無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

卒業/永作博美 with ribbon

◆レビューNo.709◆
Photo

「卒業」永作博美 with ribbon
作詞:原真弓
作曲:楠瀬誠志郎
編曲:楠瀬誠志郎
(1993年4月7日リリースのribbon「Be My Diamond!」C/W)

ribbonの12枚目のシングルカップリング曲です!

永作博美ちゃん主演の映画【さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~】の初日舞台挨拶に行って来ました~。

 【さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~】初日舞台あいさつ
 2月28日(土)
 会場:丸の内TOEI
 開場9:10/開映9:30 上映後舞台あいさつ
 登壇者:永作博美、佐々木希、臼田あさ美、桜田ひより、保田盛凱清

Photo_2
素敵な女優になったひろちゃんを観れるのは嬉しいですよね!
映画でもゆったりした時間が流れているような感じでしたが、舞台挨拶も一言一言丁寧に語っていましたね。
珈琲が飲みたくなる映画でした☆
波の音を聞きながら飲むコーヒー、良いですよねぇ。
こちらの映画は4月上旬から台湾で劇場公開される模様です!

そして、【ソロモンの偽証<前篇・事件>】の方も観に行きましたよ!
Photo_3
この映画は、90年91年あたりが舞台になっていたので、あの頃を懐かしみながら・・・と行きたいところですが、いかんせん内容が重いのでね。
ひろちゃんもほんとすごくて。最後のシーンとかね、驚きます!!きゃー笑
かわいいだけのひろちゃんじゃあないですね、さすがです。
バブリーな時代のひろちゃんが見れるのも注目です!
後編も早く観たいです!どうなるんでしょう。
あ~、ドキドキ。

主演映画公開時期は、映画の番宣でテレビ出演を多数されていたりと、ひろちゃんが充実できましたね!

2015年2月27日放送の「アナザースカイ」では、ribbon時代の話しもされていて~。
ribbon時代にribbonとして訪れた、台湾でロケをしていて。
ribbonの『Be My Diamond!』の中国語バージョンがかかっていたりと!
こういうの、あったんですね、知りませんでした!
カップリング曲の『卒業』まで中国語バージョンがあったなんてね。
驚きの発見でしたよ!
台湾への進出を展開させていたんですね。

『卒業』は、ribbonのシングル『Be My Diamond!』のカップリングんに収録された永作博美ちゃんがメインで歌った曲!
ribbonのシングルのカップリングで、メンバー3人のソロ曲をそれぞれ発表していました!

ribbonの9枚目のシングル『太陽に火をつけて』(1992年6月3日)では、佐藤愛子ちゃんソロの『正しい♡の行方』♪
ribbonの11枚目のシングル『Do You Remember Me?』(1992年12月2日)では、松野有里巳ちゃんソロの『ハートブレイク』♪
そして12枚目のシングル『Be My Diamond!』で、永作博美ちゃんのメインボーカル曲になった訳です。
ひろちゃんの曲のみ、愛ちゃんとあみちゃんがコーラスをしているので、ソロ曲ではなくメインボーカル曲ということになりますね。
あと、10枚目でソロ企画をお休みしたのは、『"S"ENSATIONAL WIND』(1992年9月2日)が清水エスパルスのサポーターズソングになり、カップリングも含め、サッカー色を出していたためですね。

ひろちゃんの『卒業』は、タイトル通り卒業ソング♪
22歳のひろちゃんにとっては、タイミング的には大学卒業の年ですね。
なので、アイドルが歌う卒業ソングよりも、ちょっぴり大人っぽい落ち着いた卒業ソングになっていますね。

内容的には、過去の卒業を思い出しているので、高校生時代を思い返しているようです。
高校を卒業して会わなくなった彼をふと思い出して、もう彼の事は思い出だと思えるようになり、それが彼からの卒業・・・という流れかな。
そう解釈しております(*бωб)

想い出は美しいですね~。
そう思わせてくれる楽曲♪

『Be My Diamond!』同様に、楠瀬誠志郎さん作曲で、コーラスとしても参加されており、楠瀬誠志郎さんの印象的な歌声で始まります!
これがまた良いですね~。
瞳を閉じれば優しい思い出の中にひたれますね(。vωv。`)

ラストの犬の鳴き声や、ひろちゃんたちの笑い声もなんだ幸せでほっこりします!

春風に吹かれて聴きましょうね☆

思い出に浸りつつ、現在のひろちゃんの活動も今後も楽しみなわけで~。
次は、【ソロモンの偽証<後篇・裁判>】。
そして【夫婦フーフー日記】が公開されたら観に行きますよ~!
こんな記事もありますね(笑 ribbon時代からかわいいひろちゃんです!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00036015-crankinn-movi

という事で、ひろちゃんからの「卒業」は、しませんからね!笑

関連記事:
Boy's Dream Days~あの頃の気持ち/永作博美 with ribbon
My Home Town/永作博美
Without You/永作博美

2015年3月29日 (日)

空に太陽がある限り/TPD DASH!!

◆レビューNo.708◆
Photo

「空に太陽がある限り」TPD DASH!!
作詞:浜口庫之助
作曲:浜口庫之助
編曲:T.Tashiro-M.Kawaguchi-MST
(1994年4月16日リリース)

TPD DASH!!の1枚目のシングル曲です!

行って来ました~!
TPDの武道館ライブ・・・ではなく~。
赤坂CHANCEシアターで開催された【CHANCE SHOW TIME~アイドルホラーショー~】にです!!

 【CHANCE SHOW TIME
  ~アイドル ホラー ショー~】
 日程:2015年3月27日(金)
 開演:19:30
 会場:赤坂CHANCEシアター
 出演/水野江莉花・羽賀佳代・おかえいり・宮苑晶子・中川雅子・TERU
    [友情出演]中島理恵
 [全席自由] 前売3,000円/当日3,500円(1ドリンク代500円別)

いや~、素敵(笑
今までCHANCEを観に行っていなかったことを後悔だよ~(。pω-。)
えらいこっちゃだわ(笑

観覧を後押ししたのはやはり先日開催された「アイドルホラーショー直前緊急企画~TPD武道館ライブ副音声上映会」でした。
あと、声をかけてくださる方もいたので、これはやっぱり行っておかないとと!

【アイドルホラーショー】を観ないと完結しない!と思ったので、日程的にキツかったですが行きました!!

そしたらもう、新しいトビラ開くよねー(`・ω´・+)v
赤坂の地下にこんな世界が繰り広げられていたのかと!!

「アイドルホラーショー」と言うだけにね、ホラーな世界が広がっているのかと思いきや、とんでもなく~。
アラサー、アラフォー世代のメンバーが、アイドルをやっていることが「ホラー」という意味だと思うんですけど、全然ですよ~。
いや、全然と言うか、その世代で本当にアイドルとして輝けているところを観ると、やっぱりそれが「ホラー」なのかも知れないですねぇ。(いい意味でです!!)

ライブの中で特に印象に残ってる言葉があって、、、

 「一度アイドルになった人は、一生アイドル」

まさにこれ~!!
ほんとそういうことですよね!
自分もその考えを持っていて、もしアイドルをやめたとしてもやっぱりアイドルはアイドルだと思ってるんです!
それを肌で感じることができました!!!

1993年当時TPDのメンバーだった中川雅子ちゃん!!
TPD DASH!!で活動してきた訳で、やはり重要なキーパーソンで☆

どういうことでしょう!?完全にアイドルでしたよ!!!
それに驚いてしまって目で追ってしまいましたねぇ。

『サヨナラの法則』を踊る中川雅子ちゃんを観て驚愕!
あのダンス、昔と変わらない!!!しかもかわいい!!!
びっくりでしたね~。
こんなことってあるのでしょうか!?
『褐色泥棒』での子供やくもまた観れるとは!!!
まちゃこちゃん、本当に今でもアイドルだったんです!!
ステージで歌い踊る姿、どこを取ってもアイドルのままでした!
まちゃこちゃんの姿を見ると、なんだか夢見てる感じでしたね~。
これは・・・ハマりますね(笑

パフォーマンスドールは新旧で現在でもいろんな拡がりを見せていますが、こういう行く先もあるんですね!
感動的な内容のライブでした!!

今回のライブ、ただ歌って踊るだけだと思って観に行ったら、芝居も絡んであって。
プロデューサーは元祖TPDのプロデューサーでもあった中村龍史さんで、中村龍史さん演出のライブを観れて感動☆

前半はライブを開催するまでのエピソードだったり、自分みたいにメンバーのことあまり知らなくても誰がどの役で、どういうキャラクターで、っていうのがそこで把握することができました☆
今回は6人でのパフォーマンスとなり、それぞれ6人がTPDフロントメンバーの役をしているカタチで。
「木ノ原さとみ」ちゃんとか、「米田美保」ちゃんとか、「篠田涼子」ちゃんとか、「穴浦夕子」ちゃんとか(笑 確かそんな感じで!
(※漢字は合っているかわかりません!名前も間違いがあるかもですが)
それぞれのメンバーのリアルっぽい架空の20年後を演じられていました☆

休憩をはさんでの後半戦は、怒涛の展開でしたね~。
照明もカッコよくて!
やっぱり演出が素晴らしかったですね!TPDはこれなんだな~って実感しました!!
初めてだったのでお決まりの手拍子だったり振りだったり、ついていけるものかと思いましたが案外やれました(笑
楽しい!(*ゝωб*)
自分は当時武道館だったり、TPDのライブは生できちんと観れなかったので、その分こうやって今観れることに感謝ですね!!

元TPDのまちゃこちゃん以外のメンバーも、ほんと歌にダンスにすごかったです!!
アイドルって、単純に年齢だけじゃないと思うのです!
歌とダンスで輝きを放てばアイドルになれますね!もちろんそれは簡単なことではないと思います!
それをこなしているんですね~。

まだ【CHANCE(チャンス)】については勉強中で、よくわからない点も多いですが、今後もまた観に行きたいと思います!!
みなさんお疲れ様でした~!最高のライブをありがとうございます☆
ああ・・・また行きたいです♪♪♪

と言うことで、今回は『空に太陽がある限り』をピックアップです!!
武道館で歌われた曲なので、【アイドルホラーショウ】でももちろん歌われた曲で。

武道館で歌っていたまちゃこちゃんと、チャンスタで観たまちゃこちゃんを重ねて観てみたりと!!
実は今回のライブを観るまで、あまり昔のまちゃこちゃんと現在のまちゃこちゃんが自分の中で重なり合わなくて。
なんだか別人!?っていう感覚しか持てなかったんですけど、ライブを観てビターッ!とハマりましたね!
まちゃこちゃんやん!ここにいたの!?って(笑
それは言いすぎか~。
でもほんと、そんな感じでしたよ。
時空を越えて出逢えたキセキに感謝なのです(。uωu。)
歌ってくれて、ありがとう☆

『空に太陽がある限り』は、御存じ!にしきのあきらさんのカバーですね☆
ちなみにDSH!!のもう1曲のカバー曲、『星のフラメンコ』は西郷輝彦さんですね!
おもしろいところカバーしますよね!
昭和の男性アイドルの曲をカッコよく歌ってしまうと言うね。
DASH!!らしい試みで良いですね!

