無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

もリフだョ!全員集合/もリフ(ももいろクローバーZ)

Photo_2
ハロウィンに陽気なこの曲☆

もっちろりんの371曲目~

「もリフだョ!全員集合」もリフ(ももいろクローバーZ)
作詞:前山田健一
作曲:前山田健一
編曲:前山田健一
(2012年9月15日リリースの桃黒亭一門の「ニッポン笑顔百景」に収録)

 

もリフの曲です~

"もリフ"とは、ももいろクローバーZのことです^^

ももクロちゃんが、ドリフターズ的な法被を模した衣装で、ハチマキ巻いて、あの有名なメロディを歌っちゃいます♪

「ドリフ大爆笑」懐かしいですね~
と言うか今でも続いてるんですね!

昔のドリフでは、いろんなアイドル歌手が歌ったりコントに出たりと、充実した番組でした!

今でもCSで再放送をしていたりしますが、きっちり全部録画して、アイドルの歌唱部分を中心に保存しております☆

そんなドリフも35周年と言うことで、スペシャル番組が放送されました~

番組にはももクロちゃんも登場!

そしてこの、"もリフ"の『もリフだョ!全員集合』も歌っていました~♪
子供から年配の方までファン拡大って感じですかね!

アイドルがドリフで歌を歌う!
やっぱりこれですよね~

ドリフではアイドルの歌が見たいんです(笑

そしてももクロちゃん、ドリフの前に「志村けんのバカ殿様」にも出演していましたね!
そこでもこの曲、『もリフだョ!全員集合』をバカ殿様の前で披露してました^^

「志村動物園」にも出演して歌を歌ったり、すっかり志村ファミリーですね(笑
老若男女に愛されるグループへと成長しています!
紅白も内定出ているみたいですし!

『もリフだョ!全員集合』は「8時ダヨ!全員集合!!」の曲のパロディ的な曲ですね!

『もリフだョ!全員集合』は8月5日に行なわれた、ももいろクローバーZの西武ドーム公演【ももクロ夏のバカ騒ぎ Summer Dive 2012Tour-最終戦-】でも歌われましたね!

ライブ映像観ましたが、ほんと迫力ある演出とそれに負けないももクロちゃんたちの歌とパフォーマンス、素晴らしかったです~

去年は何度か生でステージ観たんですが、今年はなかなか機会がなく観れずじまいで、また生であんなステージ観てみたいな~と思わせてくれます!

『もリフだョ!全員集合』はわちゃわちゃしていて楽しい感じが良かったです!

あんな迫力あるステージから、こんなちょこまかした曲まで歌えるってのが幅の広さを感じれます!

"もリフ"は、5月5日埼玉・戸田市文化会館で開催された【ももクロの子供祭りだョ!全員集合】で初登場したユニットです!

子供に受けるだろうな~
そしてその親も受け入れやすい曲って言う。
良くできてますね!

曲の方はかなり軽快な曲になっています!
そしてなんと、自己紹介ソングでもありますね!
ももクロちゃんのこと、そして5人それぞれの個性がちょっとでも伝わる曲になっていますね!

 ♪もーもー ももクロ もっちろりんのももクロ
  ハァー ももクロちゃんは(ハァー どうした どうした)
  ももいろクローバーZだよー(ハァー それからどうした)
  楽しい 歌と踊りで コーリャ
  ソレサナ 五人の子娘よ

♪もっちろりん♪って(笑
かわいい表現ですね^^

そしてそれぞれのソロパート~!

 ・幽体離脱が得意な19歳の高城れにちゃん
 ・一番小っちゃい有安杏果ちゃん
 ・食いしん坊な玉井詩織ちゃん
 ・静岡県出身リーダーの百田夏菜子ちゃん
 ・ソロ曲『だって あーりんなんだもーん☆』を歌う佐々木彩夏ちゃん

という、それぞれの特徴を活かしたソロパートが怒涛のように続きます!
なんだか曲調も変わって、メドレー曲を聴いているような、そんな感じ☆
ドリフはとりあえず置いといて、みたいな(笑
ももクロ劇場が繰り広げられるんですよね~!
お客さんの笑いまで入って、まさにドリフのコントを見ているような楽しさを味わえる1曲ですね~!

年末は紅白でさらにお茶の間のアイドルに成長していくももクロちゃん!
ドリフのように、国民的アイドルとして頑張ってほしいですね☆

関連記事:
行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー
ミライボウル/ももいろクローバー
Z伝説~終わりなき革命~/ももいろクローバーZ
サンタさん/ももいろクローバーZ
涙目のアリス/玉井詩織(ももいろクローバーZ)

2012年10月30日 (火)

ナイトナイト/羽野晶紀 with オルゴン

Photo
昔好きだった名曲に久々出会えました~

星の輝く夜の370曲目~

「ナイトナイト」羽野晶紀 with オルゴン
(1990年発表)

はのぴゃこと羽野晶紀ちゃんの曲です~

不意にこんな懐かしい曲を見つけてしまった!!!

『ナイトナイト』!!!

でも、この曲の情報があまり収集できなくて、なんだかもどかしいです。
タイトルも、もしかすると正確には『Night Knight』とかそんなのかも知れない模様です。
それとも『Night☆Knight』?
なんて勝手にタイトルの表記を考えちゃってます^^;

ほんとにこういうのって、もどかしいですよね~
曲は聴けるのに曲の情報が出てこないって言うのがね。。
ああ、誰か詳しい方、いらっしゃらないかな~

でもこの曲はすごく知ってるんです!!
曲自体は!
当時結構聴いてたんですよね。

古田新太さんとはのぴゃも出ていたラジオ、「ヤングタウン」でかかっていた曲だと思います。
劇団☆新感線に所属していたはのぴゃの不思議なトークが好きだったんで、ラジオやテレビはチェックしてたんですよ~

「ヤングタウン」のエンディングでかかってたのかな~

すっごくいい曲で大好きなんですよ!
深夜ラジオにぴったりの、メルヘン系な夜の歌☆
寝る前に聴きたい曲♪
この曲を聴いたらぐっすり眠れるぞ!って感じがして(笑

はのぴゃは『永遠を少しだけ』で歌手デビューもしたのですが、多分この『ナイトナイト』はCD化されてないような気がします。
はのぴゃのCDは全部持っていますが、見当たらないものもあってちゃんと確認できてません(汗

この曲の情報がほんと欲しいですね~
なんならはのぴゃに直接聞きたい気もしますが(笑
唐突にブログで質問するのもなんだかね、気が引けるのでやめときます~

とにかく!!
この曲最高です☆

自分が中学生の頃聴いていたというのもあって、懐かしさも加味されていて、かなりの感動☆

今回は情報を得るためにも、歌詞を聴きとって書き出してみます。
間違いがあるかも知れませんが。

 ♪星が青く輝く夜には
  私のナイトがやって来るのよ
  一人ぼっちの悲しい夜には
  私のナイトがやって来る

  信じていたの あの夜の
  あなたが来ることを
  空の星を数えながら
  あなたが来ることを

  どこへ行ったの? 私のナイト
  今日はやって来ない
  窓の明かりが少しずつ消え
  夜が更けていく

  どこかで 違う子に目移りしたのなら
  神様に誓った言葉を取り消しなさい

  私を泣かさないなんて
  嘘つきナイト

  星が青く輝く夜には
  私のナイトがやって来るのよ
  一人ぼっちの悲しい夜には
  私のナイトがやって来る

  あなたが来なくなってから
  いくつもの朝が来て
  一人ぼっちでいることが 自然になってくる
  このまま忘れていくのナイト?
  あなたがいたことを
  あなたが決めたことだから 何も言わないわ

  今日もあなたの星たちが見張っている
  あぁ何も言わずに 消えて行くのよ

  星と同じように どこかへ…ナイト…

  星が青く輝く夜には
  私のナイトがやって来るのよ
  一人ぼっちの悲しい夜には
  私のナイトがやって来る

  星が青く輝く夜には
  私のナイトがやって来るのよ
  一人ぼっちの悲しい夜には
  私のナイトがやって来る

ああ、泣ける。
名曲すぎて泣ける。
懐かしすぎて泣ける。
歌詞だけでもいい曲だってわかる!

そして、はのぴゃの歌声いいですねぇ。
はのぴゃの歌声を聴くと、大阪を思い出してしまいます。    
大阪が恋しくなってきます。
今夜はこの曲を聴いて、優しい気持ちになって眠りたいです☆

この曲、CD化されているのなら絶対欲しいですよ!

少しわかったことは、こういう記載を見つけました。

 バンド「オルゴン」を組んで91年に歌手デビュー。

「オルゴン」っていうバンドを組んでたんですね~
記憶の奥になくもない、この名前^^;
勿論ボビーじゃないですよ(笑
ネットで調べてもほとんど有力情報がないので、もっとこの曲について知りたいです!!

音源はコチラ。ラジオを録音したものですかね?
音が悪いのは残念ですが、でもこんなに懐かしい曲が聴けて、感動しました!!!

関連記事:
君のために雪を降らそう/羽野晶紀
モンキーラブ/羽野晶紀

2012年10月29日 (月)

黄色い自転車とサンドウィッチ/スマイレージ

Photo
スマイレージのライブツアー行って来ました~

ちょいカワ超えの369曲目~

「黄色い自転車とサンドウィッチ」スマイレージ
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:オオバコウスケ
(2012年5月30日リリース「スマイレージベストアルバム完全版①」に収録)

 

スマイレージ(S/mileage)のベストアルバムに新曲として収録された曲です~

現在のスマイレージのメンバーとイメージカラーはこちら!

 和田彩花 青
 福田花音 紫
 中西香菜 水色
 竹内朱莉 赤
 勝田里奈 黄
 田村芽実 緑
 

ハロー!プロジェクトの妹的ユニットとして頑張っている6人です!

そんなスマイレージのライブツアー、観に行って来ました~!!
急きょ参加することになり、当日券で入りましたが、楽しめましたよ♪

セットリストはこんな感じでした~!
Ax

【スマイレージ ライブツアー2012秋~ちょいカワ番長~】

 会場:SHIBUYA-AX
 開演:15:00

 ☆セットリスト☆

 01.私、ちょいとカワイイ裏番長
 02.同じ時給で働く友達の美人ママ
 03.好きよ、純情反抗期。
 04.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!
 05.夕暮れ 恋の時間
 06.ねぇ 先輩
 07.天真爛漫
 08.かっちょ良い歌(ハロプロ研修生 ※)
 09.君は自転車 私は電車で帰宅
 10.自転車チリリン
 11.黄色い自転車とサンドウィッチ
 12.彼女になりたいっ!!!(ハロプロ研修生)
 13.ちょいカワカバーメドレー
   ・恋人は心の応援団
   ・歩いてる(勝田里奈)
   ・チュッ!夏パ~ティ
   ・大阪 恋の歌(田村芽実)
   ・ブギートレイン'11
   ・涙GIRL
 14.ドットビキニ
 15.大人の途中
 16.有頂天LOVE
 17.チョトマテクダサイ!

 ~アンコール1~

 18.夢見る 15歳
 19.スキちゃん

 ~アンコール2~

 20.寒いね。

 ※ハロプロ研修生(チャレンジアクト)
  宮本佳林・高木紗友希・田辺奈 菜美・浜浦彩乃・田口夏実

 

スマイレージは握手会イベントなどでは何度も歌っているところは観ているんですが、こういう完全なるライブは初めての参加でした!

6人の姿、目に焼き付けてきましたよ☆

オープニングからノリノリですね!
そして衣装もかわいかったです!

ピンクのまさにアイドルって感じの衣装とか!
やっぱり6人集まってピンクの衣装とかかわいすぎですよね~
おっきなピンクのリボン頭に付けてたりして^^

それから制服みたいな衣装や、白いもこもこした感じの衣装も良かったです!
2012年11月28日発売の新曲『寒いね。』のハートのしっぽが付いた衣装もかわいかったな~

曲の方は、新曲も数曲あって、そこにも注目でした!
『夕暮れ 恋の時間』とか『ねぇ 先輩』って、タイトルだけでも「これは(いい曲)来るな」って思いました(笑
ほんと良かった~!
また早く聴きたいです!
『天真爛漫』も好きだな~
この辺はまたCDが発売された時にレビューしようかな!

