無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

もう君の名前も呼べない/内海和子

◆レビューNo.607◆
Photo

「もう君の名前も呼べない」内海和子
作詞:秋元 康
作曲:国安わたる
編曲:松任谷正隆
(1987年5月14日発売)

内海和子ちゃんの3枚目のシングルです!

内海みどりちゃん・・・いや、和子ちゃんですw
(「夜のヒットスタジオ」での井上順さんのボケw)
おニャン子クラブ、会員番号13番の和子ちゃん!

和子ちゃんの印象は、おニャン子の中でも落ち着いていて大人だな~、という印象でした☆
おニャン子クラブ加入時18歳。
この『もう君の名前も呼べない』の頃は20歳だったんですね。

『20歳』という曲も発売している和子ちゃんだけあり、大人のイメージで売り出そうとしていたんだろうなと思います。

和子ちゃんは、子役としても活動されていたんですね。
そこから子役休業後におニャン子クラブへ。

おニャン子クラブのデビュー曲『セーラー服を脱がさないで』ではフロントメンバーも務めるなど、活躍されていました~☆

でもソロデビューの道は険しかったのかな?
ソロ曲は、おニャン子クラブのシングルレコードのB面扱いで。

「おニャン子クラブの歌姫」と言われていただけあり、歌唱力が輝いていますね☆
おニャン子クラブの歌唱力の要だったんでしょうね~。
おニャン子クラブの歌唱力を支えたメンバーと言えば、城之内早苗もいますが、早苗ちゃんは演歌でしたからね。
和子ちゃんとの棲み分けもできていた訳ですね。

この『もう君の名前も呼べない』の歌唱も素晴らしくて!

和子ちゃんの歌だけでなく、楽曲もきらびやかですよね。

和子ちゃんの歌声は、哀愁も帯びつつかわいらしさもあり。
個性的な歌声が多いおニャン子クラブの中では地味で、霞んでしまうけど、和子ちゃんは和子ちゃんの歌手としての道って言うのがあったんじゃないかな~。
そう感じさせる1曲!

『もう君の名前も呼べない』が入ったアルバムを制作してほしかったです!
このレベルの楽曲が集まったら最強の1枚が完成しますよね。
和子ちゃんはアルバムで勝負できそうなタイプにも感じますし!

『もう君の名前も呼べない』は、アレンジもメロディラインも素晴らしいですね♪
どこを取っても良いと思うんですけどね~。

でもオリコン最高位18位だなんて信じられない!
こんな名曲が~!
みんなレコード買って聴いて~笑

イントロ1秒聞いただけでも良曲とわかる!
はじまりから、きらめいています☆

 ♪海が見えるこの坂を 登るその度
  君は少し僕よりも 早足になる

サビへと続くBメロが、またドラマティックです!!
和子ちゃんの歌声も、なかなかに良いです。
和子ちゃんの声質が活かされた曲に出逢えたんじゃないでしょうか。

 ♪もう 小さな背中 見失うほど
  黄昏は深く
  今 君の名前も呼べないくらい
  近づいた夏

最高潮の盛り上がりを見せるサビ☆
素敵すぎます!
このメロディラインが好きなんですよね~。
なんだかドキドキしてきます。

B面の女王和子ちゃんが、A面で輝く姿もしっかり見ていたいですね!
そんな素敵なA面に相応しい1曲で、夏をはじめたいと思います!
そして和子ちゃんの名前、たまには呼んであげて下さい←

2014年6月26日 (木)

ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました!

ハロー!プロジェクトの楽曲を集めたコンピレーションアルバム「ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました!」がついに3枚目&4枚目の発売ですね!

ベボベ小出祐介&掟ポルシェ選曲のハロプロコンピ同時発売
http://natalie.mu/music/news/117572

ハロプロコンピ、毎回選曲を楽しませてもらってます!
レア音源もCD化されたりと、いい企画ですね~!
これからももっともっと続いていってほしいです☆

と言うことで、自分も選曲してみたくなり、厳選して21曲を選曲してみました~!
こんな感じです↓

V.A.「ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました! Vol.72 夏の友達編」収録曲

 01.僕らが生きる MY ASIA/モーニング娘。誕生10年記念隊
 02.Say Yeah!~もっとミラクルナイト~/モーニング娘。
 03.あこがれMy Boy/モーニング娘。
 04.寒いから冬だもん!~どうもこうもないっすよミキティ~/藤本美貴 With 岡井千聖&萩原舞(℃ーute)
 05.School Days/ガーディアンズ4
 06.シャイニング 愛しき貴方/カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)
 07.木立を抜ける風のように/ODATOMO
 08.春 ビューティフル エブリディ/亀井絵里・光井愛佳(モーニング娘。)
 09.さくら満開/モーニング娘。さくら組
 10.VERY BEAUTY/Berryz工房
 11.宝の箱/重ピンク、こはっピンク
 12.オンナ、哀しい、オトナ/セクシーオトナジャン
 13.片想いの終わりに/亀井絵里(モーニング娘。)
 14.恋愛ってなぁに?/加護亜依
 15.世界は サマー・パーティ/真野恵里菜
 16.アクマでキュートな青春グラフィティ/℃-ute
 17.同じ時給で働く友達の美人ママ/スマイレージ
 18.渚の『・・・・・』/W
 19.マジ夏すぎる/Berryz工房
 20.夏 LOVE ロマンス/ハロー!プロジェクト
 21.夢から醒めて/高橋愛(モーニング娘。)

この21曲が自分のハロプロソングベスト21という訳ではなく、あくまで1枚のアルバムとして聴いてみたい曲をまとめました☆

とは言え、もちろん大好きな楽曲ばかりを集めたので、自分的にテンション上がる内容(笑
これ発売してほしいですね~!

