無料ブログはココログ

« 未確認飛行少女/羽野晶紀 | トップページ | GAME/宮沢りえ »

2015年9月 9日 (水)

Bye,Bye,September/原真祐美

◆レビューNo.757◆
Byebyeseptember

「Bye,Bye,September」原真祐美
作詞:三浦徳子
作曲:小杉保夫
編曲:萩田光雄
(1983年9月1日リリース)

原真祐美ちゃんの3枚目のシングル曲です!

原真祐美ちゃんの最大のヒット曲ですね♪
オリコン最高位89位、売り上げ0.7万枚と、ヒットしたとは言えない地味な数字ではありますが、約半年間にわたって、オリコン週間チャート101位〜200位の間にチャートイン!!
これぞ隠れたロングセラーなのですねー。

爆発的な何かはなかったということになりますけどね。
売り方や、真祐美ちゃん自身控えめな性格だったりとか?(想像です)

でもこういう売れ方って、楽曲の良さがじわじわ浸透していたということですよね!
FNS歌謡祭優秀新人賞やヤング歌謡大賞でのアイドル賞などなど、各種の賞も獲ったということですし!
評価はきちんとされていたようですね。

この曲今回初めて聴いたんですけど、最初の数秒で名曲だ!ってわかりましたもん。
聴けば良さがわかる楽曲です☆

発売当時、16歳の真祐美ちゃんですが、大人っぽいですね~。
モデルもされていたというのが納得できますね。

キャッチフレーズは、「妹みたいじゃだめですか?

・・・と言いつつちょっと大人っぽいキャラだったようで、逆にお姉さん路線で行くべきだったのかな~?
写真や歌動画を見る限りですが、守ってあげたい妹タイプではなく、しっかりした女の子タイプだったのかも知れないですね。
「年上の綺麗なお姉さん」と言う方が当てはまって良そうな風貌で。

と言うかもしや、「妹なんかじゃなくて、恋人にしたい」というのが世間の気持ちだったのでしょうか(笑

歌声だけ聴いても、16歳とは思えない(*゚∀゚*)!

帽子がトレードマークになっていたと言うことで、オシャレな雰囲気のあった子なんだろうな~、と推測できますね☆
この顔とスタイルだと何着てもオシャレになりそう☆
歌衣装も、なんだかオシャレだ~。

で、その肝心の帽子姿の真祐美ちゃんを見たいんですけど、歌動画では帽子をかぶっていないと言う(笑
どうしたんだろう?と思いきや、別の動画で見つけました!

帽子、似合っていますね~☆
帽子をかぶっている女の子」というイメージで覚えている方も多いようで~。
そういう売り方もありですよね。

真祐美ちゃんがブレイクしたら、街行く女の子たち、どこを見渡しても帽子!帽子!だったかも知れませんね☆
帽子ブーム、巻き起こしてほしかったですね(*从uзu∮)

ハットを巧みに使った振り付けをしても良かったのかもしれません(笑

と言うことで『Bye,Bye,September』の話しに。

『Bye,Bye,September』はイントロからさわやかフレッシュ!!

9月の歌だけど、イントロを聴けば目の前には夏空が広がっていくようです!!

ジリジリ暑い時期を過ぎて、ちょっと落ち着いてきた9月。
さわやかさが9月らしさなんでしょうね。

タイトルからもわかるように失恋の曲だけど、明るい楽曲で。
デートの約束しているのに他の女の子と・・・!!
9月の風に包まれて、かなしい現実を受け止めて。
浮気した彼をそのまま見送りさよならするなんてね、強い女の子ですよ☆

そんなところも、「妹」のイメージじゃないですね(笑
売り方・・・間違えたのか~。

とことん「大人」のイメージの真祐美ちゃんでした゚+.゚(★・’ε゚)ノ

« 未確認飛行少女/羽野晶紀 | トップページ | GAME/宮沢りえ »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