そして新曲の『寒いね。』は、観ていてドキドキしますね!
メンバー同士そっと抱き合ったりする振り付けが~!

スマイレージ、着実にステップアップしていってますね!
かわいいだけじゃないところが見れました☆

ハロプロ研修生にも注目ですね!
かわいい子ばかりでびっくりするな~
会場で発売されていたCD『彼女になりたいっ!!!』も購入しました。
スマイレージの『有頂天LOVE』をさらにかわいくしたような曲ですね。

今回のスマイレージの曲も好きな曲ばかりでした!
『同じ時給で働く友達の美人ママ』も大好きでしし、『有頂天LOVE』も最高!
『プリーズ ミニスカ ポストウーマン!』はピンクの衣装から曲から何からかわいい!
もはやちょいカワを超えてます(笑
そして『ドットビキニ』は間違いなく2012年夏の思い出の1曲♪
ビキニ衣装もかわいかったですよ!

『ちょいカワカバーメドレー』では、モーニング娘。、藤本美貴ちゃん、カントリー娘。、三人祭りの曲のカバー♪
ハロプロソングは盛り上がれますね!

あと、曲じゃないけど「ちょいカワ」コーナーも面白かったです!
メンバーが「ちょい××」なことを言っていくやつ。
あれもそれぞれのエピソードがかわいかったな~
かにょんが進行役みたいな感じで、頑張っていました!

あやちょは足をねん挫していて、踊れなかったようですが復帰したようで!!
良かったです~、あやちょ~!
あやちょの歌声は、是非ソロ曲でも堪能したい歌声ですね♪

りなぷ~は途中、髪につけてたカチューシャが取れてしまうというハプニングもありましたが、外して歌いきってました~
『歩いてる』ソロも堂々としてて良かったです!

タケちゃんはダンスと歌声が一際目立ちますね!
パワフルタケちゃん、目が離せません!!

それから10月30日に誕生日の、めいめいこと田村芽実ちゃんの生誕祭も開催されました!
Photo_2
会場がめいめいカラーの緑のサイリウムの光で、大草原になりました~
めいめい、14歳おめでとう☆

そして曲の方では『君は自転車 私は電車で帰宅』『自転車チリリン』『黄色い自転車とサンドウィッチ』という"自転車"つながりの流れ!

3曲それぞれのドラマがある、自転車ソングですね!

その中から今回取り上げる曲が、『黄色い自転車とサンドウィッチ』です!

この曲は、2012年5月30日リリースのスマイレージのベストアルバム「スマイレージベストアルバム完全版①」に唯一新曲として、収録された曲です!

このベストアルバムの構成も素敵ですよね!

発売当時の最新曲『ドットビキニ』から始まり、リリース順に過去に遡っていき、最後に未発表曲の『黄色い自転車とサンドウィッチ』で締めるっていう。
いろいろ思い出しながら聴くと、最後の曲でウルッときちゃいますね!

と言っても、バラードとかでもなく、かわいくてさわやかな曲ですね!

ライブでは、マイクスタンドに自転車のハンドルが付いていて、自転車に乗ってるみたくハンドルを持って歌ってる姿が可愛かったです!

春の桜並木を自転車に乗って走る姿が想像できました~

 ♪黄色い自転車
  私のママチャリ遅いな
  君についてくのって
  結構ハードだよ~

イントロなしで、歌から始まるとこもいいですね!
素敵なことが起こりそうな予感です☆

 ♪二人でリュック背負ってレッツゴー!
  5つ向こうの駅
  自然公園という名の
  二人の得意のデートコース
  ランチはまだ先ね

やっぱり掛け声が入ってるのがいいですね~
「レッツゴー!」とかかわいすぎる!
ライブでは、そういうパートをファンが言うんですよね!
「ズッチャーン!」とか(笑
「ズッチャーン!」って好きなフレーズです^^

 ♪黄色い自転車
  私は必死でこいでる
  君の後ろ姿
  なんか愛おしい

春の温かな風を受けて走る姿が目に浮かびますね!
淡い恋って感じでいいですね~

この曲、シングルとして出してもいい位の作品だったと思います!
聴けば聴くほどかわいくてポップ♪

やっぱり「ズッチャーン!」にハマる(笑
春が待ち遠しくなりますね!

ライブツアーはまだ続くので、最後には一回り大きなスマイレージになってるといいですね!
新曲『寒いね。』も勝負曲って感じなので、いろんなところで聴けるといいな、と思います!

ズッチャーン☆

関連記事:
○○がんばらなくてもええねんで!!/スマイレージ
同じ時給で働く友達の美人ママ/スマイレージ
ショートカット/スマイレージ
有頂天LOVE/スマイレージ
ドットビキニ/スマイレージ

2012年10月27日 (土)

マイケル音頭/山瀬まみ

Photo
「ホワッツマイケル」主題歌~

いちばんかわゆ~い368曲目~

「マイケル音頭」山瀬まみ
作詞:魚住勉
作曲:馬飼野康二
編曲:馬飼野康二
(1988年5月21日リリース「星空のエトランゼ」に収録)

山瀬まみちゃんの8枚目のシングル『星空のエトランゼ』のカップリング曲です~

テレビ東京系アニメ「ホワッツマイケル」の前期OP曲です♪

「ホワッツマイケル」見てたはずなのにこの曲の記憶が一切ないって言う^^;
でも聴いてたら聴いたことあるようなないような…わからニャイ(笑

ともあれ動画を見ていたら、この曲にハマってしまいました~!
まみちゃんかわゆいと思いますw

【第10回ホリプロタレントスカウトキャラバン】で優勝したまみちゃん。
「国民のおもちゃ新発売」というキャッチフレーズが有名でしたね!

当時アイドル好きでもなかった小学生の自分でも、この言葉耳にしました。
それだけインパクトがありましたね!
まみちゃんの存在も不思議少女って感じでバラエティ番組には欠かせない存在でした☆

そんなアイドル歌手としてデビューしたまみちゃんのこの曲、『マイケル音頭』。
完全にバラエティ路線に進んできてますね!

でもアイドルと音頭は切り離せません♪
アイドルが歌う音頭っていうのも探すといろいろあるものですね!

 『コアラ音頭』ソフトクリーム
 『のりピー音頭』酒井法子
 『恋愛用語の基礎知識』早坂好恵
 『ちびまる子音頭』ManaKana
 『ご存知!エビ中音頭』私立恵比寿中学

これはほんの一例ですね。
他にもたくさんあります!
アイドルが歌う音頭系の曲って、結構好きなんですよね~
台詞が入ってたり、かわいいし何より楽しい!
お祭り気分!
アイドル自体がお祭り的存在だから、組み合わせがいいんですね!
アイドルの歌う音頭は、今後もどんどん増えていってほしいジャンルです♪

まみちゃんの『マイケル音頭』は、まみちゃんのおもちゃ箱のような明るく楽しいキャラクターを活かした、コミカルでかわいい曲です!
なんだか不思議なメロディでもありますね。
ゆる~い雰囲気が、癒されます^^

曲の始まりはまみちゃんの台詞からスタート!

 「うちの子が いちばんかわゆ~いと
  思うのは 私だけでしょうか」

まみちゃん、飛びきりのアニメ声でがんばっております☆
まみちゃんは「ホワッツマイケル」に"加世子"という小学生の女の子の役で出てたようですね!

 ♪猫の気持ちは わからニャい ハテナ?
  今日も気まぐれ 風まかせ(コリャ)
  極楽トンボの ライフスタイル
  踊ってごまかす 音頭とる(チョイト)

かわいく歌っていますが、歌はうまい方ですね~
まみちゃんのカラフルな歌声だから、飽きさせないですね!

 ♪ニャンニャン ニャントナ
  ニャンニャン ニャントナ
  ニャンニャン マイケル音頭
  ニャ~オ

このサビ、「にゃんにゃん語」反則でしょ~笑
かわいすぎます! 
まみちゃんの猫の鳴きまねもかわいいです☆
でもアレンジ部分を聴いていると不思議な曲ですね!
イントロとかもそうですが、異次元に飛ばされそう(笑

 「平凡な暮らしも 人生じゃないかと
  このごろつくづく思うので~す」

この台詞もいいですね!
のんびりした気分になれます!
こういうほっこりソング、いいな~
庶民的なまみちゃんのイメージにも合っていました!

最近は「志村動物園」に出ていますが、まみちゃん動物怖いんですよね^^;
そんな今でも不思議なまみちゃんの、にゃんこソングでした(笑

関連記事:
メロンのためいき/山瀬まみ
Strange Pink/山瀬まみ

2012年10月26日 (金)

ロマンスかくれんぼ/城恵理子(NMB48)

Photo
城ちゃん卒業おめでとう!

思い出の367曲目~

「ロマンスかくれんぼ」城恵理子(NMB48)
作詞:秋元康
作曲:佐藤準
編曲:野中"まさ"雄一
(2011年12月28日リリースAKB48ライブDVD「AKB48 よっしゃぁ~行くぞぉ~! in 西武ドーム」収録)

 

AKB48チームB 5th Stage「シアターの女神」の前座ガールズの曲です~

この『ロマンスかくれんぼ』は、AKB48のチームBの「シアターの女神」公演にて、前座で研究生が歌う曲になっています!

公演の本編の前に、研究生が1人で歌う曲なんですね~
前座で歌うので、"前座ガールズ"と付いているようです。

なので、この曲、今回はNMB48の城恵理子ちゃんバージョンを取り上げましたが、実際はいろんな研究生が歌ってきている曲です!

この曲は、2012年8月15日に発売された、AKB48の4thアルバム『1830m』にも収録されています!

ですが、歌っているのはAKB48の研究生の大森美優ちゃんのバージョンです。
その時その時で、歌う人を変え、新人に歌い継がれている曲というのがわかりますね。

動画もいろんなメンバーのバージョンがあって、聴き比べるのも楽しいです♪

こんなに歌声によって曲も変わるんだな~、とか。
下手だけどこの子のがいいな、とか。

ある意味見てる人に審査される、歌なのかな~なんて勝手に思っています。

そんなフレッシュメンバーに歌い継がれている曲ですが、NMB48の城恵理子ちゃんバージョンに注目です☆

NMB48二期生として加入した城ちゃん。
秋元康氏に逸材と言わしめた子だったんですね~

そんな城ちゃんですが、研究生としてお披露目からわずか2か月足らずで、AKB48の西武ドームでのコンサートでソロ抜擢!!

かなり期待されたメンバーでした!

NMB48の劇場公演デビュー前にこの大舞台でのソロですからねぇ。

12歳の衝撃デビューですね!
NMB48のチームMではセンターをつとめていて、SKE48の松井珠理奈ちゃんのように育てようとしていた感じですね。

AKNB48の次世代エース候補の1人でもあったと思うんですが、残念ながら、2012年9月28日のNMB48の劇場公演を持って、卒業してしまいました~><

学業に専念するということですが、ここまでのエース候補を失うのは、痛手ですねぇ。。
そう言えば、AKB48のエース候補の光宗薫ちゃんも活動辞退しちゃいましたし。。
やはり期待値が高い分、自分たちには計り知れないほどのプレッシャーがのしかかってくるんでしょうねぇ。
逸材が次々と去っていくのは、悲しいものですね。

城ちゃんの"ぐぐたす"での発言でも、なんだか切ない発言もあるんですよねぇ。

★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆

 城恵理子   9/4 22:42

 背負いきれんかった。

 落とし物いっぱいやわぁ…

★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆

切ない~
13歳の少女が、いろんな重圧に耐えてきたのかな、と思わせる発言ですね。

でも明るく笑顔がまぶしい城ちゃんなら、学業を頑張って、またいつか帰ってきてくれるかもしれませんね!
卒業公演で、「また高校生くらいになったら オーディションを受けようと思ってます!」という発言もあったことですし。
勿論どうなるかはわからないですが、城ちゃんの気持ちが変わらなければ、またNMB48で活動してほしいものですね。

と言うことで、城ちゃんが歌う『ロマンスかくれんぼ』です!

