無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

蜜/田中有紀美

◆レビューNo.753◆
Photo

「蜜」田中有紀美
作詞:田中有紀美
作曲:田中有紀美
編曲:藤島健太郎
(2008年5月28日リリースのアルバム「潤恋花」収録曲)

田中有紀美ちゃんの1枚目のアルバム収録曲です!

有紀美ちゃんのアコースティックライブ、田中珈琲店25杯目に行ってきました~!
Photo_2

 アコースティックライブ【田中珈琲店25杯目】

 場所:下北沢 風知空知
 日程:2015年8月23日(日)
 時間:17:00開場 18:00開始
 サポートギター:加藤裕幸
 サポートオカリナ:みると

今回の有紀美ちゃんは、浴衣でした。
加藤さんとみるとさんも浴衣(甚平)で夏気分です!
Photo
こちらは撮影タイムで撮影した写真です!
艶やかですね~☆
(画質が良いものは有紀美ちゃんブログで確認してくださいね)

夏祭り気分ですが、少しずつ涼しくなっていたこの頃。
なんだか夏の終わりを感じてちょっぴりセンチな夜でした。
なんかね、今回はしっとり気分の夜でしたね。
夏の終わりの空気がそうさせたのでしょうか。
とは言え、有紀美ちゃんの優しい世界に浸らせてもらいました~。

セットリストはコチラです↓

 ----------------
 田中珈琲店のテーマ
 ----------------
 手紙
 少年時代(井上陽水)
 ハナミズキ(一青窈)
 蜜
 ----------------
 クリスマスメドレー(ジングルベル~あわてんぼうのサンタクロース~きよしこの夜)
 雪の涙
 潤恋花
 蒼い花
 僕らの夏の夢(井上陽水)
 ----------------
 田中珈琲店のテーマ
 ----------------
 あのコによろしく(ribbon)
 シャボンのため息(宮前真樹 with CoCo)
 ----------------

 ※カッコ内は、オリジナル歌手名 もしくは メドレー曲名
 (PS・・すみません、セットリストに足りない曲があるかも知れません。
      自分の書いたメモが読み取れないところがあり・・・汗)
 

ここ最近の田中珈琲店は、ゲストを招いたりと特別な回が多かったですが、今回は基本に戻った感じでしたね。
有紀美ちゃんの歌声をじっくり聴けた感じです+゚。*(*´∀`*)*。゚+
この心地良さが、田中珈琲店ですね。

セットリストを見てもらうと、違和感がありますよね!?

そうなんです、真夏に真冬の曲がΣ(・ω・ノ)ノ
しかも浴衣姿でクリスマスソングを歌っておられました♪

「ジングルベル」が頭の中で何度も流れていたそうで~。
冬の曲で涼しくなってもらおうと、選曲したそうです。
実際お店も涼しかったので、冬気分を味あわせていただきました☆
それにしても意外性がありすぎて、びっくりでしたね。
「あわてんぼうのサンタクロース」なんて、あわてんぼうすぎやろう!みたいな(笑

お祭りメドレーとかしそうなところを~!
何が飛び出すのかわからない、これが田中珈琲店ですね(笑

トークでは、加藤裕幸さんがどんどんスベリ芸みたくなってません?笑
元々かな~笑
からみにくいと言われている加藤さん。
無邪気なところが良いと思います(笑
そこに癒しを感じつつ~。

みるとさんのオカリナも素敵ですよね~。
みるとさんの最新機器?(すみません、名前わかりません!)
あれもすごかったですよ!
宇宙を漂っている気分になりました☆(どんな感想!)
職質にあってそうな風貌(失礼!)ということですが、職質には合ったことのないと言うね。
意外な結果でね(笑

と言うことで今回は、今後の予定も盛りだくさんでした~!

 田中珈琲店26杯目 9月20日(日) 
 田中珈琲店27杯目 11月7日(土)
 田中珈琲店28杯目 12月27日(日)

そして、まきボーのライブまでも!

 宮前珈琲館 10月17日(土)
 宮前真樹&田中有紀美 トークイベント 10月18日(日)

田中珈琲店の、姉妹店です!あくまで田中珈琲店が、本店ですよ!

年末にかけて楽しみがたくさんです!!!

