無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

さくらさく/てん♡むす

Photo
さくら、大好きな花です!

春を彩る446曲目~

「さくらさく」てん♡むす
作詞:CHIHIRO CLOSE
作曲:CHIHIRO CLOSE
編曲:松浦晃久
(2001年2月21日リリース)

てん♡むすの1枚目のシングルです~

てん♡むすは、「THE夜もヒッパレ」から誕生した、番組企画ユニットでしたね!

ユニット名が、1999年に「PRETTY SORRY」だった事実は忘れていました!
2000年に「てん♡むす」に正式に決定したんですね!!

メンバーは、当時多方面で活躍していたアイドル5人!

 松田純
 有坂来瞳
 山川恵里佳
 大谷みつほ
 酒井彩名

今見返すと、微妙な懐かしさを感じるメンバーたちですね!
「THE夜もヒッパレ」では準レギュラー的な5人だったのかな。
数々の曲を歌い、ユニットとして活動するようになったんですよね☆

それぞれ5人がアイドルやタレントとして活躍されていたので、ユニットとしてはなんだか凸凹と言いますか、いい意味でバラバラ感はありましたね。
今で言ったら、bump.yみたいな感じでしょうかね。

その中でも、松田純ちゃんと酒井彩名ちゃんと山川恵里佳ちゃんはソロでもCDを出していたりして、歌も歌えるメンバーでした。

その他の有坂来瞳ちゃんと大谷みつほちゃんも、「THE夜もヒッパレ」で鍛えられたのか、しっかり歌えています!

5人とも、歌唱力のあるアイドルだったんだな~、と「さくらさく」を聴いて改めて感じました。

ユニット名は、2000年当時大活躍していた(現在でも活躍中☆)、モーニング娘。っぽい感じ!
モー娘。とてん・むす。
まさに狙ったような名前でしたけどね(笑
それが良かったです!

なんだかおいしそうな響きですが、企画ものとしては最高の名前じゃないですかねぇ。
「てん♡むす」だけに、料理の天むすに掛けていて、「天然娘」「Ten o'clock」(番組の放送時間が10時だったため)の、"てん"が採用された訳ですね。

このサイト↓に、てん♡むすの歴史がわかりやすく載っています!
http://www004.upp.so-net.ne.jp/kenji_yamada/TENMUSU/TENMUSU.html

モー娘。、SPEED、Folder5、鈴木あみなど、当時のアイドル系の曲をたくさん歌っていました♪
これだけアイドルソングを歌えば、歌もダンスも鍛えられていったはずです!
こういう経験が、酒井彩名ちゃんの後のユニット活動「Licca」でも役に立ち、山川恵里佳ちゃんの「天才てれびくん」でのMTKでも役に立ったりしていったんでしょうね。

アイドルとしてはもうちょっと危うい歌唱の方がおもしろかったりします。
このデビュー曲『さくらさく』は、危うさはなく、みんなソツなくこなしている感じですね。
曲の方も冒険せず、まっすぐに今まで培ってきた5人の活動の集大成になっているような感じがします。

企画物だったらもっと冒険してはっちゃけちゃっても良かったですが、これはこれでいい曲なんですよね~
じわじわ胸にしみわたる、素敵な春曲♪

耳からスッと抜けていくような感じもあり、そんな儚さも、企画ものユニットらしいですね☆

 ♪どうして どうして
  『スキだよ』と言えないの
  新しい春の気配が
  ほらすぐそこに来てるのに

5人の声の厚みを感じれますね。
ユニゾンが青春を感じさせます☆

 ♪いつだってボクらは
  風に舞う花びらのような
  不安と期待を胸に

彩名ちゃんが歌い上げるパートですね!
さすがアイドルオーラ満開の15歳です!
でもあどけなさよりも、大人っぽさを感じるしっかりした歌声ですよね!

てん♡むすに続き、三浦理恵子ちゃんが「THE夜もヒッパレ」で組んだユニット、「ミニスカパン」も生んだこの番組!
SPEEDもヒッパレから巣だったようなものなので、アイドル音楽界におもしろい風を吹き込んでくれた偉大な番組でした!

それにしてもこの曲、MVまであったんですね!

このMV初めて観ました!
やっぱりみんな、ビジュアル面のレベルも高い!
年齢もバラバラな5人が、学校をステージにして、青春のメッセージを歌ってくれます☆

カップリング『Graduation』も春ソング♪
こちらは卒業ソングですね!
てん・むすの春を感じれるシングルです☆

2013年3月26日 (火)

旅立ちの春が来た/スマイレージ

PhotoPhoto_2Photo_3
旅立ちのっ!

寂しそなっ!445曲目~

「旅立ちの春が来た」スマイレージ
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:大久保薫
(2013年3月20日リリース)

スマイレージのメジャー13枚目のシングルです~

またスマイレージの曲で自分的ヒットが生まれた~!!

自分の好みにすごく合います!スマイレージの楽曲!
毎回新曲の度に、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」ってなりますよ(笑

そしてMVを見て、また「キタ――o(・∀・`o)(o`・∀・´o)(o´・∀・)o キタ――♪」ですよねw

大好きな春曲を、白い陽射しに包まれて歌う6人!!
若いっていいですねぇ。
そんなフレッシュさ溢れる映像と音楽です♪

こういう若さ特有の青春感たっぷりな感じ、清々しくて大好きです!

そうなってくるとやっぱり生で観たくなりますよね!
と言うことで、行ってきました!新曲リリースイベント☆

 スマイレージ「旅立ちの春が来た」発売記念
 日時:2013年3月24日(日)①13:00~ ②15:30~ ③18:00~
 場所:ヴィーナスフォート 教会広場

 01.スキちゃん
 02.夢見る15歳
 03.ねえ先輩
 04.涙GIRL
 05.旅立ちの春が来た

1部2部3部とありまして。
自分がきちんと観れたのは3部なので、3部のセットリストを。
1部もちょっと観てました^^
なぜちょっとかと言うと、近くてやっていた藤本美貴ちゃんのライブにも行っていたからです^^
時間がかぶっていたのでね。

なので、ミキティのライブ後にスマイレージに舞い戻ってきた訳なのです。
(ミキティについてはまた後日書きます!)

ハロプロに最近またどっぷりハマってきた証拠ですね、この感じw

ヴィーナスフォートの教会広場はセットみたいな建物が綺麗ですよね。
お城って感じで幻想的でエレガントな雰囲気があり、アイドルがそういう場所で歌うのっ

て、ほんと似合うな~、って感じました!

『涙GIRL』は藤本美貴ちゃんの曲のカバーですが、スマイレージも対抗心を燃やしてミキティより盛り上げようと頑張っていました!
ミキティの復活ライブを近くでやっていたので、『涙GIRL』を歌いたいということになり、急きょセットリストに組み込んだそうです!
やってくれますね、スマイレージ!

そしてラストに『旅立ちの春が来た』!
教会広場で観るこの曲は、格別ですね!
エレガントさが増していました!

そしてかにょんは『旅立ちの春が来た』について、独特な解説をしていました☆
悲しい時には暗い感じの曲は聴きたくないから、タイトルを見て、聴きたくないかも知れないけど、明るい曲なので聴いてほしい!
みたいな感じで^^

悲しい時こそ笑顔で元気にいたいってことですね!
それこそスマイレージ!スマイルを貯めるスマイレージ!

ここ数曲はスマイルを温存していたから、今回の曲でスマイルをその分出していきたい、というのもわかりますね~

寂しい時こそ笑顔をふりまく、それこそアイドルです!!

あやちょとかにょんは高校卒業のタイミングでもあるので、こういう旅立ちソングも一つの区切りになるんじゃないですかね。
ここからどう成長していくか、楽しみなグループですね!

あやちょもかにょんも大人っぽくなりましたよね~
ほんとに「女の華盛り」です!

MVでのあやちょ、だいぶ大人っぽく感じてしまいました!
どんどん綺麗になっていってほしいですね!

タケちゃんの元気さもいいな~
タケちゃんのはつらつな感じ、好きなんですよ。
かななん、りなぷ~、めいめいも頑張ってますよねぇ^^
みんなかわいくなってきてます☆

スマイレージは曲にも恵まれていますよね!
この1年は、季節にぴったりな曲を届けてくれてますね。

今回は春の曲ということでテーマは「旅立ち」!
でも悲しい別れじゃなくて、前向きな明るい旅立ち。
夢をふくらませて新しい生活のスタートを切る、決意に満ちた曲ですね!

