無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

卒業/安倍麻美

Photo
2013年初の卒業ソング♪

メモリアルな430曲目~

「卒業」安倍麻美
作詞:安倍麻美
作曲:筒美京平
編曲:中西亮輔
(2004年1月28日リリース)

安倍麻美ちゃんの4枚目のシングルです~

麻美ちゃんと言えばモーニング娘。の顔、安倍なつみちゃんの妹で有名でしたね☆
デビューするならモーニング娘。に加入してほしかったというのが個人的な希望でありましたが、自分の道を進み、ソロで歌っていけたのは麻美ちゃんにとっては良かったのかも知れないですねぇ。

ちょっと破天荒な行動もあったので、グループに所属してなくて良かったと言えば良かったのかもですね(笑

そんな麻美ちゃんの卒業ソングが登場です♪

安倍麻美ちゃんの曲の中でも特にアイドルらしい曲ですね!
やはり学校を卒業するっていう題材がアイドルの特権のようなものですからね~

そして特にソロアイドルで、自身の(高校)卒業のタイミングで歌うっていうのは、1つコマを使うようなもんですよね!
卒業ソングを出せるのは、1度きりと言ってもいいですよね。

そんな大きな節目を迎える1曲が、卒業ソングですね☆

麻美ちゃんの音楽活動は、アーティスティックな方向性を感じさせていましたが、やはり卒業となるとアイドルな一面が引き立ってきますよね!

制服を着て歌う麻美ちゃん、まさに高校3年生の等身大の1曲でした^^
高校3年生とは言えこの当時19歳。
高校の入学が1年遅らせたか何かだったようで、19歳での卒業となった訳ですね。
ある意味珍しい卒業ソングとなったのかな。

MVは確か当時の記憶なんですが、本当の麻美ちゃんの同級生と一緒に撮影したんだったじゃなかったかな?
コーラス部分でみんなも歌う姿がほのぼのしていていいな~、という記憶があるんですが。

作詞は麻美ちゃん本人で、リアルな卒業に対する気持ちが込められていたんじゃないかな、と思います。
麻美ちゃん自身の高校生活を振り返り、綴られた歌詞ですね☆

ミディアムナンバーで、バイオリンの綺麗な音色と共に、思い出がよみがえる、そんな素敵な曲に仕上がっています。

 ♪白とピンクの桜
  満開になった頃
  僕たちは 何してるだろう…?

卒業後は少し先の未来も気になりますね。
そういった不安な気持ちが自分の高校卒業の頃の気持ちを呼び起こします^^

 ♪大好きだった 学校
  大好きだった みんな
  いつまでも笑いあっていたから

素直な歌詞ですよね~
卒業ソングはこういう飾らない言葉がじ~んと来てしまいます。

 ♪誰だって 1人きりじゃ 生きていけないから
  きっとまた 会える日がくるね
  Good bye and please remember me
  Good bye and please remember me
  僕がいる どこにいたって
  想い続けているから

卒業ソングで僕っていうのもうまいですねぇ。
誰にでも自分と重ね合わせやすいっていう。
そこにキュンときてしまいます☆

CDジャケットもメモリアル感があってかわいくて大好きです^^
卒業ソングはドラマティックな瞬間を閉じ込めた、アイドルの最強の切り札ですね☆



※麻美ちゃんはハロプロではないですが、一応ハロプロにカテゴライズさせていただきました。特別枠にて。

2013年2月26日 (火)

早春/高山美図紀

Photo
心にしみわたる☆

早春の429曲目~

「早春」高山美図紀
作詞:許瑛子
作曲:川上明彦
編曲:岩崎文紀
(1991年2月25日リリース)

高山美図紀ちゃんの1枚目のシングルです~

高山美図紀ちゃん、知っているようで、よく知らないという事実^^;

美図紀ちゃんの活動も思い出そうとしても思い出せなくて。
Wikiで調べたところ、「愛しあってるかい!」(1989年、フジテレビ)に女生徒で出演されていたんですねぇ。
美図紀ちゃん確認してなかったなあ。

このドラマは乙女塾(ribbon)の永作博美ちゃんと松野有里巳ちゃんが出ていて、そこばっかり注目してましたから(笑

曲もはっきり覚えてなくて、中古で入手して聴きました♪

インパクトに欠けて印象には残りにくい曲ですけど、優しいメロディと美図紀ちゃんの素朴な歌声が、マッチしていますね。

じっくり聴くとほんとにいい曲。
街中でかかってて、気付いたら耳を傾けていそうな、そんな曲かな。

今の曲、なんだったんだろう?って、ほんのり心に残るような。
でも、心の中で雪のように解けていってしまうような、そんな儚い曲ですね。

その儚さを、美図紀ちゃんに感じてしまいます。
手が届きそうだけど、触れようとするとふわッと消えてしまいそうな。
そんな切なさを持った美少女なのかな、と想像しています^^

歌手デビュー曲でこういう曲を持ってくるのも、素朴な綺麗さを持った美図紀ちゃんならではなのかな、と思いました☆

テレビでドラマが流れている中、このCDを再生したら、イントロがドラマから流れてきたのかと思う位、テレビドラマの挿入歌にもぴったりな感じがしました。
もちろん当時『早春』にそんなタイアップはなかったですが、ドラマも邪魔しない、美しい曲ですね。

曲の方は、春のほんわかした雰囲気もあり、別れの切なさもあり。
雪が降る東京で別れた彼を思い出して、切ない気持ちを歌ってますね。
心の中で雪が降り積もっているけど、雪解けも近いのかな、という感じにも思えます。

 ♪白く街並み 染めながら
  都会が 目を覚ます
  こんな朝に 似ていたね
  ふたり 最後の日は

小説を読んでいるような、そんな雰囲気で聴けますね。
穏やかに、じっくり聴きたい☆

 ♪粉雪に つつまれて一人
  悲しみは 遠いけど
  もう少し 私が大人なら
  きっときっと よかったね

心にスッと入り込んでくる歌声ですね☆
何度も聴くと良さがわかってくる感じがします。
切なく歌い上げるけれど、芯がしっかりしてそうな、そんな歌声かな。

早春の東京の街で、こんな素敵な曲がどこからともなくかかってたら、ささやかな幸せだろうな~♪

2013年2月24日 (日)

Baby don't cry/hiro

Babydontcry
ビルの森にも春が来た☆

花咲く428曲目~

「Baby don't cry」hiro
作詞:島袋寛子
作曲:Lori Fine
編曲:COLDFEET
(2003年2月26日リリース)

hiroの9枚目のシングルです~

SPEED解散後、ソロとして頑張っていた頃のhiroこと島袋寛子ちゃんの曲です☆

hiroちゃんの初ソロ『見つめていたい』(SPEED「ALL MY TRUE LOVE」収録)を歌っている姿を見た時は、いつも4人だからか画面が物寂しかったというか、hiroちゃんがちっちゃく感じてしまいました。
ですが、ソロとしてやっていく内に1人でも違和感なくオリジナリティを追及した道へ進んでいきましたね!

Coco d'Or(ココドール)という名前でジャズを歌ったり、音楽に対していろいろ取り組んでいたんだな~、と感じさせられます♪

そんなhiroちゃんの曲、『Baby don't cry』は、島袋寛子ちゃん自身の作詞なんですね~
音楽が好きなんだな、と思えますね!

この曲は音がシンプルで好きですね~
うるさくなくて、心地良いんです!
ピアノ中心の軽やかなミディアムテンポの曲です。

hiroちゃんの歌声も優しくて、SPEEDの時の声を張り上げていた感じとは違った歌い方をしてますね☆
SPEED時代の攻撃的な歌声もカッコ良かったですが、こういう丸みのある歌声ができるようになって、歌える曲の幅も広がったはずです!

でもまだこの頃ってhiroちゃん18歳なんですよね~
SPEEDがどれだけ目まぐるしく急加速で活動していたのかがわかりますよね。
改めて活動の歴史を振り返ってみると、驚きますね!

『Baby don't cry』は春が始まる今の時期にぴったりな、さわやかな希望あふれる曲☆
晴れた日に、街を歩きながら聴きたいですね!

MVも好きなんですが、MVでも晴れ渡った空の下、街を歩くhiroちゃんの姿がさわやかに表現されています^^

曲もシンプルだから透明感がありますけど、hiroちゃんも透明感がありますね。
見た目と歌声、全て透き通っている感じがします。

都会にいるのにhiroちゃん以外、人がいない感じが不思議な雰囲気を感じますね。
この街に行ってみたいな~笑
ビルが花柄に染まっていくところも心に花が咲いたようにハッピーな気持ちにさせてくれます☆

hiroちゃんの歌声で、春の街を花柄に変えて明るくしてほしいですね!

 ♪どんな時もそばにいよう
  baby don't cry baby don't cry
  君だけに歌いつづけよう
  baby don't cry baby don't cry

hiroちゃんの優しさが伝わってきますね~
いつまでもこうやって歌で優しく応援していてほしいですね☆

 ♪探し続ける永遠を
  愛して 夢みて
  誰よりも輝く花を
  咲かせよう 咲かせよう

耳に歌いかけてくれている感じがしますね。
邪魔はしない、ふと一瞬吹き抜ける春風のようっていう距離感が心地よく感じます♪

hiroちゃんの歌声で、春風を感じて、新たな一歩を踏み出していきたいですね!

