無料ブログはココログ

« Bye-Bye/ブラックビスケッツ | トップページ | ほんとの気持ち/松たか子 »

2014年5月31日 (土)

二人だけのセレモニー/岡田有希子

◆レビューNo.597◆
Photo
「二人だけのセレモニー」岡田有希子
作詞:夏目純
作曲:尾崎亜美
編曲:松任谷正隆
(1985年1月16日リリース)

 

岡田有希子ちゃんの4枚目のシングルです!

東芝「Let's Chat しっかりくるりん」「パーソナルテレビ U-30」CM曲☆

レッツチャットと言えば、80年代に流行ったソニーのキャラクターですね!
懐かしい!

最近自分の中でレッツチャット再燃中で、レッツチャットグッズを集めたくなっているのです(笑
まあ普通に売っていないので、全く集まってませんけどね!笑

そしてレッツチャットについて調べていたら、岡田有希子ちゃんとCMで共演していることを知りました!
CMを見てみたら、あらかわいい(*∂ω∂*`)

(こちらの動画の2分あたりからが「レッツチャット」のCMです!)

メルヘンな世界観で、一気に引き込まれました!
しかもユッコちゃんの曲もすごく良くて!

正直な話し、ユッコちゃんは避けていたところがありまして。
アイドルとして素晴らしいのは分かっていたのですが、やはりね、なんだかマイナスのイメージしか持てなくて。。
楽曲もあまり自分から進んで聴くこともなかったので、あまり詳しくないのも事実。

このサイトにも、ユッコちゃんは登場することはないかなって思っていたんですが、今日あるテレビを見てその気持ちが動かされました。

ユッコちゃんと同級生だった田中久美ちゃんが「爆報! THE フライデー」に出演されていまして、親友のユッコちゃんのことを今でも忘れず、ラジオのパーソナリティーをしている番組で曲をかけているっていうのを知って、胸打たれました。
その理由がね、なんだかすごく良くて。

ラジオでユッコちゃんの曲をかけることによって、今でもユッコちゃんが活躍しているんだとみんなに思ってほしいという思いが込められているという。
忘れないでほしいという気持ちが、ユッコちゃんに対する壁を取り除いてくれたように思います。

そして、親友の田中久美ちゃんの思いにも、微力でも応えたいなって思ったんです。
なので、今回ユッコちゃんの曲を記事にしてみました。

レッツチャットから、この田中久美ちゃんの流れ、ユッコちゃんを聴かなきゃいけないのです♪

『二人だけのセレモニー』は、"卒業"というワードも出てくることもあり、一応卒業ソングでもあるんですね。
あまり卒業を前面に押し出していないので、全体的には甘いラブソングに聴こえますが。

♪あ…重ねた指の十字架でも
 キラキラする…なぜ?
 ねえ…3本きりの花束でも ときめいてる

彼とならなんでもないことでも世界が輝きだす、という感じの歌詞ですね。
キラキラ輝いている時間が、1曲に詰め込まれていますね☆
「夢ならばさめないで」まさにその言葉が似合う、夢のような時間!

 ♪誘われて踊るのはあなたが最初決めてた
  とまどいも卒業よ
  あふれるほどにあなたが好き
  目を閉じていい?
  そして甘いセレモニー

このサビが押し寄せてくる感じ、グッとユッコちゃんとの距離が近づいていくようですね!
そしてゆったりするメロディー。
なんだかムードを感じますよね。
2人の一瞬の静寂のその後…想像力を掻きたてる楽曲だな~、と思います!
ユッコちゃんの表情も、キュートな笑顔から胸の鼓動が聞こえだしそうな、艶やかな表情で歌っていて。

ユッコちゃんの扉を開けてくれた田中久美ちゃんにも感謝です!
心の中にずっと、ユッコちゃんが歌っている姿を持ち続けたいですね。

« Bye-Bye/ブラックビスケッツ | トップページ | ほんとの気持ち/松たか子 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

