無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

スカートをはいた果実/Skirt

Skirt
ある意味有名な曲になっていた♪

柿沼さん!?の580曲目~

「スカートをはいた果実」Skirt
作詞:秋元 康
作曲:高見沢俊彦
編曲:高見沢俊彦
(1995年9月1日リリース)

Skirtの1枚目のシングル曲です!

高見沢俊彦さんプロデュース、南青山少女歌劇団出身の、堀川由理ちゃんと十川貴美子ちゃんの2人組ユニット!

Skirtのデビュー曲『スカートをはいた果実』は、ドラえもん関連の曲でもあったんですね!
ミュージカル『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』挿入歌だそうです!
そんなミュージカルがあったのも知らなかった(もしくは忘れてました)~!
CDジャケットの裏に着ぐるみのドラえもんたちとの写真があるので、完全に失念ですね。
Skirt_2
そして南青山少女歌劇団ミュージカル『HEART ROCK MUSICAL 聖歌物語』劇中歌でもあるんですね。

曲のインパクトから、そういうタイアップ関連、全く記憶から飛んでいましたね。

カップリング曲の『あなたを忘れない』は前述の2つのミュージカルのテーマ曲であり、アニメ映画『ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?』のエンディングテーマ曲とは!!
これまたすごい!
そうそう、C/Wの『あなたを忘れない』は名バラードですよねー。

南青山少女歌劇団で鍛えられているだけあって、歌声もしっかりしていて聴きごたえがあります。

デビュー曲『スカートをはいた果実』は、いきなり衝撃的なタイトル!
内容もタイトル以上にものすごいことになっていますね。

「ロリータサイバーパンク」をコンセプトに活動していた2人。
まさにデビュー曲の『スカートをはいた果実』は、「ロリータサイバーパンク」の象徴的楽曲!
新しいジャンルを生み出しましたね。

南青山少女歌劇団は、"青春少女"というイメージがあったので、この路線は驚きましたね。
堀川由理ちゃんは14歳、十川貴美子ちゃんは13歳という若さでこの曲ですからね。
まあ実際中学生位の年代の少女がが歌わないと様にならない曲でもある訳ですが。

そんな楽曲をサラッと歌ってしまうところがいいですね!
何もわからず歌っているならそれで良いと思うのです。
まあ中学生くらいならそうもいかないですね(笑

 ♪みんなの目が気になるのよ
  私の果実を見てるの
  噂の風 吹かれて Touch Me♡
  悪魔になっちゃう!

際どい歌詞ですよね~。
こんなにはつらつに歌われたら、怖いもの知らずで素晴らしいです!

 ♪秘密のDancin'! 内緒でDancin'!
  まだまだ パニック!
  ロリータ・エンジェル●△*○!
  探さないで 見つけないで
  断然! 少女がお得なのよ
  BANG! BANG! BANG!
  スカート BANG! BANG!
  BANG! BANG! BANG!
  ハートに BANG! BANG! BANG!

この2番のサビがいいですよねー。
なんでも許されるロリータ・エンジェルなのですね。
パニックでロリータ・エンジェルっていうのがね、また良い!
ロリータ・エンジェルの後の記号もなんだかパニックしてるところが伝わりますね(笑

それにしても、『スカートをはいた果実』を検索したら柿沼しのぶさんが歌う動画が上位に出てくる事実w
本家の映像もないのに、柿沼さんの映像が充実していると言う(汗
これは触れない訳にはいけないですね(笑
柿沼さん、なぜこの曲を選曲したのか謎ですねー。
柿沼さんの歌声は、少女の歌声とは程遠い、こぶしの効いた貫禄を感じる歌声w
なんだか勇気をもらえる歌唱でございました☆

コチラ↓はもちろん本家の『スカートをはいた果実です』(笑

関連記事:
MAGICAL:LABYRINTH///Skirt

2014年3月27日 (木)

桜、みんなで食べた/HKT48

Photo_2
桜を食べよう♪

涙テイストの579曲目~

「桜、みんなで食べた」HKT48
作詞:秋元康
作曲:Ryosuke "Dr.R" Sakai
編曲:野中“まさ”雄一
(2014年3月12日リリース)

HKT48の3枚目のシングル曲です!