こういうシンプルなアレンジの曲ってなんか好きだな~
hiroの曲の中でも1番好きかな☆

2013年2月20日 (水)

梅/私立恵比寿中学

Photo
咲き誇れ梅の花!

有名じゃなくても!427曲目~

「梅」私立恵比寿中学
作詞:前山田健一
作曲:前山田健一
編曲:前山田健一
(2013年1月16日リリース)

私立恵比寿中学のメジャー3枚目のシングルです~

エビ中ちゃんに会って来ました~☆

 3B junior BOOK 2012 winterイベント
 「私立恵比寿中学商品お渡し会」

 2013年2月15日(金)18:30~20:30
 福家書店新宿サブナード店(東京都新宿区)
 

レーンが3つあって、自分は鈴木裕乃ちゃん、安本彩花ちゃん、真山りかちゃんのレーンに行きました。
結構人気のレーンだったな~
裕乃さん人気なのか!?

自分も最近は裕乃さんが急上昇してますからね☆
裕乃さんは間近で見るとかわいすぎて驚きます♪

「キレのないダンスと不安定な歌唱力」をキャッチフレーズに活動しているエビ中ちゃん、それを地で行くような裕乃さんが素敵なんですよねぇ。

でも手を抜いている訳ではなくて、一生懸命な裕乃さんです^^

そして彩ちゃんはやっぱり和みますね~
ほんといい子だと思うなぁ。
こんな妹が欲しい(笑

ハイテンションガールりかちゃん!
いつも元気で明るくて、見る人を笑顔にさせてくれますよね!
まさにアイドルだな~♪

お渡し会、楽しかったです!

今回の新曲『梅』は、桜より有名じゃなくて、1番じゃなくても、素敵な花がここにはあるよ!っていうエビ中ちゃんの現在の姿を映しだしたような曲☆

ももいろクローバーZが桜なら、エビ中ちゃんは梅っていう感じなんでしょうね。
あとはAKB48が桜ソングなら、エビ中ちゃんは梅ソング、みたいな^^

それでも梅は梅でがんばってるよ!っていう健気さがかわいいです☆

そんな『梅』、素敵な記録も残しましたね!

松竹梅の3番目の梅だけに、オリコンチャート3位を目指します☆と言っていて、見事3位を獲得し、自己最高位を更新!

エビ中ちゃん売れてる~^^
梅が咲き誇ってますね~

『梅』は曲もだけど、PVが好きだな!

アニメとの融合、みたいな!
サブカル感満開って感じで☆

二次元の世界に入り込んだ感じのエビ中ちゃんたちを見るのが楽しい♪

PVには私立恵比寿中学1年B組 出席番号0番 松竹 小梅(まつたけ こうめ)ちゃんも登場!

 松竹 小梅(まつたけ こうめ)
 生年月日 1999年1月16日
 血液型 AB型
 出身地 東京都
 特技 茶柱を立てる

まさに「梅」の申し子ですね♪

梅を背負ったような衣装もかわいいですね!
スカートとリボンに「私立恵比寿中学」とプリントされてるのもかわいい!

そしてこれ、この『梅』の写真がかわいすぎる!!
Photo
この写真めっちゃ好きなんですよ!
みんなが梅の花の上で見上げてる写真☆
彩ちゃんがセンターってところにも注目しちゃいますね。
これ、普通にCDジャケットにしてほしかったです!
このポスターがあるなら欲しいな~
ポスターってあまり部屋に貼らないけど、これなら貼る(笑

曲の方はまさにエビ中ちゃんのことを良く知っている前山田さんだからこそ作れた曲ですよね!

メンバーの個性もきちんと出していて、エビ中ちゃんの上を目指して頑張っている姿も投影されているようで☆

個性的なメンバーが多いエビ中ちゃんの曲に、「桜」じゃなくて「梅」をテーマにしたところも素晴らしいです♪

 ♪【杏野】人知れず
  【瑞季】ただ 咲き誇る
  【安本】梅の花

この和風な雰囲気に心つかまれました!
彩ちゃんの透き通った歌声が和の雰囲気に合いますね!

そこから出席番号1番の瑞季ちゃんから10番の柏木ひなたちゃんへと出席番号順にソロがあるのもおもしろいですね!

 ♪【瑞季】(R・I・N・A)
  【松野】咲け 咲け 梅の花
      孤独に 耐えてるから
      梅干し すっぱいのかな
  【廣田】(ハラヒレホレハラ)
  【松野】有名に なんのが 夢
      桜もいいけど たまには
      梅もね うめ! 梅!

瑞季ちゃんのRINAコールからのりななんのパート!
りななんのソロパートが聴き処ですよね!
この低音ボイス、癖になったらやめられない!って感じです☆
りななんの歌声は、ビシッと曲を引き締めてくれますよね^^
途中に入るぁぃぁぃの声もやっぱりいい!
ここだけ聴いてもほんと個性的な子ばかりだな~、と感じます!

 ♪【安本】「なんだ 梅かよ」なんて
      ため息つかないで
      ねえ 私は 私

ここの彩ちゃんのパートも心にしみますね!
彩ちゃんの歌声は、情緒漂う歌声です!

 ♪咲き誇れ 梅の花
  ひらり ひらひらと 散ってゆく
  【柏木】誰か一人は 必ず 見てるから
  その人のため 花を咲かせろ

梅の気持ちをエビ中ちゃんたちと上手く重ね合わせられてます☆
見守ってあげたくなります!

最後に♪ひらけ!夢の花♪と歌われているように、梅は夢なんだとわかりますね!
まさにエビ中ちゃんの花ですねぇ。

他には星名美怜ちゃんのはじける歌声もいい!
杏野なっちゃんの♪無視かい!?無視かい!?無視かい…♪も哀愁が合っていいですよ(笑

エビ中ちゃんの歌は、しっかりメンバーの個性も考えられてるところがほんと好きですね!
ここまでキャラクターの出てるソロパートって、大人数グループで出せるのはほんと個性的なメンバーが集まってるからこそですよね!
最高の9人です☆

そんなエビ中ちゃん、『梅』の次は桜(笑
桜をテーマにした曲も発表されてるんですよね☆
『サクラ・ゴーラウンド』っていう!
梅から桜へ早くも乗り換え!?(笑
そんな急成長していくエビ中ちゃんが好きですよ^^

それから最後にオンエア情報~♪

★テレビ朝日「タモリ倶楽部」(廣田あいか)
 2013/03/15(金)、03/22(金)
 ※WBC次第で各1週ずつずれる可能性あり

またぁぃぁぃが「タモリ倶楽部」にー!!
タモリさんにハマったのかな!?笑

ぁぃぁぃは多才だからバラエティでも頑張っていってほしいですね!
桜のように満開に才能を咲かせて下さい☆
梅ちゃうんかい!

関連記事:
えびぞりダイアモンド!!/私立恵比寿中学
ザ・ティッシュ~とまらない青春~/私立恵比寿中学
オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~/私立恵比寿中学
もっと走れっ!!/私立恵比寿中学
仮契約のシンデレラ/私立恵比寿中学
放課後ゲタ箱ロッケンロールMX/私立恵比寿中学
Go!Go!Here We Go!ロック・リー/私立恵比寿中学
ebiture/私立恵比寿中学
また明日/私立恵比寿中学
イッショウトモダチ/私立恵比寿中学

2013年2月19日 (火)

3周年☆426曲の軌跡

2010年2月19日にスタートした当ブログ。

3周年を迎えることができました~☆

まだまだ3年ですが、3年で426曲を紹介することができました!

ほんとにレビューした曲目を初期から辿っていくと、ブログを始めてから好きなアイドルの範囲が拡がっていったことがわかります!

最初は90年代初期アイドルがメインだったのが、おニャン子クラブとか遡って好きになり、それから松田聖子ちゃんやキャンディーズまで遡りましたからね。

このブログを始めた頃は聖子ちゃんもキャンディーズも聴いてなかったですからね。
ほんとこの3年で大きく変わりました!

そしてイベントにも良く行くようになったな~と。

ブログを始めた当初はほぼイベントやライブには行ってませんでした。
自分はアイドルの他にもお笑い芸人も好きで、お笑いライブには良く行ってたんですけど、なぜかアイドルの方は行かなくて。

それが今やいろんなアイドルを見たいと思うようになってイベントやライブに足を運ぶようになっちゃいましたからね。
それもブログがあってこそです!
ブログに観に行った感想を記録として残したい!という気持ちがライブに足を運ばせている要因でもありますからね。

まあ今後もマイペースに行こうと思います!

