無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

サマー・ホリデー/河合美智子

◆レビューNo.618◆
Photo

「サマー・ホリデー」河合美智子
作詞:中里 綴
作曲:吉田雅彦
編曲:星 勝
(1983年7月10日リリース)

河合美智子ちゃんの2枚目のシングル曲です!

大ヒット!!!(自分の中で)
こんな名曲が埋もれていたんですね~!
いや~、驚きです☆

美智子ちゃんに関しては、女優さんのイメージしか持っていなくて。
歌手と言ってもオーロラ輝子ちゃんなんですよね~。

で、たまたま見つけたこの楽曲に、美智子ちゃんの実力をひしひしと感じてしまいました!!!

もう一言で、「素晴らしい!」です!!!
それで終わっても良いような~笑

いや、もうちょっと語らせて下さい(。・`ω・。)q

河合美智子ちゃんは、1983年に映画【ションベンライダー】の主役としてデビューしたんですね。
そしてその映画の役名の「河合美智子」がそのまま芸名になったとは!

そんな美智子ちゃんのセカンドシングルは、キティフィルムのテレビアニメ【みゆき】の第2弾エンディングテーマソングに起用された曲!
大ヒットした、H2Oの「想い出がいっぱい」の次のエンディング曲と言うこともあり、売れても良さそうなものですよ!

残念だったのはあれかな。
夏休みの曲で、夏季限定のエンディングテーマソングだったため、オンエアが限られていたんですね。
第14話~19話のみのオンエアなんて、なんとも短期間過ぎる!!

にしても、この名曲をアニメのエンディングに起用するセンスの良さ☆
【みゆき】のスタッフすごい~笑

【みゆき】は、主人公の若松真人とヒロインである2人の「みゆき」の三角関係を描いた、青春ラブコメディ♪
このアニメも切ない物語ですよね。
そんな青春の1ページを切り取ったような楽曲が、まさにこの曲!

 ♪もうすぐ入る 夏休み
  私を誘って欲しいの
  あなたは先に School Days
  卒業してゆく人

先輩に恋したスクールガールなのですね~。
アニメ【みゆき】の世界で言うと、若松真人くんの血のつながらない妹の若松みゆきちゃん目線とも言えますね。
イントロのコーラスから、さわやかすぎる!これぞ夏!!
夏休みに入る高揚感とか、最高の瞬間が切り取られていて、本当に夏休みが始まりそうな予感(笑
本当に最高の夏に連れて行ってくれそうな、夢のような曲だな~って。
ちょっぴり切なくて、甘酸っぱい気持ちが味わえますね。
最後に行くにつれ、切ないんですよね~。

 ♪Summer Holiday 過ごしたいな
  あなたと夏休み
  Summer Holiday 過ごしたいな 
  白いボート 沖にだして
  そのまま流されてもいい

美智子ちゃんの歌声が、艶っぽくて美しくて!
本当に15歳!?って疑ってしまう程の大人びた歌声!
美智子ちゃんの才能があふれ出していますよね。
こんなミディアムバラードを歌いこなす中学3年生って、すごすぎます!
夏休みを楽しみにしているところなんかは子供っぽいと思いきや、彼と一緒に過ごしたいと願う恋する乙女の夏物語ですもんね。

こんな感じで楽しい夏休みになることを期待していた夏休みに入る前。
彼との夢のような時間を夢見ていたけど、偶然街中でお似合いの女の子と歩くところを見てしまうんですよね~。
そして彼と海にも行けず、肌が白いまま夏休みが終わるって、ほんと切ない~。

夏休みの初めから終わりまでを歌った曲で、美智子ちゃんの声がまたラストに向かうにつれ切なさを帯びて来るんですよね。
大人のような歌声だけど、でもやっぱりどこか子供らしさものぞいていて。
ファルセットもきれいで。
一瞬の夏の夢を味わえますね。

15歳の美智子ちゃんが連れて行ってくれる、ちょっぴり切ない夏休み。
もう終わる・・・夏休み・・・
幻の夏休みが、今・・・始まりそうです!

2014年7月25日 (金)

メロンの切り目/細川ふみえ

◆レビューNo.617◆
Hitheal

「メロンの切り目」細川ふみえ
作詞:朝水彼方
作曲:川村結花
編曲:安部隆雄
(1994年2月25日リリース「ポチに八つ当り」C/W)

 

細川ふみえちゃんの4枚目のシングル収録曲です!

『メロンの切り目』は、1993年8月にNHK「みんなのうた」で放送された楽曲☆

これはカップリング曲にしておくには勿体ない良曲ですよ!

ふ~みんこと細川ふみえちゃんの歌声にしっくりきすぎています!
ある意味"奇跡の1曲"じゃないでしょうか~☆

歌詞の女性がふみえちゃんとだぶりますね。
ふみえちゃんとこの楽曲、なんだろうこのフィット感☆
のほほんとしたウィスパーヴォイスがまた曲に合うんです!

歌手としてこれだけ自分の良さを引き出せた曲に出逢えるなんて、こんな幸せなことはないでしょう!
と、勝手に思ってしまう程の出来なのです!
ふみえちゃんがアイドル歌手をやっていた意味が、ここにある!みたいな(。・`ω・。)q
まさにふ~みんの真骨頂ですね☆

「みんなのうた」のアニメーションも良いんですよね。
アニメ映像は、もりやまゆうじさんが製作を担当していました~。
絵も素敵ですよね!
夏の日の1日を切り取った感じで、のんびりゆったり眺められますね☆

彼の家に行って、メロンに切り目を入れて、自分が来たことをアピールするっていう。
この女性、ストーカーじゃないことを願います(笑
なんとなく彼はこの女性を彼女とは思っていないような気がしてならないのですが~。
元彼だとか。
いや、そう考えるとちょっと厄介!
でもきっと、彼にかまってもらえないかわいそうな女性なのですよ。

そんな複雑な想いの中、猫が全てを払拭してくれています(笑
にゃんこが和やかにしてくれますね!