『空に太陽がある限り』はいろいろバージョンがありますよねぇ。
ライブで披露したものだったりアルバムバージョンだったり。

CDジャケットにクレジットされているTPD DASH!!のメンバーは、以下の9人。

 木伏夏子
 櫃割香奈子
 関ひろみ
 島津志穂
 中川雅子
 大藤史
 篠原礼
 名取美穂
 東亜佐美

歌唱メンバーは、「ファイヤードールズ」と呼ばれていた4人(木伏・櫃割・関・島津)が歌っていました。
やっぱりカッコいいですよねー。
DASH!!はクールですよねー。
昭和歌謡をこんな風にアレンジして歌うなんて、新しかったですね☆

なんだかDASH!!はライブメンバーと言われていたこともあり、ライブに専念している感じがして、その直向きさが胸を打つものがありました。
今でも中川雅子ちゃんのように、歌にダンスに打ち込んでいるメンバーがいるなんて、ほんと嬉しい限りです!!

中川雅子ちゃん、チャンスメンバーと共に長く歌い続けてほしいです!
いつまでも、アイドルとしてステージで輝き続けてほしいですね(*ゝωб*)
空に太陽がある限り・・・ずっとずっと!

「だよね~!」※【アイドルホラーショウ】の芝居で何度も言ってた言葉。もちろんEAST END×YURIの『DA.YO.NE』笑

関連記事:
WAKE ME UP!!/東京パフォーマンスドール
WEEKEND PARADISE/東京パフォーマンスドール
夢を/東京パフォーマンスドール
涙のパラダイス/東京パフォーマンスドール
Saturday Night Fantasy/東京パフォーマンスドール
Can't Stop The Music/東京パフォーマンスドール
シェリーに口づけ/東京パフォーマンスドール
JUST LIKE MAGIC/GOLBIES(ゴルビーズ)
純愛90's/原宿ジェンヌ
千夜一夜/原宿ジェンヌ
史上最大の誘惑/ViVA! from 東京パフォーマンスドール
ブギウギ・ダンシング・シューズ/木原さとみ
銀色のシルエット/木原さとみ
雨の日 晴れの日/米光美保
異国~TOKYO IN THE NIGHT/篠原涼子
Sincerely/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール
I Want You!/穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール
WILD CHILD/穴井夕子
HEAVEN2/穴井夕子
おちゃめなジュリエット/市井由理
ラッキー・ラブ/八木田麻衣
青空のハイウェイ/八木田麻衣
東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ/TPD DASH!!
夏がキライ/東亜佐美
クリームソーダ/篠原礼(TPD DASH!!)
恋のイエローカード・パトロール/TWO TOPS
五月の風時計/大藤史
DREAMIN'/東京パフォーマンスドール
BRAND NEW STORY/東京パフォーマンスドール
DREAM TRIGGER/東京パフォーマンスドール
どんがらがっちゃん!大行進/TPD DASH!!

2015年3月26日 (木)

ぁぃぁぃといく日本全国鉄道の旅/廣田あいか(私立恵比寿中学)

◆レビューNo.707◆
Photo

「ぁぃぁぃといく日本全国鉄道の旅」廣田あいか(私立恵比寿中学)
作詞:前山田健一
作曲:前山田健一
編曲:前山田健一
(2015年3月10日配信開始)

私立恵比寿中学の廣田あいかちゃんの配信楽曲です!

ぁぃぁぃのソロ曲の登場です☆

2014年11月3日、神奈川・横浜アリーナで行われたワンマンライブ「私立恵比寿中学 東西大学芸会2014『エビ中のおもちゃビッグガレージ』」で初披露された曲♪
まさにおもちゃ箱から飛び出してきたような楽曲ですねΣd(ゝω・o)

そんなぁぃぁぃですが、絶賛ブレイク中ですよね~。

エビ中の「ミュージックステーション」出演からの快進撃がものすごいことになってます!

SMAPとのからみもおもしろくて!
「SMAP×SMAP」での香取くんとのコントもおもしろかった~o(≧ω≦)o
あのコント、レギュラー化してほしいですねぇ!!
香取くんのぁぃぁぃの真似、笑えます(笑
さすがですねぇ☆´∀`☆

と言うことで、ぁぃぁぃのソロ曲は、「鉄道ぁぃ」あふれた楽曲と言われています☆
前山田健一さんが鉄道マニアのぁぃぁぃにヒアリングして、書き下ろした曲です!

「タモリ倶楽部」でも鉄道マニアとして共演したお2人!
鉄道トークで盛り上がりそうですよね~!

ぁぃぁぃの鉄道に対する思いを詰め込んだ楽曲が完成とあいまった訳ですね!
ぁぃぁぃのブログでも、この曲に触れていて。
http://ameblo.jp/shirituebichu/entry-11947871315.html
ほんとに楽しそうな制作過程が垣間見れます☆

自分は鉄道マニアではないけど、やっぱり知ってるところが出てくると嬉しいですよね!
楽しい楽曲♪♪

ぁぃぁぃの器用さが満開!!
ぁぃぁぃ知らない人は多分1人で歌ってると思わないんじゃないかな~と。
七色の声を持っていますよね!

Mステでも曲によって歌声が変わることをピックアップされていましたが、まさにいろんな声色が聴けて楽しい作品ですよね!
アニメ声だけど声量もあって、歌詞もしっかり伝わりますし!

「香川 琴電 イルカのことちゃん 奥さんことみちゃん」ってなんだかかわいくて(笑

ぁぃぁぃはソロ歌手デビューもさせるべきですね!
もっとぁぃぁぃの歌聴きたいですし、ソロアルバムとか絶対出してほしいです!
きっと名盤ができあがるでしょう☆
ソロとエビ中、両方がんばってほしいと思うんです!

で、ぁぃぁぃと、「ぁぃたてほやほや」(笑
今日、DVDブック『AIAI RAILWAY TRIP』のお渡し会に行って、ぁぃぁぃに会ってきました~!
Dvdbook
つい数時間前!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

 廣田あいかさん商品お渡し会
 開催日時:2015年03月26日 (木) 18:00~
 商品タイトル:ワニブックス刊 廣田あいかDVDブック 「AIAI RAILWAY TRIP」(税込3,024円)

ぁぃぁぃこんな感じだったー♪↓

●___________●
(ぁぃΘωΘぁぃ)

あっ、これぁぃぁぃのブログに載っているぁぃぁぃオリジナルの顔文字ですね。
でもほんとこんな感じと言いますか(笑
白と黒のパンダっぽい雰囲気のかわいらしい服装だったのでね!
つたわれ~☆

で、『I'm Your Manager!!!』が好きと伝えてきました~。
自分の投稿したフレーズが使用されているこの曲は、宝物なのでね☆
曲中の「がんばれ~!」というフレーズをいただきました(笑
そっちじゃないけど嬉しかったです!
ぁぃぁぃとは、何年か前の2ショット撮影の時以来の接近でした!
やっぱり生で聞いても良い声ですよね!!
声優ではなくアイドル歌手になってくれてほんとに良かったです!!

そしてそして!

映画【たまこちゃんとコックボー】の主役も務めたぁぃぁぃ!!
これ、おもしろそう!
観に行きたい~o(*’▽’*)/☆゚’

主題歌は、私立恵比寿中学の『テブラデスキー~青春リバティ~』♪♪
アルバム「金八」に収録されている曲で、コチラも良いですね!

どんどん活躍の場を広げるぁぃぁぃ!
ソロでもエビ中でも一所懸命「がんばれ~!」Σd(ゝω・o)

「本日はご乗車ありがとうございました
 またのご利用お待ちしております」

関連記事:
えびぞりダイアモンド!!/私立恵比寿中学
ザ・ティッシュ~とまらない青春~/私立恵比寿中学
オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~/私立恵比寿中学
もっと走れっ!!/私立恵比寿中学
仮契約のシンデレラ/私立恵比寿中学
放課後ゲタ箱ロッケンロールMX/私立恵比寿中学
Go!Go!Here We Go!ロック・リー/私立恵比寿中学
ebiture/私立恵比寿中学
また明日/私立恵比寿中学
イッショウトモダチ/私立恵比寿中学
梅/私立恵比寿中学
頑張ってる途中/私立恵比寿中学
手をつなごう/私立恵比寿中学
またあえるかな/安本彩花 (私立恵比寿中学)
金八DANCE MUSIC/私立恵比寿中学

2015年3月25日 (水)

恋をしよう!/菅野美穂

◆レビューNo.706◆
恋をしよう!/菅野美穂

「恋をしよう!」菅野美穂
作詞:桑原永江
作曲:いわみゆり
編曲:岩崎文紀
(1995年3月24日リリース)

菅野美穂ちゃんの1枚目のシングル曲です!

高校3年生、17歳の菅ちゃんのソロ歌手デビュー曲♪

桜っ子クラブさくら組のメンバーだった菅ちゃん。
1995年はもう菅ちゃんも桜っ子クラブさくら組を卒業し、女優業も始めていて。

そんな中のアイドル歌手デビューでしたね☆

菅ちゃんのキャラクターがほんと良かったですもんね。
不思議なキャラクターで~。

特技が「座り歩き」だったり(笑
座り歩き、ミスアイドルコンテスト(1991年)の映像で見ましたが、何がすごいのかわからないっていう(笑
でもそれを特技として披露する菅ちゃんのすごさってありますよね~。
それを恥ずかしげもなく堂々とやり抜くところに、タレント性があったんだな~と思います!

あっ、そうそう、そのコンテストで小田和正さんの『ラブストーリーは突然に』を披露していましたね。
まあ、選曲ミスと言いますか、ある意味目を(耳を)ひくといいますか。
その選択も、奇抜で素晴らしかったと思います!
やはり芸能界で生きていけるタイプの子だな~って!

他にも、おぼれる真似もやってましたね(笑
菅ちゃんの良いところはほんとに楽しそうにやるところですよね~。
菅ちゃんがやるからこそおもしろいっていうね。
あの笑顔と笑い声で全てをプラスに変えていたようでした!