ということで、今まで紹介した426曲の中から数曲ピックアップしてみました!
選曲基準に深い意味はありません!
順不同で、なんとなくこの順番で聴いてみたいという感じで並べてみました☆

 •Live Version/CoCo
 •涙目のアリス/玉井詩織(ももいろクローバーZ)
 •春景色/南野陽子
 •素敵になりたい/O.P.D
 •La La La~くちびるに願いをこめて~/大森玲子
 •いちばん好きと言って/Melody
 •象さんのすきゃんてぃ/うしろゆびさされ組
 •春 花ざかり/山中すみか
 •EVERYBODY~YOU ARE THE ONLY ONE~/BABY'S
 •One Night In Heaven~真夜中のエンジェル~/Wink
 •チューしようぜ!/AKBアイドリング!!!
 •陽春のパッセージ/田中陽子
 •恋はくえすちょん/おニャン子クラブ
 •眩しくて/Qlair 
 •夏の友達/CoCo
 •同じ時給で働く友達の美人ママ/スマイレージ
 •やったね!春だね!!/ソフトクリーム
 •君のことが好きだから/アンダーガールズ
 •避暑地の風/ribbon
 •夢のワールドスクウェア/小田茜
 •VERY BEAUTY/Berryz工房
 •ひだまり/武内由紀子
 •ザ・ティッシュ~とまらない青春~/私立恵比寿中学
 •夢は眠らない/CoCo
 •永遠の少年/Qlair

いや~、名曲ばかり!
全てに思い出があるな~。
CoCoの『Live Version』から始まりましたねぇ。
♪ごらん始まるよ~♪でブログを始めましたからね!
CoCoへの思い入れは強いので、1番に書きたかった訳です。

それから小田茜ちゃんの『夢のワールドスクウェア』は、日光旅行に行って、東武ワールドスクウェアにも行けたので、そういう旅の想いでも詰まってますね☆

そしてうしろゆびさされ組の『象さんのすきゃんてぃ』から、80年代の曲を解禁していった感じでした!
この曲が80年代の扉を開けてくれたきっかけのようなものですね!

Qlairの『眩しくて』とCoCoの『夏の友達』という名曲も取り上げましたねぇ。
取り上げてしまうと終わり、的な感じがしてしまうので、いい曲はとっておく傾向もなくはないのですが、おしげもなくこの辺の名曲について語りました☆
Qlairは『お願い神様』とかまだ取ってあります(笑
CoCoもシングル曲は出し惜しみしていくのもありかな~と(笑
そんなこともないでしょうけどね!

CoCoの『夢は眠らない』は、ブログのタイトルにも使わさせていただいている曲ですね。
自分の名前も『夏の友達』にしてるんですが、これは正直(仮)状態なんです!
いい名前が浮かばずずっと使わせていただいてる状態~
3年も~^^;

ブログのタイトルは、これを機に『夢(アイドルポップス)は眠らない』にしようと思います!

とは言え、表記は変えず、そのまま今まで通り『夢は眠らない』にしておくつもりなので、知らない人には何も変わりません(笑

そろそろなんのこっちゃわからない話になってきたので、まとめに入ります!

3年間読んでいただきありがとうございます!
引き続き、夢(アイドルポップス)の素晴らしさを広めていけるよう、ブログ書いていきますので、よろしくお願いします^^

これからも、ここ↓からいろいろ発信していきます♪では3年目スタート~!!
Cd1Cd2Cd3
Cd4Cd5Cd6

ちなみに、1個目の記事はこちら~↓
はじめに。
そして2個目の記事では自分のアイドル遍歴を。
アイドルヒストリー
ここに、この3年で、70年第80年代アイドルが好きになったことも加わり、現在は私立恵比寿中学やスマイル学園なども加わって行って、さらにアイドルの歴史を刻んで行ってるんだな~、と感慨深いです☆

2013年2月18日 (月)

少しずつ春/松田聖子

Photo
春が待ち遠しい!

春を連れてくる426曲目~

「少しずつ春」松田聖子
作詞:三浦徳子
作曲:小田裕一郎
編曲:大村雅朗
(1981年1月21日リリースの「チェリーブラッサム」B面)

松田聖子ちゃんの4枚目のシングルのB面です~

また名曲発見☆

聖子ちゃんの曲はまだまだ知らない曲も多いんですが、名曲がゴロゴロしてますね~
圧巻です!

さすがトップアイドルですね~

曲も素晴らしいんですが、聖子ちゃんの歌声がもう神レベルだわ^^
デビューして1年も経ってない頃にこの曲のレベルって、すごすぎて何も言えませんねぇ。

声量もものすごいですし、きっとこの曲歌うの難しいはずですよ!
で、この完璧な仕上がりですからね。

天才としか言いようがないですね☆

『少しずつ春』ほどの曲がB面っていうのもすごい!

それだけいい曲に恵まれていた証拠ですよね。
A面の『チェリーブラッサム』も勿論名曲な訳で、B面もそれに負けない程の名曲って、贅沢なシングルですよねぇ。

『チェリーブラッサム』と『少しずつ春』を聴いて聖子ちゃんのすごさをひしひし実感しています♪

伸びやかな歌声、胸の奥にめがけて歌声が飛び込んでくるな~☆
『少しずつ春』での歌声の爽快感、発売から32年経った今でも薄れていません!

18歳の聖子ちゃんの歌声が、時代を超えて心に輝きを届けてくれます!
永遠のきらめきが封じ込まれてますよね。

春が待ち遠しいこの頃ですが、この曲を聴いて一気に気持ちが明るくなります!
聖子ちゃんが春を連れてきてくれるような☆

素敵な何かが駆けてくるようなイントロから、聖子ちゃんの突き抜ける歌声!
これだけで名曲ってわかるな~

 ♪月日はいたずらな子供みたいなの
  いつでもひやかし半分見ているわ
  それでも私の心は変わらない
  Endless love 愛を信じるわ

この美声!
声がしっかりしてるのにきちんとかわいい!
まさにアイドルなんだな、って感じます。

 ♪離れてもあたなのこと
  こんなに近くに感じてる

遠距離恋愛ですかねぇ。
ちょっぴり切ないBメロ。
表現力ものすごいですよね。
歌の世界に引き込んでいきますね☆

 ♪花咲く季節がそこまで来ていると
  木立が緑の会話をし始める
  あなたと私の春が来て
  Endless love 愛も咲くでしょう

まだ寒い2月に、春がやって来ます!
サビで一気に目の前に花畑が広がりますよね!
想像力をかきたててくれる歌声です!

アレンジも詩も曲も、聖子ちゃんの歌声も全て最高の楽曲!

聖子ちゃんの希望を感じる伸びやかな歌声に、心の中にも春の花が咲き乱れますね!
聖子ちゃんの歌声が春を導いてくれています☆
春は、すぐそこですね♪

関連記事:
裸足の季節/松田聖子
瑠璃色の地球/松田聖子

2013年2月16日 (土)

幸福なんてほしくないわ/酒井法子

Photo
やっぴー☆

いただきマンモス☆425曲目~

「幸福(しあわせ)なんてほしくないわ」酒井法子
作詞:松本隆
作曲:入江剣
編曲:船山基紀
(1990年2月21日リリース)

酒井法子ちゃんの13枚目のシングルです~

国民的アイドルって感じだったのりピーにしては攻めてますね~
大胆に攻めたタイトルだな、と感じました☆

何があったの!?のりピーって聞きたくなるようなw

そういう気を引いてしまうタイトルですね♪

そしてこの曲について調べてみると、元々は松田聖子ちゃんの曲になるはずだったんですね!
驚きです~!!

『幸福なんて欲しくないわ』というタイトルで発売予定がされていたようですが。

1985年に聖子ちゃんが歌うはずだったのが、『ボーイの季節』に変更されたとか。
同じ事務所のサンミュージックでしたからねぇ、そういうつながりもありってとこですかね。

1985年は聖子ちゃんの破局など、いろいろあった時期のようで、没になったのはそういったことも絡んでるようですね。

知らなかった事実なので、びっくりでした☆
この曲にはそんな秘密があったとは~

曲の方は、聖子ちゃんのイメージが全くつかないけれど。
まあアレンジとかで印象も変わるだろうし、聖子ちゃんが歌ったら聖子ちゃんの歌になるんでしょうね、きっと。

のりピーはかわいく歌っていますね♪

曲の内容は、プロポーズをされてこの人と一緒に生きていく自分の未来を想像してみたら、結婚することが本当の幸せじゃない!って思っちゃう歌ですね。

偽りの幸福ならいらない!っていう曲なんですね~。
破局を今後の自分のための別れと強がっている女心っていう感じもしますが、まさに聖子ちゃんの破局劇…

まあそれをのりピーが歌うとサラッと軽く仕上がっていますね☆

イントロから元気です!
ピョンピョン跳ねたくなるような☆
これぞアイドル!

 ♪海に行こうと 言われれば
  水着を買って 助手席に乗り
  泳げないことを かくしていたわ

のりピーの甘い歌声がかわいい女の子をイメージさせますね!
幸せそうなカップルに思えるけど急展開!

 ♪プロポーズする あなたの瞳
  そっとのぞいて 私の未来
  見てしまうまで とても素直な女だった

従順な女の子の反乱って感じですかねぇ。
結婚してしまったら何かが変わってしまうって気づいたんでしょうかね~。
複雑な思いですね!

 ♪幸福なんてほしくない 偽りの
  幸福なんていらないわ ちっぽけな
  今は本当の愛を 今は 愛をさがしてみたい

♪アンアン♪がかわいいですねぇ。
ちょいセクシーって感じですかね(笑
やけになってちょっとロック風な歌唱になるところも面白い楽曲です♪
ノー天気さがいいですね~
悲しい歌って感じじゃなくて、何かを吹っ切った感じですね!

