無料ブログはココログ

« 純愛90's/原宿ジェンヌ | トップページ | 海カラット空カラット/こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生・濱野彩加) »

2014年8月13日 (水)

恋のサマー・ダンス/石野真子

◆レビューNo.623◆
Photo

「恋のサマー・ダンス」石野真子
作詞:森雪之丞
作曲:鈴木キサブロー
編曲:萩田光雄
(1981年6月21日リリース)

 

石野真子ちゃんの15枚目のシングル曲です!

2ヶ月連続リリースの第1弾として発売されたシングル♪
ちなみに第2弾は、『バーニング・ラブ』です!

この曲、楽曲も映像もアイドルしてて、初期の歌かな?と思いましたが、15枚目のシングル曲なんですね。
後期の曲は大人っぽい曲のイメージがあったので、こんなかわいい夏曲もあったなんてある意味感動的です☆
しかもこの曲が発売された3か月後1981年9月に婚約会見を行っていたとは!
当時真子ちゃん二十歳ですよね!
アイドルが二十歳で結婚って、ちょっと衝撃かもです~。

その辺詳しく知らなかったので、今回の『恋のサマー・ダンス』のことを調べていて、真子ちゃんの歴史に触れた感じでした。
まあ、紐解いてほしくない歴史かも知れませんが(汗

結婚話はこの辺にしておいて、『恋のサマー・ダンス』の話しに戻ります☆

 二十歳でもアイドル!
 結婚前でもアイドル!
 そして、今でもアイドル!!

真子ちゃんのすごいところはやっぱりそこですよね~。
どこまでもアイドルなんですよね。

永遠のアイドルになれる人はこうやって存在するんですよね。
アイドルは通過点ではなく、生涯アイドルと言う道もあるんですよね。
まあかなり限られた人になってしまいますが。

でも真子ちゃんを見ていると、今アイドルやっている人にもずっとアイドルでいるという選択肢も持って欲しいなって思いますね!

『恋のサマー・ダンス』は、デビュー当時に出していてもおかしくない位の、キュートなサマーチューン♪

アレンジも夏らしく♪
個人的にも大好きなスチールパンも心地良いです+.(*’v`*)+

こういうさわやかなゆったり系の夏ソングも良いですね!
砂浜でパラソルの下、ゆったり波を眺めながら夏を感じていたいです。

歌詞はちょっぴり大人モードですね~。
セクシーさも交えながら☆
曲調はさわやかでも、色気を漂わせているところが、二十歳の背伸びした真子ちゃんを感じさせてくれます。

ひと夏の恋ですね~。
アバンチュールですね~。
やはり良く歌詞を読むと、子供じゃ唄えない歌でもあるんですよね~。
積極的な女の子の歌でもあり。
二十歳の大人らしさが出ています!

曲はかわいくても、歌詞は大人!
羊の皮を被ったオオカミ的な曲でしょうか(笑

ジャケット写真は、ヒツジやオオカミと言うより、かわいらしいタヌキ顔ですね~☆

こんなかわいさで迫られたら、溶けちゃいますね+.(*’`*)゚+

夏が過ぎてく前に、アバンチュールを楽しみましょう~!←

関連記事:
プリティー・プリティー/石野真子
ワンダー・ブギ/石野真子
ジュリーがライバル/石野真子

« 純愛90's/原宿ジェンヌ | トップページ | 海カラット空カラット/こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生・濱野彩加) »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

これは名曲ですよね!!荻田光雄先生のアレンジが美し過ぎます。70年代アイドルの中では洗練された音楽をやっていた石野真子ちゃんの真骨頂ですね。B面の「恋はおしゃれに」も林哲司先生らしい正におしゃれな佳曲で…
この時期一旦ラストアルバムをリリースしていて…普通の女の子に戻るからという意味で『ジーンズにはきかえて』というタイトルなんですが、名盤なんですよ。普通アイドルの引退アルバムって寂しい内容が多いのですが、真子ちゃんの場合は引退ギリギリまで名曲のストックを大放出!!みたいな感じで、通して聴くと【まだまだアイドルとしてやれる!!】って雰囲気なんですよ。アイドルとしての歌唱力もかなりスキル高いですしね。サウンド的にも1曲目が「恋のサマー・ダンス」でスチールパンの音色がカリプソっぽい部分があるし他にもラテン、サンバ、マンボ、ポリネシアンなど多彩でワールドミュージック的な側面も。
おすすめ曲は、なぜシングルで出さなかったのか悔やまれる「ドリミネシア」、イルカ作のキュートな「ママの日記帳」ですかね。
ちなみに一旦ラストシングルとなる曲が「バーニング・ラブ」と聞いてこれから事務所(バーニングプロダクション)を辞める時期にこのタイトルって!?と真子ちゃんは驚いたそうです(笑)
ところであたしこの時期の長渕さん、かなりタイプ顔で(オッサンになった今のビジュアルはもちろん嫌です)聴きもしないのに昔の長渕さんのLPを結構無駄に持ってたりするんですよ(笑)LPジャケットはポスター代わりにもなりますしね♪
だから当時の長渕さんと真子ちゃんの結婚会見とか見ると「真子ちゃんうらやましいなぁ~…」って思ってしまうのです(笑)
あ、そういえばキョンキョンはデビュー当時はしょっちゅう「石野真子さんに憧れている」的な発言をしていましたよね!!
「なんてったってアイドル」のアルバムバージョンも出だしの歌詞が♪あの日「スター誕生」で石野真子さんの歌を 少し音程外して 審査員達の視線を釘付け♪ってくらいですからね(笑)

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
名曲ですね!!
荻田光雄先生のアレンジ、素晴らしいです!ほんと美しいですね。
こんな美しいアレンジがあるなんて、感動です!!^^
そうですね、真子ちゃんの真骨頂!原点回帰のような作品でもあり、大注目です!
「恋はおしゃれに」も良いんですね、聴いておかないと。
真子ちゃんのアルバム、まだ聴けていないんですよね。ベストしか持っていないと言う。
『ジーンズにはきかえて』というタイトルなんですね、名盤だとは!聴きたくなってきます!!
名曲のストックを大放出なんですか!愛されている証拠ですね、それって。
引退するアイドルに、出し惜しみせず良い曲を与えるなんて、素晴らしいです。
ワールドミュージック的な感じなのですね!おもしろそうです!かなり聴いてみたくなってきています(笑
「ドリミネシア」、シングル級なのですね。「ママの日記帳」って、かわいいです!聴きたいですね!
バーニングにはそんな意味合いが込められていたんですね(笑
「恋のサマー・ダンス」にもバーニングって出てきますし、事務所的には真子ちゃんを手放したくなかったんでしょうかね(笑

この時期の長渕さんタイプだったんですね(笑
自分的には小学生の卒業式で「乾杯」を歌ったので、その印象が強いです(笑
あはは、真子ちゃんがうらやましかったんですねえ。
キョンキョン、真子ちゃんに憧れていたんですね!!
えっ!?「なんてったってアイドル」のアルバムバージョン、そんな歌詞なんですか!?
す、すごい!見つけ出し次第聴いてみます!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57065627

この記事へのトラックバック一覧です: 恋のサマー・ダンス/石野真子:

« 純愛90's/原宿ジェンヌ | トップページ | 海カラット空カラット/こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生・濱野彩加) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連