あと当時の菅ちゃんを思い出すエピソードは、安達祐実ちゃんを尊敬しているところですね。
年下だけど先輩だし人気もありましたしね、祐実ちゃん。
そういう発言も印象深く、面白かったです!

菅ちゃんと言えばテレビ朝日【イグアナの娘】(1996年)!!
インパクトありましたね~。
菅ちゃんのハマり役ですよね!
キャラクター的にもぴったりなドラマだったな~って。

それにしてもサブタイトル改めて見てみると、すごいドラマですね(笑
最終回なんて、「お母さん! お母さん! ……おかあさん!」って、ある意味ギャグに聞こえてしまって☆Σ(・д・lllノノ
いや、すみません、真面目な話しですよね(汗
ん?いや、そうでもないか←

そんな(どんなやねん)菅ちゃんのソロ歌手デビューは1995年。

『恋をしよう!』は、アイドルの王道ソングって感じですよね♪
春デビューで、春らしいさわやかな楽曲で!

「春だから恋をしよう!」と思い立って行動に移す菅ちゃんが目に浮かびます☆

全体的にキーが低めな感じで、弾け具合は少な目な気はしますが、心地良い春風のようなメロディです☆
菅ちゃんのキャラクターが色濃く出ているのは、カップリング曲の『ドッカン~人生最大の衝撃』の方だったりします!
こっちをメイン曲にした方が面白かったとは思いますけどね(笑

それにしても『恋をしよう!』をテレビで歌っている姿を見たことがないんですよ。
ただ見逃していただけか、記憶にないだけなのか、実際歌わなかったのか。
テレビでガンガンに歌ってほしかったですけどねぇ。
ソロ歌手デビュー時には桜っ子クラブさくら組も卒業後だったので、ソロアイドル歌手としてはちょっと遅咲きだったのかも知れませんね。
でも女優でも人気上昇中に、アイドル歌手をやってくれたのはありがたいです!

アルバム「HAPPY ICECREAM」(1995年8月2日)含め、素敵な作品残してくれたな~と!
このタイミングで歌っていなかったら、「蓮井朱夏」名義で出した『ZOO 〜愛をください〜』(2000年9月7日)だけになっちゃってたかも知れないですもんね。

菅ちゃんの特徴的な声と愛らしさは、やはり歌でも魅力を発揮していたので、『恋をしよう!』での歌手デビューはほんと嬉しかったです!

小さな事務所からここまで大きくなった菅ちゃん、やはりすごいです!

とても才能のある世界観を持った菅ちゃんのさわやかな一面を感じれる『恋をしよう!』☆
この曲を聴いて、一歩何か踏み出せると良いですよね(*’v`)b
そんな前向きな楽曲です♪♪♪

関連記事:
ドッカン〜人生最大の衝撃/菅野美穂

2015年3月23日 (月)

WEEKEND PARADISE/東京パフォーマンスドール

◆レビューNo.705◆
Wakemeup

「WEEKEND PARADISE」東京パフォーマンスドール
作詞:in Voice
作曲:in Voice
編曲:in Voice
(1991年7月1日リリース「WAKE ME UP!!」両A面曲)

東京パフォーマンスドールの1枚目のシングル曲です!

行って来ました!
TPDの、武道館ライブに!!!!

・・・ってオイ!
違いますね(*´ゝv・`)ノ
(前回の上映会の記事同様お約束のフリを・・・笑)

TPDの「1993年日本武道館ライブ副音声上映会」に、です☆
Tpd

 【アイドルホラーショー直前緊急企画~TPD武道館ライブ副音声上映会】
 1993年8月日本武道館 第2部の公演を、当事者の副音声トークとともに上映します。
 開場 13:45 開演 14:00 
 [全席自由] 前売2,500円/当日3,000円(1ドリンク代500円別) 
 出演:アッキー清水・木原さとみ・中川雅子
    八木田麻衣・櫃割香奈子(スペシャルゲスト)

今回は日本武道館の映像を、TPDメンバーとアッキーさんの解説付きで観ることができました☆

今回、事前に案内されていなかった、八木田麻衣ちゃんと、TPD DASH!!の櫃割香奈子ちゃんまで登場!!!
TPDメンバー4人も集結!!!嬉しい!!!o(≧ω≦)o

と言うことで、まずはDVD化されている武道館の曲目はコチラ↓

 【That’s The Revue】

 ■1部■
 1. Theme for Roller Skators
 2. WHOOPEE DAYS
 3. キスは少年を浪費する
 4. ブギー・ワンダーランド
 5. ストレート・アヘッド
 6. I Want You!
 7. カメレオン・カフェ
 8. 天使のらくがき
 9. ひらき直りも芸のうち
 10. NAI
 11. DO IT!!
 12. ブギウギ・ダンシング・シューズ
 13. FAME

 ■2部■
 14. Tokyo Romance
 15. 異国~Tokyo in the Night
 16. Don’t Stop City Light
 17. RUBY CHASE
 18. 史上最大の誘惑
 19. 星のフラメンコ
 20. おちゃめなジュリエット(BON-DANCE Version)
 21. ジャングルビート
 22. この悪魔め!!
 23. サヨナラの法則
 24. きっと愛はLady First
 25. CAN CAN
 26. 褐色泥棒
 27. ビバ!ケ・セラ・セラ
 28. 月に吠える
 29. 19×
 30. SLASH DANCE
 31. LOVEが泣いている
 32. バッド・ディザイアー
 33. 空に太陽がある限り
 34. Can’t Stop the Music
 35. ショーほど素敵な商売はない
 36. WEEKEND PARADISE

今回の上映会では、第2部の映像を観ました!

いや~、やっぱり素晴らしいですね☆
こんなにすごいライブを創り上げたグループなんですよね、TPD!
このライブを生で観れたら感動しただろうな~、と映像を観てても感じます!

上映会では、かなちゃんのトークのおもしろさも光っていました☆
客いじりとか(笑
ぶっちゃけトークで笑わせてくれますよね。
現役じゃないのにあれだけ喋れるって、すごいですよね。
TPD時代にもっとかなちゃんの良さを出せる機会があれば良かったですよね、そう感じます!

まちゃこが現役で活動しているのもすごいことですよね!
自分的に昔のまちゃこと現在のまちゃこがあまり紐づかなくて、別人てきな扱いだったんですが(笑
でも、今回ライブを観て、これが今の雅子ちゃんか~!と実感いたしました!
今度はまちゃこちゃんが歌い踊る姿、生で観てみたいです!!

麻衣ちゃんはやはりトークがお上手で~。
OLさんにしておくのは勿体ない(笑
きっと仕事もできるんだろうな~、と感じます。
現役からはなれてもかわいさを保ち続けてますし、さらにかわいく美人になっていっているような気もしますし、今更ながらどんどん麻衣ちゃんのファンになっていってるんですけど~笑
1番おもしろかった話が「ドナドナ」の話しかな!
武道館のライブが終わった後、トラックにみんな乗せられて、駅まで向かったっていう。
トラックの中でドナドナを歌っていたそうです☆
2日目はもう受け入れて、「はいドナドナね」って感じでトラックに乗って帰っていったそうな~。
麻衣ちゃんのドナドナトーク、おもしろかったです(笑

リーダーのさとみちゃんもかわいくて!
ほんとここまでみんな良い状態で年を重ねられていると、今の時点でもさらに好きになっていっちゃいますよね!
さとPはキャラも良いですしね!
リーダーだけどボケてるところがまた良くて。
麻衣ちゃんもトークで言ってましたが、昔、後輩にリーダーだからっていうのがあってか、怖がられていたらしいんですが、話すと「あれっ?」みたいな(笑
全然怖くないっていう、そんなかわいらしい性格のようです♪

アッキーさんは、優しいイメージしかないんですが、やはり仕事には厳しいお方なのですね~。
そういうお話も聞けました!
アッキーさんカッコいいですね~。

今回も1曲1曲、それぞれの思いや裏話など聞けて、楽しかったですね!
全ては書けないですが、印象に残ったトークをいくつか。

よねみっちゃんの『Don’t Stop City Light』の衣装について(笑
この衣装はどうかと、という議論に(笑
薄いピンクのエリが立った感じの衣装でしたね。
さとみちゃんがお子さんの入学式(?)に着ていく服に悩んでいるそうで、この服はちょっと・・・って感じになってました(笑
いや、まあ、そうでしょうねぇ(〃艸〃)

で、よねみっちゃんが武道館では衣装に恵まれていないと言う話になっていました。
1番良かったのは『Can’t Stop the Music』だという結論に☆
『LOVEが泣いている』も、『SLASH DANCE』の流れであのパンクっぽいままで歌ってますからね(笑

ちなみに学校に着ていく服は、ViVA!の『史上最大の誘惑』の衣装の方がマシという話に(笑
それもちょっと・・・笑

かなちゃん的には自分がやった、キョンシーがずっと引っかかっている模様でした(笑

ゴルビーズの『RUBY CHASE』での運動量と激しい歌で、そうとうきつかったようですね。
あれ、舞台を縦横無尽に動き回りますしね、振りも細かいものが多く、息つく暇もないそうで。
あれであれだけ歌えているのはほんとにすごいですね!
ほんとTPD、すごいです!o(`・ω´・+o)

麻衣ちゃんの『サヨナラの法則』では、麻衣ちゃん酸欠状態になりそうだったらしく。
振りが付いている個所で踊れないところがあったそうで~。
これ初めて知りました!

原宿ジェンヌの『褐色泥棒』ではまちゃこが大活躍という話題に!
まちゃこは子供の役をやっていて、水鉄砲でみんなにちょっかいを出してけむたがられるっていう。
これは、おいしい役をもらってましたよね(笑

と言うことで、これ位しか書けませんが、もちろんもっといろいろと話してくれて盛り上がった上映会でした!
今回も、楽しい時間になりましたね!!

そして武道館の映像も終わり、ラストに『WEEKEND PARADISE』の映像を特典映像として流してもらえました!
「サイバーミーム」で流れた映像みたいですね!
これがまたおもしろくて!