キマシタ~!!!

何気に毎回HKT48の作品は、48グループの中でも特に気になるものが多くて。
そして今回遂に自分の中で大ヒットの曲が~!

桜ソングは基本的に好きなんですが、今回はキュートな桜ソング☆
こういうかわいらしい楽曲、48グループの中でも平均年齢の若いHKT48にぴったりですよね。

そんなHKTが、初の桜ソングに挑戦☆
AKB48では毎年恒例になってますけどね。
AKBは最近は桜を前面に出した卒業ソングを発表していないので、HKTが今回は受け継いだ感じですね。

桜ソング、大好きなんですよねー。
春が来た幸せを感じられますし、感動も味わえるし、ピンクの花びらが可愛いし☆

この『桜、みんなで食べた』は、そんな"桜"の感動とかわいさが感じられる、まさに春のアイドルポップスとなってます!

選抜メンバーは、以下の16人!

 秋吉優花,穴井千尋,多田愛佳,兒玉遥,指原莉乃,田島芽瑠,
 田中美久,朝長美桜,中西智代梨,渕上舞,松岡菜摘,宮脇咲良,
 村重杏奈,本村碧唯,森保まどか,矢吹奈子

センターポジションは、田島芽瑠ちゃんと朝長美桜ちゃん。

HKTはセンター級のメンバーが揃い踏みなところがすごいです!
いいキャラの子もいるし、見ていて楽しいです!
グイグイ選抜の村重杏奈ちゃんとかも頑張ってほしいな~。
指原莉乃ちゃんももうすっかりHKTで違和感もなく。
さっしー、ほんと才能ある子だな~、と感じますね!
あと、宮脇咲良ちゃんとか最近めちゃくちゃかわいいような。
せっかく"さくらちゃん"な訳だから、センターでも良かったのでは、とも思ってみたり。

センターの2人田島芽瑠ちゃんと朝長美桜ちゃんもいいですねえ。
田島芽瑠ちゃんはMVを見ると、もはやリカちゃん人形のような印象です。
朝長美桜ちゃんは「HKT48のおでかけ!」で、メンバーをまとめるしっかりした一面を見て、真面目でいい子だな~、と思いましたね。
ほんわかした雰囲気だけど、お姉ちゃんらしさが出ていてそれもまた魅力になっているようです。

そんなセンターの2人のコメントはコチラ↓

★田島芽瑠★

 「今回の新作は『お別れ』がテーマで、
  HKT48の春の『クラス替え』とも関連している」

★朝長美桜★

 (振付について)「観客も一緒に手振りできる振付となっているので、
         一緒に踊っていただければうれしい」

48グループの組閣もありましたしね。
別グループに行く人や、別チームに移る人など、いろいろありましたから、そんな出会いと別れも感じながら歌ってるのかな。

振り付けもかわいいですね!
桜を食べる仕草とか、おじぎする姿とか、見所は満載ですね!

MVでは、エスパー学園に通う女の子たちの日常(のようなもの)が描かれています。

魔法の習得に励む少女たち。
ホウキで空を飛んだりおっきい"なこみく"が登場したりと面白い演出です。
そして迫ってくる教室の壁!
魔法のパワーで押し返します!
桜もはらはら舞い散って、感動のエンディングですね☆

MVを見ていると、"なこみく"こと矢吹奈子ちゃんと田中美久ちゃんが裏センター的な感じですかね。
小学生コンビの2人が、最近プッシュされていますが、MVでも大活躍で。

曲の方は、めちゃくちゃ大好きなアンダーガールズの『君のことが好きだから』にちょっと似てるなー、という感想。
『君のことが好きだから』では、さっしーとらぶたんもいましたからねー。
特に当時まだ人気が出る前のさっしーが結構目立ってた楽曲でもありますし、この曲はさっしーに関わりが深いんだな~、と思えます。
そんな『君のことが好きだから』を、博多弁で歌った『君のことが好きやけん』としてCDに収められているのも高ポイントですね!
博多弁もかわいいし、『桜、みんなで食べた』を聴くと、流れで『君のことが好きやけん』が聴きたくなりますしね!

