無料ブログはココログ

« 海カラット空カラット/こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生・濱野彩加) | トップページ | 永遠を少しだけ/羽野晶紀 »

2014年8月18日 (月)

SIX COLORS BOY/雛形あきこ

◆レビューNo.625◆
Sixcolorsboy

「SIX COLORS BOY」雛形あきこ
作詞:麻倉真琴
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
(1996年4月24日リリース)

雛形あきこちゃんの4枚目のシングル曲です!

アニメ映画「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」の主題歌☆
あきこちゃんも、声優に初挑戦している映画ですね!

プロデューサーは浅倉大介氏。
ヒナちゃん自身accessのファンと言うことで、夢かなった形になっていますよね。

ヒナちゃん主演の「闇のパープル・アイ」(1996年7月1日 - 9月9日、テレビ朝日、月曜ドラマ・イン)では、
主題歌が浅倉大介氏も参加しているIcemanの「DARK HALF~TOUCH YOUR DARKNESS」であったり、浅倉サウンドとヒナちゃんは、かかわりが深いんですね。

「闇のパープル・アイ」も、『SIX COLORS BOY』発売時期と同じくらいの時期なんですよね。
1996年4月と言うと、きっとドラマの撮影真っ只中だったでしょうね~。
ヒナちゃん、グラビアアイドルとして人気を博し、ドラマの主役までやれる位に登りつめていましたからね。
当時の活躍はすごいものがありました!

この『SIX COLORS BOY』の約1カ月後『Dream-self』というこちらも夏らしい似たような(←オイ!)楽曲を、発表していましたね。
2曲とも、ヒナちゃんの曲の中で特に好きな曲でもあるんですが。

『Dream-self』はアサヒ飲料『さわやかぶどう』CMソングと言うことで、タイアップの関係でひと夏に夏曲を2曲発売することになったのですね、きっと!
発売日もものすごく近いので、そういった事情が重なる2曲なのかな~。
でもこれはこれで、サマーチューンが大好きな自分にとっては嬉しい限りです!

『SIX COLORS BOY』は、きらめいた夏!って感じですね!
歌詞にもありますが、「まぶしい日射し」が目に浮かんでくる、太陽のきらめきを感じれる曲!
最初から最後まで、こででもかと言う位きらめきがふんだんに散りばめられています☆

 ♪赤のキャップルーズなパンツ
  夏が似合う おませなアイツ
  レモンのシャーベット溶かして遊ぶ
  真剣な目がかわいいかも

歌詞もね、どこを取っても眩しくてキラキラした夏って感じ!
ヒナちゃんの淡々とした歌声が、曲調に合ってますね!
かわいい声質なので、さらにかわいらしい楽曲になっていると思います。

 ♪CATCH ME THE BOY
  感じてる忘れていた輝き
  きれいな言葉よりも 今は信じられるよ
  TAKE ME THE BOY
  つれ出して退屈な昨日から
  強気なその瞳が 向かっている場所へ
  本当はちょっぴり好きなの…

青空に響き渡るようなアレンジが、爽快感あります☆
ヒナちゃんは、突き抜けるような歌い方ではないですが、このサウンドにはぴったりはまっているんですよね!

カップリングは、『SIX COLORS BOY~cute matt mix』というリミックスバージョン♪
アレンジがちょっとにぎやかになっている感じで、確かにキュートさは増している感じですね。
こうして聴くと、オリジナルアレンジの方が聴きやすくなっている感じですね。

そうそう、最後になっちゃいましたが、今回ひなちゃんの曲を取り上げたのは、お台場新大陸に行って来たからです!
めちゃイケの、「めちゃイケの"空き地"」の、テラスハウス風の加藤家をモチーフにしたカフェで、ひなちゃんのメニューを食べてきました。
BLTサンドです☆
PhotoPhoto_2
これの注目はやはり、ヒナちゃん夫婦のハートのやつ(笑

そしてパネルのサインも夏の思い出として載せておきます~。
Photo_3

関連記事:
Dream-self/雛形あきこ

« 海カラット空カラット/こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生・濱野彩加) | トップページ | 永遠を少しだけ/羽野晶紀 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

似たような(←オイ)に大笑い♪♪
雛形あきこちゃんには「INVISIBLE…」みたいなアイドルアイドルした曲もシングルでリリースしてほしかったですね。
80年代アイドルなら夏曲だらけです。聖子ちゃんはもちろん、早見優ちゃんは83年に、秀美ちゃんとちえみちゃんは83年と84年、2年連続で夏曲を2作リリースしてます。もはや【80年代】と書いて【なつ】と読んでもいいかも(笑)あ、うしろゆびだって86年はそうですよね。
アナウンサーの曲、リリースしてないのかなぁ…リスナーが曲を作って、番組スタッフが歌詞を書いて、アナウンサーが歌うだなんて、恐ろしいくらいに即席感溢れてますね(笑)お金をかければ名曲が生まれるってもんじゃない証明ですね~
ローカルと言えば昨日クイズ番組に出演していた仙台のアイドル、アイリスが少し気になります。楽曲的に…
あ、これが「世界中の誰よりきっと」のパート2です。
http://www.youtube.com/watch?v=IywHV5bTVU4&sns=em
これ、92年の美穂ちゃんのベストにも入っていやがるという…
夏の友達さんが踊った?「WAKU WAKUさせて」は美穂ちゃんの代表曲だと思います。それは認めます。アイドルとしての美穂ちゃんを一番シングルでアピールできるのは「WAKU WAKUさせて」だと思いますから。まぁ、「WAKU WAKUさせて」も「世界中の誰よりきっと」もどちらも特に思い入れはないですが「世界中の誰よりきっと」が美穂ちゃんの代表的だったら許せない!「WAKU WAKUさせて」ならよくて「世界中の誰よりきっと」ならダメというこの微妙な気持ち、夏の友達さんなら分かっていただけると思います。
「抱きしめてTONIGHT」も「乾杯」同様小学生には歌詞はどうなの?って感じですね(笑)
それにしても夏の友達さんは小学生時代ほとんどアイドルに触れなかったのに現在の知識の豊富さ(70年代まで!)は素晴らしいですね!
続きます。