なんと言ってもさとPのエンジェルでしょうね!
街中でエンジェルの姿をさせられて、微妙な踊りをしているっていうまたおちゃめなやつで(笑

麻衣ちゃんは子供!!
上映会でも言われてましたが、ほんとまだまだあどけなくてほっぺがパンパンでかわいいです♪

ほんとこの映像楽しくて良いですね!
みんなかわいく撮れてて最高ですし!
こういう映像をPVが主流ではなかった当時、作ってくれていたことにも感謝ですよね~。

この映像、今回DVD化が決定した武道館ライブの特典映像に入れたかったそうですが、マスターテープが見つからなかったそうです。・゚・(つД`)・゚・。
DVDに入れてほしかったです!!!
あ~、どうにかならないものか!?アッキーさん、お願いします☆

『WEEKEND PARADISE』の話しに戻りますが、TPDの1枚目のシングル『WAKE ME UP!!』に両A面として収録された曲で。
『WAKE ME UP!!』よりも目立っていた曲でしたね。
ライブでもかなり歌われていた曲なんですよね。

この曲を聴くと、ラジオ「東京サウンドバズーカ音姫絵巻」(ニッポン放送)を思い出します!
番組テーマソングとして使われていました!

グループ内ユニット「UL-SAYS」の篠原涼子ちゃん、穴井夕子ちゃん、米光美保ちゃんがパーソナリティを務めていた番組で。
そういうのもあって思い入れは深い曲になっていますね。懐かしいです!

ライブでもラストに歌われることが多く、楽しかったライブの最後に切なさもあり、でも元気な別れって言うさわやかさもあり。
かわいい中にも哀愁を感じることができる曲です♪

週末に原宿ルイードでダンスサミットを行っていたので、タイトル通りまさにそこは『WEEKEND PARADISE』だったのですね!
原宿ルイード、行ってみたかったな~。

当時ライブを何度も観ていた人にはもっと思い入れのある曲になってますよね、きっと。
もちろんメンバーも、この曲は思い出深い1曲なはずですよね。

現在は、"新生"東京パフォーマンスドールが引き継いで歌っていますが、やはりラストにぴったりな曲です!
今日のライブの思い出を、この曲と共に心に焼き付けて帰ろう、みたいな(*uωu*)

90年代大好きだった曲が、元祖TPDが語ってくれたり、新生TPDが歌ってくれたりでまたさらに好きになっていくって、ほんとすごいことです!
そんな時代を超えて愛される曲になっていってほしいですね☆

(前回の上映会の記事はコチラを参照願います)

木原さとみちゃんの今回のイベントのブログ記事はコチラです↓
http://ameblo.jp/satop3/entry-12004573646.html

関連記事:
WAKE ME UP!!/東京パフォーマンスドール
夢を/東京パフォーマンスドール
涙のパラダイス/東京パフォーマンスドール
Saturday Night Fantasy/東京パフォーマンスドール
Can't Stop The Music/東京パフォーマンスドール
シェリーに口づけ/東京パフォーマンスドール
JUST LIKE MAGIC/GOLBIES(ゴルビーズ)
純愛90's/原宿ジェンヌ
千夜一夜/原宿ジェンヌ
史上最大の誘惑/ViVA! from 東京パフォーマンスドール
ブギウギ・ダンシング・シューズ/木原さとみ
銀色のシルエット/木原さとみ
雨の日 晴れの日/米光美保
異国~TOKYO IN THE NIGHT/篠原涼子
Sincerely/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール
I Want You!/穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール
WILD CHILD/穴井夕子
HEAVEN2/穴井夕子
おちゃめなジュリエット/市井由理
ラッキー・ラブ/八木田麻衣
青空のハイウェイ/八木田麻衣
東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ/TPD DASH!!
夏がキライ/東亜佐美
クリームソーダ/篠原礼(TPD DASH!!)
恋のイエローカード・パトロール/TWO TOPS
五月の風時計/大藤史
DREAMIN'/東京パフォーマンスドール
BRAND NEW STORY/東京パフォーマンスドール
DREAM TRIGGER/東京パフォーマンスドール
どんがらがっちゃん!大行進/TPD DASH!!

2015年3月21日 (土)

光のオペラ/中山忍

◆レビューNo.704◆
Photo

「光のオペラ」中山忍
作詞:巻上公一
作曲:奥田民夫
編曲:有賀啓雄
(1990年3月1日リリース)

中山忍ちゃんの6枚目のシングル曲です!

神曲、ついに出しちゃいます!!!
この曲、マイアイドルポップスランキング上位に入ってますね、確実に!!
本当に素晴らしいです(*ゝωб*)

もう、何もかもが大好きです!!

この曲を聴くと春の陽気に浮かれ気分になりますね☆
ふわっふわの気持ちになれて~。
この浮遊感、宇宙旅行です、ほんとに!

ファンタジーなヴォーカルですよね、忍ちゃん♪
『光のオペラ』では、ファンタジースペーシーヴォイスを惜しげもなく披露しております☆

で、今回発見したことが!

ユニコーンのアルバム「おどる亀ヤプシ」(1990年11月1日)に収録されている『ボサノバ父さん』という同じメロディの楽曲が存在していたんですね!!
『光のオペラ』のBメロ部とサビ部、歌詞とアレンジを変えたものらしく。
今回この曲について調べていて、初めて知りましたΣd(ゝω・o)

でも歌う人が変わるとこうも聴こえ方が違ってくるものですね(笑
もちろん歌詞もアレンジも全く違うのでね、印象がガラッと変わるのは当たり前ですが。
おもしろいですね~。
当時知らなかっただけに、感動的な出会いでした☆

今回の大収穫でしたね、この事実!

この2曲を比べて聴くのも楽しいですね!
何気に語感が似てるところもあって、「これは!」って思っちゃいますよね!

ここなんてすごい(笑

 ♪何度か迎えに来たよな アイツの事だろ♪
 (ボサノバ父さん)

 ♪なんだか宇宙を見たよな 不思議なざわめき♪
 (光のオペラ)

こういうことか~!
こんなシンクロがあったのか~!(●ゝωб)q

25年経って知った事実に感動です☆

で、『光のオペラ』の注目は、歌だけではないんですよね。
そう、ダンス!笑

いや~ねぇ、驚きでしたよ。
当時『光のオペラ』って、歌ってるところは観たことなかったんですよ。
発売から数十年後にネットで初めて見たんですけど、ポカ~ンでしたよね(笑

こんなに踊る曲なの!?ってね(〃艸〃)

ホリプロオーディション時のレオタード姿の井森美幸ちゃんのダンスを彷彿とする、大きな振り付け(笑
どうしてこうなっちゃったんだろうって!
いや、こうなっちゃってくれて良かったんですが!
なんなら覚えて踊ってみたい衝動にも駆られます(笑
かわいいですよね、必死に踊る忍ちゃん。
このダンス見て元気も出ますし!!

もうね、素晴らしいですよね。
キュンキュンする歌声に、さらにこんなに素敵なパフォーマンスまでからませてくれるなんてね!
夢の1曲だと思いますよ♪♪♪

忍ちゃんの生歌、1度でいいから聴いてみたかったものですよ。
最近はアイドル復活ライブも多数開催されているので、忍ちゃんにお願いしたいところですね。
『光のオペラ』が聴けた日には、もう、宇宙へ飛び立ちますよね~笑

どうしても忍ちゃんのコンサート見てみたい~!!
ってことで、現在ソニーオーダーメイドファクトリーに、ライブDVDがエントリーされています♪

1990年12月2日日本青年館にて行われた忍ちゃんのライブが初DVD化です!!!
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=0515&cd=DYBL000000564

 【収録曲】
 01.メドレー
 (箱入り娘の嘆き、小さな決心、駆けてきた処女、夏に恋するAWATENBO、負けないで、勇気)
 02.小さな決心
 03.記憶鮮明
 04.瞳を閉じれば
 05.ホタル
 06.僕がむかえにいくよ
 07.ロマンティック
 08.箱入り娘の嘆き
 09.負けないで、勇気
 10.涙、止まれ!

これは!!
見てみたいですよ!!
忍ちゃんのライブ映像って、見た記憶がないんですよね。
楽天使のはありましたが、ソロコンサートはきちんと見たことないのでかなり興味津々です!
『光のオペラ』が入っていないのはちょっと残念ですけどねぇ。
でも『ロマンティック』や『箱入り娘の嘆き』も聴けるし、楽しい内容には間違いないです!

忍ワールドに、とろけたいです+.(*’v`*)+

関連記事:
ロマンティック/中山忍

2015年3月19日 (木)

ひまわり/CoCo

◆レビューNo.703◆
Coco

「ひまわり」CoCo
作詞:和泉ゆかり
作曲:馬飼野康二
編曲:米光 亮
(1992年3月25日リリースのアルバム「Share」収録曲)

CoCoの4枚目のアルバム収録曲です!

宮前真樹ちゃんのイベントに行って来ました!!

【第2部】 「クラブまきぼー」
 日程 : 2015年3月14日(土)
 時間 : 18時-20時
 会費 : 6,500円(税込)お食事、フリードリンク付
 会場 : Café Restaurant M.Nature

真樹ちゃんプロデュースのお店、エムナチュールで食事を食べながらなんと秘蔵映像を見れると言う素敵な企画!!
ちなみに第一部は「宮前珈琲館」!田中有紀美ちゃんがやっている「田中珈琲店」「bar yukimi」の姉妹店らしいです(笑

まきボーのブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12001590620.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12002155425.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12002755751.html

なんとなんと!
この日のみのスペシャルメニューがありました!
それがコレ!
Photo
『行ってしまったバス』『明日の恋』『Moonlight Express』なんて素敵な名前!!!
そうです!CoCoちゃんの歌をイメージしたドリンクなのです!
真樹ちゃんが好きな曲でもあるのかな~。
『明日の恋』を大好きと言ってたりしたので!
いい曲ですよね~、どれも!

クラブまきボーでは、真樹ちゃんがお客さんみんなに気を配り、おもてなしをしていました☆
秘蔵映像は、CoCoのデビュー前の「パラダイスGO!GO!」!
デビューイベントの映像を見ることができました!

真樹ちゃん曰く、このDVD(秘蔵映像)に入っている映像は「恐怖映像」でしかないと(笑
いやいや、乙女塾のみんなかわいいですよねぇ。
真樹ちゃんも初々しくて~。

「おしぼり一本!フジテレビ」の真樹ちゃんバージョンも観れました!!
これ、初めて観ました!
幹代ちゃんの水着バージョンは知ってたんですけどね。

パラGO!自体、大阪では放送されていなかったので自分はほとんど見れていないのでね。
まさに貴重映像でしたね。

レコーディングの話しもおもしろかったですね!
譜面は読めなかったので、歌詞に記号(矢印)などを書いて、上がるところとか下がるところとかを表現していたそうです。
伸ばすのもどこまでかきっちりしていなかったので、みんなの声を合わせると終わりがバラバラだったりっていうこともあったらしく。
それがCoCoちゃんの歌の良さでもありますね(笑

そして秘蔵写真が集められたアルバムも見せてもらえました!!!
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12001091015.html
5人時代のCoCoちゃんから真樹ちゃんのソロ時代まで、素敵な写真がいっぱいで!
この写真、Melodyの田中有紀美ちゃんと一緒に選んだ写真なんです!

