無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

SUMMER CANDLE/MOMO

Photo
ニューカレドニアで弾ける2人!

サマーキャンドルな517曲目~

「SUMMER CANDLE」MOMO
作曲:上野圭市
編曲:上野圭市
(1993年8月20日リリースVHS「やっと逢えたね・・・-MOMO in New Calednia-」に収録)

MOMOのVHS収録曲です。

MOMOは、桜っ子クラブさくら組からの派生ユニット!
森野文子ちゃんと大山アンザちゃんの2人組☆

1stシングル『Just Combination』で、タイトル通り見事なコンビネーションを見せ、2ndシングル『ポケベルNightは5643#』ではコミカル路線で弾けまくり!
そして今回紹介する『SUMMER CANDLE』では、ディスコで映えるダンスチューンに挑戦♪

曲毎に、MOMOのいろんな一面が見えてきます!

『SUMMER CANDLE』は、結局CD化されないままになってしまって残念な曲なんですが、確か発売予定はあったような。

幻のMOMOの3rd(?)シングルですよね~。

BOMB!とかで発売日が出てたと思ったんですよ、ね?
『心のライオン』も未CD化の曲で、『SUMMER CANDLE』とセットでシングルにしてCD化してほしかったですけどね~。

タイトルは当時目にしていて、知ってたんですけど曲がずっと聴けずじまいでして。
当時はこのVHSは購入していなかったので、時代が流れたこの数年で、この曲を知ると言う!
なんとも不思議な過去からの素敵なプレゼントですね♪

『SUMMER CANDLE』と言っても杏里ではなく、オリジナルソングです♪

まさに90年代初期のダンスチューン!
PVの中でも、ボディコンを着てディスコで踊る姿もあり。
時代を感じつつも、当時のカッコよさを追及した1曲だな~、と感じました!

水着まで着ちゃって、アイドルらしさもちゃんとアピールしてくれています。
長袖を着て歌う姿はちょっと暑苦しく見えてしまうんですが、水着で露出が多いのと、長袖で露出を控えた映像との落差を楽しむのが正しいのでしょうかw

やはり大山アンザちゃんはリズム感も良いですね~!
絵になるんだよな~。
日本人的なかわいらしい表情も持ってるし、外人色が強く感じられる瞬間もあって。

森野文子ちゃんは、Berryz工房の熊井友理奈ちゃんとちょっと似ている気がしてなりません。
かわいいです☆
まさにアイドル的でしたね。

こんな対照的な2人ですが、似すぎていない分、2人組として面白い魅力を発揮していたんだと思います。

サビパートではリズムの刻み方が違っていたりして、そこを見るのも楽しいです。
でもビシッと決めるところは合せてくるっていう。
これがMOMOなんだな~、って思います!

『SUMMER CANDLE』は、クールな曲ですね!
曲調も歌詞もクール☆
ひと夏の恋を歌っています!  

笑顔を封印した、笑わないMOMOとして、新たなパフォーマンスを魅せています☆

 ♪I want you そばに感じていたい
  いつもエタニティー
  I want you 風に消えそうな
  サマーキャンドル

夏の燃え上がる恋が、終わりを告げそうになっている模様。
2人の歌声が、切なく夏に響き渡ります☆

 ♪ハウスビート流れたフロア 静か
  サーフボードが壁に 一人

この2番の歌詞が好きだな~。
喧騒の中でも静けさを感じてしまうっていう。
アンザちゃんと文子ちゃんのソロパートも、自然な流れで。
アンザちゃんはちょっとキャピキャピしたかわいさがあったりするんですよね。
テンション高めな感じが受け取れて。
2人で歌うと、アンザちゃんの声が目立っているように思える、そんなグループではありましたね。

ANZAちゃんは現在は「HEAD PHONES PRESIDENT」というバンドのヴォーカルで活動中。
曲聴いてみましたが、驚きました(笑
ロックです!
もう完全に外人さんって感じです(笑
逆に考えると、この子が昔アイドル歌手で、セーラームーンで、とか思うと不思議な感じです☆
まあこっちの路線でいくのがアンザちゃんの進むべき道なんでしょうね~。

まだまだ夏!
『SUMMER CANDLE』を聴いて、サマーキャンドルを消さずに燃やし続けていきましょう♪

関連記事:
*ポケベルNightは5643#/MOMO

2013年8月30日 (金)

Dancing in the shower/田中美奈子

Dancingintheshower
サルが窓を・・・!?

バブルな516曲目~

「Dancing in the shower」田中美奈子
作詞:浦江アキコ
作曲:佐々木研・屋敷豪太
編曲:ESSEX
(1990年8月29日リリース)

田中美奈子ちゃんの4枚目のシングル曲です。

田中美奈子ちゃん、最近また見かけるような気が~。

SKE48の衣装を着て、SKEと共演してみたりと、興味深い活動も(笑

そんな美奈子ちゃんも昔はアイドル歌手☆
女優さんのイメージの方が強いですけどね。

と言っても、美奈子ちゃんは歌手活動も精力的に行っていたようですね!
あの時代にシングル13枚、アルバム5枚も出せているのはかなりの熱の入れようです!

美奈子ちゃんは熱唱系で、カッコいいダンスミュージックをものにしていました!

『Dancing in the shower』はまさに、当時の流行りのダンスミュージックって感じがしますね!

ダンス衣装も様になっています!

ダンサーを引き連れて、気持ちよく歌う美奈子ちゃん!

それが、それが、、、2013年になっていじられてしまうとはw

春に放送された「さんま&くりぃむの第14回芸能界(秘)個人情報CP」で、美奈子ちゃんの加工の映像として、『Dancing in the shower』が登場!
奇想天外なダンスなんて言われてましたね(汗

『Dancing in the shower』の振り付けがまさにそれでw

"モンキーダンス"に"窓ふきダンス"と、爆笑の渦でした+。○’3`)b゚+゚

ほんとに今見ると、突っ込みどころ満載ですよね~笑
当時はカッコいい印象しかなかったのに~。

映像を見なくても、間奏が流れるとモンキーと窓拭きが目に浮かんでしまう☆

そんなお笑い要素もありな(違
美奈子ちゃんの力の入った1曲♪

ボーカルの力強さから、歌手活動の熱意を感じます!
ギラギラな衣装からは、バブリーな感じも伝わってきますね!
まさにバブル時代を彩る1曲です!

案外この曲、当時好きでカセットウォークマンで聴いていたのを思い出したりしてしまいました♪

楽曲は、シリアスな雰囲気漂うダンスチューン!
美奈子ちゃんのナイフのような歌声が、響き渡ります!