 ♪旅立ちの 春が来たけれど
  大丈夫 私は負けない
  心配要らないよ
  大きくなってくるよ

♪旅立ちの♪ってのが印象的!
胸に響くメロディです!
前向きに歌う6人が夢の階段を上っていくようですね!
そんな希望に満ちた雰囲気で輝いてます!
歌声も輝いてます☆
タケちゃんの♪私は負けない♪の振り付けもかわいかったりします^^

 ♪晴れ晴れとした気分だから ほら
  気づかない間に 鼻歌とか出て にやけちゃってる

旅立ちは希望ですね!
かにょんの歌のうまさも光ってます!
めいめいの歌声から楽しさも伝わってきますね!

そんないい曲連発のスマイレージ、5月22日に2ndアルバム発売も決定しました!
これ、すごい楽しみ!
去年のツアーで聴けた曲も入ってるのかな~

6人の魅力の詰まったアルバムになってると思います!
旅立ちを経験して大きくなった6人に期待です!


あっ、CDジャケットがどれも良かったので、3種類くらい載せてみました☆

関連記事:
○○がんばらなくてもええねんで!!/スマイレージ
同じ時給で働く友達の美人ママ/スマイレージ
ショートカット/スマイレージ
有頂天LOVE/スマイレージ
ドットビキニ/スマイレージ
黄色い自転車とサンドウィッチ/スマイレージ
寒いね。/スマイレージ

2013年3月24日 (日)

クローバーが咲いたから…/山口リエ

Photo
春がやって来た!

森を駆け巡る444曲目~

「クローバーが咲いたから…」山口リエ
作詞:原真弓
作曲:広瀬香美
編曲:根岸貴幸
(1994年2月2日リリース)

山口リエちゃんの3枚目のシングルです~

第18回キャンピングカーフェスティバル イメージソングです。

山口リエちゃんの、最高に春らしい曲♪
曲を聴くだけでも、春の空間が広がっていきますよね!
歌ってすごいな~

最初から最後まで、どこを取っても春ですね!

なんかリエちゃんって、存在が春っぽいなぁ。
見てるだけで心がぽかぽかしてきそう☆

花も似合うし、花畑とかで微笑んでいる姿が目に浮かびますね^^

リエちゃん、笑顔が似合う女の子だからでしょうねぇ。
ひまわりのように眩しいハッピースマイルヾ(o´∀`o)ノ

そんなリエちゃんが春曲を歌えば、街は春色に染まっていきますね☆

CDジャケットも黄色で春の花が連想できて、春らしくて素晴らしいです!
リエちゃん、ベビーフェイスでかわいいですねぇ。

歌声もベイビーボイス♪
なんか、ぽわ~んとした歌声と言いますか。
そんな歌声が春の陽気に似ていて、リエちゃんの歌声で春感アップしているように思います!
春に生まれた妖精ですね!

詩も曲もイイ!何よりアレンジが大好き!
こんなに春を表現できるなんて!!

音の一つ一つをじっくり何度も聴きたい曲です!

曲の内容は、男女の友達数人で、春の旅に遊びに出かけた中で起こる、恋物語☆
告白をしようと頑張る女の子の気持ちを描いてますね。

 ♪カメラを向けるから
  笑いかけて!
  レンズ越しならば
  思いっきり ほら 見つめられるの
  全然みんなも あやしまないでしょ

友達にはナイショの恋なんですね^^
微笑ましい光景☆

 ♪天使の羽根浮かぶ
  春の空が丘の上光る
  行きの列車は席も遠くて
  渡しただけ 缶コーラ

メルヘンですね~
こういう世界観、大好きです!
天使の羽根からの、缶コーラのギャップも楽しめます(笑
いや~、でもこういうのが青春ですね!

 ♪絶対! 言ってみせるの
  もし 野原にクローバー咲くのを見たら
  絶対! 勇気集めて
  ねえ あなたが本当にとても好きと…

クローバーが咲いてたら今日ゼッタイ告白する!
なんてかわいい乙女心ですね!
クローバーに背中を押してもらって、勇気を出すなんて健気だ~。
この恋、叶ってほしくなりますね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

山口リエちゃんは、「山口リエラ」という不思議な名前に改名して現在は芸能界を引退されています。

そういえば去年は「有田とマツコと男と女」にも出演されていましたね。
あの人懐っこい笑顔は変わっていなくて良かったです☆

今年はクローバーが咲いて、何を決意したんでしょうねぇ。
いつまでも、春を纏って輝いていて下さい!

関連記事:
雨が好き/山口リエ

2013年3月22日 (金)

SKYTOWER/スマイル学園 電音部 UNDERFACE

Skytower
UNDER FACE、始動!

心を豊かにする443曲目~

「SKYTOWER」スマイル学園 電音部 UNDERFACE
(2013年3月20日リリース)

電音部 UNDERFACEの1枚目のシングルです~

スマイル学園のJS3人組が、【スマイル学園 電音部 UNDERFACE】としてデビュー!!

待ってました~!!
デビューが決定し、ライブが開催されるのをずっと心待ちにしていたんですよ!

UNDERFACEのホームページを見た時から、何かが始まる胸騒ぎがして、本当にデビューを待ちわびたグループでした!

UNDERFACEのメンバーは、NANAKO・HONOKA・ICHIGO(田谷菜々子・永島穂乃果・岡崎苺)の3人☆
IchigoNanako_2Honoka
このメンバー、スマイル学園の中でも特に好きなメンバーなので、最強のユニット誕生したな~、という感じです^^

ゴスロリ・スチームパンク・モード・サイバーなど、様々な要素が一体となったUNDERFACE!!
アイドルシーンに新たな風を吹かせます☆

UNDERFACEのコンセプトはこれ♪

 「人々の心を豊かにする音楽を追及」

そんな3人、いつもの"スマイル"は封印して、無表情で歌い踊ります!
まるでアンドロイドのように!
その姿が、またいいんですよね~

カラコンを付けてサイバー感を出していたり、見ててドキドキしますねぇ。
アイドルアイドルした雰囲気も大好きですが、たまにはこういうのも新鮮だな~と感じました!

と言うことで、念願のデビューライブも観に行きました~☆

 スマイル学園 電音部 UNDERFACE デビューライブ
 ■日時:2013年03月08日(金)
 ■時間:18:30開場/19:00開演
 ■場所:渋谷WOMB

 01.YUTORI
 02.歯磨きガム
 03.SKYTOWER
 04.Tick-Tock-Clock
 ~アンコール~
 05.SKYTOWER
 

5曲を披露してくれました!

笑顔を見せないグループですが、MCではほっこりさせてくれる部分もあり、ちょっと安心(笑

ライブ中に撮影会があったりと、スマイル学園のライブの雰囲気とは全く違うものでした!
次回は参加してみたいな~、撮影会にも!
無機質な表情に、引き込まれていきますね。

曲も気に入りました!

『SKYTOWER』が頭から離れない♪
テクノ、エレクトロ感満載☆

ゲームの世界観がありますね!
ピコピコしてたり、最後は「ゲームオーバー」で締めくくられていたり。
歌詞の節々にもそういう個所がありますね!

 ♪そんなに高くてどうするの
  下を見下しなにするの
  空を見上げてどうするの
  街にあふれるバベルの塔

歌声にエフェクトがかかっていたり、3人が新たなステージへと進んだ感じ!
アイドル戦国時代の中で、何かを問うてるようにも思えてきますね。

 ♪スカイスカイ スカイタワー
  そんなに高くてどうするの
  スカイスカイ スカイタワー
  空を見上げてどうするの
  スカイスカイ スカイタワー

♪すかいすかい すかいたわぁ♪ってのがかわいいね!
脳内に入り込んできますね☆
頭の中がとろけそうな感じですかね~

これはMVとかあると嬉しいなあ。
CG使いまくって、ゲーム風なのが見たい!
荒野に佇む3人を見てみたいです!