このイベントの2日前に行った有紀美ちゃんのライブでその話もされていましたね。
有紀美ちゃんは昔からCoCoファンだったので、今ファンとしてではなく、人間として付き合うことができることに驚きもあるようですね!
でもほんと仲良い2人!
真樹ちゃんが有紀美ちゃんのことを会うたびに好きなると言っているように、友情が深まっていっているようですね。
そういうのを聞くとほんと嬉しくなります!
好きなアイドルたちが、仲が良いなんてね!

そんな素敵な友情の詰まったアルバムを見つつ、真樹ちゃんの喋りを聞きつつ、料理を食べつつ、秘蔵映像を見つつと、盛り沢山な時間を過ごしました!

あと、秘蔵映像ってことではないですが、ラストコンサートの映像も観ました。
ラストツアー「CoCo夏'94 CoCo was CoCo made」(1994年8月21日)の映像ですね。
真樹ちゃん、見てほしくない個所などは早送りを駆使しつつ(笑
まあ、時間もないのでそこのところを考えつつね!

そこで、真樹ちゃんのソロ『シャボンのため息』では、映像に合わせて歌ってくれました~。
今まで歌を封印していたように思えてたので、ほんと嬉しかったですね!
『夢へのポジション』も歌ってくれたかな。
『ひまわり』も一緒に歌ってくれたりして、感動でしたね。
過去のまきボーと、現在のまきボーのデュエット、と言っていいんじゃないでしょうか♪
こんな間近で歌う姿を見れることになるとはねぇ。

と言うことで、季節外れですがこの曲を!

とは言え、このアルバム「Share」は、春に発売されているんですよね。
大野幹代ちゃんメイン曲の『行かないで夏休み』も夏曲だったり、『さよなら』は秋曲。
そして『お願いHOLD ME TIGHT』は冬曲と、さまざまなシーズンの曲が収められていますね。

でも統一感がない訳ではなく、全体的にさわやかな楽曲でまとまっていて。

そんな中で、「Share」の中でも象徴的な1曲、『ひまわり』☆

前作の3枚目のアルバム、「STRAIGHT」からつながる曲なんですよね。
「STRAIGHT」の歌詞カードに、ポエムとしてこの「ひまわり」の詩が書かれてあって。
これに気づいた時は感動でしたよねぇ。

歌詞も子供の頃のきらめいた瞬間が閉じ込められていますよね。
この曲の中には、永遠に続く幼かったあの日の夏が息づいています☆

メロディと言い、歌詞と言い、昔の良かった時代っていうものを思い出させてくれますよね。
子供の頃遊んだ場所とか友達とか、もう戻れないあの季節をね!

ラストコンサートでは、間奏に台詞があるんですよね。
ひまわりを持った4人が階段に腰かけて言う台詞にジーンときてしまいます☆

そこで言っていた、水着の跡が消えなかったって言うのは、「おしぼり一本!フジテレビ」の、あの撮影の時に残った跡の話しだったらしく。
あれからずっと撮影の時に焼けてついた跡が、残ってたらしく。
それも、もう消えてしまって・・・時の流れを感じさせる台詞だったんですね。

そう思うと、ほんと切ないです☆

やっぱりあっちゃんの歌唱力の高さも一人際立ってるのもわかりますね、この曲特に。
他のメンバーもはかなさや触れると壊れそうな夢を感じる歌声で良いのですが♪

この曲を聴いて子供時代に思いを馳せるのも、たまには良いですよね!

と言うことで、クラブまきボーの話しにちょっと戻って。
クラブまきボーでは、真樹ちゃんの写真や、真樹ちゃん手作りのスイーツも売っていました!!
写真とケーキ、購入しました~。
Photo_2

そして店を出る時にサインをしていただき☆

『ひまわり』の詩をお願いして書いてもらいました~。
Photo_3
♪追いかけるあなたは少年の瞳♪・・・まきボーのソロパートです!
お店で真樹ちゃんが歌ってた時も、ここのパートが印象的で。
と言うことで、今回『ひまわり』を取り上げることになったわけです☆

有紀美ちゃんにも歌ってほしいと言われているらしく、もしかしたら歌うかも知れないそうで。
まだそれは未定ですが、まきボーのライブ、見てみたいですよね。

最後に、クラブまきボーでの料理を~。全部ではないですがどうぞ!
Photo_4Photo_5Photo_6

エムナチュールのブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/mnatureblog/entry-12002143476.html
http://ameblo.jp/mnatureblog/entry-12002257228.html

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
夏の友達/CoCo
思い出がいっぱい/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
君の歌、僕の歌/CoCo
Live Version/CoCo
幸せかもね/CoCo
さよなら/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with   CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo
ちいさな一歩で/CoCo
夏と君と・・・/宮前真樹

2015年3月17日 (火)

愛の音/田中有紀美

◆レビューNo.702◆
Photo

「愛の音」田中有紀美
作詞:田中有紀美
作曲:田中有紀美
編曲:藤島健太郎
(2008年5月28日リリースのアルバム「潤恋花」収録曲)

田中有紀美ちゃんの1枚目のアルバム収録曲です!

有紀美ちゃんのアコースティックライブに行って来ました!!

 【アコースティックライブ 田中珈琲店22杯目 一人乙女塾】
  場所 下北沢「風知空知」
  日程 2015年3月12日(木)
  時間 18:30開場 19:30開演

ゆきみ店長のライブに対するコメントはコチラ↓

  私の好きな歌を歌う日。
  懐かしい気持ちで、私の青春!
  大好きな人達の歌をついに歌ってみようと思います。

これは!!
夢のような企画です!!えらいこっちゃですよ!!!(*бωб*)

今までも有紀美ちゃん、CoCoの『夏の友達』や宮前真樹ちゃんの『シャボンのため息』、ribbonの『あのコによろしく』や『Virgin Snow』を歌ったりしていて。
今回は全部が乙女塾の歌と言う!!
えらいこっちゃです!!(2回目)

有紀美ちゃん、中学生の頃からCoCoやribbonなど乙女塾が好きなんですよね。
それだけに、見逃せないライブでした!

仕事を定時で終わらせ下北沢を駆け抜け、「風知空知」に駆けつけ。

受付をすませて物販では、この色紙を有紀美ちゃんから直接購入いたしました☆Photo_2
このエロ目バージョン、良いですよね(*´艸`)
そして、スタッフパーカーの受注も受け付けていると言う情報を聞きつけ、有紀美ちゃんに注文しました!
わ~い!これでチーム田中の仲間になれたかな!?笑
普段着でも着れそう!着ますb(∞’∀`φ)p

そしてライブスタート~♪♪♪

セットリストはコチラです↓↓↓

 ◆前半◆
 Be My Diamond!/ribbon
 夏の友達/CoCo
 悲しみに一番近い場所/花島優子
 水平線でつかまえて/三浦理恵子
 瞳いっぱいの夏/Qlair

 ◆後半◆
 それは言わない約束/ribbon
 ひなげし/中嶋美智代
 EQUALロマンス/CoCo
 だから涙と呼ばないで/CoCo
 ~おかわり(アンコール)~
 Virgin Snow/ribbon

hamberさんと加藤裕幸さんの演奏も素晴らしかったです!
こんな素敵な演奏で聴けるなんて、魅了されますよね*゚($’v`$)。*゚

全曲良かった!としか言いようがないです(笑
乙女塾の曲は良い曲が多い、とも話していましたが、ほんとそうですね!

有紀美ちゃんバージョンも、ほんと素敵でした!
懐かしい気持ちになりつつも、有紀美ちゃんの歌の世界に入り込みましたね。
有紀美ちゃんの歌声、ほんと仕事でのもやもやとかそういう気持ちを忘れさせてくれますね。

MCも楽しめました!

今回は、いつもよりも盛り上がれる曲が多いと言うことで、お客さんをあおっておられました(笑
「アリーナ席~!スタンド~!イエ~イ!」みたいな☆(≧∀≦*)ノ
やっぱりノリノリでいかないといけませんね、ライブは!

花島優子ちゃんの曲では、【美少女仮面ポワトリン】の話しに。
「悪い敵と戦うやつ」、見てたらしいです(笑

『だから涙と呼ばないで』では、「グループって、良いですね」と。
あっちゃん卒業コンサートの映像を見て思ったそうで。
有紀美ちゃんも、Melodyの望月まゆちゃんと若杉南ちゃんが大好きと言っていて。
やっぱり嬉しくなりますね、グループが今でも絆で結ばれているようで。
そういう絆を感じられたのも嬉しかったですね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

宮前真樹ちゃんとのエピソードも語っていたり。
ほんとほのぼのしますよね。
真樹ちゃんが有紀美ちゃんに会うたびに好きになるっていうのもわかりますね!

そうそう、歌の話しに戻りますが、『EQUALロマンス』では、♪ダーリン♪の後、一拍ためて歌っていましたね!
ライブでの定番のやつですよね!
歌う前に有紀美ちゃん、hamberさんと加藤裕幸さんに耳打ちしてたから、そのことだったのかな~?
お~!ってなりました☆

ということで、楽しい時間も終わりです。
また現実へと~。

でも、ライブでは仲良くさせていただける人もできたし、またここに来て有紀美ちゃんの歌を聴いて癒されに来ようと思います!
ずっと続くと良いな~、ってね。

で、ここまで今回のライブについて語ってきましたが、『愛の音』の記事なのでした(笑
もはや無理やり感が(汗

いや、この曲、終演後に会場で流れていて、家に帰ったらまた聴こう!と思ったんですよ!
乙女塾の曲も最高でしたが、有紀美ちゃんの曲にも最後にときめかされて。

なんか「風知空知」で聴いた時、花畑にいるような気分になっちゃって。
何と言うか、春がやって来た気分、ですかね。
なんだかあたたかくてかわいくてオシャレで。
またこんな曲作って歌ってほしいなって思いましたね!

有紀美ちゃんの歌の世界、まだまだ奥深そうです!
素敵なボーカリストですよね☆
カバーも楽しいですが、オリジナルもとても良いのです!

『愛の音』、ほんと幸せな気持ちにさせてくれる曲です。
春風のような心地良さ。
ライブの後に聴いて、さわやかな気持ちになれました゚+゚*((Pq’v`★

もう春です!そう感じた、田中珈琲店22杯目でした☆

はい、ほぼこの記事の『愛の音』に関する感想は少な目ですが、とても良いのでオススメなのです!!

