無料ブログはココログ

« 永遠に好きと言えない/酒井美紀 | トップページ | 「C」/中山美穂 »

2015年6月16日 (火)

ライバル360度~恋愛発展可能性0~/小林明子・小林直子

◆レビューNo.739◆
Photo

「ライバル360度~恋愛発展可能性0~」小林明子・小林直子
作詞:吉田喜昭
作曲:吉田喜昭
編曲:川上 了
(1985年3月21日リリース「びん感!メカニック」C/W)

小林明子・小林直子の1枚目のシングルのB面曲です!

テレビアニメ【はーいステップジュン】のエンディングテーマソングです♪
ちなみに、オープニングテーマソング『びん感!メカニック』が、A面曲です。

このアニメ、はっきり記憶にないんですよね。
でもこのアニメが放送されていた、テレビ朝日系で毎週日曜8:30~9:00の時間帯のアニメは見てたんです!

1984年から1989年のアニメタイトルをまとめてみると。

 【とんがり帽子のメモル】(1984年10月7日 - 1985年3月3日)
 【はーいステップジュン】(1985年3月10日 - 1986年1月12日)
 【メイプルタウン物語】(1986年1月19日 - 1987年1月11日)
 【新メイプルタウン物語 パームタウン編】(1987年1月18日 - 12月27日)
 【ビックリマン】(1987年10月11日 - 1989年4月2日)
 【新ビックリマン】(1989年4月9日 - 1990年8月26日)

見てましたね~。【はーいステップジュン】以外は、DVD-BOXも全部購入してますし(笑
【はーいステップジュン】の前後の作品を見ているので、【はーいステップジュン】も絶対観ているはずなんです!
でも、あまり記憶になく~。
曲を聴いても懐かしいとかはなかったんですよね。

でもいろいろ調べてくと、うっすら記憶がよみがえってくるような~、来ないような~笑

あっ、なぜ1989年の作品まで紹介したかと言うと、自分がアニメに本気でハマっていた時期がその年だったからです。
小学生でアニメを卒業して、その後はアイドルにハマっていくという人生(笑
まあね、その後1995年の【ご近所物語】(宍戸留美ちゃん主演)、1996年の【花より男子】(持田真樹ちゃん主演)を観ることにはなるんですけどね(笑
まさにアニメからアイドルに移行した事実!

そんな東映アニメ枠も、現在も続いているんだからすごいですよね!

どの作品も名作ばかりなので、やはり【はーいステップジュン】もきっと名作でしょう!

これは見てみたいアニメです!

でもこうしてアニメの絵を見ていると、ロボットとか記憶にありますね。
やはり当時観ていたはず!
2014年にDVD-BOXも発売されたようで、欲しいですねぇ。
いつか購入できたら~。

と言うことで前置きが長くなりましたが、【はーいステップジュン】の話しへ。

メカ製作が大好きな中学3年生の女の子が主人公☆
アラレちゃんと良い、80年代的な感じがしていいですねぇ。

第一話のサブタイトルが、「びん感メカ少女」!
まさに『びん感!メカニック』!!!

そのアニメ主題歌を歌うのが、小林明子ちゃんと小林直子ちゃん!
え?小林明子・・・ちゃん?
あの?『恋におちて』の??

ってなりました(笑

調べてみると、やはり違いましたね(汗
中学生の姉妹らしいですが、結構 謎!!

レコードジャケットはアニメだし、顔がわからない!
現代で言うと、顔出ししていないClariSのようなグループなのかな~。
そんな妄想をしつつ、小林明子ちゃんと直子ちゃんを想像しております。

『びん感!メカニック』は完全にアニメのために作られた曲なので、アニメの世界観そのままで!
♪ハートの回路が♪とか、♪胸のねじが~♪なんて、まさにロボットの女の子ですね☆

で、ですよ!
『びん感!メカニック』も素晴らしい曲なんですが、アニメのエンディングテーマソングの『ライバル360度~恋愛発展可能性0~』がこれまた素晴らしい楽曲で!
こちらはよりアイドルソングな感じです♪

『ライバル360度~恋愛発展可能性0~』のかわいさったらありません!!!

中川翔子ちゃんもステップジュンがお好きなようで~。
『ライバル360度~恋愛発展可能性0~』についてもブログで語っておられます↓
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-11917400797.html
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-11710796161.html

ネガティブラブソングの中ではナンバーワンだとか∩^ω^∩

歌詞を見るとほんと、ネガティブ!!
彼と自分のデータを出してみると、彼は完璧!自分はさえない少女・・・と言う。
結果・・・恋愛発展可能性0!!って悲しい!

