無料ブログはココログ

« 大きな風/亜波根綾乃 | トップページ | クラスメイト失踪事件/ソフトクリーム »

2013年11月 6日 (水)

恋する夏の日/胡桃沢ひろ子&さくら組

Photo
もうすぐ冬だけど夏♪

くるみーの542曲目~

「恋する夏の日」胡桃沢ひろ子&さくら組
作詞:山上路夫
作曲:森田公一
編曲:藤原いくろう
(1991年11月6日リリース)

胡桃沢ひろ子ちゃんの2枚目のシングル曲です。

1973年7月1日に天地真理ちゃんが発表した曲のカバーですね!
真理ちゃんのヒット曲を、91年にひろ子ちゃんがチャレンジ!
年末の賞レースの為にも名曲を引っ提げて勢いを付けよう!って感じかな!?

くるみーこと胡桃沢ひろ子ちゃんは、桜っ子クラブさくら組のメンバーで、『なにがなんでも』ではセンターはってましたね!

くるみーと一緒に歌っているメンバーは、さくら組の4人!

 加藤紀子
 小林美香
 三井美佳
 中元綾子

デビュー予備軍のさくら組を従えての歌唱は、後ろの4人にも注目してしまいます!
加藤紀子ちゃんの歌声がわかりやすいですね!
くるみーの細くて軽い歌声とは対照的な歌声だったりするんでね。
紀子ちゃん強いw

くるみーのキャラクターは、天然ボケって感じでしたよねw
なんかいつもぽわ~んとしている印象があります*゚($’v`$)。*゚
愛されるキャラクターでしたよね。
バラエティ番組でもボケボケな発言が多く、楽しませてもらっていました~。

歌に関しては、上手ではないようでしたが、くるみースマイルがあれば乗り切れるでしょう!
かわいい歌声していましたしね~♪

そんなひろ子ちゃんの『恋する夏の日』は、タイアップも2つもあったんですね~。

 ANB系「歌謡びんびんハウス」エンディング・テーマ
 NTV系「うるとら7:00」オープニング・テーマ

タイアップもあり、良くテレビやラジオで耳にしたな~と!
この曲は結構プッシュされていた印象がありますね!

賞レースでも結構見ましたよね~。
ほんとに夏の曲なのに、秋冬に良く聴いていたと言う珍しいサマーソングかな。

天地真理ちゃんバージョンより、POPで元気な雰囲気が濃くなっている感じですね!
リズムも早くなっている感じで、90年代らしさが出てますね。

衣装から振り付けから何から、テニスをしている雰囲気が伝わってきます!
くるみーのさわやかな笑顔が夏を演出していましたね☆
季節は冬になっても、『恋する夏の日』の映像を観ると、夏のテニスコートを思い浮かべたものです。

曲の方は言うこともなく名曲ですね!

テニスコートで白い朝もやなんて、きらめきの世界ですよね!
これぞ健全なアイドルです!

真理ちゃんとは全く違う歌唱のくるみー。
真理ちゃんは高い澄んだ歌声って感じですが、くるみーは鼻にかかった甘い歌声って感じですね。
話している時の声とほとんど一緒かな~、という感じの歌声。
17歳のくるみーのきらめきの一瞬が聴ける曲ですね!

くるみーはやっぱりアルバムが出なかったのが心残りだな~。
シングル5枚出しているのでミニアルバム位は出してほしかったですね。

くるみー、いろんな芸名を経て、今は「胡桃沢ひろこ」なんですね!
"ひろ子"の"子"が、"こ"になっただけですが、画数的なものでしょうかね。
まあくるみーはくるみーってことで(*´v`)

動画の中の曲紹介でのコメントがいいですね!

 「大好物の豆大福を食べて、周りの人たちに大きな福を与えたい☆」

らしいです(笑
名言☆
くるみーらしい発言で好きだな~、これ!
天然キャラだったくるみーのほんわかしたところが出てますね!
『恋する夏の日』を聴いて、大きな福を受け取りたいです♪

ブログでは現在のお姿も見れますが、アイドル時代のキュートさは失われていませんね!
http://www.players.ne.jp/~hirorin/index.html
「ASAYAN」の再起オーディションで見た時は、工場か何かで作業をしている姿がなんだか切なくてしかたがなかったんです。
そんな試練を乗り越えて今はまたタレント活動もしていて、楽しそうな雰囲気を感じるので良かったです!