最後に、撮影タイムで撮った写真を!
2222_2
撮影タイムではスマホの調子が悪く、1枚も撮れなかったと思ってたけど数枚奇跡的に撮れてました!!
(有紀美ちゃんに写真のチェックしてもらってないけど大丈夫かな~汗)

【田中珈琲店22杯目】に関する有紀美ちゃんのブログはコチラです↓
http://tanakayukimi.info/blog/5602/
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12000927537.html

NEXT・・・4月5日!!!

関連記事:
素直に言えない~もっとそばにいたいけど~/Melody
シブヤへ行こう!/Melody
いちばん好きと言って/Melody
世界中の微笑み集めてもかなわない/Melody
唇がふれあえば/Melody
ねぇ、ダーリン!/田中有紀美(Melody)
Wish/田中有紀美
愛染-aizen-/田中有紀美
春、うらら/田中有紀美
フレンズ・アゲイン/田中有紀美

2015年3月15日 (日)

どんがらがっちゃん!大行進/TPD DASH!!

◆レビューNo.701◆

「どんがらがっちゃん!大行進」TPD DASH!!
作詞:森雪之丞
作曲:渡辺 徹
編曲:渡辺 徹

TPD DASH!!の初オリジナルソングです!

海外・国内放送「東京キッド」エンディングテーマです♪
http://tpd-web.com/news/info/tokyokid.html

ついに来ました!!!
東京パフォーマンスドールの妹的存在のユニット!「TPD DASH!!」のオリジナルソングが到着です!!!

わ~~~~!!
何この楽しいの!!!!

お姉さんのTPDとはまた違ったアプローチで攻めてきましたね!!
歓喜です、これはヽ(*´∀`*)ノ.+゚

この映像見る度にTPD DASH!!ちゃんの魅力に引き込まれていきます!
特にね、キッド咲麗花ちゃんのすごさがビシバシ伝わって!!!

なんですかあの豊かな表現力!
そしてあの見事なダンス!!!
ただものではないですよねぇ。
絶対スターになりますよ、この子!!
今からチェックしておかないと~。

ほんとに咲麗花ちゃんの才能に惚れ惚れしてしまいます!
すごい子入れてくれましたね、TPD DASH!!に!
こんなすごい子が入ってきてくれて感謝ですね、これは!
このスター性!見逃せませんよ(*бωб)

咲麗花ちゃんはオーストラリア人の父親と日本人の母親を持つハーフで、舞台【Paco~パコと魔法の絵本~fromガマ王子VSザリガニ魔人】のヒロインにも谷花音ちゃんとダブルキャストで出演していました!
歌やダンスだけじゃなく、女優としての才能を持ってる多才な13歳ですよね~。

咲麗花ちゃん、PLAY×LIVE【1×0】(プレイライブ ワンバイゼロ)EPISODE 5でも大女優への片鱗がうかがえました。
当時の記事はコチラ↓
http://yumehanemuranai.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/playlive10epi-1.html

急きょ代役に抜擢された咲麗花ちゃん。
ここまでやれるとはねぇ。
なんでもやってのける咲麗花ちゃん、このままスター街道を駆け抜けてほしいです!

そんな咲麗花ちゃんが出演する番組、「東京キッド」が日本に先駆けて3月に日本に先駆けてカンボジアで放送開始!
そしてインドネシアに台湾でも!!
日本での放送も楽しみですね!!
海外でもTPD DASH!!ブームが来るといいな~。

ってここまで咲麗花ちゃんの話ししかできてなかったですね。
TPD DASH!!メンバーについてもまとめないと!
そこ、重要です!!

 榎並利紗(えなみ りさ)
 杉山凛(すぎやま りん)
 黒須遥(くろす はるか)
 キッド咲麗花(きっど さりか)
 横山歩夢(よこやま あゆむ)
 谷川陽菜(たにがわ ひな)
 杉山優菜(すぎやま ゆな)

12歳~14歳(2015年3月14日現在)の7人組☆
若い!フレッシュ!!!

2013年から活動している"新生"東京パフォーマンスドールのライブにサポート的に登場してきた7人です!
TPD DASH!!が登場した時は驚きましたねぇ。
元祖のTPD DASH!!と言えば、カッコいいイメージが強かったので、子供が登場するなんて!?と思ったものです。
でも次世代を育てるにはこういうことなんだな~、と思いました。

"新生"TPDのバックで踊ったり、ツアーで歌ったりと経験を積んだ7人。
チビドールちゃんたち、現在は精力的に対バンなどに出演してファンを拡大しています☆

ライブでは『Romanticに背伸びして』(オリジナル⇒八木田麻衣)や、『カチンときちゃう!』(オリジナル⇒市井由理)などを歌って、若さ弾けるステージを繰り広げています!!

そして今回登場したのが、TPD DASH!!オリジナルソング♪『どんがらがっちゃん!大行進』!!

想像を上回ってきましたね!
こういうバラエティ色の強い楽曲で攻めてくるとは!!!

海外でも放送される番組の曲と言うことで、日本が強調されていますね!
日本の良いものを世界に伝えよう!みたいな曲です♪
歌詞には「ゴジラ」「スカイツリー」「ゲーセン」「マルキュー」「寿司」「アニメ」「忍者」などなど、日本の文化や日本を象徴するものが織り込まれています☆
海外にもこの楽しさ、きっと伝わるでしょう☆

アレンジは、和風でいてパワフルd(・`ω´・d*)

しかもそんな和風な楽曲を、キッド咲麗花ちゃんがセンターで歌うって言うね。
この斬新さ!
えらいこっちゃですよ(笑

そして7人の全力投球のダンスがこれまた心打たれます!
咲麗花ちゃんの髪の毛の躍動感!!
きっとこの子はいつも手を抜かない、最高の仕事をしてくれる子なんじゃないかな、と思わせてくれますね!

衣装もPOPな着物風でかわいいですよね!

もうなんだかわくわくですね☆
チビドールたちの健気な姿が素晴らしいです+.゚(*´∀`)b゚+.゚

TPD DASH!!のCDデビューも待ち遠しいです!!!

※楽曲フルバージョンが出た場合やCD化決定の場合など、この記事はその都度加筆するかも知れません。

関連記事:
DREAMIN'/東京パフォーマンスドール
BRAND NEW STORY/東京パフォーマンスドール
DREAM TRIGGER/東京パフォーマンスドール

2015年3月12日 (木)

泣きたいッ/opd

700曲目記念!!
大名曲登場~☆

◆レビューNo.700◆
Photo

「泣きたいッ」opd
作詞:岩里祐穂
作曲:糸山真・田辺恵二
編曲:田辺恵二
(1996年6月1日リリース)

opdの8枚目のシングル曲です!

大阪パフォーマンスドールが改名して「opd」(オォピィディ)へと!
ビジュアル面なども含めアーティスト志向になった雰囲気の曲でもあります。

メンバーチェンジをしたのが大きいですね。
7枚目のシングル『素敵になりたい』から、この『泣きたいッ』の間にCDメンバーが代わっていまして。

デビュー当時からF/Unitと言うCDメンバーにいた稲葉貴子ちゃんと古谷文乃ちゃんが卒業し、中村亜紀ちゃんと重元直美ちゃんがCDメンバーに昇格して、新生opdが誕生した訳です!

"F/Unit+2"の、「+2」だったのがあっくん(中村亜紀)と直美ちゃん!
2人はほぼCDメンバーと言っても過言ではなかったんですけど、メインの5人には外されてたのでね、2人にとっても念願かなったかたちになったでしょうね!

そう言えばTPDはフロントメンバーが7人なのに対し、OPDはなぜ5人かって言う理由を知って驚きました!
レコーディングするメンバーを減らしたかっただけなんですね(汗

TPDのネット・ラジオ「帰ってきたパフォーマンスドール~TPD Returns~」で、当時TPDのサウンド・プロデュースを手掛けたアッキー清水さんが語られていました~。
そういう事か!と、納得してしまいました(笑

あっくんと直美ちゃんはたまったもんじゃないですけどね^^;
でもあっくんと直美ちゃんは恵まれている方でしたね。
アルバムで、2人のユニット曲をもらったりと。
『Good-bye Heartache』はパワフルで、2人しか歌えない楽曲でしたね!

そんなあっくんと直美ちゃんがopdになって大活躍です!!

『泣きたいッ』も収録されているアルバム「マグネット」(1996/7/21)では、それぞれメインボーカル曲を多数もらい!

しかも、あっくんはシングル曲『泣きたいッ』のメインボーカルですからね!
カップリングは直美ちゃんメインの『あれってね それってね』と言う、今までCDでは光が当たらなかった2人がメインで歌った曲が収録されると言うまさにイメージチェンジでした!

それがもうね、素晴らしくて!

あっくんの歌唱、最高すぎなんです!!

あっくんという愛称だけあり、見た目もかっこいいのですが、歌声もまたかっこいい!!
ハスキーでパワフルでワイルドで、声量もあって完璧です!!

あっくんの歌声に酔いしれますよね~。
こんなバラードを歌い上げれるなんて、こんなアイドルはいません!

『泣きたいッ』を聴いて、今までのアイドルっぽさは薄れたのは当然なのですが、すごいグループになったな、と!
今後の活動に期待をしてましたね。

でもまあ、結局opdの活動が残念ながらこの後自然消滅でなくなってしまい、結果『泣きたいッ』がラストシングルになってしまったという本当に「泣きたいッ」状態ですね。笑えない。。

とは言え、こんな素敵な曲を最後に残してくれたのは感謝ですね!
アルバム「マグネット」も最高ですし、opdとしての誇りになる作品だと思います!

5人のそれぞれの個性に合った音楽性が打ち出せていて、おもしろい作品でしたよね。
かと言って一つにちゃんとまとまっている感じがまた素晴らしくて。

『泣きたいッ』は、あっくんのメインボーカルで、他のメンバーはコーラスと言う形で構成されていますが、2008年の復活ライブではメンバー6人での歌唱だったんですよね。
あっくんは復活ライブには出席していなくて、武内由紀子ちゃん、稲葉貴子ちゃん、中野公美子ちゃん、古谷文乃ちゃん、上田美穂ちゃん、重元直美ちゃんが全員で歌ったんです。
それもものすごく感動したのを覚えています。
あのバージョンはもう聴けないですね。
あの日の『泣きたいッ』も、あっくんが歌う『泣きたいッ』とは違う魅力があって素晴らしかったんです。
ドラマティックと言いますか、opdがそれぞれの人生を歩んできて、またここにみんなでいるって言う幸せを感じれた曲でもありましたね。
あっくんはいないけど、メンバーが支え合っている感じを目の当たりにしたようで。
本当に感動でした!

