無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

秋のスケッチ/キャンディーズ

◆レビューNo.767◆
Photo

「秋のスケッチ」キャンディーズ
作詞:竜真知子
作曲:穂口雄右
編曲:穂口雄右
(1975年10月1日発売のアルバム「その気にさせないで」収録)

キャンディーズの5枚目のアルバム収録曲です!

「キャンディーズ・オリジナル・アルバム!
 さらにステップ・アップを目指す意欲作。
 今またここにキャンディーズの新しい世界が開けていく・・・・・・」

そんな、進化したキャンディーズにわくわくするようなコピーが付けられたアルバムからの曲です☆

ランちゃん、二十歳。
スーちゃん、19歳。
ミキちゃん、19歳。
まだまだ若い3人ですが、アダルティーですね~。キャンディーズの実力を感じますよね~。
極上の歌声で、エレガントな秋の訪れを感じさせてくれます☆

ボサノバ系の楽曲で、オシャレですね~。
この曲、75年当時かなり時代を先取っていた曲なのかな?って思います。

傑作と名高い作品ですね!
『秋のスケッチ』に関してネットで調べてみても、絶賛の声が多いですね。
それがアルバムの中の1曲だなんてね、信じられないですよね。
アルバムの中でくすぶっているのがもったいないほどの名作です♪

イントロから極上の時間をそっと差し出してくれます☆
もう、うっとりですよ+.(*’`*)゚+
心地良すぎて眠っちゃいそう(笑

それにしても煌びやか!
優雅に可憐にエレガントに☆
キャンディーズのコーラスワークの完成度の高さに驚かされますね。
ほんとに美しくて。

19、20歳で、この実力と大人っぽさってすごいですよね。
時代なのかなんなのか、今のアイドル19歳、20歳位のアイドルとは違いますね。

『秋のスケッチ』は、ミキちゃんのソロパートからはじまって。
ミキちゃんの包容力を感じる歌声に、メロウな雰囲気を味わえます☆

そこにランちゃんとスーちゃんの美しいコーラスが重なり合って。
陽射しが射しこむ窓にかかるまっ白なレースカーテンを、そよ風が揺らしているようなさわやかさ♪

揺り椅子に揺られながら、レモンジュースを飲みたくなる気分☆

あ~、ほんと優雅ですね、この世界観。

でも本当は寂しい曲で。
秋になって彼がいなくなってしまって・・・という失恋系の曲なんですよね。
ひと夏の恋が終わっちゃったのかな~、そんな切ない秋なのです。

彼が幻だったかのように、幻想的ですよね。
不思議な空気が漂っています☆

でもこのふわふわした感じが、心地良く感じます。
夢の中にいるような、そんな感覚。
秋ってそんな季節なのですね+.(*’v`*)+

秋色に染まった3人の歌声を聴いて、季節の移ろいを感じましょうね。

この曲は『秋のスケッチ』ですが、『季節のスケッチ』という曲もあるんですよね!
7枚目のアルバム「夏が来た!」(1976年7月21日)に、ミキちゃんのソロ曲として収録されていて。
こちらも素敵な曲で~。ミキちゃん、大人っぽいですね~。

こういう隠れた名曲がザクザク見つかるキャンディーズ、奥深いですよねぇ。
楽曲数も多く、まだまだ発掘していくのが楽しいです☆

秋の夜長はキャンディーズで決まりッ!(`・ω´・+)v

関連記事:
危い土曜日/キャンディーズ
そよ風のくちづけ/キャンディーズ
かーてん・こーる/キャンディーズ

2015年10月27日 (火)

あなたといっしょ/中川雅子

◆レビューNo.766◆
Photo_4

「あなたといっしょ」中川雅子
作詞:前田たかひろ
編曲:HAPPO
(2015年10月4日発売)

中川雅子ちゃんの1枚目のシングル曲です!