スチールパンの音もさわやか~で、クーラーの効いた部屋っていうイメージがします。

 ♪メロンに切り目をいれて
  冷蔵庫に入れておいたら
  気づくかしら
  いたずら好きなこのスペアキー
  天井まで上げてキャッチ
  今日も しかられたくって来たのに

ここ~!
♪天井まで上げてキャッチ♪で、猫がキャッチするところがかわいい~!!
アニメの話しですけどね。
♪しかられたくって来たのに♪っていうのがね、なんだかふみえちゃんが歌うとリアルで!
このかわいい歌声の裏に、いろんな感情が見えてきますね☆

 ♪だれもが好きになる
  君のような人
  とられたくない
  はっと今身震い

大人の恋愛って感じですね~。
事も番組の歌にしてはほんと大人で。
曲調や歌声はかわいらしい雰囲気だから、子供向けっぽいと思いきや、大人の世界なんですよね~。
子供心にどう映るのかな。
自分みたいに「猫がかわいい!」っていう感じでしょうか(笑
それで良いのです!
それが良いんです!

こんなすれ違い、携帯電話が普及していない時代だからこそ成立する曲って感じですね!
今ならLINEの既読がどうのこうのっていう歌になっちゃう!笑

それにしてもふ~みんの歌声は、とろけますね。
夏の暑さでさらにとろけモード突入です!

関連記事:
だっこしてチョ/細川ふみえ
ポチに八つ当り/細川ふみえ

2014年7月23日 (水)

Japanese Girl/生稲晃子

◆レビューNo.616◆
Japanese_girl

「Japanese Girl」生稲晃子
作詞:売野雅勇
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1989年5月24日リリース)

生稲晃子ちゃんの4枚目のシングル曲です!

おニャン子クラブ、会員番号40番の「あっこ」こと、生稲晃子ちゃんです!

梅雨明け~!!
梅雨明けすれば、この曲の登場ですよね!
『Japanese Girl』~☆

 日本の夏
  アイドルの夏

ですよ!この曲はまさに♪

そんな、日本の素晴らしさを伝えてくれるアイドルポップスです☆

アルバム『日本「生稲」紀行』(1989年8月2日)からの先行シングルですね。
このアルバムはまさに日本を旅できるような素敵なアルバム♪

世界を旅するアルバムと言うのは良くあったりしますが、「日本」をテーマにしたところが良いですよね~。
晃子ちゃんも浴衣姿が似合う日本美人だし、この路線は大正解だったんじゃないでしょうか。

日本らしい楽曲なのですが、琴とかそういった類の和風な感じではないんですよね。
結構激しくダンサブルな楽曲!
意外な感じだけど、"Japanese"なのです☆

メロディは、すごくキャッチーで凛としたアレンジ!
曲調はソロデビュー曲の『麦わらでダンス』(1988年5月21日)に近いですよね。
『麦わらでダンス』と併せて聴きたくもなります!

 ♪長い梅雨が 明けた夜に
  浴衣に袖 通したなら
  日本のああ夏が 始まりますね
 

夏祭りを思い出しますね。
歌の中にも♪夏祭り~♪とあり、まさに日本の夏!
子供の頃行った夏祭りが思い出されてキュンとなりますね。

 ♪流れ星を素肌に集め
  天の川を渡りましょう
  花火 夜店 七夕飾り
  日本夏紀行

あれま。
梅雨明けは七夕の前だったのですね。
今や海の日あたりが梅雨明けの時期ですが、昔は7月初頭だったのか~。
と、調べてみたら、別にそうでもなかった(笑
年によってばらつきはありますが、たいてい7月20日前後ですね。
・・・まあそんなことは置いといて、ですよ!
歌詞がほんと素晴らしくてもうこれぞ日本のアイドルソングのお手本のよう!
どのワードを取ってみても、日本らしくて素敵で、文学的で☆

あっこちゃんの"和"の美しさを堪能できる1曲ですね!
これほど日本らしい歌詞を激しくキャッチーに歌いこなしたアイドルは、晃子ちゃんが1番じゃないかな、と思います♪
七夕気分で日本の夏、アイドルの夏を、楽しんじゃいましょ~!

関連記事:
ファンファーレが聴こえる/生稲晃子

2014年7月21日 (月)

Bright Daylight/hiro

◆レビューNo.615◆
Bright_daylight

「Bright Daylight」hiro
作詞:伊秩弘将
作曲:伊秩弘将
編曲:水島康貴
(2000年2月16日リリース)

hiroちゃんの2枚目のソロシングル曲です!

SPEEDの島袋寛子ちゃんのソロですね☆
SPEEDの(第1期)解散が、2000年3月31日なので、解散前最後に発売されたソロシングル♪

hiroちゃん出演の、資生堂「ティセラ ダンスダンスダンス」CMソングになってました☆
hiroちゃんがソロでCMをする前に、SPEEDでも出演してましたね!

ティセラは、1995年3月から2006年まで発売していた、「香り」が特徴のヘアコロンシャンプーですね。

hiroちゃんがCMをしていた「ティセラ ダンスダンスダンス(550:ゴーゴー)」の、ボトルのキャッチフレーズは、「ココロがステップする香り」♪
まさに『Bright Daylight』のポップなダンスチューンそのものです!!

