無料ブログはココログ

« 風をさがして/矢口真里とストローハット | トップページ | 君住む街/井ノ部裕子(Qlair) »

2014年5月 2日 (金)

春風のいたずら/山口百恵

◆レビューNo.589◆
Photo

「春風のいたずら」山口百恵
作詞:千家和也
作曲:都倉俊一
編曲:馬飼野俊一
(1974年3月1日リリース)

山口百恵ちゃんの4枚目のシングルです!

この曲は百恵ちゃんを好きになる前は、全く知らなかった曲です。
この曲の次に発売された『ひと夏の経験』は有名で、子供の頃から知ってましたが、売り上げ的には振るわなかったようで。

それでも素敵な曲なんです!
そう、"素敵"なのです☆

70年代のアイドル歌謡そのもので、百恵ちゃんが歌うと深みも増してくるんですよね。
それが百恵ちゃんの奥深さだな~。

当時15歳の百恵ちゃん。中学から高校生へと進級する頃の曲でもありますね。
1歩ずつ大人へ変わっていく様が、末恐ろしかったのではないでしょうか。

『春風のいたずら』は、そんなヒットの前触れを感じさせる曲ですね。
スター前夜の静けさと言いますか。
そういう大事な1曲なのではないかと思います!

曲の内容は、乙女心をわかってくれない彼への思いを歌ったもの。
彼と一緒にいたいのに、気持ちをわかってくれないもどかしさであふれています。
繁華街でちょっかい出してくる人に、おびえる百恵ちゃんが目に浮かびますね☆
そこがやはり15歳らしさと言えますね。

イントロのコーラスから70年代感にあふれていて、ジーンときますね!
そこからの百恵ちゃんの貫禄の歌声!

15歳とは思えない落ち着きよう!
才能のかたまりとしか思えませんね!
それでもまだまだデビューしたての頃なので、声も若く、

♪恐いわ 恐いわ 恐いわ♪のくり返しに注目してしまいますよね。
15歳らしさがやっと感じられて。
でもその堂々とした歌唱に、心を奪われてしまいます☆

良く聴くと、結構アイドル的な楽曲ですよね。
百恵ちゃんが歌っているから大人っぽく聴こえたりしますが、これぞアイドル歌謡なのですね。

レコードジャケットもアイドルしてますね~。
なんだかかわいい洋服を着ていますね。
そしてキラキラな笑顔☆
まさにアイドル百恵ちゃん15歳です☆

 

« 風をさがして/矢口真里とストローハット | トップページ | 君住む街/井ノ部裕子(Qlair) »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

例えばこの曲をデビュー当時の理恵ちゃんが歌ったら全く違う魅力の曲になってたかもですよね。
やはり前後の曲が大ヒット曲だとそこそこ売れた曲でもどうしても影が薄くなりますよね…
この前2chで【前後の曲の存在が派手過ぎて、いまいち地味な存在になってしまっている人気歌手のヒット曲】みたいなスレがあって読んでたんですが【小泉 「LaLaLa…」 美穂 「セミスウィートの魔法」 静香 「うらはら」 Wink 「One Night In Heaven」 CoCo 「Newsな未来」】と書いている人がいて妙に納得してしまいました(笑)
早見優ちゃんの「逢いたい気分」は『LANAI』の1曲目ですね。「ESP」は以前アイドルマニアさんだったか林樽さんだったかがアップして下さってたんですけど…カムバックを願うばかりですね(笑)
早見優ちゃんはやはり英語で歌う方がしっくりきます。
あたし、洋楽で一番好きな曲ってカーペンターズの「Close To You」なんですけど優ちゃん歌ってたんですね~素敵♪
http://www.youtube.com/watch?v=YOl9mOt6oIc&sns=em
いつの映像かちょっと分かりませんが最近っぽいですよね。
アイドル元ネタシリーズですが、以前井戸ビシャスさんの記事でもあったからご存じかもしれないけど「はんぶん不思議」とこのオールディーズが…(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=wwIYSofgpY0&sns=em
明菜ちゃん達の「微笑がえし」凄いですよね!歌詞に♪おかしくって 涙が出そう♪ってありますけど当時♪お菓子食って 涙が出そう♪って思いませんでしたか?涙が出るほど空腹な人の歌かと…ま、子供ですからね(笑)
これと同じくBaBeの「Give Me Up」の♪Give me up!♪の部分、♪君、嫌!♪って聞こえますよね~当時はよっぽど嫌いなんだな~って思って聴いてました(笑)
以前長山洋子ちゃんの話題が出ましたがあたしは一番印象に残ってるのはこっちですね。「ヴィーナス」ではなく…それこそ有名曲の次で地味になってる曲の典型ですが(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=HJt9OKYx_20&sns=em
ところでこれをアップしたAdm Gmさんという方、魅力的なラインナップですよね。今後もさらに期待ですね!すいません続きます!

