無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

フェルトのペンケース/森恵

Photo
みよちゃんの遠距離恋愛☆

手紙を待つ566曲目~

「フェルトのペンケース」森恵
作詞:岩室後子
作曲:来生たかお
編曲:山本健司
(1989年9月リリース「夢見る時間」C/W)

森恵ちゃんの7枚目のシングルのカップリング曲です。

森恵ちゃんは女優の認識しかなかったんですが、アイドル歌手だったんですね~。
そして現在は作詞家をされてるそうで。
それも別名を使って活動してるとは、気になりますね。
アイドルの楽曲に携わってると嬉しいですよね。
まさかのあの作家さんが、森恵ちゃん!みたいなことになるのでしょうか。

そんな森恵ちゃんのアイドル時代の素敵な楽曲。

テレビアニメ「キテレツ大百科」エンディング曲ですね。
シングルメイン曲の『夢見る時間』が、オープニング曲になってました~。

『夢見る時間』はオープニングに相応しい明るくポップな楽曲。
その反面、『フェルトのペンケース』は、エンディング曲らしい切なげなバラードソングです。

この対極的な2面性のあるカップリング、いいですよね。
1枚で2度おいしい、みたいな(´∀`*)

特に『フェルトのペンケース』の子供アニメには合わなさそうな、大人の雰囲気のあるバラードに興味を持ちました!

子供が『フェルトのペンケース』を聴いていると思うと、なんだか不思議な感じですね。

と言うか当時は自分も子供だったわけで。

この曲、なんとなくイントロが聴き覚えがあって。
「キテレツ大百科」は見ていた時期があるので、子供の頃この曲聴いていたんですね。
こうやって時代を超えて、好きになるとは思ってもみませんでしたが。

子供心にはこの曲の良さがわからなかったのかなー。
いいですねー、まさに80年代のバラード曲だなーって。
今になって、しみじみ聴いて、良さを実感しています。

この曲は、アニメの曲として子供の頃に聴かせておいて、大人になった時にいい曲だと思わせる、時限爆弾のような曲なのかな?笑
でもまさにそんな名曲だと思います!

ある意味長く愛される曲を目指した1曲とも取れる楽曲☆

楽曲単体で聴くと、ドラマの主題歌のような、恋愛ドラマの世界を感じます。
それがアニメにハマると、また違った良さも出てくるんですね。

アニメとのミスマッチな雰囲気がまたいいんです。
コミカルタッチのアニメなのに、エンディングでこんなドラマティックな曲を持ってこられると、ドキドキしますね。
いつも明るく元気なあの子の、ちょっぴり大人な部分を見てしまったようで。

みよちゃんがそのイメージでもあるということですね。
センチメンタルみよちゃんが、子供心をくすぐるのでしょう。
大人への第一歩、みたいな☆
こうやって子供は大人の階段を上っていくんだなー、と思いました(笑

この曲、タイトルも大好きなんですよね。
『フェルトのペンケース』・・・響きがいいですね。
文学的な香もして。
なんでもないものなのに、曲になると、切ないアイテムになりますね。
そのやわらかなイメージが、心をくすぐります。

 ♪遠ざかる 電車に手を振って
  信じてた 愛は変わらないと…
  途絶えがちな便り
  私の見えない人になる

最初から子供にはわからない世界。
♪私の見えない人になる♪ってのが切ないですよね~。
手紙もなかなかこなくて、手紙だけでは姿も見えず…。
今の携帯電話ですぐに連絡が付く時代には考えられない、まさに80年代の遠距離恋愛ですね。
恵ちゃんの歌声も、大人の女性の雰囲気で、子供心に何を思って聴いていたのか思い出してみたくもなります。

 ♪そう、フェルトのペンケースそっと
  忘れないでと 手渡した
  あぁ、フェルトのペンケースから
  心へと返事書いて 欲しいの

都会に行ってしまった彼とつながるフェルトのペンケース…。
フェルトの優しい手触りを頼りに、じっと返事を待つ気持ちが綴られています。
心からの叫びですね、心へと返事がほしいって。

携帯やネットが普及した現代。
たまにはフェルトのペンケースで、お手紙もいいですね。
今となっては手紙を書くと言ったら、アイドルに手紙を書く位ですが(笑

2014年1月29日 (水)

白いページの中に/茉奈佳奈

Photo
心に染み渡る☆

やすらぎの565曲目~

「白いページの中に」茉奈佳奈
作詞:柴田まゆみ
作曲:柴田まゆみ
編曲:新屋豊
(2010年3月31日リリースのアルバム「ふたりうた3」収録)

茉奈佳奈の3枚目のアルバム収録曲です。

大人になった三倉茉奈ちゃん三倉佳奈ちゃんの、カバーアルバム集!!

70年代80年代の楽曲を頻繁に聴くようになったこの頃。
注目しておきたい作品が、茉奈佳奈のカバーアルバムですね!

こういうのも過去の名曲を知る勉強になります!

《ふたりうた3》は、カバーアルバム第3弾!
茉奈ちゃん佳奈ちゃんの2人がセレクトしたカバーアルバム!
収録曲のテーマは「私たちが伝えたい曲、思い出の曲」ということで、茉奈ちゃんと佳奈ちゃんの歌への思いが込められたアルバムですね。
これがやっぱりポイントですよね~、茉奈ちゃんと佳奈ちゃんの2人で選曲されたというところが重要だと思います!

NHK朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」で、昭和の名曲に触れていた2人らしさが出ていますね。
《ふたりうた3》の収録曲はコチラ↓

 <収録楽曲>
 01.さくら(独唱)/ 森山直太朗
 02.最愛/ KOH+
 03.渡良瀬橋/ 森高千里
 04.fragile/ Every Little Thing
 05.オリビアを聴きながら/ 杏里
 06.何度でも/ DREAMS COME TRUE
 07.白いページの中に/ 柴田まゆみ
 08.もらい泣き/ 一青窈
 09.未来へ/ kiroro
 10.ナチュラル/ NOKKO

茉奈佳奈のセンスが光るアルバムですね~。
『最愛』もいいよねー♪

アコースティックなシンプルな雰囲気が、茉奈佳奈の素朴な雰囲気に合っていて、穏やかな気持ちになれます。

そんな茉奈佳奈の良さを引き出してる曲が、この『白いページの中に』かな、と思いました。
他にもいい曲がいっぱいありますけどね。

この『白いページの中に』は、元曲は知らなかったんですけど、柴田まゆみさんという方の、1978年8月に発売されたデビュー曲なのですね。
柴田まゆみさんも知りませんでしたが、素敵な曲ですね☆
きれいな景色が、1曲に閉じ込められていますね。
心の中に飾ってある、色あせない絵画のようです。

70年代の雰囲気が伝わってくるような、ノスタルジーを感じさせてくれて、心が洗われます☆
これぞ、【ラグジュアリー歌謡】なのですね!

茉奈ちゃんと佳奈ちゃんの歌声は、似ているようで少し違っていたり。
そして2人の強みはハーモニーですね♪
美しい旋律を奏でています☆

茉奈佳奈の綺麗な歌声が聴ける楽曲ですね。
瞳を閉じて聴きたくなります。
歌の世界が瞳の裏側に映し出されるようで。

 ♪いつの間にか 私は愛の行方さえも
  見失っていた事に 気付きもしないで

いいですね~。
ゆったりした穏やかな時間が流れています。
忙しい日々の疲れを癒してくれるようですね。

 ♪長い長い坂道を 今登ってゆく
  好きだった海のささやきが 今は心にしみる
  よみがえる午後のやすらぎも 白いページの中に

一つ一つの歌詞を、大切に歌ってるのが伝わってきます。
茉奈佳奈の2人が、耳元で歌ってくれるような感じがしますね。
マイナスイオンが出ているような。
輝いていた時代を蘇らせてくれるような、そんな曲かな。

この『白いページの中に』、伊藤智恵理ちゃんや上原多香子ちゃんもカバーしていたんですね!
智恵理ちゃんと多香子ちゃんバージョンも、聴きたくなります!