心踊るハッピーチューンですねヽ(。ゝω・)ノ☆;:*
カッコいいというより、楽しい感じが伝わってきます!
笑顔で歌い踊るhiroちゃんと、一緒に踊りたくなりますね~。

キラキラしていて気持ちも弾むこの曲は、夏の始まりに聴きたい1曲!!
曲もそうだけど、MVを観たくなります!
MVが、めちゃくちゃ好きですこれ!

ロケーションがすごく良いんですよね。
朝焼けに青空に夕陽、そして海!
さわやかな風が吹き、hiroちゃんの髪が揺れる姿も絵になります!

沖縄出身のhiroちゃんの、この夏の景色に溶け込んでいく感じが素晴らしい☆
さすが沖縄少女!

夏らしさが目いっぱい詰め込まれたMVなんですよね!
"らしさ"って書いたのは、実際の撮影は発売日から考えると冬!?って感じですもんね。

この曲、発売が2月ですけど、一足も二足も速い夏ソングって感じですよね。
CMソングなので、季節を先取りしてるんですね~。

 ♪はばたけない鳥みたいに傷ついた日々は
  これから始まる素敵な季節へのプロローグ

前向きソングですね!
hiroちゃんの笑顔で、元気にさせてくれます☆

 ♪Bright Daylight 太陽の光浴びて
  全部洗い流したら
  きっと強い私になっていけるね
  Bright Daylight 今日から始めよう
  過ぎた日々は戻らない
  自分らしく生きてればいい
  元気出して...

この頃の中学3年生15歳のhiroちゃん、朝の光が似合いますね。
シャンプーのCMらしいワードも盛りだくさん。
リスタートして、また進んで行けそうですね☆

SPEEDの解散も決まり、これから一人で歩いていくhiroちゃんの決意のようなものも感じますね。
SPEEDとして活動していた過ぎた日々。
そしてこれから始まるソロへの道。
カップリング曲が『忘れられない日々』『希望の歌』という、何かそういう意味も含んでいるのかなと感じさせるものがありますね。

関連記事:
Baby don't cry/hiro

2014年7月19日 (土)

恋は御知合い!/松居直美

◆レビューNo.614◆
Photo

「恋は御知合い!」松居直美
作詞:篠塚満由美
作曲:山本次郎
編曲:山本次郎
(1984年4月25日リリース)

松居直美ちゃんの7枚目のシングル曲です!

1984年4月7日から1986年3月29日にかけてTBS系列で放送された番組、「まんがどうして物語」のエンディングテーマ曲ですね☆

松居直美ちゃんがお姉さん役で、ロクベエというキャラクターと共に物の起源を勉強する番組でした~。
このシリーズ好きでしたが、あんまり直美ちゃんの時のシリーズは見てた記憶がなくて。
「まんがはじめて物語」は覚えてるんですけどねぇ。
モグタンとともに(*・ω・*∩

なのでこの『恋は御知合い!』は、当時の記憶はないですね。
これがすごくかわいくて夏らしくて和める曲で!

動画でいくつか見ましたが、やっぱり好きだな~、このシリーズ。
ほんと直美ちゃん、変わらないですよね。
昔から大人っぽいと言いますかなんと言うか(笑
声もそのままって感じです。

この当時、直美ちゃん16歳なのですか。そうですか。
まさにアイドル的な年齢なんですよね。

でも100%アイドルって感じではないですもんね。
微妙な感じで~。
まさに『微妙なとこネ』(2ndシングル)を地で行く直美ちゃん(笑

とは言え、アイドルのカテゴリには入っていない直美ちゃんですが、曲はちゃんとアイドルポップスしています!
そこが避けては通れない感じなのです(笑

 ♪あなたがいなけりゃ始まらないから
  素敵なおしりに付きまとっちゃうから
  推理小説に凝りだしたのも
  モトクロスファン気取ってるのも
  あなたの胸に抱きしめられて
  同じ熱さを知りたいだけ

♪同じ熱さを♪の語尾が上がる感じがかなりかわいく歌い上げています☆
ものまねが上手い直美ちゃんだからこその、過度な表現とも言えるのかな~笑
もちろんほめ言葉です!

 ♪ゆらりゆらりゆらめき
  Loving you Loving you
  ふわりふわりふわめき
  I Love You I Love You
  あなたの素敵な素敵なおしり
  あなたの素敵な素敵なおしり

ゆらゆらと青い海に漂ってるみたいで、聴いていて気持ち良いですね☆
青い空と青い海に抱きしめられているような感覚です!
それにしてもおしりって何事w
そんなにもおしり好きなのですね、この恋する主人公は(笑
直美ちゃんのキャラクターから言って、お似合いのワードって感じがしますが~。

キーワードは"おしり"ですが、なんだか赤ちゃんのおしりをイメージしてしまう位のかわいらしさですね(笑

関連記事:
Starship Blue~夢エネルギー~/松居直美

2014年7月16日 (水)

プラズマ回遊/てれび戦士2004

◆レビューNo.613◆

Mtk

「プラズマ回遊」てれび戦士2004
作詞:Yen chang + js
作曲:福岡ユタカ
編曲:福岡ユタカ
(2005年2月23日リリースのアルバム「NHK天才てれびくんMAX MTK the 9th」収録)

2004年度のてれび戦士の曲です!