 ♪Daincing in the shower
  別れの理由 聞かないままで
  Daincing in the shower
  終わるつもり 情けないわよ
  Daincing in the shower
  別れのキス 交わすかわりに
  Daincing in the shower
  私の頬 ひっぱたいたら?

当時22歳の美奈子ちゃん、お強い(笑
ほんとに強い印象があったな~笑
シャープな顔立ちだから、気が強そうな感じがね。
実際そうだと思いますが(笑
まさに美奈子ちゃんらしい歌詞だな~、と思ってしまいます!

モンキーダンスと窓ふきダンス、覚えやすいから是非やってみて下さい☆

関連記事:
夢みてTRY/田中美奈子

2013年8月28日 (水)

本気!祭!らぶしっく!?/Smile Kiss Gumi(スマイル学園 奇数組)

Photo
夏祭りの定番ソングになってほしい☆

奇数組の515曲目~

「本気!祭!らぶしっく!?」Smile Kiss Gumi(スマイル学園 奇数組)
作詞:ab:fly
作曲:ab:fly
編曲:ab:fly
(2013年8月7日リリース)

Smile Kiss Gumiの1枚目のシングル曲です~

スマイル学園 笑顔のたすきリレー 第2弾ユニット誕生です!!!

第1弾の、SMILE 4 the future(略してスマフォー)からたすきを引き継いで、この夏遂に始動!!

いや~、毎回素晴らしいユニット出してきますねぇ。

スマイル学園の中でも年少組の5人。
"奇数組"という命名は、加入した時期が、1期・3期・5期と、全員奇数だということ。

 田谷菜々子(1期生)
 永島穂乃果(3期生)
 岡崎 苺(3期生)
 水野あおい(5期生)
 会田りか(5期生)
 

またいい名前が付きましたね!
"奇数組"を"Smile Kiss Gumi"にしてしまうところがアイドルらしくて好きですね♪

そんなSmile Kiss Gumiのイベントに行ってきました~!

 CD『本気! 祭! らぶしっく!?』発売記念ミニライブ in 浅草(たすき20本目)

 ■日時:2013年8月11日(日)14時~
 ■会場:浅草ROX屋外スペース(東京都台東区浅草1-25-15)
 ■料金:観覧無料!
 ■出演:Smile Kiss Gumi(奇数組)

 ※ライブ中のスチール撮影、ビデオ撮影可能です!

 ☆セットリスト☆

 01.本気!祭!らぶしっく!?
 02.夢みる☆ほし
 03.GIVE ME A SMILE!
 04.スマイルダイエット~PiPi LaLa体操
 05.ラ・ラ・ラ スマイル
 06.本気! 祭! らぶしっく!?

Smile Kiss Gumiの楽曲『本気!祭!らぶしっく!?』『夢みる☆ほし』の他に、スマイル学園の楽曲も元気に披露していました♪

写真も撮ったので、いくつかアップしておきます!
Photo_2Photo_3Photo_4
Photo_5Photo_6Photo_7
Photo_8Photo_9

ライブ後は、なっちゃんにCDにサインを書いてもらいました~。
Photo_10
『本気!祭!らぶしっく!?』のPVの話しをしてみたら、すっごい嬉しそうに、なっちゃんもPVが気に入っていると語ってくれました☆
特に外でロケをしたところが好きらしいです!
自分も同意です!
走るシーンや神社でシャボン玉をするカットとか、すごくいいですからね!
笑顔で話すなっちゃんを見ていたら、奇数組にかけてるんだな~、ってのが伝わってきました!

と言うことで「Smile Kiss Gumi」、ユニット名も好きですが、メンバーも個人的に推している子たちが集合していて、言うことなしです!

そして衣装もかわいい+.(*’`*)゚+

ミニスカート風の浴衣☆
5人それぞれのカラーもあり、いい衣装ですね~。

そして楽曲も"夏祭り"がテーマの、"和"をモチーフにした楽曲♪

夏に生まれたユニットで、日本の夏を歌ってくれるなんて、やってくれますね!
笑顔のたすきリレー!
まさに本気!今が勝負のスマイル学園!って感じでしょうか。

和風なサウンドで、2013年の夏を盛り上げてくれる5人!
なっちゃんとも話したPVも最高で、何度でも見たい作品!
この夏が永遠ならいいのになあ、と思ってしまいますね☆

タイトルもかわいいですね、『本気!祭!らぶしっく!?』。
"らぶしっく"とひらがななところがまさに小中学生らしくてね。

 ♪夏の夜空にミラクル 夢花火
  たまや~ かぎや~ 夏祭り
  ゆかたに着替えて 艶やかに
  絶対!咲かそう!恋の花

夏祭りの情景が浮かんで、夢のような一時が、広がります☆
気合の入った乙女の恋心が応援したくなりますね。
こんなちっちゃな女の子が勇気を振り絞って恋をするなんて、健気でいいですよね~。

 ♪あーそれっ あーどっこい
  あーそれっ あーわっしょい
  あーそれっ あーどっこい
  あーそれっ あーわっしょい
  あーそれっ あーどっこい
  あーそれっ それっ それっ それっ それっ

このパートがまたかわいいんだな~。
何これ+.(*’v`*)+
PVでこのパート見てると、なんか夢の中に迷い込んだかと思ってしまうメルヘンの世界(笑
和でメルヘンってなんだか違う感じだけど、ほんとに短い夏の、一瞬のきらめきが収められている感じです!

奇数組のイベントの後、スマイル学園のライブにも行ってきました!
そこでもSmile Kiss Gumi大活躍☆

今年の夏の主役は、Smile Kiss Gumiだねって感じでしたね!

そしてその後、Smile Kiss Gumiの3人、NANAKO,HONOKA,ICHIGOからなるユニット「スマイル学園 電音部 UNDERFACE」のライブも観てきたので、この夏スマ学の思い出がたくさんできましたね。
いろんな活動が始まったスマイル学園。

2014年1月5日のなかのZERO 小ホール公演に向けて、いろいろ勝負かけてます!
見逃せません!

Smile Kiss Gumiからたすきを受け取り第3弾ユニットとなるメンバーも、楽しみですね!