大好きな曲を集めただけあり、今までにレビューした曲も多数入ってますね!

本当は20曲にまとめたかったんですが、入りきれず、21曲となりました。
かなり厳選したので、他にも入れたかった曲は実際あります!
後藤真希ちゃんの曲とか久住小春ちゃんのソロとかGAMとか太陽とシスコムーンの曲も。
Juice=Juiceも入れたかったです!

ハロプロの曲はかなり豊富で、どれを選ぼうかかなり悩みますね!
でもいろいろ聴きながら選ぶのがめちゃくちゃ楽しかったです∩^ω^∩

1曲目はレジェンドメンバーが集う名曲!!
モーニング娘。誕生10年記念隊の「僕らが生きる MY ASIA」♪
美しい歌ですよね~。
そしてそこから初期のナンバーで、懐かしさもあり。

中盤はバラード系とミディアムテンポの曲中心に。
春らしい楽曲が多いですね!

後半は夏らしいナンバーで、ラストへと盛り上がっていきます☆
W(ダブルユー)は「渚の『・・・・・』」にしたところがポイント(笑
そこが自分らしいかな~、とw

で、ラストは高橋愛ちゃんの「夢から醒めて」で締めくくりたかったんですよね~。
高橋愛ちゃんのソロでフィナーレを飾ってほしくて!
愛ちゃんの「夢から醒めて」で、エンディングロールが見えるような、そんなアルバムにしてみました。

また第2弾も勝手に作成したいです゚+.(・∀・)゚+.゚

ではその日まで~☆

関連記事:
寒いから冬だもん!〜どうもこうもないっすよミキティ〜/藤本美貴 With 岡井千聖&萩原舞(  ℃-ute)
シャイニング 愛しき貴方/カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)
春 ビューティフル エブリデイ/亀井絵里、光井愛佳
VERY BEAUTY/Berryz工房
同じ時給で働く友達の美人ママ/スマイレージ

2014年6月24日 (火)

笑顔YESヌード/モーニング娘。

◆レビューNo.606◆
Yes

「笑顔YESヌード」モーニング娘。
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:松井 寛
(2007年2月14日発売)

モーニング娘。の32枚目のシングルです!

つんくP曰く、ソウルフルなファンキーダンスナンバー!

この曲当時のメンバーは、9人!

 吉澤ひとみ(21)
 藤本美貴(21)
 高橋愛(20)
 新垣里沙(18)
 田中れいな(17)
 亀井絵里(18)
 道重さゆみ(17)
 久住小春(14)
 光井愛佳(14)

※年齢はCD発売当時

みっつぃ~こと、光井愛佳ちゃんが8期として加入してから初のシングルでした!
みっつぃ~は、この曲でデビューながら、堂々とソロパートをしっかりこなしていました!
期待の新人だったのですね~。

でも実際はダンスを1カ月かけて覚えたりと、やはり裏では大変な状況だったんですね~。

みっつぃ~本人の解説はコチラです↓

メインボーカルは、愛ちゃんとミキティとよっすぃ~と里沙ちゃんですね。
この4人を中心に展開していく訳ですが、他のメンバーもソロパートで個性を発揮しているので、存在感がしっかりあります!

まずはメインボーカルの4人は、やっぱりメインに選ばれるだけあって、曲に合ってますよね!
相変わらず愛ちゃんのフェイクはかっこいいですね!

そしてよっすぃ~は男っぽいキャラではあるけど、すごく女っぽくて!
セクシーさがにじみ出てて、この夜の雰囲気の楽曲に華を添えていますね☆

里沙ちゃんもクールにキメテますね!
デビュー当時の少年らしい歌声とは違い、やはりガキさんも艶めかしさを醸し出しています!

それからやっぱりミキティだな~。
声質から歌唱力から、この曲との相性抜群すぎる!!
最初から最後まで、ミキティの歌声が気になる位、最高~!
ソロパートだけじゃなく、複数で歌うパートでも、ミキティの声は魅力を発揮していて!
サビのパートも何人かに分かれて唄ってるけど、ミキティはなんだかすごくわかる!
あの気だるさが混じった甘ったるい感じがすごく良くて。

みっつぃ~はいい意味で普通な感じですね!
堂々としているとは言え、素人感はあって、そこがまた良くて。
そういうボーカルが途中で入ってくるから、聴いてて飽きないし楽しい!!

そして小春ちゃんは飛び抜けて個性的☆
気になる存在!
れいなちゃんは安定の歌唱力と順応性があります♪
さすがです!

亀井ちゃんは、冒頭の「YES!」が印象的☆
しょっぱなから持っていきますね~!
亀井ちゃんの歌声は、騒がしい楽曲よりも、バラードとかを聴きたくなる魔力がありますね(笑
ハマると抜け出せない、そんな魅力的な感じ♪

さゆみちゃんもいいんだな~。
この頃は、自ら吐息とかしかパートがないとかっていう話は良くしていたように思いますが。
さゆみちゃんのキュートな吐息も重要ですが、歌声もやはり重要!!
もっとさゆみちゃんのソロパートがあっても良かった曲じゃないかとも思えます!
声だけで華やかな存在ですよね、さゆって☆

9人の個性が溶け合った素敵な1曲ですね!

イントロからファンキー☆

畳み掛けるようなメロディが癖になります!
歌番組での映像を見ると、コーラスを歌っているメンバーもいたりで、そこも注目ですね☆

みっつぃ~の♪真夏が待てないじゃない♪のパートが好きですねぇ。

この曲、振り付けも見ていて楽しいものがありますよね。
愛ちゃん中心にポーズ取りながらグルグル回ったりと、見所満載ですね!