この時代は100位以内に入らないと得点は0ですからね~(101位でも売上0)本当は5万枚近く売れてるんでしょうに…
「Bye,Bye,September」は137位→116位ときて3週目で89位にランクされたようです。ちなみに「Bye,Bye,September」が100位入りできなかった初登場週である9/12付で6月にリリースされた徳丸純子ちゃん(同じ83年組)の「PICA-PICA」がようやく99位に初ランクインしてるんですよ。これも凄い!!80年代っていかにもアイドルバブルだったイメージですけど実は100位入りするのも大変でベスト10入りするアイドルなんてホント一握りだったんですね。
90年代は100~200位が誌面で公開されることはいっさいありませんでしたが多分よねみーの「恋人よ」もこの辺をウロウロしてたんでしょうね。100位入りしたのがリリースからかなり経過してからでしたもんね。こちらも地味なロングセラー曲で。
そうそう。永作ひろちゃんのHIROMI NGと似たパターンなのが日曜6時から放送されてた「料理バンザイ!」のテーマソングだったよねみーの「SUNDAY 6:00PM」(笑)
ところで「Bye,Bye,September」ってホント名曲ですね。あたし今まで原真祐美ちゃんといえば「NAGISA HOTEL」が好き過ぎて他の曲はほぼスルーでしたので…改めて聴くと名曲が多そうです。
ribbonが「Be My Diamond!」や「Do You Remember Me?」などのキラキラ路線時代に「Bye,Bye,September」をカバーするのも良かったんじゃないかなぁ~って何となく思いました。
「妹みたいじゃだめですか?」のキャッチフレーズ、逆に可愛い系になりたいという願望だったんですかね?(笑)
涼子ちゃんもTPD時代大人っぽい曲や衣装が凄く嫌だったって言ってましたよね~明るいのとか可愛いのが回ってこないみたいな(笑)
こないだのTOKIOの番組でも男の子のファンが少なかったから欲しかったみたいなこと言ってましたよね。1枚ブリブリアルバム作ってみるのも良かったかもですね(笑)
「September」と聞いて同じ83年組で思い出すのは伊藤麻衣子ちゃんの「September Summer」も印象的です。
ごめんなさい、続きます

続き
ところで詳しく調べれてないですが高見知佳ちゃんもきっと100~200位の間を長い間ウロウロしてた曲がたくさんあったんでしょうね~「ジャングル・ラブ」含めて。
資生堂vsカネボウが90年代に入るとなくなったから寂しかったものです。涼子ちゃんの「私の心にKISSをして」とか美穂ちゃんの「くちびる」とかは化粧品のキャンペーンソングにピッタリな曲なのにそういった時代ではすでになくなってましたからねぇ…
http://www.youtube.com/watch?v=FD2KITKiaro&sns=em
常盤貴子ちゃんが歌手デビューしたなかにし礼先生のアルバム、ナンノも参加してるんですよ。ナンノって百恵ちゃんのトリビュートアルバムでも「冬の色」を歌ったりと現在でもちょこちょこ歌の仕事してくれるから(カバーでも)ファンは嬉しいんでしょうね。
剛力彩芽ちゃん、どんな行動に出ても批判する人がいるからホント気の毒…でもたけしさんみたいな大物に評価されてるみたいだから未来は明るいはずです。ネット批判って凄い憤慨することばかりで…美穂ちゃんがこんなにバッシングされる時代がくるなんて想像もしてませんでした。「I am with you」もあんなに当時批判されるとは…
http://www.youtube.com/watch?v=Y_rw8eaGlZk&sns=em
これだけ批判あるとCD化はまず無理かなって諦めてたんですが、時間も経過してるし今回のBOXに収録されるかな?って淡い期待を抱いてたんですが、やっぱりダメで…こんなに名曲なのにもったいないですよね(泣)
「ヨルタモリ」で涼子ちゃんと宮沢りえちゃんの共演以上に感動だったのが、沖仁さまがU-zhaanさんと「恋しさ…」を演奏して下さったこと!!ホントは「スコール」を演奏してさらに涼子ちゃんが歌ってくれたらさらに最高だったんですが!!
もちろん市村さんという素晴らしい旦那様がいますが、涼子ちゃんと沖仁さまが結婚してくれたらさらに良かっただろな~そして、沖仁さまのギターをバックに涼子ちゃんが歌い続ける日々…想像するだけで最高です♪
ま、ホントはあたしが沖仁さまと結婚したいんだけど(笑)