茉奈佳奈の曲もまだ全部聴けていないので、チェックしていろいろ素敵な曲を見つけ出していきたいですね。
アンティークな小箱を開けて、宝石のような楽曲たちに出逢えそうな気がします☆

関連記事:
ちびまる子音頭/ManaKana

2014年1月27日 (月)

金のリボンでRockして/志賀真理子

Photo
魔法のアイドル パステルユーミ☆

Rock lockの564曲目~

「金のリボンでRockして」志賀真理子
作詞:麻生圭子
作曲:山川恵津子
編曲:山川恵津子
(1986年2月25日リリース「フリージアの少年」B面)

志賀真理子ちゃんの1枚目のシングルB面曲です。

真理子ちゃん、今まで避けて通っていましたねぇ。
19歳と言う若さで不慮の事故でお亡くなりになっていて・・・。
そういう話聞くと辛いですからね、なかなか曲を聴こうと思わなかったんですよ。

でもふいにYouTubeの関連動画に出てきた真理子ちゃんの曲を聴いてみたら、めちゃくちゃいいじゃないですか!

楽曲も素敵なアイドルポップスで、歌も上手く、しかも声質が素晴らしい!
個性的で、とてもいい声してるな~、と一気に魅了されてしまいました☆

今回紹介する『金のリボンでRockして』は、《魔法のアイドルパステルユーミ》のオープニングテーマソング♪
その《魔法のアイドルパステルユーミ》(1986年)で、主人公、花園ユーミの声優もやっていたんですね。
それだけ声に魅力があります!

パステルユーミは、「魔法の天使クリィミーマミ」、「魔法の妖精ペルシャ」、「魔法のスターマジカルエミ」に続く、ぴえろ魔法少女シリーズの第4作目と言うことですね。
ペルシャあたりまでは見ていた記憶もあるんですが、ユーミとなると、微妙に記憶になくて。
見たことがあるのかもしれないですけどね。

魔法少女シリーズの中でも地味な存在になってしまったらしいですが、これは見てみたいですねえ。
いつかDVD-BOXとか購入して、アニメ全話見たいと思います!

しょこたんも、真理子ちゃんのこと大好きなようですね☆
ブログにも真理子ちゃんの話題がたびたび登場しているようで↓
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-10300237774.html
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-10377140411.html
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-10377138473.html
『金のリボンでRockして』をしょこたんにカバーしてほしいです!!
めちゃくちゃ合うと思うんですよね~。

しょこたんも大好きな真理子ちゃんの楽曲たち。
今でも時代を越えて愛され尊敬される、素敵な歌声なのですね。

『金のリボンでRockして』はまさにアイドル!
ちょっぴり切ないメロディに、キュンとなります。
真理子ちゃんの歌声も、表現力が豊かで、引き寄せられますね。

短いイントロからグッと心をつかむ感じ。
アニメのオープニング曲としても最高の1曲ですね。

 ♪好きなの だれより
  a-ha 心配を させたくて
  通りへ飛び出した

少女が背伸びをして年上の男の子の気を引こうとしている気持ちが、歌声に込められていますね。
少女と大人の狭間が上手く感じ取れる歌詞とメロディ、そして歌声ですよね!

 ♪金のリボンでホラ
  Rock lock
  逃げられない
  目をそらしちゃダメ 危ないから
  いつも いつも 気にしてほしいの

名曲!!
真理子ちゃんの優しい歌声に包まれますよね~。
本当に素晴らしい逸材・・・。

真理子ちゃんのアルバム、オーダーメイドファクトリーで出ていたんですね。
当時は避けていたこともあり、買う気は全然なかったのですが、やはり今になって欲しいですね。
また再販してくれることを願います!

真理子ちゃんの素晴らしい歌がずっとこの世界に響き渡るといいですね☆

2014年1月24日 (金)

哀愁のページ/小林千絵

Girl
ヤマハ初のアイドル☆

じゃりんこチエちゃんの563曲目~

「哀愁のページ」小林千絵
作詞:円広志
作曲:円広志
編曲:鷺巣詩郎
(1983年10月21日リリースのアルバム「涙★GIRL」収録曲)

小林千絵ちゃんの1枚目のアルバム収録曲です。

小林千絵ちゃんと言えば、関西のバラエティ番組で良く見ましたね~。
現在の状況ははっきり知らないんですが、大阪にいた頃は良くテレビで見かけていました。

なので、関西のバラエティタレントの印象しかなく(笑

でも千絵ちゃん、アイドルだったのですね~。
バラドルとして活躍している姿を見ていた頃は、そんなことも知らず・・・。
しかも、かなりの実力者!!

なにこの歌のうまさ!!

こんなに素晴らしいものを持っていて、バラエティで活躍していたなんて、もったいなくもあり。
歌手としても、上手くいけばヒット曲を獲得できたかも知れないと思う程。

歌のうまさだけではなく、楽曲の良さも光っています☆
これだけのハイクォリティな楽曲を投じ発表していたのにヒットに結びつかなかったのは謎とも言えますね。
やはりもったいない!
もったいないおばけが出ちゃいますよ(笑

そんな千絵ちゃんの近況を知ろうと、千絵ちゃんのブログを見てみると、ちょうど83年組の同窓会の様子が記事になっていました!!
http://ameblo.jp/chie-koba/entry-11753930092.html
83年組と言えば、花の82年組の勢いに押されてパッとしなかった不遇の83年デビューのアイドルたち。

 木元ゆうこ、桑田靖子、徳丸純子、松本明子
 大沢逸美、小林千絵、森尾由美

先日レビューした松本明子ちゃんのブログ記事も貼っておきます。
http://ameblo.jp/akiko-m-we/entry-11754324125.html?frm_src=thumb_module

"不作の83年"と呼ばれたりしていますが、そんなことはありません!
83年組も素晴らしいアイドルがデビューしているんですよね。
ただ売れなかっただけで、不作とは思えない面子がそろっています!

芸能界の荒波にもまれてたくましく育った83年組の面々、これからも歌やアイドル業に、頑張っていってほしいと思います!!
やはりみなさんのライブが観てみたいですよね!
単独ライブか合同ライブでもやってくれないかな~。

83年組、結束力も強そうなので、いつかきっと!

と言うことで、小林千絵ちゃんの話しに戻ります!
千絵ちゃんは、1979年12月、芸映プロが主催した「ヒデキ(西城秀樹)の弟・妹募集オーディション」で準優勝したんですね!
その優勝者が河合奈保子ちゃんだとは!

