌声が癖になってきます!!
1+1+1=3じゃなくなっちゃった感じがする歌声ですね。
もちろん3以上になったって言う意味ですからね(笑
不思議な魅力が生み出されています。

歌詞もおもしろいですね。
片思いしている男の子の噂を追い掛けていたら、耳が長くなり、噂に泣き明かして目が赤くなり、噂から避けるようにしていたら逃げ足が速くなり、そして歯ぎしりしてたら歯が立派になり。
どんどんラビット化していくという。
思春期の切ない少女の歌ですね。

そしてこの曲、間奏の台詞も好きなんですよね~
なんか3人が自由に話してる感じがして。
はっきり聞こえないところがやけにリアルさを醸し出しています。

「次の曲が終わったら・・・」みたいな曲を聴いてる方も楽しませてくれるセリフだったりして、告白のカウントダウンをしている3人がかわいく思えますよ。

そして最後にこのPV。
こんなの当時見たことがなかったので、感動です☆

やっぱりまた言うけど、ゆきぽんかわいいわ!
当時はここまでかわいいと思ってなかったけど、動画を見てみると、かなりのアイドルオーラを感じてしまいましたよ。

こういうの見ると、まだまだラビットの玉子のまま終わっちゃったのはもったいなかったですね。
大空に羽ばたいてほしかったです!
ラビットは・・・はばたかないですが^^;

CottonのCDはジャンケンマンを含め全てそろえていますが、リマスタリングされた高音質のCDが欲しいところ。
アイドルブームの今、是非Cottonを再評価してあげたいです!

関連記事:
曇りのち晴れ 渡辺くん/Cotton

« 涙目のアリス/玉井詩織(ももいろクローバーZ) | トップページ | 風のプリズム/広末涼子 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

スマイル学園に会われたのですね!なかなかファンの一人一人に時間がとれないから一番言おうと思ってたことに限って言えないんですよね~
それを回避するためあたしの場合は手紙を渡しますね。読んでくれるかは分からないけど。当時好きだった野猿のカンちゃんに手紙渡す時はイベント会場で即席手紙書きました(笑)あたしが芸能人で一番愛した人JUNE(アニメ「BLEACH」や「D-Grayman」の主題歌の人です)にはK-POPなのに日本語でびっしり手紙を…(笑)
Cotton出ました!この曲初めてレビューされるのですね。意外だなぁ~満を持してって感じですね♪
やはり当時も話題になりましたがデビュー曲でスカって!かっこいいのにカワイイ(笑)
今でいうスターダスト系のアイドルに通ずるものがありそうですね。今の若いアイドルファンにも受け入れられそう!
岡田有紀ちゃんは病気で引退したんでしたっけ?続けてたら今頃女優さんで活躍してただろう逸材でしたね。
しかし夏の友達さんの記事の表現はホント面白いです(^^)
素人とか謙遜されてますが素晴らしいですよ~
多分元アイドルの子がたまたまこのブログを見つけて自分の曲の解説の記事とかを読んだらすごく温かい気持ちになるんじゃないかなぁ~
「仮契約のシンデレラ」このまま1位で逃げ切れそうな気がします!
PVが大昔のドリフのセットみたい(笑)
この子達はホント、プロのアイドル集団ですね~エンターテイメント集団と言ってもいいくらい。