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
5万枚近く売れているかもなんですか!そんなからくりがあったんですねぇ。
じゃあ実質5万は売れてますね、そういう集計の仕方であれば。

徳丸純子ちゃんもすごかったんですね。100位入りするのも大変だったとは。
80年代はそういうイメージなかったので驚きです。
自分が良くオリコンを見ていたのは90年代初期なので、CoCoとかribbonとかで上位にいけてたのは、やはりものすごいことだったんですねぇ。

よねみーの「恋人よ」もロングセラータイプだったんですね!
なんだか納得できますね。でも爆発的にヒットしてほしかったというのも本音ですが。

HIROMI NGと似たパターン、そうですね!よねみーの「SUNDAY 6:00PM」!
そう思えばほぼ同じですよね!ひろちゃんとよねみーの曲にそんな共通点があったとは、盲点でした(笑

原真祐美ちゃん「Bye,Bye,September」、名曲ですね!
「NAGISA HOTEL」はアルバムの曲ですよね。聴いてみなきゃいけないです!
他の曲はスルーしていましたか。ラパスさん的に言うと小林千絵ちゃんの「水色のカチューシャ」のパターンですかね!

ribbonちゃんのキラキラ路線時代に「Bye,Bye,September」カバー、やってほしかったですね!
あの頃ならやれましたよね!コーラスもキレイに入れられそうな曲ですしね!

「妹みたいじゃだめですか?」、願望を言っちゃいましたか(笑
いろいろと反動があるんですかねえ(笑
涼子ちゃんも反動ですかね(笑 「スコール」のジャケットの衣装はかわいいですよね^^

TOKIOの番組で、男の子のファンが少なかったと言ってましたねえ。
そうだったんですね??ちーちゃんはそのイメージですけど涼子ちゃんって男性ファン多そうで。
ブリブリアルバムあると良かったですよね。新しいファンが増えましたよね、きっと!

伊藤麻衣子ちゃんの「September Summer」なんてのもあったんですね!!
夏を引きずっている感じが最高です!笑

>ラパスさん

続きです。

高見知佳ちゃんも100位以下をうろうろしていたタイプの歌手でしたか。
「ジャングル・ラブ」もそうかも知れないですか。

資生堂vsカネボウ、なくなっちゃったんですね。
90年代に入ってアイドルバトルしてほしかったですね。

涼子ちゃんの「私の心にKISSをして」!確かに化粧品のCMに合いそうです!!
美穂ちゃんの「くちびる」もそうですね!美穂ちゃんはやっぱり化粧品のCMキャラクターにぴったりですしね!

常盤貴子ちゃんの参加アルバム、ナンノまで参加ですか!
知りませんでした!「冬の色」までカバーしてたとは!!!
CD出してくれるのは嬉しいですよね!
今の時代は本人が新曲出したいと思ってもなかなかCD発売までは難しいでしょうしね。
なんらかのかたちで出してくれるのは嬉しいですね!

剛力彩芽ちゃん、たけしさんに評価されているんですね!
それなら芸能界で生き残れそうですね(笑
ネット批判はつらいですよねぇ。今の時代はねえ、大変ですよね・・・。有名人の方々。

美穂ちゃんのバッシング記事は読んでいないのでわからないんですが、そんなことがあったんですね。
「I am with you」でバッシングですか・・・
何らかの形でCDやDVDになって、それをチャリティーに・・・という展開があれば良かったですよね。
この曲を聴いて心の支えになった人もいると思いますし。

「ヨルタモリ」、「恋しさ…」演奏していただいてましたねぇ。
「スコール」を歌ってくれたらほんと最高ですよ!!!夢のようです!!!
音楽カップルも素敵だったでしょうねぇ。
そうですね、市村さんが素晴らしい旦那様ですもんね。ほんと幸せそうで^^
あはは、では沖仁さまはラパスさんとご結婚を(笑
涼子ちゃんに、祝福の歌を歌ってもらえると最高ですね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/61523354

この記事へのトラックバック一覧です: Bye,Bye,September/原真祐美:

« 未確認飛行少女/羽野晶紀 | トップページ | GAME/宮沢りえ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連