その後、第1回ヤマハボーカルオーディション「ザ・デビュー」で1万人の中から優勝して、83年に歌手デビューを果たしたんですね。
河合奈保子ちゃんは80年デビューだから、それから3年目にしてやっとデビューできたということで、嬉しかったでしょうねえ。
デビュー時の83年で19歳ですから、もっと早くデビューできなかったものかと思ったりしますが。
でも千絵ちゃんは、確かな歌唱力で勝負に挑んだんですね。

なかなかヒットに恵まれず、その後は関西でお笑い系タレントとなりましたが、歌の心は忘れずに活動していってほしいですね。

この『哀愁のページ』は、ファーストアルバム「涙★GIRL」に収録された曲。
「涙★GIRL」も素敵な作品ですよね。
『涙☆GIRL』を聴いて、いい曲だ~!となり、『哀愁のページ』を聴いて、名曲ーーー!!!ってなって、即アルバムを購入してしまいました。

『哀愁のページ』は千絵ちゃんと同じ大阪出身の歌手、円広志さんの作った楽曲でもあり、素晴らしいです!!
円広志さんの曲も実は昔一時期聴いていた頃もあり、好きなので、そんな円さんがアイドルにも名曲を提供していたとは!という驚きと称賛☆
円さんも大阪のバラエティ番組で良く見ていましたからね、千絵ちゃんと共に馴染み深くて。

そういった関西人の2人のつながりにも感動して、じっくり曲を聴いています♪

この名バラード、シングルカットしなかったのはもったいなかったですね~。
またもったいないというワードが出てきてしまいましたが、ほんと千絵ちゃんは器用貧乏というのかなんなのか。
いろいろと才能を持て余している気がしてなりませんね~。

とにかく、今後も多くの人に聴いてもらえたらいいな、と思える曲だと思います!

 ♪素直な気持が言えなくてダメね
  もっともっと私の事
  解って欲しいの

美しいメロディに美しい歌声。
この透き通る歌声、千絵ちゃんのキャラとは正反対(笑
極上の一時を与えてくれますね☆

 ♪私の心の最後のページは
  貴方に心をこめて唄う歌があるから

しなやかに歌い上げていますが、その歌声からはアイドルらしさも感じ取れます。
まさに高級アイドルですね。
この安定感、アイドルとしては面白みに欠けるところはありますが、やはり魅力的です!
心をこめて唄う歌・・・まさに千絵ちゃんのアイドルとしての生き様のような。
このあともアルバムを出していてくれたら、さらにこの曲の域も深まっていったんですけどねぇ。

千絵ちゃん、大阪のバラエティタレントとしか思えなくてスルーしてきてましたが、こんな才能を持っていたなんて、今更気づかされましたね。
アルバムも購入したので、じっくり聴いていきたいと思います☆

2014年1月20日 (月)

ブルー・ライト・ヨコハマ/上原多香子

Photo
大人になった多香ちゃん☆

昭和へ飛び立つ562曲目~

「ブルー・ライト・ヨコハマ」上原多香子
作詞:橋本淳
作曲:筒美京平
編曲:長田直之
(2004年2月25日リリース)

上原多香子ちゃんの9枚目のシングルです。

SPEEDの上原多香子ちゃんがいしだあゆみ役を演じた、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」の挿入歌で、劇中で歌われていた曲です☆

朝ドラはあまり見ていないので、これも見てなかったですねぇ。
でも多香子ちゃんが歌うシーンだけでも見ておけばよかった~、と思いました。

このいしだあゆみちゃんのカバーも、当時あまり気にせずスルーしちゃってたんですよね。
MVも最近になって初めて見た位で。

MVがすごく気に入ったんですよね、この曲。
曲自体はいしだあゆみちゃんのイメージが強い曲ですし、昭和感満開で。
まあそこも好きなんですけど、MVの新しい中にもレトロな雰囲気が漂っているところが好きで。

多香子ちゃんは顔立ち的にもはっきりしていて現代の美女だな~、と思うので、昭和が似合うとは思えないんですけどね、
ドラマをきちんと見ていなかったこともあり、多香子ちゃんとこのレトロ感の合わなさ加減が逆に引き付けられてしまいました。

横浜の赤レンガ倉庫近辺で撮影されたMVは、シンプルに綺麗な街並みと綺麗な多香子ちゃんを堪能できますね。
ピンクの春色のコートを着た多香子ちゃんがいいですね。
ちょっと春めいた雰囲気を感じ取れるのもこのMVの好きなところです。
この頃は、女優業にも力を入れていた多香子ちゃんだけに、女優としての魅力も感じ取れます。

後半は星空の下で、横浜の夜景に包まれた多香子ちゃんも観れます!
CGの合成だけど、このプラネタリウム感、ファンタジーを感じますね☆
綺麗な夜景が最高です。

MVの撮影レポートはコチラの公式サイトでチェックできます!
http://avex.jp/uehara/special/blue_light_yokohama/

楽曲は、昭和43年に発売されたいしだあゆみちゃんバージョンを、いくらか現代風にアレンジされたもの。
少しダンサブルさは出たとはいえ、原曲の良さは充分残してあります。

多香子ちゃんの歌声は、アイドル的でもあり、親しみやすいですよね。
そんなボーカルと、このノスタルジーを感じる楽曲が、リンクしていきます。

イントロから懐かしさが漂っていますね。
ザッツ歌謡曲な感じがお気に入りです☆

多香子ちゃんの飾り気のない歌声が、昭和歌謡にも合いますね。
間奏の波止場の音みたいなのがまたいい雰囲気を醸し出してますね!

当時21歳の多香子ちゃん。
若くて元気なSPEED時代から、大人路線の『ブルー・ライト・ヨコハマ』へ。
おもしろい試みだと思いました!
このまま昭和歌謡のカバーを続けてみるのもおもしろかったかも知れないですね。

カップリングは同じくいしだあゆみちゃんのカバー『あなたならどうする』。
こちらも懐かしくも切ない楽曲で、昭和の空気を感じることができて、最高ですね!

とにかく『ブルー・ライト・ヨコハマ』、MVが大好きです!!

2014年1月17日 (金)

悲しい探偵/松本典子

Photo
胸が高鳴る☆

きゅんきゅんきゅんの561曲目~

「悲しい探偵」松本典子
作詞:荒木とよひさ
作曲:三木たかし
編曲:戸塚 修
(1986年12月1日リリース「COSMOS LANE」収録)

松本典子ちゃんの2枚目のミニアルバム収録曲です。

「COSMOS LANE」、未チェックでした。

典子ちゃんのCDはいくつか集めてたんですけどね、全て集まっていない状態で。
このアルバム自体もCD化されていない?ようで。

そんな中、「COSMOS LANE」から衝撃の曲に出会いました!!

『悲しい探偵』!!

すごい不思議な楽曲ですね~。
タイトル通り、切ない始まりで、センチメンタルな気分で聴いていたら、いきなり典子ちゃんがかわいい振り付けでキュンキュン言い出して(笑
一瞬何が起きたのかと状況が把握できませんでしたw

二度見してしまいそうな楽曲(笑
二度見ソングと名づけたい位(●U艸U●)

切ない雰囲気の中、ちょっぴりオアシスが出現したような気分☆

典子ちゃんは歌もしっかり聴き取りやすくビシッときめてくれているし、振り付けもきまってるんですよね~。
真面目さが伝わってくるような。

そんな典子ちゃんだからこそ、この不意打ちの♪きゅんきゅんきゅん♪が際立っているように思えます。
コントも真面目に取り組んでいた典子ちゃんの面白いところは、そういう真面目さが生み出していたんじゃないかな~、と思いました!
真面目な子だからこそおもしろくなる、みたいなね。

しっとりバラードを歌い上げていた子が、急に今までの雰囲気とは違った振り付けと歌を歌いだすという衝撃的な展開。
本当に何度も何度も観たく(聴きたく)なる、不思議な魅力を持った楽曲です!