「二人だけのセレモニー」のB面だった「PRIVATE RED」はユッコちゃんの憧れでもあった河合奈保子ちゃんの「唇のプライバシー」を意識した曲なんだろな…と勝手に思ってます(笑)似てる部分があるわけではないですけどね。
途中からしか観れなかったのですがさっき聖子ちゃんが【SONGS】で圧巻の30分メドレーをやってました。(12曲歌ったそうです)幅広い選曲で「セイシェルの夕陽」まで歌ってくれて感激でしたね!欲を言えばこれからの時期(梅雨時期)に聴きたい「Kimono Beat」や千里さん作曲の大名曲「雛菊の地平線」も歌ってほしかったところですがね♪

ユッコさん、初期竹内まりや3部作以降のこの曲、アイドル!感があって当時好きでした。
この曲は入ってませんが、ファーストアルバムのシンデレラは超おすすめです。飛ばす曲がない!
ユッコさんは、亡くなりかたがちょっと、でしたからね。
おれは完全に後追い、というか、むしろ死後注目したみたいな、ファンとも言えない立場ですが…なんかユッコさんは気になるんですよね。
http://blog.livedoor.jp/deadidollove/

再コメ申し訳ないです。
ユッコちゃんの亡くなり方はやはり子供だったあたしには衝撃でした、当時…
だからあたしも他の80年代アイドルほど積極的に聴けないのも事実です。
ユッコちゃんが亡くなった直後にリリースされた明菜ちゃんの名曲「ジプシー・クイーン」はユッコちゃんのことを歌っているのでは?と、話題になりましたよね。♪アスファルトのBedに ため息こぼれる…♪とか(^^;
そんなユッコちゃんの命日である4月8日に生まれたたかみなが(全く世代が違うにもかかわらず)明菜ちゃんの熱狂的なファンであるというのも不思議な因縁を感じてしまうんですよね…

>ラパスさん

大変な中コメントありがとうございます!!
「PRIVATE RED」聴きました!
河合奈保子ちゃんの「唇のプライバシー」っぽさがありますね。
ユッコちゃん、河合奈保子ちゃんを憧れていたんですね!
それなら奈保子ちゃんを意識して歌っていたかもしれないですね!

聖子ちゃんが出ていた【SONGS】、録画はしてあるんですがまだ見てないです!
30分メドレー!!!すごい!早いところ見たくなってきました!
「セイシェルの夕陽」!!最高じゃないですか!!
「Kimono Beat」、梅雨時期の曲だったんですね!
「雛菊の地平線」、聴いてみたかったな~。
タイトルからして最高すぎます!!

>井戸ビシャスさん

コメントありがとうございます!
初期3部作は竹内まりあさんの楽曲なのですね!
『二人だけのセレモニー』はアイドルですよね!まさに!
自分もそういう事もあって、入りやすかった曲です!

ファーストアルバムのシンデレラ、おすすめなんですね!
捨て曲なしのアルバム、最高ですね!

ユッコちゃん、やはりダークなイメージが先行してしまいますね。。
でもユッコちゃんの残した数々の名曲は、聴いておかないとですね!

>ラパスさん

再コメントありがとうございます!

やはり衝撃ですよね。
自分自身、当時はほとんど知らなかったので、衝撃を受けたという記憶はないですが、そんな辛いことはないでしょうね。。
ですよね、積極的に聴けないですね。

明菜ちゃんの「ジプシー・クイーン」、そんな事実があったんですね。
確かに、アスファルトのBed・・・><

たかみなの誕生日にもいろいろありますね。
明菜ちゃんファンだということも、何かつながってるように思えてなりませんね。
不思議ですよねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/56369176

この記事へのトラックバック一覧です: 二人だけのセレモニー/岡田有希子:

« Bye-Bye/ブラックビスケッツ | トップページ | ほんとの気持ち/松たか子 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連