 ♪桜、みんなで食べた
  満開の花びら
  春風に吹かれた
  一枚キャッチして…

春の醍醐味が詰まってます!
最初『桜、みんなで食べた』と言うタイトルを知った時は「何それ!?」って感じでしたが、全体を通して聴くと、メモリアルを感じましたね。
これが青春の1ページと言うものなのだなーって。
時が過ぎたらいい想い出になっていくのもわかりますね。

遠い青春を感じながら、青空の下、桜の思い出に浸りたいですね。

関連記事:
君のことが好きだから/アンダーガールズ

2014年3月25日 (火)

何かいい事きっとある/島崎和歌子

Photo
キュートなハッピーチューン♪

ドラえもんと和歌ちゃんの578曲目~

「何かいい事きっとある」島崎和歌子
作詞:武田鉄矢
作曲:芹澤廣明
編曲:小西貴雄
(1993年3月3日リリース)

島崎和歌子ちゃんの8枚目のシングル曲です!

1993年3月6日に公開された映画作品「ドラえもん のび太とブリキの迷宮」主題歌☆
映画のキャッチコピーは、「冒険への扉が今、開かれた」。
あ~、なんだかわくわくしてきますね!
ドラえもん映画観たい~ヾ(*・ω・*)o

…って映画の話題ばかり語っちゃってますが、ドラえもんの映画の主題歌なんて、なかなか歌えないですし、最高だと思いますよ!
それを成し遂げた和歌子ちゃん、素晴らしいです☆
過去には小泉今日子ちゃんの『風のマジカル』(1984年)、そして和歌子ちゃんより後には吉川ひなのちゃんの『ホットミルク』(1998年)という名曲も生まれている訳ですからね。
ドラえもんの主題歌は強力ですね!

これはもう和歌子ちゃん、ビッグタイアップつかみました!

しかも名曲なんだな~。
あまり派手な曲ではないとは思うんですが、素敵な曲なんですよね。

特別じゃない、いつもの日常がキラキラ輝きだすような前向きな曲♪
和歌子ちゃんの明るさがこの曲を照らし出してますね☆

3月2日が誕生日の和歌子ちゃん。
この曲が3月3日に発売されたと言うことは、二十歳になってすぐに発売だったんですね。
19歳から20歳にかけての階段を上った和歌子ちゃん。
二十歳のメモリアルソングにもなったんじゃないかな。

大人っぽい曲じゃなく、こんなにかわいい曲でしたけどね!
いつまでも子供の気持ちを忘れないでいたいっていうメッセージにも感じ取れますね。
見えないネックレスが一日一日出来上がって、大人の女性へと成長していくのかな。
和歌子ちゃんの大人の第一歩ですね!

武田鉄矢さんがこんなにかわいらしい曲を書いたっていうのも注目したいですね。
小学生位の女の子の気持ちを歌っている訳ですからね。

乙女チックな楽曲と歌声が、微笑ましい曲です☆

なんでもない日常でも、素敵に変えてくれる魔法の曲!
まさに子供に聴いてほしい曲ですね!
和歌子ちゃんの発音の良い歌声が、アニメにしっくりきます。

和歌子ちゃんの歌声、優しいお姉さんって感じですね。
バラエティで見る和歌子ちゃんのイメージとはまた違うかわいらしさが発揮されてます☆
少女の大人への成長をさわやかに歌っていますね。

この曲の後に『HのあとにはI(愛)がある』という、ちょっとびっくりなタイトルの楽曲が発表され、アイドル歌手として一段落でしたね。
歌が好きな和歌子ちゃん、まだまだ美声を響かせてほしいですね☆
『何かいい事きっとある』と信じています!

是非、アイドル復活ライブを!!

関連記事:
Stardust Harmony/島崎和歌子
南南西/島崎和歌子
J・Jがいた夏/島崎和歌子
第一パン/島崎和歌子

2014年3月23日 (日)

東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)アンコール公演 EPISODE 1,2

Tpd
東京パフォーマンスドール「PLAY×LIVE『1×0』」(プレイライブ『ワンバイゼロ』)が、アンコール公演として帰ってきました!
2013年8月から始まった公演が、半年経ってパワーアップ☆

公演期間 2014年1月31日(金)~2月11日(火・祝)