関連記事:
スマイルダイエット~PiPi LaLa体操/スマイル学園
放課後バルーン/スマイル学園
SKYTOWER/スマイル学園 電音部 UNDERFACE
充電少女/SMILE 4 the future

2013年8月26日 (月)

いつも ありがとう/井上麻美

Photo
夏の空を見上げて聴きたい曲☆

夏が微笑む514曲目~

「いつも ありがとう」井上麻美
作詞:平間あきひこ
作曲:平間あきひこ
編曲:平間あきひこ
(1992年7月25日リリース)

井上麻美ちゃんの4枚目のシングル曲です~

デビューシングル&セカンドシングルでは、不安や青春時代の苦悩を描いた楽曲を歌っていた麻美ちゃん。
4枚目は、シンプルに、そしてさわやかに、夏のきらめきを閉じ込めた作品になっていますね。

麻美ちゃんはCDを発売する度に、アイドル的なかわいらしい楽曲へと向かっていったのがおもしろい傾向でした。

デビュー曲『青春はちっぽけな僕たち』は難解な気持ちがつづられていますが、『いつも ありがとう』は、タイトルからしてストレートですね♪
素直な気持ちをストレートに表現した楽曲です。

こういうストレートな楽曲、麻美ちゃんに合うな~、と。
麻美ちゃんの素朴な雰囲気が、最高にマッチした曲♪

麻美ちゃんの輝いていた。17歳の夏の1ページ。
草原に佇む少女の姿が思い浮かびますね。

歌う姿も健気で、心にやさしく届きます☆

「アイドル伝説Ⅱ」内でオンエアされた、PVも良かったですね!
淡く輝く光が、優しい楽曲に合っていて。

この曲、静かなイメージがあったんですけど、結構派手な音も多いですね。
コーラスが盛り上げてくれるし、音はさわやかさを重視した、キラキラした音ばかりだけど、全てしっかりしてる感じ。

淡々と進んで行く感じだけど、後半になるにつれて結構盛り上がるんですよね。
麻美ちゃんも、コーラスや音に負けないよう、声を張り上げて歌っているのが印象的です☆

『いつも ありがとう』、、、落ち込んだ時や前に進みたい時の、麻美ちゃんなりの魔法の言葉ですね。

 ♪「いつも ありがとう」と わたしに伝えたい 素直に
  「どうか がんばってね」照れながら 空見上げれば
  雲の切れ間 夏が 微笑む
 

くじけそうな日も、自分を励まし前に進んで行く。
そんな前向きな歌ですね。
夏空を見上げながら、この曲を聴けば、きっと笑顔になれるはずですね!

麻美ちゃんからの、応援歌にもなっていると思います♪

そして最後に「サイバーミーム」の映像!
やっぱり「サイバーミーム」はいい仕事してますね☆
花飾りの麦わら帽子と、白いワンピースがかわいいです!

関連記事:
君が痛みと呼ぶもの/井上麻美
4月にうとうと/井上麻美
恋人になりたいな/井上麻美

2013年8月23日 (金)

サマーナイトタウン/モーニング娘。

Photo
2期メンバー加入☆

5+3の513曲目~

「サマーナイトタウン」モーニング娘。
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:前嶋康明
(1998年5月27日リリース)

モーニング娘。の2枚目のシングル曲です~

モー娘。がこんなにも懐かしいものになるとは!
もちろん1期2期メンバーの時代の話し☆

98年当時のメンバーは、以下の8人。

 中澤裕子(24)
 石黒彩(19)
 飯田圭織(16)
 安倍なつみ(16)
 福田明日香(13)
 保田圭(17)
 矢口真里(15)
 市井紗耶香(14)

あの頃は浮足立ってましたね、モー娘。の登場に!

アイドルと言うアイドルが現れなかった90年代後半。
遂に登場したアイドルグループ、モーニング娘。!

「ASAYAN」の放送が毎回楽しみでなりませんでした!
あの頃は、「ASAYAN」が生き甲斐、みたいな(笑
ほんとにそんな感じでした~。
司会に永作博美ちゃんですしね、その辺も隅から隅まで楽しめた番組でしたね。

この時期と言えば、やはり初めてのメンバー増員ですよね~。

メンバー増員が発表された時のメンバーの反応とかすごかったですね。
なっちが『サマーナイトタウン』の解説でも、嫌だと語ってますね。
そりゃあ嫌ですよね、自分たちが頑張って築き上げた中に、いきなり素人の子が入ってきたら。
気持ちはわかります。
当時の「ASAYAN」の映像も観てみましたが、緊迫感が伝わってきます!

そんな中選ばれたのが、保田圭ちゃん、矢口真里ちゃん、市井紗耶香ちゃんの3人☆

圭ちゃんは正直最初は受け入れられなかったなー。
キャラが立っていくにつれ好きになりましたがw
真里ちゃんは一目で気に入りましたね~。
ちっちゃくて明るそうで、アイドルらしさを感じてました!
紗耶香ちゃんは顔ができあがってる印象で、かわいかったですね!

初体面のシーンとか、ほんとドキドキですよね~。
あの緊張感!
ああいうのを見るのが楽しかったんだよな~。

でも「ASAYAN」で一番好きだったのは、レコーディング風景ですね。
誰がどのパートになるのかっていう。
パート割りの披露とか、ほんと楽しみにしていて。

5人から8人に増員されたモーニング娘。は、デビューシングル『モーニングコーヒー』とはガラッとイメージが変わり、なんだか妖艶で大人っぽい雰囲気の曲に♪
"モーニング(朝)"から"ナイト(夜)"へ!

これがまた良かったんですよね~!

ポップなアイドルサマーソングではなく、ひんやりしたクールなサマーソング♪
正統派で来ると思ったところ、ちょっとしたサスペンスチックな楽曲という意外性!

最初のつんくさんのセカンドシングルの構想では、ビキニで歌う、短い浴衣で歌う、着ぐるみで歌うなどの案が出ていましたが、無事に!?名曲誕生いたしました♪

新人の圭ちゃん、真里ちゃん、紗耶香ちゃんは合いの手要因として、なっちが完全なるセンター!
明日香ちゃんが13歳にして貫禄の歌声で脇をしっかり固めてくれていて。

裕ちゃんと彩っぺの大人の女性のセクシーさも本領発揮☆
いいバランスだったんじゃないでしょうか~。

まあまだまだ5人と3人の間に壁があって、違和感はありましたけど。
歌の構成も、ソロパートは5人のみで、まだ5人で戦っているような。
でもこれが8人としての第一歩ですからね、ここからさらなる飛躍をしていくことを考えると、この関係性もおもしろく映ります☆

やっぱりこの頃のモーニング娘。を見ると、明日香ちゃんの存在もほんとおっきかったんだな~、と感じますね。
コーラスやフェイク的なパートなど、欠かせない存在だったと思います。
細かい部分もしっかりこなせる技術の持ち主ですね!