「頭は10代。見た目は20代。でもホントは30代」の、中川雅子ちゃんです☆

はい、『あなたといっしょ』については、以前も記事にしております↓
あなたといっしょ/中川雅子 from TPD DASH!!

ですが今回どうしても記事にしたいタイミングですので、2回目の『あなたといっしょ』、いっちゃいます☆
同じこと、書いてしまうところもありますがご了承~。

『あなたと一緒』はまちゃこちゃんがTPD DASH!!だった頃のオリジナルソロ曲♪

14才から約4年間、東京パフォーマンスドール(TPD DASH!!)に在籍していたまちゃこちゃん。
TPDに入った理由は、「(給食が食べたくなくて)学校に行きたくなかったためアイドルになったら堂々と学校が休めるから」、だそうです。
この事実、最近知った~笑
学校よりもキツイと思われる、体育会系のTPDに加入するというね、素晴らしい選択で(*从>∀o*)o.゚。*・
その辺の話しの詳細は、コチラ↓のまちゃこちゃんのインタビュー記事で!
http://www.cyzo.com/2015/08/post_23530.html

まちゃこちゃんは当時、妹系アイドルっていう感じで好きでしたね~。
なんとなく「八木田麻衣ちゃんに似てる感じがする!」という印象を持っていました。
ショートカットで笑顔が似合う女の子でしたからね☆
でもなんせ、自分はDASH!!のライブには行ったことがなかったので、そんなに見る機会はなく。
テレビやライブ映像や雑誌で時々見る感じでしたね。

しかも、TPD DASH!!のアルバムに、まちゃこちゃんのソロが入っていないと言う事実il||li(つд-。)il||li
ショックですよね~。まちゃこちゃんの曲もCDで聴きたかったですよね、ほんと。

まちゃこちゃんもこの悔しさをバネにしてがんばってきたんですよね。
ほんと素晴らしい!
諦めずに続けるというすごさを実感させてくれています!

当時のファンの人たちの、『あなたといっしょ』がCDになってほしかったという思いを、こうしてかなえてくれたわけですよね!

単にCDを出したかったのではなく、『あなたといっしょ』という曲を世に出したかったというのも納得できます!
本当にファン思いのまちゃこちゃんなんです!!

TPD時代から『あなたといっしょ』と苦楽を共に過ごしたまちゃこちゃん。
まちゃこちゃんと20数年、寄り添って過ごしてきた『あなたといっしょ』が、多くの人に届くことがまちゃこちゃんの1つの夢でもあった訳ですからね~。
素敵ですね~。
あきらめずにずっと続けるって、なかなかできないことだと思いますよ。
アイドルも、ずっと続けていける人なんてほとんどいない訳で。
自分が続けたいと思っても、続けれるものでもないですもんね。
それもほんとすごいことです!
永遠のアイドルの道を、しっかり歩んでいるな~って.+:*.(∞’`人)⌒☆

そんな中川雅子ちゃんの『あなたといっしょ』CD発売記念ライブが2015年10月4日に赤坂CHANCEシアターで行われました!!!

 中川雅子 「まちゃこCD発売記念Live」
 「あなたといっしょ」が、ついにCD化!
 開場17:45 開演18:00 
 [全席自由] 前売2,500円/当日3,000円(1ドリンク代500円別)

Photo_3


セットリストはコチラです↓

 01.OTONA-REVOLUTION
 02.ブギウギ・ダンシング・シューズ
 03.JUST LIKE MAGIC
 04.Romanticに背伸びして
 05.悲しきBOY
 06.イチゴの片想い
 07.青空のハイウェイ
 08.レモンのKiss
 09.キミはボーイフレンド
 10.We are The Dreamer
 11.空に太陽がある限り
 12.あなたといっしょ
 13.OTONA-REVOLUTION
 

※セットリストはじょせふぃ~ぬさんのブログの記事を参考にさせていただきました。
ありがとうございます!!記事、ずっとまちゃこちゃんを見守ってきたのが伝わってきて感動します☆
http://ameblo.jp/josefienu/entry-12083488872.html

まちゃこちゃんが日々頑張って編集した映像をバックに歌うまちゃこちゃん。
その映像とは、まちゃこちゃんがTPD DASH!!時代の公演の映像で、現在のまちゃこちゃんとTPD時代のまちゃこちゃんがリンクしていくんですよね~。
素敵な演出でしたよね!
どっち見ていいやらわからなくなりましたが(笑
昔の映像もものすごく気になるし、もちろん今のまちゃこちゃんも見たいし!