『泣きたいッ』にはそういう力もあるんですよね。
タイトルだけ見ると、悲しい曲なのかと思いきや、うれし涙な訳ですしね!

悲しい曲じゃなくて、幸せを感じさせてくれるところがまたいいんです!
じ~んと来ちゃうんですよね☆
この曲、春~初夏あたりに、草原とかで腰かけて聴いてみたいんですよね。
広場で大の字に寝ころんで、晴れた空を眺めながらとか。
いつもそんな光景をイメージして聴いてます+.(*’v`*)+

この曲と言えば、【HEY!HEY!HEY!】(1996年6月17日放送)を忘れちゃいけませんね!!
opdが「もうええでェ!」のコーナーに出演して歌いました!!
「もうええでェ!」ってのがひっかかりますが、全国放送の音楽番組に出れると言うだけで何も言えません!
まあ、おいしいでしょう!

ここではダウンタウンさんとのトークで、名言も生まれてますしね!
そう、「高級アイドル」!!
opdは何かを問われて直美ちゃんが言った発言ですね。
Opd
今でも語り継がれるこの「高級アイドル」!!
でもほんとそうだと思います。
当時はこの発言に笑っちゃいましたが、あの時代のopdと言う存在は、ただのアイドルじゃなくて、高級アイドルでしたよ。

この映像、最近になって録画したビデオテープを発見して、何度も観てるんですよ。
一視聴者の自分にとっても素晴らしい想い出の1ページが見れて、感動しまくってます。
Opd
あっくんのボーカルに、上田美穂ちゃんの優しい歌声が寄り添ってるんですよね、この曲。
転調してからも感動的で!!
メンバーのコーラスも入り、ラストはあっくんのフェイク!
これ生で観たら鳥肌立つレベルの素晴らしさだと思うな~。

実力派グループですよね(*vωv)
ここまで歌えたら「高級アイドル」も納得できます!!

こんな素敵な曲、歌声を残してくれてありがとう!と言いたいです。゚(。ノωヽ。)゚。
あの頃のキラキラした瞬間がよみがえる、そんな素敵な楽曲です☆

あ~、やっぱりあっくん好きだわ~。
あっくんの歌声にしびれますね!!

ありがとう!いつまでも消えないキラキラした思い出を!!
永遠の、名曲を!!

大名曲!!『泣きたいッ!』も収録された大阪パフォーマンスドールの全曲ベストアルバム「OPD ALL SONGS COLLECTION」が、(2015年3月12日)現在、SONYオーダーメイドファクトリーにエントリーされています!!
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=DYCL000000117

この機会にこちらでOPDの数多くある名曲を是非~♪

関連記事:
満月の夜だから/大阪パフォーマンスドール
生まれた街のフェンスを越えて/大阪パフォーマンスドール
恋がまぶしくて/大阪パフォーマンスドール
恋のジェット・コースター/大阪パフォーマンスドール
CARNIVAL/大阪パフォーマンスドール
Lady Boy/大阪パフォーマンスドール featuring 今田耕司・東野幸治
素敵になりたい/O.P.D
夜明けの空に白い月/大阪パフォーマンスドール featuring 中野公美子
あれってね それってね/opd featuring 重元直美
永愛/D.B.B.
Ruby~悲しい自由(リバティ)~/Yuki From O.P.D
ひだまり/武内由紀子

2015年3月10日 (火)

パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪/佐々木希

◆レビューNo.699◆
Photo

「パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪」佐々木希
作詞:田尻知之・本澤尚之
作曲:田尻知之・本澤尚之
編曲:田尻知之・本澤尚之
(2011年10月26日リース)

佐々木希ちゃんの3枚目のシングル曲です!

映画「さいはてにて」の舞台挨拶に行って来ました~。
そう、永作博美ちゃん目当てで~♪

ひろちゃんは相変わらずかわいかった~☆
そして希ちゃん!
映画では初の母親役だそうで。
シングルマザーの役でした。
子供への愛情はあるものの、子供の気持ちがわからず、いつもいらいらしている母親の役でした。

映画、おもしろかったのでオススメですよ!
優しい時間が流れる、愛を感じる時間を味わって下さい☆

で、今回はひろちゃんではなくなぜか希ちゃん!笑
今まで正直希ちゃんのことは、アイドルっぽさを感じられずスルーしていたんですが、間近で希ちゃんを見たら、まあかわいいのなんの!
やっぱりすごいですね~。
オーラもあるしかわいいし☆
手も振ってくれて、一撃でした(笑

2012年「世界で最も美しい顔100人」に選ばれているだけありますね、やはり。

それで一気に気になり今まであまりきちんと聴いてこなかったノゾミールの歌を聴き始める始末☆
CDを購入して聴いています!
アルバムとシングルを購入し、今回は中毒性のあるこの曲を選曲♪

『パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪』です(〃ゝω’)b

希ちゃんみたいなタイプがあまり歌わないですよね、普通こういう曲。
モデルさんが歌手をやるとアイドルっぽいものよりもアーティストっぽい方にいっちゃいますからね。
そう言う意味では貴重な存在ですね~。

1stシングルの『噛むとフニャン』から、ぶっとんでますし。

そんなコミカル路線を突き進むノゾミールの3rdシングル『パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪』は、ytv制作・日本テレビ系【べるぜバブ】エンディングテーマでした~。

アニメの歌と言うことで、子供向けでもあり。
MVでは、子供たちと踊っていたりします☆

ノゾミールの歌声がこれまた良いんですよね。
タイトルにもある「パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪」のゆるい感じと言いますか~。
声質がアイドルポップス向け!
脱力感MAXの「ゆるふわソング」とも言われるこの曲にぴったりなボーカルですね!

ぐるぐる・ぶらぶらと、子供たちが好きそうな言葉もいっぱい出てきて、ファンシーな世界を創り上げています☆
♪Don't touch me!!♪とか急に言われてなんのことかわかりませんけどね(笑

シングル盤の『パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪』には、別バージョンの2曲も収録されています♪

 パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪ (Piano Rock ver.)
 パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪ (tofubeats “SHAKE” remix)

これまた良い!
特に(tofubeats “SHAKE” remix)がまた雰囲気がガラッと変わっていて、浮遊感があって良いですね!!
海の中をふわふわ泳いでいるような、そんな不思議な感覚を味わえますよ!
パぺピプ言っている割にはオシャレですし(笑
ノゾミールの声もより堪能できますし、オススメですね!

こういう楽曲を残してくれたことに感謝!
そして、また歌ってほしいですね、ノゾミールには。

この曲で、ノゾミールとエクササイズ!しちゃいましょうp’ω`*q

2015年3月 8日 (日)

中学三年生/森昌子

◆レビューNo.698◆
Photo

「中学三年生」森昌子
作詞:阿久 悠
作曲:遠藤 実
編曲:只野通泰
(1973年2月5日リース)

森昌子ちゃんの3枚目のシングル曲です!

山口百恵ちゃん、桜田淳子ちゃんに続き、「花の中三トリオ」から森昌子ちゃんの登場です☆

百恵ちゃんと淳子ちゃんは1973年デビューで、昌子ちゃんは72年デビューで同学年だけど昌子ちゃんが1年先輩になるんですね。

そこで花の中三トリオについて調べたら、驚きの事実が((* ´艸`))

 森 昌子    愛称: マコ
 桜田 淳子  愛称: ジュンペイ、淳ペー
 山口 百恵  愛称: モモタロー

何これ?笑
こんな愛称があったんですねぇ。
3人で呼び合ってたんでしょうね!
中学3年生のキャッキャした雰囲気が伝わってくる愛称で、和みますね☆

昌子ちゃんと言えば『せんせい』を思い浮かべますね。
そしてモンチッチのような髪型。

自分が子供の頃の昌子ちゃんの印象は、やはりモンチッチでしたね。
『せんせい』のイメージが強く、他の曲を知らなかったのですが、今回は『中学三年生』を選びました~。

デビュー1年目は、『せんせい』『同級生』『中学三年生』と、まさにリアルな中学3年生を歌った曲が続きましたね。
森昌子学園三部作として、完結しました☆

その締めくくりが、『中学三年生』と言う中学卒業の心境を歌った歌♪
この曲が発売された時昌子ちゃんは、14歳の中学2年生だったんですね。
てっきり勘違いしていたんですが、昌子ちゃんの中学卒業に合わせた楽曲だと思っていました。

先輩を送り出す歌だと思って聴いていたら、「私も中学三年生」と歌ってたので、頭の中にクエスチョンマークが。
「思いを寄せる彼と一緒に卒業するんかい!」と、突っ込んでしまいました(笑

でもこれ、「1年先輩の先輩を送り出す歌」と言うので正解だったんですね。
「私も中学三年生」は、「(春から)私も中学三年生」と言う意味だったのですね。
それで合点がいきました(*゚∀゚*)!納得☆

彼の卒業に悲しんでばかりはいられない、私も春から中学三年生になるんだからこの別れを受け止めて強くならなきゃ、という事ですよね。

歌詞をかみしめて聴いてみると、純真無垢な少女の真っ直ぐな生き様が描かれているように思えました。

中学生になり初恋を経験し、初めての別れに直面して涙して。
昌子ちゃん14歳の、等身大の楽曲になってますよね。

アレンジには歌詞に出てくる「蛍の光」も間奏に織り交ぜられていて。
面白い作りで、結構画期的な楽曲のように思えました。

昌子ちゃんにとっても、中学生時代の思い出がいっぱい詰まった曲になったんではないでしょうか♪
想い出の1ページに刻まれる楽曲ですね!

2015年3月 6日 (金)

悲しみに一番近い場所/花島優子

◆レビューNo.697◆
Photo

「悲しみに一番近い場所」花島優子
作詞:石川あゆ子
作曲:松本俊明
編曲:水島康貴
(1990年2月21日リース)

花島優子ちゃんの1枚目のシングル曲です!

乙女塾3期生の花ちゃんの歌手デビュー曲☆
東映不思議コメディーシリーズ第11作「美少女仮面ポワトリン」前期エンディングテーマ曲です♪

花島優子ちゃんの数少ないシングル。
CDは2枚しか出していないですからね。
なので、ずっとこの曲は温めていました☆

で、まだこの曲は寝かせておこうと思っていたところに、スーパーサプライズが!!!

なんと【バイキング】に、花島優子ちゃんが!!!

「元芸能人 本日限りの復活リサイタル」と言う企画で、なんと優子ちゃんがポワトリンになって登場!!!
ポワトリンの衣装で歌うなんて、夢みたいですね!