シングルとしてのリリースもされてほしかった位です。
でもこうしてテレビでも歌披露されて動画が残っているのはありがたいですね。

内容は、好きな人のことをいろいろ知りたい女の子の気持ちを歌っていますね。
好きすぎて切ない、みたいな気持ちが伝わる楽曲です。
イントロは紛れもなく切ないバラード路線。

 ♪モナリザみたいな 微笑だけで
  あなたを見つめることが出来たら

寂しげですね~。
典子ちゃんの歌の世界へのめり込んでいきます。

 ♪胸がキュンキュンキュン
  探偵してる キュンキュンキュン
  悲しい位 キュンキュンキュン
  好きだから 悲しい

そしてサビ!!
やっぱりすごいね。
マイナー調の楽曲に、こんなキャッチーな歌詞を入れ込んでくるとは素晴らしいです!
一気に心つかまれましたからね。
癖になります。
キュンキュンキュンのあと、ためるところなんて息をのんでしまう程。
引付けられますね☆

典子ちゃんのまっすぐな歌声に、胸がきゅんきゅんきゅんしちゃいます(笑

関連記事:
青い風のビーチサイド/松本典子
NO WONDER/松本典子
儀式(セレモニー)/松本典子

2014年1月16日 (木)

東京パフォーマンスドール DVD「PLAY×LIVE『1×0』」EPISODE 1・2 予約特典プレミアムイベント

TPDのDVD予約特典イベントに行ってきました~!

 東京パフォーマンスドール DVD「PLAY×LIVE『1×0』」EPISODE 1・2
 予約特典プレミアムイベント
 【日程】
 エピソード1の部:2014年1月5日(日)14:30集合/15:00開演予定
 エピソード2の部:2014年1月5日(日)18:30集合/19:00開演予定
 【場所】
 タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
http://towershibuya.jp/

当日参加メンバーは、休養中の美波沙南ちゃん以外の9人のメンバーでした。
沙南ちゃん、待ってるからね~(●’x`*)⌒%

今回はお正月と言うことで、メンバー全員が晴れ着で登場しました~!

 写真はコチラのサイトで見れます!↓
 http://www.whatsin.jp/news/48322
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000298-bark-musi
 http://natalie.mu/music/news/107171
 http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/17313

会場では、各エピソードの主演メンバーをイメージしたドリンクも販売してました。
Tpd
自分は何気に上西星来ちゃんの飲み物を買って、飲んでみました!
弾けるおいしさでしたよ☆

イベント内容は、書初め発表や、ニコ生チャンネルでやっているコーナーを行っていました。
高嶋菜七ちゃんの「滑舌女王への道」、小林晏夕ちゃんの「小林晏夕のアドリブ選手権」、脇あかりちゃんの「脇あかりの大丈夫っちゃ!」、上西星来ちゃんの「上西星来のマジックワード」のコーナーで、盛り上がりましたね!

初々しいトークを繰り広げてくれていました~。
そんな中、何やら大御所のような人が一人(笑
うさきちゃんこと神宮沙紀ちゃんのキャラクターが確立されてきていておもしろかったです☆
どんな話でも入って行ける、強さを感じましたw

イベントのあとは晴れ着姿のメンバーと握手会。
緊張でしたが一人一人話せましたよ!

橘二葉ちゃんは黒の晴れ着が艶やかでした!
シックな雰囲気も似合っていましたね~。
和風美人、という感じで!

浜崎香帆ちゃんは言いたいことあったけど言えなかった~。
香帆ちゃんからアンコール公演勧められて時間がなく~。
「1×0」の香帆ちゃんの好きな台詞があるのでね、そのことを言おうかと。
また今度ね。

脇あかりちゃんは笑顔がまぶしいですね!
一度「大丈夫っちゃ!」を目の前でやってほしいです。
いつかリクエストしてみたいところです!

特に楽しかったのは、やっぱりいさきちゃんこと櫻井紗季ちゃんですね~。
「晴れ着、桜ですね!」と言うと、いさきちゃん、自分の着ている着物を確認して、「桜!!(私も)櫻!!今気付きました(笑)」という会話ができたので満足です☆
あの嬉しそうに驚いた表情は忘れません!

飯田桜子ちゃんはなんだかいつもより、より幼く見えましたね!
ピンクのかわいらしい晴れ着で。

神宮沙紀ちゃんは、大御所感満載で(笑
自分もその大御所な雰囲気の話しをしましたが、みんなに言われていたようですね!
2回目の握手では、お互いあまり言うことが見つからず、うさきちゃんが「い~つ~も~あ~りがと~ございま~す~」みたいな間を埋めるかのような伸ばし気味の口調になり、2人で手をブルンブルンして遊んでました(笑

上西星来ちゃんはお上品で~。
ほんとに可憐でしたね!

小林晏夕ちゃんは髪型の事とか話したら、喜んでくれて良かったです☆

あとはやっぱりリーダーの高嶋菜七ちゃんの対応の素晴らしさ☆
菜七ちゃんがリーダーで良かったですよね~、このグループ。
ほんとそう感じました!

と言う感じで1回目と2回目の握手の話しをまとめました~。

で、握手の後は、チェキ撮影会。

DVD「PLAY×LIVE『1×0』」EPISODE 1~5のコンプリート予約をすると、メンバーとチェキが撮れるということで、撮ってきました~。

メンバー全員か、メンバー一人を選んでサイン入りのチェキかを選べるんですけど、迷った末やはり櫻井紗季ちゃんと撮ることにしました!
サインも入れてくれることですしね!

で、紗季ちゃんとのツーショット。
ダンスサミットの「十代に罪はない」の振り付けが大好きなんで、「十代に罪はない」の振り付けでお気に入りのポーズがあれば・・・というちょっといさきちゃんに委ね気味なリクエストで。
すると、隣で振り付けを手だけでハイスピードでやってました!
間近で見れて感動~☆
そして、手をメガネみたくするポーズで止まり、「これだと顔が隠れるからダメか」といさきちゃん、また別のポーズを提案してくれました~。
そして撮りました~。

サインが大満足な内容でした~!
Tpd_2
これは素晴らしい☆
「十代に罪はない」という意味が、なんだか分かった気がします(笑

全員のサイン入りのタオルや、パンフレットが入っている福袋も購入できて、大満足なイベントでした!
Tpd_3
今後もエピソード3・4・5とDVD発売イベントは続いていくので、楽しみですね!

そしてそのイベントとはまた別なんですが、forTUNE musicさんから、いさきちゃんチェキをいただきました!
ありがたい~!!!
新年から最高なプレゼントです!
Tpd_4
天使がうちに、舞い降りました☆

幸せます☆ミ

関連記事:
東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 1
東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 2
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 1
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 2
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 3
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』エピソード3.5「トーク&エピソード5チケット手売り会」
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 4
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 5

2014年1月14日 (火)

おっとりガールの憂鬱/秋本帆華(チームしゃちほこ)

Photo
おっとりガール登場☆

名古屋レッドの560曲目~

「おっとりガールの憂鬱」秋本帆華(チームしゃちほこ)
作詞:浅利進吾
作曲:浅利進吾
編曲:今谷忠弘・高山英丈
(2013年12月21日リリース「時計じかけのユニットたち vol.1 愛知県体育館盤」収録)

秋本帆華ちゃんの企画盤シングル収録曲です。

チームしゃちほこのセンター☆
【名古屋レッド】ほのかちゃんのソロ曲!!

チームしゃちほこが、12月21日に愛知・愛知県体育館で開催されたワンマンライブ「愛の地球祭り2013」の会場で先行発売された「時計じかけのユニットたち vol.1」に収録された曲です。
この曲は、愛知・名古屋センチュリーホールにて開催されたワンマンライブ「チームしゃちほこサマーフェスティバル~略して“しゃちサマ♪”~これでいいのだ!」で、初披露された曲ですね。

自己紹介では「おっとりとりとりほのかです♪」というキャッチフレーズもあり、まさに"おっとりガール"です!

ほのかちゃん、おっとりしてそうなほんわかした見た目だけでなく、声も本当におっとりしていてかわいい!
アイドル歌手として逸材ですよね☆

ものすごく声が魅力的で、だからほのかちゃんには、ソロの曲も歌ってほしかったんです!