でもこれほんとすごいです!
この映像の編集自体、まちゃこちゃん本人がやっていて、これはほんと大変な作業だったんじゃないでしょうかねぇ。
作業の様子は少しTwitterでも読み取れましたが、苦労の末の作品だと思います!素晴らしいです!
観に来てくれる人を、最大限に楽しませてあげようと言う思いが伝わりますね!
まちゃこちゃん、ステキな演出をありがとうございます!!!

またこの映像の上映会もやっていただきたいですね☆

昔のショートカットのまちゃこちゃんもかわいかったです(*бωб*)
まちゃこちゃんのヒストリーを感じ取れました。

時空を超えたライブ、とても良いものを見せていただきました!

こちらはライブ後の物販特典会の、チェキとサインです☆
PhotoPhoto_2
まちゃこちゃんが描いたまちゃねこのバッジもかわいい!!
10月5日お誕生日のまちゃこちゃんのお祝もできました!
CD発売と誕生日という素晴らしい記念すべきライブとなりましたね゚+゚*((Pq’v`★)゚+。

もっとCHANCEのライブにも早く通えば良かったですよね、ほんと。それが後悔ですが。
まちゃこちゃんのライブを観に行くのにすぐ足を運べなかったのは理由があって。

自分の中のまちゃこちゃんは、やっぱりDASH!!の頃のあのショートカットで妹のようなまちゃこちゃんで。

Twitterで見かけたまちゃこちゃんは、全く違った印象で。
それで、なんだか受け入れられない時期があって。
これはほんとにあのまちゃこちゃんなのか?って(笑
「何か違う」と思い、どこかつながらなかったんですよね~。

それが、TPDの上映会で見たまちゃこちゃんが、やっぱりあの頃のまちゃこちゃんだと一瞬にしてつながりましたね!
言えるほどDASH!!当時のまちゃこちゃんを知っている訳ではないですが、重なりました!
それからまちゃこちゃんを観に行くのが楽しくなって~。
今後もCHANCEライブなど通い続けたいですね!

が、しかし・・・(この先はまた後で語ります)

と言うことで『あなたといっしょ』の話しへと。

だがしかし!もう存分に語ったと思うので、この辺で~Σ(o゚ε゚´oノ)ノ
あっ、とにかく、現在のまちゃこちゃんが歌う『あなたといっしょ』も素晴らしいですよ!
ほんとイントロから感動します。まちゃこちゃんの夢があふれだす1曲です♪

そうそう、では『あなたといっしょ』のカップリング曲『OTONA-REVOLUTION』の話しをちょこっと。
またこの曲についてもしっかり書きたいと思ってますので今回は軽く。

この曲はこの曲でまちゃこちゃんの夢が詰まった曲なんですよね。
今回のライブでも重要な曲になっていて!

まちゃこちゃんのアイドルという活動の、物語性を感じさせてくれます☆
大人になったまちゃこちゃん、これからもどんどん革命を巻き起こして下さいね!!

で、最後に。
まちゃこちゃんが活動するCHANCEから重要なお知らせが届きました。
http://tmedge.jp/chance/index.html

そうですか。゚(´つω・`。)゚
CHANCE休止なのですね。突然の知らせ・・・。
自分はマイペースでしか観に行けないのですが、やはりもう観れなくなるのは寂しいですね。
また再開することを願って。
一旦、お疲れ様でした!ですね。

まちゃこちゃんの物語はまだまだ続きます!
新たなCHANCEをつかんで、新しいステージへとステップアップ!頑張ってほしいです!
今言えるのは、それだけですね!
永遠のアイドルまちゃこちゃんに、どこまでもついていきましょう♪

いつまでも夢を見せてくれる「まちゃこといっしょ」にねo(*’▽’*)/☆゚’

まちゃこちゃんが頑張っているから、自分もあきらめずにがんばらなきゃって思えます!!
ありがとうございます!