演劇パートは初演時に比べてかなりの成長を見せてましたね!
メンバーも余裕が出てきたのか、アドリブもきかせるという。

エピソード1は、高嶋菜七ちゃんのリーダーとしての苦悩や、小林晏夕ちゃんの棘のある役の雰囲気など、わかりやすくなっていましたね。
エピソード2では、脇あかりちゃんの天真爛漫さと、弱かった上西星来ちゃんが、強く成長していくところに感動でしたね。

本当に舞台はナマモノで、進化していくものだな~、と実感しました。
メンバーもいろいろと意見を出して創り上げているようで、TPDの成長を見守る楽しさもありますね!
ビッグアーティストになっていくサクセスストーリーを、目に焼き付けていきたいです!

そしてダンスサミット♪
今回もダンサミを再編成して、楽しませてくれました!
エピ1,2の各セットリストはコチラ↓です。

★エピソード1 ダンスサミットパート★
 01. Tokyo Romance(リアレンジバージョン)
 02. 夢を(リアレンジバージョン)
   作詞:松本一起 作曲:前田克樹 編曲:江口 亮、土井良 浩
 03. おちゃめなジュリエット(リアレンジバージョン)
   作詞・作曲:in Voice 編曲:tofubeats
 04. Lost Without You(エピソード1劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作曲:Chikara "Ricky" Hazama & I.Ary 編曲:和田俊輔
 05. In The Wonderland(エピソード2劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作曲:金丸佳史 編曲:高橋浩一郎
 06. Secret Garden(エピソード3劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作曲:本田光史郎 編曲:江口 亮、土井良 浩 サウンドプロデュース:江口 亮
 07. Bitter Sweet Memory(エピソード4劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:いとうせいこう 作・編曲:Dub Master X
 08. The Perfect Day(エピソード5劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作・編曲:和田俊輔
 09. DREAMIN'(オリジナル曲)
   作詞:藤林聖子 作曲:吉野貴晴 編曲:江口 亮
 10. WE ARE TPD!(オリジナル曲)
 11. WEEKEND PARADISE(リアレンジバージョン)
   作詞・作曲:in Voice 編曲:江口 亮

★エピソード2 ダンスサミットパート★
 01. WAKE ME UP!!(リアレンジバージョン)
   作詞・作曲:in Voice 編曲:江口 亮、柳野裕孝 サウンドプロデュース:江口 亮
 02. Overnight Success(リアレンジバージョン)
 03. CATCH!!(リアレンジバージョン)
   作詞:松井五郎 作曲:NSR(斉藤成人・岡田慎太郎) 編曲:江口 亮
 04. Lost Without You(エピソード1劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作曲:Chikara "Ricky" Hazama & I.Ary 編曲:和田俊輔
 05. In The Wonderland(エピソード2劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作曲:金丸佳史 編曲:高橋浩一郎
 06. Secret Garden(エピソード3劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作曲:本田光史郎 編曲:江口 亮、土井良 浩 サウンドプロデュース:江口 亮
 07. Bitter Sweet Memory(エピソード4劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:いとうせいこう 作・編曲:Dub Master X
 08. The Perfect Day(エピソード5劇中歌・オリジナル曲)
   作詞:ウォーリー木下 作・編曲:和田俊輔
 09. DREAMIN'(オリジナル曲)
   作詞:藤林聖子 作曲:吉野貴晴 編曲:江口 亮
 10. WE ARE TPD!(オリジナル曲)
 11. WEEKEND PARADISE(リアレンジバージョン)
   作詞・作曲:in Voice 編曲:江口 亮

注目は今回初披露された、『Tokyo Romance』と『Overnight Success』ですね!

『Tokyo Romance』は、原曲とはアレンジも雰囲気も全く違って、ちょっとコミカル路線になっていて。
振り付けがね、ヲタ芸のロマンスなのですね!?汗
アレンジはすごく良かったイメージですね~。

『Overnight Success』はやっぱりテンションあがりますね!
アレンジも良くてまた見たいです!

『WAKE ME UP!!』も聴く度に好きになるな~。
ゴールドの衣装も合わさって、キラキラゴージャスなイメージがあります☆

そしてこの曲!!!!
『WE ARE TPD!』!!!

アンコールの『WEEKEND PARADISE』の前に披露されている曲!