そんなほのかちゃんのソロ曲がまたメルヘンガール♪
星や花に語りかけると言う、少女漫画に出てくる女の子のようです☆

予想外のバラードでしたけどね!
ほのかちゃんソロだと、ゆるめのポップチューンになるかと思いきや!

ほのかちゃんのおっとしりた声に拍車がかかるほどの、おっとりした楽曲に仕上がっていて。
寝る前に聴く、"おやすみソング"としても最適ですね!
ほのかちゃんのおっとりした歌声で、1日の疲れを癒してくれそうですよね。

なんだか幻想的で、夢の中の物語のような、そんなふわふわした気分になれます。

台詞が入ってるところが、ほのかちゃんの声の魅力を引き出していていいですね。
これがあるとないとでは全然違いますね。
ほのかちゃんの歌声もいいけど、話し声もまたいいもので。
チームしゃちほこの楽曲でも、やはりほのかちゃんの台詞は重要ですからね!

イントロから不思議な雰囲気が漂っています。
ちょっぴり切なさを感じながらのはじまりですね。

 ♪お星様 ねえ答えてよ
  私このままでいいの?
  星と星 線でつなげて
  星座にして答えを探すの

メルヘンな世界観にぴったりなボーカルです!!
何か、世界名作劇場とか、グリム童話みたいなアニメのエンディングとかでかかってそうな☆

 ♪うーん、どうしてだろう?
  うーん、なんでだろう?
  うーん、やっぱりそうなのかな?
  ねえ、夜空に輝くお星様達
  どうか、私の答えを教えて

このおっとり感がたまらないですよね!
アレンジが一気に派手になっていくのもドラマティックです。
ラストはなんだか心のざわめきのようなものが聞こえてくるようですね。
ドキドキしてしまいます。

ほのかちゃんには今後もソロ曲も歌っていってほしいな~。
なんならチームしゃちほこの活動と並行してソロデビューしてほしいです。
ほのかちゃんの歌声は、もっといっぱいCDで残していくべきですから!
いろんなタイプの曲も聴いてみたいです!

今回は「時計じかけのユニットたち vol.1」と言うことですので、この後も枚数重ねて行ってほしいと思います!
期待してます☆

2014年1月11日 (土)

続・竹取物語/松本明子

Photo
現代版かぐや姫誕生☆

Moonlightの559曲目~

「続・竹取物語」松本明子
作詞:安藤芳彦
作曲:安藤芳彦
編曲:奥 慶一
(1984年6月10日リリース「夏色のギャルソン」B面)

松本明子ちゃんの3枚目のシングルB面の曲です。

また名曲に出逢った~!!

2013年はデビュー30周年記念初オリジナル作品「くとうてん」(2013.11.20)というアルバムも発売し、歌手活動も再開した明子ちゃん!
自費制作でアルバムをリリースしたんですね。

もうちょっと早くこの『続・竹取物語』に出逢っていたら、リリースイベントでこの曲について話したかったな~。
またいつか、機会があればね、明子ちゃんに話しますよ!

その「くとうてん」発売の動画もなんだか感動しますね~。
ずっと歌いたかったのが伝わってきます。

アイドル時代、デビューした年(1983年)がアイドル不作の年となってしまったことや、仕事がなかったことなど語っていますね。
あと、放送事故の事とかw

アイドル時代の明子ちゃんの振り返りができる面白い動画でした~。

明子ちゃんと言えば、『♂・♀・KISS(オス・メス・キス)』しか印象になかったんですけど、こんな素敵な曲が隠されていたなんて!
アイドル時代、隠れた名曲が誕生していたんですね!!

『続・竹取物語』、シングルA面で出すべき曲だと思いました!
個性的な楽曲で、個性的な明子ちゃんにもぴったりだと思うんですよね!

「竹取物語」の世界観をそのまま現代版にしたような感じが素晴らしいですね。
和風な雰囲気もありつつ、でも現代っぽく。
不思議な世界に迷い込んだ気がしますね☆

アレンジもなんだか不思議でおもしろくて。

歌詞も竹取物語を意識している場面もあり、かぐや姫が現代に舞い降りたかのようですね!
それだけでドラマチックに思えてきます☆

 ♪指先が燃えるほど
  愛せれば幸せね
  テレパシー送っても
  あなたには通じない
  もうすぐ迎えに来るね
  あなた次第だわ夜は
  二人だけのもの

アレンジとか良く聴くとおもしろいですよね~。
ちょっとミステリアスだったり、でも楽しくて。

 ♪だから今すぐTouch Me
  月帰れえればGood Bye
  どこか遠くへつれてって
  My Boy

サビも軽快でいいですね!
♪Good Byeとか♪Moonlightの響きのかわいさも癖になりますね!
♪My Boyでしっかりアイドルアピールもできてます☆
サビに続く間奏がまた良くて。
メルヘンな世界へ飛びだっていきそうな壮大さも感じます!

1つの動画でしかこの曲を歌う姿は見てませんが、衣装もなんだかおしゃれですよね~。
当時の目線で言うと、きっと最先端だったんじゃないかな~、って。

この曲が収録されたシングルを最後にアイドル界から月に旅立ってしまった明子ちゃんなのでした(´・ω・lll)
四文字事件でお迎えが来てしまうとは(汗
その後はポツポツと企画物の楽曲を発表していきましたが、歌に未練があるのはアイドル時代を紐解くとわかりますね。
月からまた舞い戻って、素敵な歌を歌ってくれることでしょう☆

2014年1月 9日 (木)

PIRA★星物語/若林加奈

Pira
光り出すPIRA☆

PIRA PARIPIRARU♪558曲目~

「PIRA★星物語」若林加奈
作詞:夏目 純
作曲:尾崎亜美
編曲:萩田光雄
(1985年3月1日リリース)

若林加奈ちゃんの1枚目のシングル曲です。

加奈ちゃん、ここ最近知った80年代アイドルです☆

デビュー当時15歳!キャッチフレーズが【45%妖精】!
そして歌手デビュー曲が『PIRA★星物語』と言うことで、キャラクター勝負のアイドルで売り出そうとしていた感じですかね~。

 45%妖精
 僕がはじめて好きになったヒトは妖精でした。

ってなんだか映画のようで、ドキドキしますね☆

妖精であり、未知なる星からやって来た宇宙人であり、みたいな。
絵本の中から飛び出したような、メルヘンアイドルですね~!

"5cm浮いている"という設定まであったんだそう!
ドラえもん的なやつですね(笑

加奈ちゃんに関しては、調べれば調べるほど面白い存在ですね!
でもどこか謎のベールで包まれています。
やはり、地上に舞い降りた妖精だったのでしょうか(笑

という冗談はさておき(汗

立派なファンサイトも存在しているんですね~!
http://blogs.yahoo.co.jp/tumotakimako
ここで加奈ちゃんの貴重な活動記録が得れるので、助かりました!

加奈ちゃんは、写真を見るとたれ目が特徴の素朴な女の子って言う印象です!
写真や映像によって、結構印象変わる感じがしますね。
おとなしそうに見えたり、やんちゃに見えたり。

『PIRA★星物語』は、物語と付いているだけに物語性が高く、曲だけに留まらず、「PIRA★光の天使」という短い小説なようなものもあったのですね。
そうした読み物などと連動して、メルヘンの世界を築き上げた1曲ということですね!