関連記事:
WAKE ME UP!!/東京パフォーマンスドール
WEEKEND PARADISE/東京パフォーマンスドール
夢を/東京パフォーマンスドール
涙のパラダイス/東京パフォーマンスドール
Saturday Night Fantasy/東京パフォーマンスドール
Can't Stop The Music/東京パフォーマンスドール
シェリーに口づけ/東京パフォーマンスドール
JUST LIKE MAGIC/GOLBIES(ゴルビーズ)
純愛90's/原宿ジェンヌ
千夜一夜/原宿ジェンヌ
史上最大の誘惑/ViVA! from 東京パフォーマンスドール
ブギウギ・ダンシング・シューズ/木原さとみ
銀色のシルエット/木原さとみ
雨の日 晴れの日/米光美保
異国~TOKYO IN THE NIGHT/篠原涼子
Sincerely/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール
I Want You!/穴井夕子 from 東京パフォーマンスドール
WILD CHILD/穴井夕子
HEAVEN2/穴井夕子
おちゃめなジュリエット/市井由理
ラッキー・ラブ/八木田麻衣
青空のハイウェイ/八木田麻衣
東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ/TPD DASH!!
空に太陽がある限り/TPD DASH!!
夏がキライ/東亜佐美
クリームソーダ/篠原礼(TPD DASH!!)
恋のイエローカード・パトロール/TWO TOPS
五月の風時計/大藤史
あなたといっしょ/中川雅子 from TPD DASH!!

2015年10月25日 (日)

あなたじゃなければ/瀬能あづさ

◆レビューNo.765◆
Photo

「あなたじゃなければ」瀬能あづさ
作詞:三浦徳子
作曲:中崎英也
編曲:上杉洋史
(1992年10月21日発売)

瀬能あづさちゃんの4枚目のシングル曲です!

1992年5月17日の日本武道館でのコンサートで、CoCoを卒業し、『君の翼~だいじょうぶだから~』をリリース。

この曲はCoCoから独り立ちした心境を歌っているような内容でしたね。
それから完全なソロ活動を開始し、ついに『あなたじゃなければ』でバラード曲をドロップ!

あっちゃんのエレガントな歌声!ブリリアントですね~☆
渾身のバラード曲をシングルで満を持してついにリリース!!

CoCoの元気でかわいい笑顔が似合うイメージとは違う、大人のイメージ!

この曲で、歌手”瀬能あづさ”が確立したとも言えますね。
『あなたじゃなければ』で歌手として大きな1歩を踏み出したあっちゃん。

この曲を聴いたのかどうか、THE ALFEEの高見沢俊彦さんに才能を認められて、プロデュースしてもらえたわけですよね。

それ程あっちゃんの歌唱力を活かした素晴らしい作品だと言うことは言うまでもありません☆

そしてこの楽曲、ニッポン放送「伊集院光のOHデカナイト」のスーパーミュージックリサーチで1位を獲得したそうで~。
あっちゃんさすがですね!

CoCo時代からバラードが似合うな~、と思っていまして。
CoCoの『メロディ』をソロコーナーで歌っていた時に、素晴らしい!と感じましたね。

バラード楽曲以外にも、大サビでの壮大なパートのあっちゃんの伸びやかな歌声!
ほんと素晴らしくて~。

CoCoの中でも歌唱力が飛び抜けていたあっちゃんですもんね。

ロック系の楽曲もあっちゃんのパンチのある歌声と弾ける笑顔でマッチしていましたが、バラードもあっちゃんの真骨頂ですよね~。

『あなたじゃなければ』では完全に"歌手"の顔でしたし。

堂々と歌い上げるあっちゃんに、圧巻でしたね。
歌への強い思いも感じ取れました!