CDジャケットもおもしろいですよね~。
メンバーそれぞれの年代に合った服装で!
まあこちらのジャケットは、表題曲の『笑顔YESヌード』のジャケットではなく、カップリング曲の『サヨナラのかわりに』をイメージしたジャケットなのですが。
いろんな年代がいる感じが、モーニング娘。だな~と思えました!

ほんといい曲なので、今現在のモーニング娘。、モーニング娘。14にも歌っていってほしいです☆

関連記事:
愛の種/モーニング娘。
サマーナイトタウン/モーニング娘。
愛と太陽に包まれて/モーニング娘。
愛しく苦しいこの夜に/モーニング娘。
Fantasyが始まる/モーニング娘。
Only You/モーニング娘。
One・Two・Three/モーニング娘。

2014年6月22日 (日)

薔薇ふる空/ルーラ

◆レビューNo.605◆
Photo

「薔薇ふる空」ルーラ
作詞:及川恒平
作曲:すぎやまこういち
編曲:栗田信生
(1993年5月26日発売のアルバム「ドラゴンクエストのうた~ベスト・ソング・セレクション」収録)

 

ルーラの1枚目のアルバム収録曲です!

志村真澄ちゃんと伊藤真由美ちゃんのユニットです。
ドラゴンクエストのゲーム音楽を、歌詞を付けて華麗に歌うグループ、ですね☆

【ドラゴンクエスト】での"ルーラ"の意味は、「決まった場所まで飛行して移動する呪文」です。

ルーラのアルバム「ドラゴンクエストのうた」の説明はコチラ↓

 「ドラゴンクエストシリーズ」、初の”うた”によるベスト・アルバム!
 ドラゴンクエスト1~5までのすぎやまこういちメロディにのせて、
 ルーラの清楚で美しい歌声で綴るドラクエのベスト・ソング集

このアルバム「ドラゴンクエストのうた」が、ほんと素敵な作品で。
ドラゴンクエストのメロディはどれもクオリティが高い物ばかりで、そんな素敵なメロディに乗せて、美しい歌を重ねていて。
歌詞がゲームの世界観を歌っていたりと、楽しい仕上がりになってますしね。
自分はあまりゲームをしないので、知らないメロディもあるんですが、ゲームをやってたらもっと楽しめたのかも!
ルーラを知り尽くすために、ゲームをやってみるていうのもある意味一つの選択肢なのかも(笑

そんなアルバムの中から、今回は【ドラゴンクエストII 悪霊の神々】の曲です!
ゲーム開始時の復活の呪文(パスワード)を入力する画面のBGMになっている曲。

牧野アンナちゃんが歌う『Love Song 探して』が原曲になる訳ですね!
アンナちゃんと言えば、スーパーモンキーズのメンバーにも加入していた実力派でしたね!
アンナちゃんバージョンもいつか記事にしようと思っていたら、ルーラが先に記事になったと言う逆転現象(笑
アンナちゃんはまた別の機会に~☆

ルーラのバージョンは、なんだか昭和アイドルな雰囲気を感じました!
優等生のボーカルで、さやわやかな歌声がキャンディーズのようでもあり。

POPで軽快な楽曲に、ルーラの綺麗なハーモニーが弾けだします☆
さわやかな夏を感じれる曲ですね!

アレンジもほんとキラキラしていて、夏空が目の前に広がっていきます!
イントロから、ハッピーです(*vωv)

 ♪暢気がり屋の私です いつもうしろを歩きます
  ちょっとした不思議な発見
  よそ見しても 気づかれずに できてしまいます

暢気がり屋っておもしろい言葉ですね!
聴き間違えかと思ってしまう(笑

 ♪夏の陽に輝いて
  薔薇ふる空 薔薇ふる空
  薔薇ふる空 見つけたわ
  見つめる あなたの 心の中に

夏空を突き抜ける爽快な歌声ですね☆
♪薔薇ふる空♪の語感がすごい好きです!
一緒に唄いたくなる感じ!
ノレますね~!

ルーラの曲を聴いて、ルーラを唱えて薔薇ふる空を飛行したいですね!←

関連記事:
結婚ワルツ/ルーラ

2014年6月19日 (木)

チャンスは一度だけ~TAKE A CHANCE~/大西結花

◆レビューNo.604◆
Photo

「チャンスは一度だけ~TAKE A CHANCE~」大西結花
作詞:湯川れい子
作曲:朝倉紀幸
編曲:入江純
(1987年6月23日発売)

大西結花ちゃんの6枚目のシングル曲です!

フジテレビ系ドラマ「スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇」挿入歌です!

結花ちゃんのライブを、アイドルヒットステージで観てきました~!

【80年代&90年代~アイドルヒットステージ~】
 
http://www.bb-anime.tv/idol/
 開催日:2014年5月6日(祝)
 昼の部:13時開場 13時30分 開演
 夜の部:17時30分会場 18時 開演
 [司会] クリス松村
 [参加アーティスト]
 ・大西結花
 ・岩男潤子(元セイントフォー)
 ・木原さとみ(元東京パフォーマンスドール・フロントメンバー)
 ・八木田麻衣(元東京パフォーマンスドール・フロントメンバー)
 ・川村知砂(元東京パフォーマンスドール・フロントメンバー)
 ・田中有紀美(元Melody)
 ・武内由紀子(元大阪パフォーマンスドール)
 [総合司会] 斉藤一美(文化放送アナウンサー)
 

結花ちゃんのステージ、最高でしたね!

ほんとにステージ上が、80年代に戻ったようでした!

人気アイドルの風格そのままに、昔と変わらないステージをやってくれた感じですよね。
それが嬉しくて!!