リーダー菜七ちゃんのメンバー紹介とともにソロダンスを披露して登場!
これがまさにTPDだな~、と感じますね!
歌う訳じゃないけど、TPDを感じれる1曲です!!!

そして明日2014年3月24日からは、東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE「1×0」NEW VERSION エピソード1&2&3公演が始まります!
NEW VERSIONと言うことで、何が起きるのか!?
とても楽しみですね!

さらに進化を遂げた9人とTPD DASH!!たちを、CBGKシブゲキ!!に観に行こう!!

http://news.ameba.jp/20140203-463/
https://narrow.jp/news/1
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201402030014

関連記事:
東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 1
東京パフォーマンスドール TPDお練り~CBGKシブゲキ!!への道~EPISODE 2
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 1
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 2
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 3
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』エピソード3.5「トーク&エピソード5チケット手売り会」
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 4
東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 5
東京パフォーマンスドール DVD「PLAY×LIVE『1×0』」EPISODE 1・2 予約特典プレミアムイベント

2014年3月17日 (月)

Deep Breath/ribbon

Deepbreathribbon
君なんか~♪

深く息をする577曲目~

「Deep Breath」ribbon
作詞:久保田洋司
作曲:久保田洋司
編曲:新川 博
(1992年2月21日リリース)

ribbonの8枚目のシングル曲です!

永作博美ちゃん、松野有里巳ちゃん、佐藤愛子ちゃんの3人組ですね。(←今更な説明~。)
どんどん進化していくribbonちゃん!
曲を追っていくと、1枚1枚成長が実感できますね。

この『Deep Breath』、8枚目のシングルと言うことで、初期のアイドル路線からはまた新たな道へと進んでいます。

中期ribbonも、いい曲を続々出していました。
ribbonはほんとに音楽的な成長が目に見えてわかりやすいグループでしたね。

3人それぞれの良さがあって、その個性が合わさって、化学反応を起こしていたグループ☆

ビジュアル面でも、3人の個性がはっきりしていますね。
髪型だけでも三者三様ですよね~。
ロングのひろちゃん、ボブのあみちゃん、ショートの愛ちゃん!

そしてなによりもバラバラな声質も、3人の魅力になっていましたね。
かといって、チームワークはすごく良くて、まとまってるんですよね!
それがribbonの3人を見ていて楽しめたところかな~。
ほんとこの3人だからこそできることっていうのが、きっとたくさんあったんだと思います!

音楽的にも器用にいろんなタイプの曲をこなしてましたね~。
かわいい曲からカッコいい曲、きれいなバラード、コミカル系と、ribbonの幅の広さを見せつけてくれました!

『Deep Breath』もまた、新たなribbonが見れた曲!

振り付けは"太極拳"がテーマになっていたり。
これもおもしろかったなー。
グレイのスーツっぽい衣装で、太極拳っていうのもね!

ribbonの2枚目のベストアルバム「More Delicious」のライナーノーツから抜粋してみました。

 ◆永作博美
  「最初に聴いた時、なんだかとっても懐かしいような感じを
   受けたことを思い出します。」

 ◆松野有里巳
  「この曲の振りつけ、かっこいいんだョ!!」

 ◆佐藤愛子
  「前にカラオケボックスに行ってこの曲を歌ったら、64点でした。
   一体どういう事でしょう!?」

ひろちゃんはしっかりしたコメントで。
最年長だけありますね☆
あみちゃんもあみちゃんらしい明るさが伝わってくるコメントですね!
愛ちゃんのコメントからも、やはり1人で歌う曲ではないってのはわかりますね!
実に愛ちゃんらしくていいんだな~。

『Deep Breath』はまさに、3人のコンビネーションを感じれますね!

 ♪I SAY SAYONARA Ah!
    I SAY SAYONARA Ah!
    I SAY SAYONARA I SAY BYE

3人の声の違いが活かされた構成になっています。
この出だしからその魅力が伝わってきますね!
愛ちゃんの低めの声から、あみちゃん、ひろちゃんと高くなっていく感じ。
この3声ハーモニーから、"これぞribbon"感を感じます!!

