無料ブログはココログ

« Smile Again/小泉今日子 | トップページ | 抱きしめてDestiny/岡本夏生 »

2014年9月11日 (木)

イルカの夏/木村佳乃

◆レビューNo.633◆
Photo


「イルカの夏」木村佳乃
作詞:工藤哲雄
作曲:久保こーじ
編曲:久保こーじ
(1998年6月17日リリース)

木村佳乃ちゃんの1枚目のシングル曲です!

観てきました~!
映画「ホットロード」!
Photo_2
能年玲奈ちゃんかわいい~!
映像もキレイで、湘南にいるような気分になれましたね。

不良たちの対立や親子間の不信な気持ちなどが描かれているので、そんなほのぼのした映画ではないですが、穏やかなシーンが素敵でした。

木村佳乃ちゃんは、能年玲奈ちゃんのママ役で出演されていました。
迫真の演技でしたね。

でももうママなんですねえ。
綺麗ですね~。
実際にお子さんもいる訳で、お母さん役もしっかりこなしていましたね。

涙のシーンではジーンときました~。

と言うことで、今回は佳乃ちゃんの曲を取り上げてみたいと思います!

佳乃ちゃんの印象と言えば、テレビドラマ「銀狼怪奇ファイル~二つの頭脳を持つ少年~」(1996年1-3月、日本テレビ)が強いです!
そのドラマの影響もあり、サバサバしたしっかり者なイメージでしたね、当時。

そんな女優として活躍していた佳乃ちゃんも、22歳の頃、CDデビュー♪
歌手デビュー曲の『イルカの夏』は、佳乃ちゃんも出演していた、ハウス食品「スープスパゲッティ」CMソングにもなっていました~。

『イルカの夏』・・・かわいらしいタイトルですよね~。
意外や意外、タイトルはベタベタなアイドルらしくて驚きでした☆
もちろん良い驚きー+.(d’з`b)゚+

曲の方も、なんだかさわやかで良いですねー。

佳乃ちゃんの歌声はと言うと、さわやかと言うよりは、力強さのある歌声かな~。
体育会系と言われるだけあって、パワーを感じます!
そういう意味ではロック系の方が合っていたんでしょうね。
でもそこをあえてこういうアイドルポップスにチャレンジしてくれるところが良いんですよね!

曲調はやはり久保こーじさんなのでTKサウンドっぽさがありますが、そこはタイトルのかわいさと佳乃ちゃんのナチュラルな魅力でアイドルっぽさを強調できていると思います。
なにより夏らしいアレンジになっているのが良いですね。

まさにイメージは「海」で、青空、青い海っていう感じで、「青色」を思い浮かべますね。

イントロが特に夏らしさがあふれていて。

 ♪強がり言って キミを困らせた
  ケンカのあとは 淋しくて
  鳴らないケータイ 助手席に置いて
  一人のドライブ 夜明けまで

出だしから全開の歌声を聴かせてくれます☆
このパワーに、ロックを感じてしまいます♪♪
♪鳴らないケータイ♪っていうのが良いですね~。
ポケベルなら、もっと良いですね~笑

 ♪初めて見つけた この気持ち
  君に恋している
  私が私であるかぎり
  君をみつめていたい
  もう 逃げたりしない

サビ前のノックする振り付けがかわいいね。
そこからはじけ飛ぶサビへと~。
曲調は結構淡々としている感じですね。
佳乃ちゃんの歌声が、ズシンと胸に届きます☆

今年は「ホットロード」を見て、湘南の海で『イルカの夏』を聴いちゃいましょう!笑

« Smile Again/小泉今日子 | トップページ | 抱きしめてDestiny/岡本夏生 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

まだまだ夏全開のセレクトですね♪(^^)
木村佳乃ちゃんがママ役で!!!!
いつの間にか時代は変化してるんですね~
「ホットロード」に関しては能年ちゃんが会見で登坂広臣くんと鈴木亮平くんに挟まれるという【両手に華】状態なのを見てから悔しくて見ないようにしていたので(笑)木村佳乃ちゃんが出演していた事実を今知りましたよ~
あっちゃん、りえちゃん、穴井夕子ちゃん、吉田亜紀ちゃん…ある意味90年代の四天王と言っていいような…当時企画モノでいいからそんなユニットがあったら最高でしたね。これに井ノ部裕子ちゃんが入ったらもっと完璧かも。吉田亜紀ちゃんの声には裕子ちゃんの声があたし的にはセットになってるので(笑)
ホント、Qlairって、アイドルとしてのビジュアルの魅力や楽曲の魅力ももちろんだけど、やはりあの素晴らしいボーカルを評価することを避けては通れないですよね。
今でこそ、そこそこ再評価されてる感じはありますがやはりリアルタイムで評価されてヒット曲を残してほしかったですね。
吉田未来ちゃんは秋に聴きたくなる歌声です。アルバムに収録されてる未来ちゃんのソロ「みんな元気」と以前紹介しました瀬久美子ちゃんに改名して97年に出したこの曲をセットでヘビロテしてます。
http://www.youtube.com/watch?v=8ZSCoA9qch0&sns=em
普通、アイドルって改名して再デビューみたいな形になると全くボーカルスタイルが変わってしまうパターンが多いのですが吉田未来ちゃんと瀬久美子ちゃんは歌い方や声質が全く変わってないのでSKi時代の未来ちゃんの曲と瀬久美子ちゃんの曲を続けて聴いても違和感がないので楽しめます♪

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
はい、まだまだ夏です!と言いますか、書きたい曲リストに、まだ夏曲が数曲残っていまして。
今月中に全部出したいと思ってるんです!なのでここに来て夏曲の連発になりそうです(笑

木村佳乃ちゃん、ママ役ですね~。同い年なんですよねー、佳乃ちゃん。
そっか~、って感じです^^;

登坂広臣くんと鈴木亮平くん、【両手に華】ですよねえ(笑
どちらもカッコ良いですよねえ。特に鈴木亮平くんが気になりました(笑
あはは、能年ちゃんにジェラシーでしたか^^;
木村佳乃ちゃんもばっちり出ていましたよ!
能年ちゃんのかわいさに圧倒されてしまいましたが^^

あっちゃん、りえちゃん、穴井夕子ちゃん、吉田亜紀ちゃん。
90年代の四天王ですか!ですよね!!まさに!
こんな4人組あったらもう最高でしょう!
結構声質のタイプは違うんですよね、4人とも。個性的なグループになりそうです^^
井ノ部裕子ちゃんのコーラスがあれば完璧ですね!
井ノ部裕子ちゃんと吉田亜紀ちゃんの組み合わせは、やはり素晴らしかったということですね。
もちろんさっちゃんもいてこその完成系ですけど!
ほんとボーカルの素晴らしさったらないですよね、Qlair。
他の追随を許さないような、そんな気がします!
ネットが普及している時代であれば、評判が評判を生んで、ヒットにつながった可能性もありますね。
今からでももっと評価されてほしいです。なんなら今この時代にQlairの曲をCMソングに使ってみるのも良いんじゃないかと思っちゃいます。

吉田未来ちゃんのソロ、「みんな元気」ですね!これはチェックしなおしておかないといけないですね!
あー!以前角松先生の曲として教えていただいてた曲!!
そういうことですね!確かに良い声ですねえ。
吉田未来ちゃんの曲と通しで聴いても違和感ないってのもまた良いですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57334733

この記事へのトラックバック一覧です: イルカの夏/木村佳乃:

« Smile Again/小泉今日子 | トップページ | 抱きしめてDestiny/岡本夏生 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アイドルポップス関連