無料ブログはココログ

« 一枚の写真/天地真理 | トップページ | 風の中で/観月ありさ »

2014年10月31日 (金)

小さな幸せ/加藤紀子

◆レビューNo.655◆
2

「小さな幸せ」加藤紀子
作詞:加藤紀子
作曲:三木拓次
編曲:今井裕
(1996年10月10日リリース)

加藤紀子ちゃんの8枚目のシングル曲です!

JR東日本「ビューカード」CMソング♪
ABC・テレビ朝日系列全国ネット「大発見!恐怖の法則」エンディングテーマ♪

当時バラエティ番組でも大活躍だった紀子ちゃん!
そんな紀子ちゃんですが、音楽活動は重視していて、歌にはまじめに取り組み(バラエティももちろん真面目に取り組んでましたが笑)、自分の意見もどんどん取り入れて活動していったようですね。

5枚目の『Truth』あたりから、音楽にこだわりを感じてきました。
それもそのはず、5枚目のシングルからは、紀子ちゃんが作詞しているんですよね~。

アイドルが作詞するパターンは結構あると思いますが、ここまで毎回シングル曲に採用されるのはやはり紀子ちゃんの才能なんだと思います!

バラエティ番組でもポンポン言葉が出てきて頭の回転も速く、言葉のチョイスも良くセンスの良さが光っていましたが、それが歌詞にも活かされているようで☆

そして今回紹介する曲『小さな幸せ』♪

この曲は当時聴いていて、それほど強く心に響いた1曲ということではなかったんですが、PVを見て一気に自分の中で急上昇しましたね↑↑↑

紀子ちゃんの曲は、曲も良いけどPVもほんと素晴らしい出来で!
ストーリー仕立てのPVで、演出も素晴らしくて☆
紀子ちゃん、愛されてるな~って感じますね!
紀子ちゃんの音楽活動は、環境に恵まれていたと思いますし、それだけじゃなく、紀子ちゃん自身も音楽への強い思いがあったからこそだな~と、PVを見て実感できます!

PVは当時ほとんど見たことがないまま、曲だけを聴いていた訳ですが、PVを見てさらに紀子ちゃんの歌の世界に魅力を感じましたね!
やっぱりPVは重要ですね(*・`ω´・)ゞ

『小さな幸せ』のPVなんて、ほんとドラマですよね!
キュンキュンしちゃいますよ(*vωv)
恋人役の男性と抱き合ってしまうとこなんて、驚いちゃいました(笑
アイドルのPVでここまでやっちゃうのか~、と!

当時23歳の紀子ちゃんですからね、大人っぽい一面もね☆

軽井沢の森もとてもきれいで、のどかですよね~。
鳥が鳴く中で、CMの世界だな~。

冒頭のシーンもおもしろいね。
この物語自体が、ドラマって言うね。
サビを歌うところから、曲が流れてくるところなんて、ステキです(*’`★)

撮影と物語がシンクロしていく感じが、不思議な感覚で楽しく見れます!
どこまでが現実なの~!?みたいなね!

こういう良質なPVを見て、さらに曲の方も好きになったっていう、良い作品だと思います。
歌の魅力を引き出してるし、紀子ちゃんの魅力も目一杯引き出せていますよね。

曲の方は、PVでは惹かれあっていく2人が描かれていますが、遠距離恋愛の歌詞だったりするんですよね。
もしかすると、PVに出てくる役者としての加藤さんは、遠距離恋愛をしているのかも知れないですよね。
最後のシーンを見ると、そういうことなのか~ってね。
結構短い時間だけど複雑に物語がからみあってます!素晴らしい出来です☆

 ♪電車にゆられて 見上げた空
  果てしなく続いてる 夕日

紀子ちゃんのナチュラルな部分が良く出ていてほっこりできますね。
まさに小さな幸せを感じれるような情景です☆

 ♪あなたと2人で 手をつないで歩ける
  いつの日か必ず来る…そう信じて
  あなたのぬくもり 心に感じながら
  小さな幸せを今 かみしめてる

遠距離恋愛で会えなくてさびしいという感じじゃなく、明るい紀子ちゃんらしい前向きな歌!
離れていても、いつかは会える。
そんなことを考えて、小さな幸せをかみしめるなんて、いじらしいですよね!

