無料ブログはココログ

« ジャスミンティー/真野恵里菜 | トップページ | Bye-Bye/ブラックビスケッツ »

2014年5月21日 (水)

2001年愛の詩/ピンク・レディー

◆レビューNo.595◆
Photo

「2001年愛の詩」ピンク・レディー
作詞:阿久 悠
作曲:都倉俊一
編曲:田辺信一
(1978年11月5日リリースのアルバム「星から来た二人」収録)

ピンク・レディーの2枚目のオリジナルアルバム収録曲です!

言わずと知れたミーちゃんとケイちゃんの2人組です!
そんなピンク・レディー!名曲発見~!!

こんな素敵な曲が潜んでいたのですね~☆
ピンク・レディーはおもしろい曲がたくさんあって、いいですね!

今回紹介する『2001年愛の詩』が収録されているアルバム「星から来た二人」を聴きましたが、楽しい曲が盛りだくさんで!
注目曲は『コマーシャル・ソング・メドレー』だったりします!
これ最高!!!

今回は、このアルバムを購入するきっかけとなった楽曲、『2001年愛の詩』の話しをします~。

『2001年愛の詩』は、1978年日本テレビ【24時間テレビ 「愛は地球を救う」】第1回目のメインテーマ曲として発表された曲☆

1978年8月26日・27日に放送された24時間テレビのチャリティーパーソナリティーとして、ピンク・レディーが出演されていたんですね。

24時間テレビで『2001年愛の詩』を歌う映像を見ましたが、何かのパビリオンみたいですよね!
夢のようなステージで、楽曲だけでなく演出やその場の空間に魅了されてしまいました!

特別な空間が、まさに宇宙のようです!

歌詞もね、なんだかグッとくるものがあるんです。
おもしろい歌詞ではあるんですが、目からうろこな歌詞なのです!

 ♪オオ諸君 地球の諸君
  隅から隅まで おめでとう
  いよいよ諸君も
  宇宙の仲間に 認められました

最初っから驚きの歌詞☆
壮大で夢のある歌詞ですね!
これをピンク・レディーが歌うからこそ素晴らしいものになるんですね!
ピンク・レディー自体が、宇宙人的なところありましたもんね(笑

と言うよりミーちゃんが、阿久悠さんのことを宇宙人ではないかとコメントしたそうで。
そうなのかも知れませんね(笑
こんな歌詞、人間を超越した世界ですからね~。
まさに宇宙からの素敵なメッセージですね。

 ♪1999年(ナインティーン ナインティナイン) 1999年 
  地球の辞書から LOVEという字がなくなった
  L・O・V・E LOVE L・O・V・E LOVE    
  LOVEという字がなくなった  

「愛することがあたりまえなら愛という字がいらない」という名フレーズ!
愛があふれる地球を願ってこその曲ですね!
斬新な歌詞に、衝撃を受けてしまいます!

この曲は歌詞を全て心に刻んで聴きたいですね。
その反面このポップさに、一緒に歌いたくなる歌でもあります!
シングルとしてリリースしていないのはもったいない程の素敵な曲ですね。

2001年も過ぎ去り、時は2014年。
まだ愛はなくなっていません!
愛があたりまえになり、言葉すらいらなくなる日は来るのでしょうか!?
愛という言葉がなくなることを、願いましょう☆

関連記事:
空とぶじゅうたんエロチカ/ピンク・レディー

« ジャスミンティー/真野恵里菜 | トップページ | Bye-Bye/ブラックビスケッツ »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

阿久先生はホント意表をついた面白い歌詞を書かれますね~当時の人は2001年なんて遠い未来(ドラえもん的世界)のように思ってらしたでしょうけど、それほど時代は変わってないとも言えるかも(笑)
桃子ちゃんの【SONGS】再放送が今夜1:30からあるみたいですね。
「Nile in Blue」の元ネタはこの曲らしいです。聴いてビックリです(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=usFmaRe08yk&sns=em
ちょっと痛みが酷くなかなかコメント入れれないですがショートコメントだけたまに入れさせていただきますね!

>ラパスさん

コメントありがとうございます!

阿久先生の歌詞、ほんと驚きがありますね!面白いです!
2001年、遠い未来を歌った曲ですね。
そうそう、昔はドラえもんみたいな未来になると思ってましたよ自分も!
でも街並みもさほど変わらずですね。
本当に、時代は変わったように見えてさほど変わっていないのかも知れないですね。

桃子ちゃんの【SONGS】、見逃しました><
せっかくコメントもらったのにすみません!
最近桃子ちゃんは良く見かけますが、今でもアイドルだと感じます!
「Nile in Blue」の元ネタ聴きました!確かに!いい曲で。ビックリですね。

痛みですか><
ゆっくり静養してくださいね。
いつでも待っていますので。
はい、あいさつ程度のショートコメントでもなんでも大丈夫です。
もちろん無理はしないでください。
回復されることを祈っていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/56262602

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年愛の詩/ピンク・レディー:

« ジャスミンティー/真野恵里菜 | トップページ | Bye-Bye/ブラックビスケッツ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アイドルポップス関連