無料ブログはココログ

« I wanna say to.../tomoe | トップページ | 東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 3 »

2013年10月16日 (水)

ピエトロの旅立ち/ジュリエッタ柴田(奥山佳恵)

Photo
謎の歌手、ジュリエッタ柴田登場☆

柴ちゃんの534曲目~

「ピエトロの旅立ち」ジュリエッタ柴田(奥山佳恵)
作詞:長 俊広
作曲:佐藤佳幸
編曲:佐藤佳幸&石川鉄男
(1996年8月1日リリース「ポポロクロイス物語 オリジナル・サウンドトラック」収録)

ジュリエッタ柴田ちゃんの曲です。

ジュリエッタ柴田ちゃん、もうタイトルでネタバレしちゃってますが、奥山佳恵ちゃんのことです~☆

佳恵ちゃんが自分で考えた名前ですよね。
冗談半分でその場でパパッと名付けたナゾの歌手名らしいです☆
佳恵ちゃんらしいセンスですね+.d(・∀・*)♪゚+.゚

この『ピエトロの旅立ち』は、プレイステーション用ゲーム「ポポロクロイス物語」主題歌です♪

当時このゲーム大好きだったんですよ!
絵のかわいさ、メルヘンさが自分の心にクリティカルヒットして☆
一生懸命プレイしてましたね~。

そしてボスを倒して(内容は覚えてないけど)長い旅も終わり、感動のエンディングテーマが~!

そ、そこには!!

なんと奥山佳恵ちゃんの歌声が~!

これ、知らなかったんですよ、佳恵ちゃんが主題歌を担当してるって。
しかも名前が【ジュリエッタ柴田】って、訳わからず(笑
でもどう聴いても歌声は佳恵ちゃんなんですよね~!

もうなんか、エンディングまで行けた喜びと、ここで佳恵ちゃんの曲が聴けた喜びとで、最高のエンディングを迎えることができました!
ゲームで1番嬉しいエンディングだったんじゃないかな(笑

そんな自分にとってはゲームも楽しめて、主題歌も楽しめる、スペシャルな作品でしたね。

Wikiの「ポポロクロイス物語」のあらすじはコチラ↓

 ポポロクロイス王国の王子ピエトロが10歳になった誕生日の夜、
 「ガミガミ魔王」と名乗る盗賊が乗り込んできて、王家の宝
 「知恵の王冠」を国王から奪い取るところから物語が始まる。
 知恵の王冠をガミガミ魔王から取り返すためにピエトロは生ま
 れて初めての冒険の旅に出かけ、途中で出会った仲間の助けを
 得て無事に目的を果たす。その後、死んだと聞かされていた母
 親が生きていることを知り、今度は母親を救うための冒険に出
 る。やがてその冒険は、ポポロクロイス王国の命運を左右する
 陰謀との戦いへ発展していく。

感動的でした☆
ピエトロ王子が仲間たちと旅をして成長していく姿を思い浮かべながらこの主題歌を聴くと、胸が熱くなりますよね!!

佳恵ちゃん、いや、ジュリエッタ柴田ちゃんの素朴な歌声が、アニメの雰囲気にも合ってました。
優しいタッチの絵に、ジュリエッタ柴田ちゃんのほんわかした歌声。
当時はゲーム画面をビデオに録画して、このエンディングテーマを何度も聴いてましたね。

後々、サントラがあることを知り、いろいろ探してやっと購入することができました!
2000年3月8日に再販されていたようで、再販CDをゲット☆

ジュリエッタ柴田ちゃんの『ピエトロの旅立ち』以外にも、インスト曲がたくさん入っていて、こちらもすごくいい曲ばかりなんですよね。
異国情緒であふれ、どこかレトロな雰囲気があり、旅人の気分が味わえて、楽しめるアルバムになっています!

ジュリエッタ柴田ちゃんが歌う『ピエトロの旅立ち』も、まさに"旅立ち"という感じがします。
荒野に一人歩き、勇敢に立ち向かう姿が目に浮かびますね。

 ♪平和を信じていた王子は
  何も気付かずにいた
  幼いピエトロのバースディ
  運命が動く

まさにゲームの内容そのものな訳ですが、それがまた良くて!
佳恵ちゃんに絵本を読んでもらっている感じにもなります☆

 ♪竜の剣に手をかざして
  ピエトロは強くなる
  さあ倒せ氷の魔王を
  もうすぐだ

佳恵ちゃんのほんわかした歌声が、物語をシリアスにしないところが素晴らしいと思います!
この安心感が、「ポポロクロイス物語」の"売り"なんじゃないかなって☆

そしてこの曲、槇原敬之さんの『もう恋なんてしない』のカップリング曲『夏のスピード』と、似ていたりする訳ですが、これにはからくりがあり。
『ピエトロの旅立ち』編曲者の佐橋佳幸さん(松たか子ちゃんの御主人さんですね)が、『夏のスピード』の演奏をしているということです。
なので、こういう音は佐橋佳幸さんの伝統芸的な?笑

あ~、それにしてもマッキーの『夏のスピード』もいいんだよな~。
どっちも好きな曲です!
歌声が違いすぎるので、似ているとはいえ全く別な雰囲気になっていますけどね!