やっぱり結婚は相手をしっかり考えないといけませんね^^;

関連記事:
ダイヤモンド☆ブルー/酒井法子
Lonely Heartによろしく/酒井法子
微笑を見つけた/酒井法子

2013年2月15日 (金)

COSMOの瞳/bump.y

Cosmo
今年最大の胸キュンソング♪

瞳に吸い込まれる424曲目~

「COSMOの瞳」bump.y
作詞:西寺郷太・谷口尚久
作曲:谷口尚久・西寺郷太
編曲:谷口尚久
(2013年1月16日リリース)

bump.y(バンピー)の6枚目のシングルです~

bump.yのメンバーは、松山メアリ/桜庭ななみ/宮武美桜/高月彩良/宮武祭の5人☆
みなさんそれぞれで女優を中心に活躍されてますね~

そんなbump.yの約7か月ぶりのシングルが最高すぎ!!!

3rdシングルの『卒業までに…』が大好きで、こういう青春路線を突き進んでくれるのかな、と思いきや『Kiss!』『ガラゲッチャ~GOTTA GETCHA~』と思い切った路線変更^^;
早くもアイドルを卒業しちゃったのか?っていうw

曲は悪くなかったんですけどねぇ、ちょっと今までのbump.yのイメージと違ってちょっとついていけない部分があって、遠巻きに応援させていただいていた状態でした(笑

で、リリースペースも減っていたのでこれはまずいかも!?と思っていたら、2013年に『COSMOの瞳』リリース!

しかもめっちゃいい曲!!
これこれ、待ってたのこれですよ~!!
一気にまた引き戻された感じがしました!

やっぱりアイドルは楽曲で人をひきつけたりグループの魅力を増したりするものですね♪

bump.yのメンバーも大好きな曲だそうで、曲をもらった時早く歌いたかった!と言ってます!
メンバーがもらった楽曲を大好きなのが一番いいことですよね!
いいパフォーマンスにもつながるんだろうなって思います☆

『COSMOの瞳』はタイトルから良曲の予感で、イントロパートからわくわく感が思いっきりあった!
バラードっぽい始まりで、期待感がものすごかったです!

この曲は絶対生で観たい!と思ってましたが、いろいろ諸事情があって結局イベントには行けずでした。

また別の機会にこの曲を歌うbump.yを見れるといいな、と思っています!
この曲を歌うbump.yを見て、感動したいです☆
そしてその感想を、メンバーのみんなにも直接伝えたいなって思っています^^
次のシングルのリリイベで叶うといいなぁ。

それにしても横浜コスモワールドでのイベントの模様見ましたけど、寒そう(笑
アイドルって過酷ですよね~
露出の多い衣装で寒空の下歌わないといけないっていう。
そんな中笑顔で歌えるって、ほんとすごいです!
応援せずにはいられませんね!

そしてこの『COSMOの瞳』ですが、90年代初期のアイドルポップスらしさがあるんですよね!
ノスタルジーのような、不思議な魅力を感じてしまいました。

キラキラしたサウンド、弾むメロディ、壮大な歌詞、楽しそうな5人☆
全て100点満点って感じの曲です!

振り付けもかわいいですね~
サビの振り付けがアイドルらしさ全開ですね!

桜庭ななみちゃんがめっちゃアイドルに見える(笑
いや、アイドルですけどどちらかと言うと女優さんですからねぇ。

そして高月彩良ちゃんは相変わらず大人っぽい!
あの表情、まだ15歳に思えませんよね。

宮武祭ちゃんは子供っぽくてかわいいね!
いつまでこんな年下キャラでいけるのかな~
急激に大人っぽくならないことを願います(笑

衣装もスペーシーな感じでかわいいですね!
星が散りばめられてあったり、キラキラしてて、5人それぞれの個性に合ったもので。

祭ちゃんの帽子がかわいいな~
ななみちゃんの星形のイヤリングも☆

MVを見てても全てが輝いて見えますね☆

 ♪胸の奥で 名前を呼ぶ
  心 はじけてしまうよ
  吸い込まれてく COSMOの瞳
  見つめてくれるだけで
  星とTraveling
  この宇宙(そら)へ

祭ちゃんから始まって、5人のソロでスタート!
グループとしての魅力を感じます!
やっぱりグループ曲にはソロパートは必須ですね☆
そこからそれぞれの個性がからまりあう楽しさを感じることができます!

 ♪会えない夜 想うだけで
  胸が苦しくて 涙
  すべてを包む COSMOの瞳
  教えて これこそが恋なの?

サビのメロディ最高ですね!
自然にノッてきてしまします^^
なによりメンバーが楽しそうに歌ってますよね!
彩良ちゃんは笑顔がないですが(笑
どこまでもクール!
その意味が次のパートでわかりますね。

 ♪ねぇ、私だって ほんとはずっと痛みを感じてたの
  揺れる気持ち 独りの夜 いつ終わるの?

彩良ちゃんの見せ場!
曲調が切なげになって、彩良ちゃんが歌い上げます!
メロディは全体的に楽しげな感じですが、憂いも含んでいて。
このパートを聴くと、そういう部分を彩良ちゃんが背負ってくれているように思います。
会えない切なさを表現しての、笑顔封印って感じなんでしょうね!

 ♪「君の瞳は、COSMO...。」

ここもやっぱり外せないパート!
ななみちゃんの台詞がやっぱり曲をビシッと引き締めてくれますね!
さすが目力感じます☆
ななみちゃんの輝く瞳に吸い込まれてしまいますね!

最初から最後まで心揺さぶる名曲です☆
今後もこんな素敵な曲を期待してます^^

それから「日清Spa王」のCMソングにもなっていて、bump.yのナチュラルなかわいさが観れて良いCMでした!
『COSMOの瞳』もしっかり聴けて、最高です♪
それにしても、Spa王を持ってキメ顔の彩良ちゃん(笑
カッコいいです!!

関連記事:
稲妻パラダイス/宮武祭(bump.y)
卒業までに…/bump.y

2013年2月14日 (木)

涙のつぼみたち/三浦理恵子

Photo_2
理恵ちゃんソロデビュー記念日~

22年前のバレンタインに届いた423曲目~

「涙のつぼみたち」三浦理恵子
作詞:及川眠子
作曲:都志見隆
編曲:船山基紀
(1991年2月14日リリース)

三浦理恵子ちゃんのソロ1枚目のシングルです~

理恵ちゃん!22年前の2月14日、ソロデビューおめでと~!!!

と言うことで、CoCoから一人目のソロデビュー!
三浦理恵子ちゃんのソロデビュー曲です♪

当時、ソロデビューの発表には驚きました~
何で知ったのかな?
覚えてませんがBOMB!とかORICONでも大々的に取り上げられていましたよね。

CoCoからソロデビュー第1弾!みたいな^^

自分は89年頃のアイドルファンで、アイドルグループで最初に好きになったのはCoCoなので、グループからソロデビューするって言うのを見届けたことがなくて、こんなこともあるのか~って思ったものです(笑

グループとして活動していてソロデビューという道があるっていうのを知ったのが理恵ちゃんです(笑

そういう意味では自分の"アイドル好き人生"の中でも大きな出来事だったんですよね~、この理恵ちゃんのソロデビューって☆

もちろんそれ以上に理恵ちゃん自身おっきな出来事だったでしょうけどね!

この曲はソロデビュー曲とは知らず、CoCoの新曲だと聞かされてレコーディングしたっていうのも有名な話ですよね!
理恵ちゃんが語っていましたね!

セカンドシングルの『水平線でつかまえて』がインパクト大だっただけに、『涙のつぼみたち』は陰に隠れたような感じはしますが、センチメンタルな理恵ちゃんもいい!

ウワサのキャットボイスが1曲丸ごと聴けるなんて、当時どれだけ嬉しかったことか!!
まさに歓喜のソロデビューでした☆

BOMB!(1991年7月号)の理恵ちゃん表紙の号によると、レコーディングのディレクターさんがこう語っています。

 「彼女はですね、いい意味で裏切られてます。
  "ここは可愛くなるんだろうな"ってところで、
  思いのほかイロっぽかったりとか。
  だから、いつもすごい新鮮に感じてます」

アイドル当時からイロっぽさを兼ね備えてたんですね~
アイドル時代はかわいいイメージしかなかったんですが、そういう部分もちゃんとあったんだなぁ、と思い知らされました☆

でもいい意味で裏切ってくる理恵ちゃん、すごい才能ですよ。
やり手ですよ(笑
それだけアイドルをやりきっていたんだな、って思いますね。

芸能界はいい意味で裏切っていける子が、やっぱり残っていけるんだろうなって思います♪

ソロデビュー曲の『涙のつぼみたち』は、それこそ意外な楽曲でした!

真っ向からかわいい曲で勝負するんじゃなくて、こういう曲か~っていう。
切ない曲調で大人っぽい雰囲気もあり、守ってあげたくなるようなかわいい歌声☆

CoCoの曲とは違う、新たな魅力を引き出した曲ですね♪
イントロから新たな理恵ちゃんの1面を見れるようでドキドキする1曲!

MVでは、まるで二次元の世界に入り込んでしまったかのような理恵ちゃん☆
まさに少女漫画から抜け出した女の子っていうイメージですね!

 ♪My Love
  今夜だけは 門限遅れていい
  星屑舞う舗道
  あなたとふたり歩きたい

♪My Love♪からつかみはOK(笑
言うことなしです!