2004年度の、NHK「天才てれびくんMAX」のエンディングテーマソングです!
番組開始の1993年の第1回放送から見てきた中でも、2004年は上位に入る位に好きな年度でした☆

2004年度の舞台は、"プラズマ界"!
このファンタジーゲーム的な設定が好きだったんですよね~。
設定はこんな感じです。

 プラズマ界は、テレビの中に存在する世界。
 太陽が一日中沈まない世界「テレヴィア」と、
 太陽の光が全く届かない世界「アンダーワールド」の2種から成り立つ。

その2つの世界に、てれび戦士がそれぞれの住人として2分割するという面白いグループ分けに。

テレヴィアの住人は、「レインボー・ガーディアンズ」というテレヴィアの平和を守っている精鋭部隊として。
アンダーワールドの住人は、「アンダー・ワールド・ファミリー」という太陽の光を取り戻そうとしている暗黒部隊として。
「レインボー・ガーディアンズ」は明るい色合いの衣装で、「アンダー・ワールド・ファミリー」は黒を基調にした衣装で。
天使と悪魔的な雰囲気にもなっていて、面白かったですね。

このプラズマ界の物語のラストでは、勘違いで敵同士になり戦っていた2つのグループも一つになって、本当の敵に立ち向かうっていう感動のストーリーでしたね。
感動的だったな~。

「レインボー・ガーディアンズ」と「アンダー・ワールド・ファミリー」別のメンバーはこちらです。
 

 【2004年度てれび戦士】 

 R.G.(レインボー・ガーディアンズ)

 井出卓也(中2)
 白木杏奈(中2)
 前田公輝(中1)
 村田ちひろ(中1)
 バーンズ勇気(小6)
 ジョアン・ヤマザキ(小6)
 橋本甜歌(小5)
 千秋レイシー(小4)
 浅野優梨愛(小4)
 川崎樹音(小3)

 U.W.F.(アンダー・ワールド・ファミリー)

 ド・ランクザン望(中1)
 堀江幸生(中1)
 飯田里穂(中1)
 洸太レイシー(小6)
 篠原愛実(小6)
 中村有沙(小6)
 髙橋郁哉(小5)
 伊倉愛美(小5)
 張沢紫星(小4)
 近藤エマ(小4)

上手い具合に振り分けられていますね。

番組内のドラマパート以外のコーナーでも、ドラマの設定がそのまま引き継がれている感じで、2つのグループが戦って切磋琢磨する姿が見れた年でした。

『プラズマ回遊』では、その2組のドラマも垣間見れますね。
中村有沙ちゃんの女王様が良い役でしたね。
有沙女王様の威圧感(笑

そしてこの曲のMVでも見れる"てんかりん"こと橋本甜歌ちゃんの太陽みたいな笑顔が、R.G.の明るさを象徴していますね!

U.W.F.にも飯田里穂ちゃんとかアイドル系のてれび戦士もいましたね☆

男の子戦士も良かったですね!
井出卓也くんとか、てれび戦士時代偶然街中で3度程見かけたこともあり。
そうそう飯田里穂ちゃんもお台場で見かけたな~、なんて思い出も蘇ります(笑

楽曲の方は、プラズマ界の雰囲気を上手く表現していますね!
これぞ「プラズマ界」っていう感じがします!
このつかみどころのない感じのするメロディと歌詞☆
まさにテレビの中の世界、異次元ですね!

 ♪空のとびらを あけはなして とんでら
  れんぞく プラズマ まきちらして
  おねがい テレヴィア
  電脳 the アンダーワールド
  なりたい テレヴィア
  うがった アンダーワールド

とても不思議な歌詞です!
この先の歌詞も全て謎が多くて、怪しげで不思議な歌詞が続きます!
何語かわからない言葉も飛び出して、まさに異次元!
メロディも不思議で、子供番組の歌とは思えない奥深さを感じてしまいます☆

 ♪アー 僕らの船は YOSORO
  ゆこう 太陽の風を背にうけて
  ねえ プラズマの嵐 のりこえて
  さあ 虹の向こうまで YOSORO
  Bon Voyage!
  YOSORO

アドベンチャーですね!
不思議な部分は多いけど、旅立つ勇気や強さをくれます!
それがこの曲の答えなのかな~、と思ったり☆
子供たちの歌声も、希望に満ちていて、前向きになれますね!

一瞬にして、テレヴィアに入り込める曲ですね~♪
「天才てれびくん」の楽曲は豊富で良い曲が多い中、異彩を放つ1曲だと思います!
YOSORO!

関連記事:
恋にメリーゴーラウンド~In for a penny, in for a pound~/SPACE FAIRY(俵有希子,中村有沙,白木杏奈)
Together Forever/SYANIS(中村有沙、豕瀬志穂、桜井結花)
本日晴天/俵有希子
僕らのナツ!!/Dream5
恋してたいの/HI's★cream(ハイスクリーム)
水晶庭園/黒澤美澪奈 山田陶子

2014年7月13日 (日)

R134海沿いのレースウェイ/高橋里華

◆レビューNo.612◆
R134

「R134海沿いのレースウェイ」高橋里華
作詞:高橋里華
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1995年6月21日リリース)

高橋里華ちゃんの2枚目のシングル曲です!