スマイル学園の活動も楽しみですが、UNDERFACEとしての活動も見守っていきたいです!
次のライブも楽しみにしてます☆

関連記事:
スマイルダイエット~PiPi LaLa体操/スマイル学園

2013年3月21日 (木)

桜吹雪クライマックス/岡本舞子

Photo
春分の日の今日は、桜を見に行って来ました~!

桜吹雪の442曲目~

「桜吹雪クライマックス」岡本舞子
作詞:阿久悠
作曲:山川恵津子
編曲:山川恵津子
(1985年4月25日リリースの「愛って林檎ですか」B面曲)

岡本舞子ちゃんの2枚目のシングルの収録曲です~

舞子ちゃん!ついに登場です~☆

岡本舞子ちゃんの存在は最近まで全然と言っていいほど知らず、このブログを通じて『桜吹雪クライマックス』のことを教えていただき、素敵なアイドルポップスに出会うことができました♪

舞子ちゃんは、子役から活動されていたんですね~

小さい頃から活動していたこともあってか、少女の危うさはなく、しっかりした印象ですね。
見た目も14歳とは思えない程の大人っぽさ。
貫禄すら感じますね(笑

成長を見守るっていうより、そもそも完成度が高いです!

『桜吹雪クライマックス』は、2枚目のシングル『愛って林檎ですか』のB面曲ですね♪

Wikiによると、『愛って林檎ですか』は正式なアイドルとしての歌手デビュー曲だったそうです!
なので1枚目のシングルとも言えるのかな。

1枚目の『見知らぬ国のトリッパー』は、テレビアニメ「魔法の妖精ペルシャ」のテーマ曲になっていて、アニメ歌手としてのリリースということになっているようで。

西田ひかるちゃんパターンですね!
ひかるちゃんもアニメ『小公子セディ』テーマ曲をプレデビューとしてますからね。

と言うことで、本格的にアイドル歌手としての活動を始めたのはこの曲を歌っていた頃からのようですね。

『愛って林檎ですか』もいい曲だけど、『桜吹雪クライマックス』の方が派手だしA面でも良かったんじゃないかな、と思ったりしますね!

『愛って林檎ですか』もインパクトもなくはないんですが、『桜吹雪クライマックス』の方が1回聴いて耳に残りやすい!
もちろん曲がすごくいいっていう!
B面にしておくのは勿体ない曲でしたね~
『桜吹雪クライマックス』をA面にすれば、もっと売れたんじゃないかな、とか思ったりします☆

あるインタビューでは「どんな歌手になりたいですか?」の質問に、こう答えていますね。

 自分が目標にされて、いろんなジャンルの歌がうたえる個性的な歌手。
 偉大になりたいですねェ(笑)

舞子ちゃんの歌唱テクニックなら、きっといろいろ歌えたはずですね!

当時若干14歳にして、この歌唱力って、末恐ろしい才能をもっていましたね!
ルックスもいいし、歌唱力もあって、曲が良くて。

『桜吹雪クライマックス』は、イントロから惹きつけられます!
只者ではないアイドルなんだろうなって感じます☆
ちょっと大人の世界に飛び込んだような、そんな感じですね。

そんな期待を裏切らないボーカル!
舞子ちゃん、実力を思う存分に発揮していますね!

 ♪私を少女と呼ぶのなら
  少女は苦しいものなのね
  恋はいつでも冬景色
  ブルーの吐息に あゝつつまれる

サバサバしたカッコよさも感じるボーカル!
それだけじゃなくて、かわいい雰囲気もしっかり持っていて、所々で伺えますね。
♪恋はいつでも♪の部分が、14歳なんだな~、って思わせてくれます!

 ♪散らせて 散らせて
  パッと散らせて
  桜吹雪のクライマックス
  散らせて 散らせて
  パッと散らせて
  桜吹雪のクライマックス

おしゃれな雰囲気から、サビは「和」のイメージが強くなり。
サビのインパクトも十分にありますね!!
このキャッチーさは、やはりシングルA面にするべき曲でしたね!
♪散らせて 散らせて♪のディレイのかかったところなんておもしろい!

後半のサビのリフレインは、圧巻☆
まさに桜がハラハラ散っていく様が目の前に広がっていきます!
そしてラストまでカッコいいサウンド!
どこまでも完成されたアイドルの楽曲ですね~
古さもあまり感じなくて、時代を超えていい曲です!

2013年3月19日 (火)

私たちのメリーゴーランド/南野陽子

Photo
教室がまわり続ける☆

♪もしも♪の441曲目~

「私たちのメリーゴーランド」南野陽子
作詞:田口俊
作曲:亀井登志夫
編曲:萩田光雄
(1986年4月21日リリースのアルバム「GELATO」収録)

南野陽子ちゃんの1枚目のアルバムの曲です~

ナンノの曲で、春を感じています☆

アルバム『GELATO』の曲と言えば、『春景色』が名曲ですが、他にも春曲の名曲があるんですねぇ。

ナンノは『GOLDEN☆BEST/南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット』は聴いたことあったのですが、オリジナルアルバムはまだあまり聴けていなくて。

『GELATO』、かなりの名盤ですよね!
他にもいっぱい名曲が潜んでる!!
まだ未入手なんですが、早急に購入します(笑

今回紹介する曲は、卒業ソングですね♪

ナンノも1986年に高校卒業をしたんですね。
そんなメモリアルな年に、こういう卒業ソングを歌っています!

アイドルと卒業ソング、やはり名曲が多い!!
アルバム1曲目の『春景色』から卒業ソングで、この『私たちのメリーゴーランド』も卒業ソング♪
タイプは違う2曲で、楽しめますね!

『私たちのメリーゴーランド』は、かわいいバラードですね♪
もちろん切ない曲でもあるんですが、ナンノのまだあどけない歌声がかわいすぎます。
やはり声に魅力のあるアイドルですね~

静かなバラード系の曲は、より歌声が際立ちますが、ナンノは声の魅力で勝負できます!

曲は、なんだか夢の中にいるようなふわふわした感じがしますね。
その中にも切なさという現実が押し寄せてきて。

最後の授業を思い出してしまいます。
学校の、あの喧騒、教室に差し込む日射し。
全てが思い出されて、まるで夢の世界に迷い込んだような気分になれる曲ですね。

 ♪あわい日差しと
  みんなの笑顔
  最後のホームルーム
  あなたの背中
  出席順に
  いつでも 離れて見つめた

心が教室に引き戻されますね。
制服を着た自分に戻ってしまいます^^
そして制服を着たナンノが教室で微笑んでいる姿も目に浮かびます。

 ♪ね・え
  瞳とじたら
  ほ・ら
  この教室は
  私たちだけのメリーゴーランド

幻想的でいいですねぇ。
時が流れてもまわり続けるメリーゴーランド。
クラスのみんなとバラバラになっても、同じ時間にいた想い出はまわり続けてるんですね^^
学生時代のかけがえのない時を、忘れないように。

ナンノの甘い歌声が耳を優しく撫でていきますね!
♪もしも♪のパートの甘えたような声がかわいくてなんとも言えません!

ナンノは現在もテレビ出演などで見かけますが、変わらないですね~
いつまでもアイドルでいてくれるナンノに感謝ですね☆
アイドルの鏡だと思います^^

いつまでも、みんなの心の中、メリーゴーランドのように、永遠のアイドルの姿を映し出していてくれるはずですね!

関連記事:
恥ずかしすぎて/南野陽子
春景色/南野陽子
秋からも、そばにいて/南野陽子

2013年3月16日 (土)

Papillon/飯田圭織

Photo
蝶々になって・・・

きらきら輝く440曲目~

「Papillon」飯田圭織
作詞:佐藤純子
作曲:佐藤純子
編曲:信田かずお
(2005年12月21日リリースのアルバム「プラン・ダムール~愛がいっぱい~」収録)

飯田圭織ちゃんの4枚目のアルバムの曲です~

圭織ちゃんと言えば、モーニング娘。の『抱いてHOLD ON ME!』での「ねぇ、笑って」が印象深かったですね!
目力ありすぎ!笑

かおりんのおもしろい部分を見抜いたとんねるずの貴さんから、ジョンソンというあだ名をもらって、人気者になりましたね☆

かおりんは、モーニング娘。と並行してソロ歌手へ♪
ソロでは独自の道を歩んでいました。

シングルよりもアルバムの方がリリースが多いという、アルバム歌手の道へ!
かおりんの曲は、派手なタイプではないので、こういうカタチになったのも納得ですね!