でも優子ちゃん、歌はやりたくなかったんですねぇ。
今まで1度もまたステージで歌いたいと思ったことはないそうで~。
それに驚きでした!

伝説の乙女塾出身アイドル出演の【乙女塾祭り】では、ノリノリでしたけどね、優子ちゃん(笑
あの派手派手な衣装からもう気合入ってるな~と(*◇‘v´+艸)
会場を盛り上げる掛け声も入れたり!
「みんな~元気~!Fu~~~!」
優子ちゃんの個性あふれるオリジナルなステージでした☆

優子ちゃんのステージも生で体感してみたいですね!
【バイキング】で歌い終わった後、歌うことが楽しいと言っていたので、またその気になっていろんなところに出てきてほしいです!!
いつか優子ちゃんのステージ、観れることを願っていますよ!

とにかく!
今回のテレビ出演はほんとにミラクルでしたよね!

まずこの2015年に、『悲しみに一番近い場所』が地上波で放送されるなんてね!
優子ちゃんの現在の歌声、胸に染み渡りました☆
懐かしさであふれますよね。

この楽曲も名曲ですしね!
個人的には2ndシングルの『あなただけ Change Me』の方が好きなんですが、やっぱり良い!!

いつ聴いてもジ~ンとします☆

優子ちゃんの明るく元気なキャラクターとは真逆の、切ないマイナー調の楽曲。
「ポワトリン」のエンディングで流れたら、やっぱり心がキュンとしますよね。

タイトルも文学的で素敵なんですよね。
一冊の本のようで。
文学の香りも漂います☆
CDジャケットもセピア調っぽい感じでこれまた素敵です!

そんな優子ちゃんが才女にも見えたりと~。
まあ、「乙女塾祭り」の花ちゃんを観てしまうと、ぶっとんだ雰囲気しかありませんが(笑

でもあれはあれで素晴らしかったのでね!
優子ちゃんのキャラクターが出ていて、他の乙女塾ソロアイドル中嶋美智代ちゃんや堀川早苗ちゃんとは別のベクトルで戦えたんじゃないですかね~。
乙女塾アイドルたちの中で、優子ちゃんの明るさは、異彩を放ってましたね☆

振り付けはまだまだ80年代アイドルの名残もあり、手の振りがドラマティックです。
指を下に向けるところ、落ちていくところを表現しているのでしょうか☆

そして「美少女仮面ポワトリン」のエンディングの映像も印象的ですよね。
メリーゴーランドでいろんなコスプレをした優子ちゃんが、回る回る☆
エンディングだけに、楽しい映像なのにどこかセンチメンタルになりましたね、この映像を見ていると。
懐かしい!

「美少女仮面ポワトリン」について調べていたらこういう記事も!
http://www.toeihero.net/archive/nrgl/hihoukan/interview/07.html
2002年のインタビューなのでこれもだいぶ前ですが、興味深い話がたくさんですね!

では最後にポワトリンの決め台詞で絞めてもらいましょ~(*・ω・*∩

 「愛ある限り戦いましょう
  
命、燃え尽きるまで
  美少女仮面!ポワトリン!!」

関連記事:
あなただけchange me/花島優子

2015年3月 4日 (水)

泣いて笑って/茉奈佳奈

◆レビューNo.696◆
Photo

「泣いて笑って」茉奈 佳奈(MANA KANA)
作詞:荘野ジュリ
作曲:新屋 豊
編曲:華原大輔
(2008年1月30日リリース)

茉奈 佳奈(MANA KANA)の3枚目のシングル曲です!

正式には、"茉奈佳奈"名義での3枚目のシングルですね♪

三倉茉奈ちゃんと三倉佳奈ちゃん、子役時代にManaKanaとして歌手活動をしていて、4枚のシングルをリリースしてますからね。

当時は双子の姉妹として、NHK連続テレビ小説【ふたりっ子】で人気を集めていて、その【ふたりっ子】でも歌うを歌って活躍してました♪

そう言えば昔、ManaKana時代のリリースイベント行ったことあります!
元気ハツラツなかわいい2人でしたね☆

そんなManaKanaちゃんが、大人になって"茉奈佳奈"として本格的にシンガーとしての活動を開始しました~。
こういうのも嬉しいですね。
また2人の歌声が聴けるようになるとはね!
素敵なことです+.(*’v`*)+

今の茉奈佳奈のライブがあれば行きたいですねぇ。
是非観に行きたいと思います!

そうそう、茉奈佳奈ちゃんのライブじゃないんですけど、昨年の秋、お見かけしましたね!
東京パフォーマンスドールのライブで!
終演後TPDのサイン会の列に並んでいると、目の前を茉奈ちゃんが~~!!
ブログにもその日のTPDの事が書かれてあります☆
http://ameblo.jp/mana-mikura/entry-11957738548.html
TPDが事務所の後輩と言うこともあり、つながりがあるんですよね~。

実際お見かけした時、茉奈ちゃんなのか佳奈ちゃんなのかはわかりませんでした(汗
子供時代は見分けきちんとついてたんですけど、いつの間にか見失っちゃってました(笑

昔2人が言ってたのは、「ホクロかな」で、左目の下にホクロがある方が妹の佳奈ちゃんという見分け方がありましたね。
それでなくても見分けはついてたんですけど、もうちょっとしっかり見続けないといけませんね(笑

そんな茉奈佳奈名義での3枚目のシングル曲『泣いて笑って』は、卒業ソング♪

茉奈ちゃん佳奈ちゃんの、息のあったハーモニーに聴き惚れますね☆
相性ピッタリのボーカル!って当たり前か(笑

ちょうど2人が2008年の大学の卒業の頃に発表した楽曲ですね☆
2人にとっても、大きな節目のメモリアルソングであります。
これは感情こもりますねぇ。

優しいメロディに、春の別れを感じさせてくれます。
学生時代に関わったみんなに、ありがとうという感謝の気持ちがこめられています。

MVでも笑顔であふれているように、悲しい別れではなくて、希望に満ちた旅立ちです。
素敵な時間を過ごして、大切なものができ、その全てを胸にして、みんなそれぞれ新しい道へ歩き出すって言う。

本当にこのMVを観ていると、晴れやかな気持ちにさせてくれます。
2人の笑顔を見ていると、日常の何気ない事が幸せに感じれそうで。
歌にあるように幸せが降ってきそうなんですよね。
めげそうな時、道に迷った時、この曲を聴いて笑顔になりたいですね☆

このシングルでは、『卒業』と言う楽曲も入っていて。
こちらは菊池桃子ちゃんの『卒業 -GRADUATION-』のカバーです♪
まさに「卒業」づくしの1枚になってますね!
いつ聴いても卒業の事を思い出して、ジーンとできる1枚です☆

あ~、今更ほんとに茉奈ちゃん佳奈ちゃんのライブに行きたくなってきました。
是非、また歌ってほしいですね!
『泣いて笑って』を生で聴いて、幸せを感じてみたいです゚+゚*((Pq’v`★

関連記事:
ちびまる子音頭/ManaKana
白いページの中に/茉奈佳奈

2015年3月 2日 (月)

井上晴美の「危機一髪」/井上晴美

◆レビューNo.695◆
Photo

「井上晴美の「危機一髪」」井上晴美
作詞:水野有平
作曲:保田信二
(1992年12月10日リースのビデオ「ハルミの1.000.000W-胸ふくらむバケーション」収録)

井上晴美ちゃんのビデオ収録曲です!

と言いますか、この曲、CDで発売されていたんですか???
いきなり質問でごめんなさい!

『井上晴美の「危機一髪」』はビデオに収録された曲としか記憶になくて、ずっとそう思って来たんですが、晴美ちゃんの公式ページにこんな記載が!!
↓ ↓ ↓
http://www.from1-pro.jp/talent/detail.php?id=31

1992.01.01    【SINGLE】 「井上晴美の危機一髪」

えー!?えーえー????
晴美ちゃん、2枚のシングルしか出していないと思って驚いてしまいました(汗
多分、発売されてないと思うんですけど、実際のところ謎です(*・ω-q)
CDで発売する予定だったのが、なくなったって事だったりするのかな?

CDジャケットの画像とか検索しても見当たらないんですよねぇ。
CDでは出なかったと思うけど~。
詳しい方いたら教えてくださいね!

と言うことで、ビデオ収録された楽曲と言う前提で話したいと思います☆
この『井上晴美の「危機一髪」』は、ビデオ【ハルミの1.000.000W-胸ふくらむバケーション】に収録されていました♪

収録内容はコチラ↓

 【内容一覧】
 (1)タイトル
 (2)オープニング
 (3)ハルミ1
 (4)いつだってジャパニーズ
 (5)ハルミ2
 (6)同3
 (7)同4
 (8)井上晴美の「危機一発」
 (9)エンディング

桜っ子クラブさくら組で歌っていた『いつだってジャパニーズ』も入っているんですね。
このビデオ、持ってないんですけど結構良さげですね。
まずやはり『井上晴美の「危機一発」』が聴けるなんて貴重です!欲しいです!

『井上晴美の「危機一発」』は、テレビで歌ってる姿を何度か見かけた記憶がありますね。

タイトルのインパクトがすごかったです!
自分の名前までフルネームで入っちゃってますからね!

タイトルを見て、『ふりむかないで』『イヴの誘惑』と昭和のカバー曲をダンスチューンにして歌っていた晴美ちゃんが、ついにコミカル路線に!?とプチパニック(笑

タイトルだけで心にざわめきが走りましたが、そうではなく、大人の雰囲気漂う楽曲☆
コミカルではないけどシチュエーションがね、アイドルに歌わせる曲じゃない(笑

そう、食事をした後夜のドライブしていたら、いつの間にかホテル街に連れて行かれたって言うね。
彼は晴美ちゃんを襲おうとしているのですΣΣ(゚д゚lll)!
ほんとこれはまさに、「井上晴美の危機一髪」ですよ~。

初デートなのかな?
食事をしている段階では彼の事をいいと思い始めたのに、行動に移そうとする彼に幻滅してしまう歌ですね。

まあこういうシチュエーション、晴美ちゃんが歌うと様になりますよね。
リアルにイメージできてしまうという。
ハルミマジック!←
実際は晴美ちゃん、この頃17歳とかなんですけどね。

そんなイケイケな晴美ちゃんですが、現在は熊本で夫、息子・娘と自給自足の生活をしているんですね。
「はるみ村」を作りたいという夢もあるそうで!
いい、「はるみ村」!笑
「はるみ村」って、なんだかかわいいかもΣd(ゝ∀・)

是非はるみ村のイメージソングを『井上晴美の「危機一髪」』にしちゃいましょう!(なぜ?笑

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連