アイドル時代からのファンのことを考えているようで。
当時からのファンは、こういうステージが観たいっていうのをわかってくれている感じですよね。

自分は当時からのファンではないんですが、あの時代のアイドルの素晴らしさを伝えてくれた結花ちゃんに、感激でした☆

結花ちゃんのアイドルスマイルも、まだまだアイドルしていて、やっぱりアイドルはいくつになってもアイドルでいられるんだな~って思えましたね!

MCでは、デビュー曲の『アラベスク・ロマネスク』のレコードジャケットを出されて恥ずかしがっていたり(笑
この曲に不満があったようで(汗

アイドルらしい曲でデビューできると思ったら、『アラベスク・ロマネスク』っていうねw
だから、アイドルらしい曲を歌いたくて仕方なかったそうです!

10枚目のシングル『チューリップの蕾』が、まさにアイドルらしい楽曲だったようで、念願のアイドル的な曲だったらしいですね!
クリス松村ちゃんも好きな曲なようで。
良い曲ですよね~☆

『チャンスは一度だけ~TAKE A CHANCE~』は、ファン人気も高いようで、ライブでは欠かせない1曲となったらしいです。
今回のステージでも選曲されたっていうことは、やはりライブで盛り上がれる曲なんだな~、と感じました!

セットリストはコチラです。

 1.チャンスは一度だけ~TAKE A CHANCE~
 2.Remember/「風間三姉妹」(大西結花 中村由真 浅香唯)の楽曲

結花ちゃんのおいしいとこどりなセットリストでしたね。

元気な結花ちゃんと、ちょっと切ない結花ちゃんが見れて、結花ちゃんの魅力が凝縮された内容でした。

『チャンスは一度だけ~TAKE A CHANCE~』は、人気曲だけあって、とても良かったです!
結花ちゃんに関しては、まだまだ勉強不足なところがあり、楽曲も詳しくなかったんですが、こんな良い曲がシングルにあったのですね!
すぐお気に入りの曲になりました!

イントロからパワフルで、それでいてさわやかで、夏を感じれる曲ですね!
南風に吹かれている気分になれます☆

熱い歌詞ですね~!
燃えたぎってます!
結花ちゃんの力強さもあって、躍動感があって良いですね~。
これは確かにライブで盛り上がる曲で、人気な曲っていう感じがわかります!

アレンジも高揚感があって素晴らしいです!
スポーツ関連のテーマソングにも合いそうな、気合の入った曲ですね!
応援歌にもなりそうな、元気の出る曲です!

こないだ映画館に映画を観に言ったら、予告編で結花ちゃんが出てきて嬉しかったです☆
「いのちのコール~ミセスインガを知っていますか~」という映画ですね。
女優さんとしても活躍されているんですね~。

そんな結花ちゃん、9月に開催されるアイドルヒットステージにも出演決定です!
次はどんな曲を歌ってくれるのか!?
『アラベスク・ロマネスク』なのか!?笑
はたまた、『チューリップの蕾』なのか☆

次もアイドルの結花ちゃんに会えることを楽しみにしています!!

関連記事:
春のコサージュ/大西結花

2014年6月17日 (火)

CHIEMI SQUALL/堀ちえみ

◆レビューNo.603◆
Chiemi_squall

「CHIEMI SQUALL」堀ちえみ
作詞:森雪之丞
作曲:森雪之丞
編曲:鷺巣詩郎
(1983年6月21日発売のアルバム「風のささやき」に付属されたスペシャルシングル)

堀ちえみちゃんの3枚目のアルバム「風のささやき」特典スペシャルシングル曲です!

ちえみちゃん、こんなかわいい曲があったとは!!!

楽曲も最高にアイドルしてます!

そして、ちえみちゃんの歌声が、生まれたての小鳥のようなかわいさ(笑

声が自分の知るちえみちゃんじゃないです!
完全に子供の声ですよね。

16歳のちえみちゃんの元気でかわいい魅力が存分に詰め込まれています♪

レコード音源の最強のかわいさも聴きどころですが、それ以上に、ライブ映像に魅かれました!!

掛け声でものすごく盛り上がれます!

ライブで観たらほんとに楽しい楽曲だろうな~って!
ライブ映像を観ただけでも、テンション上がるし、一緒にCHIEMIコールしたくなりますo(*’▽’*)/☆゚’

ライブ会場の熱気がすごいですね~。
ちえみちゃんもファンも、みんな楽しそう!!

ちえみちゃんの歌唱も、レコード音源とは違った魅力を感じます!

サビのパートで音程にアレンジを入れていたりと、盛り上がれる歌い方になってるところも好感が持てます!
レコード音源ではささやく歌い方でも、ライブでは大声でお客さんを乗せていて!
「うしろの人も一緒に」とか「もう1回!」とか、煽り上手ですね!
さすが花の82年組☆

名前が入っている曲と言うこともあり、ちえみちゃんにしか歌えない楽曲ですね。
それも、ファンにとってもちえみちゃんにとってもオンリーワンな楽曲なんじゃないかなって感じました!

ライブでの定番曲になるのも納得です!
ファンの間でも人気の高い楽曲なんですね!
みんなで育てていった曲なのかな、とも思いました!
ほんとに素敵な楽曲です☆

 ♪朝もやの坂道で あなたと出逢うたび
  胸に響く せつない前奏曲
  ふれあいの物語が 綴られてゆきます

イントロはゆったり美しいメロディ。
朝もやに包まれた幻想的な世界を感じますね。
何かが始まりそうな、素敵な予感を感じるはじまりです☆
♪ハートが叫びます♪のパートが異様にかわいらしくて!
振り絞るような歌声が、とんでもなくかわいらしい作品です!