でもこんな切ない曲をさわやかにかわいく歌うなんて、かわいすぎます♪
アイドルテクノはこんなにかわいくなるから最高ですよね~☆

なんと言っても♪PiPiCoPiCo PiPiCoPiCoPiCo PiPiCoPiCo♪がもう!聴いていると頭がショートしちゃいますね(笑
語尾が乙女チックでキュンキュンくる曲ですね☆
ピンク色の楽曲だと思います+.(*’v`*)+

この曲、しょこたんカバーすべき曲ですね!
絶対かわいくなると思います!

最後に、中川翔子ちゃんの「ステップジュン」のその他の記事を↓
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-10413903908.html
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-10441270640.html
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-10644235676.html

まだまだ検索したら出てきそう(笑
しょこたんも、だいぶ好きみたいですね!
歌も素敵なアニメ、見る価値ありそうです!

【はーいステップジュン】の曲、アニメソングのベストアルバム『テレビアニメ スーパーヒストリー 27「オヨネコぶ~にゃん」~「プロゴルファー猿」』に収録されていたんですね。
確かに、ジュンちゃんCDジャケットにドーンとセンターで写ってるし!笑
Photo_2
このCDは、以前レビューした松居直美ちゃんの『Starship Blue~夢エネルギー~/松居直美』を聴くために買ったものだったんですよね~。
他の曲はちゃんと聴いてなくて、今になってそのお宝度を実感すると言うo(*’▽’*)/☆゚’
お宝を眠らせておいちゃあいけませんね(笑

で、小林明子ちゃんと直子ちゃんって、いったい誰だったんだろう(笑
PiPiPiと検索してみても、十分なデータが得られませんでした!
やはり、謎!!!

« 永遠に好きと言えない/酒井美紀 | トップページ | 「C」/中山美穂 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

とんがり帽子のメモルなら私も記憶にあるんだけど…あとこの枠のアニメのCMでトラウマCMのパルナスやっていたような?(多分…)
私も記憶に無いですこのアニメに関しては…でも時期的にもメモルの流れで見てる時間帯のアニメのような気もしますが…
って私も「恋におちて」の小林明子さんと思ったわw
えらいギャップあるなあと思ったら別人でしたか(^ω^;)

>わびさん

コメントありがとうございます!

「とんがり帽子のメモル」、名作ですよね。
パルナス、やってましたか?(笑
トラウマになっちゃったんですか(汗
CM見ました~。赤ちゃんが笑えました^^

わびさんも記憶になかったですか。
メモルやメイプルタウンの印象が強すぎて記憶が薄れてしまったんですかね。
小林明子と言えば、やっぱり「恋におちて」ですよね!
でもやっぱり声が違いますね!中学生らしいので、別人です^^;

小林姉妹って当時中学生なんですね!!妙に歌声が大人っぽいですよね(笑)こんなカワイイ曲を歌っても!歌い慣れてるというか…
オープニングの曲は、やはり芹澤廣明先生だけあって「タッチ」っぽいですね!この時代トレンドだったアイドル歌謡っ感じですね。
「恋におちて」の小林明子ちゃんと言えば、みっちょんや松本典子ちゃんで小出しに動画を観ていただいてるあの本田美奈子ちゃんがキレたことで有名な(笑)85年のレコ大新人賞を思い出します~美穂ちゃん、美奈子ちゃん、みっちょん、のりりん…そして小林明子ちゃん(笑)5大アイドル?の熾烈な争いですね!!
アニメネタとはちょっとズレますが、マモー・ミモーが復活したと最近話題になってますが、彼らもポップコーンや愛菜ちゃん&福くんと並ぶ日本を代表する男女ユニットアイドルなんですかねぇ(笑)
映画「Love Letter」実は観たことないんですよ(^^;美穂ちゃんが山で「お元気ですか~!!!」って叫ぶシーンはテレビで何度か観ましたが(笑)
やはり女優としての美穂ちゃんにあまり興味がないのと(特に90年代以降)、デビュー以来髪を一番短くしてた時期であたし的になんか美穂ちゃんじゃないみたいな感覚があったからだと思います。
後藤恭子ちゃんの件、91年のアイドル本を確認したら恭子ちゃんに触れられてて、「永遠に好きと言えない」はボツリって書かれてたし、「ペガサスの少女」も林先生の曲だからまず間違いないんでしょうね。
なっちの「水曜歌謡祭」、オーケストラコンサート観た時はこのまま本田美奈子ちゃんみたいな路線で行くのかと思ったら水曜歌謡祭のクリスハートとのコラボではまたハロ唱法になんとなく戻ってて、あれっ?って(笑)

