無料ブログはココログ

« 赤い花束/中嶋美智代 | トップページ | かーてん・こーる/キャンディーズ »

2013年1月 6日 (日)

悲しい林檎(1991)/西野妙子

Photo
正月休み終わるよ~…

悲しい林檎を噛んだ403曲目~

「悲しい林檎(1991)」西野妙子
作詞:川村真澄
作曲:馬飼野康二
編曲:新井博
(1991年1月25日リリース)

西野妙子ちゃんの3枚目のシングルです~

西野妙子ちゃんは、アイドル歌手デビュー前に子役としても活躍していましたね。
なので歌手デビューからかなり完成度が高い子だな~、という印象でした!

それに、大人っぽかったですよね~
当時15歳で整った顔立ちでこの色気!
只者ではなかったと思います(笑

そんな妙子ちゃんのサードシングルはこれまた大人の雰囲気漂う楽曲!

花王「ビオレ洗顔フォーム」CMソングでした♪
妙子ちゃんも出演していて、完璧なかわいさを振りまいていましたね^^

この曲は1989年には存在していて、『悲しい林檎(1989)』として、アルバム『RHYTHM JAM』に収録されましたね。

1989年に制作された『悲しい林檎』をブラッシュアップして、『悲しい林檎(1991)』としてシングルリリースした訳ですね。
1989年9月25日に、この1989年バージョンの『悲しい林檎』で歌手デビューする予定だったらしいです。

確かに初期バージョンよりアレンジが豪華になってて、派手さがあります。
初期バージョンは80年代らしさがあって、これはこれで好きなんですけどね。
歌謡曲らしさが強く出ている感じがしますね。
1991年バージョンは、進化した感じですね!
やっぱり完成度が上がってるな~、って思います!
聴いててノレるアレンジになってますね!

初期バージョンの『悲しい林檎(1989)』は、編曲が林有三さんということで、別の方なんですねぇ。

聴き比べるのも楽しいですね。
アレンジが違うだけでも印象が違いますからね。

当時の雑誌のインタビューもおもしろいのがあったので、載せておきます。

Photo_2
 りんご? …赤…ほっぺた…私!!
 私が初めて雑誌に出た時のコピーが、出ました・りんごっ娘13歳!!
 当時はね…ま、今でも冬の寒い日には赤くなりますネ。
 

 新曲の『悲しい林檎』も、ちょっと背伸びしてます。
 タイトルからは想像つかないほど、激しい曲。
 ディスコでナンパされる女のコの歌詞。
 でも、これまでの曲より歌いやすいの。
 堂々としてる自分。成長した自分…?
 そう、またひとつオトナ・15歳になったのです。
 もしかすると、ぎりぎりコドモでいられる歳、なの、かなァ?
 

妙子ちゃんのキャッチコピー、【出ました・りんごっ娘13歳!!】だったのか~?
そりゃないですね(笑
13歳当時だと赤いほっぺを売りにしてたのかな^^

それにしても、ディスコでナンパされる女の子の歌を15歳がねぇ。
背伸びしたい年頃の妙子ちゃんにしてみたら、刺激的な曲ですね。

ディスコとか行っちゃったりするのかな??
そんな不安を抱きつつ(笑

でも堂々とした歌いっぷりは、オトナの一歩を踏み出していく妙子ちゃんの姿と重なって見えますね。

妙子ちゃんとディスコ…なんか合うんですよねぇ。
都会の夜が似合う15歳(笑

 ♪Don't stop fall in love
  fall in love
  視線あった時に
  悲しい林檎を 噛んだのね

妙子ちゃん、英語の歌詞が似合いますね☆
そしてやっぱり歌唱力の高さにも驚かされますね。

 ♪きめられたの あなたに だけど
  仕掛けたのは わたしの方よ
  今さら Can't stop fall in love
  fall in love
  ハート揺れた時に
  悲しい林檎を 食べたのよ

♪きめられたの♪が印象的ですよね。
1991年バージョンでは、大サビ部分で♪きめられたの きめられたの♪と2回続いてるところが素晴らしいです!
こういう盛り上がりを作ってくれるのはさすがですねぇ。

本当に大人っぽい曲を堂々と歌いこなした妙子ちゃん、90年代初期アイドルの実力者でしたね!
「ASAYAN」でdosとして再デビューをつかんだのも、納得でした☆
今は、お元気ですかねぇ。
今でもきっと綺麗だと思うんですけどね。