シングルでインパクトを与えるよりも、アルバムとして通してじっくり聴いてほしいということだったんでしょうねぇ。

シングル曲で一発インパクト勝負のハロプロとは、ちょっと別次元の音楽活動って感じでした~

今回紹介する『Papillon』も、アルバムに入っている隠れた名曲っていうタイプの曲です♪
こういう曲を、アルバムの中やカップリング曲から探し出すのが楽しかったりしますよね!
この1曲が突出している感じではなくて、どれもいいんですけどね!
1曲目の『Bloom』から名盤の予感☆
アルバムを重視していたのも1曲目を聴いて理解できました!
地味な曲ではあるけれど、どの曲をシングルで切っても良さそうな、万華鏡のようなアルバムかな^^
かおりんの音楽の世界をそっと覗くと、きらめきであふれている、みたいな☆

『Papillon』は、アルバムのラストを飾る、80年代風アイドルポップス♪
バラード系ですが、幸せな雰囲気漂うハッピーチューン!

聖子ちゃんばりにブリブリアイドルって感じで歌うかおりんもかわいいです!
松田聖子ちゃんが大好きなかおりん、聖子ちゃんを意識していたのかもしれませんね!

かおりんの歌声は、切ない曲にフィットする、「泣きの歌」にハマる声だと思っていましたが、こういうさわやかなバラードでも魅力を発揮することがわかりました^^
高音パートもあり、それもいい方向に向かったのかも!
美しい歌声を聴かせてくれています♪
幸せそうな雰囲気も歌声と表情から醸し出していて、胸に響く曲ですね!

タイトルの「パピヨン」は、フランス語で「蝶」という意味で、蝶々になってあなたの元へ飛んで行きたいという、かわいい恋心を歌った曲☆
はじけたかわいさではないけど、じわじわくるかわいさがあります。

 ♪紅茶をいれたり ため息ついたり
  あなたに逢えないと
  こんなにも 夜は長く冷たくて

なんだか夜のゆったりした時間が広がりますね!
静かな夜に、まさに紅茶を飲みながら聴きたい^^
かおりんのスローテンポな雰囲気が、曲とマッチしています。
寝る前に聴いて、疲れた体を癒してくれるようなヒーリング効果のありそうな曲です☆

 ♪ひらひら 心は蝶々になって
  今 あなたのそばへ飛んでゆくの
  熱いトキメキ あなたにも伝わるでしょう
  ほら きらきら 魔法の粉をかけて
  人恋しい気持ちにさせたいの
  今すぐ電話くださいね I miss you...

蝶々が優雅に飛び回っている姿が目に浮かびますね!
「トキメキ」や、「きらきら」「魔法の粉」などアイドル的なワード満載のサビ♪
それでもコテコテになりすぎずにあっさり聴けてしまうのは、スローテンポで無駄の音のない綺麗なアレンジだからかな。

この曲は、元・チェキッ娘の藤岡麻美ちゃんがコーラスで参加しているという。
他の曲には元・大阪パフォーマンスドール/太陽とシスコムーンの稲葉貴子ちゃんもコーラスで参加しているので、アイドルファンも必聴の1枚になっています☆

静かな華やかさを感じるアルバムです!

2013年3月14日 (木)

ナチュラル/高橋貴代子

Photo_2
今日は春風に吹き飛ばされそうでした!

春風に背中押される439曲目~

「ナチュラル」高橋貴代子
作詞:Azusa
作曲:三木たかし
編曲:ミッキー吉野
(1989年3月21日リリース)

高橋貴代子ちゃんの1枚目のシングルです~

貴代子ちゃんの歌手デビュー曲、春風に乗って届けられました☆
さわやかな歌声が、春を誘いますね!

貴代子ちゃんは1988年4月8日に、ドラマ「螢たちの挽歌」で女優デビュー!
13歳でデビューしていたんですね~

貴代子ちゃんと言えば、宮沢りえちゃん主演のドラマ「いつも誰かに恋してるッ?」が印象深いので、イメージは妹系の女優さんって感じがします^^

今はもう引退されているようですが、いい女優さんになっていけそうなタイプな気がしていたんですけどね。
貴代子ちゃんの情報が少ないので、現在の事とかは全くわかりませんが、気になるところです☆

歌動画の中の貴代子ちゃんの告知メッセージにも、女優で頑張っているんだな、と思えるコメントをしていますね!

 瞳の大きな高橋貴代子です。
 今、歌をがんばっています。。
 また、ドラマのお仕事に入りますので、よろしくね♡

やはりドラマがメインだったんですね~
これを見てよくわかりました。

歌もそこそこ上手いから歌手デビューさせてしまおう!って感じだったのかな。
女優活動メインだっただけに、歌手活動は中途半端な印象は否めませんが、曲も歌声もすごく良かったと思います!

顔立ちは西村知美ちゃんのような清純派な雰囲気もあるので、フリフリのドレスを着て、アイドルを演じきってほしかったですね!
そこまで振りきってくれたらもっとアイドル歌手としての道も広がったのかな~、と思います。

曲の方は、まさにデビューに相応しい、純情路線のアイドルポップス♪
恋する気持ちに気づいた乙女心を歌っています☆
Aメロの明るい雰囲気から、サビの終わりにはマイナー調に移り変わっていくという不思議な曲。
つかみどころのない、乙女の気持ちのようですね!

 ♪SUKIよ SUKIよ SUKIよ
  多分これが恋する事
  SUKIよ SUKIよ SUKIよ
  いつもより少しだけ
  2人きりにおくびょうなの

14歳の貴代子ちゃんの初々しい歌声が胸に届きます!
クラスにいそうなかわいい女の子、そんな感じもしますね!

 ♪ぎこちない胸のリボンが
  あなたにほどけてゆく
  飾らない私の告白は
  春風に背中押されて……

Aメロでの笑顔から、切ない表情で歌う貴代子ちゃん。
さすが女優さん!1曲の中でいろんな表情を見せてくれます☆
透明感あふれる歌声もいいですね~

映像は、「おはよう朝日です」より♪
関西人なので馴染のある番組です^^

いろいろと突っ込みどころのある歌唱シーンですが(笑

このタワー、早坂好恵ちゃんが言ってましたが、生歌で歌うとタワーが揺れるからダメとか^^;
そんな弱い建物なのか!?笑
そういうこともあって口パクで。
まあそこは全然問題なしですが。

注目は貴代子ちゃんの胸ポケットにアンパンマンが(笑
貴代子ちゃん、アンパンマン好きだったのかな~?

曲のイメージと全く違いますが、どんなコーディネートだったのでしょう(笑
謎~☆

でも貴代子ちゃんのトークシーンってあまり見たことなかったので、おもしろい一面が見れて良かったです!

関連記事:
Destiny Mirror/高橋貴代子

2013年3月13日 (水)

ちいさな一歩で/CoCo

Photo
4人時代の曲初登場☆

希望感じる438曲目~

「ちいさな一歩で」CoCo
作詞:森本抄夜子
作曲:朝倉紀幸
編曲:澤近泰輔
(1993年4月21日リリース)

CoCoちゃんの12枚目のシングルです~

このブログでは、初の4人時代のCoCo!通称"4CoCo"の登場です☆

CoCoちゃんと言えば、やはり思い入れが強いのは、5人時代になってしまうんですよね。
なので4人時代のCoCoよりも、5人のCoCoが好きな訳で。

瀬能あづさちゃんも大好きだから、CoCoは永遠に5人っていう意識もあります。

とは言え、あっちゃんが抜けて頑張っていた4人に目を向けないのも良くないですよね。
4人でも一生懸命頑張っていた時代。

当時のメンバーは、ご存じこの4人!