PV紹介でも、紀子ちゃんのこの曲に対する意欲が感じ取れました!
1か月半かけて作詞した、練りに練ったのりちゃんの自信作!でしょうきっと!

『小さな幸せ』、こんなに素敵な曲だったんだ~、とここにきて思い知らされました゚+゚*((Pq’v`★

関連記事:
電車のひと/加藤紀子
元気でいるよ/加藤紀子
ふゆがきた/加藤紀子

« 一枚の写真/天地真理 | トップページ | 風の中で/観月ありさ »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

理由はないのですが近いうちに夏の友達さんが加藤紀子ちゃんの曲を記事にするような予感がして、♪おびえな~がら~ぞくぞくしてたのですが…じゃなくて(笑)紀子ちゃんの曲は忘れてる部分が多いから先週から自分の持ってる範囲で予習復習してたんですよ~だから勝手にタイムリー(笑)
「男の子はみんなハワードという名前なのね」は原宿ジェンヌの「褐色泥棒」とオチが同じな事とかいろいろ新たな発見がありました♪
「小さな幸せ」のPVなかなか味がありますね!!レフ板とか見ると伊代ちゃんとキャプテンを思い出してしまう(笑)
サビのところで歩き出すパターンはアイドルPVの王道ですね。
恋人役男性の後のつけ方がストーカーっぽくてホラー的な要素も感じられます。森の微妙な暗さもいい感じであたしなんか井戸とか探しちゃいますね(笑)
大阪時代に好きだった人が凄く加藤紀子ちゃんの曲が好きで…「Truth」以降の。
彼は特にアイドル好きでもなかったからアイドルファン以外の人に受け入れられる楽曲作りを目指していたんでしょうね。
あたし的には紀子ちゃんのイメージはマジカルバナナとかでのセンスある珍解答ですね(笑)
「小さな幸せ」の歌唱映像をアップされた方、奥菜恵ちゃんの「あなたのそばで」の映像まで!!この曲でのテレビ出演あったんですね。「あなたのそばで」は奥菜恵ちゃんで唯一あたしのオールタイムランキングに入ってる本当に当時大好きな曲でした~
続きます

続き
TPDのカバー、94年2月のソロライブ7daysでかなりバラエティー豊かにカバーされてますね。このソロライブ7daysがビデオ化されなかったことにいまだに憤りを感じています。特に涼子ちゃんがヴァネッサ・ウィリアムスの「Save the best for last」、よねみっちゃんが角松先生の「I'll Call You」をカバーしたのは絶対聴きたかったですね~ってかホントは涼子ちゃんに角松先生の「I'll Call You」を歌ってほしかったけど…ってか選曲を逆にした方が良かったかも。よねみっちゃんのヴァネッサ・ウィリアムスもはまりそうですし…
杏樹ちゃんのMV、いかにもあの時代って感じでネタにできますね(笑)ってかかなり歌唱力高いですがホントに杏樹ちゃんの歌声だったら凄いですよね!!
先日、ジョブチューンで全国の知事が集まるのやってたんですね。で、富山の知事が島田理奈ちゃんと一緒に出演したので観てたのですが、ゲストの島崎和歌子ちゃんを見て父が「女性の知事もいるんだなぁ~」って言ったんですよ。さすがワッコさん、貫禄ある(笑)
昨日、みっちょんが出てたのでうっかりダウンタウンDXを観てしまいました。アラフォーアイドルとか、あくまでもアイドルとして扱われてたのが良かったです。
高野洸くんも出ててかわいかったです♪
太川陽介くんと香坂みゆきちゃんの同期コンビのデュエット聴いたのですが、いまだに高いみゆきちゃんの歌唱力に笑ってしまうほど驚いてしまいました(笑)
数あるアイドル人魚ソングで「人魚姫」と一緒に聴きたい曲は男性アイドルになりますがチェッカーズちゃんの「ミセス マーメイド」ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=K6urqESEjl8&sns=em
しかし久々に歌唱映像観ましたがフミヤちゃんのあまりのかわいさ&セクシーぶりに鼻血が…(笑)
この曲も雨ソングでせつない系だから「人魚姫」のアンサーソングかと思ってしまうほど…
あたしの小6の夏は「人魚姫」と「人魚姫」と同日発売の『Mind Game』に尽きますね!!姉妹的な作品でジャケットまで同じ(ロバート・ブルー氏の描き下ろし)ですからね。夏大好き人間を公言してるあたしですが、この88年の夏がなかったら妖怪サイドのみの夏好きになってたかもしれない(笑)