田中珈琲店、いつまで続くかわからないというような言葉がありましたが、ほんとずっと続いてほしいです。
それが願いですよね(人´∀`*)+゚:。*゚+ ゚+。:.゚

今回の物販では、有紀美語録の書かれた写真が出ていました~!
てっきり「有紀美語録」と言うと、「ですかる」や「ありまさひ」のような言葉と思えば、真面目な内容でした(笑
Photo_3
有紀美ちゃんらしい、ほっこりする内容ですね☆
心の糧にしていきたいですね(*бωб*)

そして前回申し込んでいた、有紀美ちゃんのオリジナルTシャツも受け取りました~。
Photo_4
普段ほとんど着ない色、ピンクを選びました~!ライブでは特別と言うことで!
次のライブに着て行かないとね!!!

と言うことでライブレポはここまでで、今回のスポットライトは~!

『蜜』です♪

かわいくもあり、かっこよくもあり、妖しさもあり。
1曲でいろんな側面で魅了されます!

アルバム「潤恋花」の中でも異彩を放っている感じですよね。
ジャジーな雰囲気もありつつ。
次の展開が予想がつかない楽曲で、ジェットコースターのような、そんな感じがします!

個性的な楽曲で、いい意味で違和感のある楽曲だと思います♪

それだけおもしろい1曲と言えますね。
アコースティックライブでも良く歌われている楽曲で、印象に残りやすい曲だとも思いますね。

ライブを観た後は、結構この曲『蜜』が、頭の中で繰り返されたりしているので☆

有紀美ちゃんの甘い歌声が、また『蜜』らしくて。
甘い歌声に、怪しげなメロディというコントラストがまた素晴らしいですね!

有紀美ちゃんの詩も、大人の女性って感じですよね。
美しい女性のイメージです☆

『蜜』、というだけあり、曲のイメージは蜜の色・・・と言いますか、ゴールド!
ゴージャスできらびやかな感じもします。
明るいきらめき、という感じではなく、妖しく輝いているような感じです☆

黄金の輝きを放つ『蜜』で、心までとかしてしまいましょう☆

【田中珈琲店25杯目】の有紀美ちゃんのブログ記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12066217365.html

関連記事:
素直に言えない~もっとそばにいたいけど~/Melody
シブヤへ行こう!/Melody
いちばん好きと言って/Melody
世界中の微笑み集めてもかなわない/Melody
唇がふれあえば/Melody
運命'95/Melody
青空をあげたい/Melody
ねぇ、ダーリン!/田中有紀美(Melody)
Your Song/若杉南(Melody)
Wish/田中有紀美
愛染-aizen-/田中有紀美
潤恋花/田中有紀美
愛の音/田中有紀美
春、うらら/田中有紀美
フレンズ・アゲイン/田中有紀美

2015年8月25日 (火)

SWEET&TOUGHNESS/南青山少女歌劇団

◆レビューNo.752◆
Sweettoughness

「SWEET&TOUGHNESS」南青山少女歌劇団
作詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
(1993年6月25日リリース)

南青山少女歌劇団の5枚目のシングル曲です!

南少の名曲が登場~!!!

このCD、いまやプレミアがついているんですね~。
それほど貴重な曲になっていたとは。

つんくさんプロデュースのキャナァーリ倶楽部、時東ぁみちゃん、THEポッシボー(現:チャオ ベッラ チンクエッティ)がカバーしている曲でもありますね♪

名曲は受け継がれている訳ですよね☆
つんくさんもやはりいい曲に目をつけますよねぇ。

現在の注目メンバーは、世永亜実ちゃんがAKB48の『恋するフォーチュンクッキー サマンサタバサグループ STAFF Ver.』に出演していて話題になりましたよね。

やっぱり1番踊れててかわいいと思いますね!
さすがアイドルですよね~☆
今でもリズム感ありますよね♪

『SWEET&TOUGHNESS』では、2期生の中川登志子ちゃんが目立っていますね!
1期生の河内浪江ちゃんと2期生の西條由利香ちゃんとの3トップと言う感じですね。
中川登志子ちゃん、センターと言っていいでしょうね。
今まで1期生の駒崎香織ちゃんが南少の顔って感じだったので、これは大抜擢でしたね!
期待の新生の登場だったのでしょう。

登志子ちゃんの力強い歌声が、楽曲にも合っていました。
この解放感あふれる楽曲に、登志子ちゃんの無限大の可能性が秘められていました☆

南少のこれまでの「夢」をテーマにしていた熱い応援歌、とはまた違った曲で、勝負曲だったんじゃないでしょうかね~。
この曲は、大ヒットしても良かったですよね!