ラ・ムーも話題になってましたがあたしはこの曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=bysnQvbzN7g&sns=em
桃子ちゃんの声は素晴らしい♪
例のつんくさん作曲の桃子ちゃんの新曲って聴かれました?
評判が悪かったから聴くまで不安だったのですがめっちゃいいじゃないですか!?
http://www.youtube.com/watch?v=RKTA3Hr_Ol4&sns=em
ボーカルも健在ですし!
あたし先日ラグジュアリー歌謡シリーズから復刻された鳥越マリちゃんの84年リリースのアルバム『SEASON!』を購入したのですが意外と言っては失礼ですが(笑)かなりの名盤でした。夏の始まりの曲でスタートしてラストが夏の終わりの曲というまさに80年代を絵に描いたようなアルバムでした♪
今日テレビで島崎和歌子ちゃんと岡本真夜ちゃんと久宝留理子ちゃんの長崎の旅をやってました。アイドルではなく歌手3人の旅になるんですかね(笑)
すいません!!!!!もう少し、もう少しだけ売野先生ネタにお付き合い下さい!!ごめんなさい!!
先日、売野ソング90年代ランキングを発表しましたが今日は80年代女性アイドル売野ソングランキングを発表させて下さい…と、思いましたが字数も足りないので四天王だけ発表します。
まずは、①菊池桃子ちゃんの「Last Runner」これは以前林哲司先生ランキングでも入れましたね。つまり歌詞も曲もあたしの中で完璧なんです。桃子ちゃんの曲で一番好きですね~
②高井麻巳子ちゃんの「シンデレラたちへの伝言」この曲に関してもさんざん語ったかな(笑)
③内海和子ちゃんの「蒼いメモリーズ」。地味な存在になってるのが悔しい…タッチの世界観が凄く表現されてると思います。
④荻野目ちゃんの「さよならの果実たち」
http://www.youtube.com/watch?v=1-yjT_wSObw&sns=em
強豪がひしめく87年にリリースされたアイドルソングであたしが一番好きな曲なんです。
荻野目ちゃんって特に思い入れのあるアイドルではないのですが、「特別好き」「強烈に好き」って曲がなぜか何曲かあるんですよ(笑)「さよならの果実たち」の歌詞の世界観は「涙のパラダイス」の80年代版ですね。ちなみに「キスは少年を浪費する」の世界観の80年代版が以前も言いましだがラ・ムーの「少年は天使を殺す」ですね(笑)

山口百恵さんは、神格化されすぎちゃってる気がします。いや確かに大物でしたけど、意外と初期は地味ですよねえ。でもいい曲いっぱいありますよね。フツーにアイドルっぽい曲も多いし…デビュー曲の♪としごろとか好きですけど、デビュー曲にしては地味すぎる(笑)
もうちょっとあとの曲で♪赤い衝撃っていうのがあるんですが、もう死ぬほど好き。山口百恵で1曲選べ言われたら、おれは絶対これです。

連コメ失礼します…
あたしも「赤い衝撃」大好き!!
以前話題にした「パールカラーにゆれて」と「赤い衝撃」が【百恵のシングル部門】としてはあたしの中で同率1位って感じです。これほどの名曲がいまいち知名度低いのがありえない感じです。
でも実は百恵ちゃんのシングル売り上げランキングでは5位の大ヒットなんですよね!50.4万枚も売れましたから。ちなみに4位は50.8万枚で「プレイバックPart2」という有名曲。同じく有名な「秋桜」(46万枚)より売り上げが高いということでいかに「赤い衝撃」が凄かったか…と、いうことですよね!

>ラパスさん

コメントありがとうございます!

理恵ちゃんがこの曲を歌ったら!脳内で理恵ちゃんの声で再生してみました!
いいですねえ!理恵ちゃんの「恐いわ」聴きたいです^^
前後の曲が大ヒットで、影が薄くなっちゃったんですね。

【前後の曲の存在が派手過ぎて、いまいち地味な存在になってしまっている人気歌手のヒット曲】!!
どれも前後のヒット曲より好きかもです!
地味な存在だけど、いい曲ではあるんですよね~。

早見優ちゃんの「逢いたい気分」、『LANAI』の1曲目でしたか!まだCD聴けてなかったので^^;
林樽さんカムバック願うばかりですね。書きたい曲で出てほしい曲とかもあるんですよね。林樽さんなら絶対持ってると思いますしね。

ラパスさん、カーペンターズの「Close To You」お好きなんですね~!いい曲だと思います!
早見優ちゃんのカバー素敵ですね!ひかるちゃんと博子ちゃんまで登場と言う!!
ここ数年っぽいですね!いつのだろう?

