無料ブログはココログ

« Angel snow/中田あすみ | トップページ | アンブレラ/タンポポ♯ »

2013年2月 7日 (木)

だからDESIRE/宮崎美子

Desire
異色の楽曲登場~

ピカピカに光る419曲目~

「だからDESIRE」宮崎美子
作詞:作詞センター
作曲:馬飼野康二
編曲:President BPM
(1987年6月5日リリース)

宮崎美子ちゃんの4枚目のシングルです~

美子ちゃんと言っていいのか・・・笑
自分はアイドルにはいくつになっても「ちゃん付け」か、「あだ名」で呼ぶようにしてますが、美子ちゃんは微妙~^^;

でもここでは美子ちゃんで行きますね(笑

たまたま調べものをしていたらこの『だからDESIRE』を知り、聴いてみたらおもしろかったので取り上げました!

知識として入れておきたい1曲に出会えましたね♪

美子ちゃんはいつも「Qさま!!」なんかで見ているので、才女っていうイメージしかないですねぇ。

あとは1980年のミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のテレビCMですよね。
TシャツとGパンを脱いでビキニ姿になるっていう印象が強いですね!
「いまのキミはピカピカに光って」とは良く言ったものですね!
ほんとにピカピカに光った瞬間をとらえてますね~

あれを見るとアイドルだったのかな?とも思えますが、アイドル的な活動はされていないようですね。
歌も出していますが、アイドルとはまた違うような。
それでも歌手デビュー曲の『NO RETURN』(1981年)なんかは高音が印象的なさわやかな楽曲ですね☆

そんな美子ちゃん、何を血迷ったかどういう経緯かヒップポップにチャレンジw

シングル3枚発表して、5年弱のブランクを突き破って1987年の28歳にして4枚目のシングル発表!
しかも女性ラッパーになっちゃたんですね(笑

でもなんか侮れない楽曲!
1987年にしては最先端って感じじゃないですか!?
あまり古さを感じなくて驚きました!
いや、古いっちゃ~古いけど^^;
でも当時としたら斬新な曲だったんじゃないかな~

女性ラッパーの先駆け的存在だったりするのかな?笑
EAST END×YURIの市井由理ちゃんよりも先ってことで!
「日本初の女性ラッパー」とも言われているようで。

この曲を聴けて歴史を紐解いたようですね^^

歌詞もほんと圧倒されるな~笑
才女タレントの美子ちゃんの悩みのような本音を語ったような内容ですね。

 ♪私はとっても悩んでますのよ
  引っ込み思案で奥手で真面目で
  照れ屋でそのうえ理想は高い
  みんなも結構そじゃないかしら?
  雑誌やドラマや噂じゃ世の中ずうずうしくって
  やり手で平気で照れずに女が誘っているけど
  そんなの嘘じゃないかしら?

す、すごいw
なんか、表現力はしっかりしているようですね!
感情入ってます(笑
ころころ変わる美子ちゃんの表情が、声から伝わってきます!

 ♪だから 裸になれるなら
  裸になりたいわ
  裸になれるなら
  裸になりたい だから

美子ちゃんの真面目さの本音を歌った感じなんですかね~
胸の内を叫んでいるような。
なんだか外人さんが日本語で歌ってるようにも聞こえますね!
変に癖になっちゃいます、この不思議な感じ☆
笑い声とかは今の美子ちゃんそのまんまな気がしますね。

カップリングの『タカラ本みりん』もすごいですねw
タイトルそのまんまだし、美子ちゃんはっちゃけすぎ(笑

これから「Qさま!!」とかで美子ちゃん見かけたらこのラップが頭をよぎるな~^^;

« Angel snow/中田あすみ | トップページ | アンブレラ/タンポポ♯ »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

