無料ブログはココログ

« 銀色のシルエット/木原さとみ | トップページ | 唇にラズベリー/森丘祥子 »

2014年9月21日 (日)

パープル・レインに濡れながら/金子恵実

◆レビューNo.637◆
Photo

「パープル・レインに濡れながら」金子恵実
作詞:橋本 淳
作曲:ミッキー吉野
編曲:ミッキー吉野
(1991年11月21日リリース)

金子恵実ちゃんの1枚目のソロシングルです!

吉本興業のアイドルデュオ「ポピンズ」としてデビューした恵実ちゃんのソロデビュー曲です♪

ポピンズは、まさに「妖精」でしたが、ソロになった恵実ちゃんは、もはや妖精の欠片もない(笑
いやいや、失礼(*◇‘v´+艸)
大人の女性に進化した恵実ちゃんでしたね(笑

恵実ちゃんは、「大竹まことのただいま!PCランド」(テレビ東京)で知りました。
なので、自分としてはポピンズからではなく、ソロになってからの恵実ちゃんから入ったので、ポピンズの方が驚きでしたね。

あの良く喋るギャルって感じの恵実ちゃんが、妖精アイドル!?みたいな(笑
当時、まだネットもない時代だったので、ポピンズについてほぼ知ることはなく、恵実ちゃんはセクシー系なおしゃべりな方、という認識でした。

曲の方も、この『パープル・レインに濡れながら』をポピンズよりも先に聴いていたので、恵実ちゃんと言えばこの曲のイメージが強いです☆

「大竹まことのただいま!PCランド」では、大竹まことさんに、ポピンズだったことをいじられてたりして、それで昔アイドルだったんだなって知ったりして(笑
と言うことで、恵実ちゃんに関しては、ほぼ「大竹まことのただいま!PCランド」での記憶しかないですが|ω´・;)

『パープル・レインに濡れながら』は、「クイズ!早くイッてよ」エンディング・テーマ曲にもなっていました~。
見てましたねえ、「クイズ!早くイッてよ」!

楽曲の方は、ポピンズとは全く路線が違う、大人の女性の恋愛の歌って感じですね!
ポピンズ活動終了から4年経って21歳になった恵実ちゃんの、大人の色気を感じる曲です☆
ポピンズを知っていたら、このギャップに驚いてしまいますよね、きっと!

でも良い曲ですよね~。
21歳当時の恵美ちゃんの等身大の曲って感じがしますね。

イントロから、ポピンズとは違う、オシャレなサウンドが!

 ♪パープル・レイン
  もう届かない 私の声
  パープル・レイン
  愚かなことが救いになるのよ
  AH 危ない写真
  AH 引き裂く私
  突然に嫌われた 思い出のセプテンバー

良く歌詞を読むと、なんだか修羅場(笑
危ない写真って、何?って思っちゃいますよね。
そこが気になってしまいます!
浮気現場のスクープ写真かな~。

この曲、この動画の最後のドッキリがおもしろいんですよね~(* ´艸`)

ドッキリを仕掛けられた恵美ちゃんの暴言が、恵美ちゃんらしくて(笑
リアクションも大きくて、タレントさんに向いてるな~と思いました~。

妖精をやめて吉本養成所に通ったのかと思う位☆Σ(・д・lllノノ

関連記事:
妖精ポピンズ/ポピンズ
ストロベリー・プリンス/ポピンズ

« 銀色のシルエット/木原さとみ | トップページ | 唇にラズベリー/森丘祥子 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