関連記事:
恋してZOO/胡桃沢ひろ子

« 大きな風/亜波根綾乃 | トップページ | クラスメイト失踪事件/ソフトクリーム »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

くるみーはもったいない逸材だったですよね~この時代はアイドル性よりも個性が重要視されてたから今みたいなアイドルブームの方がくるみーみたいなキャラは人気出たでしょうね。
ホントだ!紀子ちゃん強い!大事なサビの部分はほとんどもってかれてますね(笑)
確かに夏の曲でも秋冬によく聴いていたら自然に今の時期に聴きたくなりますよね。あたしも夏のアルバムでも実際購入したのが冬だったりすると寒い時期に聴きたくなるアルバム多いですよ~
91年当時、73年の「恋する夏の日」なんて古い曲を…って思ってましたが、例えばOPDの「Shiny Days」を今年現代アイドルがカバーするような感覚なんですね。そう考えるとあまり古く感じない(笑)ちなみにこの曲だったらキャラリボちゃんあたりがはまりそうですね。
ASAYANでそんな切なくなる映像があったんですね…よりにもよって工場仕事って…せめてOLとかスッチーにしてほしかったですね(^^;
あたしホント当時ASAYANって観た記憶がなくて…今考えたら興味深い企画がたくさんあったんですね。dosの時も当然デビューが決まった際に知って…リアルタイムで観てたらやっぱり興奮や感動や驚きがあったんでしょうね~
あ、生稲晃子ちゃんの「北斗七星の一夜」なかったですね!?残念~これもヨシマサ先生の名曲のひとつなんですね、ホント生稲晃子ちゃんにはもったいない名曲なんですよ(失礼)
りえちゃんか、グッピーに歌ってほしかったなぁ~せめて生稲晃子ちゃんと同時期アイドルなら満里奈ちゃんとか…
あ、春にはおはガール卒業なんですね!?そういったシステムとか知らなかったので残念…
あたし、吉川日菜子ちゃんにソロデビューしてほしいんですよね~あの声質は貴重です(笑)

>ラパスさん

コメントありがとうございます!!
くるみー、逸材でしたね~!くるみーもキャラクター的には陽気でおもしろかったんですけどねえ。いつも笑ってるイメージがあります!今の時代の方がマッチしたアイドルだったかも知れないですね、確かに!

サビは紀子ちゃんの声、かなり強烈ですよね!声質的に目立ちますね、紀子ちゃん^^

そうなんですよ、「恋する夏の日」は布団にもぐって聴いていたイメージが(笑
やっぱり自分が良く聴いていた時期の印象が曲に反映されるんですね!

確かに91年に、73年の曲、かなり古い曲と言う認識がありました。でもそうなんですね、今から20年前と言えばOPDとかですもんね!そんなに古いとは思えない!
曲自体に古さを感じないですしね!
「Shiny Days」なんて今でもそのままでもありです!!
キャラリボちゃん歌ってほしいですね!大阪のアイドルですしね!

「ASAYAN」はほんと当時ハマってまして。くるみーのは切なかったですねぇ。
確かナイナイも切ながってましたよ、その映像^^;
工場でおにぎりかなんかを作ってたのかなー、切ないですよねー、華々しく活動していたアイドルが。そうそう、OLとかテレアポとかやってたらまだなんかね。スッチーも華々しい転職ですねえ。元アイドルたちも苦労しているんですねえ。

ASAYANは興味深い企画たくさんでしたよ。やはり元アイドルがたくさん登場した再起オーディションあたりはねぇ。くるみーに横山知枝ちゃんにWINKさっちんに稲葉のあっちゃんにと。そして西野妙子ちゃんもねぇ。登場した時ほんと叫びましたよ(笑
そして合格を願ってました!dosになった時はうれしかったですよ~。また妙子ちゃんの歌が聴けるって!

生稲晃子ちゃんの「北斗七星の一夜」なかったです><
ヨシマサ先生の曲なんですね!晃子ちゃんにはもったいない名曲ですか^^;
どんな曲だろうかと思いがふくらみますねぇ。
晃子ちゃんももっと勉強してみます!こないだベストを聴いたりしてたんですけどね~!

今のおはガール3人はもしかしたら同時に卒業かもですね。
ひなこちゃん残留の可能性ありかもですが。その辺わかりませんね、春にならないと。
たぶん、高校生になったらもう卒業なのかな~、という予想です!

もしかしたら、もう1年位続けてくれるかも知れないですけどね!

ひなこちゃん、ソロデビューしてほしいです!!わかります!!自分もひなこちゃんの歌声には1stシングルから注目してまして!
こいしょ!!!のソロバージョンとかほんと最高だったんです、ひなこちゃん。
ほんと貴重な声質ですよねえ!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/53834360

この記事へのトラックバック一覧です: 恋する夏の日/胡桃沢ひろ子&さくら組:

« 大きな風/亜波根綾乃 | トップページ | クラスメイト失踪事件/ソフトクリーム »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連