高橋里華ちゃんと言えば、1992年度フジテレビビジュアルクイーンという経歴を持つタレントさん。
タレントさんとしての認識はあったんですが、歌手もやられていたんですね~。
つい最近知って、しかも良い曲だったのでアルバム「Height of Summer」を買っちゃいましたね☆

高橋里華ちゃんって、何気に何度もお見かけしています。

OPD武内由紀子ちゃんと仲良しで、ブログにも度々登場しているんですが、ゆっこちゃんのライブを観に来ていたりするんですよね。
そして、ゆっこちゃんたちとやっている"ラウレア"というフラのチームのフラダンスも何度か生で観ましたし(笑

これですね↓
Photo
右端でちょっと照明が当たっていなくて申し訳ないですが~。
フラダンスの衣装がかわいいです(*・ω・*∩

ゆっこちゃんに気を取られて結構ずっとスルーしちゃってましたが(失礼!)、何気にYouTubeで検索してみたら、里華ちゃんの歌があって、聴き入ってしまいましたね。
これが良くてね~。
もし次にお会いすることがあれば、曲について話してみたい気分です!!
ゆっこちゃん関連のライブがあった時には里華ちゃんのCDを持っていっておくのが吉ですね(笑

『R134海沿いのレースウェイ』は、「週刊スタミナ天国」のオープニングテーマ曲だったんですね!
お~!って感じです!!

さわやかなガールポップって感じの曲ですね。
声にかわいらしさもあるので、アイドル感も出ています☆
ちょっと鼻にかかったスイートな感じが良いですね!

里華ちゃんの書いた歌詞も、夏のきらめきで輝きを放ってますね!
歌も詩も、こんなにできるなら、もっと歌を続けても良さそうですが、売り上げとかいろいろあったのかな?
でも才能を感じます!

「R134」を、「意味深」というところも素敵な語呂合わせですね。
王道ポップスですし、耳に残るメロディと歌詞で、キャッチーです!

 ♪R134(意味深ロード) 海沿いのレースウェイ
  原色のごきげんなエナジー
  ホワイトのセンターライン
  ミラーごし 駆け抜けてく すり抜けてく
  追いかけてゆく 膨らんだ明日へ…

里華ちゃんとドライブってすごくイメージ付きます!
車に乗って真夏を駆け抜ける里華ちゃん、絵になりますね!
趣味は「ドライブ」と言うのも納得いきますね!

 ♪真夏の空を赤色に染め上げて
  夕日も静かにシフトダウンする
  Sunsetキスも少し憧れてたけれど
  彼への気持ち今 ごめんねアンダーステアぎみ

自動車の専門用語まで織り交ぜるテクニック!
シフトダウンにアンダーステアに。
自動車用語がわからず、調べてしまいました~笑
アンダーステアって、とりあえず今はハンドルを切って気持ちを抑える時期、という解釈でいいのかな。
里華ちゃん車好きなんですね~、きっと。
レーサーとかも似合いそう!カッコ良い!
にしても面白い歌詞です☆

今後は里華ちゃんをおざなりにせず(オイ
里華ちゃんの歌の才能にも敬意を表しつつ、ゆっこちゃんと共に応援していきたいと思います!

2014年7月11日 (金)

グリコ アイスの実/SAYAKA

◆レビューNo.611◆
Photo

「グリコ アイスの実」SAYAKA
作詞:SAYAKA
作曲:杉 真理
編曲:嶋田陽一
(2001年5月CM放送開始)

SAYAKAちゃんのグリコアイスの実のCMソングです!

SAYAKAちゃん、現在は"神田沙也加"ちゃんとして活躍されていますね!
最近の活躍っぷりは目を見張るものがあります~!

ディズニー製作のミュージカル・アニメーション映画【アナと雪の女王】で王女アナ役の日本語吹替えを行い、大注目の存在ですね☆
雪、アイスと、雪つながりで注目されるという事でも話題に。
最近よくテレビで見かけて気になりますね~♪
【アナと雪の女王】の歌も良いですしね!
沙也加ちゃん、こんなに歌上手かったのか!と、今更ながら思い知らされています!

お母さんの松田聖子ちゃんにも似ていると思えてきましたね。
貫禄ついてきたと言いますか、最近の沙也加ちゃん、自信で満ち溢れているように感じます。

2001年5月、江崎グリコ「アイスの実:とびこみ台篇」でCM初出演を果たしたSAYAKAちゃん。
そのCMソングが素晴らしくてね!

正直なところ、この曲をデビュー曲にしてほしかったんです!!
もしくはせめて1stシングル『ever since』のカップリングにでも入れてほしかった!!
このアイスの実のCMソングは、アイドルらしいところが最高ですしね。
こんな素敵な曲でデビューを果たしていたら、聖子ちゃんのDNAを引き継いだスーパーアイドルの誕生ですよ。

アイドル歌手としてのSAYAKAちゃんを、見てみたかったです!

CMも王道アイドルの誕生を予感させました☆

15歳のSAYAKAちゃんのイメージビデオを見ているかのような映像!
青い夏に、さわやかな夏ソング!!
もう言う事ありませんよね!

最後の台詞、「つめたッ!」もかわいいです゚+(‘v`*)+.゚

なので、正直『ever since』の路線に行ったのは残念だったんですよね。
アイドルの王道を歩んでほしかったので!

それでも『How do you do?』というアイドルポップス系の曲も歌っていて、アイドル歌手としての一面もしっかり持っているんですよね!
やはりスーパーアイドルの娘はサラブレッドですね~。

「アイスの実」のCMソングは、30秒だけ聴いても名曲とわかる!!
アレンジも夏らしくて最高ですよね!
80年代アイドル的な楽曲で、キラキラ輝いています☆

 ♪あ な た に あ い た い な
  パラソルの下の 夏の指定席
  内緒の待ち合わせ
  ひまわりの私 あなたの陽射しに
  ずっとずっと会いたかったの
 

もっと聴きたい~!
聖子ちゃんの歌声にも似ていますね。
本当に聴く度に、この曲をフルで発売しなかったことに憤りが٩(๑´0`๑)۶
いや、怒ってはいないけど、絶対フルで発表すべき曲ですよ!