彩っぺはこういう楽曲の方が生き生きしているというか、合いますね。
コーラスとかでも声が目立ってますね。
裕ちゃんもここぞとばかりにセクシーさをアピール♪
かおりんは、かわいい曲より切ない曲の方が声質に合ってますね。
情念系と言いますか。

なっちは無敵な気がしますね~。
前にも言った気がしますが、このかわいさ、異常です+.(*’v`*)+
まさに"モーニング娘。の顔"です!

PVは、沖縄で撮影☆
青と白でまとめた、夜の雰囲気があるまさにクールな印象です。

曲のイメージそのものって感じです!

 ♪スマイル スマイル スマイル
  どんな笑顔見せても
  心の中が読まれそう
  大人ぶった 下手な笑顔じゃ
  心かくせない
  大キライ 大キライ 大キライ 大スキ Ah

♪スマイル スマイル スマイル♪や、♪大キライ 大キライ 大キライ♪という繰り返しが印象的!
一度聴いたら忘れられないインパクトですね!
ウラハラな歌詞も、乙女ゴコロって感じで、歌詞を聴き入っちゃいますね!

 ♪あなたの中の私はどこよ
  早くクリックしてみて
  南の島の空の鳥みたいに
  あなたに浮かんでみたい

一番好きな歌詞がここだな~。
彩っぺソロからなっちソロへ。
彩っぺもなっちも伸び伸び歌っている感じがいいですね!
新メンバー3人の♪for you…I want you…wow wow…♪も、注目パートです!

今はこの8人も、バラバラになり・・・
結婚、出産などを経験したメンバーや、現在も歌を歌っているメンバーなど。
人生いろいろな感じで。
みんなに幸せになってほしいですね☆

現在は12期生の「未来少女」オーディション開催中のモーニング娘。
今でこそメンバー増員は当たり前で、何も感じなくなってきていますが、2期生加入という衝撃を乗り越えて、今に至る訳ですね~。

これから先も、未来へモーニング娘。をつなげていってほしいです!!
ずっとずっと続きますように!!

関連記事:
愛の種/モーニング娘。
愛と太陽に包まれて/モーニング娘。
愛しく苦しいこの夜に/モーニング娘。

2013年8月21日 (水)

東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 1

新生TPDが、ついに劇場デビューしました~!!!

記者会見、公開稽古&チケット手売り、うちわ配り&渋谷お練りを経て、ついにです!!!

2013年8月15日、初日を迎えました☆
Tpd_2

<東京パフォーマンスドール
  PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ「ワンバイゼロ」)EPISODE 1>
 2013年8月〜2014年6月、演劇とライブが融合したパフォーマンス公演を連続上演!

 約1年をかけて、歌・ダンス・芝居で構成するパフォーマンス公演を 渋谷の劇場「CBGKシブゲキ!!」にて上演。
まずは今年の8月〜12月、『1×0』エピソード1〜5の連鎖公演を行う。
それぞれが独立し完結したストーリーでありながら、 全エピソードを観ることで『1×0』の全貌か明゙らかに。
 東京パフォーマンスドールのメンバーが総出演し、世界で活動するパフォーマンス集団「オリジナルテンポ」を率いるウォーリー木下が演出に挑む。
また映像では、いきものがかりのライブ映像や、劇団☆新感線の劇中映像などを手掛ける、上田大樹が参加。
そして、本公演では、舞台で初の試みとなる「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」の実証実験も行われる。

 作:ウォーリー木下 登米裕一 横山拓也
 演出:ウォーリー木下
 出演:東京パフォーマンスドール 竹下宏太郎

 音楽:和田俊輔 江口 亮 /振付:林 希 竹下宏太郎 長谷川達也(DAZZLE)/舞台美術:BOKETA /照明:関口裕二(balance, inc. DSIGN) /
音響:井上正弘(オフィス新音)/映像:上田大樹(&FICTION!) /コスチュームデザイナー:北迫秀明 /衣裳製作:三大寺志保美 名村多美子 /
ヘアメイク:宮内宏明(M’s factory) /舞台監督:榎 太郎(N.E.T ON)/
技術協力:セイコーエプソン株式会社 株式会社電通国際情報サービス / 衣装協力:Okadaya
企画・製作・主催:株式会社キューブ

というとで、8月18日に観に行って来ました~!

初代TPDのライブは2013年の今でもアイドル系のライブのトップクラスの内容だと思っていたので、それがまた現代によみがえるなんて期待がふくらむばかりでした!!
(まあ、TPDは、アイドルじゃなく、"アーティスト集団"なんだけれども!)

記者会見にはなんと!初代TPDリーダー、木原さとみちゃんまで登場しているではないですか!!!
さとPと、新生TPDが並ぶ姿が見れるなんて、なんと微笑ましいやら。

さとPも語っている通り、TPDのステージは進化していました!
最新技術を駆使したステージは、目を見張るものがありますね~。

まず、開場して中に入ると、なんだか海の中にいるような演出☆
夢の中に足を踏み入れたような感覚ですね!

そして演劇がスタート!!
場内アナウンスも、演出の一つになっていたのですね~。

そして初代TPDの楽曲『ダイヤモンドは傷つかない』からスタート!!!
でも何かがおかしい!
いや、すごい、この演出!!
歌の途中音が一瞬止まったり、速度が変わったり。
演劇の1部なんですが、このバージョン、かなり好きです!
メンバーが発光したりと、不思議な世界を見ている感じでしたね~。

なぜか渋谷の交差点に集まった10人。
空飛ぶペンギンを見て、そこから地下に落とされ・・・

ライブの時間までにはなんとかライブ会場に戻れるように、脱出を試みるメンバー。
5つの扉に2組ずつ分かれて出口を探すというストーリー☆
メンバーの組み合わせはこんな感じ。

 高嶋菜七 × 小林晏夕
 上西星来 × 脇あかり
 神宮沙紀 × 飯田桜子
 櫻井紗季 × 浜崎香帆
 橘 二葉 × 美波沙南

今回のエピソード1では、リーダーの高嶋菜七(たかしま なな)ちゃんと、小林晏夕(こばやし あんゆ)ちゃんの視点での物語が進んで行きます!