井戸ビシャスさんの記事で見ました!
「はんぶん不思議」のですよね!
似てる部分はありますねぇ。

「微笑がえし」、すごかったです!
♪おかしくって 涙が出そう♪ww
ゼンゼンお菓子の発想がなかったです(笑
子供の時、きちんと聴かなかったのかもですねえ。

BaBeの「Give Me Up」が♪君、嫌!♪ですか(笑
こっちも当時の聞き違いの記憶がないので、おもしろいですね!
長山洋子ちゃんの「ユア・マイ・ラブ」知りませんでした。長山洋子ちゃんはまだまだ未開拓ですね。

Adm Gmさん、すごいです!!!最高なラインナップ!!!

すみません、曲は時間がなく返信はここまでになってしまいます。
みなさん、また後日書きます!


あっ、曲は時間がなくではなく、

今日は時間がなくですすみません!

>ラパスさん

遅れましたがつづきです。

ラ・ムー聴きました!いいですね!大人の落ち着いた雰囲気で、最近大好きな路線かもです!
桃子ちゃんの声、素晴らしいですねえ。まだ桃子ちゃんの曲は聴けていない状況なので、またいつかいろいろ掘り下げていきます!
「青春ラブレター」、前に聴いたんですけど、昔の曲かと思ったんですよ。
歌声がほんとかわいくて!最高ですよね!

鳥越マリちゃんは全くノーマークですねえ。
そんな名盤だったのですか!
「ドミノ倒しの夏」を聴きましたが、確かに良さげです!
夏の始まりから夏の終わりを感じられるアルバムなんて、素敵ですねえ。

和歌子ちゃんの旅番組見逃してしまいました><教えていただいてたのに最近の多忙と疲れで(汗
歌手3人の旅ですか。アイドルではないですね、他のお二人が。

「80年代女性アイドル売野ソングランキング」ありがとうございます!

①菊池桃子ちゃんの「Last Runner」
歌詞も曲も完璧とは!最高のアイドルポップスなんでしょうねえ。
桃子ちゃんの曲で1番って、そうとうですね!気になります!いつか聴きます!

②高井麻巳子ちゃんの「シンデレラたちへの伝言」
高井麻巳子ちゃんの良さも今の自分ならちょっとずつわかってくるかもです!
御存じのとおり前は楽曲的にあまり入ってこなかったんですけどね。

③内海和子ちゃんの「蒼いメモリーズ」
最近すごく気になってたんです!和子ちゃん!レビュー仕様と思った曲が削除されちゃったりと、ちょっと考え中です!

④荻野目ちゃんの「さよならの果実たち」
いいですねえ!この辺の曲は全く知らなくて。
荻野目ちゃん自体がまだ未開拓だからですね。初期に目を付けてましたが、この頃も魅力的ですね!
「涙のパラダイス」の80年代版って感じなんですね!
歌詞も見ましたが、売野さんですね~、ほんと!確かに「涙のパラダイス」ですね!

>井戸ビシャスさん

コメントありがとうございます!
確かに神格化されていますねえ。自分もそういう影響を受けて、なんでもすごいと思ってしまいますから!
初期をリアルで知らない自分も地味な雰囲気は感じました。それでも奥に秘めた何かがあるようで。
普通にアイドルっぽい曲も多いんですね!まだ知らない曲が大多数なんで、いろいろ探してみます!
「としごろ」、デビューにしては地味ですね、確かに。
「赤い衝撃」ですね。赤いシリーズ、昔母親が好きで見たことあるな~、という思いで^^
その頃の百恵ちゃんの曲、いい曲いっぱいありそうですね。
追々勉強していきますね!

>ラパスさん

ラパスさんも「赤い衝撃」大好きなんですね!
「パールカラーにゆれて」もいいですねえ。
井戸さんとラパスさんの話を聞いて、もっともっと百恵ちゃんを聴きたくなりました!
「秋桜」より「赤い衝撃」の方が上なんですね!!
それだけすごかったんですねえ。聴いておきますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/56022064

この記事へのトラックバック一覧です: 春風のいたずら/山口百恵:

« 風をさがして/矢口真里とストローハット | トップページ | 君住む街/井ノ部裕子(Qlair) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連