これはまさに80年代アイドル歌謡!
いや、70年代か!?
まさに昭和ですね!

懐かしさあふれる、古き良きアイドルソングです!

この曲名曲すぎる~!

そして城ちゃんのたどたどしさの残るパフォーマンスと歌唱がまたマッチしてるんですよね!!

『ロマンスかくれんぼ』を研究生に歌わせる曲にしたのはほんと上手いですよね。
このたどたどしさは、ベテランメンバーには出せないアイドルらしさでしょう!

完璧すぎると面白みがなくなる、そんな曲なのかなって思います!

セットもやっぱり豪華だな~
ここまでおっきい会場だと、誰が歌ってるのかわからなそうですが^^;

でもこの西武ドームのセットも含めて、この『ロマンスかくれんぼ』の魅力があふれていますね。

城ちゃんの度胸もすごいです!
つい数か月前には普通の小学生だった訳ですしね。
そういうところも実力のうちですね。

 ♪夕暮れ帰り道
  街が赤く染まる
  そよ風が通り過ぎて
  揺れる影法師

もうはじめから心をわしづかみです!!
歌詞もいいしメロディもキュンとします!
懐かしさにひたれますね。
城ちゃんの歌声も、いい具合に昭和チック☆

 ♪好きなんです
  心の中に
  ロマンスを
  しまったままで
  あなたに会うと
  苦しくて
  泣きたくなる
  かくれんぼ

サビもいいわ~
これぞアイドルソングですよね!
この曲でソロデビューしてほしかった位です。

そして、この曲にはセリフも入っています!

 「もういいかい まあだだよ
  もういいかい まあだだよ
  私の恋はずっと
  …隠れたままでした」

これこれ!
至れり尽くせりですね(笑
自分の好きな要素が詰まった曲です。
この甘酸っぱい切なさがたまらないです!

『ロマンスかくれんぼ』の作曲者を調べると、瀬能あづさちゃんの名曲『もう泣かないで』も作曲した方なんですね!
そしておニャン子クラブ関連の名曲もいくつも!

 おニャン子クラブ『セーラー服を脱がさないで』
 うしろゆびさされ組『うしろゆびさされ組』
 新田恵利『冬のオペラグラス』
 国生さゆり『バレンタイン・キッス』

わー!わー!
ここでは紹介しきれない位これ以外にもたくさん!
これは、『ロマンスかくれんぼ』みたいな名曲が生まれる訳ですねぇ。
納得です!

素晴らしいアイドルソングを現代にありがとうございます!って感じですね☆

そして城ちゃん、素敵な歌声をありがとう!
またいつかその歌声を聴けるのを楽しみに待ってます!
まずは学業がんばってね~!!

2012年10月25日 (木)

合コン後のファミレスにて/ソニン

Photo
今夜もどこかのファミレスで・・・

合コン後の366曲目~

「合コン後のファミレスにて」ソニン
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:鈴木俊介
(2003年10月8日リリース)

ソニンちゃんのソロ4枚目のシングルです~

ハロプロを聴きまくっている最中、ハロプロ系の歌番組の歌の部分を録画したオリジナルDVDを見てて、ふとこの曲が入っていて、「おっ!」と思いました!
(ソニンちゃんはハロー!プロジェクトのメンバーではないですが、つんくさんプロデュースなんでね)

正直この数年この曲の事忘れてた^^;

で、改めて聴くと、いい!!

ソニンちゃんの歌いい!!!

他の曲も何曲か聴いてみたけど、歌上手いですね~

ソロのみでなく、EE JUMPも聴いてみましたが、『イキナリズム』でのオペラ歌唱とか圧巻ものですよね!

アイドルレベルじゃないな~
ほんとソニンちゃんは実力持ってる子ですね!

それだけに、試練が続いたソニンちゃん、なんて人生のいたずら。

でも負けずに頑張っていた姿が思い浮かびます!

ソロでは『カレーライスの女』で裸エプロンで驚かされました。
かわいそうとしか思えませんでしたが(汗
でも話題にもなったし、PVもきれいに仕上がってるしいいのかな、と思うしかね。

そして『合コン後のファミレスにて』では、フォーク調の曲にチャレンジ!

この曲も聴かせてくれますよねぇ。

二十歳のソニンちゃんが、OLの本音を歌い上げます!

これがもう、ソニンちゃんしか歌いこなせないでしょう!って感じの歌!

ギターをかきならし胸元を強調した衣装で歌うソニンちゃん。
曲もひっくるめて哀愁が漂っています。

歌い方は「女・吉田拓郎」って感じですね。

ほんとオペラといい、フォークといい、全て自分のものにしていてすごいです!

見えないところでいっぱい努力してそうなんだよな~、ソニンちゃんって。
そういうのが好意的に伝わってきます☆

客の歓声が入っていたり、歌を盛り上げるようなフェイク的なものも入っていたり、

イメージはライブで歌ってる感じですね。

MC風の台詞も様になっています。

歌詞がつまっていて、それがこの曲のおもしろさになってますね!

 ♪まともに恋愛もしたことないから
  一度や二度Hした相手を
  本気になっちゃうのね
  パパは何も知らないけど…

最初から驚かせる展開!
アイドルにこの歌詞~
でもソニンちゃんならこういうのもさらっとこなせてしまう。
まあでも歌詞より何よりソニンちゃんの歌声に驚きですけどね。
うますぎて!

 ♪日記なのに本当のことかけなくて
  体裁の良い事ばかり適当に詞に書いてる
  自分に優しい私
  期末試験でもあったら
  一応それをいいわけに閉じこもったり出来たけど

わ~、なんかリアルな詩ですね!
みんなのもやもやした気持ちがそのまま歌詞になってる感じで、やけにリアルです!

 ♪1週間で8本も映画見ちゃったり
  3日間でゲーム最後まで行ったり
  しかもお菓子食べながらね

ここ好き(笑
なんか好きだな~
ほんとつんくさんおもしろいとこついてきますね!

 ♪まだ食べんのあんた達
  この時間にパフェなんだ
  「じゃあ 私も おんなじの」

合コン後のファミレスでの雰囲気がすごい伝わりますね!
こういう何気ないやり取りを切り取ってくるなんて(笑
情景が浮かんできて、やけにドラマティックな映像を想像しちゃいます。
何気ない日常がドラマの1シーンになってる感じ。
ソニンちゃんの気持ちのこもった歌声とこの曲で、切なさだけじゃなく、なんだかほっこりした気分にもなれます☆

ソニンちゃん、現在は渡米の準備をしているようですね。
本格的にミュージカルに打ち込んでるようで。

表現者として今後ももっと大きくなっていくんでしょうね!
新たなステージで頑張ってほしいです!

PVでは、シャンプーをするソニンちゃんがめっちゃかわいいですよ^^

関連記事:
青春のSUNRISE/EE JUMP

2012年10月24日 (水)

秋止符/細江真由子

Photo
すっかり秋ですね~

センチメンタルな365曲目~

「秋止符」細江真由子
作詞:谷村新司
作曲:堀内孝雄
編曲:若草恵
(1992年8月26日リリース)

細江真由子ちゃんの2枚目のシングルです~

プロレスラー・小橋建太さんの奥さんですね☆

現在は「みずき舞」という名前で演歌歌手をしています~
そんなみずき舞ちゃんの「細江真由子」としてのアイドル時代の曲です!

まあ真由子ちゃんをアイドルと言っていいのか、なんだか微妙~
でも自分の守備範囲ではありましたね。

アイドル的な活動はやっぱりハウス食品「フルーツインゼリー」のCMの出演ですよね!
「フルーツまるみえ」w

このセリフ…真由子ちゃん、やっぱりアイドルでしたね~笑

そんな真由子ちゃんのことWikiで調べてみると、1988年に「峰真由子」名義で『剣の道/恋椿』という曲も出していたんですね!
全く知らなかった~

タイトルからして演歌だろうなあ。
1988年と言えば真由子ちゃん14歳ですか~

小さな頃からしっかり歌をやっていた方なんですね。
そして1992年にアイドルデビューするわけですね。

デビュー曲『花束』は歌謡曲路線でしたが、ビジュアル面含めてアイドル風な雰囲気はありました。
そして『秋止符』は、グッと大人っぽくなりました。
アリスのカバーでもあります。

ちょっと演歌色が濃くなってきた印象でありましたが、この『秋止符』、当時結構好きで聴いてたんですよねえ。
自分は演歌は少し苦手意識がありますが、この曲は聴きやすい!
アイドルの曲ばかり聴いていたので、ある意味新鮮に感じて聴いていたのかもしれないです。

まだまだ若く、当時18歳の真由子ちゃんですが、雰囲気出まくりです(笑
歌唱力がかなりのものですね。

真由子ちゃんの真面目な雰囲気が歌声にも出ている感じです。
いい声質で、この歌唱力、なぜアイドルになったかは謎ではありますが。
若かったからでしょうねぇ、きっと。

『秋止符』は、先ほど記述したように、アリスのカバー。
ですが、アリス以前に横山みゆきさんという方がデビュー曲として出していたんですね。
横山みゆきさんはアイドルなのか何者なのかわかりませんが(汗
横山みゆきさんバージョンも聴いてみましたが、歌上手いですねぇ。
アレンジも違って、またちょっと新鮮に聴くことができました。

そんな時代を越えて歌い継がれている曲です♪

でも、暗い曲ですね^^;
70年代を思い出すのはいいけれど、切なくなってしまいます。

 ♪左ききのあなたの手紙
  右手でなぞって 真似てみる
  いくら書いても埋めつくせない
  白紙の行が そこにある

内容が重い~
でも真由子ちゃんの歌声に酔いしれます☆

 ♪あの夏の日がなかったら
  楽しい日々が続いたのに
  今年の秋はいつもの秋より
  長くなりそうな そんな気がして

ハモりも真由子ちゃんですよね。
ほんとにきれいな歌声だ~
内容はほんと切なくて、秋の切なさが増してしまうけど。
秋の夜に聴いちゃうと、センチメンタルになっちゃいますねぇ。
まあ、そんな夜があってもいいですよね。

そんなしっとりした秋の夜をあなたに・・・

2012年10月23日 (火)

レインボーピンク/重ピンク、こはっピンク

Photo
桃色アイドルの登場!

スモモも桃も桃の364曲目~

「レインボーピンク」重ピンク、こはっピンク
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一
(2006年2月15日リリースのモーニング娘。のアルバム「レインボー7」収録)

重ピンク、こはっピンクの思い出のデビュー曲です~

あえて「デビュー曲」と書きます!
実際は、モーニング娘。の7枚目のアルバム『レインボー7』に収録されている、道重さゆみちゃんと久住小春ちゃんのユニット曲です!

アイドルがアイドルになりきるという、画期的なユニットです!

あっ、アイドルがアイドルを楽しんじゃうユニットと言えば、東京パフォーマンスドールにもありましたね!
穴井夕子ちゃんと市井由理ちゃんと八木田麻衣ちゃんの3人組ユニット、"ViVA!"もそうでした~!
重ピンクと、こはっピンクもそんな感じかな☆

そう言えばここ3回連続で、ハロプロソングが続きましたね。
しかもピンクつながりでした~!
ハロプロのピンクユニットは他にもありますね!
"三人祭り"とかもそうでしたね。
タンポポの『BE HAPPY恋のやじろべえ』もピンクの衣装でしたね!
あややこと松浦亜弥ちゃんの『桃色片想い』も完全にピンクですね~

やはりアイドルはピンク!ですよね!

この「重ピンク、こはっピンク」は、ピンクアイドル界(こう書くとちょっと違う方向になっちゃうけど^^;)の頂点に立っていますね!

さゆが「重ピンク」、小春ちゃんが「こはっピンク」となって歌うこの曲、まさに全てがピンク!!!

小春ちゃんはこの曲の直後にテレビ東京系アニメ「きらりん☆レボリューション」でアイドル歌手を演じる訳なんで、この曲をステップに"月島きらり"になったとも言えますね!