 ♪きっと嘘よ 何もかも
  (あのころの 君ばかり 今)
  だって私 こんなに綺麗
  (想い出す 星空も ああ)
  君なんか…。

このパート、素晴らしい流れですよね!
ribbonの3人をうまく使った構成と言いますか。
4thシングルの『Virgin Snow』でも重唱パートが素晴らしかったですが、この曲でもまたribbonの良さが出てますね!
あみちゃんとあいちゃんの交差する歌声の連続。
そこからひろちゃんがおいしい一言を持っていく、みたいなね!
うまいこと作られているな~、と思います!

グーすぎるッ!←オキマリ

関連記事:
リトル☆デイト/ribbon
そばにいるね/ribbon
避暑地の風/ribbon
あのコによろしく/ribbon
太陽を聞いて/佐藤愛子(ribbon)
Boy's Dream Days~あの頃の気持ち/永作博美 with ribbon
ゆるせない!!/ribbon

2014年3月 6日 (木)

三月のメロディー/榊原郁恵

Photo
パノラマのよう☆

3月の576曲目~

「三月のメロディー」榊原郁恵
(1980年4月25日リリースのアルバム「輝いて 輝いて」収録)

榊原郁恵ちゃんの7枚目のオリジナルアルバム収録曲です!

いや~、郁恵ちゃんの楽曲の奥深さを知りました!
名曲がザクザク埋もれてますからね!
この曲以外にもいろいろ聴いてみると、名曲のオンパレードで驚きます!!

特に二十歳を過ぎてからのアルバムが名盤ばかりな気がするんですが、どうなんでしょう!
全て聴いてみたいですね~。

今回紹介する『三月のメロディー』は、最近聴いて知った曲なんですけど、タイトルだけでもしやこれは!!と直感!!
イントロからこれはヤバい!これはキタな!と思いました(*゚∀゚*)!

そしてAメロで確信!やっぱり名曲☆

こんな素敵でハイクオリティな楽曲がアルバムの中にゴロゴロ存在する郁恵ちゃん、すごいなと思いました!

郁恵ちゃんの音楽は、宝石の山ですね!
どの曲もシングルとして勝負できる楽曲ばかりなんですよね。
郁恵ちゃんの音楽センスが認められていたからこそ、名曲が集まってきた感じなのかなって思います。

郁恵ちゃんの確かな表現力と、歌唱力も、大きな魅力で。
音楽のセンスも抜群ですよね!
歌うことも大好きなんだろうなって伝わってきます!

そんな数ある輝いた曲の中から、今回は時期的にも『三月のメロディー』を取り上げてみました。

『三月のメロディー』は、アルバム「輝いて 輝いて」に収録されている曲で、アルバムのタイトル通り、輝いている楽曲!
もちろん郁恵ちゃんも輝いています☆
曲を聴いてると、ほんと輝いてる郁恵ちゃんのキラキラした笑顔が目に浮かんできます!

当時二十歳の郁恵ちゃんの輝きの一瞬が閉じ込められて、永遠となって生き続けていますね!

そっと郁恵ちゃんの想い出の1ページを見たような、そんな心温まる物語です。

 ♪ポプラ並木を右に曲がれば
  赤いポスト私を待ってる
  祈るように手紙を入れる
  私の心伝えて
  卒業式が終わったあとで
  あなたの気持ちどうか聞かせて

なんだか春先の雰囲気満開ですね!
でも桜じゃなくてポプラ並木なところが、春に一歩手前な感じがします。
卒業式を前に、別れ別れになってしまうかも知れない不安を抱いているんですね。

 ♪長い髪を短く切った時も
  あなたは
  なぜ?って一度も聞いてくれない
  どうして
  別々の道を歩くと言うの?
  あなたは誰かと…

切ない!
明るくさわやかな優しいメロディだけど、この切なさ!
すごくいい歌詞でもあるんですよね。
そして郁恵ちゃんの歌唱力の高さを実感しますね。
きれいな歌声で、声にきらめきもあるし、最高ですね。

ラストは、同じ道を歩いていく2人が目に浮かびます。
ポプラ並木を楽しそうに歩いていく2人。
そう願いたいですね☆

ほんといい曲に巡り合えました(*・∀-)b
三月は毎年この曲を聴かなきゃですね♪
今月はめいっぱいこの曲聴きたいと思います!