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
小林姉妹、中学生っぽくないですよね。そういう設定だったのかな?笑
生年月日とかもわからないんです。
中学生にしては大人っぽいし、こなれていますよね(笑
オープニング曲、「タッチ」っぽさがありますね!芹澤廣明先生つながりだったのですね。
それだと似てきますよね。この時代のトレンドですか~。こういうのがカッコいい感じだったのですね。

「恋におちて」の小林明子ちゃんも5大アイドルとして参戦してたんですね(笑
完全にオチ担当になっちゃってます^^;すごい並びですね。

マモー・ミモー復活しましたね!見れなかったのですが><
日本を代表する男女ユニットアイドルに入っちゃいますか(笑
でも歌も売れましたしね~。自分もCD持っているはずだけどどこにあるかはわからない状態に^^;

映画「Love Letter」観られてなかったんですねえ。自分は観たんですが内容までは覚えてないんですよ。
山で叫ぶシーンありましたか(笑
女優としての美穂ちゃんはあまり観ていないんですね。
あ~、確かに髪短かったです!その頃!美穂ちゃんじゃない感覚だったんですね。

後藤恭子ちゃん、「永遠に好きと言えない」は酒井美紀ちゃんの曲だと濃厚ですか!
アイドル本まで確認していただいたようで、ありがとうございます!

「水曜歌謡祭」のなっち。ハロ歌唱に戻ってましたか(笑
曲によってはそうなっちゃうんですかねえ。
でもこれからもっと良い歌手になっていってほしいです!!

これは残念ながら見たことがありません。小林姉妹という人も初めて知りました。小林幸子なら知っているのですが(笑) 管理人様はアイドルの知識で複数の著書が作れますね。好きなものこそうまくなれ! これはまさしく。文才もあるし、ターゲットを昭和のおじさんたちにしぼれば間違いなく人気が出ます(おじさんたちは昔懐かしのアイドルが大好きなのです)。文学の世界はしんどいけど楽しい。私は文才が致命的に欠けているので、ほかの人より努力しなければなりません(笑) 管理人様はアイドルを追い求めて20年ですね。もはや博士号取得ができるだけの知識が蓄積されていると思います。これまでのブログの経験を生かして軽いコラム形式として少しずつ原稿にしていけば、私はすばらしい一冊ができると確信いたします。 私は手紙形式の随筆にずっとこだわっています。一流企業をクビにされて以来、今はフリーなので、場所と時を選ばないで静岡でマンション借りて気楽にやっています(大阪には嫌気をさしました)。ゆくゆくは東京で生活します。神保町のタクトにも管理人様オススメのアイドルのレアな品物発掘に行きたいですから(笑) いつも楽しい記事本当にありがとうございます。また、記事のまとめかたも参考にさせていただきます。

いつも楽しい記事ありがとうございます。管理人様のコメントから芹澤という名前が入っていたので、思わずコメさせていただきました。なんかなつかしい人ですね。 この人、チェッカーズの初期の唄を作っていたことをあります(同時に売り出しも)。チェッカーズのヒゲの人・高杢禎彦とは今も交流があります。管理人様は高杢ご存じですか? 独特のヒゲがあります(笑)また、高杢にとって芹澤氏は恩人の一人で、チェッカーズの売り出しは芹澤氏の力が大きかったとされているようです。高杢は11年前にチェッカーズというタイトルの本を出しましたが、あれはチェッカーズの暴露本(とくに藤井フミヤ相手)だったと言われています。管理人様は暴露本をご存じだったでしょうか。 あの暴露本(ぼーろ本と高杢が呼んでいた)はチェッカーズ再結成を致命的になくしてしまったとファンから言われていますね。鶴久政治と芹澤氏だけが高杢側について、フミヤ側にほかのメンバー全員(亡くなった徳永YOSHIYA(クロベー)以外)がついてしまったという。なんだかメンバー同士の利権戦争を垣間見た感覚でした。 高杢はフミヤに対して、芹澤氏を裏切っていいのかとぼーろ本? に書いていたような。フミヤは芹澤氏に頼らず、自分たちで唄を作りたかった。高杢は芹澤氏に唄を作ってもらいたかった。これではうまくいかない(笑)それにチェッカーズ解散も高杢は反対していたようです。ちなみに、高杢は福岡の柳川高校出身。野球部に一週間だけいた。このときの仲間が元日ハム四番の中島輝士です(管理人様はご存じですか?)。高杢は芹澤氏だけではなく、中島とも交流が今もあるようです。 あと、芹澤氏とは無関係ですが、松居直美の記事、ありがとうございました。松居直美とは芹澤氏同様になつかしい。萩本欽一のテレビに出ていた記憶があります。最近はBSで健康食品の番組に出ていたような。松居ももう47歳ですからね。 松居の唄とはまた以外ですね。管理人様はほんと幅広いものに興味がありなさる。私個人的には松居は好きでしたよ。もともと年上好きでしたし(笑)中山美穂とかよりも松居のほうが身近なお姉さん(友だちの姉ちゃんみたいな)感覚があってよかったように思えます。 それと、藤井フミヤはチェッカーズ再結成前に国鉄鳥栖の駅員をやっていたらしいです。高校卒業して。もともとチェッカーズのメンバーが福岡の久留米の人ですからね。私も飯塚だったので、久留米はよく知ってます