 ♪(C・H・I・E・M・I)
  ちえみ(ちえみ)
  好きよ(好きさ)
  目と目がふれたら
  さわやかな微笑下さいね
  ちえみ(ちえみ)
  好きよ(好きさ)
  あなたといっしょに
  ときめきの青空へ飛びたい

コールしたら絶対楽しいやつです!!
それでいてかわいさも忘れていません!
♪く・だ・さ・い・ね♪が良いんですよね!

こういう楽曲こそ、まさにアイドルのあるべき姿って感じがしますね。
心と心が結ばれる、まさにファンとちえみちゃんを、リボンで結ぶような、そんなかわいらしくもある絆を感じれる曲☆

ファンとちえみちゃんがひとつになれる楽曲なんだなって!
最高の贈り物ですね☆

関連記事:
メルシ・ボク/堀ちえみ
待ちぼうけ/堀ちえみ
さよならの物語/堀ちえみ
夕暮れ気分/堀ちえみ

2014年6月14日 (土)

もう一度ピーターパン/ゆうゆ

◆レビューNo.602◆

Photo_2

「もう一度ピーターパン」ゆうゆ(岩井由紀子)
作詞:秋元 康
作曲:井上ヨシマサ
編曲:西平 彰
(1989年2月8日リリース)

ゆうゆの8枚目のシングル曲です!

フジテレビ系のハウス世界名作劇場、【ピーターパンの冒険】の主題歌!

ゆうゆ、ソロデビューから2年、8枚目のシングルでも失われないこのかわいさ!
なんということでしょう(笑

おニャン子クラブの「会員番号の唄」でもゆうゆが歌っていたように、二十歳になっても♪相変わらずの幼さ♪ですねー!
いつまでも幼く老けないゆうゆ、まさにピーターパンのような女の子!?笑

そんなゆうゆの永遠の妹感のあるアイドル性にも注目ですが、この曲、聴く度に名曲だと実感してきています!
ゆうゆのかわいい歌唱が光る1曲ですが、曲も素晴らしいです!
アレンジも最高にいい!!
そして歌詞も好きですね~☆

この曲、作詞 秋元 康さん、作曲 井上ヨシマサさんなんですねー。
なんという神曲を創り上げたのかと!

こんなにかわいくメルヘンチックな歌、夢がありすぎです!!
ピーターパンというそもそもがメルヘンな存在を題材にしているからこそっていうのもありますが、それがまたゆうゆに合ってるんですよね~!

ゆうゆの歌声、まさにメルヘンそのもの!
ネバーランドへ連れて行ってくれます!

星屑のじゅうたんからもう、ゆうゆ光線出まくりです☆
いくつになってもゆうゆはゆうゆですね!

ゆうゆと一緒に夜空を旋回して、ネバーランドへはばたけます!
そんな気分にさせてくれる、メルヘン度満点な楽曲とゆうゆの歌声。
そう思うと、ゆうゆとピーターパンのコラボレーションは、素晴らしい化学反応を引き起こしてくれましたね☆

この曲は、ゆうゆのソロ初期に歌っていたら、もっとすごいことになってたんじゃないでしょうか!
例えばこの曲が、おニャン子クラブ在籍時に発売されていた曲だったらと思うと!

とにかく、夢であふれた作品!
こんなにキュートでPOPなピーターパンは、永遠です!!

関連記事:
お呼びじゃないの/ゆうゆ(うしろゆびさされ組)
夏のダリア/ゆうゆ

2014年6月12日 (木)

レインボー・ムーン/安室奈美恵

◆レビューNo.601◆
Photo
「レインボー・ムーン」安室奈美恵

作詞:売野雅勇
作曲:馬飼野康二
編曲:馬飼野康二
(1993年5月26日リリースの「ダンシング・ジャンク」C/W)

SUPER MONKEY'Sの安室奈美恵ちゃんのソロ曲です!

あっ、この頃は、"SUPER MONKEY'S4"でしたね(笑
スーパーモンキーズは、メンバーと名前がコロコロ変わっていた印象ですからね。

『レインボー・ムーン』は、NHKテレビアニメ『忍たま乱太郎』の挿入歌になっていた曲。
ちなみにエンディングテーマが、この曲のA面『ダンシング・ジャンク』でした。

奈美恵ちゃんの珠玉のバラード作品です☆

最近街中で、『SWEET 19 BLUES』や『CAN YOU CELEBRATE?』を良く聴きます!
渋谷で宣伝カーに遭遇したり、CDショップで流れていたりと。
それもそのはず、バラードベストが発売されたからですね!

Ballad Best Album『Ballada』の収録内容はコチラ☆

 [CD収録内容]
 01. SWEET 19 BLUES
 02. CAN YOU CELEBRATE? feat. 葉加瀬太郎
 03. Dreaming I was dreaming
 04. NEVER END
 05. HimAWArI
 06. think of me
 07. I WILL
 08. Wishing On The Same Star
 09. Four Seasons
 10. ALL FOR YOU
 11. White Light
 12. The Meaning Of Us
 13. Love Story
 14. Let Me Let You Go
 15. TSUKI

バラード人気投票によって選ばれた上位15曲が収録。
奈美恵ちゃんのブレイク後の曲を全てを把握できている訳ではないので、なんとも言えないのですが、自分の中では奈美恵ちゃんのバラードと言えば、『レインボー・ムーン』なのです!

『レインボー・ムーン』は、もちろんこのアルバムに収録されている曲より前の作品なので、奈美恵ちゃんのバラードの原点と言っていい曲ですよね。

それに、ソロ作品として考えると、この『レインボー・ムーン』が1曲目な訳で、奈美恵ちゃんにとっても大切な作品であってほしいです☆

バラードベストに入ってほしかったですけどねえ。
まあ投票もしていなかった自分が言えることではないですが~。

でも15歳の奈美恵ちゃんの、初々しい歌唱がアルバムに入っていたら、感動的だろうな~。
『TSUKI』の次に、『レインボー・ムーン』が入っていたら、完璧☆

スーパーモンキーズ時代には、『わがままを許して』というバラード作品もあって、こちらも圧巻です!
歌声の伸びがものすごくて、歌唱力の高さを思い知らされました!