初めて聴きました!!ムードのある曲ですね。
ポピンズとはジャケットも含め真逆の世界ですね(笑)
というかアイドルという意識ではないんでしょうけどね~
この時期の恵実ちゃんのビジュアル的なイメージがあべ静江ちゃんっぽいかな?って思いました。
いつも思いますがこの時代の21歳って大人っぽいですよね。80年代70年代60年代と遡るほどその思いは強くなりますが。
しかしドッキリの後の捨てゼリフ?「地獄へ落ちろ」とか恵実ちゃんの性格が見えて面白いです(^^)
あたしも雨は大嫌いなんですけどなぜか雨の曲が好きなんですよね~ってか単純に日本には雨の曲が多いのではないかと(笑)
ひろちゃん中学生でデビューしてたら面白いですね!!想像もしなかったですが、案外売れたかも!?
先日の「サイレント・サマー」のハプニングの映像で思ったんですが、ひろちゃんってこの時期からすでに女優の雰囲気だなぁ~って。もちろんアイドルとしての魅力もそれ以上ですが。なんかハプニングの対応がアイドルというより出来るOLっぽいといいますか(笑)涼子ちゃんとひろちゃんって【グループ出身・世間では女優・B型】と共通点が多いけど、当時の映像を見て一般の人があまり違和感を覚えないのは涼子ちゃんよりひろちゃんなんじゃないかなぁ~とか思ったりします。
美穂ちゃんの「スウェーデンの城」アップされました♪
http://www.youtube.com/watch?v=aXzQ2h_iGP4&sns=em
素晴らしい~「スウェーデンの城」と以前紹介した「インカの秘宝」は『EXOTIQUE』の心臓部と言ってもいいかもです!!
このアルバム、全曲松本・筒美先生コンビの名盤でありますが、ほぼ同時期のみっちょんのシングル「Auroraの少女」も松本・筒美先生コンビで世界観が全く同じ。美穂ちゃんの『EXOTIQUE』とみっちょんの「Auroraの少女」は姉妹みたいな作品と言っていいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=ipZDai-LnQY&sns=em

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
初めて聴かれましたか~!そうそう!ムードのある曲です!
ほんとポピンズと、正反対なところに進みましたね(笑
自分は金子恵実ちゃんのソロを先に知ってしまったので、ポピンズがある意味ギャグに思えてなりませんでした^^;
いつもポピンズのことをおもしろおかしく言われてたので^^;
もちろんポピンズは素晴らしい曲を残してますから、今は良さをわかってますけどね!

そうですね、アイドルとしてはやってなかったかもですね。
グラビアでセクシー系に進み、バラエティアイドル的な立ち位置になり、曲はアイドルから脱皮、みたいな、複雑なようで単純なような、そんな路線変更でした。
あはは、あべ静江ちゃんっぽいですか(笑 髪型とかそんな感じかも知れないですね!
21歳、大人っぽいですよねえ。そうなんですよね、昔にさかのぼるほど、大人っぽい人が多いですよね。
なんでしょうねえ。
「地獄へ落ちろ」は、あの頃の恵実ちゃんを知ってると、これぞ恵実ちゃんだなって感じました(笑
毒舌でおバカなキャラ、みたいな^^

雨やはりキライですよね。雨の曲は好きなんですね。わからなくもないかもです!
雨ソングで思い出すのは、CoCoちゃんの『雨のジェラシー』です。切ないというより明るめの曲ですが。でも歌詞の内容は切ないですね、ちょっと。
ひろちゃんの中学生デビュー、見てみたいですよねえ。丸々した顔立ちだったんじゃないかなあ^^
ひろちゃん、「サイレント・サマー」の時期からもう女優の雰囲気ありますよね。
当時から出来上がってると言いますか、今も変わらないと言いますか。
できるOLっぽいですか(笑 確かにそんな雰囲気ありますね!
涼子ちゃんとひろちゃん、そんなに共通点あるんですねえ!
涼子ちゃんよりひろちゃんの方が違和感なく見れそうですよね。
いい意味でひろちゃんって変わらないですもんね。
涼子ちゃんはTPDではバックダンサーまでやってたりもしまるからね、そういう印象も違和感あるかもですね。
あと、ボケボケなところが今の仕事ができる女性、みたいなイメージと違うのかも(笑

美穂ちゃんの「スウェーデンの城」聴きました!!
うわーー!!!めっちゃいい曲!!気に入っちゃいました!!!
CDも購入します!!
『EXOTIQUE』、一気に急上昇しそうです(笑
その流れと言っていいのか、松田聖子ちゃんの『エトランゼ』も購入しました~!
みっちょんの「Auroraの少女」同じ作家陣で作られたんですね!
確かに美穂ちゃんの『EXOTIQUE』とみっちょんの「Auroraの少女」、姉妹的な作品ですね!
こちらも良いですね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57450684

この記事へのトラックバック一覧です: パープル・レインに濡れながら/金子恵実:

« 銀色のシルエット/木原さとみ | トップページ | 唇にラズベリー/森丘祥子 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アイドルポップス関連