南少の『SWEET&TOUGHNESS』、曲も素晴らしいんですけど、PVも最高なんですよね!
よくぞこんな素敵なPVを作ってくれました!って感じです(◎ゝ∀・)ノ

このリゾート感!!
まさに楽園なんです!!
素晴らしすぎます!!!
少女たちしかいない楽園!みたいな感じですね。

いろんなシーンがありますよね。
後半には綺麗な夕焼けもあり、短い夏の切なさも感じれて。

メンバーも多いですし、移動も大変ですよね(笑

ここまで撮影するには時間もかかったでしょうねぇ。
これは力入っています!
何日かかったんでしょうか。その辺も興味深いですよね☆

これってメンバーにとっても青春時代のキラキラした思い出になってるんじゃないかな。
1秒1秒全て輝いていて、若いパワーを感じます!!

アイドルのPVの中でも楽曲も含めてトップクラスなんじゃないかな~。

南少はクールと言うより、熱い!イメージなので、エネルギッシュですしね!
楽曲は、今までの『夢を信じて』『夢の冒険へ』よりもクールさがアップしましたが、だけど思いは熱いです!!
笑顔も眩しいです!

南少が輝いた瞬間を切り取った、最高の映像ですよね!

最高の1993年の夏が、ここで永遠に息づいています!!!
永遠の夏と、シンクしましょう+。(◆’v`b)b。+

関連記事:
涙なんか…/南青山少女歌劇団

2015年8月18日 (火)

毛サバイバル/MAX

◆レビューNo.751◆
Photo

「毛サバイバル」MAX
作詞:久保みねヒャダ
作曲:ヒャダイン
編曲:ヒャダイン
(2015年8月15日【久保みねヒャダこじらせナイト】にてオンエア)

MAXのこじらせすき間ソングです!

なんかすみません!
MAXの曲を取り上げるのが今回初!

それが・・・この曲ってΣ(゚дノ[壁]

いや~、【久保みねヒャダこじらせナイト】 から生まれた曲なんですけどね。
この番組好きで毎週見てるんですよ。

出演者は、久保ミツロウさんと能町みね子さんとヒャダインくん。

その3人、久保みねヒャダが即興で作詞作曲した「すき間ソング」の第7弾なのです♪
「すき間ソング」とは、「ヒット曲のすき間を狙え!」をテーマに、世の中にあまりない「すき間」の楽曲を作ってしまおうというコーナーで。

毎回ね、即興ですごい曲を創り上げていて~。

ハロウィンがテーマの『おれとおまえのHELLO WIN-WIN』もすごく良かったんですよ!
アイドルポップスとして語れなかったのでこのサイトには登場しませんでしたけどね、お気に入りの曲で♪

で、今回のテーマは「脱毛」!!!
「3人が敬愛する"TKミュージック系"で《女=ムダ毛ゼロ》思想の撲滅を目指せ」ということで、ムダ毛ソングを作ろうと!

これがまたすごいんですよ!!!
avex風の楽曲にしたいというところから始まり~。
"TKミュージック系"に仕上がっていて!
言葉が詰まってる感じがね、まさに!

FEEL LIKE DANCE~♪というどこかで聴いたことのあるメロディから、この曲が出来上がったんです☆

歌詞は、女も普通に毛ははえる!という主張を詩に盛り込み。
女は毛がはえないと思わないで!という熱い思いが込められています☆

番組の編集もあるでしょうけど、するする名曲が出来上がっていて感動ですよね~。

そして今回の楽曲を歌うのは・・・MAX!

2015年7月22日に前山田健一さん作詞・作曲の『#SELFIE 〜ONNA Now〜』も発売されたばかりなので、そういうつながりもあってかの抜擢ですかね~。

MAXは2013年8月7日リリースの『Tacata'』でどこか吹っ切れた感が素晴らしかったですが、今回の『毛サバイバル』はもう、突き抜けすぎでしょう(笑
これぞ!エンターテイナーですね~。

MAXのリナちゃんのコメントはコチラです↓

 「面白く、楽しく、カッコよく、MAXが調理されましたので是非、ご覧下さいませー\(//∇//)\」

https://instagram.com/p/6ZBYMGGF-j/

まさにこれですね!
MAXをうまく使っていますよね~。

こんな楽曲をきれいなお姉さんたちMAXが真剣に歌い上げているところが良いんですよね♪
そこがカッコ良いです!