こういう壮大なバラードを歌える奈美恵ちゃん、当時これは売れる!と思いました(笑
ここまで歌えるアイドルって、貴重でしたからね。

『レインボー・ムーン』は初期の奈美恵ちゃんらしく、声がすごく出ていて伸びやか!
ソロ第一弾にして、ここまでの完成度を出せるなんて、なかなかのものです!
いや、なかなかなんて言葉じゃ収まらない程に素晴らしい歌唱を聴かせてくれました!

それでも楽曲はアイドルらしさもあって、聴いていてうっとりする楽曲ですよね。

夜の空を見上げて、星を眺めながら聴くと雰囲気出ます!
間違いないです!

 ♪月に架かった虹のように
  愛はあなたと逢えた奇蹟
  たったひとりだけのひとが
  あなただったと涙で分かる

もうただものではないのがAメロからわかりますね。
才能があふれだしています!
きれいなメロディで、瞳に夢を映してくれます!

 ♪幸せをそっと抱きしめると
  夢は祈りだと知った
  引き潮が月に導かれて
  ゆくように愛を教えたひと

ラストのこのサビ、すごいですよねえ。
若さもビシビシ感じるんですが、体中で歌を表現している感じがものすごく伝わってくるんですよね。
曲の世界に引き込んでくれますね、ここまですごいと。
それだけこの頃からカリスマ性を持ち合わせた存在だったんですね~。

奈美恵ちゃんのバラードで、素敵な夜を過ごしましょう☆

2014年6月11日 (水)

BRAND NEW STORY/東京パフォーマンスドール

◆レビューNo.600◆

Brandnewstory

「BRAND NEW STORY」東京パフォーマンスドール
作詞:藤林聖子
作曲:渡辺徹
編曲:江口亮
(2014年6月11日リリース)

新生・東京パフォーマンスドールの1枚目のシングルです!

読売テレビ・日本テレビ系全国ネットTVアニメ【金田一少年の事件簿R】オープニングテーマです!!

東京パフォーマンスドールのメンバーは、以下の9人!
(カッコ内は出身地)

 上西星来(愛知県)
 高嶋菜七(兵庫県)
 櫻井紗季(山口県)
 浜崎香帆(福岡県)
 脇あかり(大分県)
 飯田桜子(東京都)
 神宮沙紀(群馬県)
 小林晏夕(静岡県)
 橘 二葉(和歌山県)

2013年、TPD復活!というニュースが駆け巡り、新しいメンバーが発表されて活動が始まって1年!
遂にCDデビューまでこぎ着けました!

この1年は、渋谷の劇場CBGKシブゲキ!!にて、PLAY×LIVE『1×0』という舞台とダンスサミットが融合したライブを開催し、演技と歌に頑張ってきたメンバー!
レッスンを重ね、日々成長していきましたね。

今年に入ってからはシブゲキを飛び出して対バンライブなど、数々のライブにも出演!
去年の9人とは、一回りも二回りも大きくなったメンバーたち。
この1年の努力の結晶が、CDデビューと言う形で集結した感じです!
『BRAND NEW STORY』は、それだけ大きな意味を持つ楽曲ですよね~。

現在はデビュー曲『BRAND NEW STORY』のリリースイベントを頑張っているドールたち!
先代TPDのグループ内ユニット"ViVA!"の『ひらき直りも芸のうち』じゃないですけど、♪土日放課後丸つぶれだもの♪な状況でしょうね。
いつかライブのMCで、うさきちゃん(神宮沙紀)が言ってました。
生活を犠牲にして、TPDにかけていると。
それ位TPDのことをずっと考えて、覚悟を決めて夢に向かって頑張っているんだと、胸打たれました☆
それはもちろんうさきちゃんだけでなく、9人全員がそういう気持ちで頑張っているのが日々の活動から伝わってきます!

やはりこの9人には、先代TPDを超えて行ってほしいですよね!
TPDは、"夢"がキーワードになっていて、先代TPDの『夢を』も歌い継ぎ、新生TPDのオリジナル曲『DREAMIN'』をダンサミで歌い、夢を持った9人の物語を体感できます!
その"夢"が、叶うように支えていきたいと思いますね。

その『DREAMIN'』が最高の楽曲で、去年の段階ではこの『DREAMIN'』がデビュー曲になってもいいんじゃないかと思っていました。
ですが、その『DREAMIN'』にも引けを取らない、と言うよりそれを上回る『BRAND NEW STORY』が登場したのはセンセーショナルでした!
天井知らずのTPDです☆
毎回最高と思わせてくれるTPDに、本気を感じずにはいられません!
それはもちろんメンバーだけでなく、スタッフさんや制作陣の皆さんの強い思いの表れですよね。

OPDが"高級アイドル"と言って笑いを取っていた時代もありましたが、それは間違いではないと思います!(TPDとOPDではまた違う部分もあると思いますが)
パフォーマンスドールは"高級アイドル"とも言えるでしょう!
最高のパフォーマンス集団を目指し、ストイックにがんばっています!

新生TPDのデビュー曲は、90年代っぽさも持ち合わせた楽曲!
90年代に活躍した先代TPDのDNAを継承したグループとして完璧な楽曲ですね!

期待を何倍も上回る素晴らしい楽曲が完成しました!