そしてそしてアイスの実のCMソングに関する杉真里さんのインタビューはこちらです!
http://musicrunner.web.fc2.com/3thmameda/sugimameda.html

このインタビュー中で、こんな重要なことが書かれてありました!

 あとは、グリコの「アイスの実」のCMですが、松田聖子さんの愛娘、
 SAYAKAさんが歌ったのですが、デビュー曲ということもあり、当時話題になって、
 ニュース番組の取材なども受けました。
 実は、この楽曲はフルバージョンで制作したのですが、お蔵入りになりましたが、
 とってもいい楽曲でした。

えーーー!!!
何やってくれてんの(笑
いや、お蔵入りにしちゃダメなやつー!
勿体ないですねぇ。
フルバージョン聴かせてほしいです!
この際SAYAKAちゃんのベストを出すときには、絶対CD化して下さい!
そしたら絶対購入しますよ~!
どうかお願いします!
いつかCD化されることを心待ちにしています☆

2014年7月 9日 (水)

I Want You!/穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール

◆レビューNo.610◆
I_want_you

「I Want You!」穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール
作詞:高橋誠
作曲:高橋誠
編曲:高橋誠
(1992年7月22日リリース)

 

穴井夕子ちゃんの3枚目のソロシングル曲です!

穴井夕子ちゃんの代表曲とも言えますかね。
それだけインパクトありました!

1st『WE SHOULD BE DANCING』、2nd『NATURAL LOVERS』と、かわいい楽曲が続き、この3rd『I Want You!』で、カッコよさも具わった感じ☆

穴井ちゃんの歌声って、ほんとかわいいですからね+.(*’v`*)+
実際かわいい曲はものすごく似合うんですよね。
もしCoCoとかに入ってたら、それはそれで高いアイドル力を発揮してたと思います☆
アイドルの王道を突き進む夕子ちゃんって言うのも見てみたかったですけどね~。
それはTPDのグループ内ユニット、ViVA!で実現しているとも言えますが!

夕子ちゃんのアイドルらしい曲と言えば、カップリング曲の『心のルール』ですね!
これはまさにアイドル!
かわいすぎるッ!
まさにキューティーYUKO☆
♪私は少しおしゃべり♪には、少しどころじゃない!っていうツッコミ入れたくなっちゃいますが(笑
ほんとに最近テレビ番組に出演しているところを見ても、相変わらず良くしゃべる(笑
それが穴井ちゃんの良いところでもありますね!

おしゃべり大好きで、声がキュートで、もちろんルックスもキュートな夕子ちゃんのアイドルとしての能力は高かったです!
そんな夕子ちゃんだからこそ、『I Want You!』もなんなく歌いこなせちゃうんですね!
夕子ちゃんの歌唱力の高さにもあるんでしょうね。

キャンディヴォイスの輝きを放ちつつ、ビシッと決める!
魅了されずにはいられませんね☆

夕子ちゃんがパードル加入時に、「歌が上手い子が入ってくる」というメンバー間の噂でもあった程。
それだけ穴井ちゃんの歌声には定評があったんですね。
キュートな曲も、クールな曲も歌いこなす夕子ちゃんの歌唱は、輝くものがありました☆

『I Want You!』も夕子ちゃんの魅力を引き出していました!
元気で弾ける夕子ちゃんが観れる楽曲!
『I Want You!』を歌う夕子ちゃんは、輝きに満ち溢れていましたね☆

 ♪I want you! ドキドキさせてよ
  Smile for me! その微笑みで
  I want you! トキドキ誘って
  Hold me tight! 君の夢の中・・・・・・
  Oh Baby,ウフフ・・・・・・

夕子ちゃんのビートを感じますね!
飛び跳ねて唄う夕子ちゃんから、小さくてもパワーを感じます!
エネルギッシュな感じですね!

 ♪Yo! 恋するSUMMERTIME
  ジュエリーケースに納めたい
  夢ごこちよ
  ノボせてる場合じゃない
  誘惑の雨が 逢い・愛・傘でランデブー
  愛も恋もムードしたい
  No! Check it out!
  WE ARE THE ONE!

このパートも外せない!
ラップパートは、【YURI☆rap master☆ICHII】。
そう、市井由理ちゃんですね!
夕子ちゃんと市井由理ちゃんとのラップバトル!
キュートな歌声の夕子ちゃんと由理ちゃんの2人が、SEXYな歌声で新たな魅力を発揮しています☆
クールな夏を感じますね!

そんな穴井ちゃんも所属していた東京パフォーマンスドールにビッグニュース☆
この度、iTunesでTPD関連の楽曲が購入できるようになりました!!
http://www.sonymusic.co.jp/topics/716
これはすごい!

もちろん夕子ちゃんの『I Want You!』も購入できます!!
https://itunes.apple.com/jp/album/i-want-you-!-single/id884774345

新生TPDが活動する中、こうやって先代のTPDの曲も現代に再注目されるのは嬉しいものですね!
TPD旋風巻き起こしてほしいです!!!

こちらの動画の13:17頃から『I Want You!』
http://www.youtube.com/watch?v=_xgODUSCXXk

関連記事:
WILD CHILD/穴井夕子
HEAVEN2/穴井夕子

2014年7月 5日 (土)

夏と君と・・・/宮前真樹

◆レビューNo.609◆

「夏と君と・・・」宮前真樹
作詞:宮前真樹
作曲:山口美央子
(1995年3月21日制作)

宮前真樹ちゃんのCD未発売曲です!

まきボー本人作詞の楽曲!
でも残念ながら、この楽曲『夏と君と・・・』はCD化はされませんでした。
勿体ないよ~!!