夏の友達さんのおかげで出会えた「涙目のアリス」YouTubeでしか聴く手段がないんですけどもうヘビロテですよ~ホントいい曲~最近のアイドルの曲ではベリキューの「甘酸っぱい春にサクラサク」以来の大ヒットですよ、あたしにとって!
「涙目のアリス」はカラオケとかに入ってるんですかね?
やっぱりあたしにとって林哲司先生の存在って大きいなぁ…
あたしの中での林哲司女性アイドル作品ベスト5は…
①さよならを言わなかった(和久井映見)
②LAST RUNNER(菊池桃子)
③ダブル・デイト(河合奈保子)
④気分はレッド・シャワー(舟倉たまき)
⑤そよ風のエアメール(石川秀美)
…って感じです。基本1アーティスト1曲で。そうしないと菊池桃子ちゃん(他に「Alfa Flight」など)や和久井映見ちゃん(他に「抱きしめたいのはあなただけ」など)で占められちゃうから(笑)
他の林先生作品のアイドルソングも松本伊代ちゃんの「それから」とか中山美穂ちゃんの「スピード・ウェイ」とか堀ちえみちゃんの「稲妻パラダイス」とか柏原芳恵ちゃんの「最後のセーラー服」とか中村由真ちゃんの「LINE」とか中森明菜ちゃんの「涙の形のイヤリング」とか西田ひかるちゃんの「フィフティーン」とか好き過ぎる曲いっぱいあるんですけど惜しくも僅差でベスト5には入れなかったですね~
そそ。林哲司先生の逸話なんですが林先生は石川秀美ちゃんがデビューした時からのファンで楽曲依頼が来るのを待ってたそうで、実際曲を作る事になったら嬉しかったそうですね。逆に同時期秀美ちゃんのライバル?早見優ちゃんからも依頼が来てショボい曲(曲名は伏せますね(笑)あたしはそんなにショボいとは思わないけど…)を提供してしまい優ちゃんかなり怒ったみたいですね。(当時から言ってたらしいですが今年も言ってました。よほど根に持ってたのね(^^;))ホント郁恵ちゃんに何があったのかしら?(笑)
でも大物歌手の方々も例えば聖子ちゃんのバックで踊るのは屈辱的に感じるだろうけど郁恵ちゃんならまあいいか~って気持ちになるんでしょうね(笑)

紅白に関してはリアルタイムで観たのは84年(当時小2で記憶は曖昧ですが…)からで実はそれ以前のはYouTubeなどで観たものばかりなのですがやはり昔の紅白は楽しそうです。特に佐良直美さんが連続司会してた頃が一番歌謡界が盛り上がってたイメージがあってじっくり観てみたいです。その時代の中なら77年の和田アキ子「夜更けのレストラン」があたし的に名ステージですね♪アッコはバラドルの走りですからね~ってどう考えてもアイドルでないか(笑)

ってかめちゃくちゃ長くなっちゃった(^^;
すいません!

>ラパスさん

大人数のアイドルの握手会は特に苦手ですね。
話題をそれぞれに考えておくのは大変です!^^;
手紙いいですねえ。
野猿のカンちゃんに手紙渡されたんですね!!
自分も書いたことありますが、なかなか手紙っていうのも恥ずかしいものです(笑
でも小中学生のアイドルには手紙とかも嬉しいものかもしれませんね。
K-POPの方に日本語でびっしりですか~
気持ちこもってていいですね!辞書と突き合わせながら読んだのかな^^

Cottonはラストシングルしかレビューがしていませんでした。
なので岡田有紀ちゃんはブログに初登場って感じです!
満を持して…な記事になってるかはわかりませんが、確かにずっと温めておいた曲でもあります!
この曲、話題になりましたねぇ。
今でも語り継がれている名曲だと思いますよ!
そうですね!スターダスト系のアイドルに通ずるものを感じます!
Cottonがももクロの曲は歌えそうにないですが(笑
今の若い世代のアイドルファンも、Cotton気に入ってもらえるといいですよね。
そのために高音質のCDの発売を期待したいところです!

岡田有紀ちゃん、確か病気で引退という発表だったと記憶しているんですが。
元気になってたらいいですが。
ほんとに逸材だったと思います!引退は残念でした。

記事楽しんでいただけてますか~!!
そんなそんなほめられるほどのことは書いてないですよ~
そこまで言っていただけるなんて、ありがたいです!!
元アイドルの子が読んで温かい気持ちになってもらえたら、と想像するだけでこっちが温かい気持ちになります!!
そんな夢のようなことがあるんだろうか!?って感じですよ。
こうやってこのブログを通してラパスさんやみなさんに出会えたことも嬉しく思います!!
この世にアイドルソングがある限り、続けます(笑