 宮前真樹
  羽田惠理香
  三浦理恵子
  大野幹代


あっちゃんがいなくなって、さらに団結力も強くなっていったのかな、とも思います。

あっちゃんに歌唱力の部分を頼っていたのが、4人でやっていかなきゃいけないっていう気負いもあったんじゃないかな~

ファンクラブで、驚きの新メンバー募集告知が出た時も、メンバーが泣いて抗議したそうな。
あっちゃんの変わりはいないっていうことだったんだろうな~

そんな4人のCoCoちゃんの、4人になってからの3枚目のシングル☆

売り上げが落ち込んだのは残念でしたね。
曲も良かったのに、不思議な結果でした。
当時人気が急上昇していた、東京パフォーマンスドールへ流れていった人も多かったのかな、という印象ですね。
自分もこの頃はCoCoよりTPDって感じはありましたが^^;

『ちいさな一歩で』は、壮大なイントロから始まる希望に満ち溢れたメッセージソング♪
この路線、『夢だけ見てる』を思い出しますね!

4人になって、不安もあるけど少しずつでも前に進んで行く。
そういうCoCoちゃんたちの心境にも似た、前向きな歌ですね。

まずは先ほども書いたように、イントロが印象的!
大げさなほど、壮大です!!
気持ちが高まりますね☆

4人が背を向けあって集合しているところから、それぞれの道へ歩き出す姿も感慨深い!
膝蹴りみたいな振り付けも、印象的です(笑

 ♪ああ 森の小径で迷うように
  ああ 夢の出口を見失うけど
  すぐにもかなうような 望みじゃないことは
  誰よりも いさぎよく 心では感じてる

ミッキーのソロからスタート!
CoCoの曲には多いですね、ミッキーが最初に歌う曲。
歌唱力もそこそこ安定していて、声が出る方ですしね。
まずはつかみはOKってところでしょうか。
そして理恵ちゃんのソロパート☆
理恵ちゃんの歌声は、CoCoちゃんの曲を彩る歌声!
そこから真樹ちゃんとえりかちゃんのパートと、うまく割り振られています。

 ♪Ready Steady Go この胸の 磁石が示すまま
  何度でも 歩き出せ ちいさな一歩で…
  誰かに先を越されても

前向きだけど切ないですね~
この時期のCoCoちゃんの為の歌って感じがします!
ファンも前向きなCoCoちゃんが観れるのは嬉しいですからね!

大野幹代ちゃんが、これからはこういう「夢」をテーマにした歌を歌っていきたいとコメントしていたのが印象的でした。

メンバーも気に入っていた曲なんじゃないかな。
でもその次のシングルが、『恋のジャンクション』っていう(笑
もうちょっと「夢」路線歌わせてほしかった感じはしましたが、アイドルも二十歳を迎えると、こういう路線になっていくのか、と思わされた曲でもあります!

4人のCoCoにも、もっとこれまで以上に注目していきたいと思えた1曲でした!

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
夏の友達/CoCo
思い出がいっぱい/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
Live Version/CoCo
さよなら/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo

2013年3月12日 (火)

ダディドゥデドダディ!/加護亜依(モーニング娘。)

Photo
ぽかぽか陽気で気分は一気に春!

一回きりの青春の437曲目~

「ダディドゥデドダディ!」加護亜依(モーニング娘。)
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:鈴木俊介
(2004年5月28日リリースのDVD「モーニング娘。~ベストショット~vol.2」に収録)

 

加護亜依ちゃんのモーニング娘。カバー曲です~

ファンクラブで販売していた、「モーニング娘。~ベストショット~Vol.2」に収録されていた曲です☆

「ファンに人気のあの名曲をモーニング娘。内 新編成によってセルフカバー!」と銘打って作成された映像作品!

その中から今回は、紺野あさ美ちゃんの『パパに似ている彼』に続いて2曲目の紹介です!

今回も『パパに似ている彼』に続き、モーニング娘。のセカンドアルバム『セカンドモーニング』(1999年7月28日)に収録されていた楽曲のカバーですね!

セカンドアルバム発売当時はモーニング娘。のメンバーではなかったあいぼんが歌うというおもしろい企画♪

モーニング娘。バージョンの『ダディドゥデドダディ!』自体が素晴らしい曲ですが、それを加護ちゃんが自分のものにしている!!

つくづく上手いです!!
この曲聴くと、あいぼんの歌唱力のクオリティの高さを思い知らされますよね!

それだけに、いろいろとその後のことが残念でならないですが。
辻ちゃんとのユニット、W(ダブルユー)も長く続きそうな感じがしてたのでね。

まあ復活して、ソロ曲も発売して、ジャズの世界にも進み・・・歌の仕事も細々とでも続けてほしいですね。

と言うことで、加護ちゃんソロの『ダディドゥデドダディ!』ですが、つんくさんも絶賛!

全編ノンカットのMVなんですが、どこも切るところがないという程の、あいぼんの魅力が120%詰まった作品だそうで!

あいぼん16歳の輝きがパッケージされてますね☆

この曲の「1回きりの青春」というテーマにも、16歳という年齢のあいぼんにビシッ!とハマッたようで、全てのタイミングが良かったとも言える作品になったようです!

あいぼん自身も、1回きりの青春を大切にしたいという気持ちもあったようで、そういう思いもしっかり表現されているんですね~

元々の曲の良さもありますが、ほんとあいぼんの魅力も引き出しまくって、曲と歌い手との化学反応が起きたようですね☆

映像の方も、つんくさんが言っていたように、切るところがなくてどこを取ってもかわいい!
数分の中で、表情豊かにかつ、自然に歌ってるな~って^^

これを見ると、モーニング娘。のセンターにも相応しいメンバーだったんだろうなって思います!
あいぼんセンター時代とか、あったらおもしろかったなあ、なんて。

それだけのオーラとかわいさと愛嬌の良さと歌声の魅力を持ち合わせていました!

あいぼんソロの『ダディドゥデドダディ!』は、まさにあいぼんの青春の一瞬のきらめきを切り取った映像&曲♪

見逃せないし、一瞬たりとも聴き逃せない!!

 ♪中学時代の思い出と
  ちょっと恋をしたり
  サッカー部もいい 野球部もいい
  ブランドがいい

歌声だけ聴いていても表情が浮かんでくる!
そんな躍動感のある歌声ですね!
映像のかわいさもありますが、目をつぶって聴いてみても声に表情があるんですよね~
こういうところがほんと天才的でしたね☆

 ♪ダディドゥデドダディ!
  Everybody Everybody!
  それでいいのかい?青春

ここがかわいすぎた!
♪青春~♪のところの首をかしげる感じがね!
音としっかりリンクした動き!
体の中に音楽が流れているような感じですね~
歌詞としては、2番が「Everybody!」ではなくて「皆の衆」になってるところがつんくさんらしくて最高!!笑

 ♪一回きりの青春
  Oh Yeah! Oh Yeah! Oh Yeah!
  だからいいじゃん

良く通る声ですよね~
それでいてかわいさもあり!
さらっと歌っているけど、なかなかの実力者です☆

あいぼんは見ても良し!聴いても良し!の、エンターテイメント性の高いアイドルでしたね!

あいぼんの魅力も再確認させられたけど、モーニング娘。の『セカンドモーニング』も名盤だったのだな~、と再確認!

1曲1曲の完成度の高さ、どれを取っても間違いない!
そしてアルバムとして曲がまとまった時のカッコよさに感動してしまいます!

あいぼんの一回きりの青春は過ぎ去ってしまったけど映像の中の青春は、いつまでも生き続ける、永遠の青春です!

関連記事:
パパに似ている彼/紺野あさ美

2013年3月10日 (日)

笑顔の魔法/高橋由美子

Photo
Good-Pスマイル最強!

魔法にかけられる436曲目~

「笑顔の魔法」高橋由美子
作詞:大場清実
作曲:佐藤英敏
編曲:佐藤英敏
(1991年1月21日リリース)

高橋由美子ちゃんの3枚目のシングルです~

「1番ソングSHOW」のアイドルスペシャルで、グッピーの映像も流れてましたね~
めっちゃかわいかった!
矢口真理ちゃんも「かわいい!」という位に(笑

今見ても、こんなにかわいかったのか~!って素直に思えますね^^
【20世紀最後の正統派アイドル】と言われていたのも納得の完璧なアイドルだな、と思います!