続き
涼子ちゃんのベスト作るなら絶対「スコール」と「異国」はTPD時代の涼子ちゃんを語る上で必須ですよね!特に「異国」は涼子ちゃんの表現者としての魅力が凝縮されてますからね。脳内では必ずビジュアル込みですよね。オウムみたいな派手なドレスで階段を降りながら歌うみたいな(笑)
でもファン投票だと、純粋なTPDファンが投票すると「カフェ」に集中しそう(苦笑)嫌いじゃないけどあたし的には印象の弱い曲です。
ま、「恋しさ…」よりは全然ましか(笑)
涼子ちゃんの97年リリースのベストありましたよね。TPD時代として「スコール」と「もしもあなたが」が収録されていますがこれは涼子ちゃん自身の要望だそうですね。ってか涼子ちゃんがわざわざリクエストしなくても普通アイドルのベストってシングルは優先されますよね~そうなると「恋はシャンソン」と「Sincerely」の立場が…(怒)
まあ、あのベスト「白い鴎飛んだ」が収録されなかったから当時はキレまくってましたが(^^;

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
「似たような」だけだと批判っぽく聞こえそうなのでね~笑

雛形あきこちゃんの「INVISIBLE…」!今アルバム行方不明だから聴けなくて、聴きなおしたくなりました~!
アイドルアイドル↓曲もシングルであれば良かったですよね。

80年代アイドル、夏曲だらけですか!ですよね!
いろいろ検索して動画を見てますが、夏曲多いですよね!

お~!聖子ちゃん、早見優ちゃん、秀美ちゃん、ちえみちゃんがひと夏に夏曲2作発売ですか!!
そんな時代があったんですねえ!
90年代からの知識だと、あまりそういうことがなくて。乙女塾も多分そういうのなかったな~って。
自分のものさしが乙女塾ですからね~。おもしろい統計、勉強になりました!
おー!確かにうしろゆびも!!!
夏が2倍楽しめそうで、嬉しいです!!

アナウンサーの曲、そんな即席な制作だったんですか!それであんな曲が生まれるとは。

仙台のアイドルアイリスですか。
名前は聞いたことあるような~。最近ローカルアイドルにはうとくなりはじめています(汗
新生TPDにハマり過ぎて、他を見なくなってしまったと言いますか。
でも注目のアイドルは出てきてますね!キュピトロンとか気になりつつも。全然詳しくはないですが。

「世界中の誰よりきっと」のパート2聴きました。
えーー!これもはや美穂ちゃんの歌じゃないですよね(汗
なぜにこれを投票したんだろう。。やっぱりWANDSのファンですよね。
これは入れなくていいやつですね。そう思います。

はい、踊ったであろう「WAKU WAKUさせて」(笑
わかります!
美穂ちゃんの代表曲、「WAKU WAKUさせて」ならよくて「世界中の誰よりきっと」ならダメっていう気持ち!
微妙なところですが、そうですよね。

「抱きしめてTONIGHT」と「乾杯」、ほんと小学生向きではないですよね(笑
まあ当時、歌詞まで深く考えてなかったと思いますが、自分も^^;
小学生当時、もっとアイドルを好きでも良かったんですけどねえ。
小学生の頃は完全にアニメの方でしたから。ビックリマンとかそういうのが大好きで。今でも好きなんですけどね。
今は知識的にはまだまだだと思いますよ。
曲もその時に巡り合った良い曲を紹介していってるので、まだ紹介していない曲に関しては聴いたこともなかったりもしますし。
でもラパスさんのデータ分析力には圧巻です。自分は曲そのものの話題位しかできないですから。

続きます。

>ラパスさん

続きです。

涼子ちゃんのベスト、「スコール」と「異国」は必要ですよね!
「異国」はほんと涼子ちゃんが歌ってこそ輝く曲だと思います!最高の巡り会わせです!
オウムみたいな派手なドレス(笑 確かにそうですね!そういうビジュアルが目に浮かんできます!
だからこそ涼子ちゃんしか歌えない曲なんだと思います!

「カメレオンカフェ」も涼子ちゃんを語るには外せない曲だと思いますが、「恋しさ~」以降のファンの方だと「カメレオン~」すら入って来るのか疑問が残りますが。
どうなるんでしょうねえ。
涼子ちゃんのベスト、出てましたね!

涼子ちゃん自身の要望でTPD時代の曲も入ったんですね!それは嬉しい!!
確かに涼子ちゃんが言わなくても、シングル曲は全部入れても良さそうな。
「恋はシャンソン」と「Sincerely」も重要な曲なのになぜ!?って感じですよね。
「恋しさ~」からファンになった人が聴くとしても、昔の売れる前の曲も聴きたいと思うので、入れるべきだと思うんですが、どうなってるのでしょう?!
「白い鴎飛んだ」も涼子ちゃんにとって大事な曲ですよね。
なかなかうまくいかないことがありますよね><

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57119451

この記事へのトラックバック一覧です: SIX COLORS BOY/雛形あきこ:

« 海カラット空カラット/こけぴよ(諸江満奈・佐山莉菜・前多彩夢・二木蒼生・濱野彩加) | トップページ | 永遠を少しだけ/羽野晶紀 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連