そしてさゆはなんと言っても「かわいい」キャラですからね~
こういうブリッコなかわいさはお得意ですね☆

そんな2人との組み合わせは、最強です!

歌声も特徴のある可愛い歌声の2人なんですよねぇ。

小春ちゃんも好きだけど、さゆの甘ったるい歌声に注目しています!
モーニング娘。の曲でも、少ないパートであってもさゆの歌声に魅かれますね。
さゆの歌声は、それだけ好みの声だったりします^^

小春ちゃんの破天荒な歌声も聴き逃せない(笑

この曲はまずセリフですね~

 ♪【重ピンク】・・・道重的には、こんなにおおきな場所でグスングスン・・・・(涙)
  【こはっピンク】重ピンクがんばって!
 

ってこんな感じでここから2人の寸劇が始まります(笑

 ♪【2人】それでは、とっても大切な思い出のデビュー曲
      「レインボーピンク」
      心を込めて唄いまピ~ンク!

という感じで、2人の楽しい掛け合いから曲が始まります!
架空のアイドルを演じる2人が、コンサート会場で歌うというシチュエーションですね!
小さな会場から初めて人気が出て、おおきな会場で歌うことができた感動☆
アイドルのサクセスストーリーを1曲で堪能できます~
そんなシチュエーションにもグッときますね!

 ♪I'M JUST FALL IN LOVE
  YA YA YA YA・・・

ちょっと抑え気味に歌っていて、ふんわりやわらかな耳障りですね!
まさに女の子だな~って感じの歌唱です☆
振り付けは無駄に激しいけど(笑
でも健気に大げさな振り付けを踊る姿が、アイドルになりきってる感じがしますね!

 ♪【重ピンク】ピンク色の夢を
  【こはっピンク】ピコピコッ 抱いて YEAH YEAH

かわいい~!
もうそれだけです、はい(笑

 ♪桃色の
  桃色の
  青春ってロマンティック
  夢見がちでキャキャッキャしちゃう

♪キャキャッキャしちゃう♪ってもう、少女マンガの世界ですね!
本当に少女漫画から飛び出してきたような2人です!

歌詞はどこをとってもおもしろいワードが散りばめられてますね!
これだけ振り切ってやりきれる2人は、最強アイドルですね。

「重ピンク、こはっピンク」は、この思い出のデビュー曲の次に、飛びきりキュートなクリスマスソングの『わ~MERRYピンXmas』、しっとりちょっとおセンチなバラード『宝の箱』と、アイドルの王道路線をひた走りました!

自分は『わ~MERRYピンXmas』、がスキですね~
このバラエティ感たっぷりな2人に陽気なクリスマスソングってぴったりだな~って。

ともあれこの3連コンボ!!
シングルリリースしてほしい貴重なアイドルデュオだったと思います!

桃色ワールドにひたって、きゃっきゃっきゃってなっちゃいましょう!(笑

2012年10月22日 (月)

人知れず 胸を奏でる 夜の秋/プリプリピンク

Photo
強烈な4人がタッグを組んだ!

夜の秋の363曲目~

「人知れず 胸を奏でる 夜の秋」プリプリピンク
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:前嶋康明
(2005年6月22日リリース)

プリプリピンクの曲です~

前回のモーニング娘。さくら組からハロプロ系が続いちゃいました!
最近ハロプロの動画とか見まくってるんですよねぇ。
曲数が豊富でメンバー編成もいろいろで、どれ見ても楽しめるんですよね。

そんな感じでハロプロにどっぷりつかっていたのでここでもう1曲!
シャッフルユニットのプリプリピンクの登場です!!

2005年は【優雅ユニット】でした~
優雅ユニットっていうくくりだったんですねぇ。

2005年のシャッフルユニット構成はこんな感じです↓

 セクシーオトナジャン:藤本美貴、夏焼雅、村上愛
 エレジーズ:高橋愛、田中れいな、里田まい、柴田あゆみ
 プリプリピンク:中澤裕子、飯田圭織、保田圭、稲葉貴子

2005年でシャッフルユニット企画は一区切りしているようなのですが、このシャッフルユニット、2000年から始まって、毎回どのメンバーが選ばれるか楽しみにしていました!

グループの枠をとっぱらってユニットを作るって、斬新でした!
グループアイドル大好きな自分にとっては、新鮮な組み合わせを見れるのがおもしろくて、この企画は好きだったんですよね~

今でもベリキューだったり、なんらかシャッフル要素のあるユニットはありますが、そういうのに飛びつきやすい自分です(笑

そんなシャッフルユニット企画のラストを飾ったと言っていい、2005年の優雅ユニットは、3曲ともクオリティがグンッと上がったように思います!

これまでは年に1度のお祭り騒ぎっていう要素がありましたが、それぞれ実力を容赦なく出し切っているような、豪華な3曲でした!

2005年は3ユニット、どの曲が好きと言うのは難しい位、どの曲も良かったと思ってます。

そんな中で、異彩を放っているユニットが、「プリプリピンク」ですよねぇ!
モーニング娘。と、太陽とシスコムーン(T&Cボンバー)出身者で編成されたベテランユニット!

一言でまとめると、「濃い」(笑

当時のハロー!プロジェクトメンバーの、強烈な蚊帳らの持ち主を集めたユニットですよね~^^

当時の年齢が、裕ちゃん32歳、かおりん23歳、圭ちゃん23歳、あっちゅ31歳。
平均年齢27歳w

アイドルとしてはいきすぎていらっしゃいますが、まぎれもなく「アイドル」です!!

やはりアイドル時代に応援していたアイドルは、何歳になってもアイドルなんですよね。
いくつになってもアイドルで頑張ってほしいという思いもありますから。

そしてこの高齢アイドルに付けられたユニット名が、「プリプリピンク」って(笑
もう笑うしかないです、もちろんいい意味でですよ!!

何か狙ってるとしか思えないこの名前、そしてピンクの衣装!!

圭ちゃんはケメ子だったり、かおりんはジェイソン。
そして裕ちゃんはババア扱いされていて、バラエティ番組でもアイドルとして扱ってもらわなかったメンバーが、アイドルになれたユニットですよね~
ギャグでもいいじゃない!そんな潔さを感じるグループです☆

キャラクターだけでお腹いっぱいになるユニットではありますが、歌も素敵です☆

圭ちゃんは歌唱力が高い!
そして大阪パフォーマンスドールを経て太陽とシスコムーンへと加入した稲葉貴子ちゃんもやはり実力の持ち主。
かおりんは個性的な歌声ですね~
裕ちゃんは声質がとても好きです!いいと思います!

曲の方は穏やかなメロディで、秋の夜長にゆったり聴いていたいですね。
ソロパートは特になく、4人のユニゾンを楽しむユニットになっています。

昔を思い返して温かい気持ちになる、そんなメモリーが詰まった1曲ですね。
この4人が歌うから、重みがあります!
「ASAYAN」で見てきたそれぞれの苦労や楽しかった出来事が、思い返されます。

裕ちゃんの遅咲きアイドルデビューへの苦悩。
かおりんのメインだったはずの『モーニングコーヒー』の歌割り直前変更。
あっちゅの後輩裕ちゃんの演歌デビューキャンペーンでのマネージャー担当。
圭ちゃんの保田大明神w(←違

みんないろいろと乗り越えてきたメンバーなんですよね~

シャッフルユニットのラストを意識したのかどうか、最後にふさわしい曲になってます。

秋の切なさもありながら、なんだかほんわかしていて幸せな気持ちにもなれる曲。

タイトルに関して、「秋の夜」じゃなくてなぜ「夜の秋」なんだろうってずっと思ってたんですが、謎が解けました。
これ、季語だったんですねぇ。

 秋の夜ではない。
 晩夏などに、どことなく秋めいた感じのする夜のことである。
 したがって、夏の季語。

だそうです。
これ、この曲を今日日記に書くまで知りませんでした^^;
タイトルが、俳句になっていたとは今まで気づかず~
「夜の秋」ってなんだかずっと違和感はあったんですけどねぇ。
こういうことだったんですね!
勉強になります^^

そう思って曲を聴くと、また違ってきますね。
PVも夏祭りのような感じで浴衣を着ていたりしますが、祭りの後っていうんですかねぇ。
ますますシャッフルユニットのラストにふさわしい曲だと思いますね。
まだ楽しい時間は続いていくけど、ちょっとクールダウンしていくのかな、という感じとでもいいましょうか。
そんな4人のこれからのアイドルとしての未来が少し見えたような気がします。

 ♪涙のいいわけ
  過ぎ去った 恋愛の後に
  スルルっと 小さな
  風が散歩した

いろんな場面がよみがえってくるようです。

 ♪少し歩く
  卒業した母校
  グランドには無邪気な
  私の記憶

母校をグループに置き換えてみると、アイドルとしての4人の歴史を感じますね。

 ♪私だって
  見た目は都会派
  地元のおばさん達
  驚かせてる

ここ、PV見ると楽しそうでいいですね~
「おばさん」のとこで圭ちゃんが指さされてる(笑
圭ちゃんおいしいな~笑

あっちゅとつんくさんのコーラスも聴きどころですね!
あっちゅはハロプロの数々の歌でコーラスとか頑張ってたな~と思います!

プリプリピンク…この4人がアイドルとしてユニットを組んで歌っている姿は、奇跡なんだろうな~って実感しました!

奇跡の歌声に耳を傾ける、そんな、「夜の秋」…

2012年10月18日 (木)

晴れ 雨 のち スキ ♡/モーニング娘。さくら組

Photo
さくらとおとめ対決!

さくらの勝利!?362曲目~

「晴れ 雨 のち スキ ♡」モーニング娘。さくら組
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:鈴木Daichi秀行
(2003年9月18日リリース)

モーニング娘。さくら組の1枚目のシングルです~

モーニング娘。さくら組は、当時大所帯となったモーニング娘。15人のメンバーを、2つに分けて活動したグループです。

モーニング娘。さくら組と、モーニング娘。おとめ組がありましたね。

どちらも楽曲が良かったグループだな~と思います!
自分の好みはさくら組でしたね。
なんだか"乙女"な感じがして(笑
さくら組なのに乙女って変ですが、ミディアムテンポのかわいい歌が、自分の好みにドンピシャでした~!

それにしても、「さくら組」と「おとめ組」って、90年代アイドルを思い出さずにはいられない^^
「桜っ子クラブさくら組」と、「乙女塾」ですよね!

つんくさんもアイドル好きだから、どちらも勿論ご存知でしょう。
名前だけでもワクワクできるグループでした☆

まあ曲の雰囲気が桜っ子クラブでも乙女塾でもないですけどね^^;
おとめ組はどちらかと言えばTPD系で、さくら組は乙女塾っぽくもあるかな、っていう程度なので、曲やグループのイメージまではリンクはしていませんね。

そんなモーニング娘。さくら組のメンバーは、以下の8人。

 安倍なつみ
 矢口真里
 吉澤ひとみ
 加護亜依
 高橋愛
 新垣里沙
 紺野あさ美
 亀井絵里

ちなみにモーニング娘。おとめ組のメンバーはこの7人。

 飯田圭織
 石川梨華
 辻希美
 小川麻琴
 藤本美貴
 道重さゆみ
 田中れいな

うまいこと対になってるメンバーを分割していますね。
なっちと愛ちゃんとあいぼんがいるあたり、ちょっとさくら組の方に人気メンバーが偏っている気もしますが。
実際売り上げもさくら組の方が上だったようでした。

衣装はさくらのイメージで、ピンク色でした。
これもまたアイドルらしさがあって、いいグループでした。

メンバーも自分の好きなメンバーがたくさん☆
なっちがいる分モーニング娘。本体とあまり変化がないように思えますが、加護ちゃんが結構リードしていたりと、加護ちゃんも目立っていたように思います。
センターの素質もあった子なんだと思っています!

さくら組は特に楽曲がすごく好きでしたね。
この甘いラブバラード!