2人の心の葛藤が描かれていましたね。
それぞれの境遇にあったキャラクター設定がされていて、TPDとしての2人と重ね合わせて見ていると、応援したくなりますよね。
もちろん実話じゃないけど、デビューする2人の不安な気持ちやドキドキした感情って、こんな感じなのかなー、って。

そして注目は、2人でのユニット曲も披露されるところ。

今回の高嶋菜七ちゃんと小林晏夕ちゃんのユニット曲のタイトルは、『Lost withoutyou』♪
2人の心が離れかけた時に、やっぱりお互いが必要な存在だったと気付かせてくれる曲☆
バラード曲で、劇の盛り上がるシーンでもあるので、感情を入れて歌うことが要求されますね。
それを2人が熱演しています!

本当にちょっとやそっとじゃ体に入らないだろうな、という複雑な動きがたくさんあって、夏休み返上で頑張っているメンバーや出演者さんとスタッフさんたちの、努力が観れましたね!
感動的でした!素晴らしいです!

そして、演劇パートからつながっていくように、ダンスサミット開始!!!

ダンスサミット!!!

この言葉だけでわくわくしてしまいますね!!!

待ちに待ったダンサミなのです!!!

セットリストはこちら。

 ダイヤモンドは傷つかない
 十代に罪はない
 CATCH!!
 夢を
 DREAMIN'(新曲)
 ~アンコール~
 WEEKEND PARADISE

『ダイヤモンドは傷つかない』は劇とのつながりって感じでしたね。
それにしてもこのTPDのシングル曲の怒涛の攻め具合!
もう、感動の何物でもないですねぇ。

『十代に罪はない』とかこんな形で生で観れるなんて!!!
そして大好きな『夢を』もリアレンジで生まれ変わっていた!
振り付けは代わっているので、前の振りをイメージすると違和感なくもないですが、受け入れられますね!
そして新曲の『DREAMIN'』、かなりいい曲です!!(2013年度No.1ソングにしてもいい楽曲♪)
こんな最高の1曲を用意してくるとは、さすが力入ってますね~!
アンコールの『WEEKEND PARADISE』では、客席通路までメンバーがやってきて、会場にいるみんなと一体感を楽しんでいました!

新生TPDの話しが出た時は、正直嬉しいとも言えなかったし、TPDの名前でやらなくても・・・という気持ちもあったんですが、メンバーを見たり、舞台を見ているとそんな気持ちもなくなりましたね。
さとPも言っていたように、前よりも"東京パフォーマンスドール"を大きなものにしてほしいと思います!

まだまだ厳しいレッスンや本番が続きますが、メンバーたちにはがんばって「夢を」つかんでほしいですね!

こちらはメンバーの櫻井紗季ちゃんからメッセージをもらったうちわです☆
Tpd
櫻井紗季ちゃん、1推しで応援していたり゚+(‘v`*)+.゚

それからパンフレット~。
キラキラしています☆
Tpd_3

そして最後に、こんな写真も!

https://twitter.com/TPD_official/status/367987147208278016/photo/1

八木田麻衣ちゃん、木原さとみちゃん、木伏夏子ちゃん、櫃割香奈子ちゃん、川村知砂ちゃんが舞台を観に来ていたのですね~!!
ちーちゃん久しぶりだ~!!!
こんな集合写真、嬉しいですね!
オリジナルメンバーも、なんらか劇などで絡んで来たらおもしろいのに~、と思ってみたりします♪

では、エピソード2でお会いしましょう☆

関連記事:
東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 1
東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 2

2013年8月19日 (月)

セピアの夏のフォトグラフ/吹石一恵

Photo
夏の迷曲!?

ときめきのメモリアルな512曲目~

「セピアの夏のフォトグラフ」吹石一恵
作詞:広瀬香美
作曲:広瀬香美
編曲:広瀬香美
(1997年7月24日リリース)

吹石一恵ちゃんの1枚目のシングル曲です~

一恵ちゃん唯一のCDですね!

魔女ランド倶楽部のメンバーとして活動していたこともあった一恵ちゃん。
一度何かのテレビに出演しているのを見たことはあるけど、やはり一恵ちゃんは当時からオーラが一人違ってましたよね。

そんな一恵ちゃん、1997年に人気恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」の映画化が決定し、藤崎詩織役で映画デビュー☆
まさに美少女街道まっしぐらですよね~。

そして映画「ときめきメモリアル」の主題歌まで担当するという!!

その曲が今回紹介する『セピアの夏のフォトグラフ』♪

一恵ちゃんの歌声は物議を醸し出していますがw
いや、好きですよ。
めちゃくちゃ好きな歌声なんだけれども、見た目とのギャップがすごすぎて脳が追い付かなくなる(笑
少年っぽい感じなんですかねえ。
これ、生歌とか聴いてみたかったな~。
どこかで歌披露とかしたことあるんでしょうか。

それにしても豪快な歌いっぷり!
ためらいがない歌声☆
それも14歳と言う若さから来るものでしょうか。
見た目の繊細な美少女なイメージから入ると、意外すぎるほど意外!
これが一恵ちゃんの魅力とも言えるんでしょうね~。

癖になると、止まらない!
フッキー中毒者続出!?って感じですよね!
中毒者が出るほどに、"ステキ"な歌声なのです♪

気になるのが、動画のコメントに「いとうあさこの曲」って書かれてて・・・汗
そこは否定したいけど、そう言われると同じ系統なような(笑

とにかく一恵ちゃんの歌声のパンチ力は、相当なものです!

曲はさわやかな夏ソングで、きらめきであふれた楽曲♪
青春の1ページですね!
イントロでは、広瀬香美さんが高音ヴォイスで歌い上げます!
そして遂に一恵ちゃんのベールが脱がされる☆

 ♪言葉なんかいらないよ
  みんなが集まれば
  会えなかった時間だって
  一瞬で越えちゃう

こののびのびとした無防備な歌声が、一恵ちゃんの憎めないところですね!
破天荒な歌声が、きっと心に刺さりますよw

 ♪セピアの夏のフォトグラフ
  僕らの宝物だね
  泣いちゃって つらくって
  くじけそうな日々も今になれば笑える

がんばって歌ってるのが伝わってくるんですよね~。
見た目は完全なる美少女なのに、歌になると少年っぽさが顔を出しますね。
高音を出すのが苦手ということらしいので、元気に声を振り絞り、高い音程を乗り切っている感じですかね。

PVは、当時は観たことなかったので、この数年で初めて観ました!
ショートムービー的な感じですね!
歌で全てがかきけされる・・・なんて言いませんよ!笑

このCDには、『O・MA・KE』という謎のトラックも入っています!
自己紹介をしたかと思えば、意味不明のラップ的な音楽に。
これは・・・理解不能w
自己紹介をしている部分は、なんとなく「ときメモ」らしい雰囲気ですね。
どこで録音したんだろう?っていう、遠くに一恵ちゃんがいる感じがしますが(笑

一恵ちゃんにはいろんなタイプの曲を歌ってほしかったな~。
激しいロックとか、歌い上げるバラードとか、コミカルな曲とか。
アルバムで思いっきり遊んでほしかったです!

