無料ブログはココログ

« I Want You!/穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール | トップページ | R134海沿いのレースウェイ/高橋里華 »

2014年7月11日 (金)

グリコ アイスの実/SAYAKA

◆レビューNo.611◆
Photo

「グリコ アイスの実」SAYAKA
作詞:SAYAKA
作曲:杉 真理
編曲:嶋田陽一
(2001年5月CM放送開始)

SAYAKAちゃんのグリコアイスの実のCMソングです!

SAYAKAちゃん、現在は"神田沙也加"ちゃんとして活躍されていますね!
最近の活躍っぷりは目を見張るものがあります~!

ディズニー製作のミュージカル・アニメーション映画【アナと雪の女王】で王女アナ役の日本語吹替えを行い、大注目の存在ですね☆
雪、アイスと、雪つながりで注目されるという事でも話題に。
最近よくテレビで見かけて気になりますね~♪
【アナと雪の女王】の歌も良いですしね!
沙也加ちゃん、こんなに歌上手かったのか!と、今更ながら思い知らされています!

お母さんの松田聖子ちゃんにも似ていると思えてきましたね。
貫禄ついてきたと言いますか、最近の沙也加ちゃん、自信で満ち溢れているように感じます。

2001年5月、江崎グリコ「アイスの実:とびこみ台篇」でCM初出演を果たしたSAYAKAちゃん。
そのCMソングが素晴らしくてね!

正直なところ、この曲をデビュー曲にしてほしかったんです!!
もしくはせめて1stシングル『ever since』のカップリングにでも入れてほしかった!!
このアイスの実のCMソングは、アイドルらしいところが最高ですしね。
こんな素敵な曲でデビューを果たしていたら、聖子ちゃんのDNAを引き継いだスーパーアイドルの誕生ですよ。

アイドル歌手としてのSAYAKAちゃんを、見てみたかったです!

CMも王道アイドルの誕生を予感させました☆

15歳のSAYAKAちゃんのイメージビデオを見ているかのような映像!
青い夏に、さわやかな夏ソング!!
もう言う事ありませんよね!

最後の台詞、「つめたッ!」もかわいいです゚+(‘v`*)+.゚

なので、正直『ever since』の路線に行ったのは残念だったんですよね。
アイドルの王道を歩んでほしかったので!

それでも『How do you do?』というアイドルポップス系の曲も歌っていて、アイドル歌手としての一面もしっかり持っているんですよね!
やはりスーパーアイドルの娘はサラブレッドですね~。

「アイスの実」のCMソングは、30秒だけ聴いても名曲とわかる!!
アレンジも夏らしくて最高ですよね!
80年代アイドル的な楽曲で、キラキラ輝いています☆

 ♪あ な た に あ い た い な
  パラソルの下の 夏の指定席
  内緒の待ち合わせ
  ひまわりの私 あなたの陽射しに
  ずっとずっと会いたかったの
 

もっと聴きたい~!
聖子ちゃんの歌声にも似ていますね。
本当に聴く度に、この曲をフルで発売しなかったことに憤りが٩(๑´0`๑)۶
いや、怒ってはいないけど、絶対フルで発表すべき曲ですよ!

そしてそしてアイスの実のCMソングに関する杉真里さんのインタビューはこちらです!
http://musicrunner.web.fc2.com/3thmameda/sugimameda.html

このインタビュー中で、こんな重要なことが書かれてありました!