 ♪涙のつぼみたちが
  胸の奥でひらいて
  あざやかに あざやかに
  愛という花が咲く

80年代らしさを感じるサウンドと歌詞☆
やってくれますね!
まさにアイドルってこういうものなんだと見せつけてくれます!

 ♪夢を見失った まるで子猫みたいに
  いつも 愛されることだけ望んでた

子猫~☆
まさにキャットボイスの理恵ちゃんに似合う言葉!
ここでいっつもにんまりしてしまいます^^
ほんとに理恵ちゃんの歌声はアイドル界の宝ですよね!

 ♪もう私迷わないわ
  待たせてごめん

17歳の理恵ちゃんから、ファンのみんなへ素敵なバレンタインのプレゼント☆
それが、ソロデビューだったわけですね~
最高の贈り物を、ありがとう☆
理恵ちゃん!

関連記事:
夢であいたい/三浦理恵子
天使のいる渚/三浦理恵子

2013年2月13日 (水)

電車のひと/加藤紀子

Photo
満員電車で聴きたい曲~

うれしいぞ こりゃいいぞ♪422曲目~

「電車のひと」加藤紀子
作詞:岩切修子
作曲:濱田理恵
編曲:高橋諭一
(1994年4月1日リリース)

加藤紀子ちゃんの4枚目のシングルです~

紀子ちゃんの曲、さわやかな楽曲が多くていいですね!

天真爛漫な紀子ちゃんの性格を現したように、明るい曲が紀子ちゃんに合ってたな~と思います!

紀子ちゃんって、周りを明るくする才能を持った人なんだろうな、と思いますね!
まさに、アイドルに向いている人なんだと思います☆

やっぱり紀子ちゃんと言えば、バラエティ番組で活躍していたというのが印象深いです。
「マジカル頭脳パワー!!」とか紀子ちゃんを思い出すな~
「スーパーマリオクラブ」では司会もこなしていましたね!

大御所さん達にも好かれてる印象ですね!
紀子ちゃんの明るさに引き寄せられるんでしょうか^^

そんな紀子ちゃんの4枚目のシングル『電車のひと』は、まさにアイドル♪
紀子ちゃんの歌手デビューは19歳とアイドルとしては遅く、この『電車のひと』の時にはもう21歳。

バリバリのアイドルソングを歌うには厳しくなってくる頃ですよね。
個人的には何歳になっても大人路線に行かずにアイドル一直線で頑張ってくれてもいいのですが。

そんな21歳のアイドル紀子ちゃんですが、年齢に合ったかわいさを提供してくれています☆

この『電車のひと』は、OLさんのイメージがありますね。

と言うのもこの曲は、資生堂「ビセット」CMイメージソングでした。
CMでは確かOLさんの通勤風景を描いていたように思います。

CMのイメージで言えばそうですが、主人公が学生と思って聴くこともできる内容なので、幅広く受け入れられる曲ですね♪

そういうところが紀子ちゃんの曲ってうまかったですね~
21歳でもアイドルらしく歌える曲ってのがたくさんあったと思います!

まあゆるやか~にアーティスト路線へ流れていきはするのですが、かわいさは残した楽曲作りをしていたので、紀子ちゃん離れはしませんでしたねぇ。

バラエティがメインみたくなっていましたが、歌を大事にしていたのも好印象でした☆

そしてこの『電車のひと』ですが、当時あまり歌ってる姿を見た記憶がないんですよ。
で、動画を見てみたら、振り付けもめちゃくちゃかわいかったです!

こんなにピョンピョン飛び跳ねて歌ってるんですね~
手もひらひらさせていて、アイドルっぽくてかわいいです!

やっぱり二十歳を過ぎてもこういう曲を歌っていくことが、アイドル歌手にとって大事なことなんじゃないかな~と思います!

そんな紀子ちゃんはまさに、見ている人を明るくするアイドルですね!

『電車のひと』は、電車でいつも会う名前のわからない人に恋してしまう物語☆
満員電車で肩に触れて目と目が合ってドキドキする乙女心を歌ってます♪
つらい満員電車でも、恋をすればパラダイスなんですねぇ。

 ♪突然ビックリ いつものあのひと
  憧れの電車の人がいたの

  うれしいぞ こりゃいいぞ

これこれ!
♪うれしいぞ こりゃいいぞ♪はCMでも効果的に使われていて、かわいいフレーズですよね~
イントロもなんだかおもしろい!この重量感のある感じ、好きなんですよねぇ。
そこからのわちゃわちゃしたサウンド♪
揺れ動く乙女心のように、そわそわしてたりわくわくしてたりいろんな側面を映し出しているようです☆

 ♪わっ どうしよう わっ どうしよう
  今日は ついてるわ
  こんな そばにいるなんて どうしよう
  毎朝の 電車で  あえるだけの人
  名前さえも 知らないで 好きになるなんて

♪わっ どうしよう わっ どうしよう♪もかわいいですね!
しかも紀子ちゃんらしさの出てるフレーズ☆
紀子ちゃんにピッタリの曲だったんだな~って思えます。

紀子ちゃんの歌声はほんわかさせてくれますね!
この曲の持つほんのり幸せな感じとか、紀子ちゃんには似合うな~、って思います!
まさにファンクラブ名となっている「たんぽぽ」のように優しい歌声♪

紀子ちゃんのたんぽぽボイスで、毎朝の通勤ラッシュも乗り切りたいですね!!!

関連記事:
元気でいるよ/加藤紀子
ふゆがきた/加藤紀子

2013年2月10日 (日)

花粉デビルをやっつけろ!/香音

Photo
野々村香音ちゃんデビュー☆

アイドルサラブレッドの421曲目~

「花粉デビルをやっつけろ!」香音
作詞:宮下浩司
作曲:宮下浩司
編曲:宮下浩司
(2013年2月9日リリース)

香音ちゃんの1枚目のシングルDVDの曲です~

スターダスト芸能2部から新たな新生登場☆

香音ちゃんは野々村真さんと俊恵さん(坂上とし恵ちゃん)の長女ですね!
前々から親子でテレビ出演されていたりして、めちゃくちゃかわいいやん!って思ってました!

そんな香音ちゃんがアイドル歌手としてデビューしてくれるなんて!嬉しい限りです^^
ついにこの日がやって来たか!って感じですね~

とは言えまだ11歳の小学5年生という若さ!
今後どういう活動をしていくのかはわからないですが、今後も歌を続けてほしいなぁと思ってます。

今回の曲は企画もの色が強いですけどね~
香音ちゃんが花粉対策に関する書籍「花粉キラー『元気ボール体操』で脳内リセット」のモデルに起用されて、花粉の曲が作られたという訳ですから。

『花粉デビルをやっつけろ!』は、「花粉キラー」のテーマソングとして、登場しました♪
香音ちゃんも花粉症ということで、春は花粉との戦いなんですね~

"花粉症の歌"と言えば、私立恵比寿中学の『ザ・ティッシュ~とまらない青春~』(2011年)ですね♪

それから2年、今度は香音ちゃんが花粉の歌を発表という流れ。
そして『花粉デビルをやっつけろ!』もスタダアイドルの流れを組んだ曲になっていますね!

ももクロちゃんを思わせる衣装や振り付け☆
エビ中ちゃんの花粉ソング♪
チームしゃちほこちゃんの悪との戦い!

全てのスピリッツを受け継いだかのような1曲ですね♪
どおりで最初聴いた時に、すぐに好きになりました、この曲☆

香音ちゃんの歌声もいいんですよね~
まあまだ子供の声そのものって感じですけどね。

でもしっかり歌えてますねぇ。
お母さんの歌声にも似ている気がしますね。

まさにアイドルサラブレッドだな~

そんな香音ちゃんの初ステージを、観てきました~!!

 花粉をぎゃふん!「花粉キラー」で福招き!! ~ニッポン放送生中継乱入あり
 2013年2月9日(土) 東京都 有楽町駅前広場
 <出演者>
 香音 / 野々村真 / 野々村俊恵 / 杉久リリィ(書籍「花粉キラー」著者)

「花粉キラー」の紹介、「元気ボール体操」のレクチャーなど、花粉に関する話も盛りだくさん。
真さんは、娘さんのデビューに感激している様子でしたね。

香音ちゃんは「ママのようなアイドルになりたい」と言ってました!
とし恵ちゃんも嬉しかったんじゃないでしょうかねぇ。
是非とし恵美ちゃんのようなアイドル歌手になって下さい!
とし恵ちゃんの曲をカバーするのもありだと思いますよ~

そして『花粉デビルをやっつけろ!』を初披露!!
とにかくかわいすぎるな~
最高に輝いていましたね☆

やっぱりももいろクローバーZの『Z伝説~終わりなき革命~』のすり足で歩くような振り付けでは、"笑い"のようなものが起きていました(笑

野々村真さんも黄色い全身タイツで「花粉デビル」として登場して、会場を盛り上げていました☆
お父さんもがんばってますね~
好感度上がりましたね↑

握手会にも参加してきました!
オーラのあるかわいさで、やっぱり芸能人になるべくしてなった子だな~って思いました☆
今後も大いに期待ですね!