関連記事:
WANT YOU!/たえこ&ゴメンドーKIDS

« 赤い花束/中嶋美智代 | トップページ | かーてん・こーる/キャンディーズ »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

90年代初期アイドルシリーズ素晴らしい(涙)しかも名曲だし~両バージョンともPVあったんですね!凄い!!今だとちょっと歌がうまいとすぐアーティスト路線にいっちゃうけどこの曲はちゃんと【アイドル歌謡】してるから素晴らしい♪ま、妙子ちゃん結局アーティスト路線にいっちゃいましたが(^^;
(自称アイドル否定派だけどスパガやAKBの梅ちゃんが好きな)その後輩くんにはクリスマスプレゼントとしてヒーターとエビ中ちゃんのアルバムあげましたよ(^^)あたし彼にはマメに貢いでます(笑)あ、そもそも杏里はエビ中ちゃんの存在知ってるかな(笑)?あたしも小学生の頃とか♪悲しみが~と~まらな~い~を♪鼻水が~って歌ってたからヒャダインさんもそうだったのかなぁ(笑)あたし達より少し年下ですけどね。キャラメル☆リボン情報ありがとうございます!ほんと最近のアイドル情報得るのは大変そうですね。嬉しい悲鳴かぁ…よく会社の上司とか忙しくなってきたら[これは嬉しい悲鳴だ!]とか言いますよね。冬はホント忙しくなくていい~冬眠したい(笑)そそ、ようやっとタモリ倶楽部のぁぃぁぃ見ましたよ!ぁぃぁぃのマニアックぶりにも驚きましたが、スターダスト電車クラブとして以前あたしがブログで推した指田郁也くんと一緒に出てたので腰抜かしました(笑)

>ラパスさん

90年代初期のソロアイドルが続きました~^^
やっぱり自分としてもこの頃が思い入れが強いので、この流れ、いいな、と思いました(笑
喜んでいただけて良かったです!
ほんと名曲ですね~!
PVがあったとは自分も最近まで知りませんでした!
妙子ちゃんは結構PV撮ってたようですね。そう考えるとCoCoとかももっと初期の曲のPVを残していてほしかったです。
結構恵まれた環境だったのかな、妙子ちゃん。
確かに今はちょっとうまいとアーティスト路線になっちゃいますね。
そう考えると妙子ちゃんがちゃんとアイドルとして活動してくれて良かったです^^
かわいい曲ではないけれど、アイドル歌謡なら問題なしです!
アーティスト活動はまあアイドルとしてCDも出せなくなった後のことなので、良しとしましょう(笑
「ASAYAN」に出てきた時は普通にうれしかったですし!

後輩くmm。アイドル否定派なんですか(笑
スパガとAKB梅ちゃんが好きなら十分アイドル好きですよね(笑
エビ中ちゃんのアルバムプレゼントしましたか!
それは、最高のプレゼント☆
エビ中ちゃんにハマって語りだしたらおもしろいですよね(笑
後輩くんとはアイドルの話しもされてるんですね!
そういう人いるといいなあ、仕事で疲れた時にアイドルの話しできたら癒されそうです^^
杏里さん、エビ中知ってますかねぇ。どうなんでしょうか。知らないかな~
悲しみは止まらないを鼻水が~笑
ヒャダインさんもそんな感じでこの曲が浮かんだのかな~^^
そうかもですよね!
ヒャダインさんは三浦理恵子ちゃんの歌声を評価していたり、90年代アイドルも詳しそうなのでかなり好感持ってます!
前に駅のホームで会った時、一声だけでも話しかければ良かったな~、と後悔してたり^^;

キャラメル☆リボンはこれからきますよ!ラパスさん目の付け所がいいですね、やはり!
ほんとに最近のアイドルの多さには嬉しい悲鳴って感じですね。
選択肢は多いけど、いいものを埋もれさせないようにしないとと思うと必死にならざるを得ない(笑

お~!タモリ倶楽部のぁぃぁぃの回見られましたか!
ぁぃぁぃは天才的な子ですからねぇ。絶対芸能界で生き残ると思ってるんですよ。
指田郁也くん、あまり知らなくてごめんなさい!
スタダの方ですね!
ラパスさんの好きな方も同時に出ていたとは、すごい番組になりましたね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/48628103

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい林檎(1991)/西野妙子:

« 赤い花束/中嶋美智代 | トップページ | かーてん・こーる/キャンディーズ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アイドルポップス関連