振り付けも本格的なんだけど、きちんと「毛」をイメージさせる振り付けで(笑

BOW BOW BOW BOW(毛)♪の個所は、毛になりきって踊るのがポイントだそうです~笑

ライブでは会場の民さんも一緒に、毛根の気持ちにならなきゃいけませんね!(*´艸`)

ほんとまぎれもなくこれは、「すき間ソング」ですね~♪
90年代最高~!!!

小室哲哉さんも認める90年代のTKサウンドになっていて。
小室さん曰く、のど越しがKOOさん(笑
そして女性に共感できる曲になっているということで~。
やはり共感できる内容っていうのは重要ですね!
そこのところも評価されておりました。

小室さんも言うように、MAXの飛躍にもなる1曲ですね♪
是非、シングルリリースを~(*ゝωб*)
うまくすれば、ものすごいことになる可能性を秘めた曲です!!

とにかくMAX姉さん、カッコいいに尽きます!!!
そして久保みねヒャダさんのすごさを実感ですね♪♪♪
プロ集団の実力を見た感じでした~☆

今年の夏は!BOW BOW BOW BOW 毛~!!!!

2015年8月16日 (日)

Wa・ショイ!/堀ちえみ

◆レビューNo.750◆
Photo

「Wa・ショイ!」堀ちえみ
作詞:鈴木博文
作曲:白井良明
編曲:白井良明
(1985年7月3日リリース)

堀ちえみちゃんの15枚目のシングル曲です!

『風のサザン・カリフォルニア』との両A面シングル曲ですね♪
今回は、『Wa・ショイ!』の方をピックアップします。

夏だ!お盆だ!ちえみちゃん祭りだ~☆
お祭り騒ぎだワッショイ(*゚∀゚*)!

18歳のちえみちゃんの、異色作!!
今までのアイドル歌謡とは全く違った路線で~。

テクノのアレンジで、サンプリングされた声も入っていて、異彩を放つ1曲となったようです。

ちえみちゃんご本人も発言しているように、時代を先取り過ぎた曲なんですね(笑
ほんとその通りで、今聴くと現代のアイドルの楽曲にありそうな感じがします!

日本初のデジタルサンプリング楽曲ということでね。
音楽界の先端を切って走っていたんですね~、ちえみちゃん。

そして企画もの?と思いきやそういうことでもないらしくて。
ほんと珍しい1曲なんじゃないかな~、と思います!

賛否両論あった曲のようで、ちえみちゃんのキーポイントともなった曲なのかも知れませんね。

音楽番組で歌披露した時の映像もこれまた奇抜で~。
神輿に乗ってワッショイ!しているかと思いきや、宇宙人のような触覚を付けて、ロボットたちに囲まれて歌っていて。

どういう世界観なのでしょう?笑

お祭りソングと言うことで、「和」のイメージが強いんですが、それにとどまっていないんですよね。
常識から外れた楽曲で~。

ピコピコ感のある楽曲でもあるので、未来感があるためロボットが登場したんですかねぇ。
TAITOのイベント用ロボット「夢丸くん」が大集合していますね。
なんとなくロボットが掛け声いれているような、そんなメルヘンの世界を生み出しています☆

1985年と言えば、【EXPO'85 つくば科学万博】が開催された年でして。
こちらのマスコットキャラクターは「コスモ星丸」ですが、そういう時代なのですね~。
こういうかわいいロボットが流行だったとも言えますね。

当時の流行をしっかり取り入れていて、先端を行ってる感があります(`・ω´・+)v

とは言え今までのちえみちゃんの楽曲からしたらとまどいを隠せずですね~。

と、いろいろ世間にざわめきを与えた楽曲ですが、コンサートでは盛り上がっていたようで。
こういうのも、大事ですよね~。
盛り上がれる曲って必要ですし☆

ちえみちゃんも最初は恥じらいを感じていたけど、どこかで吹っ切れて楽しくなってきたのかもしれませんね!
お客さんと創り上げて行った1曲、と言ってもいいのかな~、と思います♪

歌詞は、特に夏祭りがテーマになっている訳ではなく、春夏秋冬の1年の物語になっていて。

1年中お祭り気分になれる曲ですね!