 あとは、グリコの「アイスの実」のCMですが、松田聖子さんの愛娘、
 SAYAKAさんが歌ったのですが、デビュー曲ということもあり、当時話題になって、
 ニュース番組の取材なども受けました。
 実は、この楽曲はフルバージョンで制作したのですが、お蔵入りになりましたが、
 とってもいい楽曲でした。

えーーー!!!
何やってくれてんの(笑
いや、お蔵入りにしちゃダメなやつー!
勿体ないですねぇ。
フルバージョン聴かせてほしいです!
この際SAYAKAちゃんのベストを出すときには、絶対CD化して下さい!
そしたら絶対購入しますよ~!
どうかお願いします!
いつかCD化されることを心待ちにしています☆

« I Want You!/穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール | トップページ | R134海沿いのレースウェイ/高橋里華 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

やはり2001年という時代のせいですかね~ハロプロが大活躍中とはいえそれ以外のアイドルはやはり慎重でしたよね。冬の時代の名残がまだまだありました。でも結局「ever since」も売上的にもパッとしなかったんだから、この名曲をデビュー曲にしとけば良かったのに。
杉真理先生といえば聖子ちゃんの往年の名曲「雨のリゾート」を書いた方ですしね。郁恵ちゃんの「真夏のファンタジア」の時も言いましたが80年代アイドルポップスにおける神様みたいな存在の先生ですからね~だからインタビューの内容ではなく夏の友達さんが杉先生のインタビューをひっぱってきてくださったことに感激してしまいました(笑)
それにしても沙也加ちゃんの最近のアニメおたくぶりアピールはいったい何なのでしょう(笑)
沙也加ちゃんをリーダーに2世ばかり集めて【DNA48】を作れば話題になるかもですね~
アナ雪に関しては松たか子ちゃんや沙也加ちゃんが再び歌手として(沙也加ちゃんに関したらある意味初めて)注目されているのは嬉しいですが、【こういう曲ではなくて!!】ってのが正直な気持ちですね…いや、憤ってはいけませんね。怒ってはいけませんね(笑)

続きます。

続きです。
TPDが92年にソロシングルを3枚しかリリースしなかったのはデビュー以来全然オリコンランキングに登場できなかったのが「夢を」「放課後はいつもパーティー」で連続ランキング入りして波に乗った時期だから、チャート記録を途切れさせないために確実にチャートインしそうな3曲が選ばれたんでしょうね。そんな思惑が感じ取れます。それか翌年リリースされるソロアルバム7Wのために出し惜しみしていたのか(笑)
先日、新生TPDの「千夜一夜」の動画観ました。アレンジや振りが凝ってますねー。ふと思ったんですがジェンヌに「ニュー・ムーンに逢いましょう」を歌ってほしかったです。Winkはたくさん名曲を持ってるんだから、この1曲くらいジェンヌにあげれば良かったのに(笑)
あたしこの時期になるとなぜかWinkだと「真夏のトレモロ」を思い出してしまいます。この曲なぜか強烈に印象に残ってるんですよね。好きでも嫌いでもないのですが。
91年のアイドル夏ソングは「真夏のトレモロ」を始め「Rosa」「無敵のOnly You」「サイレント・サマー」などやや攻撃的な曲が多かったですね。90年夏のキラキラ感がギラギラ感に変わったというか(笑)
荻野目ちゃんの「さよならの果実たち」また聴いていただけたんですね!
荻野目ちゃんってボーイッシュなビジュアルのためか当時はあまりアイドルとして見れてなかったのですが、曲そのものは名曲揃いで長く聴けるものばかりだからいまだに大好きな(当時以上に)曲が多いんですよね。その中でも「さよならの果実たち」と、そのB面だった「ロフトサイド・グラフィティ」は群を抜いてます。あたしの中で。
ちなみにあたしの荻野目ソング神7は…
「さよならの果実たち」
「ロフトサイド・グラフィティ」
「2Bの鉛筆」
「Make It On My Own」
「入江に帰るヨットのように」
「アフター・マイ・ハートビーツ」
「ヴァージ・オブ・ラヴ」
ですね。85年から97年までの曲があります。それだけ荻野目ちゃんが長く良曲を歌い続けた結果ですね。

>ラパスさん

コメントありがとうございます!