まきボーの作詞の能力も高く、CoCoのアルバムの中のソロ曲では、毎回かわいい楽曲を発表していました!
それも、CoCoのアルバムの中ではメンバー中唯一自作詩の曲ですからね。
文才があるのですね☆

机に向かって空色のペンでメルヘンチックなノートに作詞をする姿がものすごく似合うと思います☆
小説を読む姿とかも似合うんですよね~。
外でアクティブに活動している姿よりも、部屋で自分の世界に入り込んでいるイメージがあるな~。
ショートカットのボーイッシュキャラとは裏腹なイメージですね。

そうそう、趣味はシャボン玉で、部屋でもシャボン玉を吹いていたと言う逸話もありますよね(笑
夜一人で部屋の電気を暗くしてシャボン玉を飛ばしていたっていうね☆
シャボン玉なんてメルヘンガールですよね~。
そこから『シャボンのため息』も生まれた訳ですが。

まきボーが作詞した楽曲は、『シャボンのため息』、『月に日に~いつもあなたを想ってる~』と、『夏と君と・・・』。
それがもう、乙女チックですごくいいんですよねぇ。

真樹ちゃんの歌詞は、繊細で壊れそうな乙女心をリアルに描いていて素敵なんですよね~。
少女漫画の世界とも言えるほど、かわいらしいです☆

夢見る乙女、そのものです☆:*・゚(●´∀`●):*・゚☆

イントロが流れた瞬間、真樹ちゃんの夢の世界に連れて行かれたような感じになりますね。
これがまきボーの思い描いた夏なんだなって思えます。

 ♪青が点滅してる シグナルを数えたり
  窓越しの席 曇るガラスまた
  ため息つく

ちょいネガティブな感じが真樹ちゃんらしいです(笑
"ため息"というワードも出てきますが、まさに真樹ちゃんらしくて。

 ♪反射するブルーの街
  人混みが波のように 繰り返すけど
  もう戻らない あの頃には
  けど 今優しい言葉探し
  ただ君を困らせてる
  きつく目を閉じて 深く息をしても
  みんな消える グラスに映る夏さえ

真樹ちゃんの乙女チックな歌詞がかわいくてね。
夏の日の一瞬の景色をタペストリーに飾ったような、素敵な曲ですよね。
メロディもキレイですね☆
清涼感のあるクールな夏が、ここにはあります。

まきボーの才能ももっと歌にもぶつけてほしい感じですね。
今からでも良いので、まきボー作詞曲を集めたアルバムを作るのも、遅くはないですよ(笑

9月のアイドルヒットステージでは司会を務める真樹ちゃん。
トーク力もある真樹ちゃんなので、楽しくなりそうですね!
歌を歌ってほしいのは正直なところですが~。

1:53あたりから『夏と君と・・・』が聴けます♪
この「アイドルオンステージ」すごいですね!
OPDやMelodyまで出てて、出演者が素晴らしいのです☆

関連記事:
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo

2014年7月 1日 (火)

トランス・パランス/ファンシーララ(大森玲子)

第19シーズンスタート~!
◆レビューNo.608◆
Photo

「トランス・パランス」ファンシーララ(大森玲子)
作詞:松浦有希
作曲:松浦有希
編曲:信田かずお
(1998年6月24日発売)

 

ファンシーララの1枚目のシングルです!

テレビアニメのキャラクター"ファンシーララ"の声をやっていたのが大森玲子ちゃんなので、大森玲子ちゃんの曲です!
大森玲子ちゃんとしては、『La La La~くちびるに願いをこめて~』に続く2枚目のシングル曲と言えますね!

この曲は、アニメ「魔法のステージファンシーララ」挿入歌になっていて、そのアニメの中のキャラクター"ファンシーララ"のデビュー曲でもある訳です☆
なので、玲子ちゃんは2度デビューしたとも言えたりするかもですね~!
まあ、この後も、アイドル時代を経て名前を変えたりして3度目のデビューを果たしたりするわけです!
声が良いので、歌手として活動してくれるのは嬉しい事ですしね!

アニメの中では、大森玲子ちゃん演じる、"ファンシーララ"というアイドルが活躍!

ストーリーは、Wikiからの抜粋です~。

 主人公・篠原みほは、漫画が好きで少し空想癖のある小学3年生の少女。
 ある日みほは、異世界「時間(とき)の記憶」にすむ妖精・ピグとモグに出会う。
 人間の世界に迷い込んでしまったピグとモグは、しばらくの間みほの家に匿われることになり、
 そのお礼としてみほに魔法のペンとスケッチブックを預ける。
 魔法の力により15歳くらいの姿に変身したみほは、ファッションモデルにスカウトされ、
 ファンシーララとしてデビューすることになる。

魔法少女系アニメ、夢があって良いですね~。
そんな素敵な作品の主人公と歌まで務めていた玲子ちゃんは、やはり声が魅力です!
まさにアイドル歌手です!

みほちゃんが「華麗なる成長」をして、アイドルの"ファンシーララ"に変身します☆
アイドルが、アイドルを演じるって、玲子ちゃんほんとに適役だったなって感じます!
リアルにアイドルに、「華麗なる成長」をしていった時期に、ファンシーララになって歌えたのは、アイドルとして素晴らしい演出でした!