では、『Wa・ショイ!』を聴いてちえみちゃん祭りしちゃいましょ~!
みんなも一緒に~~~~!

Wa・Wa・Wa・ショイ♪♪♪

関連記事:
メルシ・ボク/堀ちえみ
待ちぼうけ/堀ちえみ
さよならの物語/堀ちえみ
CHIEMI SQUALL/堀ちえみ
夕暮れ気分/堀ちえみ

2015年8月12日 (水)

Happy Birthday/横山知枝

◆レビューNo.749◆
Happybirthday

「Happy Birthday」横山知枝
作詞:尾崎亜美
作曲:尾崎亜美
編曲:富田素弘
(1991年6月13日リリース)

横山知枝ちゃんの1枚目のシングル曲です!

フジテレビ【邦ちゃんのやまだかつてないテレビ】から誕生したアイドル、やまだかつてないWinkのさっちんこと、知枝ちゃんのソロデビュー曲です!

やまだかつてないWinkと言えば、ご存じ山田邦子ちゃんと、横山知枝ちゃんのユニットで~。
番組内で、「日本全国早智子を探せ」という企画で、Winkの鈴木早智子ちゃんのそっくりさんを探してオーディションをしていまして、そこで優勝したのが知枝ちゃん!
Winkのさっちんに雰囲気が似ていて、かわいらしくて。
似てましたよね。ほんと知枝ちゃんが出てきた時ぶったまげましたもん(笑
こんな子がいるのか~!とね。
仕込み~?とか(笑

それ位さっちんに雰囲気が似てましたし、それだけじゃなくて、アイドルとしてのポテンシャルも持ち合わせていましたからね。
このオーディションに受かるべくして受かった知枝ちゃんですよね。

そんな知枝ちゃんが邦ちゃんとユニットとは(笑
翔子ちゃん担当の邦ちゃんもね、かわいい女の子が好きであったためか、きちんとアイドルしてたんですよね~。
もちろんおふざけもありますが~。
名曲ばかり発表していて最高のユニットだと思いますよ!

やまかつWinkの活動を終えてからは、ソロ活動に移行。

それもやまかつのバックアップもあり、盛大なソロデビューとなりましたよね。

しかもね、曲が良い!!
なんていい曲!!!

尾崎亜美さんすごい!」と言わない訳にはいかないですよね!

こんな素敵な曲でソロデビューできるなんて、ほんと幸せ者だな~、と。

当時はアイドル冬の時代と言われていた頃で、そんな時にこんなバックアップでデビューできるんですからね。

ほんと特別なアイドルだったと思います☆

それでいてものすごく透明感のあるピュアな感じが良かったですね。
やまかつWinkでデビューして1年経っていますが、まだまだ純粋さが保たれているんですよね。
それも奇跡だと思うんですよ。

素敵な曲と、知枝ちゃんの芸能界に染まっていないようなピュアさ。
この2つが重なって、完璧なアイドルソングとなっていますよね~。

知枝ちゃんの優しさが伝わってきます。
知枝ちゃんの優しいヴォーカルが、また幻想的な雰囲気を醸し出していて。

そして間奏からの盛り上がりがまた素晴らしいんですよね。
ミディアムテンポの楽曲ですが、こんな盛り上がりがあるなんてね。

ほんと特別な時間を感じさせてくれますね+゚。*(*´∀`*)*。゚+
このときめき、感動、ドラマチックですね~。

夢への扉を開いていくようで☆
未来へ翔ぶ、不思議な魔法にかかっちゃいますね!(歌詞そのままの解説←)

と言うことで、こんな素敵な曲なのでね、バースデーソングと言えば知枝ちゃんの『Happy Birthday』と思います!!
バースデーソングの定番です!!

