無料ブログはココログ

« 理由/安倍麻美 | トップページ | 一枚の写真/天地真理 »

2014年10月26日 (日)

恋のギルティー Love in the first degree/モンキークイーン(ジャスミン・アレン、佐久間信子、モニーク・ローズ)

◆レビューNo.653◆
Photo

「恋のギルティー Love in the first degree」モンキークイーン(ジャスミン・アレン、佐久間信子、モニーク・ローズ)
作詞:Mike Stock/Matt Aitken/Peter Waterman/Sarah Dallin/Siobhan Fahey/Keren Woodward
作曲:Matt Aitken/Mike Stock/Peter Waterman
訳詞:タケカワユキヒデ
編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
(1999年6月19日リリースのアルバム「NHK 天才てれびくんワイド うたの詰め合わせ」収録)

 

天才てれびくんの歌のコーナー、MTK(ミュージックてれびくん)の1999年度の曲(MTK No.7)です!

NHK「天才てれびくん」の音楽コーナー「ミュージックてれびくん」略して「MTK」から誕生したユニット♪

ついにMTKの申し子!モンキークィーンの登場~☆

モンキークィーンなしではMTKは語れない!って言う位、重要ユニットです(*`・ω・´)

メンバーは、1998年当時のてれび戦士の女の子戦士のジャスミン・アレンちゃん、佐久間信子ちゃん、モニーク・ローズちゃんの3人☆
てれび戦士ならではの、各国からのバラエティー豊かなメンツが揃っていますね!
国境を越えたスペシャルユニットですo(*’▽’*)/☆゚’

特にジャスミンちゃんはMTKでの活躍がすごくて、モンキークイーン以外にもユニットやソロなど数々の歌をこなしていましたね!
まさに初代・MTK歌姫の名をものにしていました!

MTK2曲目にしてジャスミンちゃんのソロが登場しましたからね~。
ソロで『恋はあせらず YOU CAN'T HURRY LOVE』を歌った後のこの『恋のギルティー Love in the first degree』!
有名な洋楽を子供ながらに見事に歌いこなしています!

『恋のギルティー Love in the first degree』の頃にはまだユニット名も付いていない状態でしたね。
登場から人気ユニットになって、正式に名前を考えた感じですよね。
なので『恋のギルティー』の頃の正式な歌手名表記は「ジャスミン・アレン 佐久間信子 モニーク・ローズ」と言うことになります。

「モンキークイーン」という名前は、信子ちゃんが叫んだ言葉がユニット名になった訳ですね。
『恋のギルティー』のモンキーダンスからの「モンキークイーン」と言うことです。納得☆

モンキークイーンは、歌もダンスもコーラスもできるグループで、かわいいだけじゃない実力派グループでした!

ジャスミンは子供ながらに可憐でしたね。
表情によっては大人にも見えるし。でも笑うとやっぱり子供らしさのあるかわいい子でしたね~。
信子ちゃんは明るいアイドルタイプの女の子♪
こういうアイドル系の子がいると、グループも明るく華やぎますよね☆
モニークちゃんは妹系だけどしっかりしてそうな感じ!
歌声や表現が良かったですよね~。

3人のベクトルの違う魅力が、上手くトライアングルのように重なり合ったグループです☆

そんな3人の『恋のギルティー Love in the first degree』の原曲は、バナナラマの『Love In The First Degree(第一級恋愛罪)』(1987年)♪
洋楽を特に聴かない自分でも知ってる曲でした☆

初期のMTKは、洋楽のカバーも多く、大人の人には懐かしく、子供には新鮮に聞こえたのではないでしょうか。
まさに親子で楽しめる番組でしたね!
MTKでは選曲の素晴らしさや、凝ったMVなど、様々な素敵な歌を届けてくれました~♪

『恋のギルティー Love in the first degree』のMVは、番組内のコーナー「TTK裁判所」のCGを使っていたり、まさに「天才てれびくん」の世界!って感じです!
「天才てれびくん」らしさがとても出ているMVですね!
今このMTKを見ても、当時の天てれの雰囲気が伝わってきます!