そんな由美子ちゃんをもっと観てみたかったので、先日実家から持ち帰ってきた由美子ちゃんのファーストコンサートのビデオを観ました☆

「Promotion -Yumiko Takahashi First Live」(1991年9月27日)

 1.PEACE BOMBER
 2.Fight!
 3.雨に微笑みを
 4.笑顔の魔法
 5.Step by Step
 6.アルプスの少女
 7.と♡き★め♡き
 8.あなたへ…
 

最高のアイドル!!
アイドルのお手本になれるコンサートですね☆
ファンを盛り上げるテクニックもありますし!

グッピーのかわいさと元気さが伝わってきます!
元気な曲やかわいいアイドルソングから、最後はバラードまで。

しっかりした歌唱で、由美子ちゃんの気持ちがダイレクトに伝わってきますね♪

1曲目の『PEACE BOMBER』から最強アイドルソング!
『Fight!』で会場ヒートアップ☆
そしてラストのバラード曲『あなたへ…』では涙をこらえる姿を見れたり。
これぞアイドルのライブだな~

もちろんグッピーのファーストライブ以上のアイドルのライブはいくつもあると思いますが、これほど正統派のアイドルライブってのが、グッピーらしくていいですね!

『笑顔の魔法』は、1枚目、2枚目の日本テレビ系アニメ『魔神英雄伝ワタル2』タイアップから離れてリリースされた曲。

1枚目のシングル『Step by Step』はアニソンっぽさもあり、2枚目の『Fight!』では、エネルギッシュさが際立った1曲☆

そして『笑顔の魔法』では、まさに由美子ちゃんらしい曲が出来たのかなって思います^^

『Fight!』からの流れを組んだはちきれんばかりの元気さも残しつつ、キュートな面もより強めてきました。

まさに元気でかわいい曲!
当時のグッピーの魅力は、やっぱり笑顔!
グッピースマイルは最強でした!

グッピーの、最高のスマイルを詰め込んだ曲ですね!

アイドルとして輝いている瞬間を、こうやって曲と映像で残せるのは素晴らしいことだと思います☆

歌番組で『笑顔の魔法』を歌うグッピーも最高にかわいいですね!
魅せ方をわかってます!

さすがプロ!
アイドルとしてのプロ意識も高いんだろうなって思いますね~。

イントロが始まって、由美子ちゃんの笑顔の魔法にかかっちゃう訳ですね(笑

 ♪太陽の破片 てのひらに落ちる
  どこかで誰かも この空見てる

この元気でまっすぐな歌声が、グッピーの良さですね!
グッピーに元気をもらえる!
まさにアイドルの正しい姿って感じがしますね~

 ♪いますぐおいでよ すてきな胸騒ぎ
  笑顔の魔法は きらめきでいっぱい

由美子ちゃんから感じるきらめきがものすごいですね!
最高に輝いていた瞬間に、この曲っていうのもね。
素晴らしいアイドルポップスを残していますね~

MVもメルヘン路線でかわいいです!
夢の中の世界が繰り広げられていますね☆
由美子ちゃんの笑顔に魔法をかけられえしまう1曲です.+(´^ω^`)+.

関連記事:
と♡き★め♡き/高橋由美子
いつか逢おうね/高橋由美子
負けてもいいよ/高橋由美子

2013年3月 8日 (金)

ドレミファソライロ/Dream5

Photo
ドレミファソラシドシシドル・・・!?
違う違う(笑

ドレミファソライロの435曲目~

「ドレミファソライロ」Dream5
作詞:leonn
作曲:日比野裕史
編曲:日比野裕史
(2013年2月6日リリース)

Dream5の9枚目のシングルです~

メンバーは5人!
重本ことり/日比美思/大原優乃/玉川桃奈/高野洸

ドリ5はイトーヨーカドーのCMでも活躍中ですね☆

そんなDream5観に行って来ました~
1月と2月のイベントです☆

 リトルブルーボックス, Dream5
 “ダンボール戦機W OP「テレパシー」&ED「地球の絆」”発売決定記念イベント開催!!
 1/26(土) 17:00~
 場所:アリオ北砂店 1階リーフコート

この日はドリ5のメンバーの玉川桃奈ちゃんは体調不良のためお休みでした~。

そんなドリ5とリトルブルーボックスにサインをいただきました♪
Dream5
画像はドリ5のサインです!

Dream5は『地球の絆』と『ドレミファソライロ』の2曲を披露してくれました☆
リハーサルもありです^^

重本ことりちゃんはちっちゃい!
大原優乃ちゃん、成長してますね~
かわいい~☆

そして日比美思ちゃんは釣り師的な感じがした(笑
また話してみたいって思わせますね!
サイン中も話しかけてくれたりして、好きになりますよね~笑

それにしても驚いたのは、中学3年生の高野洸くんの声がかわいいっていう!
声変わり前ってことですよね~
そろそろ大人の声になっちゃうのかな!?
まあダンサーとして活動しているので、問題ないっちゃないですね!

2月8日には、タワレコ渋谷店で、ツーショット撮影会にも参加してきました~
CDジャケットと同じ音符の被り物でのツーショットでした☆
なんか自由なイベントって感じで楽しかったです!

誰とツーショット撮るか迷ってことりちゃんに~
サービス精神旺盛のことりちゃんなので!
写真を撮ってる時に他のメンバーがこっちに向かって変顔してきたりw

でもこっちゃんとのツーショットに緊張してたのかそれが誰かが覚えてないっていう(笑
多分、玉川桃奈ちゃんかな!?

そんな感じで生Dream5に会いに行くことができました~
通ったらもっとドリ5のおもしろさにハマりそうです^^

ということで、『ドレミファソライロ』です♪
この曲は『COME ON!』との両A面シングル曲です!

オリコン9位獲得で、初のオリコントップ10入りも果たしました!!
おめでと~!

そしてこのシングルの注目は、Folder5の『Believe』のカバーも収録されているところです☆
これも最高だな~

『ドレミファソライロ』はドリ5の明るさとエネルギッシュさが詰まった1曲!

ドリ5の曲って、もちろんボーカル担当のことりちゃんと美思ちゃんの歌声もいいけど、コーラスにも注目したいところ!

なんかメインボーカルの後ろで元気に歌ってる感じが伝わってきて、最高のエッセンスになっていますよね!

みんな楽しそうに歌って踊ってるところも元気をもらえます!
若さ弾けるパフォーマンスで、キラキラしてますよね~

『ドレミファソライロ』はテレビ東京系アニメ『たまごっち!~ゆめキラドリーム~』第1期オープニングテーマ♪
アニメにぴったりな明るい曲!

一緒に歌いだしたくなりますよね!
PVも音符になった5人がかわいい☆

ところどころおもしろいし!
玉川桃奈ちゃんとかキャラが立ってきているような(笑

 ♪ドドシラソファミレ ドレミファソライロ ヨーイDon!

サビじゃないところもキャッチー!

 ♪ソラシド ソライロ 真っ白なキャンバス
  みんなの希望で 青空を描こう
  ソラシド ソラには サンサン太陽が
  みんなの未来を キラキラ照らしてる

コーラスのかわいさに注目してしまいます☆
なんかわいわい騒いでる感じが、ほんと楽しそう!
たまごっちみたいなちっちゃいキャラクターがわいわいしてる感じにも思える^^

 ♪ド!レ!ミ!ファ!ソ!ラ!「しーっ!」…ドーン!!

この優乃ちゃんのパート1番好き~☆
かわいい声なんですよね!

Dream5だけあって、夢と希望溢れる曲だな~、と思います!

まず気になることは、高野洸くんの声変わりはいつなのかと言うことです^^
ますます目が離せません!!笑

関連記事:
僕らのナツ!!/Dream5
Wake Me Up!/Dream5

2013年3月 7日 (木)

おちゃめなジュリエット/市井由理

Photo
YURI×2の才能開花☆

キュートなラッパー誕生の434曲目~

「おちゃめなジュリエット」市井由理
作詞:in Voice
作曲:in Voice
編曲:in Voice
(1992年7月8日リリース)

市井由理ちゃんの2枚目のシングルです~

メガネスーパーCMソングが2曲入ったシングル!
カップリングは八木田麻衣ちゃんの『Romanticに背伸びして』です♪

シングルでは、【東京パフォーマンスドール featuring 市井由理】という名前になっていますね。
7人で出演しているCMだけに、そういう明記になったんでしょうね。
CDジャケットもTPDフロント7人ですしね!