関連記事:
ラブジャックサマー/榊原郁恵
あなたは「おもしろマガジン」/榊原郁恵
真夏のファンタジア/榊原郁恵

2014年3月 2日 (日)

Together Forever/SYANIS(中村有沙、豕瀬志穂、桜井結花)

Together_forever
モンスターランドへようこそ☆

シャイニーな575曲目~

「Together Forever」SYANIS(中村有沙、豕瀬志穂、桜井結花)
作詞:Stock/Altken/Waterman 訳詞:タケカワユキヒデ
作曲:Stock/Altken/Waterman
編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
(初回放送日:2003年10月20日)

天才てれびくんの歌のコーナー、MTK(ミュージックてれびくん)の2003年度の曲(MTK No.71)です!

SYANISは、てれび戦士から中村有沙(当時:小5)、豕瀬志穂(小4)、桜井結花(小4)の3人組ユニット。
SYANISの名前の由来は、3人のイニシャルを並べたものですね。

伝統の女の子戦士の3人組ユニット!
モンキークイーンから始まった、MTKならではとも言える組み合わせですね。

今までは戦士の中でもお姉さん的存在の3人組は多かったですが、SYANISは年下チームのユニットになった模様。

SYANISも洋楽カバーで、先代の女の子戦士3人組の伝統を引き継いだ感じですね。

原曲は、リック・アストリーの『トゥゲザー・フォーエヴァー』(1988)。
有名な曲ですよね~。

著作権の関係で、CD化されなかったのが残念ですが、映像と合わさって素晴らしい作品になっていると思います!

ありちゃん、しほちゃん、ゆかちゃんの、明るいキャラクターが、見た目も楽しいMVに合ってますね。
動く絵本を見ているような、楽しいMVです!
この独特な雰囲気、まさにMTK!
MTKはこうでなきゃ、というのが詰め込まれた作品になってますね!

ストーリーは、賞金とイケメン王子に目がくらみ、女の子たちが王子をモンスターランドから助け出そうと試みるもの!

カラフルな洋館に、迷い込んだ3人。
勇敢にモンスターと闘い、困難を乗り越え王子の元へ☆

すると・・・

王子役の男の子戦士、ブライアン・ウォルターズくんが登場。
当時のブライアン・ウォルターズくんは甘えん坊で、「中学生になってもぬいぐるみが無いとひとりで眠ることができない」というエピソードに沿った演出です☆

あきれた女の子たちはブライアン王子を見捨ててモンスターと仲良くなり、一人取り残されるブライアン(笑
最後のオチになっていますw

MVの見どころは、指輪のパワーで変身するところでしょうか!
友情パワーで友情100倍!みたいな感じですね。

キャラクター的にはおっとりしていてしっかり者のありちゃん、おてんば少女しほちゃん、明るく元気なゆかちゃん、と言ったところでしょうか。
MVでは3人とも普段のキャラクターが活かされています!
もちろんブライアンも(*´艸`)

曲もかわいくなってますよね~。
原曲は男性ボーカルですが、女の子が歌うとこんなにかわいい曲になるんですね!

 ♪二人いつまでもそばに
  離れることなく
  一緒にいるためならば
  どんなことでもするよ

日本語にするとかわいいですね!
振り付けも覚えたくなりますよね!
一緒にやりたくなります☆

 ♪Together forever and never to part
  Together forever we two
  And don't you know
  I would move heaven and earth
  To be together forever with you

2番では英語で歌唱するところも、原曲を大切にしているようでいいですよね。
天てれターゲット層の子供だけでなく、そのお父さんお母さんも楽しめるっていう。
これぞ天てれだと思います!

ありちゃんは現在女優として活動中。
主演映画「ゾンビアス」では、ゾンビと闘っているのですね。(観てないですが)
『Together Forever』でモンスターと闘っていた頃のありちゃんを懐かしみましょう!
この映画には触れないでいたかった~笑

関連記事:
恋にメリーゴーラウンド~In for a penny, in for a pound~/SPACE FAIRY(俵有希子,中村有沙,白木杏奈)
本日晴天/俵有希子
僕らのナツ!!/Dream5
恋してたいの/HI's★cream(ハイスクリーム)
水晶庭園/黒澤美澪奈 山田陶子

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連