誕生日にはね、やはりこの曲を思い出しています♪
こんな素敵な曲、思い出す機会があるなんて、エヴァーグリーンの名曲だと言えますね☆

誕生日はもうありがたくない気持ちになっちゃいますが、こんな素敵なタイムを過ごせるなら、いいものですよね~。

知枝ちゃんの誕生日(9月9日)にも、『Happy Birthday』でお祝いしているのかな~。
なら素敵ですよね゚+゚*((Pq’v`★)゚+。

関連記事:
FOR YOU/横山知枝
“T”intersection〜あなたに戻れない〜/やまだかつてないWINK
クリスマス クリスマス/やまだかつてないWINK

2015年8月10日 (月)

キスと流星/八木田麻衣 from 東京パフォーマンスドール

◆レビューNo.748◆
Photo

「キスと流星」八木田麻衣 from 東京パフォーマンスドール
作詞:DAKE
作曲:エース清水
編曲:松崎雄一・エース清水
(1994年6月22日リリース)

八木田麻衣ちゃんの3枚目のシングル曲です!

麻衣ちゃん、ご結婚おめでとうございます+.゚(*´∀`)b゚+.゚

TPDフロントメンバー最年少の、麻衣ちゃんもついにね~。
おめでたいですね!

それを祝うTPD&OPDメンバーたちっていうのも素晴らしい!!!

 さとPのブログはコチラ↓
 http://ameblo.jp/satop3/entry-12057618411.html
 ゆっこ隊長のブログはコチラ↓
 http://blogs.yahoo.co.jp/yuki_takeuchi_blog/41057510.html

元祖TPDリーダーの木原さとみちゃんの家でサプライズパーティーがあったんですね~!
TPDの木伏夏子ちゃんと櫃割香奈子ちゃん。そしてOPDからは武内由紀子ちゃんと古谷文乃ちゃんがスタンバイして、ハッピーサプライズ!

麻衣ちゃんの美しい涙が感動的です.+。(Pq’`★)゚+゚
素敵な仲間ですよねぇ。

こういうのを見ると、麻衣ちゃんの人柄の良さも感じ取れますね。
麻衣ちゃん、優しいですよね。すごく良い子だと思います!
ブログに載っている麻衣ちゃんの涙の写真なんて、ほんと美しくて!
心がきれいだからこその美しさが垣間見れましたね♪

ほんと幸せになってほしいです☆
末永くお幸せに~(*uωu*)

と言うことで、今日は麻衣ちゃん祭りです~♪ワッショイ♪

本日は、麻衣ちゃんの真夏の素敵な1曲をセレクト♪

『キスと流星』です☆

この曲は、メルヘンチックでかわいらしい楽曲で~。
メルヘンポップな路線が麻衣ちゃんらしくて素敵な1曲です♪

屋根の上で星を眺めているような、そんなシチュエーションが手に取るようにわかりますね☆
それが麻衣ちゃんに似合っていて~。

麻衣ちゃんが星空の下、屋上にいるっていうのがね、絵になる!

浮遊感があって、夜空を飛んでいる気分にもなれますね☆
夜空のサラウンドが広がります☆
あっ、「夜空」と言ってもOPDの上田美穂ちゃんじゃあないですよ。
(大阪パフォーマンスドールの上田美穂ちゃんが「夜空」名義で『THIS IS YOUR NIGHT』でソロ歌手デビュー♪)
はい、わかってます←

夜空ちゃんは置いといて~。
これ、曲も良いけどジャケットもすごく良いんですよね!

ひまわりの黄色を基調にしたジャケットで。
イエローカラーが元気でポップな麻衣ちゃんらしくて良いですよね!

麻衣ちゃんのくしゃっとした笑顔もかわいくて~。
笑顔と言えるかが微妙なところですが~。
でも麻衣ちゃんのイメージそのものなんですよね。
やんちゃな雰囲気って言うんですかね。
このジャケットはポスターを貼って毎日拝みたいレベルです!
ヤギマイ様~(人´∀`).☆.。.:*・゚

と言うことで、今宵は麻衣ちゃんを祝福して、『キスと流星』を聴きましょう♪
夜空を眺めながらね☆

関連記事:
ラッキー・ラブ/八木田麻衣
青空のハイウェイ/八木田麻衣

2015年8月 3日 (月)

素肌の季節/MISSION

◆レビューNo.747◆

「素肌の季節」MISSION
作詞:森 浩美
作曲:星野靖彦
編曲:上野圭市
(1998年7月23日リリース)

MISSIONの1枚目のシングル曲です!