そうですね、2001年。ハロプロ以外はまだまだアイドルも活発じゃなく、確かに冬の時代の名残がありましたね。
アイドルとしてデビューしても良い子がガールポップとかアーティスト寄りでデビューという。
この曲、デビュー曲にしても良かったですよね。慎重すぎたんですかね。
とにかくこの曲をきちんと発売しなかったのはもったいないです!恒例のもったいないおぼけ登場です(笑

杉真理先生ですね!
聖子ちゃんの「雨のリゾート」の話しも前にしましたね!聖子ちゃんとSAYAKAちゃんまで詩を提供しているなんて、時代を超越していますね。素晴らしいです!
郁恵ちゃんの「真夏のファンタジア」の時のコメント読み直しました!
杉真里先生、ほんとアイドルポップスの神様的存在ですね!
SAYAKAちゃんのアイスの実について検索かけてたらインタビュー出てきたんですよ。
これはラパスさんも読んだことあるかもだけど、もし読んでなかったら見てほしい記事だな、と思いつつ貼っておきました^^

沙也加ちゃん、アニメおたくアピールしているのですか!?
それは見てなかったです(笑
アニメの曲を歌いたいんですかねぇ。アナ雪に続き!?笑

2世で【DNA48】ですか(笑
実現したらすごいですよねえ。
kahoちゃんとか坂上とし恵ちゃんの娘、香音ちゃんとかですかね~。
見てみたいですよー!

アナ雪にの松たか子ちゃん、沙也加ちゃんの歌手としての注目されているのは嬉しいですね。
紅白出場ですかねえ。楽しみですが。

そうですね、こういう曲じゃなくてっていうのはありますけどね^^;
でも歌っている姿を見れるのは嬉しいです!

続きます。

>ラパスさん

続きです。

TPDの92年は確かに売りにかかっていますね。「夢を」あたりから売らないといけないと言う気迫が感じ取れるくらいの楽曲です!
ランクインさせるための楽曲を選び抜いていた時期だったんですね、そういわれてみると!
7Wアルバムのための出し惜しみでもあったんですかね(笑

新生TPDの「千夜一夜」の動画観られたんですね!!
そうなんです!振り付けにも物語性があって。この振り付け好きなんですよ。
そして最後の決めポーズがかわいくて!
ViVA!の「史上最大の誘惑」、ゴルビーズの「JUST LIKE MAGIC」と、ユニット曲も続々披露していました!

確かにジェンヌに「ニュー・ムーンに逢いましょう」を歌ってほしいですね。
Winkの楽曲やっぱり似合いますね。
ほんとジェンヌにこの曲あげてほしかったです(笑
Wink名曲たくさんありますからねえ、これ位は!
「真夏のトレモロ」、こないだ聴いたばかりです!
印象に残ってるんですね!自分も当時聞いてました。でも当時って乙女塾がめちゃくちゃ好きで、Winkは二の次的な感じではあったんですけどね^^;

91年のアイドル夏ソング、並べると確かに攻撃的ですねえ!「Rosa」なんてもうその象徴ですよね!
「無敵のOnly You」も「サイレント・サマー」もそうでしたね。
91年の夏に何があったんですかね(笑
90年は確かにキラキラしたアイドルポップスが多かったですね!

荻野目ちゃん、まだまだ未開拓ではあるんですよね。ミルクあたりしか注目できていなくて(笑
でもほんと良い曲もあるんですね!ダンスチューンばかりと思っていましたから「2Bの鉛筆」なんてタイトルから驚きました。

「さよならの果実たち」と、B面の「ロフトサイド・グラフィティ」が良いんですね!
それは、チェックしておかないと。

荻野目ソング神7、ありがとうございます!!
また勉強するときに参考になると思います!!
97年までの曲があるんですね!長期にわたってますね!
荻野目ちゃんも勉強していかないと(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/56753964

この記事へのトラックバック一覧です: グリコ アイスの実/SAYAKA:

« I Want You!/穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール | トップページ | R134海沿いのレースウェイ/高橋里華 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連