MVでは、家族総出演!って感じですね!
しかも自宅で撮影されたということで、アットホームな雰囲気がとても良いです◎

香音ちゃんも「自分の家とは思えない位かわいくなってた」と言っていましたね。
リビングがメルヘンの世界になってますからね~

花粉デビルとして真さん。そしてめしべ姫としてとし恵ちゃん。そして香音ちゃんの弟くんもちっちゃい花粉デビルとして出演していますね!

オチは花粉デビルがめしべ姫と出会って仲良くなってめでたし!めでたし!みたいな☆

MVは3種類ありまス★

 01. 花粉デビルをやっつけろ! ビデオクリップ
 02. 花粉デビルをやっつけろ! ビデオクリップ 香音ちゃん踊ってみた
 03. 花粉デビルをやっつけろ! ビデオクリップ 香音ちゃん演奏してみた(ドラマ)

得意なドラムを演奏する姿も様になってますね!
天性のエンターテイナーなんでしょうねぇ。

歌声にも魅かれるものがありますね。
喋り声もまさにアイドル!
香音ちゃんの声の魅力にもハマっています☆

 ♪花粉 花粉 花粉 ギャフン!
  花粉 花粉 花粉 ギャフン!
  花粉 花粉 花粉 ギャフン!
  花粉 花粉 ギャフン!!!!

インパクトありますね!
香音ちゃんの幼い歌声でさらに個性が増しています☆

 ♪デビルが襲って来たならば
  必殺『元気ボール』さ
  デビルが苦手なこのボール
  『あイヤイヤそれダメよ~』

両手で丸を作って「元気ボール」で花粉を撃退!
「元気ボール体操」をちゃんと入れ込んでます(笑

 ♪バイバイ グッバイ 花粉デビル
  イナイイナイ バイバイ 花粉デビル
  今すぐ会いたいんでしょ??
  憧れの「めしべ姫」に…

「めしべ姫」キタ―!
坂上とし恵ちゃんがヒロインになってますね☆
花粉症と「受粉」についての勉強も兼ねた曲になっているんですかね~笑

ほんと香音ちゃんの歌声は癖になりますね!
ママとの合同ライブをやってみるのもおもしろそう!

香音ちゃんにはアイドルの王道ソングも是非歌ってほしいところです☆

<香音>野々村真の長女がデビュー曲初お披露目 夢は大きく「レッチリと共演」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130209-00200016-mantan-ent

2013年2月 8日 (金)

アンブレラ/タンポポ♯

10
井!

♯の420曲目~

「アンブレラ」タンポポ♯
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:田中直
(2009年12月2日リリースのハロー!プロジェクトのアルバム「プッチベスト10」収録)

タンポポ♯の初オリジナル曲です~

最近ハロー!プロジェクトの良さを再確認している毎日です☆
1日最低でも1曲は聴いておきたいです♪
なのでハロプロ系の曲の紹介も多くなってきていますね!

そんなアイドル王国ハロプロのユニットソング♪

今回はタンポポです~!
いや、タンポポ♯です~!

タンポポは1998年にモーニング娘。から石黒彩・飯田圭織・矢口真里の3人で結成☆
当初はセクシー路線の大人の雰囲気漂うユニットでしたね!

それからメンバーの卒業と加入で飯田圭織・矢口真里・石川梨華・加護亜依の4人にメンバーになり、ガールズポップ路線に☆
この時期の楽曲が、タンポポのイメージとして定着していきましたね!

それから時は流れ、2009年にタンポポ♯なるユニットが登場~!
メンバーはこちら★

 亀井絵里(モーニング娘。)
 光井愛佳(モーニング娘。)
 熊井友理奈(Berryz工房)
 岡井千聖(℃-ute)

お分かりの通り、メンバーみんな【井】!
名前に【井】が付いているからそれを【♯】に見立てて【タンポポ♯】ってことなんですね~
最初はこのカラクリ驚きました^^
良く集めましたね!
しかもメンバーも均等が取れている感じで。
娘。から2人、Berryzと℃からそれぞれ1人ずつって、ハロプロ黄金比っていう☆

そしてセンター的な扱いなのが、モーニング娘。も亀井ちゃんっていうのもまたバランスがいいと思います!

亀井ちゃんはタンポポ路線かなりしっくりきますね!
上品な歌声がこういうガールズポップに合います!
タンポポの女の子女の子した衣装が似合いますよね!

光井ちゃんもタンポポに合うんですよね~
光井ちゃんはやっぱりグループにいると輝く子なのかなって感じます☆
グループをまとめてくれそうなタイプですしね!

熊井ちゃんは背の高さが目立ちますね!
そこがまたメンバーのバラエティ豊かさを際立たせています☆
歌声は個性的で、グループにいるとおもしろいですね!
たまに熊井ちゃんの声が入ってくると、いい意味での違和感があって飽きずに聴けますね♪

岡井ちゃんは意外に乙女なんですよね。
ハロプロキッズ時代は少年っぽかったですが、めきめき女の子っぽくなった印象がありますね!
その乙女な部分がタンポポ♯では出せてるんじゃないかな~、と。

そんな4人は松田聖子ちゃんの『赤いスイトピー』をカバーして、それからオリジナル曲『アンブレラ』を発表!

『アンブレラ』はまさにタンポポ!
この路線、ハロプロでもずっと継承していってほしいな~

こういう曲ってやっぱりアイドルしか歌えないですよね!
アイドルが歌ってこそ輝く曲なんだろうなって思います☆
最初から最後までかわいいです^^

アレンジがなんだか楽しいのも評価高いです!
なんかゲームの曲っぽくも思えるし、音が楽しいんですよね!

衣装もかわいいし、曲もかわいいし言うことないと思います☆

曲の内容は、付き合って間もないラブラブカップルのおのろけソング♪
付き合い始めの幸せな雰囲気が伝わってくる1曲ですね!

 ♪夕方には雨降りみたいね
  あなたに会いに行きたい
  アンブレラ持って迎えに行けるわ
  やったね 口実が出来るもん

傘をアンブレラって言うところに気品を感じますね☆
でも2番ではとんかつライスとか言っちゃってます(笑
これこそタンポポだな~
ピュアなラブソングでいいですね!

 ♪確かにケンカするし
  結構しょっちゅうだし
  みんな驚くけど
  でもストレスを溜めず
  最後は熱いチューで
  仲直りよ

それぞれの♪熱いチューで♪のリズムの取り方がおもしろいですね!
亀井ちゃんのソロいいな~と思います!
タンポポ♯はエリザベス亀井ちゃんの真骨頂ですね☆

ピンクレディーの『UFO』のような振り付けがあったり欽ちゃん走りのような振りが合ったり、かわいい中にもおもしろい要素も詰め込まれてますね!
これこそアイドルです!

この『アンブレラ』が入っているアルバム『プッチベスト10』は、初CD化の曲が5曲も入っていて俄然楽しめる内容ですね!
タンポポ♯以外にも、プッチモニV、新ミニモニ。など注目のユニットが勢揃いしてます~!
『プッチベスト10』いいわ~^^
今までの『プッチベスト』の中でも聴きごたえのある1枚です!

今こそ新生タンポポを見てみたいんですけどねぇ。
またいつかひょっこりタンポポが結成されたら嬉しいな~と思います。

その前に、ハロプロ研修生からもユニットデビューも続々決まっていくようなので、今後もハロプロは目が離せませんね!

2013年2月 7日 (木)

だからDESIRE/宮崎美子

Desire
異色の楽曲登場~

ピカピカに光る419曲目~

「だからDESIRE」宮崎美子
作詞:作詞センター
作曲:馬飼野康二
編曲:President BPM
(1987年6月5日リリース)

宮崎美子ちゃんの4枚目のシングルです~

美子ちゃんと言っていいのか・・・笑
自分はアイドルにはいくつになっても「ちゃん付け」か、「あだ名」で呼ぶようにしてますが、美子ちゃんは微妙~^^;

でもここでは美子ちゃんで行きますね(笑

たまたま調べものをしていたらこの『だからDESIRE』を知り、聴いてみたらおもしろかったので取り上げました!

知識として入れておきたい1曲に出会えましたね♪

美子ちゃんはいつも「Qさま!!」なんかで見ているので、才女っていうイメージしかないですねぇ。

あとは1980年のミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のテレビCMですよね。
TシャツとGパンを脱いでビキニ姿になるっていう印象が強いですね!
「いまのキミはピカピカに光って」とは良く言ったものですね!
ほんとにピカピカに光った瞬間をとらえてますね~

あれを見るとアイドルだったのかな?とも思えますが、アイドル的な活動はされていないようですね。
歌も出していますが、アイドルとはまた違うような。
それでも歌手デビュー曲の『NO RETURN』(1981年)なんかは高音が印象的なさわやかな楽曲ですね☆

そんな美子ちゃん、何を血迷ったかどういう経緯かヒップポップにチャレンジw

シングル3枚発表して、5年弱のブランクを突き破って1987年の28歳にして4枚目のシングル発表!
しかも女性ラッパーになっちゃたんですね(笑

でもなんか侮れない楽曲!
1987年にしては最先端って感じじゃないですか!?
あまり古さを感じなくて驚きました!
いや、古いっちゃ~古いけど^^;
でも当時としたら斬新な曲だったんじゃないかな~

女性ラッパーの先駆け的存在だったりするのかな?笑
EAST END×YURIの市井由理ちゃんよりも先ってことで!
「日本初の女性ラッパー」とも言われているようで。

この曲を聴けて歴史を紐解いたようですね^^

歌詞もほんと圧倒されるな~笑
才女タレントの美子ちゃんの悩みのような本音を語ったような内容ですね。

 ♪私はとっても悩んでますのよ
  引っ込み思案で奥手で真面目で
  照れ屋でそのうえ理想は高い
  みんなも結構そじゃないかしら?
  雑誌やドラマや噂じゃ世の中ずうずうしくって
  やり手で平気で照れずに女が誘っているけど
  そんなの嘘じゃないかしら?