その物語とは、少女と星の妖精の男の子との恋物語だったんですね~。
"PIRA"が星の妖精の男の子の名前なのですね。
曲だけ聴いてもなんのことだかわかりませんでしたが。

でも切ないストーリーですねえ。
女の子がPIRAとの愛を選んで、光になるという。

曲の方はメルヘンなかわいらしい楽曲です!
イントロが魔法少女系のアニメソングのようですね。

 ♪PIRA PARIPIRARU
  このメロディー 唄う夜
  PIRA PARIPIRARU
  空を越え 来てくれる……

呪文のような言葉が耳に残りますね!
加奈ちゃんの特徴的なビブラートが震えているように感じます。
宇宙へ旅立つ少女の鼓動が伝わってくるようですね。

 ♪不思議だわ PIRA
  光り出す PIRA
  あなたの体 エメラルド
  言葉より PIRA
  胸を打つ PIRA
  あなたの Signal 感じる……

緑に輝く宇宙人を想像してしまいます(笑
実際そのイメージで間違っていないのかもしれませんが。
ちょっとドキッとしてしまいますね☆

小説のストーリーを読んでこの曲を聴くと、やっぱり切なさがこみ上げてきますね。
歌詞のラストにも、♪切なさは……PIRAのメロディー……♪とありますしね。
PIRAが少女に触れると、少女は光になってしまう。
PIRAの優しさも伝わってきますね。

不思議なコミカルソングと思いきや、心にグッとくるストーリーが秘められていたんですね~。

そんな加奈ちゃん、妖精キャラはこのデビュー曲の時だけだったのでしょうか?
それも気になります(笑

2014年1月 7日 (火)

Fantasyが始まる/モーニング娘。

Fantasy
今年の1曲目は干支ソング☆

馬が登場!557曲目~

「Fantasyが始まる」モーニング娘。
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:大久保薫
(2010年12月1日リリース「Fantasy! 拾壱」収録曲)

モーニング娘。の11枚目のアルバム収録曲です。

毎年恒例の、年始の1曲目は、その年の干支にちなんだ楽曲!
2014年は、午年!!
【馬】が出てくる楽曲として選んだのが、この曲です!
馬!と言うか、馬車ですが(笑

でも「はじまり」の1曲としてもいいですよね~。
と言うことで『Fantasyが始まる』です!

アルバム曲は、メンバー8人がそれぞれフューチャーされていて、それぞれの個性も感じられるアルバムですね!

そんな中で、『Fantasyが始まる』は、タイトルからアルバムの表題曲のようなものですね。
つんくさん曰く、アルバムの主題歌と位置付けているように。

道重さゆみちゃん中心の歌唱で、さゆみちゃんのキュートでセクシーな歌声が魅力的です!

道重さゆみちゃんの歌声には、エフェクトがかかっている感じですね。
これは山中すみかちゃん方式ですかねw

すみかんは声量がなくてそれを補う為に歌声に被せとかエコーとかエフェクトとかで厚みを持たせていたということが聴いたことがあります。
それが楽曲の魅力にもつながっていて。
さゆみちゃんも同じような効果なのかな~、と。
エレクトロな加工でさらに魅力がでますよね~、さゆみちゃんの歌声は☆

なんだろう、こういう機械的な歌声にしても、ピンクのイメージがあって。
かわいらしさがちゃんと出ていると言いますか。
それでいてセクシーなんですよね~。
当時はさゆのメイン曲とか珍しいと思ってましたが、今やさゆみちゃんの歌声は欠かせません!

さゆみちゃん、まだまだモーニング娘。'14で頑張ってほしいですね~。
さゆみちゃんの歌声はやっぱりモー娘。に必要だと思います!

この曲は、レコーディング時の8人体制でライブでは披露されていないんですね。
この後、9期メンバー加入後のツアー、「モーニング娘。コンサートツアー2011春 新創世記 ファンタジーDX~9期メンを迎えて~」で披露されたようで、そこではもうメンバーが変わっていたのでね。

結構この後、メンバーチェンジが激しかった時期ですね。
アルバム「Fantasy! 拾壱」がリリースされた当時のメンバーは、以下の8人☆

 新垣里沙
 高橋愛
 道重さゆみ
 亀井絵里
 田中れいな
 光井愛佳
 ジュンジュン
 リンリン

アルバム発売直後の2010年12月15日に、亀井絵里ちゃん、ジュンジュン、リンリンが卒業していき、5人となったモーニング娘。
5人って、それはそれで新鮮でしたね。
デビュー当時は5人でスタートだったので、これはこれで貴重な時期でもありましたね。

そこから2011年1月2日に、9期メンバーとして、譜久村聖ちゃん、生田衣梨奈ちゃん、鞘師里保ちゃん、鈴木香音ちゃんが加入して、9人に!
ほんと目まぐるしい時期のアルバムでしたね。

時代が変わる直前に、現在のモーニング娘。が歌っても違和感のない、次世代へ向かう楽曲がこうしてできていたのも、何かの始まりを感じさせてくれます!

イントロからカッコいいですね!
ほんここ最近のモーニング娘。の曲だと言われても違和感のない感じ!

 ♪身体が勝手に求め始めるの
  Crazyでごめんね
  かぼちゃの馬車を正面に回して!
  ファンタジーが始まる
  Fantasyが始まる

つんくさんの言うように、現代と幻想が入り混じった世界ですね~。
メルヘンの中に毒がある、みたいな。
かぼちゃの馬車を正面に回して!って、なかなかの言葉ですよね(笑

 ♪体が勝手に動き始めるの
  SEXYでごめんね
  ガラスの靴はこの手の中にある
  ファンタジーが始まる

さゆみちゃんのセクシーでキュートな歌声から、愛ちゃんの力強い歌声!
そして愛ちゃんのフェイクがほんとカッコいい!
この対比がまたおもしろいですね!

つんくさんのアルバム「Fantasy! 拾壱」に関する記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/tsunku-blog/entry-10723599481.html

関連記事:
愛の種/モーニング娘。
サマーナイトタウン/モーニング娘。
愛と太陽に包まれて/モーニング娘。
愛しく苦しいこの夜に/モーニング娘。
Only You/モーニング娘。
One・Two・Three/モーニング娘。

2014年1月 1日 (水)

2013年 アイドルポップス ベスト130発表

2013年、早くも終了してしまいました!
今年は諸事情で年始のご挨拶はできませんが、今年も変わらず宜しくお願い致します。

と言うことで、毎年恒例の企画!
2013年に発売されたアイドルポップスの中から、「夏の友達」が独自のランキングを付けて行きます!

個人の好みのランキングなので、偏りとかあると思いますが。
あとは入れ忘れや、自分が抑えきれていなくて聴いてない名曲っていうのもあるかもですが~。

では、今回は130位まで紹介したいと思います!
いろいろ曲をかき集めていたら、160曲程度のランキングになっていて。
さすがに下位にいくほど順位が曖昧になって来るので、130位でまとめました。
それでも長いですね^^;

それではまずはここから、22位からカウントダウン形式で1位まで紹介していきます!

 【22位】未確認中学生X/私立恵比寿中学
  SFチックなイントロがわくわくする!!
  スペーシーな雰囲気の中にエビ中らしさを散りばめていて、聴いてて飽きません!

 【21位】恋するフォーチュンクッキー/AKB48
  国民的な名曲ですね~!さっしーメインでここまでの名曲が誕生するとは!?笑
  この幸福感、素晴らしいです!!  
  48グループには今後、この曲をどんどん超えていく作品が出てくることを期待!

 【20位】リバース/コピンク*(宮本佳林)
  佳林ちゃんのアイドル歌手としてのポテンシャルの高さを感じまくりです!!
  佳林ちゃんには今後もソロ曲を歌わせるべきですね!!

 【19位】My Graduation Toss/さくら学院
  元気で明るい曲だけど、どこか切ない!
  卒業ソングの名作誕生ですね!美しい涙で輝いてます☆
  さくら学院のクオリティの高さを思い知らされます!

