無料ブログはココログ

« ミスターシェイク 由美子スペシャル/高橋由美子 | トップページ | 砂に消えた涙/グロリア・イップ »

2014年8月27日 (水)

美しい夏/桜田淳子

◆レビューNo.628◆
Photo

「美しい夏」桜田淳子
作詞:康 珍化
作曲:馬飼野康二
編曲:船山基紀
(1980年4月21日リリース)

桜田淳子ちゃんの30枚目のシングル曲です!

大人~、な淳子ちゃんですね!
このサイトに初登場の淳子ちゃんですが、初登場がこんなアダルティーな楽曲になるとは☆
最近、大人アイドルの楽曲が好きになったからこその選曲です!

22歳の淳子ちゃんの、大人の魅力満開ですね!

この曲の印象は、「美しい!」です!
そのままですね(笑
『美しい夏』だけに~。

でもほんとにイントロから美しくて、淳子ちゃんの歌声も美しくて。
歌詞を見て感動。。
歌詞の内容は、淳子ちゃんが原案。

花の中三トリオで一緒に活動していたこともある、山口百恵ちゃんの引退への想いが込められているような、そんな内容ですね。
「夜のヒットスタジオ」では歌唱中に百恵ちゃんの映像が挟み込まれるという演出を施されたとかで。

百恵ちゃんの引退劇のあった1979年~1980年はアイドル界にとって激動の時期だったのですね。

1980年3月7日に、百恵ちゃんの引退宣言があってからの、この曲の発売が1カ月ちょっと先と言うのは仕事が早い!笑
タイムリー(笑
タイミングが大事ですもんね!

ところで「花の中三トリオ」って、いつまで活動していたのかな、と単純な疑問を。
(そこから勉強中なのです!)

花の高一トリオ・高二トリオ・高三トリオ、となり、そこで終了だったのですね。
3人が高校を卒業した1977年3月27日には日本武道館で3人が共演するジョイントコンサートまで開催されていたとは!

森昌子ちゃんも含め、素敵な3人組ですね☆
昌子ちゃんも百恵ちゃんとメールでやり取りしているらしく、今でも仲が良いのですね!

淳子ちゃんに話を戻し、『美しい夏』について。
売り上げ的には1979年あたりから徐々に下降気味だったので、44位という結果で記録的には振るわずでしたが、前回の『LADY』よりも売り上げが上がっていることから、少なからず注目を浴びていたんではないかと思われます。

楽曲は、夏らしい曲と言う事ではなく、輝いていたあの頃を思い出させるような感じですね。
思い出の写真を眺めながら聴きたくなるような。

 ♪みんな何処へ行ってしまう
  あざやかに別れの手を振って
  しあわせをひとりはかみしめて
  淋しさにひとりは泣きながら
  みんないつでも駆け足で
  青春のとびらをしめていく
  想い出をたずさえいつの日か
  出会いましょう
 

♪みんな何処へ行ってしまう♪で、一瞬時間が止まるような間が、ハッとさせますね。
淳子ちゃんが綴ったノートに込められた想い。
ほんとに百恵ちゃんへの想いとだぶりますね。
仲良かった百恵ちゃんと淳子ちゃんの姿を思い浮かべると、また切なさが増しますね。
と言っても、当時の事はリアルタイムではほぼ知らないので、仲の良い2人の姿をあまり見たことはないんですが(笑
2人一緒に写った写真とか見るとね、学生時代を共に過ごした2人が大人になってそれぞれ道へ~、っていうのが、人生を実感しますよね。

百恵ちゃんは結婚して引退の道を選び、淳子ちゃんは歌い続けるという道を突き進み。
なんだか決意や歌手としての未来も感じさせてくれます。

淳子ちゃんの、百恵ちゃんに対する優しい気持ちも感動的でした(*бωб*)

こんなに美しい夏を、永遠に胸に持ち続けていたいですね☆

« ミスターシェイク 由美子スペシャル/高橋由美子 | トップページ | 砂に消えた涙/グロリア・イップ »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