す、すごいw
なんか、表現力はしっかりしているようですね!
感情入ってます(笑
ころころ変わる美子ちゃんの表情が、声から伝わってきます!

 ♪だから 裸になれるなら
  裸になりたいわ
  裸になれるなら
  裸になりたい だから

美子ちゃんの真面目さの本音を歌った感じなんですかね~
胸の内を叫んでいるような。
なんだか外人さんが日本語で歌ってるようにも聞こえますね!
変に癖になっちゃいます、この不思議な感じ☆
笑い声とかは今の美子ちゃんそのまんまな気がしますね。

カップリングの『タカラ本みりん』もすごいですねw
タイトルそのまんまだし、美子ちゃんはっちゃけすぎ(笑

これから「Qさま!!」とかで美子ちゃん見かけたらこのラップが頭をよぎるな~^^;

2013年2月 6日 (水)

Angel snow/中田あすみ

Angelsnow
雪そろそろ降るのかな~?

天使の雪が舞う418曲目~

「Angel snow」中田あすみ
作詞:遊佐未森
作曲:遊佐未森
編曲:KANAME
(2001年4月21日リリース)

中田あすみちゃんのMTKソロ曲です~

この曲はNHK「天才てれびくん」の音楽コーナー「MTK(ミュージックてれびくん)」の32曲目(初回放送日:2000年11月27日)の楽曲です♪

フルバージョンは、シングル『きらいじゃ★ブギ』のカップリングとして収録されていて、両A面的な雰囲気もあったので、中田あすみちゃんのソロデビュー曲と言ってもいい曲なんじゃないかと思います。

あすみちゃんは赤ちゃんモデルから始め、子役で活動していましたね。
現在はオスカープロモーションでモデルをやっているという、芸能界のエリート的存在かな☆

そんなあすみちゃん、小学生の頃は白石あやのちゃんとのアイドルユニット「crybaby」でCDデビューしたり、「天才てれびくん」ではアイドル的存在だったり、そのかわいさを発揮していましたね!

その後はアニメ「マーメイドメロディーぴちぴちピッチ」で声優にチャレンジしたり、アニメの歌や声優に活動していました♪

MTKや、アニメと、案外いろんなCDが出ていたりするんですね~

あすみちゃんの近況を知ったのが、「ロンドンハーツ」の企画、「モデル171人が選ぶ付き合いたい芸人GP」!
あすみちゃんはVTRでも登場し、有吉さんの絵にキスしてましたね~^^

久々に見たあすみちゃん、特に横顔はまだ幼さも残っているように見えて、昔とあまり変わってないな~っていう印象でした!
昔から背が高く、モデルの道に進んだのも納得ですね☆

そして有吉さんの似顔絵を描いていたのが上手いな~と思ったら、法政大学キャリアデザイン学部卒業なんですね、ほ~。

今後もかわいさを保ってきれいになっていってほしいですねぇ。

そんなあすみちゃんの曲『Angel snow』は、MTKでのソロ曲!
やはりソロを歌えるのはテレビ戦士の中で人気があったり歌やダンスが上手かったり、キャラクターがしっかりしていたり、という要素をクリアできた戦士が歌えるご褒美のようなものかな。
まあ全て兼ね備えていて歌えなかった子もいる位なので、ソロをもらえるのはほんと貴重なことですね!

あすみちゃんのソロ曲は、雪降る街角で聴きたい曲♪
雪が降るということでこの曲を選曲しましたが、クリスマスソングでもありますね、これ。
MVを見ると、サンタクロースだったりツリーだったりクリスマスカードまで出てくるので、クリスマスの演出になっています☆

とはいっても歌詞にはクリスマスの言葉はなく、雪の日の歌って感じがします。
雪がしんしん降り積もるメロディが心地よい曲です!
今の時期に聴くのも違和感ないんじゃないでしょうか。

MVでの演技もかわいいですねぇ。
手編みのマフラーを編むあすみちゃん。
お母さん役(だと思われる)の遊佐未森さんに編み方を教えてもらったり、男の子に勇気を出して告白したり。
天てれ特有のCGの中で物語を紡いでいきます☆

 ♪てのひらに 舞い降りた
  真っ白な 雪が
  ふさぎ込んでた時を
  そっと 溶かした

あすみちゃんが雪の妖精のように空に向かって歌います^^
歌声は、ちょっと低めですね!
あすみちゃんは見てて背も高いし成長早いな~って印象でした(笑

 ♪明日になれば きっと言える
  ほんとの 気持ち
  銀色に 揺れて積もる
  明日になれば きっと言える
  響きはじめた 胸の奥で
  どこまでも 続く空
  いつの日も 優しい

サビではあすみちゃんの歌声が何層かに重なっていて、12歳のあすみちゃんの歌声をじっくり聴くことができます☆
高いパートはキュンとなる感じですね!♪ほの~かに♪の"ほの~"の部分!
そこポイントで聴きたくなるパートです(笑

この曲のシングルバージョンは、MTKのベストアルバム「NHK 天才てれびくん MTK the BEST I for LOVE」にも収録されています☆

それにしても中田あすみちゃん、子役時代は「なかたあすみ」で、今は本名の読み方「なかだあすみ」になっていたとは。
微妙すぎて気付かん(笑!

2013年2月 5日 (火)

スノー・ホワイトの街/中山美穂

Catchthenite
もうすぐ雪が降りますね☆

スノー・ホワイトの街で417曲目~

「スノー・ホワイトの街」中山美穂
作詞:真沙樹唯
作曲:佐藤博
編曲:佐藤博
(1988年2月10日リリースのアルバム「CATCH THE NITE」に収録)

中山美穂ちゃんの6枚目のアルバム収録曲です~

美穂ちゃんのドリーミーな世界観が素敵な1曲です☆
雪の日にしっとり聴きたいですね~
ちょうど雪も降るみたいですし、この曲の出番ですね!

角松敏生さんがプロデューサーのアルバム「CATCH THE NITE」!
素敵ですね~
「素敵」という文字が似合うんですよね、どの曲も!
宝石箱のようだな~

17歳の美穂ちゃんの艶やかな歌声と、綺麗なコーラスとの組み合わせ。
なんともゴージャスで上品な曲です☆

それにしても17歳とはね~
ほんとに完成されてますよね、何もかも!
美穂ちゃんにはそういう部分に驚かされます!

最近ではケーキを作ったりする姿を見かけましたが、いつまでも綺麗ですね~
お菓子作りも楽しんでいる美穂ちゃんです^^

美穂ちゃんの曲をCDを購入して聴くようになったのは、リアルタイムでは『セミスウィートの魔法』からなので、それより前の曲は有名なシングル曲しか知らなかったんですが、いいアルバムもいろいろあるようで、じっくり聴いていけたらと思っています!

アルバムを購入していくつか聴いてますが、楽しいですね~

初期だとアイドルソングもあったり、ちょっとヤンキーソングもあったりダンスナンバーとかも華麗に歌いこなしていますね☆
そして『スノー・ホワイトの街』のようなバラード系の歌も、またいいんですよね~

『これからのI Love You』とかも好きだったんですよねぇ。
美穂ちゃんのバラードは、ダイアモンドのようです。
『スノー・ホワイトの街』でもその眩しい程の輝きを感じられますね!

 ♪冬景色の街角で
  ふと足を止めたくなるの
  晴れた日の雪の匂い
  コートの中で 抱きしめてみたくて

美穂ちゃんの宝石のような歌声がエレガントです。
陽ざしを浴びた雪のきらめきが、美穂ちゃんのジュエルヴォイスによってさらに輝きを増しますね☆

 ♪夕日が染めてゆく
  スノー・ホワイトの街
  忘れないで ずっと 二人で見た
  今日の風景を

コーラスがまた美しい!
不純物のない透明感あふれるきらめきを感じますね!
アレンジもいいな~
この曲を聴くと、冬の日もいいなって思えてきます^^
スノー・ホワイトの街を、美穂ちゃんの歌声を聴いて歩いてみたいですね☆

アルバム「CATCH THE NITE」も、もっと聴き込みたいと思います♪



関連記事:
愛してるっていわない!/中山美穂

2013年2月 3日 (日)

南の国から来た手紙/小田茜

Photo
舞い散る雪も、真夏の日差しに見える魔法!

冬がときめく夏になる416曲目~

「南の国から来た手紙」小田茜
作詞:たきのえいじ
作曲:岸正之
編曲:小西貴雄
(1993年2月1日リリース)

小田茜ちゃんの2枚目のシングルです~

NHK「みんなのうた」1992年12月~1993年1月期放送曲です☆
この曲聴くために「みんなのうた」チェックしてたな~

どちらかと言うと、カップリング曲の『夢のワールドスクウェア』の方が好きなので、この曲の印象は少し霞んでいたんですが、改めて聴くとこっちの曲もいいですね!