 【18位】お願い☆マイハート!!/星野みなみ(乃木坂46)
  この曲は、最初聞いた時に驚きましたね~。
  星野みなみちゃんがこんなにアイドル力が高い子だったとは!!
  「サビいくよッ」が、最強です!!!

 【17位】I'm Your Manager!!!/私立恵比寿中学
  Twitterで歌詞を募集していた楽曲☆
  採用されていて、感動しました!一生の宝物です!
  ありがとうございます!

 【16位】まりっか'17(セブンのティーン)/伊藤万理華(乃木坂46)
  乃木坂46のまりっかのソロ曲が大健闘!!
  その場で歌ったような歌唱も、味があって素晴らしいです☆
  MVもなんだかかわいくて。最後には白くまりっくま登場w

 【15位】Dear my tiara/二木蒼生(こけぴよ)
  あおむしちゃんの美しい歌声が聴ける曲ですね!
  真面目に歌に取り組む姿にも、胸打たれます!   
  最高のバラード誕生です!

 【14位】夏サンキュ!!!/おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!
  おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!の弾けるサマーチューン!
  PVもこれまたいいんです!!
  今年でちゅ!ちゅ!ちゅ!は卒業だけど、短期間に素晴らしい作品を残してくれました!

 【13位】旅立ちの朝が来た/スマイレージ
  これはPVも最高!春らしくて希望を感じれる明るい旅立ちの曲!
  ♪旅立ちの♪のメロディが印象深くて大好きですね~。

 【12位】君だけにChu!Chu!Chu!/てんとうむChu
  48グループの新人を集めたユニット!!
  やっぱりこういうの、最高にフレッシュさが出ますね!
  それだけで高得点付けてしまいます!かわいさしかないです!!

 【11位】キミに39/星名美怜
  さいたまスーパーアリーナで1人で歌う美怜ちゃんを見て、一気に魅了されました!
  360℃アイドルの美怜ちゃんは、まさにアイドルでした!
  アイドルに磨きをかけて頑張っていってほしいです☆

 【10位】フレ!フレ!サイリウム/私立恵比寿中学
  エビ中のライブでの人気曲がついにCD化!!
  9人の気持ちが一つにつながる曲!
  この曲はライブで感動的なシーンになりますね!

 【09位】またあえるかな/安本彩花
  この曲は2012年の日本青年館のライブが印象的ですね。
  2012年なのでだいぶ前の印象ですが、CDは2013年にリリースされたのでランクイン!
  彩ちゃんの透き通る、ミントの歌声(勝手にミントヴォイスと言ってます!)に癒されます☆
 
 

 【08位】COSMOの瞳/bump.y
  これはもう、初めて聴いたその時から、大好きな1曲!!
  このキラキラした曲、まさにファンタジーですね!
  90年初期のアイドルポップス的で、いつ聴いても驚かされる、輝きの1曲☆

 【07位】スコアボードにラブがある/さくら学院テニス部Pastel Wind
  さくら学院のすごさを知りました!!
  この健気で清楚なかわいさなんなんでしょう!
  ラケットを持って歌う姿も曲も、全てがミラクル☆

 【06位】カリーナノッテ/コピンク*(宮本佳林)
  これまたキラキラしている曲!
  曲だけじゃなくて、佳林ちゃんの歌声のキラキラ感も高得点!
  佳林ちゃんはまさに、プロアイドルですね!!

 【05位】私が言う前に抱きしめなきゃね/Juice=Juice
  衝撃的な、インディーズデビュー曲!
  ハロプロ系のグループも増えてきて、棲み分けが大変だと思いますが、J=Jの進むべき道が見えた1曲!
  一気に心つかまれました!
  

 【04位】梅/私立恵比寿中学
  これは聴けば聴く程に味わい深くなっていく曲!
  最初の印象よりも、今の方が断然イイ!
  今後もどんどん好きになっていきそうな曲!
  

 【03位】ロマンスの途中/Juice=Juice
  インディーズデビュー曲に続き、J=Jメジャーデビュー曲の登場!!
  きらびやかな楽曲!勢いもあって、圧倒されますね!
  『私が言う前に抱きしめなきゃね』が最高の楽曲かと思いきや、それを軽く上回った印象!
  未知なる可能性を秘めたグループですね☆

 【02位】頑張ってる途中/私立恵比寿中学
  エビ中の庶民派ソング♪
  MVでの商店街での映像や、キャッチーなサビ!
  シングルメイン曲にしても良い位の名曲ですね!

 【01位】オーバー・ザ・たこやきレインボー/たこやきレインボー
  たこ虹ちゃん登場です!!
  やはり関西出身の自分としては、大阪のグループって思い入れが強くなりますね。
  楽曲も、関西色が出ていて、本当に大好きです!
  MVも、一時期毎日見ていた位で。ものすごく癒されますね☆
  たこ虹ちゃんのイベントにも何度か参加して、メンバーたちの純粋さが響いてきました!
  セカンドシングルも大注目しています!!
  たこ虹ちゃんを見に、大阪に来ないとな~、と考える日々です(笑

という順位になりました!!
1位~3位は、どれが1位になってもいい位のせめぎ合いで。
この上位3曲はかなり自分の中で僅差でしたね。
迷いに迷ってこの順位となりました。

ということで、1位~130位が以下となります↓

 001.オーバー・ザ・たこやきレインボー/たこやきレインボー
 002.頑張ってる途中/私立恵比寿中学
 003.ロマンスの途中/Juice=Juice
 004.梅/私立恵比寿中学
 005.私が言う前に抱きしめなきゃね/Juice=Juice
 006.カリーナノッテ/コピンク*(宮本佳林)
 007.スコアボードにラブがある/さくら学院テニス部Pastel Wind
 008.COSMOの瞳/bump.y
 009.またあえるかな/安本彩花
 010.フレ!フレ!サイリウム/私立恵比寿中学

 011.キミに39/星名美怜
 012.君だけにChu!Chu!Chu!/てんとうむChu
 013.旅立ちの朝が来た/スマイレージ
 014.夏サンキュ!!!/おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!
 015.Dear my tiara/二木蒼生(こけぴよ)
 016.まりっか'17(セブンのティーン)/伊藤万理華(乃木坂46)
 017.I'm Your Manager!!!/私立恵比寿中学
 018.お願い☆マイハート!!/星野みなみ(乃木坂46)
 019.My Graduation Toss/さくら学院
 020.リバース/コピンク*(宮本佳林)

 021.恋するフォーチュンクッキー/AKB48
 022.未確認中学生X/私立恵比寿中学

 023.Little Paris Scandal/こけぴよ
 024.この星でいちばん夢がかなう場所/羽矢有佐 with わっきー&いさっきー
 025.神さまの言うとおり/フリンデルガール(瑞季、星名美怜、鈴木裕乃)
 026.初めてを経験中/Juice=Juice
 027.Pumpkin Parade/さくら学院
 028.友情ラブレター/Postgirls(杏野なつ、鈴木裕乃)
 029.こあくまるんです/おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!
 030.イジワルしないで 抱きしめてよ/Juice=Juice

 031.ミラクル♪パティフル♪ハンバーガー/さくら学院クッキング部ミニパティ
 032.センチメンタル・ジャーニー/前島亜美 from SUPER☆GiRLS
 033.チョコレート魂/吉川友
 034.タイムマシンなんていらない/前田敦子
 035.Lon de Don/私立恵比寿中学
 036.毎日がクリスマス/KAGAJO☆4S
 037.兎tocome(feat.コピンク)/コピンク*(宮本佳林)
 038.おっとりガールの憂鬱/秋本帆華(チームしゃちほこ)
 039.いつもとおんなじ制服で/鞘師里保・鈴木香音・佐藤優樹・工藤遥・小田さくら(モーニング娘。)
 040.花粉デビルをやっつけろ/香音