今現在の一恵ちゃんの歌声も気になるところ。
また歌ってみてほしいですね∑d(*゚∀゚*)
大歓迎です☆

2013年8月15日 (木)

東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 2

TPDお練り、EPISODE 2も行って来ました~♪

■東京パフォーマンスドール スケジュール
<東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 2>
日程:8月4日(日)11時~12時予定
場所:渋谷マークシティ1F エスカレーター前


今回も撮影した写真の中から厳選してUPしておきます☆

Tpd21 Tpd22 Tpd23 Tpd24

Tpd25_2 Tpd26 Tpd27 Tpd28

Tpd29 Tpd210 Tpd211 Tpd212

Tpd213 Tpd214 Tpd215 Tpd216 Tpd217

Tpd218 Tpd2019

2回目ということで、みんなリラックスして楽しんでやれていたかな。

この日は盛況だったため、中断して終了してしまいました。
お練りや「secret TPD Time」というコーナーがなくなっちゃったのは残念でしたが、充分楽しませてもらったのは事実!

ライブ本番に向けて、パフォーマンスを磨くことに集中するのもいいですしね!

という事で、本日8月15日から東京パフォーマンスドールの舞台がスタートします!
今日は行けないけど、観に行きますよ!

ダンスサミットを体験できるのは、ものすごく嬉しいし、楽しみにしています!
いい方向性になっているといいですが。

新たな伝説が生まれる記念の1日になりそうですね。

東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 1

新生・東京パフォーマンスドールのイベントに行って来ました~!

まずは公開稽古&チケット手売り会☆

歌の披露はなかったですが、柔軟体操やダンスレッスンを少し覗くことができました~。
リアレンジされた『夢を』のイントロが、TPDに夢中だった頃の気持ちを呼び覚ましました!

この日は櫻井紗季ちゃんと美波沙南ちゃんの2人とお話ができました。

そしてうちわ配りも行って来ました!

メンバーみんな、一生懸命TPDを宣伝していました☆

「東京パフォーマンスドールです!よろしくお願いします!」

と、声を出しながら、渋谷の街を一緒に歩きました~!

■東京パフォーマンスドール スケジュール
<東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 1>
日程:7月18日(日)14時~16時予定
場所:渋谷マークシティ1F エスカレーター前

<うちわ配布担当時間>
●14:00〜14:15 高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季
●14:15〜14:30 浜崎香帆、脇あかり、飯田桜子
●14:30〜14:45 神宮沙紀、小林晏夕、橘二葉、美波沙南
●14:45〜15:15 渋谷の街をお練り
●15:15〜15:30 高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季
●15:30〜15:45 浜崎香帆、脇あかり、飯田桜子
●15:45〜16:00 神宮沙紀、小林晏夕、橘二葉、美波沙南

 

撮影した写真の中から厳選して、何枚か載せますね!
ちゃんとしたカメラはなく、スマホなのが申し訳ないですが、雰囲気が伝わればな、と。

Tpd11 Tpd12 Tpd13 Tpd14

Tpd15 Tpd16 Tpd17 Tpd18

Tpd19 Tpd110 Tpd111

Tpd112Tpd113

メンバーの健気に頑張る姿が見てると、応援したくなりましたね+.(*’`*)゚+


<東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 2>に続く・・・

2013年8月14日 (水)

青い夏に身をまかせ/Litz Co.

Photo
永遠の夏少女がここに・・・!

湘南から届く歌声!511曲目~

「青い夏に身をまかせ」Litz Co.
作詞:田中律子
作曲:春畑道哉
編曲:葉山たけし
(1993年8月21日リリース)

Litz Co.の1枚目のシングル曲です~

田中律子ちゃんがLitz Co.(リッツカンパニー)名義でリリースしたシングルです♪
なので、田中律子ちゃんとしては、11枚目のシングルになりますね。

当時、りっちゃんの曲を知ったのがこの曲が初めてだったかな。
でも結局これがラストシングルになってしまったんですね。

りっちゃん出演のテレビ朝日系「湘南女子寮物語」のエンディングテーマになっていて、ドラマを見ていたんで、この曲好きでしたね。

このドラマはなんと言ってもキャスティングがすごいな~。
大学生役の田中律子ちゃんの他にも出演者が豪華~☆
高校生役の7人に、高橋かおりちゃん、辺見えみりちゃん、井上晴美ちゃん、水野美紀ちゃん、西野妙子ちゃん、鈴木蘭々ちゃん、小林恵ちゃん。
その他にも三宅亜依ちゃん、村上里佳子ちゃん、そして浅田美代子ちゃんと、アイドルが勢揃い~!!

ドラマのエンディングの映像を見るだけでもそのすごさが伝わってきますね!
ちょっとだけドラマの動画も見ましたが、夏ですね~。
これぞ青春の夏!っていう雰囲気が収められていて、また見てみたい作品です☆

それにしてもサブタイトルがすごい・・・!

 01.7人の非行少女
 02.AV女優になってやる!
 03.レイプなんかブッとばせ!!
 04.H大好き少女の初恋
 05.レディース湘南暴走族!!
 06.わたしはレズ!?
 07.超あぶないアルバイト!!
 08.ラブ・ウォーズ!!
 09.妊娠!?全員退学だ!!
 10.女子寮解散!?別れたくない

こんな危ない内容だったんですね(笑
タイトルを見たらなんとなく思い出してきたような~。

大学生でボランティアで福祉をやっているりっちゃんが、7人の高校生を更生させようと女子寮に出向き奮闘するドラマでしたね。
7人それぞれの個性を生かしたストーリー展開が、おもしろかった記憶があります。

そのドラマのエンディング曲の『青い夏に身をまかせ』は、りっちゃん作詞で、歌手名も「Litz Co.(リッツカンパニー)」になり、新たな試みの1曲となりましたね。

今までのさわやかでかわいい夏から、ラテンのノリでカッコよくキメるりっちゃん!
小麦色の肌で健康的なりっちゃんは、夏が似合います!