当時さくら組の『晴れ 雨 のち スキ ♡』を聴いた時、ハロプロの曲の中で個人的ランキングNo.1と思った位です!
今でもNo.1かはわかりませんが、ハロプロソングの中ではかなりの上位に君臨しています!
あっちゅこと、稲葉貴子ちゃんもコーラスで参加してるとこもポイント高し(笑

グループ名通り、ピンクに染まったさくら色の楽曲☆
こんな胸キュンソング、ずっと待ってました!

 ♪窓に映る私
  すごくかわいくないわ
  わざと ウソついたり
  したから…

 ♪KISSをしたその夜
  知らない女の子とかと
  遊んでたあなたに
  ジェラシー

愛ちゃん → あいぼん というミニモニ。コンボ☆
この2人の組み合わせもおもしろかったな~
2人とも方向性は違うけど、実力持ってますからね。
愛ちゃんの努力が伝わってきます!
あいぼんは天才的な部分がありますね!

 ♪今日の涙はしょっぱすぎるわ
  見られたくないわ この涙
  ねぇ 晴れ通り雨のちスキ
  OH YES!
  I LOVE YOU FOR WHAT YOU ARE
  スキ スキ スキ

これまた愛ちゃんとあいぼんがサビで存在感を放っています!
やぐっちゃんもまろやかな歌声がこの曲に合いますね。
安定感のなっち!
モーニング娘。卒業間近のなっちですが、やっぱりモーニング娘。の顔だな~

こんこんの歌声も、好きですね。
もっとこんこんのソロパートを聴きたかったんですよねえ!

 ♪スキ スキ スキ

そして締めはあいぼんのこのソロパート。
やっぱあいぼんの歌声がいいんですよね~
あいぼんの堂々とした立ち振る舞い、声質、愛嬌のある可愛さが、モーニング娘。の未来を背負っていたと思うんですけどねえ。

なぜかあいぼんべた褒めですが、自分こんなにあいぼん推しやったか!?っていう(笑
もちろん好きでしたが、まあ推しとかではなくて、実際この曲を聴いてあいぼんの才能を再確認したってことですね!

あ~、それにしてもいい曲だ~
これ以上に、さくら組の2枚目の『さくら満開』の方が好きだったりしますが、そちらはまたいつかの春にでも→☆

2012年10月16日 (火)

風のプリズム/広末涼子

Photo
だんだん寒くなってきましたね。

秋の街並みに響く361曲目~

「風のプリズム」広末涼子
作詞:原由子
作曲:原由子
編曲:藤井丈司
(1997年10月15日リリース)

広末涼子ちゃんの3枚目のシングルです~

何気に広末涼子ちゃんの曲は初めて取り上げます!

やっぱり涼子ちゃんのイメージはアイドル歌手と言うより女優さんですからね。
アイドル歌手ってのも微妙に当てはまらないような。
でも当てはまるような、そんな感じですね。

そんな涼子ちゃんのデビューはクレアラシルのCMでデビュー☆
そしてDOCOMOのCMなど大活躍!
初めて見た時の衝撃度は高かったです!
こんなかわいい子がいるのか~って感じでした。
その後もドラマやCMで快進撃を続けていきました。
まさに、トップアイドルが出てきたな~、って感じでしたね。

とは言え、涼子ちゃんは女優さんっていう感じでしたから、純粋にアイドル歌手とはやはり言えませんでしたけどね。
なんか存在感がありすぎて、アイドル歌手と言う枠に入りきらない人気や魅力がありましたから。

ですが、涼子ちゃんって、歌声がいいんですよね!
子猫のような愛嬌があるって言うんでしょうか。
マイナスイオンが出てそうな、そんな癒し系の歌声だと思います☆
単なる女優さんのおとなしくしっとりした歌唱って感じでもなく、女優然とした中にもちゃんと

かわいらしさも併せ持っていて、見た目だけじゃなく歌声も完璧だな、と思ったものです。
個性もあって、涼子ちゃんの歌手活動には注目していました。

豪華な作家陣によって、涼子ちゃんの歌の表現も拡がっていきましたね!
楽曲によってアイドルらしかったり、女優らしかったり、いろんな顔を見せてくれました。

歌手デビュー曲の『MajiでKoiする5秒前』、セカンドシングルの『大スキ!』では、キャッチーなアイドルポップスで心をつかまれた訳です。

そしてこのサードシングル『風のプリズム』では、今までの明るく元気なアイドル路線から、しっとり女優らしさが感じられるミディアムテンポの新たな涼子ちゃんを魅せてくれました。

LIVE映像も、なんかもう単なるアイドル歌手じゃあないな、と思わせてくれますよね。
なんか雰囲気ですぎ(笑

演出や編集も力もありますが、やっぱりオーラがすごいです。
まさしく表現者ですよね~

PVは、まさしく映画ですよね、これ。
クオリティが高い高い!

単純にアイドルがかわいく映ってるPVも好きだけど、こういう物語仕立てのPVもいい!
一つ一つの涼子ちゃんの表情が、まさにCMから飛び出してきたよう!
どの表情にも無駄がないっていうんでしょうか。
どの瞬間を取っても完璧なんですよね。

普通の女の子が、ステージに立って輝くという内容だと思うんですが、素の部分からも輝きを隠しきれていません!

むしろ、1番のサビのようなナチュラルな雰囲気の涼子ちゃんが最強にかわいかったりすると思います!!
そのままが素敵って、最高ですね☆

ステージに涼子ちゃんが立つまで歌唱シーンはなく、2番のサビからステージに立ち、ライブのように歌いだすのもおもしろいPVですね。

少女の夢が、現実になっていく瞬間を見たようです。

曲は秋らしく、ゆったりとしていて心穏やかにさせてくれる曲です。
秋になると、聴きたくなる曲の1曲でもあるんですよ~

 ♪秋色の光の中で 眩しく揺れるdaydream
  とめどなく溢れる想い 遥か時空を越えて

イントロの雰囲気から大好きです!
そして涼子ちゃんの柔らかな歌声が、秋の優しい光と重なりますね。
ポエムを読み上げてもらってるような、そんな感覚にもなります!

 ♪こんな広い空の下で
  胸を震わせ 未来を感じてる
  いつか夢を乗せて
  空翔ける風になりたい

サビで希望の光が降り注ぎますね!
PVのシャボン玉も印象的!
そんな夢あふれるメロディを、涼子ちゃんが笑顔いっぱいに歌っています!
なんだか幸せな気分になれますね~

 ♪果てしない夢追いかけて

このラストのパートもいいですね。
ゆったりしながらも前向きに締めくくるっていう。
どこか懐かしい気持ちになれる、素敵な曲です!

2012年10月15日 (月)

ラビットの玉子たち/Cotton

Photo
秋はセンチメンタル!

ラビット急増中の360曲目~

「ラビットの玉子たち」Cotton
作詞:小泉長一郎
作曲:実川俊晴
編曲:白井良明
(1990年10月1日リリース)

Cottonの1枚目のシングルです~

Cottonとは、第3回ミスモモコクラブから飛び出した3人組アイドル☆

メンバーは以下の3人!

 岡田有紀(ゆきぽん) グランプリ
 福田浩子(ひろぽん) 日本コロムビア賞
 谷内智美(たにやん) セイヨー賞

Cottonの曲大好きなのに、まだあまり紹介できてませんでしたね。
しかもこの名曲~~~~!!決して迷曲ではありませんよ^^;
ほんといい曲、いい出来なんです!アイドル的にいい出来っていう意味で(笑

ルックスもアイドルとして申し分ない程の正統派アイドル!
特にセンターの岡田有紀ちゃん、今見てもほんとかわいい!
いつ見てもかわいい!!

それだけに、途中で脱退してしまったのはもったいないというかなんというか、やりきれない気持ちでしたね。

雑誌では、たにやんとひろぽん(このニックネーム、問題があって途中変えたはず)の2人しか見なくなってしまい、レギュラー出演していたテレビ東京系アニメ「ジャンケンマン」でも2人で健気にコーナーMCを頑張っていましたね。

たにやんはおっとりしていて文系なイメージでした。
ひろぽんは、しっかりしていてテキパキしてそうなイメージだったなあ。

そんな2人でなんとか活動を続けていましたが、やはり中心メンバーがいないのは物悲しいものがありましたね。
ゆきぽんが心配でなりませんでした。

やはりゆきぽんがいた頃が最強でしたね。
このデビュー曲のCDジャケットもかわいい!
ゆきぽんがラビットそのもの~!!
ニンジンをかじかじしてそうな歯ですw

正統派アイドルのCottonでしたが、曲は個性的な楽曲が多かったですね。
ただただかわいいアイドルじゃないところがCottonの良さだったのかな~

同時期に活動していたCoCoとかribbonとの差別化を図るため個性派な楽曲になった、みたいなことを聞いたことあるけど、それなら納得いく(笑

90年初頭は、ribbonを始め、Lip'sやBABY'S、そしてQlairなど、3人組アイドルもいくつか存在していましたね。
その中でもほんと方向性が違っている感じがして、見ていて聴いていて、面白かったですけどね。

現にCottonの曲は、どの曲も好きだったりします。
全曲好きですよ、ほんと。

今回は、ゆきぽんもいた頃の、記念すべきCottonのデビュー曲を取り上げます!

『ラビットの玉子たち』は、やはりデビュー曲で、Cottonを好きになった曲でもあるので、かなり好きな曲です。

この曲当時ハマりましたねえ。
スカビートとCottonのバラバラな歌声がまた中毒性がありますよね。

当時のアイドルにこういう楽曲を持ってきたのがすごいですよね~
なかなかのチャレンジャーですね☆

 ♪ララララ ラビッター
  ラビットの季節

歌詞カードにはないけれど、このフレーズから始まります!
3人の歴史が始まるんですね~
そう思うとワクワクしてきます。

 ♪直接君に尋けばいいけど
  今は勇気が 品切れみたい

ここのメロディいいよな~
切なげなんだけど、Cottonの陽気な歌声で何もかも吹き飛んでいきそうw
♪品切れ~♪ってのもいいね。

 ♪君の噂を 追い掛けすぎて
  お耳がこんなに 長くなっちゃた
  君の噂で 泣き明かしてたら
  お目々がこんなに 真っ赤になっちゃった

3人の自由奔放な歌声が癖になってきます!!
1+1+1=3じゃなくなっちゃった感じがする歌声ですね。
もちろん3以上になったって言う意味ですからね(笑
不思議な魅力が生み出されています。

歌詞もおもしろいですね。
片思いしている男の子の噂を追い掛けていたら、耳が長くなり、噂に泣き明かして目が赤くなり、噂から避けるようにしていたら逃げ足が速くなり、そして歯ぎしりしてたら歯が立派になり。
どんどんラビット化していくという。
思春期の切ない少女の歌ですね。

そしてこの曲、間奏の台詞も好きなんですよね~
なんか3人が自由に話してる感じがして。
はっきり聞こえないところがやけにリアルさを醸し出しています。

「次の曲が終わったら・・・」みたいな曲を聴いてる方も楽しませてくれるセリフだったりして、告白のカウントダウンをしている3人がかわいく思えますよ。

そして最後にこのPV。
こんなの当時見たことがなかったので、感動です☆

やっぱりまた言うけど、ゆきぽんかわいいわ!
当時はここまでかわいいと思ってなかったけど、動画を見てみると、かなりのアイドルオーラを感じてしまいましたよ。

こういうの見ると、まだまだラビットの玉子のまま終わっちゃったのはもったいなかったですね。
大空に羽ばたいてほしかったです!
ラビットは・・・はばたかないですが^^;

CottonのCDはジャンケンマンを含め全てそろえていますが、リマスタリングされた高音質のCDが欲しいところ。
アイドルブームの今、是非Cottonを再評価してあげたいです!