メガネスーパーのためのシングルって感じですかね~

東京パフォーマンスドールが出演していたメガネスーパーのCMが良かったですよね!
「ふきふきしちゃう☆」が印象的でした(笑

そんなCMソングにもなっていた「ちゃめジュリ」の愛称で人気のあったこの曲『おちゃめなジュリエット』♪

由理ちゃんの本領発揮のラップ曲☆

由理ちゃんにラップを歌わせようとした人天才(笑

こんなかわいいラップができる女の子って、なかなかいないですよね~

東京パフォーマンスドールは7人それぞれ個性的で、歌にも個性が強く出ていて、その中で自分に合った曲をみんな歌っていたのは、ほんとすごいことだと思いますね。

フロントメンバー7人の音楽性っていうのがきっちり定められている感じがして、わかりやすかったです!
ここまで自分の音楽の世界を持ったメンバーが集まっていたんだな、と思うと本当にすごいグループでしたね!

由理ちゃんと言えば、ラップの他には謎の英語曲(笑
『ビバ!ケ・セラセラ』や『Oh! Mambo』も由理ちゃんらしさがありましたね!

サンバの恰好で派手に歌い踊るっていう!
TPDの飛び道具的な存在でもありましたよね!

それだけに収まらず、ラップへと進化していったところがEAST END×YURIでの成功にもつながっていった訳ですからね。

本当に由理ちゃんとラップとの融合の素晴らしさが『おちゃめなジュリエット』でも物語られています!

『おちゃめなジュリエット』は、当時は不思議な曲だな~って感じでした。
あと、おもしろい曲だけど、かわいいって!
由理ちゃんのキャラクターそのもですよね!

眉毛がしっかりしていてちょっとファニーなキュートさがあって。
そんな由理ちゃんの魅力を曲に投影したような1曲!

良くないわけがないですね!

なかなか他にこんなアイドルソングなかったんじゃないかな、と思えるほど個性的で、個性の強い由理ちゃんにぴったりでした!

衣装もかわいいんですよねぇ。
まさにマスコットですね、あれは!

曲中の早替えにも注目です!

市井由理ちゃんのソロアルバム『Yuri from Tokyo Performance Doll』(1993年1月15日)には、『おちゃめなジュリエット[ROCK'N ROLL PARTY MIX]』という別バージョンも収録されていましたね!

こっちもかなりいい!!
ロックなゆりゆりもかわいかったな~

『おちゃめなジュリエット[BON-DANCE MIX]』ってのもありましたね(笑
これはガラッと雰囲気が変わって盆踊りバージョン☆
由理ちゃん、こういうのほんと上手い!
見た目が華やかだから、こういう盆踊りの演出にも映える!
息もつかせぬカッコいいナンバーが多かったTPDのライブの中で、ある意味オアシス的な心がほぐれる瞬間ですよね~、由理ちゃんのソロって。

「ちゃめジュリ」はある意味名物な訳ですね☆

イントロから不思議なメロディー♪
そして何より由理ちゃんの歌声がかわいい!

 ♪楽天的な恋愛は
  貸さない 借りない 返さない
  デジタルなミスマッチ
  マッチ一本 恋のもと

ポジティブYURI×2!
前向きさが読み取れる歌詞、由理ちゃんっぽいですよね~
コーラスの穴井夕子ちゃんと八木田麻衣ちゃんの歌声も元気でかわいかったりします☆
特に穴井ちゃんの声が飛び込んできますね!さすが(笑

 ♪おちゃめなJuliet
  出逢いは別れのはじまりで
  おちゃめなJuliet
  別れは女のはじまりよ

どこか童謡的な感覚もある、そんな不思議な曲だと思います!
由理ちゃんが歌うからこそ魅力を放つ楽曲なんだろうな~、って感じますね!

 ♪さがせさがせ楽しいことさがせ
  さがせさがせ楽しいことさがせ
  さがせさがせ楽しいことさがせ
  さがせさがせ楽しいことさがせ

ラストのこの繰り返しも由理ちゃんらしい!
思いのほか深い曲なのかも知れませんね~

『おちゃめなジュリエット』、やっぱりライブ映像と併せてみるのが1番ですね!
CDもいいけど、ライブでの歌の方がかなりいいです!
それだけライブでのパフォーマンスがすごかったと言えますね。
盛り上げるのも上手かったということですよね。

「ちゃめジュリ」は常に踊っていて、何気に激しいダンスだけど、しっかり歌えている由理ちゃんもすごい!

それだけの高い能力を持ち合わせていたんですね~
ライブ映像とかを観るとTPDのすごさを思い知らされます!

さすがエンターテイメント集団です!
100%あなどれません!!!

関連記事:
いい感じ やな感じ/EAST END×YURI

2013年3月 6日 (水)

バスボンのうた/松本ちえこ

Photo
バスボンまた使ってみたい☆

バスボンガールの433曲目~

「バスボンのうた」松本ちえこ
作詞:吉田博昭
作曲:あかのたちお
編曲:あかのたちお
(1977年6月25日リリースのアルバム「ちえこのViva Animals!!」に収録)

松本ちえこちゃんのアルバム収録曲です~

チーコのベストアルバム入手しました~

この曲が欲しくて!!

たまたまチーコのベストアルバムを手に取る機会があって、タイトルを見てこれは聴かねば!と思いました☆
それで即ベストアルバム購入~

こういう商品名がそのまま入った歌って、レア感があって好きなんですよねぇ。

CMでは商品名が入ってて、歌詞を変えてCD化っていうパターンもありますが、こうやってそのままのものが好きです♪

商品名が入った曲って他にもいろいろありますね!
東京パフォーマンスドールの『放課後はいつもパーティー』とか、モーニング娘。の『飲茶楼CMソング』とか『ポキポキポッキー』も!
榊原郁恵ちゃんの『雪印プリットCMソング』ってのも好きだな~
自分の名前まで入ってきちゃってますからねぇ。

こういうの楽しいですね~
商品名を連呼していたり、CMソングだけにキャッチーだし☆
ほんと耳に残るものが多いです♪

チーコの『バスボンのうた』も、耳に残る曲ですね♪
しかもアイドルらしくてかわいい曲です^^

チーコはこの資生堂バスボンでブレイクしたんですね!
アイドル歌手として売れなかった時代を経て、一躍人気者に!

CMパワーすごいですね~
やっぱり持つべきものはスポンサー(笑

プールで泳ぐチーコが、健康的な魅力を振りまいてますね!
チーコはヤンキーチックな雰囲気のあったアイドルかなっていう印象もあるんですが、こういうさわやかで愛らしい一面もあるんですね!
何より曲がかわいくて最高です!
バスボンだけあって、シャボンが浮かぶお風呂の中で歌ってるような感じ☆

 ♪まんまる顔の女のコは
  いいツマになれるって
  私ってなれそう? ね、バスボン

バスボンに問いかけてるのかな~笑
お風呂の中で、鏡を見ながらとかなのかな?
♪ね、バスボン♪がまさにCMらしいですね!
耳に飛び込んでくるものがあります!

 ♪ふっといアシの女のコは
  つよいハハになれるって
  私ってなれそう? ね、バスボン

チーコ、ふっといアシなのか!?笑
2番では"ちっちゃい目"とか"ひっくいハナ"とか、ちょい自虐入っていますが、それを明るく歌っているところに好感持てますね!
台詞も素朴な感じがして、普通の女の子の悩みを聞いているみたいですね^^

曲全体は70年代の雰囲気が漂っていて、ノスタルジーに浸れますね!
キラキラしたアレンジに、素朴なかわいさを持った歌声、そして男性コーラス。

それもそうだけど、バスボンって懐かしいな~
昔使ったことあるー!
復刻版とかあれば使ってみたいです☆
『バスボンのうた』を歌いながら~♪

2013年3月 5日 (火)

CHIKU-TAKU/LinQ

Chikutaku
ぴとぴと☆

ごろごろの432曲目~

「CHIKU-TAKU」LinQ
作詞:yasushi watanabe
作曲:yasushi watanabe
編曲:yasushi watanabe
(2013年1月30日リリース)

LinQの5枚目のシングルです~

1月30日、LinQのニューシングル「CHIKU-TAKU / ゴーイング マイ ウェイ!」の発売記念野外イベントに行ってきました~☆昼と夜あったイベントの、夜を観てきました。

その時撮った写真がこちらです~↓
Linq1Linq2_2Linq3

LinQは初めて観ました♪

 LinQ ニューシングル「CHIKU-TAKU / ゴーイング マイ ウェイ!」
 発売記念イベント@新宿ステーションスクエア セットリスト(夜の部)

 01. for you
 02. shining star
 03. CHIKU-TAKU
 04. カロリーなんて
 05. ゴーイング マイ ウェイ!
 <アンコール>
 06. 祭りの夜
 

LinQは福岡で活動しているアイドルで、人気も全国区に広まってきているグループですね!