22歳のりっちゃんの、渾身の1曲ですよね!
この曲で、新たな音楽の扉を開きましたね。

そして念願の!初のオリコン100位内入り!!!
93位を獲得した訳です!
でも頑張っても93位なのか~、っていう印象ですね。
もっと売れても良さそうなのに、なぜ今までのシングルが100位以内にも入れなかったのか、なんだか謎です。

今回紹介する『青い夏に身をまかせ』もめっちゃいい曲だと思うんですよ!
曲もいいし、歌声も伸びやかで素敵ですよ☆

りっちゃんの曲、まだ知らない曲も多いのでこれからもっと知っていきたいと思います!

『青い夏に身をまかせ』は、一瞬の夏の切なさが切り取られた楽曲ですね。
りっちゃんの乾いた歌声が、さらっと耳に飛び込んできます。

ラテン系のサンバ風なノリが、夏を盛り上げてくれますね!
お祭りみたいで楽しいけど、なんだか祭りの後の雰囲気も感じます。

 ♪ソワソワしてる シートたおして
  フロントガラスに江の島光る
  妙に熱いの そんなに堅くならないで
  お楽しみは これからでしょ love is summer

りっちゃん大人~(つω^*)
アイドルから一皮むけた感じがしますね!

 ♪濡れたままで ドキッと透けたTシャツ
  顔が見えなくなるまで近づいて I want you
  握りしめた この手を離したくない
  青い夏に身をまかせ my love

ひと夏の恋物語ですね~。
この夏の儚さが出ている感じが好きです。
夏が永遠に続けばいいのに・・・と思わせてくれる曲でもありますね。

作詞もして、りっちゃんの才能が開花したというのにこの曲でLitz Co.(リッツカンパニー)が終わってしまうのはもったいなかったですね。
Litz Co.として、もっといろんな曲を聴いてみたかったと思います!

最近、りっちゃんを見かけることもありますが、相変わらずのかわいさを保っていて驚きでした。
りっちゃん、今からでもLitz Co.(リッツカンパニー)やってもいいんですよ(笑

そして、りっちゃんのブログのタイトルが「海 行く?」なのが、今も変わらず夏少女だな~、と納得してしまいました(笑
永遠の夏娘でいて下さい☆

2013年8月 8日 (木)

Little Paris Scandal/こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生)

Cd
レトロな世界へ♪

昭和気分の510曲目~

「Little Paris Scandal」こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生)
作詞:椿名真子
作曲:おのゆみ
(2013年7月24日リリース)

こけぴよの1枚目のシングル曲です~

ここに名曲誕生♪

こけぴよのオリジナルソングに外れなしですよ!
なんなんでしょう、このハイクオリティーな楽曲☆

ほんとにね、こけぴよちゃんはもっと多くの目に耳に触れるべき存在だと思っています。
このまま一部のアイドルファンだけのもので終わらないように、売り出してほしいですね!

それだけの素晴らしい要素があふれているグループですから!

ではメンバーのおさらい。

 スーパーこけこ~ず
  チェリーナ…諸江満奈(もろえ まな)
  あやメロン…前多彩夢(まえだ あやめ)
  のんびりな…佐山莉菜(さやま りな)
  あおむし …二木蒼生(にき あおい)

 スーパーぴよこ~ず
  かのたん …内田夏音(うちだ かのん)  
  あやねずみ…佐山綾音(さやま あやね)
  さくらんぼ…前多咲良(まえだ さくら)
  なっつみん…小椋夏光(おぐら なつみ)

この2つに別れている感じもバリエーションを感じれていいですよね!

そしてそれぞれにスター性のある子がちゃんといるという。

あおむしちゃんは、絶対スターになれる素質を持っていますよ!
みんなが守ってあげたくなるような、そんな子ですし、なにより歌が素晴らしいんですよね。
真面目に歌に取り組んでるっていうのが伝わってくるのも魅力の一つだと思います!
なかなかここまでスター性のある子はいないんじゃないでしょうかねぇ。
あおむしちゃんの歌う『黒ネコのタンゴ』とか大好きなんですよ。
あおむしちゃんには、行く行くは本格派シンガーを目指していってほしいです。
このまますくすく真っ直ぐに育っていってほしいですね☆

そしてかのたん!
かのたんはまた違った魅力がありますね~。
アイドルとして大きくなれそうです!
かのたんはいつかソロアイドルの道も歩んで行ってほしいです。
もちろんこけぴよとして大活躍してくれてもいいのです!

そんな恐るべき人材がグループに2人もいる驚異のグループです!
その他のメンバーもそれぞれいい部分があって、いいバランスのグループになっているのも確かですね。
今の8人での活動を、これからもずっと続けて行ってほしいです!

そんなこけぴよちゃんのデビューシングルのリリースイベントに行ってきました~!

 7/21(日)『こけぴよCD予約イベント』アキバソフマップ1号店
 7/27(土)◆タワレコmin汐留店14:00~こけぴよ

『Heart the forever』も名曲で、この曲はセカンドシングルとして出ないかと期待している曲です!
メンバーも気に入っていて、ずっと歌っていきたいと言ってたので、今後も重要な曲になること間違いなし!

長く続くグループを目指してほしいですね☆
こんなにいい曲がたくさんあって、歌っていかないともったいない!!

それから、レコーディング風景を動画で見ましたが、ブースに入らずみんなの前で歌っていたのが驚き!
あんなレコーディング方法もあるんですね~。
見てる方も緊張しそう(笑
あの中で歌いきったメンバー、すごいです!

『Little Paris Scandal』は、年上チームの「スーパーこけこ~ず」のチェリーナ、あやメロン、のんびりな、あおむしの4人が歌う楽曲☆

ちょっとした映画を見ているような作品ですね♪
おしゃれで上品で、物語性があって。
一秒たりとも目を離せない展開に、グッときます!

イントロの歩いてくる振りなんて、よくできてますね~。
迫ってくるものがあって大好きです+.d(・∀・*)♪゚+.゚
臨場感があっていいですね!

そしてあおちゃんの華麗なボーカルでスタート!
曲の世界に一気に引き込んできます☆

 ♪ちょっと コイキな パリジェンヌ マネて
  ちょっと 子猫な エッセンスを まぜて
  ちょっと オードリーヘップバーンを きどる
  できあがったら レトロに シェイク
  Pure girl Fuu~fuu~fuu Pure girl Fuu~fuu~fuu

素敵です☆
素敵という言葉が似合いますね~。
あおむしちゃんのボーカルをしっかりと支えるコーラスも素晴らしいですね!
チームワークも最高に良いグループだと思います!