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
お~!!何か直感的な!?笑 すごいです^^
加藤紀子ちゃんの記事は全く今後書くリストにも挙げていなくて、急きょだったんですよ。
この曲のPVなぜかちゃんと見たことなくて、たまたま見てすごく気に入って書くことになり。
紀子ちゃんの曲、予習復習してたなんて、タイムリーですね!!!

「男の子はみんなハワードという名前なのね」と原宿ジェンヌの「褐色泥棒」にそんな共通点があったとは(笑

「小さな幸せ」のPV、味ありますよね。上手いんだか下手なんだかわからない最初のみんなのぎこちなさのある雰囲気の演技から(笑
レフ版~キャプテンですね(笑 あの写真を見ちゃうと確かにね^^;
サビで歩き出すのがアイドルの王道なんですね。言われてみると確かに!
そうそう!ちょっとストーカーっぽくて(笑
森の微妙な暗さ、ちょっと不気味さがでてますかね~。
井戸・・・笑 自分は井戸と言ったらさっくんの陽気な井戸のイメージになっちゃってるから、紀子ちゃんのPVにさっくんが井戸役で登場してほしいかも^^

大阪時代に好きだった人ですか!?お~!笑
加藤紀子ちゃんの曲が好きだったんですね!アイドル好きじゃない人にも受け入れられていたんですね!
やはり「Truth」以降なのですね。やはりその曲から境目でしたよね。
売れてきて紀子ちゃんも音楽活動に口を出せる感じになったのかな(笑
紀子ちゃんのマジカルバナナ、センスありましたよねえ。おもしろかったです!

奥菜恵ちゃんの「あなたのそばで」の映像までありますよね!!
自分も恵ちゃんではこの曲、かなり上位にきてる曲ですね!
貴重な映像ですよね^^

>ラパスさん

続きです!
TPDの94年2月のソロライブ、結局見れていないんですよね。
絶対ビデオ化すべきでしたよね!7本同時発売したら良かったのに!
カバーもやっているんですね!
興味津々なソロライブです!行きたかった~><

杏樹ちゃんのMVって、赤い衣装で踊ってるやつかな。
ネタにできますよね(笑 杏樹ちゃんの歌唱じゃないんですか!?
知りませんでした!

ワッコちゃん、知事に間違われましたか(笑
確かに貫禄ありますからね^^ 知事と言われたらそうかも(笑

「ダウンタウンDX」、見逃しました><
アラフォーアイドルが出てたんですか!
やっぱりアイドルは永遠にアイドルですよね!アラフォーでもアイドルはアイドルです!
高野洸くんも出てたんですねえ^^
ドリ5、乗りに乗ってますよね~。天てれ時代はここまで続くとは思いませんでした。嬉しいですね。

太川陽介くんと香坂みゆきちゃんの同期コンビのデュエットなんてやってたんですね!
みゆきちゃん、今でも歌唱力高かったですか!歌うの好きなのかな、やっぱり!

チェッカーズちゃん(笑 あはは^^
「ミセス マーメイド」知らなかったかもです>< 自分、チェッカーズちゃんは「夜明けのブレス」がど真ん中でしたねえ。
CDも買いましたねえ^^

フミヤちゃん、やっぱり素敵な男性ですね!鼻血でちゃいますか(笑

「人魚姫」のアンサーソングとして聴くと楽しいですね^^
ラパスさんの小6の夏、「人魚姫」と「人魚姫」と同日発売の『Mind Game』なのですね。
小6の思い出が楽曲と重なっているって良いですね!
自分は中高生の頃とか、CoCoとかribbonのアルバムとか聴いてテスト勉強してたなあ、って。
懐かしいですね!
妖怪サイドのみの夏ですか^^;自分にはわからない世界だ(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/57840816

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな幸せ/加藤紀子:

« 一枚の写真/天地真理 | トップページ | 風の中で/観月ありさ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連