 041.およげ!しらすちゃん/KAGAJO☆4S
 042.ガールズルール/乃木坂46

 043.夢ふうせん/おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!
 044.泣いちゃいそう冬/ももいろクローバーZ
 045.mero mero/アイドリングNEO
 046.たそがれシアター/鈴木さん安本さん(安本彩花、鈴木裕乃)
 047.Mine/河西智美
 048.Wallbreaker/スマイル学園 電音部 UNDERFACE
 049.六甲たこおろし/たこやきレインボー
 050.ふんわり恋人一年生/生田衣梨奈・鞘師里保・鈴木香音・石田亜佑美・小田さくら(モーニング娘。)

 051.ええか!?/スマイレージ
 052.手をつなごう/私立恵比寿中学
 053.愛の地球祭/チームしゃちほこ

 054.かけめぐるエンジェル/こけぴよ
 055.Hop! Step! ダンス↑↑/Dream5
 056.ほたる祭りの日/ジュリン
 057.We are Dreamer/Dream5
 058.わがまま 気のまま 愛のジョーク/モーニング娘。
 059.メロンジュース/HKT48
 060.サクラ・ゴーラウンド/私立恵比寿中学

 061.誘惑したいや/私立恵比寿中学

 062.最高視感度(feat.コピンク)/コピンク*(宮本佳林)
 063.夕暮れ 恋の時間/スマイレージ
 064.U.B.U/私立恵比寿中学
 065.ほほにキスして/さんみゅ~
 066.PERFECT LOLITA/スマイル学園 電音部 UNDERFACE
 067.なには友あれ!/生田衣梨奈・鈴木香音・佐藤優樹・工藤遥(モーニング娘。)
 068.あきんどチャチャチャ/たこやきレインボー
 069.Help me!!/モーニング娘。
 070.鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの/AKB48

 071.バニラな空/つりビット
 072.パパを卒業しないでね/こけぴよ
 073.これが愛なんだ/さんみゅ~
 074.放課後バルーン/スマイル学園

 075.素直に言えない~もっとそばにいたいけど~/SMILE 4 the future
 076.本気!祭り!らぶしっく!?/Smile Kiss Gumi
 077.天まで登れ!/ハロプロ研修生 feat. Juice=Juice
 078.主なきその声/NO NAME
 079.バレッタ/乃木坂46
 080.中人DANCE MUSIC/私立恵比寿中学

 081.ベーグルにハム&チーズ/℃-ute
 082.そろそろくるぞ/トリオ・ザ・インフルエンザ(松野莉奈、柏木ひなた、DJタミフル)
 083.HELP! 数学の神様/スマイル学園 3年受験組

 084.雨/矢島舞美(℃-ute)

 085.Thanks! Merry Christmas/私立恵比寿中学
 086.Rockの定義/田中れいな(モーニング娘。)
 087.Birthday wedding/柏木由紀
 088.充電少女/SMILE 4 the future
 089.アジアン セレブレイション/Berryz工房
 090.スタートリボン/キャラメル☆リボン

 091.笑顔の種~Seeds of Smile/西田ひかる
 092.潮騒のメモリー/潮騒のメモリーズ
 093.地球からの三重奏/矢島舞美・鈴木愛理・岡井千聖(℃-ute)
 094.Happy大作戦/モーニング娘。
 095.この涙を君に捧ぐ/NO NAME
 096.真夏の天体観測/つりビット
 097.アンタ/スナックのママと流し(廣田あいか、ヒャダイン)
 098.SKYTOWER/スマイル学園 電音部 UNDERFACE
 099.あちゃ!ちゃ!カリー/さくら学院クッキング部ミニパティ
 100.顔笑れ!!/さくら学院

 101.使ってポートフォリオ/私立恵比寿中学

 102.ゴールデン チャイナタウン/Berryz工房
 103.僕のSummertime blues/河西智美
 104.さよならクロール/AKB48
 105.それを青春と呼ぶ日/SKE48旅立ち卒業組
 106.ショートケーキ/柏木由紀
 107.常夏ハイタッチ/SUPER☆GiRLS
 108.桜の木になろう Acoustic Ver. feat. 押尾コータロー/柏木由紀
 109.for you/スターナッツ(杏野なつ、星名美怜)
 110.Welcome to My Computer/さくら学院科学部科学究明機構ロヂカ?

 111.天文部の事情/HKT48
 112.Kindness/crossover(瑞季、廣田あいか)
 113.あたしきっと無限ルーパー/私立恵比寿中学
 114.君の名は希望/乃木坂46
 115.ネコニャンニャンニャン イヌワンワンワン カエルもアヒルもガーガーガー/福と花音
 116.首都移転計画/チームしゃちほこ
 117.ラッパ練習中/渡辺麻友
 118.五月雨美女がさ乱れる/Juice=Juice
 119.都会の一人暮らし/℃-ute
 120.夢みる☆ほし/Smile Kiss Gumi

 121.私は天才/中島早貴・萩原舞(℃-ute)
 122.海岸清掃男子/HI-FIN
 123.いい湯かな?/私立恵比寿中学
 124.アタリメ/おりじねぇたぁ(瑞季、真山りか)
 125.大好きだから絶対に許さない/鞘師里保・小田さくら(モーニング娘。)
 126.ALL NEW FEELIN'/キャラメル☆リボン
 127.ドレミファソライロ/Dream5
 128.ジン ジン ジングルベル/トゥィンクルヴェール from SUPER☆GiRLS
 129.一生 一緒 いいっしょ?/トリオ・ザ・インフルエンザ(松野莉奈、柏木ひなた、DJタミフル)
 130.ヤッタルチャン/スマイレージ

22位以下も名曲揃い!!
今回は曲が多すぎて、果てしなくいい曲ばかりが集まりました!!

全体的に、スタダ系・ハロプロ・48グループ・さくら学院が多いですね。
さくら学院に関してはアルバム『さくら学院2012年度~My Generation~』のレベルの高さに驚かされますね。

そしてハロー!プロジェクトからは、最新グループのJuice=Juiceが大健闘!
毎回いい曲を発表してきているので、2014年もこの勢いで突き進んで行ってほしいです!!
あと、2014年から【モーニング娘。'14】に改名したモー娘。のアルバム『The Best!~Updated モーニング娘。~』の楽曲会今回あえてランキングにいれませんでした。
なかなか元々の楽曲の名曲度などいろいろ加味してランクインさせるのはちょっと難しかったのでね。
入れても良かったんですけど、時間がなく、そういう結果となりました。
実際入れていたら、モーニング娘。の曲であふれていたでしょうねぇ。

スタダ系アイドルは、2014年は波乱もあり。
エビ中から3人転校したり、KAGAJO☆4Sが解散したりと、急展開すぎてついていけません(汗

48グループでは、ソロワークが結構お気に入りです!
それぞれの個性に合わせた楽曲を作ろうとしているところが、おもしろいな~、と。
河西智美ちゃんのソロがどの曲もいいのには驚きですね~。
アルバム発売が待たれますね!

そして2013年は、新生東京パフォーマンスドールの登場!!
まだCDデビューしていないので、ランキングに入りませんでしたが、もし、CD化されていたならば、TPDの『DREAMIN'』が、トップでしたね~。
2014年も大注目のグループです!!

では、2013年のまとめ、終了です☆
2014年もみなさんが数々のアイドルポップスの名曲に出逢えますように!
今年もよろしくお願いします!

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連