ライブでも盛り上がれて、TPDとファンが一つになれる楽曲!
"TPD"という物語が、紐解かれた感じ。

歌詞をじっくり見ると、感動してしまいます*゚($’v`$)。*゚
"夢見る旅人たち"なんですよね~。
前向きに新しい場所へ旅立っていく姿が、完全に9人と重なります!
これがまさに、BRAND NEW STORYです!!!

MVも最高です!
9人の表情がめちゃくちゃ良くて!
夢に満ち溢れてる表情に、エネルギーを感じますね。
それに、かわいいです!
みんなかわいいんです!
白い衣装と黒い衣装が見れるのも良いですね!
いさきちゃん(櫻井紗季)のあの髪型、かわいすぎやしませんか~!
これは売れますよね!

 ♪Brand New Day Brand New Day 止まらない
  奇跡が始まる予感
  まっ白なスタートライン
  ここから始まってく Amazing Story

今のTPDにぴったりな歌詞!
逆に考えると、今のTPDしかしっくりこない楽曲なのかも知れないです!
TPDの、"今"を思いっきり感じれる曲です!
今しか見れない、"今"のTPDを、目に焼き付けておきたいです!

"TPD"という物語が、動き出した感じがします!
新たなステージに飛び込んで行くTPDの9人!
"ROAD TO 2020"という言葉を胸に、まさに2020年、夢の祭典のステージへ向けて、遂にスタートラインに立ったのです!

戦国時代と言われるアイドル界に殴り込み、芸能界の荒波に飛び込んだTPD!
もっと高く飛べるように、TPDファミリーの名にかけて、見守って行きましょう☆

関連記事:
WAKE ME UP!!/東京パフォーマンスドール
夢を/東京パフォーマンスドール
涙のパラダイス/東京パフォーマンスドール
Saturday Night Fantasy/東京パフォーマンスドール
シェリーに口づけ/東京パフォーマンスドール
東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ/TPD DASH!!
JUST LIKE MAGIC/GOLBIES(ゴルビーズ)
千夜一夜/原宿ジェンヌ
史上最大の誘惑/ViVA! from 東京パフォーマンスドール
ブギウギ・ダンシング・シューズ/木原さとみ
雨の日 晴れの日/米光美保
ラッキー・ラブ/八木田麻衣
青空のハイウェイ/八木田麻衣
おちゃめなジュリエット/市井由理
異国~TOKYO IN THE NIGHT/篠原涼子
Sincerely/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール
WILD CHILD/穴井夕子
HEAVEN2/穴井夕子
夏がキライ/東亜佐美
クリームソーダ/篠原礼(TPD DASH!!)
恋のイエローカード・パトロール/TWO TOPS
DREAMIN'/東京パフォーマンスドール

2014年6月 6日 (金)

フレンズ・アゲイン/田中有紀美

◆レビューNo.599◆
Photo

「フレンズ・アゲイン」田中有紀美
作詞:田中有紀美
作曲:田中有紀美/鈴木雅也
編曲:鈴木雅也
(2014年5月9日配信開始)

田中有紀美ちゃんの配信限定楽曲です!

5月はゆきみちゃんを3度もライブで観ることができました!!

まずはコチラ↓

【80年代&90年代~アイドルヒットステージ~】
 
http://www.bb-anime.tv/idol/
 開催日:2014年5月6日(祝)
 昼の部:13時開場 13時30分 開演
 夜の部:17時30分会場 18時 開演
 [司会] クリス松村
 [参加アーティスト]
 ・大西結花
 ・岩男潤子(元セイントフォー)
 ・木原さとみ(元東京パフォーマンスドール・フロントメンバー)
 ・八木田麻衣(元東京パフォーマンスドール・フロントメンバー)
 ・川村知砂(元東京パフォーマンスドール・フロントメンバー)
 ・田中有紀美(元Melody)
 ・武内由紀子(元大阪パフォーマンスドール)
 [総合司会] 斉藤一美(文化放送アナウンサー)

ライブのセットリストはコチラです↓

 ◆Melodyメドレー
  ・世界中の微笑集めてもかなわない
  ・運命’95
  ・青空をあげたい
  ◆フレンズ・アゲイン

ゆきみちゃんのステージは、田中珈琲店でのライブそのものでしたね!
ゆきどんのおっとりしたトーク炸裂で、爆笑取っていましたw
客席で応援していた宮前真樹ちゃんや松野有里巳ちゃんにも見守られながら、MCも頑張っていましたね。
MC中水を飲みにステージの袖に行ったりと、おもしろいステージでした☆

東京パフォーマンスドールの『キスは少年を浪費する』をパードルメンバーに教わって踊ると言う貴重なシーンも観ることができました!

そして5月10日に下北沢の風知空知で行われた「田中珈琲店 14杯目」!!
大阪パフォーマンスドールの中野公美子ちゃんがゲスト出演して、ゆきみちゃんと歌いました!!

この2人のコラボを間近で観れて、感動してしまいました!!!
OPDの曲は、『素敵になりたい』を。
Melodyの曲は、『青空をあげたい』を2人で歌っていて。
楽曲は、お互い相手のグループの曲の中から歌いたい曲を決めたそうです!
同い年コンビのトークも楽しかったですね~。
ゆっくりなゆきみちゃんと、関西人のコミちゃんとの組み合わせがおもしろかったです!

そしてなにより『フレンズ・アゲイン』に感動。゚(。ノωヽ。)゚。

ゆきみちゃんも感極まって、涙を流していました。
それもそのはず、この楽曲、ゆきみちゃんのお友達のことを歌っていまして。
ゆきみちゃんの亡くなられた親友への想いが詰め込まれた楽曲なんですよね。

本当に大切な親友だったんだなって伝わります。

風知空知での「田中珈琲店 14杯目」は、本当に最高のライブだったな~。
ribbonの松野有里巳ちゃんまで登場して!
そうそう!アンコールでゆきみちゃんが、ribbonの『あのコによろしく』を歌っていて!
それにも感動してしまいました!
『あのコによろしく』も大好きな曲!
90年代の楽曲をアイドルたちが目の前で歌ってくれるなんて、贅沢な時間を過ごせました!