宮崎美子ちゃん、現在はクイズおばさんになっちゃいましたが歌手活動も魅力的ですよね。それにしても凄い曲(笑)テレビなどでは歌われなかったんでしょうか?ってか、この文字だけのがジャケットなんですか?(笑)全くもって謎な歌手再活動ですね(笑)確かにEAST END×YURIより7年も早く先取ってたんですね。クオリティ的にもそんな変わらないですよね。楽しい曲を教えてくれてありがとうございました。あたし宮崎美子ちゃんの81年リリースのファーストアルバム『Mellow』が大好きなんですよ。以前夏の友達さんにお貸ししようと思ってたCD達の中に宮崎美子ちゃんの『Mellow』もオススメCDとして箱に入れていたんですよ。このアルバム現在Amazonで凄い値段になってるんですよ。だから聴いてもらいたくても厳しいですね(^^;
ジャケットも今のイメージと全く違う綺麗なお姉さん系だし内容的にもニューミュージックって感じでやはりアイドルとはちょっと違うかな?一番アイドルっぽい「今は平気よ」という曲がYouTubeで聴けないのが残念。でも「夕闇をひとり」(ユーミンの曲をほぼ同時期にカバーしている)と「ワイルド・ハネムーン」という曲は聴けます。意外と美子ちゃんのボーカルが魅力的なんだと分かる2曲です。
ところで雪ソング対決で忘れられない名勝負があるんですよ。聖子ちゃんの「ハートのイヤリング」と桃子ちゃんの「雪にかいたLOVE LETTER」です。この2曲は、発売日も84年11月1日と同じで売上もほぼ同水準です。2曲ともアイドル史に残しておきたい名曲ですからね。
桃子ちゃんは次のシングルで斉藤由貴ちゃんとの卒業ソング対決もありますけどね(笑)
桃子ちゃんにはもうひとつ雪ソングの名曲がありまして…「Yokohama City of Lights」という曲です。ファンの間でも人気が高いし、作家陣も完璧な組み合わせですしね。

>ラパスさん

宮崎美子ちゃんのCD持っていたんですね!すごいです!
かなり貴重なCDなんですねぇ。それをお貸ししてくれようとしてくれていたなんて、感激です。・゚・(ノ∀`)・゚・。
美穂ちゃん以外にもセレクトしていただいてたのですね。
頑張って集められるよう頑張ります!時間はかかりそうですが。あと高いものは買えないかもですが^^;
この曲すごいことになってますよね(笑
テレビで歌ってたら映像見てみたいですよね!多分歌ってないのかなぁ。
レコードジャケットも字だけですしね(笑
でも曲はしっかりと作ってあるように思えます。
EAST END×YURIより7年も前にこんなラップが生まれていたとは!って感じですね。

「夕闇をひとり」と「ワイルド・ハネムーン」聴けました!
ニューミュージックって感じですね!アイドルじゃなかったんだなってのがわかりました!『だからDESIRE』から入っちゃったもんだから、逆に「夕闇をひとり」の方に違和感を抱いてしまうという現象が起きています^^;
でも高音がきれいな歌声ですねぇ。綺麗なお姉さんの雰囲気が漂っています☆

雪ソングにそんな名勝負がありましたか!
さすがデータのラパスさんですね!いつもながら驚きです!
聖子ちゃんの「ハートのイヤリング」と桃子ちゃんの「雪にかいたLOVE LETTER」同じ発売日だったんですか!
これは対決の行方が気になるところでしたね。
桃子ちゃん、斉藤由貴ちゃんと卒業ソング対決(笑
アイドルとしていろいろ戦っていたのですね^^
「Yokohama City of Lights」聴きました!
これは知らなかったかもです!
ほんとですね、名曲じゃないですか~!
桃子ちゃんの勉強を怠ってしまっているのでもっと知りたいところです。
桃子ちゃんの歌声こそアイドルっぽいですからねぇ。
今日は桃子ちゃんの知らなかった曲知れて良かったです!
ありがとうございます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/49229862

この記事へのトラックバック一覧です: だからDESIRE/宮崎美子:

« Angel snow/中田あすみ | トップページ | アンブレラ/タンポポ♯ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アイドルポップス関連