B面だった「ミスター・ブルー・スカイ」も爽やかな名曲ですよね。「美しい夏」がリリースされた前後のアルバムも名盤ばかりで売上に反比例するように歌手活動が濃密な淳子ちゃんでしたね、この時期。
80年、百恵ちゃんの引退宣言の後に交代するかのように聖子ちゃんが出てきたりサンミュージック的にも淳子ちゃんのセールスが落ち着いた頃に聖子ちゃんと…これが70年代と80年代がくっきり分かれる理由ですよね。不思議です。サンミュージックといえば岡田ユッコちゃんの葬儀の時、事務所の先輩として、弔辞を読む森田健作さんの横で気丈に振る舞って祭壇の前に立っていた淳子ちゃんが印象的です。
花の中3トリオいつまで活動してたんですかね?こればっかりはリアルタイムの人じゃないと分からないですよね~ちなみに88年に生まれた美穂ちゃん、ナンノ、静香ちゃん、唯ちゃんの【アイドル四天王】は89年には誰ももう言ってなかったような…(笑)
高橋由美子ちゃんって驚くほど歌手時代を覚えてる人少ないですよね(^^;やはりあの時代メディアがアイドルを取り上げなかったせいですね。当然アルバムでたくさん泣けるバラードを歌ってて【隠れバラードの女王】だった事実も知ってる人少ないんですよね(泣)
「友達でいいから」しか知らない人にこそ「ETUDE」とか聴いてほしいものです。
15歳の早紀ちゃんも凄いですが、18歳の三原順子ちゃんも凄いですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=vHSZFexaxuo&sns=em
この動画以前も紹介させていただいたかもですがまだ残ってたので♪
あたし基本的にツッパリソングは好きではないのですが、この「悲・GEORGE」と百恵ちゃんの「愛の嵐」だけは神ですね!!
ところで、この曲がアップされてました。
http://www.youtube.com/watch?v=61qX6dZvRWQ&sns=em
これアップされた方、【湾岸太陽族さん】(笑)名前でもしやと思ったらやはりあたしにとって最も重要な87年の曲ばかり!!もしや85年の曲ばかりアップしてくださるセーラー服を脱がさないでさんと同一人物!?(笑)
だんだん寒くなってきたので少しずつこんな曲も聴いてみてはいかがでしょうか!?(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=xT4ugzO0MIA&sns=em

>ラパスさん

コメントありがとうございます!

B面の「ミスター・ブルー・スカイ」も良い曲なんですね!
CDは持っていなくて聴いてないんですよ。タイトルを見て気にはなっていたんです!!
この時期のアルバムも名盤ですか!それは聴いておきたいですね、是非。

80年は聖子ちゃんも出てきて、新時代の幕開けだったんですね。
おもしろい年ですね!体験してみたかったです。もちろん生まれてはいましたが、特に気にせずいたんでしょうね~。

岡田ユッコちゃんとサンミュージックつながりだったのですね。
淳子ちゃんも参列していましたか。後輩がこんなことになるとは、、、ですよね。

花の中3トリオ、高校卒業まで頻繁に活動していた訳ではないんですかね!?
どの程度やっていたのかわからなくて。
3Mの宮沢りえちゃん、牧瀬里穂ちゃん、観月ありさちゃんみたいな感じではなくて、3人で活動されていたりもしたんですよね、中3トリオ。

美穂ちゃん、ナンノ、静香ちゃん、唯ちゃんの【アイドル四天王】ですね!!
こういうのって、集まって1曲でも歌ってほしかったな~、なんて思ってしまいます^^
1年程度で消滅しちゃったんですね^^;

あ~!高橋由美子ちゃんも三人娘でしたね!西野妙子ちゃんと早坂好恵ちゃんの!
こういうソロアイドルの特別ユニットみたいな呼ばれ方、良いですね!

由美子ちゃん、歌手時代を覚えている人少ないんですか><
「友達でいいから」位は知ってるかな~と思いましたが、もはやそうでもないのですね。
ほんとあの時代はアイドルに厳しかったですもんね。
バラードも最高でしたよね、グッピー!
「ETUDE」、オススメしたいです!!
「HARU ~サンシャインベイから~」も名曲ですしね!!

18歳の三原順子ちゃん、どうしちゃったんですか(笑
驚きのツッパリ具合ですねw
以前見たかな?どうだったかな。
自分もツッパリソングは苦手な方です~。
でもここまでパンチきいてるとまた聴きたくなります^^

速水昌未ちゃん!?初めて知りました!誰だろう!?いい曲じゃないですか!チェックしておきます(笑
87年縛りなんですね!それはもしや!?ですね!
どんな曲を出してくれるか楽しみです!

島田奈美ちゃん!笑
12月の曲を8月にですか(笑
自分はまだ真夏に居ようと思います^^
でも涼しくなってくると、秋の曲を欲してくるんですよね。
不思議ですね。
まあ夏曲も数か月聴いていたら、次の季節の曲も聴きたくなってくるっていう心理でしょうねえ。
12月の曲も、新鮮に聴けました~!ありがとうございます(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57195902

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい夏/桜田淳子:

« ミスターシェイク 由美子スペシャル/高橋由美子 | トップページ | 砂に消えた涙/グロリア・イップ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連