無料ブログはココログ

« 五月の風時計/大藤史 | トップページ | 思い出せない花/フレンチ・キス »

2014年10月 7日 (火)

Pearl/久我陽子

◆レビューNo.646◆
Pearl

「Pearl」久我陽子
作詞:森下林檎
作曲:羽佐間健二
編曲:新川 博
(1990年11月21日リリース)

久我陽子ちゃんの2枚目のシングル曲です!

オスカープロモーション所属の陽子ちゃん。
父は、オスカープロモーション社長なのですね~。

陽子ちゃんの当時の印象は、女優さんのイメージを持っていましたね。
顔立ちもアイドルと言うより女優さんタイプなような。
実際テレビドラマもいくつも出演されていたようですね☆

アイドル時代はシングル2枚で歌手活動は終了しましたが、2008年に「YOKO」名義で『闘りゃんせ』と言う歌で歌手活動を再開させていたんですね!
それも初耳でした~。
2010年には『春よ来い』という曲もリリースしているようで~。
中島みゆきさん作詞作曲の『闘りゃんせ』も、すごく気になる曲であります!
YOKOとして陽子ちゃんが出てきても、気付かないだろうな~。

そんな陽子ちゃんの貴重なアイドル歌手活動の作品♪

波が打ち寄せてくるような、きらびやかでゴージャスさを感じるオープニング!
演奏は「ビクター・オーケストラ」♪♪
このゴージャスさは、この演奏があるからこそですね!
音がとても細やかで重厚で、どれを取っても素敵な"音"なんですよね。

こういうのを"ウォール・オブ・サウンド"と言うようですね!
"音の壁"なんてしびれちゃいますね~(〃ω〃)

この曲は、アレンジが輝いています☆
ほんとに音が素晴らしくて♪
この曲をBGMに、ハーブティーでも飲みながら贅沢で優雅な昼下がりを過ごすのも良いでしょう(*ゝωб*)

どこからともなくシャンシャンと、鈴の音も聞こえてきているので、クリスマスにも良いと思いますが、クリスマスソングというわけでもないようですね。
11月21日発売と言うことで、時期的にクリスマスっぽい仕上がりになった感じですかね~。

 ♪Too Young To Love
  せつなくてつらい夜は
  そっとかけてみるの あのCD
  Too Young To Love
  届かない想い抱いて
  けなげに恋した 私はPearlよ

彼と主人公の女の子をつなぐCDが気になりますよね~。
CDという言葉も不思議と際立っています☆
陽子ちゃんの歌声は、女優さんらしさがありますね。
表現力があるのもわかります!

 ♪忘れそうなタイトルを
  メモにしるし 買いに行った
  あなたのよく聴くそのレコード
  友だちから知らされて

ここで言うレコードとは、CDのことなのかな~?とちょっと謎(笑
歌詞を読むと、CD=レコードなんだと思いますけどね~。
この曲が発売された1990年って、CDを中心に売っている店も、「レコードショップ」って言ってましたから、その名残なんですかね!
CDとレコードという呼び名が同居しているあたり、1990年らしい表現だな~と、そこに興味を持ってしまいました☆
そして♪忘れそうなタイトル♪とはどんな曲なんでしょうかね~。
やっぱり洋楽なのかな~?とか、当時の音楽事情を思い浮かべてしまいますね!

松たか子ちゃんとかにも歌ってほしい曲だな~♪
やはり陽子ちゃんといいたか子ちゃんと良い、気品あふれる女性に似合う曲、なんでしょうね~。

« 五月の風時計/大藤史 | トップページ | 思い出せない花/フレンチ・キス »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