茜ちゃんの優等生な歌声がまっすぐ届きます☆

歌う動画を見ても、気高い雰囲気で、笑顔を振りまいてこびを売るアイドルって感じがしないですね。
この曲、もっと笑顔で歌っても良さそうですが、ずっと真剣(笑

でもたまに声が裏返って見せる、照れたような笑顔にホッとさせられます^^

間奏のダンスを不機嫌そうな顔でやっているのはちょっとドキッとしちゃいますが^^;
まあ緊張してたのかな~
そんな印象ですね!

15歳の茜ちゃんのドキドキが伝わってきます☆
度胸はありそうなタイプですけどね(笑

他の動画では笑顔が多めのもあったので、なんらかの要因で緊張度合いが違っただけかな、とは思いますが。

茜ちゃんの歌手活動は、シングル2枚、ミニアルバム2枚で終わってしまいましたね。
もっといろんな曲を聴いてみたかった気もしますけどね!
観月ありさちゃんみたく小室さんの曲にチャレンジしてみてもおもしろかったかも!
無機質な雰囲気も似合いそうな気がするので。

ミニアルバム「Message」を聴いてみると、春らしい曲とかかわいらしい曲が多くて、女優のイメージが強かったけどやっぱりアイドルなんだな~って思えます!
15歳の少女の夢と希望にあふれる歌声がいいですね!

『南の国から来た手紙』はど真ん中アイドルソング♪
冬に夏を感じさせてくれる、おもしろい1曲でもありますね!

長距離恋愛がテーマですが、なんだか幸せそうな雰囲気がいいです!
純粋な恋愛だな~っていう感じがして、微笑ましいですね!

切なくなるのはサビ終わりのメロディ。
そこで切なさが表現されていますね。

それでも彼の手紙を読んで、窓から見える雪が陽射しのきらめきに見えたり、楽しい恋をしてるんだろうなって思えます!

 ♪南の国から来た手紙 読み返す度
  心はいつしか ときめく夏になる
  ガラス窓のステージで舞う雪も
  真珠の陽ざしにみえてくる

丁寧にしっかり歌っている茜ちゃん☆
言葉が入って来やすいですね!

 ♪不思議ですね 素敵ですね
  季節はいつも すれ違い
  逢いに行きたい あなたの国へ
  木枯らしの匂いを ポケットにつめて

なんかわかりますね~
不思議な感じと素敵な感じ。
同じ時を過ごしてるのに真逆の季節の中にいるのかっていう。
季節を飛び越えて、2人逢えるといいなって、応援したくなりますね☆

茜ちゃんの曲はそれほどたくさん聴いてこなかったですが、シングル、アルバムともキラキラしたアイドルソングばかりなので、これからもっと聴きたいです♪

そして茜ちゃんの歌で、苦手な冬を夏に変えてもらおうと思います^^

関連記事:
あなたがいるからここにいる/小田茜
夢のワールドスクウェア/小田茜

2013年2月 2日 (土)

シルク紀行/我妻佳代

Ohchappy
AGT48!

体が宙に浮かぶ415曲目~

「シルク紀行」我妻佳代
作詞:谷穂ちろる
作曲:岸正之
編曲:鷺巣詩郎
(1988年4月21日リリースのアルバム「OH! CHAPPY」収録)

我妻佳代ちゃんの1枚目のアルバム収録曲です~

我妻佳代ちゃん、あまりおニャン子クラブのイメージがなくて。
ただ自分が知らないだけなんですけどね^^;
それであまり曲を聴くのも手つかずになっていました。

でも、すごく気になってたことは、会員番号48番ってことですね☆
"48"ってのが今となってはいい数字だな~と(笑
まあそれだけの話しですが^^;

自分的には印象が薄いのですが、でも後期のメンバーの中ではソロデビューも果たした訳で、人気があった訳ですよね!
フロントメンバーにも選ばれたこともあるようで。

背丈はちっちゃいけど、元気のある明るそうなイメージです!
アルバムのタイトル通り、おちゃっぴーな感じがしますね!
『OH! CHAPPY』とは良くできたタイトルですね!
写真を見てたらLip'sの加藤貴子ちゃんにも似てる感じもするかな~

そんなおニャン子クラブ48の佳代ちゃんの動画を少し巡ってみたら、気になる曲が♪
それが今回紹介する『シルク紀行』。
まずはタイトルが気になりましたね!
MVまでしっかりあったので、シングル曲かと思えばアルバムの曲だったんですね~

アルバム『OH! CHAPPY』は実は持っていたんですが、聴きこんでいないせいでこの曲の良さに気付かないままになっていたようで^^;

『シルク紀行』、聴いているだけで異国へ旅立てますね☆
これは!「脳内旅行」じゃないですか~♪
さくら学院の『WONDERFUL JOURNEY』(2012年)の、世界を脳内で旅するという楽曲の、ピンポイントバージョンってことですかね(笑

家で寝ころんだまま旅行に行けるなんて、まさに夢のような出来事ですね(笑
たまにはこうやって妄想で旅行をしてみるのもいいものです☆

 ♪テレビを つけたまま
  寝転ぶ カーペット
  眠りの泉から 手招きされて
  真昼の万華鏡 のぞいた瞬間に
  体が宙に浮き 見知らぬ国へ

なんだかファンタジーだな~
ただ寝ぼけてるだけのような気もしますが(笑
でもこの現実からメルヘンの世界へ飛び込んでいく感じ、好きです!

 ♪ゴブラン織りの雲
  フワリ 飛び乗ったら
  金のウロコの竜 歌いだす

このアニメ的な展開、おもしろいです!
そのままアニメ主題歌に使えそうですね☆

 ♪素肌に 虹のシルク
  首飾りは ヒスイに変わるの
  大地を旅してゆく
  天女になり ゆらりゆられて…

佳代ちゃんの透き通る歌声で優しく包まれます☆
どこまでもメルヘンな世界観、いいですね~

アウトロでの、大げさな終わり方も好き!
"ジャララーーーーン"って感じでなんかコントのオチでした、みたいな!
これは夢の話しですよ~的な(笑
勝手な想像ですけどね^^;

2013年2月 1日 (金)

春になったら/栗林みえ

Photo
春もすぐそこ~

旅立ちを目前にした414曲目~

「春になったら」栗林みえ
作詞:鈴里真帆
作曲:田中遊梦
編曲:滝沢淑行
(1999年2月5日リリース)

栗林みえちゃんの4枚目のシングルです~

みえちゃんと言えば、デビュー曲の『O.K!O.K.』のCDをつんくさんが購入したというエピソードが印象的です(笑
歌声が特徴的で、そんなところをつんくさんも気に入ってたんじゃないかな~と。

これはつんくプロデュースで楽曲発表する日も近いか!?と思ったもんです。
つんくさんと番組で共演した時はチャンスだったんじゃないかな、と思ってましたが、結局つんくプロデュースでのリリースはなかったですね。
ハロプロにこっそり入ってしまっても良かったのに、とか思っていました^^

そんなみえちゃんは、ゲーム「ときめきメモリアル」のイメージガールを決定する「ときめきティーンズコンテスト」でグランプリ入賞☆

そんな経緯もあり、ゲーム関連のお仕事が目につきましたね!
歌でもゲームの主人公、藤崎詩織ちゃんとデュエットしたり、おもしろい展開を見せていました。
楽曲には恵まれた方なんじゃないかな、と思いますが、ヒットにはつながらず…という感じで。

今回紹介する『春になったら』は、TBS系列「アイドル王」のテーマソングにもなっており、耳にすることもしばしば。
そしてこれがまたいい曲なんですよね!

みえちゃんの癖のある歌声が、受け入れられるかどうかにかかってるのかな、と思われますね。
デビュー曲『O.K!O.K.』のようにアイドルアイドルしてなくて、女優さんが歌うちょっとアーティスト路線意識してみました、というような雰囲気は感じますが、きちんとアイドルらしさも兼ね備えた楽曲です♪

春への期待感や不安がつまっている曲ですね。

 ♪降り積もった雪が 涙を流すように
  やわらか色の風に溶けるよ
  卒業という名の 春の別れ道
  君は遠くへ行くんだね

卒業を目の前にして、不安を隠せない様子です。
みえちゃんの歌声が、独特な世界を創り出しているようです。

 ♪春になったら
  君の旅立つ場所へ 羽を付け飛んで行くよ
  逢いたい 逢いたくなって 雲の波くぐり抜け
  「好き」と伝えたい

みえちゃんの大胆な歌唱が耳に残りますね☆
とても主張する歌唱だと思います(笑
もちろんいい意味でですよ!

 ♪サクラが踊る空 両手広げて
  風に乗せていくよ
  出会った瞬間(とき)君を感じた気持ち 届けたいから

このあとに続く台詞、「♪届けたいから」で演技もO.K!O.K.(笑
さりげなさがいいと思います。

最後にCDに封入されていたフォトカードのみえちゃんのメッセージ♪Photo_2
春が、待ち遠しいです☆

関連記事:
だんだん君がスキになる/栗林みえ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連