【アイドルハイスクール 芸能女学館】から生まれた以下の5人組☆

 沖弥生
 橋本真実
 三浦絵理子
 折田みゆき
 佐藤千寿子

【アイドルハイスクール 芸能女学館】からは、国仲涼子ちゃんや村田洋子ちゃんなど、人気のメンバーも生み出しましたね。

そんな15人の中からの選ばれし5人組です♪
番組では、MAX松浦さんに5人の名前が呼ばれ、MISSIONが誕生いたしましたね☆

選考基準ははっきりわからないですが(事務所のプッシュとか??)、歌とダンスをやらせたい(やりたい)メンバーが集まったのかな~、と思いますがどうでしょう。

まあなんとな~く、ダンス&ボーカルグループに、佐藤千寿子ちゃんはちょっと違うように思いましたが~。
とは言え、佐藤千寿子ちゃん好きでしたからね☆
ルックス的にも1番アイドルっぽかったですしね。

なんだろう、こう言っていいのか、千寿子ちゃんだけ歌やダンスがあまり上手くなかったように思えて~。
他のメンバーのスレンダーな感じとはまた違った見た目もね。
ある意味この子はアイドルだ!と目を引いたものです♪
でも今映像見ても千寿子ちゃんの綱渡り的なパフォーマンスにドキドキしてしまいます。1人だけ際立って危うい~。
ひきつったような笑顔になっちゃうのも、ダンスでいっぱいいっぱいなのでしょう、きっと。

そんなドキドキガール(←オイ!)の千寿子ちゃん、もうご結婚されているんですねぇ。
知りませんでした。今回記事を書く上で調べて初めて知りましたね。
おめでとうございます!幸せに暮らしているなら良いですね(*-ω-*)

最年少の橋本真実ちゃんはやはりオーラが違っていましたね。

この子は売れる!と思ってましたよ!
現に今でも現役でタレントさんをやっていますもんね。
でもはっきり言って、もっと真実ちゃんはブレイクできたはず!とMISSIONの映像を見ていると思うものです。
「100年に1人のアイドル!」みたいに売り出してほしかったですね~。
それ位の逸材だったと思うんですよね。今、当時の映像を見てみても!

歌ではやはり沖弥生ちゃんが抜きに出てる感じですね。
パンチのある歌声で~。
MISSIONの歌の中核を担っています☆
デビュー曲『素肌の季節』では、まだそれほど頭角を現していませんが、セカンドシングル『Show me × Show me』からの弥生ちゃんの歌唱力はかなりのものでしたねぇ。

三浦絵理子ちゃんは・・・文字で見ると必ず三浦理恵子ちゃん(CoCo)かと間違う(笑

折田みゆきちゃんはモデルさんって感じがしますね。
ダンスも決まっててクールビューティーです♪

と言う5人です~。・・・伝わったかな?
三浦絵理子ちゃんの説明がひどいですが、ご了承~笑

今回はそんなMISSION、5人の記念すべきデビュー曲『素肌の季節』です♪

この曲が出た時にはあまりピンとこなかったんですよね。
2枚目の『Show me × Show me』で、一気にMISSIONにハマったので、まだ自分的には序曲に過ぎなかった訳ですが。

でも振り返ってみると、MISSIONがアイドルらしい時期の貴重な1曲だったことを後になって思い知らされましたね~。
『素肌の季節』が1番アイドルらしい楽曲で、その後はダンスチューンばかりになりましたからね。

『素肌の季節』、キラキラのアイドルのサマーチューンなんですよね☆
衣装はミニスカートとヒールで、ちょっぴりセクシーな雰囲気がありますね。
さわやかなセクシーですが~。

まだまだ粗削りな部分も多く、未完成な感じがアイドルのデビュー曲として初々しくて素晴らしいんですよね。

青い海と青い空☆
そこにフレッシュな5人がいるっていうアイドルとしての最高のシチュエーションですよね。

MISSIONの健康的でフレッシュな面があふれだしている、デビュー曲です♪

とにかく!
MISSIONについて語るといつもこの結論になるんですけど、アルバムが出なかったのが無念!
シングル4枚で活動休止になってしまったのがね、もったいないグループでした。
せめてアルバム1枚出してから・・・と、今でも悔やまれるのです。

MISSION(作戦)を成功させる」と言う意味が込められたグループ名。

MISSIONを成功させるには、今となってはベストアルバムをリリースすることですかねぇ。
8曲入りで、シングル4曲のPVも付けちゃいましょう(*бωб)

これこそMISSION!!!

関連記事:
Show me × Show me/MISSION

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アイドルポップス関連