そんなアニメの中のアイドル"ファンシーララ"のデビュー曲は、瑞々しいさわやかでキュートな楽曲☆
『トランス・パランス』の意味は、フランス語で"透明"という意味らしいです。
「transparence」という理容室のHPで、その意味を知りました(笑

"透明"!まさにそんな楽曲!
全てが透き通っている感じなのです!
最高に涼しげな曲です☆

イントロから透明度が高く、安らげますね。
マイナスイオンが出てきそうなこの揺らぎ♪
ふわふわしたメロディに乗る玲子ちゃんのキューティーボイスがスイーツのような甘さで☆

アレンジは余計なうるささがなく、玲子ちゃんの歌声が目いっぱい堪能できます!
声で勝負できるアイドルは、強いですよね~。

 ♪透・け・て みえそうなの
  わ・た・し のすべてが
  あなたの視線の前で
  ま・だ・ね ちょっと早いわ
  ぜ・ん・ぶ みせちょうのは
  そんなに急がせないで

この言葉の間の点(・)が上手いですよね~!
これだけでかわいさが何倍にもアップしている気がします!
玲子ちゃんの歌声のかわいさを、めちゃくちゃ引き出していますしね~。
名人芸と言ってもいいでしょう(笑
アニメの中のアイドルを、見事に創り上げていますね。
これが玲子ちゃんそのままとも言えますが☆

 ♪だから トランス・パランス おぼえててね
  モテるふりをしても ほんとはあなただけなの
  いつも アンバランス 気が強くて 誰より臆病なの
  私 あなたの海で もがいてるのに

このゆるやか~な心地良さ(*´∀`*)
時間がゆったり進んで行くようで、せかせかした日常を忘れさせてくれますよね。
夏の海に浮かんで、ゆらゆらしてる感じがします☆

夏空の下、7月の海に揺られて『トランス・パランス』をずっと聴いていたいですね。

関連記事:
La La La〜くちびるに願いをこめて〜/大森玲子
夏の贈り物/大森玲子(ファンシーララ)
ちいさな忘れ物/大森玲子
夢のマント/大森玲子

第18シーズンレビュー

夏に突入!!

梅雨真っ只中、春から夏にかけての第18シーズンも終了です!

ということで、4月からの3ヶ月のまとめです!
では第18シーズン(2014年4月・5月・6月)完結です!

第18シーズンでレビューした曲は、以下の27曲でした!

◆第18シーズンレビュー◆

  • 心友の樹/おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!
  • Sky Park/河合奈保子
  • Dear my tiara/二木蒼生(こけぴよ)
  • またあえるかな/安本彩花 (私立恵比寿中学)
  • 恋人くん/速水栄子
  • 小さな世界[ニューヨーク・ワールドフェア]/ヒャダイン feat. 前島亜美(SUPER☆GiRLS)
  • 流氷の手紙/城之内早苗
  • 風をさがして/矢口真里とストローハット
  • 春風のいたずら/山口百恵
  • 君住む街/井ノ部裕子(Qlair)
  • シャッターチャンスの連続/岩男潤子
  • 春、うらら/田中有紀美
  • JUST LIKE MAGIC/GOLBIES(ゴルビーズ)
  • ジャスミンティー/真野恵里菜
  • 2001年愛の詩/ピンク・レディー
  • Bye-Bye/ブラックビスケッツ
  • 二人だけのセレモニー/岡田有希子
  • ほんとの気持ち/松たか子
  • フレンズ・アゲイン/田中有紀美
  • BRAND NEW STORY/東京パフォーマンスドール
  • レインボー・ムーン/安室奈美恵
  • もう一度ピーターパン/ゆうゆ
  • CHIEMI SQUALL/堀ちえみ
  • チャンスは一度だけ~TAKE A CHANCE~/大西結花
  • 薔薇ふる空/ルーラ
  • 笑顔YESヌード/モーニング娘。
  • もう君の名前も呼べない/内海和子
  • おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!の卒業ライブからスタートした18シーズン!
    アイドルも卒業していく春ですね。

    私立恵比寿中学からも、出席番号1番 瑞季ちゃんと、出席番号4番 杏野なつちゃんと、出席番号8番 鈴木裕乃ちゃんが転校していきましたね。

    みんなアイドル歌手とはまた別の道に進んでいきましたが、女優などで活躍する姿が見れるのも嬉しいものです。
    また歌ってくれるともっと嬉しいですけどね!

    そしてスーパーアイドル河合奈保子ちゃんもブログ初登場というのも大きかったですね!
    河合奈保子ちゃんの曲をいろいろ聴いて、名曲を発掘しまくっていた春でした!!

    それから6月11日の、新生・東京パフォーマンスドールのデビューは大きい出来事でした!
    TPDを中心にライブを観に行っていたので、思い入れも深くなって行きますね!
    TPDにはこれからの活動に期待大です!!

    そして「80年代&90年代アイドルヒットステージ」も素晴らしい企画のライブでした!
    先代TPDから木原さとみちゃん、川村知砂ちゃん、八木田麻衣ちゃんのステージが観れるなんて!!!
    そしてお話までできて、良い思い出になりましたね!

    Melody田中有紀美ちゃんや、ribbon松野有里巳ちゃん、OPD中野公美子ちゃんに会えたりと、90年代アイドルの世界を充実できたのでほんとに良かったです!!

    そんな過去と現代を歩き渡るような感じでした!

    この春は仕事がめちゃくちゃ大変だったので、ライブで活力をもらって過ごしてました。
    やっぱりアイドルに助けられますね。
    歌ってくれてありがとう!!!

    それでは第18シーズンも終了です~。
    と言うことで、7月1日!今日から第19シーズン突入です!
    夏本番!

    最近夏の名曲を発掘しまくっていたので、そういうのがいっぱい出せるといいな。
    あとはこの夏も新生TPDのイベントやライブを観に行く予定でいっぱいです!
    夏をTPDと、楽しみたいと思います!!!

    « 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

    2022年2月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28          

    アイドルポップス関連