そしてこんな素敵なゆきみちゃん直筆の絵も購入!
ゆきみちゃんとこみちゃんの絵!!!
この2人の絵は、この1枚だったそうです!わ~い!!
Photo_6

ゆきみちゃんのライブ記事はコチラ↓
http://tanakayukimi.info/blog/3857/

ライブの模様はこみちゃんのブログにも載ってます!
めっちゃいい写真ばかりですよ!今見ても夢のようです!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/kumiko_nakano_blog/39923748.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kumiko_nakano_blog/39887792.html

そして5月17日には、その松野有里巳ちゃんの1stソロライブ!!!
またこちらの模様はあみちゃんの記事で書くかもなので、簡単に。

ゆきみちゃんが今度はあみちゃんのライブにゲスト出演されていました!
あみちゃんのアゲアゲな楽曲が続く中、ゆきみちゃんは癒しを与えてくれましたね。
ライブ後には、『フレンズ・アゲイン』をダウンロードしたらもらえるポストカードに、サインもいただきました!
ありがとうございますo(*’▽’*)/☆゚’

Photo_5

と言う、5月はゆきみちゃんづくしな月でした!

そしてダウンロードして名曲だと気付いた『春、うらら』と、『フレンズ・アゲイン』の2曲を繰り返し聴いていて。

どちらもいいんですよね~。
どちらの楽曲も、アレンジも大好きなんです!
『フレンズ・アゲイン』も、何度も聴くうちに音に注目するようになって。
オルゴールのようなイントロだったり、バイオリンも美しくて!!(音楽の事は詳しくないので楽器間違えてたらスミマセン!)

ゆきみちゃんの書いた詩も、ジーンときますね。
大切な親友のこと、いっぱい思い返して書いたんだろうなって。

 ♪もう一度だけ会いたいなんて嘘、何度も逢いたい

ゆきみちゃんの歌声が心に響きますね。
切ないです~。

多くの人に聴いてもらいたい楽曲ですね。
そして天国にもこの歌声、届くといいですね☆

関連記事:
素直に言えない~もっとそばにいたいけど~/Melody
シブヤへ行こう!/Melody
いちばん好きと言って/Melody
世界中の微笑み集めてもかなわない/Melody
唇がふれあえば/Melody
ねぇ、ダーリン!/田中有紀美(Melody)
愛染-aizen-/田中有紀美
春、うらら/田中有紀美

2014年6月 4日 (水)

ほんとの気持ち/松たか子

◆レビューNo.598◆

Photo

「ほんとの気持ち」松たか子
作詞:小田和正
作曲:小田和正
編曲:小田和正
(2003年7月23日リリース)

松たか子ちゃんの16枚目のシングルです!

【アナと雪の女王】の、「Let It Go」でも歌い手さんとして注目を浴びているたか子ちゃん!

ほんといい歌唄いますよね~。
女優さんとして大活躍のたか子ちゃんですが、歌手としての才能も素晴らしいです☆

たか子ちゃんはもっと歌うべき人です!

こうやってまた歌声が注目されることは良いことですね!
またCDリリースを続けて行ってほしいものです。

過去を振り返ってみても、素敵な曲の数々で☆

たか子ちゃんの歌って、やっぱり歌声がいいですよね。
しっかりしてるけど攻撃的じゃなく、透明感もあってさわやかで。

女優さんだから感情も豊かで、歌に感情がこもっていますしね。

特に今回紹介する『ほんとの気持ち』のPVでは、顔だけで勝負!みたいな!
顔のアップで全てを物語っているんですよね。

歌に合わせて唄ったり、時々唄わなかったり、その間って言うんですかね。
それがものすごくて!
自然なんですよね、全てが。

目線とか、表情とか、静かに見入ってしまいますね。

この『ほんとの気持ち』は、小田和正さんがたか子ちゃんに提供した楽曲☆

TBS系年末特番『クリスマスの約束』で、小田さんとたか子ちゃんが共演しているところはテレビで何度か見ました~!
小田さんが『ほんとの気持ち』を提供した事が縁で、ライブにも出演されたんですね!

またこういう素敵なタッグ、見てみたいですね!

『ほんとの気持ち』は今までのたか子ちゃんの曲の中でもナチュラルな魅力が発揮されていますね。

PVの顔だけの真っ向勝負感だったり、飾り気のない楽曲で。

 ♪私 きっとあなたを 好きにはならない
  返事も短いし 優しくないし

本当は好きなのに、自分に言い聞かせているのが伝わってきますね。
PVでのたか子ちゃんの表情からも、それが読み取れます。
「好きにはならない」は、「嫌い」ではない訳ですしね!

 ♪優しくなくても それで私 構わない

ドラマのような展開ですね!
遂にほんとの気持ちがあふれ出した瞬間です!

 ♪もうすぐ 二人に初めて 夏がやって来るんだ
  今あなたの その隣を そっと歩いてる

夏という熱い季節に、何かが起こりそうな、そんな予感を感じさせます。
新しい季節がいい季節になるように、そっと願っている感じがしますね。

暑い夏!と言うより、涼しげな風が吹く夏、というイメージで、清涼感があります。
ギラギラした感じがしないのは、たか子ちゃんのさわやかな歌声があってこそ、なんですね。
小田さんのコーラスもさわやかで、クールな夏を感じれますね☆

関連記事
明日、春が来たら/松たか子

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連