関連記事:
曇りのち晴れ 渡辺くん/Cotton

2012年10月13日 (土)

涙目のアリス/玉井詩織(ももいろクローバーZ)

Photo
夜空に輝く黄色い星に照らされた、

都会に咲くひまわりの359曲目~

「涙目のアリス」玉井詩織(ももいろクローバーZ)
作詞:松井五郎
作曲:林哲司
編曲:林哲司
(2012年4月21日リリースのアルバム「ももクロ☆オールスターズ2012」に収録)

ももいろクローバーZのしおりんこと玉井詩織ちゃんのソロ曲です~

ももいろクローバーZのアルバム「バトル アンド ロマンス」の初回限定盤Aに収録されていた『・・・愛ですか?』に続くソロ2曲目です♪

「ももクロ☆オールスターズ2012」は、2012年4月21,22日に行われたももクロのコンサート【ももクロ春の一大事2012 横浜アリーナまさかの2DAYS】の会場で販売された限定CD☆

このコンサートには…行けてないんですが、通販で限定販売していたのでゲットしました~

ももクロちゃん、ほんと人気爆発ですよねえ。
つい去年の春、自分最前列でライブを観れたりしたんですよ。
でももう最前列とかそんなレベルじゃなくて、チケット自体取れないですからね~

握手会やCDお渡し会にも行きましたが、今年に入ってからはライブやイベントも行けてないや^^;

ほんとおっきくなりましたね。

またももクロちゃんのライブを観に行きたいものです。
そんなももクロちゃんの楽曲から、今回はソロ曲を紹介!

みんなの妹、黄色担当のしおりんこと玉井詩織ちゃんのソロ曲です!

本体の曲はパワーみなぎるエネルギッシュな曲が印象的ですが、ソロでは新たな個々の魅力を追及しています☆

5人それぞれの歌の方向性もだいぶ確立されてきていますね。
かなこちゃんは歌謡曲(GSサウンド)、あーりんはハイテンションアイドル系、れにちゃんは演歌、ももかちゃんは歌唱力重視路線、みたいな!?
そんな中でしおりんは、アイドルの王道を突き進んでおります!!

しおりんのソロ2曲目『涙目のアリス』、もうこれまさに80年代アイドルソングじゃないですか~!
しおりんのソロ曲でのアイドル歌謡は毎回目が離せないんです!!

1曲目の『・・・愛ですか?』もザッツアイドル☆

そして2曲目のこの楽曲、古き良きアイドルソングって感じなんですよねぇ。

『・・・愛ですか?』でレコードデビュー、そしてセカンドシングル『涙目のアリス』っていう流れを80年代に見立てて想像すると、ワクワクしてしまいます。

この2曲の間に髪を切り、イメージも変わりましたが、ショートカットがこんなに似合うとは思っても見ませんでしたねぇ。
髪が長かった時は"アイドル"というより"少女"の佇まいでした。
髪を切って"アイドル"らしさが向上したように思います。

そんな16歳NEWしおりんが、『涙目のアリス』で、さらにアイドル力に磨きをかけます☆

『涙目のアリス』を手掛けたのが、作詞:松井五郎さん、作曲:林哲司さんってのが素敵すぎる!

林哲司さんはかつては石野真子ちゃんや堀ちえみちゃん、松田聖子ちゃんに菊池桃子ちゃん、そして酒井美紀ちゃんなどなどアイドルソングを数多く手掛けている方です。
松井五郎さんも工藤静香ちゃんや原宿ジェンヌ、大野幹代ちゃんなど多数アイドルソングを手掛けています!
この2人が出会うとこんな素敵なアイドル楽曲が出来上がるのですね!

ここまで素敵な曲だと、しおりんのソロプロジェクトを望んでしまいますね、ほんとに。

『・・・愛ですか?』の胸キュンソングから、『涙目のアリス』では少し大人になったしおりんを演出。
マイナー調で、かわいらしさの中にもちょっぴりアダルトな雰囲気漂う「都会の中の夜の孤独感」がテーマだそうです。

 ♪星も閉じ込める
  深いビルの影
  まるで出口の
  ない森だね

シティー感が出てますね~笑
悲しい歌詞も、しおりんのキラキラした歌声に救われるね。
聞きやすくていい声!

 ♪ガラスの雨が降る
  夢を奪うくらいに
  思い出まで鍵をかけて
  誰にもわからない
  痛み抱きしめる街
  ひとりだけで 壊れてゆくよ
  涙目のままで

サビがポップでわかりやすくていい!!
歌詞は切ない内容だけど、暗い雰囲気で終わらないのがいいですね。
明るいメロディに乗せて歌うしおりんのひまわりのような笑顔が浮かんできます。
涙目でも笑顔を忘れない、それがアイドルですね☆

しおりんの歌声はまさにアイドルの歌声♪
特別うまくないけど、声質がいい!
それが重要!
こういう声質ならずっと聴いてても飽きないですね。
こういう小細工をしていないメロディにもぴったり合ってると思います!

今後のしおりんのアイドルソングにも期待が高まりますね!
是非ともソロシングルをリリースして、ももいろクローバーZとはまた違う、"アイドル☆玉井詩織"をもっと見てみたいなぁ、と思いました!

2012年10月11日 (木)

バラライカ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)

Photo
あの日のときめきをもう一度☆

きらりん☆レボリューションの358曲目~

「バラライカ」月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
作詞:BULGE
作曲:迫茂樹
編曲:迫茂樹
(2006年10月25日リリース)

久住小春ちゃんの月島きらり名義での2枚目のシングルです~

テレビ東京系 TVアニメ「きらりん☆レボリューション」2代目オープニングテーマですね。

「きら☆レボ」の主人公、月島きらりを演じていた、当時モーニング娘。のメンバーだった久住小春ちゃんのソロ楽曲です!

バラライカとは、ロシアの弦楽器のひとつだそうな。
まさにロシア民謡のような雰囲気のある曲ですね!

初めて聴いたのはきら☆レボだったかな。
1回目聴いた時からビビッときた、かなり好きな曲でしたねぇ。

発売が待ち遠しかったのを覚えてます☆
CDを早く入手したいと思わせてくれた曲でもあります!
久しぶりに聴いてもなんだか高まるものがある、そんな素敵な曲なんですよね~

1枚目の『恋☆カナ』はアイドルの王道路線で、実にいい曲だったんですけど、その次にこのロシア民謡的な『バラライカ』を持ってきたのはすごいですね。
違うアプローチで小春ちゃんの魅力を引き出していってるんですよね~

飽きさせない工夫を感じましたね。
次はこんな曲が来たか!ってね。

衣装もアニメと連動しているということもあり、THEアイドルな感じ☆
ツインテールも似合うミラクル娘。14歳ですね!

そんな"アイドル・月島きらり"になりきっていた小春ちゃんの歌声、キューティーファニーヴォイスですよね~

モーニング娘。の在籍時に歌っていたカッコいい路線の楽曲では、個性ありすぎて浮き気味でしたが、こういうにぎやかで派手な楽曲には良く合いますね。

"月島きらり"後期の曲を聴くとアニメ声に拍車がかかっていたので、この2枚目ではまだおとなしい雰囲気を感じてしまいます。
後期の曲はキンキン声になっていってて、まさにアニメの世界から飛び出したようですもんね。

きらりちゃんとしてのラストシングル『はぴ☆はぴサンデー!』の歌声なんて、『恋☆カナ』の時とはもう別人のような(笑
小春ちゃん、やりきってる!
月島きらりに全てをかけてる感じがします!
そこが素晴らしい!

小春ちゃんがまさに"アイドル・月島きらり"と共に進化していったのがわかりますよね~
きらりを物にしたって言ってもいいでしょう!

"月島きらり"がのり移った、小春ちゃんの若さ弾ける歌声が聴けます♪

コンサートの映像を見ると、まだまだ子供時代のハロプロエッグで活動するスマイレージのメンバーと一緒に踊っていたりと、発見もありますね。
「シンデレラ☆レボリューション」のかにょん、ちっちゃ!!
みんなちっちゃくてびっくりです!

振り付けもわかりやすくていいですね!
サビのコサックダンスの振付がいいんですよね~
曲の方は低い男性の声が♪ウッハッ!ウッハッ!♪言ってます(笑
こういう感じ、モーニング娘。の『恋のダンスサイト』を彷彿しているような^^
アレンジやコーラスも完璧に仕上げてきた作品ですね!

 ♪バラライカ バララライカ バラ ライラ カイカイ!
  この想いは止められない
  もっと乙女ちっく・パワー♪きらりんりん
  ちょっと危険なカ・ン・ジ

♪バラライカ~♪のパートが聴いてて気持ちいいゴロですねえ。
呪文のようで、面白い言葉の並びです!
♪きらりんりん♪では小春ちゃんの歌声が際立ちますね!

 ♪オンナのコはいつだって夢見る乙女なの
  ピュアピュアな心で 恋して! 愛して! S!O! S・O・S

♪ピュアピュア♪というのがまたかわいらしい表現で好きですよ。
14歳の小春ちゃんらしいワードですね!

それにしても月島きらりちゃんの楽曲って、シングルどれもいいよねぇ。
それに驚きですよ。
外れなし!
アニメの力はすごいっていうことなのかな~?
たくさんの人が制作に関わって完成するものなのでしょうねぇ。
素晴らしい曲をたくさん生み出してくれました!

小春ちゃんの歌声も、また聴きたいものですねぇ。
こういうアニメ路線の曲、聴けるといいな~

で、やらないか?って何よ?www

関連記事:
チャンス!/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
はぴ☆はぴサンデー!/月島きらり starring 久住小春( モーニング娘。)

2012年10月10日 (水)

Lady Boy/大阪パフォーマンスドール featuring 今田耕司・東野幸治

Ladyboy
大阪が恋しくなるグループ☆

梅田と難波へ思いをはせる357曲目~

「Lady Boy」大阪パフォーマンスドール featuring 今田耕司・東野幸治
作詞:島武実
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1994年11月2日リリース)

大阪パフォーマンスドールの4枚目のシングルです~

OPDのCDメンバーの以下の5人が歌ってます♪

 武内由紀子(リーダー)
 稲葉貴子
 中野公美子
 古谷文乃
 上田美穂

F/Unit(エフ・ユニット)と言われた5人ですね。

そしてこの『Lady Boy』には、同じ吉本興業所属のお笑いタレント、今田耕司・東野幸治のWコージがラップで参加しています。
この数か月後には、WEST END x YUKI from O.P.Dとして、リーダーの武内由紀子ちゃんと『SO.YA.NA』で共演していますね!

『Lady Boy』からの『SO.YA.NA』の流れ~、ですね!
おもしろい!

同じ吉本興業所属と言うだけあって、OPDとWコージはよくテレビやラジオでも共演していましたね。
それが歌まで一緒に歌ってしまうとは~♪

Wコージのラップで盛り上げて、ヒットを狙っていたのかな~

2008年に、デビュー15周年記念ライブ『2008限定 大阪パフォーマンスドール夏祭り!!〜15年目の夜だから〜』でもこの歌は披露されました!

とにかく感動の夜だったな~
あの夢のような空間、また行ってみたい!
デビュー20周年記念ライブを期待したいですねぇ。
って2013年って、もう来年!
来年何かが起きるかな!?

そんな復活した2008年のOPDでの大人の『Lady Boy』も最高でした!
なんだかカッコ良かったですね~

この『Lady Boy』は、テレビ東京アニメ「ミュータントタートルズ」エンディング曲です!

「ミュータントタートルズ」、勿論OPD目当てで見てました。
多分・・・エンディングだけだけど^^;

毎週OPDの曲を聴くのが楽しみで見てたようなもんですからねぇ。

歌だけでなく、きちんとメンバーの映像が流れるのがいい!
これはかなり評価高いですね!!

ストリート系のファッションに身を包んだOPDのメンバー。
アクティブなアニメにぴったりですね!

ラップ部分でのゆっこ隊長のアイスを食べるシーンとかかわいい!!
ゆっこ隊長はほんと今でも変わらずかわいらしいですからねぇ、驚きです☆
最近よしもとのお芝居を観に行けてなかったりするので、お目にかかれてないんですけど、またゆっこ隊長のお芝居&歌を観に行きたいです^^

今でもメンバー同士交流がある仲の良いグループで、ほんと素敵な仲間たちなんですよね。
OPDの歌で、そんな絆も感じていたいですね!