>吉岡さん

コメントありがとうございます!

見られたことなかったですか。自分も記憶がかなりうっすらとしかないんです。
曲は全く覚えていなかったので。
小林姉妹、謎だらけですね。もっと情報が欲しいところです。
小林幸子ちゃんならわかりますね(笑
複数の著書なんて!恐れ多いですが~、文章を書くのは好きなのでもしそうなったら嬉しいですねぇ。
そうなんです。好きなものに対しては勉強家なんですが、それ以外だと全くダメで。
アイドルに関する仕事についてみたかったですが、今は全く違う職種で辛いですねぇ。なのでいつかは本も出してみたいです。まあ夢ですが。
昔懐かしのアイドル、根強い人気ですよね。やはり大人になっても忘れられないアイドルっていますもんね。
文学の世界、しんどいでしょうね。こうやってブログで好きなこと書けるのは楽しいですが、それだけじゃないですもんね。
売れるものを書くということも考えないといけないですし、視野を広く持たないといけませんね。
アイドルを追い求めて26年になりますね。人生の半分以上、アイドルのことを考えています(笑
知識が蓄積されているといいですが、多分アイドルに関するクイズ大会とかに出たとしても、優勝には程遠いと思います^^;
そうですね、ブログからまたステップアップできたら、もしくは別の方法でアイドルの楽曲の良さを伝えられたら、など考えることはあります。
この先どういう形になるかわかりませんが、続けていきたいですね。
それで今は静岡にいらっしゃるのですね。気楽にやれるのが1番ですよね。
東京での生活も視野に入れられてるのですね。
神保町のタクトも自分もたまに(最近はかなり行っていないですが。今年は1回行きました)現れますので!
記事、楽しんでいただけて光栄です。記事のまとめ方、参考になるのかはわかりませんが、そういっていただけるのはありがたです。

>吉岡さん

コメントありがとうございます!

芹澤廣明先生ですね!
自分はあまり作家さんには詳しい方ではないので、いろいろ教わっています^^
Wikiで見てみると、やはりいろんなアイドルの楽曲に携わっていてすごい方ですね。
チェッカーズの初期の歌を作られていたんですね。伝説の人ですねえ。
高杢さん、わかりますよ!
90年代前半頃、チェッカーズも聴いていたことありました。「夜明けのブレス」とかです。
芹澤先生、チェッカーズを世に出した方なんですねえ。
高杢さんの暴露本、出したことはワイドショーとかで知っていました。読んではいませんが。
グループは難しいですね。再結成してほしいと思ってもなかなかできなかったり・・・
フミヤさんとのそういう歌への想いの違いがひずみとなったのですね。
中島輝士選手、ごめんなさない。スポーツ選手、全く詳しくないもので。
やはりアイドルばかり頭に詰め込んでいるからかもしれません(笑
松居直美ちゃんの記事、読んでいただいたのですね。そう言えば直美ちゃん、「ギザギザハートの子守唄」をカバーされていましたね。チェッカーズつながりですね。
欽ちゃんのテレビに出てましたね!若い頃に!
そうですね、幅広く聴いているので、浅い部分もたくさんあります。なので、1曲ずつゆっくり記事にして覚えていくようにしています。
直美ちゃん、お好きでしたか~。
そうですね、美穂ちゃんはもう別格と言うかお姫様な感じですが、直美ちゃんは近所のお姉さんって言う感じですよね。
当時はかなり若かったと思いますが、安心感がありますね(笑
フミヤさん、駅員ですか!意外です!イメージにないですね。
久留米に近いところだったのですね。親近感わきますよね、近いところで働いていたとは!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/60395447

この記事へのトラックバック一覧です: ライバル360度~恋愛発展可能性0~/小林明子・小林直子:

« 永遠に好きと言えない/酒井美紀 | トップページ | 「C」/中山美穂 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アイドルポップス関連