「仮契約のシンデレラ」、どうなるでしょうねぇ。
この曲以上の曲が出てきてくれることが、一番なんでしょうけど、逃げ切って1位ってのもいいですね。
この曲は何度も生で見れたし、2012年のアイドルポップスを何年か経って振り返ると、この曲が印象深く残っていきそうです。
PV、ドリフのセットみたいですよね(笑
そんなお金かけてなさそうなところもエビ中ちゃんの魅力です^^
プロのアイドル集団ですよね!!
それぞれ個性的過ぎてどの子も好きなんです。
なので一人には絞れない状況です。
まあ自分はグループものは結局1人にしぼって応援しない派です。
CoCoもTPDも、誰推しとか決めれず来てる位なので^^;

>ラパスさん

「涙目のアリス」、YouTubeでヘビロテしてくれてるなんて!!!
感動ですよ~
ブログに書いてほんとに良かったです!
ベリキューの「甘酸っぱい春にサクラサク」も好きでしたか!!
この曲、去年の今頃にリリースされたんですよね~
秋なのに春の歌ってところが自分的にツボでした!

カラオケはあまり行かないんでわからないんですが、たぶん「涙目のアリス」は入ってなさそうな気がします。
一般発売されてる曲じゃないので。
どうなんでしょうね。でも自分もカラオケで歌ってみたいです!

林哲司先生の存在、おっきいですか!
ベスト5の曲、どれも知らなかった><自分勉強不足です~
ラパスさんほんとすごいです!
聴いてみましたが、自分も林哲司大先生の良さに触れた感じです!
あまり作家陣に拘りはなかったのですが、こうやって聴くと、やっぱり存在は大きいものですね!
河合奈保子ちゃんの『ダブル・デイト』が気になりました!「ドキドキする!」「がんばろうね!」ってのが^^
いいですね、これ!かわいい曲です。
菊池桃子ちゃんや和久井映見ちゃんの曲、あまり聴いたことなかったりしましたが、そんなにいい曲多いなら、もっと聴かなきゃですね!
林先生めっちゃアイドルソング手がけてますねぇ、改めてですが、ほんとすごいお方なんですね!
これは今後も注目しおかないといけないな、と思いました!

石川秀美ちゃんと早見優ちゃんの曲にそんな逸話があったんですか!!
お、おもしろいけど優ちゃん的には確かに気分悪いかも^^;
今年も言ってたんですか~笑
もうネタの域ですね^^

郁恵ちゃん、そういうことですかねえ。
確かに聖子ちゃんのバックには遠慮しそうだけど、郁恵ちゃんはそんな感じなんでしょうねぇ(笑
そういう目で見てみるのもおもしおろいです^^

>ラパスさん

紅白、リアルタイムで観られていたんですね!
自分も年代的にラパスさんと同じだと思われますが、全然記憶にないです!
見てなかったのかも知れませんが。
ピンクレディーを見て踊っていたらしくて、確かにその記憶はあったりするんですが、他は全然わからなくて。

昔の紅白の映像YouTubeで観られてるんですね~
全然観たことなかったです、この間まで!
昔の紅白、いい時代だったな~って感じですかね。
アッコさん、アイドルとは思えない^^;
ワッコ姉さんはアイドルですが(笑
でも「夜更けのレストラン」、良さげなタイトルです~!!

今日もコメントありがとうございました!
いつも情報満載で、楽しませてもらってます!!!

このグループのこと、ぜんぜん知らないんですが、ひろぽんにバカ受けしました!途中で変更…やっぱヤバかったんですね(笑)
http://blog.livedoor.jp/deadidollove/

>井戸ビシャスさん

Cotton知りませんでしたか~
おススメですよ(笑

ひろぽん(笑
そうなんですよ、最初はひろぽんだったんですけど周りから何か言われちゃったんでしょうね~
やばかったみたいです^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/47454330

この記事へのトラックバック一覧です: ラビットの玉子たち/Cotton:

« 涙目のアリス/玉井詩織(ももいろクローバーZ) | トップページ | 風のプリズム/広末涼子 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アイドルポップス関連