『Lady Boy』は歌詞カードを見たら8割程度英語で埋め尽くされてるのに驚き!

でも英語感は出てないっていうw
なんでしょうこの感じ。
Aメロの英語部分がハイスピードで駆け抜けるからでしょうねぇ。

 ♪Secret in the arm, Silence in the arm
  Good night! Good night! Good night!
  Step into the night, Step into the night
  Caution! Caution! Caution!

アメリカ~ンですね(笑
でもすんなり入ってくる英語の流れ。
少女たちのかわいい歌声と、この怪しげなサウンドとのギャップがいいんです!
そして男性ボーカルのコーラスが、厚みを作り出してます。
Wコージもコーラスで歌ってますね!

 ♪Midnight subway 乗り込んで
  Midtown get down 迷わないで
  準備はもうできてるよ Love & Peace はじめようよ

この辺はOPDらしいですよね~
「Love & Peace」はOPDの合言葉って感じがします!

Wコージのラップは、ボーカルが抑えられていて、聴きやすくなってます(笑
曲の雰囲気の邪魔をしない程度に入ってますよね。
でも結構長いけどw

怪しげなホラーな世界も楽しいです!
ドキドキ感があって、スリリングな曲ですよね。
アニメを意識してのアレンジでしょうか。
アメリカのアニメの雰囲気に合う感じなんですよねえ。
マイナー調からサビはメジャーになって、明るくなりますね!
全体的に暗い雰囲気で収まっていないのが、いいのかもですね!

Wコージの掛け声とかも入り込んでいて、おどろおどろしい雰囲気の中にバラエティ要素を盛り込んで、それがいいエッセンスになっています。

聴き方によってはダークな世界の雰囲気の歌に聴こえたり、逆に明るい曲に聴こえたりと、不思議な感じの曲かなって思います!

この曲を笑顔いっぱいに歌うOPDが、大好きです!

関連記事:
生まれた街のフェンスを越えて/大阪パフォーマンスドール
恋のジェット・コースター/大阪パフォーマンスドール
素敵になりたい/O.P.D
あれってね それってね/opd featuring 重元直美
ひだまり/武内由紀子

2012年10月 8日 (月)

深呼吸して/渡辺満里奈 with おニャン子クラブ

Photo_2
3連休に愛をこめて。

深呼吸して穏やかに過ごしたい356曲目~

「深呼吸して」渡辺満里奈 with おニャン子クラブ
作詞:秋元康
作曲:山本はるきち
編曲:新川博
(1986年10月8日リリース)

渡辺満里奈ちゃんの1枚目のシングルです~

ちょうど26年前に発売されたレコードですね!
ソロデビュー26周年おめでとうございます☆

この曲、こないだ放送の「1番ソングSHOW」で映像が流れていて、そのかわいさに一気に好きになった!

というか前から満里奈ちゃんのことはもちろん知ってますし、CDも持っていて好きでしたが、さらに良さがわかったってことかな。

満里奈ちゃんって、作られたかわいさじゃなくて、"素"でかわいいんですよね。
見た目もかわいく作り上げなくてもかわいいですし、歌声も特別ブリッコ歌唱をしている訳じゃないけどかわいいです☆

オーガニックなかわいさですかね、自然なかわいさ!
それが最高だな~

おニャン子のオーディションの映像も見ましたが、もうほんとかわいい!!
誰が見てもアイドルにしたいと思いますよね!
とんねるずが入れ込むのもわかる(笑
あんなかわいい子、アイドル歌手にしないでなんにする!って感じですよねえ。

プロデューサーもこういう子が現れたら腕も鳴りますよね。
力入る訳だわ^^

そんな満里奈ちゃんのソロデビュー曲は、"渡辺満里奈 with おニャン子クラブ"名義で、おニャン子クラブのメンバーを従えてのデビューとなりました!

メンバーは、工藤静香ちゃんと生稲晃子ちゃん☆
後のうしろ髪ひかれ隊の2人ですね。
Photo_3
この3人の組み合わせ、素晴らしい!
素人集団と言われていたおニャン子の中でも、スター性のある3人ですね!

静香ちゃんと晃子ちゃんのコーラスもさりげなくて満里奈ちゃんの清楚なイメージを壊していなくていいですね!

そして満里奈ちゃんの歌の下手さ加減もちょうどいい(笑
いや、もうちょっと下手でも良い位w
まあちょうどいい下手さが心地よさにもつながってるはずですね。

ちょっと鼻声のようなところも特徴ですね。
でもそれ以外はあまり癖のない歌声ですよね。
スッと心に入り込んでくるような、そんな歌声です。

ソロデビュー曲は『深呼吸して』!
これも満里奈ちゃんにピッタリすぎる曲ですね。
満里奈ちゃんの良さを理解して作られた曲だと思います。
派手さはないですが、満里奈ちゃんが歌うとオーラで包み込んでキラキラしますね!

秋は切ない曲が多いけど、こういうのんびりしたかわいい曲がいいですね!
騒がしくなく、激しくなく、ゆったり安らぎ系のかわいい曲♪
和みますね~
秋の澄んだ空の下で聴きたいです。

 ♪ラズベリー色のセーターを着た
  その背中 あなたと気づいたわ
  買い物客でにぎわってる
  バスのターミナル

もうこの初めの"ラズベリー色"という表現が満里奈ちゃんらしいんですよね。
ラズベリーと満里奈ちゃん、なんか似合うんだよな~、なんかね(笑

 ♪隣のひと
  きっとガールフレンドでしょう?

好きな人が女の人と一緒にいるところを見かけてしまったという、切ないシチュエーションですね。
満里奈ちゃんが、好きな彼と女の人のツーショットのうしろ姿を見て、立ちすくんでるところを思い浮かべると、胸がキュンとなりますね。

 ♪深呼吸して (もう一度)
  涙のしずく (お願いよ)
  落ちないように そう 空を向いて
  深呼吸して (もう一度)
  恋の痛みを (お願いよ)
  AH-ほほえみで 思い出に変えて

この描写、いいですねえ。
頑張って泣かないように自分に「大丈夫」と言い聞かせている、満里奈ちゃんの姿が思い浮かびますね。
涙がこぼれないように、深呼吸をして空を見上げる姿、これぞアイドルですね。
アイドルはこういう歌がいいんです!

ほんとに純粋にかわいい!と思えるアイドルって、貴重な存在ですよね。
作り上げられたアイドルも悪くないけど、やっぱり素材からしてアイドル!っていう子はなかなか貴重ですもんね。

そしてこの『深呼吸して』はすごい記録を持っていたんですね!

山口百恵さんの『冬の色』がオリコンシングルチャート女性ソロ最年少記録を持っていて、それを11年9ヶ月ぶりに更新したんですよね!
15歳11ヶ月での快挙ですね!

その後、後藤真希ちゃんがソロシングル「愛のバカやろう」で記録を更新するまで、約14年5ヶ月間、女性ソロ最年少記録を保持していたとは。

おニャン子クラブのイメージが大きすぎて、そういうソロでの快挙はあまり知らなかったんですが、ソロでもすごいアイドルだったんだなと、改めて実感しました!

満里奈ちゃんのエヴァーグリーンな歌声を、いつまでも大切にしていきたいですね☆

関連記事:
ホワイトラビットからのメッセージ/渡辺満里奈

2012年10月 6日 (土)

結婚ワルツ/ルーラ

Photo
人生旅の途中。

ルーラで移動したい355曲目~

「結婚ワルツ」ルーラ
作詞:及川恒平
作曲:すぎやまこういち
編曲:栗田信生
(1993年1月25日リリース)

ルーラの1枚目のシングルです~

ルーラ、懐かしい!!
こないだ中のブロードウェイに行った時にCDを見かけて、買っちゃいました♪

ルーラとは、ドラゴンクエストシリーズのBGMに歌詞を付けて歌った女性デュオです!
「ルーラ」という名称は、ドラゴンクエストシリーズに出てくる移動用呪文からきています。

メンバーはすぎやまこういち氏に選ばれた、志村真澄ちゃんと伊藤真由美ちゃんの2人組。
名前まで知らなかったな~
未だに顔もはっきりわからないけど(笑

ルーラって、この20年間記憶の奥に眠っていました。
ほぼ思い出さなかった位なんで、一気に思い出の糸を手繰り寄せた感じです!

ほんとに忘れてたなあ、ルーラの存在。

でも当時もルーラについて詳しく知っていたグループでもなく、CDも買わなかった位なんで。

それにしてもルーラってアイドルなのか!?
それすらわからないんですが^^;

でもまあアーティストでもなさそうな気がするからアイドルのくくりでもいっか、と(笑

こういう忘れていた宝箱の隅っこにある曲って、素敵ですね!
感動があります。

ルーラはCDジャケットはものすごく見た記憶があります!
きっとアイドル雑誌に広告として載せられたんだろうな、と。

CDを手に取り、20年ぶりに曲を聴いたらもうタイムスリップ!!

1993年にルーラで飛ばされたような、そんな感じ^^

この『結婚ワルツ』は、「ドラゴンクエストⅤ~天空の花嫁~」のエンディングテーマ曲の歌詞付きバージョン。
幸せな結婚ソングですね!
ルーラのほんわかした歌声が、幸せの音色を奏でます。
優しく語りかけるように歌っていますね。
綺麗な歌声で、心地良いです♪
 

 ♪あざやかに思いおもいに
  きょうという日こころに彫刻
  世界中のウェディングベル
  ならしたような歓びに
  あなたの胸 わたしの胸 たかなっている

結婚ソングの最高傑作ですね~
2人それぞれの歌声が、綺麗に重なり合います。

 ♪Dance dance dance dance dance dance
  楽の音に酔い
  Dance dance dance dance dance dance
  いつのまにか
  遠いかなたの夢の国を
  ここに見つけ ふたりは夢中でおどる

軽やかさが胸躍りますね!
くるくる回って幸せをまき散らしている姿が目に浮かびます。

2人の歌声は似ているようで違っていて、ソロでも歌う実力を持っているんじゃないかな。
いい声質をしていると思います。
アイドル路線は厳しいかもしれないですけどね。
『結婚ワルツ』、歌詞も曲も歌も、素晴らしいです☆

この『結婚ワルツ』以外にもドラゴンクエストの名曲をいくつも歌っていますね。

『薔薇ふる空』という曲は、スーパーモンキーズとしてもデビューを果たした牧野アンナちゃんが、アイドル時代に『Love Song探して』という曲としても歌っていたりしましたね!
アンナちゃんの曲も注目だな~

それから『もうひとつの名前』も感動的な曲で、いいなと思いました!
胸に響いてくるものがありますね。
星を眺めながら聴きたいです☆

あとは「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の曲でもあった(ルーラverではない)、『この道わが旅』も最高!
ゲーム音楽として作られた曲だからか、ドラマティックです!

「ドラゴンクエストのうた」という1993年に発売されたアルバムは未入手なんですが、アルバムとしても聴いてみたいな、と思いました。
壮大な物語をじっくり堪能してみたいですね。

それにしてもwikiにもルーラのことが書かれていないなんて、ちと悲しいですね。
調べようにもあまりわからずじまいでした。。

と言うことでこの辺で、ルーラしちゃいま~す!(「ドロンします」みたいな感じでw)

2012年10月 5日 (金)

ジュリーがライバル/石野真子

Photo
70年代も楽しいもんだ!

ジュリーもざわつく354曲目~

「ジュリーがライバル」石野真子
作詞:松本礼児
作曲:幸耕平
編曲:萩田光雄
(1979年9月25日リリース)

石野真子ちゃんの7枚目のシングルです~

無性に70年代の気分になってきたので、石野真子ちゃんの曲をお届けします☆

ということで、石野真子ちゃんの動画をあさっていくつか見ていました~
そんな中から気になったこの曲を!

1979年、第30回「NHK紅白歌合戦」での歌唱に注目です♪
なんてったって、この曲の主役、ジュリーこと沢田研二さんが同じ空間に存在しているということ!