 ♪Ah~なみだが ずっと
  Ah~こぼれる ずっと
  Ah~とりこよ ずっと

あおちゃんの歌声が胸に染みますね☆
歌手として大きくここから羽ばたいていってほしいです!
にわとりが大空を飛んで行く、そんな夢のようなストーリーを、きっと見せてくれる8人なのでしょう!

関連記事:
かけめぐるエンジェル/こけぴよ

2013年8月 5日 (月)

夏休み/細川直美

Photo
恋が始まる夏休み♪

CDみたいな509曲目~

「夏休み」細川直美
作詞:栃内淳
作曲:見岳章
編曲:若草恵
(1989年7月10日リリース「ナヴィのはじめて物語」C/W)

細川直美ちゃんの2枚目のシングルのカップリング曲です~

まさに現在夏休み真っ只中!
学生さんは、ね!

まあ自分にも短い夏休みがそろそろやって来ますが、やっぱり学生時代の夏休みって、長くて特別な時間で最高でしたね。
そんなのんびりした時間が流れる曲が、この細川直美ちゃんの『夏休み』ですね♪

直美ちゃん15歳の、青春の夏休みが詰まった曲です。
中学3年生の夏と言えば、そんなにのんびりもしてられないですが、輝く夏を切り取っています☆

直美ちゃんのほんわかした歌声が、またこののんびりした雰囲気を生み出してるんですよね~。

全体的にまったり感が漂っていて、そこが夏休みらしいです。
恋する不思議な夏休みのはじまりですね!

 ♪CDみたいな お日さまが
  窓にはねてる 午後の街
  恋の宿題 やらなくちゃ
  海でスイカも 食べたいな

お日さまをCDに例えるところがいいですよね~。
この幼い歌詞が、なんだか直美ちゃんの絵日記を読んでいる感覚になります☆

 ♪君と歩けば 寄り道も
  胸がときめく 旅のよう
  テイクアウトの Sポテト
  ロマンチックの 味がする

まさに学生時代の夏休みですね~。
Sポテトってとこがかわいいです☆
わざわざSを付けてるとこがね、女の子らしい(笑

CDには、直美ちゃんのコメントも入っています☆
昔はこういうコメントが入ってたりするの、たまにありましたね~。

アイドル時代の直美ちゃんってあまり知らないから、アイドルらしい直美ちゃんのトークが聴けて癒されます!
『ナヴィのはじめて物語』の舞台になっている、湘南を直美ちゃんが案内してくれます!
このトラック、かなりいいですね~。
江ノ電に乗って、このコメント聴きたいです(*´∀`*)
ほんと声からも幼さが伝わってきますね。
この声で歌われたら、最高です!
直美ちゃんは、アイドル歌手をやって正解でしたね!

Photo_4
↑こちらはCDに入っていたものです。

もう8月、短い夏も早足で過ぎていきますが、『夏休み』を聴いてのほほんと過ごしましょう☆

関連記事:
君はどこにいるの/細川直美

2013年8月 3日 (土)

大人になれるかな?/クリス&ダチョウ倶楽部

Photo
ポコアポコ~♪

初代テレビ戦士の508曲目~

「大人になれるかな?」クリス&ダチョウ倶楽部
作詞:秋元康
作曲/編曲:岩崎文紀
コーラス編曲:藤原いくろう 
(1995年9月6日リリース「ガンバレ!アインシュタイン」C/W)

クリス&ダチョウ倶楽部の曲です~

初代テレビ戦士、クリスティー・コーサルちゃんのメインボーカル曲です!
そして当時【NHK 天才てれびくん】の司会を務めていた、ダチョウ倶楽部の3人が、番組内での名称「おあいこトリオ」として一緒に歌っています♪

番組内では、「クリス&おあいこトリオ」と明記されていましたが、CDでは「クリス&ダチョウ倶楽部」となっています。

クリスは、歌が上手かったからか、「ポコアポコ」でという音楽コーナーに大抜擢☆
当時番組を見ていて、他のテレビ戦士とは別格だったように見えました。

「ポコアポコ」は、クリスがCGキャラクターと一緒に音楽を学んでいくコーナーで、楽器や歌を学んでいきました☆

ソロで歌ったり、「ドレミファキッズ」というダンスユニットを結成したり、クリマカーユというアイドルユニットまで結成したり、そしてウエンツ瑛士くんなどを従えてのユニット、「クリス with CHU-CHU-くらぶ」というバンドも結成していましたね!
クリスの音楽活動に目が離せませんでしたよ♪

そんな中、ダチョウ倶楽部をバックにして歌うクリス!
でもこれが侮れなくて、名曲なんだな~。

コミカルソング、ではなくて、ちょっとシリアスな楽曲☆
なんだかザワザワしてくる、心揺さぶる1曲ですね♪

内容は、子供番組と言うことで、子供の切実な思いを綴っています。

大人になることの不安を歌った曲で、子供のままいられたらな、という願いが込められています。

小学生が聴いて、ピンとくるかわかりませんが、19歳だった自分にはちょうどいい具合に共感していた歌詞でした。
子供のままでいたいけど、いれない不安やもどかしさがこの曲に凝縮されています☆

アレンジも、明るいポップスではなく、ブラックな感じですね。
子供時代は貴重だから、大事にしようね!ってことかな~?
こんな気持ち、大人になってからしかわからないですからね。
戻りたくても戻れない、迷いの森に迷い込んだような。
そんな人の運命(さだめ)を歌った曲ですよね、これ。

そんな重い内容の楽曲を、クリスがやわらかい歌声で歌います♪

クリスの音楽能力は高かったですね~。
歌も上手いんですよね!と言うか声質がすごくいいんだと思います!
シルキーコットンヴォイスです+。(◆’v`b)b。+

 ♪どこへ
  どこへ行くの?
  森の中を抜けて
  ちょっと
  待ってちょうだい
  大人になれるかな?

笑顔でキュートに歌い踊るクリス。
このアンバランスさが良かったです☆
ダチョウ倶楽部もおちゃらけてるし(笑
クリスが楽しそうに歌ってるのがわかりますね!

 ♪背伸びをしなくても (いやいや)
  背伸びに追いつくはず (いやいや)
  許されるのなら
  子供のままがいい

子供は子供らしくって言うメッセージですね。
子供の時は、子供を楽しもう!っていう、子供たちへの大人のメッセージが込められている感じがします。

天てれにはまだまだ語りたいことはたくさんなので、今後もちょくちょく天てれソングを紹介していきます!

それにしてもクリスって、もう31歳になっていたんですね!
ビックリ!!

なんかずっと子供のままのような気がしていました☆
大人に・・・なっちゃったんですね(笑

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連