モンキークイーンのMV、歌とダンスだけじゃなく、3人の演技も良いんですよね~。
裁判官と囚人それぞれを演じていて。
コミカルさも兼ね備えています!
そんな明るさが、キュートさにつながっていますよね!

そして何より歌がすごい!
何がって英語の発音が(笑
や、ジャスミンちゃんとかアメリカ人だしそりゃ英語うまいですよね(笑
モニークちゃんももちろん☆

警備員役のシンパンマンも、あのかわいい振り付けをやってるところがね、微笑ましかったりします(笑

MTKの代表曲とも言えるんじゃないですかね~、この曲。
まさに、That's MTKですね!
モンキークイーンは、MTKのレジェンドです(*vωv)

関連記事:
恋にメリーゴーラウンド~In for a penny, in for a pound~/SPACE FAIRY(俵有希子,中村有沙,白木杏奈)
本日晴天/俵有希子
Together Forever/SYANIS(中村有沙、豕瀬志穂、桜井結花)
僕らのナツ!!/Dream5
恋してたいの/HI's★cream(ハイスクリーム)
水晶庭園/黒澤美澪奈 山田陶子

« 理由/安倍麻美 | トップページ | 一枚の写真/天地真理 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

この曲いかにもTPDがカバーしてそうだけど意外にもスルーだったんですよね?間違ってたらごめんなさい!!
麻衣ちゃん、夕子ちゃん、かなちゃんの変則ユニットで歌ったら絶対TPDの代表曲になってたはず!!
「恋はあせらず」も聴いてみましたがいいですね♪
これこそが世間一般で一番認知されているいわゆる【モータウン系】ですね!!
この曲がなかったら数あるアイドルポップスの名曲群は生まれてなかったかもですね!!
「人魚姫」が主題歌だった【若奥さまは腕まくり!】そのものが[二十歳の女子大生が結婚]って設定でしたからね。当時18だった美穂ちゃんは全く違和感なかったという(笑)
「人魚姫」のMV、ホントに素晴らしい出来だからこういった映像こそ懐かし系の番組で流してほしいですよね~
若い人でも結構受け入れてくれるんじゃないかなぁ~

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
そうなんです!TPDもカバーしてそうですよね~。
と言うか自分の洋楽の知識って、TPDか天てれでカバーされた曲って感じです^^
この曲知ってる!TPDが歌ってた!みたいなそんな感じの(笑
TPD,この曲はカバーしていないですよね。レモンエンジェルがカバーしてましたね、確か!

わ~!麻衣ちゃん、夕子ちゃん、かなちゃん!いいじゃないですか!!
すごい良い声集めましたね!自分の好きな声質が集まってて、聴いてみたかったです!
確かにこの曲をこの3人でカバーしてたら、TPDの代表曲になったと思います!
こういう変則ユニットももっとやってほしかったですよねえ。
涼子ちゃん&なっちゃんとかも見てみたかったな~。

「恋はあせらず」聴かれましたか!!
ジャスミンちゃん、良いんですよねえ。こういうまんま外人の顔立ちって、アイドル向きではないと思うんですが、ジャスミンちゃんは結構アイドル的な要素を感じてて好きでした!
これがモータウン系ですね!!
この曲からアイドルポップスの良さみたいなものが伝わっていったということですかねえ。

【若奥さまは腕まくり!】、二十歳の役を18歳の美穂ちゃんがやっていたんですね!
違和感ないです~。美穂ちゃんの顔立ちしっかりしすぎていて~。
見てました~。再放送かもですが。
「人魚姫」のMV、素晴らしいですよね!!
確かにこういう映像流してほしいです!
今見てもすごく良いですからね!こういうのをもっと現代の若い人たちにも伝えて行きたいですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57792015

この記事へのトラックバック一覧です: 恋のギルティー Love in the first degree/モンキークイーン(ジャスミン・アレン、佐久間信子、モニーク・ローズ):

« 理由/安倍麻美 | トップページ | 一枚の写真/天地真理 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連