イベントに登場したメンバーは31人の中から15人☆

 高木悠未 ★ 瑞稀もえ ★ 坂井朝香 ★ 桜愛美  ★ 桃咲まゆ
 山木彩乃 ★ 伊藤麻希 ★ 北山真緒 ★ 一ノ瀬みく★ 天野なつ
 岸田麻佑 ★ 秋山ありす★ 舞川あや ★ 原直子  ★ 後藤梨佳子

LinQについては勉強中で、まだあまり一人一人詳しくはないんですが、高木悠未ちゃんや、瑞稀もえちゃん、リーダーの天野なつちゃんあたりが好きですね^^

高木悠未ちゃんはやっぱりセンターの風貌だな~
天野なつちゃんはCSでやっていたLinQの特番を見て好感持ってました☆
笑うと目がなくなる笑顔に癒されますね!
瑞稀もえちゃんも気になります!

当日のイベントでは、15人の寒空の下で元気に歌い踊る姿に、パワーを感じました!
寒いのも忘れるほどですね!

地方アイドルが東京・新宿ステーションスクエアでワンマンイベントを行うのも初らしく、人気が福岡だけに留まっていないことを物語っていますね☆
日々、着実にファンを増やしているように思います。

アンコールの『祭りの夜』では驚きのパフォーマンスもありましたね。
恒例でやってるらしいんですが、【聖水】って!
ゆうみん(高木悠未)ちゃんの聖水ってすごいことやるな~、と^^;
ファンに向かって水を噴射するっていうやつね!

今まで生で見てきたアイドルに、こういうのなかったからビビりますね(笑

でもやってもいいメンバーとやってほしくないメンバーってのもいたりしますね。
天野なっちゃんとかはやってほしくないタイプです。
なっちゃんはやっていないようでホッとしました(笑
ゆうみんはノリがいい感じだし、問題ないんでしょうね~

そんなLinQの5枚目のシングル『CHIKU-TAKU』は、かわいい曲に仕上がってますね!
PVもかわいいですね!
微妙に天気が悪そうなのが残念だけど^^;

『CHIKU-TAKU』のメンバーは7人☆

 高木悠未★瑞希もえ★姫崎愛未★坂井朝香
 吉川千愛★城崎はるな★山本彩乃

ステージでも、どの曲よりもアイドルオーラを振りまいていました☆

イントロの時計を刻む音もメルヘンでいいですね!

 ♪チクタク刻む シナリオ
  君と2人描けたら良いな
  きっと叶う
  この恋結び付けてよ
  告白してよ
  ピ~ピピパ~ル ピピパルパ

♪チクタク♪とか♪ピ~ピピパ~ル ピピパルパ♪とかかわいい言葉を詰め込んできてますね☆
アイドルポップスのなせる業ですね(笑

 ♪映画の中では 急にキスシーン
  無駄にドキドキ

♪急にキスシーン♪のラップ風になってるところがかわいいですね!

 ♪ぴとぴと 頭なでて♪
  ゴロゴロ 甘えたくて
  ニヤニヤ 君のことを
  いっつもそう、考えるの

ぴとぴとってw
ここは振り付けも併せてチェックしたいパートですね!
ここからの♪CHIKU-TAKU CHIKU-TAKU CHIKU-TAKU CHIN…♪のくり返しもドリーミーな雰囲気が出ていて後半に行くほど盛り上がっていく感じがします☆
かわいい言葉がいっぱい詰め込まれた1曲ですね!

LinQの快進撃は止まらない!
メジャーデビューも決定したそうです!

メジャーデビュー曲『チャイムが終われば』(2013年4月17日発売)

HKT48もメジャーデビューしますし、福岡のアイドルシーンが盛り上がっているようです!
どのグループも切磋琢磨して磨かれていくといいですね☆

2013年3月 2日 (土)

めぐり♥あい/西田ひかる

Photo
大阪からの更新☆

ピーカンな431曲目~

「めぐり♥あい」西田ひかる
作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:杉山卓夫
(1992年2月5日リリース)

西田ひかるちゃんの12枚目のシングルです~

どこか懐かしさを感じるさわやかなアイドル歌謡ですね♪

テレビ東京系ドラマ『パパと呼ばせて!』の主題歌にもなっていました!
ドラマタイアップも獲得して、歌のドラマに大活躍のひかるちゃん☆
そんな華々しくて大好きな曲なんですが、地味さは拭えず!?
なんとなくひかるちゃんの曲の中でもあまり知られてないのかな、と感じています。

初のトップテン入りを果たした、TBS系ドラマ『デパート!夏物語』主題歌の『ときめいて』(1991年8月7日)に続くシングル曲でもあったからかな。

ヒット曲の後の曲は重要だと思うので、勝負曲だと思います!

『ときめいて』の流れもしっかり汲んでるようにも思えますね。

『ときめいて』は、サビの♪ときめいて ときめいて ときめいて~♪のタイトルを繰り返すインパクトがありました。
そして『めぐり♥あい』は、サビで♪めぐりあい めぐりあう めぐりあい♪と、こちらも変化球を挟みつつもタイトル連呼系ですね!

それでも『ときめいて』のインパクトには勝てなかった感じはしますね。

『ときめいて』よりも曲調がゆったりしていて、メルヘン路線だったのがパンチに欠けてたということになるんですかねぇ。
まあ売り上げだけでは測れない、曲の良さっていうものはありますからね。

この曲はこの曲で素晴らしい1曲だと思ってます!

ひかるちゃんの曲は好きな曲も多いのでね、どれが1番かは決められないけど、この曲も当時大好きで何度も聴いていた覚えがあります。

春らしい穏やかな幸せを感じられる曲で、しっかりしたキャラクターを持っていたひかるちゃんのアクを抜いた感じに思えます。

乙女チックで少女漫画の世界に入り込んだかのような曲で、健康的ではじけんばかりの元気さが売りのひかるちゃんのイメージとはちょっと違っていたように感じました☆

最初の台詞から、アイドル度がアップしてるのがわかりますね!

 ♪「名前 何ていうの?
   何処に住んでいるの?」

ナンパ!?笑
いえいえ、そんなものじゃないです!
運命の相手に出会えたんですよね!
初めて会った人に、運命を感じた瞬間なんです~

 ♪雨色の街 雲が途切れて
  あなたのまわり ふっと明るい
  夢で何度も逢ってたように
  胸が指さす この人だって

ドラマティックですね~
これ、PVとかなかったのかな?
このきらめいた瞬間を映像で見てみたかったですねぇ。

 ♪めぐりあい めぐりあう めぐりあい
  生まれた日から探してた人だから
  "Hi! How are you?" wow wow wow
  めぐりあい めぐりあう めぐりあい
  磁石のようにまなざしが離れない
  傘の中で 神様ありがとう

♪めぐりあい めぐりあう めぐりあい♪の流れが心地いいですよね☆
流れるようなこのメロディ。
2個目の「めぐりあう」が1つ違うのが混じってるだけで深みのようなものも感じますね!
♪神様 ありがとう♪の間もいいですね!
振り付けもかわいいです☆
当時でも古き良きアイドルっていう感じの曲でしたね。

笛の音が、春を感じさせてくれます!
80年代なら売れた曲なんじゃないかな、と思うんですけどね。

ひかるちゃんの春風を運んでくれるハッピーチューンでした☆

関連記事:
フィフティーン/西田ひかる
ときめいて/西田ひかる

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連