初めて聴きました。ウォール・オブ・サウンド…いわゆるスペクターサウンドの日本の楽曲ではかなり素晴らしいアレンジですね。というかあたしが好きなタイプです。
実はスペクターサウンドを好きになったのはここ6~7年で、それまでは大嫌いだったんですよ~聴きたくもないというか(笑)夏の友達さんでいう演歌みたいなものですかね(^^)
TPDのアリーナライブの際も「月に吠える」がスペクター風になってて、「なんでこんなアレンジにするのぉ~」って当時は萎えてたし(笑)
ちなみにあのライブ(1部)で良かったのは「微笑みにgood-bye」であることは言うまでもないですが(涼子ちゃんのライブ歌唱であたし的にNo.1というくらいに…)、ヒップホップ調に大変身した「恋して女みがいて」が当時のあたしのツボでしたね~音楽ライターの竹内美保さんも「激シブ」とかなり評価してましたし。あれはあのアレンジでCD化してほしかったなぁ~
大藤史ちゃんの話にも絡みますがTPD関連の曲でCD化されてないものかなりありますよね…
で、スペクターサウンド、今は大好きです!!でも当のフィル・スペクターはもうお年で、しかも!!現在は殺人罪で収監されてるし(^^;日本のフィル・スペクター大瀧先生も、もういらっしゃらないしこういった素晴らしい音楽を作る方がどんどん消えていきますね…悲しいことです。
ところで以前話題にした「夢で逢えたら」が日本で一番有名なスペクターサウンドなんでしょうね。この曲を初めて歌ったアイドルはシリア・ポールちゃんなんですよね~
http://www.youtube.com/watch?v=Kzd61OB_j2g&sns=em
この方、こう見えて大阪出身なんですよね(笑)
大藤史ちゃんのCD届きました!!!梱包の封筒の文字とカードのメッセージの文字を見てビックリ!!すっごい達筆ですよね!!アイドル本人から自筆のメッセージ付きで自分のCDが送られてきて感想も言っていいだなんてある意味夢のようですね。全てのアイドルがこういったシステムならいいのに…
夏の友達さんの日記を史ちゃんが\(^^)/!!!史ちゃん本人から連絡きたのですかね?夏の友達さんのブログは誰に見せても恥ずかしくない完璧な内容ですからね~くっつんさんもおっしゃってたようにアイドルに対しての愛が溢れてますからね♪あたしのブログは毒があるから本人には見せられない(笑)

>ラパスさん

コメントありがとうございます!

スペクターサウンドと言うのですね!
ほんと素晴らしいアレンジ!こういうの大好きです!!
それまではダイキライだったんですか!?今では好きになったんですね~。確かに自分にとっての演歌かな(笑

TPDのアリーナライブでの「月に吠える」!!
スペクター風ですね!あれ、大好きで~。当時萎えてましたか(汗
アイドルのスペクターサウンド、すごく良いです!!

涼子ちゃんの「微笑みにgood-bye」、印象深いです!!
ライブ歌唱でNo.1ですか~!

ヒップホップ調の「恋して女みがいて」はすごいですね~笑
「激シブ」(笑 まさにその言葉通りですね!
このアレンジでCD化してほしかったですね!確かに!オリジナルよりこっちが好きです(笑
スペクター風の「月に吠える」も一緒にCD化されてたら嬉しかったなあ。

TPD関連の曲でCD化されてないもの、結構あったんですねえ。
ゴールデンベストで結構そういうものは出した印象でしたが、まだまだなのですね。
「ジャングル・ビート」も出してほしかったですし!

スペクターサウンドの方、殺人罪????そんなこともあるんですねえ。いやはや。

「夢で逢えたら」がスペクターサウンドでしたね!そうでした!!
シリア・ポールちゃん、大阪出身なんですか(笑

大藤史ちゃんのCD届きましたか~!!!
史ちゃん達筆ですよねえ!きれいな字!歌のイメージとぴったりなね^^
ほんとアイドル本院から直筆メッセージ入りでCDが送られてくるって、夢のようですよね!!
全てのアイドル、こういうシステムなら、嬉しいですよね^^
でも枚数限定しないと大変そうで^^;

はい、史ちゃんにブログに感想書いたことを伝えまして、読んでいただけました!
ラパスさんのコメントも目にしたかもしれませんね!
アイドルに対しての愛ですか!?どうなんでしょうか。基本的に好きな歌の好きな部分だけを語っているからですかねえ。
あはは、ラパスさんのブログ毒がありますか(笑
でも『五月の風時計』への想いは自分より強いはずなので、史ちゃんにも伝わるはずですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57599332

この記事へのトラックバック一覧です: Pearl/久我陽子:

« 五月の風時計/大藤史 | トップページ | 思い出せない花/フレンチ・キス »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連