ジュリーの前で歌うのは、見物ですよね!
そして紅白だし豪華☆
当時は共演も多かったのでしょうか。

スクール・メイツ16人の踊りが、初出場の真子ちゃんを盛り上げているそうです(笑
紅多めの紅白の衣装で、気合入ってますね!

そして真子ちゃんのドキドキが伝わってくるようです。
それにしてもかわいい!

アイドルの見本ですよね、こういうの見てるとそう感じます。
今もこんなソロアイドルがいるといいな~。
ここまでかわいくて、アイドル然としていて、アイドルポップスを歌う国民的アイドルが!

そんなアイドル真子ちゃんの『ジュリーがライバル』、当時一世を風靡していたジュリーを曲のタイトルにしてしまう大胆さがいいですねぇ。
こういう斬新さ、好きですよ☆

曲の内容は、ジュリーをライバル視する男の子の歌ですね。
それを見ている女の子が、ジュリーではなくその男の子に恋をしてしまうという。
決して真子ちゃんが、ジュリーをライバルと思っている訳ではありませんw

紅白以外の映像では、ジュリーの衣装をまねた風貌で歌っているものもあるんですね!
ジュリーを意識して作られていて面白いです!
ジュリーの『危険なふたり』もオマージュされているそうで、そういうところに注目してみるのも面白いです!

当時のアイドル事情が垣間見れる作品ですよね。
曲を聴いていると、それだけでなんだか時代が見えてくるようです。

 ♪Lai la lai la……
  Come on and take a chance,love me tonaight

元気なイントロから、サビはさわやかで耳心地の良いメロディです♪
木琴も軽やか^^
真子ちゃんの歌声もそよ風のように耳をかすめていきます!

 ♪ジュリーがライバル 射ち落とせライバル
  狙いをつけて 素早くバン・バ・バ・バン

ジュリーのポスターに手で作った鉄砲で撃つ真似をしている風景が目に浮かびます。
♪ピュ~ン♪という効果音も入っていて、楽しませてくれますね!
PVとか作ったら面白くなりそうな曲だと思いました!

 ♪あ… あなたに決めた
  あ… あなたの勝ちね
  この胸のときめき 素敵な愛のメロディー

ジュリーと青年の勝負は、青年が勝ちましたね!
ジュリーにライバル心を燃やしている姿に心くすぐられたんでしょうねぇ。
ハートを射抜かれた女の子の歌ですね!

この曲をジュリーの前で歌う真子ちゃん、輝いていますね☆
歌もしっかりしていて、最高のアイドルです!

『ジュリーがライバル』…現代で言えばNMB48の『北川謙二』のようなものなのか?
いや、違いますね(笑
あっちは素人、ジュリーは国民的アイドルスターな訳ですから。
そこからして違いますからね^^;

話しはちょいそれましたが、真子ちゃんかわいいです、はい。
それで締めちゃいます!笑

関連記事:
プリティー・プリティー/石野真子
ワンダー・ブギ/石野真子

2012年10月 3日 (水)

オリバー/里中茶美

Photo
今頃気づいた茶美ちゃんの魅力!

魔法のビートを感じる353曲目~

「オリバー」里中茶美
作詞:秋元康
作曲:井上大輔
編曲:難波正司
(1990年7月21日リリース)

里中茶美ちゃんの5枚目のシングルです~

全回の『君のC/W』の日記で話題に上げた里中茶美ちゃんです!
曲はその時に書いた『C/W(カップリング・ウィズ)』ではないんですが~^^;

あの後、茶美ちゃんの曲をいろいろ聴くようになりました。
CDはシングルベストしか持ってませんが、動画で探したりしてね!

そして今回取り上げるのが、唯一自分がリアルタイムで里中茶美ちゃんを見ていた時の楽曲『オリバー』です☆
この当時はこの曲も好きでしたが、茶美ちゃんはスルー(笑
でも今見たら、美少女じゃないですか~
まあちょっと動画を見るとこの頃はぽっちゃりしているように見えますが(汗

桜庭ななみちゃんをぽっちゃりした感じですかねえ。

アイリッシュ系アメリカ人の血をひくクォーターなんですね。
そしてこれはもう周知の事実、DA PUMPのISSAさんのお姉ちゃんと言うことで、それで後々注目された感があったりしますね。

茶美ちゃんは沖縄アクターズスクール出身ということで、歌も上手に歌えてますね!
体と顔でしっかり歌を表現しているのが伝わってきます!

この『オリバー』、当時も好きだったんです!
でもCD買うまでにはいたらなかったんですが、ずっと心に残る曲です。

でもこの『オリバー』の頃、14歳とは見えないな~
驚きです。
17歳位のイメージがありましたよ。

まだまだ若かったのに、この曲がラストシングルになっちゃったのはもったいないですね。
もっと歌い続けてほしかったです!

このまま続けていたら、もっといい作品が出来上がったんじゃないですかねぇ。
やはりタイアップも決まり、この曲が勝負曲ということだったんでしょうか。

『オリバー』は、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ作品「オリバー~ニューヨーク子猫ものがたり」のイメージソングです!

日本語版の劇中歌には茶美ちゃんの歌う『いつでも一緒』という曲が使われているみたいですね。
こっちはよく知らないのですが。

茶美ちゃん、ジェニーというキャラクターの吹き替えも務めています!

大きな仕事ですね~
やはりこれでチャンスをつかんでステップアップさせようとしていたのが見受けられます。

オリバーとは、主人公のオレンジ色の子猫☆
あっ、この映画見てないんですここまで書いて実は><
見てみたい気分にはなってるんですが。。

その子猫のことを歌ってるんでしょうねぇ。
夢に向かってめげずにがんばれ!ってなぐあいです!

 ♪悲しいこと 出逢った時は
  下を向いて悩んでちゃだめさ
  鼻の奥がジンとしても
  涙なんてくしゃみにして

14歳にしてこの表現力!
さすがアクターズ☆

 ♪オリバー
  元気だせ!と つぶやけば
  それが呪文! WOW WOW
  オリバー
  めそめその虫も 退治できるよ

ミュージカル風の歌唱って感じがしますね。
しっかりとした発声で、優しく歌いかけてくれます!
なんだかアニメ声にも感じますね。
この映画の声優もやっているので、それも意識されているのでしょうか。
茶美ちゃんの歌声の魅力に引き込まれていきます♪

最近は『魔法のビート』にハマり聴いています!
『魔法のビート』めちゃくちゃ最高じゃないですか!!!

一気に茶美ちゃんを好きになりました!
『オリバー』
の日記なのに締めくくりは『魔法のビート』って(笑

またそっちは別でいつか日記を書きたいと思います!
夏が似合う曲なのでね、また夏に!

今回は、『オリバー』をどうぞ~☆
元気になれる曲ですよ!!

2012年10月 1日 (月)

君のC/W/渡辺麻友・島崎遥香・高城亜樹(AKB48 Team SURPRISE)

Cw
嵐の夜に、第12シーズン開始!

カップリング・ウィズな夜の352曲目~

「君のC/W」渡辺麻友・島崎遥香・高城亜樹(AKB48 Team SURPRISE)
作詞:秋元康
作曲:重永亮介
編曲:重永亮介
(2012年10月3日WEBリリース)

AKB48 Team SURPRISEの「重力シンパシー」公演5曲目のシングルです~

AKB48 Team SURPRISEは、AKB48の「重力シンパシー」公演の為に選抜された、AKB48の16人のメンバーです!

この「重力シンパシー」公演とは、【CRぱちんこAKB48】での公演という特殊な公演のことですね。

自分はパチンコしないので、体験してきた訳ではないのですが^^;

なので、パチンコのことも良く知らないので、wikiでこの機種についての説明を見てもさっぱりなんですが、とりあえずこの公演は注目だな~と。

チームサプライズのメンバーは以下の16人。

 前田敦子/高橋みなみ/小嶋陽菜 /篠田麻里子/
 北原里英/高城亜樹/横山由依/板野友美/大島優子/
 峯岸みなみ/宮澤佐江/柏木由紀/渡辺麻友/
 島崎遥香/松井玲奈(SKE48)/指原莉乃(HKT48)

まだ前田敦子ちゃんがいるんですね~
卒業決定前に開発が進んでいたんでしょうかねぇ。
なんだか不思議な感じがしますね。

そんなチームサプライズから、"疑似"劇場公演って感じでいろんなユニットが飛び出しCDをリリースしていっています!

もう今回の『君のC/W』で5曲目です!
ペース早い~
と言うかアルバムとして欲しいというのが正直なところではありますが、でもそれぞれDVDが付いていてPVもあるので、それはそれでこういう形もおもしろいのかな、とは思いますが。

と言うことで、第5弾は青春アイドル路線の『君のC/W』!!

これ、CMで見た時飛びついてしまった(笑
どこにって、タイトルですね!

"C/W(カップリング・ウィズ)"って、もうあまり使われない言葉だと思ってたからそこに食いついてしまいました☆

そしてすぐに思い浮かんだのが、里中茶美ちゃんの『C/W(カップリング・ウィズ)』(1990年3月21日)という曲^^

それに尽きるんだけどw
茶美ちゃんの『C/W(カップリング・ウィズ)』もポップでかわいい曲で、最高ですよ!
そんな事言ってても実は茶美ちゃんの曲はあまり知らなかったりするから、これを機にチェックしていこうかと思います。

とにかくタイトルだけで気に入ってしまったという今回のチームサプライズの曲です♪

歌唱メンバーは、以下の3人。

 渡辺麻友
 島崎遥香
 高城亜樹

公演ならではのおもしろい組み合わせですね!

アイドル力満点のまゆゆをセンターに、次世代エースと呼び名が高いぱるると、JKT48に移籍が決定したあきちゃの3人。

ぱるるは2012年9月18日に行われたじゃんけん大会で優勝☆
今注目を浴びているメンバーですね。
12月発売予定の「じゃんけん大会」選抜でのシングルの方も気になりますが、その後もぱるるがセンターポジションをつかめるのでしょうか?
そういったところも注目です。

そしてあきちゃはJKT48として、どういう活動をしていくのか!?
まゆゆは2013年の選抜総選挙で、1位を獲得するのでしょうか!?
目が離せないメンバーですね。

そんな3人が集結して歌う曲は、『君のC/W』♪

衣装もかわいいです!
薄めの色合いもいいし、ドット柄もかわいさを出していますね~

メンバーはおっとり系のアイドルらしい子を選抜してますね。

曲の方は青春の甘酸っぱさを感じる、ポップでキュートなアイドル王道ソングですね。

男の子目線の曲で、学校では優等生の女の子の違う顔を街で見かけて、そのギャップに惹かれていくというもの。

"僕"が恋する女の子は、学校では眼鏡をかけて真面目に過ごし、裏ではゲーセンで太鼓を叩いている。
裏の姿がカップリング・ウィズってことなんですね~
表と裏、2面性を楽しんでいる子ですね。

 ♪カップリングの君は
  表とは違うよね
  みんなが知らない顔に
  胸がときめいた
  そんな弾ける秘密
  僕だけ独占してる
  優越感に浸りながら
  君のC/W(カップリング・ウィズ)

ちっちゃく飛び跳ねてる振りがかわいいですね。
恋のキューピッドに見えます☆

 ♪【渡辺】翌日 キャラは元通り
  【島崎】そのギャップ楽しんでるの?
  【高城】"つまらない優等生"

ここのソロパート、なんか好きだな~
まさに3人組って感じがします!
まゆゆはもう出来上がってますね、アイドルとして。
あきちゃはちょっとお姉さんの雰囲気。
そして、ぱるるの歌声が未完成な感じがかわいいです。
ぱるるのソロ曲とか聴いてみたいと思わせる歌声ですね。
"ぽんこつ"なところが愛らしいんでしょうかねぇ。

チームサプライズ公演曲では、『水曜日のアリス』もかわいくて好きな曲です!
今後もどんなユニットでどんな曲が歌われるのか、楽しみにしたいと思います!
パチンコは行かないけどスミマセン^^;

チームサプライズのページはこちら
http://akb48-surprise.jp/
『君のC/W』のページはこちら
http://m5.akb48-surprise.jp/

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連