コチラ↓はジュリエッタ柴田についての佳恵ちゃんブログの記事です!
http://ameblo.jp/okuyama-yoshie/entry-10122014031.html
カラオケでも歌えるのか~!
歌いたい!!

関連記事:
ロマンスBU・SO・KU/奥山佳恵&フィフティーン・キャンプ
友達以上になれなくて/奥山佳恵

« I wanna say to.../tomoe | トップページ | 東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 3 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

やっぱりアイドルはホラーよりメルヘンですよね!!
でもホラーとメルヘンって紙一重な部分もあるんですよね(笑)
佳恵ちゃんのブログ【実はあたしなんだけど。(ノ´▽`)ノ】ってめちゃくちゃ強調しててかわいい(笑)
ってか「夏のスピード」に似すぎです!
どちらも名曲ですよね。
佐橋佳幸さんもめっちゃタイプなんですよ。松たか子ちゃんが羨ましい!
そういえば、大藤史ちゃんの「五月の風時計」、松たか子ちゃんの曲が好きな方に聴いてほしいですね。絶対ストライクだと思うのですが。
佐橋さんご自身の曲に「僕とロージーとみんな」って曲あるんですね。残念ながらYouTubeにないですが。めっちゃ名曲なのに夏の友達さんにお聴かせできないのが悔しい!あたしの人生のベストソングの上位に入るくらい名曲なんです。
今は♪ロージー~の部分を♪ロッシー~と歌詞を変えて歌いたい気分(大笑)
櫃割かなちゃんもアイドルラッパーですね!あまりにも「天使のらくがき」と「SHAKE IT!!」のイメージが強すぎて「HOW TO LOVE FOREVER」が地味な存在になってますが地味に名曲ですよね!凄くカワイイ♪当時好きだった彼が大絶賛していた1曲です(笑)
夏の友達さんが書いて応募したCoCoとribbonの歌詞、下書きとか残ってたらぜひ読んでみたいです!
あたしも当時ribbonの書いたんですけど結局気に入らなくて応募はしなかったんだったかな(笑)

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
はい、アイドルはやっぱりメルヘンです~!
エビ中の「オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~」はなぜかすごい好きですけどね(笑

ホラーとメルヘン紙一重、なんだかわかります。そういうものですよねえ。

佳恵ちゃんブログ見ていただけましたか~!
【実はあたしなんだけど。(ノ´▽`)ノ】ってかわいいアピールですね(笑
レコーディングした当初はヒットゲームになんてなるとは思わなかったでしょうね。
もはや佳恵ちゃんの代表曲になりました!

「夏のスピード」に似てますよね~。編曲者がつながってるからパクリとは言えない、兄弟的存在の作品ってところですかね!
どちらも名曲です!!

佐橋佳幸さんタイプでしたか(笑
マッキーのコンサートに出ていたので見かけたことあります~!
松たか子ちゃんがうらやましがられてる~笑

大藤史ちゃんの「五月の風時計」、確かに松たか子ちゃんの曲が好きなら好きになれる曲ですね!!

佐橋さんの曲「僕とロージーとみんな」ですか。そうですね、知りませんでした><
人生ベストソングの上位に!!!!それは、すごい1曲ですね!また機会があれば聴けたらと!
あはは、ロッシーになっちゃいましたか(笑 ロッシー優しそうですしね~!

櫃割かなちゃんもの「HOW TO LOVE FOREVER」も大好きなんですよ!!!
いつかこのブログにも登場すると思いますが、かなちゃんのラップも最高だったと思っていて。かわいいですよね~!好きだった彼、大絶賛ですか(笑
それは思い出に残りますね~!

自分の中学生の時にCoCoとribbonの応募した歌詞ですか~。
実家にあると思います!
でも、ひどい内容だと思いますよ(笑
覚えてるのはなんか「アップル☆サマー」とか言って(笑
そこしか覚えてないんですが、そんな感じです~^^;

ラパスさんもribbonの歌詞書きましたか!!!応募しなかったのですね、残念。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/53615186

この記事へのトラックバック一覧です: ピエトロの旅立ち/ジュリエッタ柴田(奥山佳恵):

« I wanna say to.../tomoe | トップページ | 東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連