あっけらかんと笑っていた笑顔がトレードマークだった頃の、CoCo時代のあっちゃんとは違い、グッと大人になったようでした。

そう言う意味で、少し寂しかったようにも思います。
あっちゃん、もうアイドルじゃないのか~、みたいな感情がこの曲あたりから芽生え始めましたね。

それでも歌手としてずっと活動していってほしいなと思っていた一人であります。
歌手として大成するのを願っておりました*゚($’v`$)。*゚

あっちゃん自身、歌が大好きで、歌で泣いたり元気をもらったりしていたので、そういう歌手を目指していたんですよね。
そういう影響力のある歌手になれる実力を持ってましたね。

『あなたじゃなければ』は、歌詞も今までの殻を破ったような内容で。

まず出だしから♪引き裂いてみてよ この胸を・・・♪ですもんね。
ドッキリドキドキです(笑
19歳のあっちゃんは、やはりひと味違います☆

やはり、ポスト"工藤静香"感はありますね。
もちろん、あっちゃんらしさや、静香ちゃんとは違ったオリジナリティはきちんと持っていたので、ただの真似にならずにすんでいたのだと思います。

あなたじゃなければ歌えない歌、きっとあるんです!
あっちゃんじゃなければ、ね!

https://www.youtube.com/watch?v=c1CPpkSjPhI

関連記事:
土曜の夜にRainbow/瀬能あづさ
君の翼~だいじょうぶだから~/瀬能あづさ
6月の海/瀬能あづさ
秋/瀬能あづさ

2015年10月21日 (水)

シャボンのため息/宮前真樹 with CoCo

◆レビューNo.764◆
Sylph

「シャボンのため息」宮前真樹 with CoCo
作詞:宮前真樹
作曲:山口美央子
編曲:山川恵津子
(1992年12月16日発売のCoCoのアルバム「Sylph」収録)

宮前真樹ちゃんのCoCoの5枚目のアルバム収録曲です!

その前に、宮前真樹ちゃんのライブに行ってきました~!
なんと10年以上ぶりに人前で歌うというスペシャルなライブです!!!

真樹ちゃんがお店に立っていた銀座の「キマエマヤミ」(2008年オープン)から、ライブを切望する声が上がっていましたよね。
それが叶ったのは、田中有紀美ちゃんのおかげであります!
有紀美ちゃんが全て手配して、段取り組んでライブまでこぎ着けたそうで。
真樹ちゃんも感謝しておりましたが、自分含めお客さんみんなゆきどんに感謝ですね!
本当にありがとうございます!!みんなでお礼を言わなきゃならないですよねぇ。

と言うことで、はんぶん不思議な二日間がスタートです♪
今回は、1日目にエムナチュールでライブ2回。
2日目に有紀美ちゃんのホームとも言える風知空知で真樹ちゃんと有紀美ちゃんの2人でのトークライブと、2DAYSでした!!!

まずは、1日目の、エムナチュールでのライブを振り返りましょう☆

 ■宮前珈琲館■

 ☆10月17日土曜日
 ☆一部14時~☆二部19時~
 参加費¥7500(税込)
 お料理6品飲み放題付き

「宮前珈琲館」は、食事をしながら真樹ちゃんの話しを聞いたり真樹ちゃんの歌を聴いたりしましたね。

こんなCoCoちゃんの曲のタイトルが付いたドリンクもあり!
Photo_4Photo_5
「ひまわり」を飲みました~。ひまわりをイメージされてますね~☆
Photo_6Photo_7Photo_8
撮り忘れもあるためこれで全部ではないですが、食事もおいしかったです!

1番乗りで並んだため、席もかなり真樹ちゃんに近く。
もう近すぎて、直視できませんでした(〃ノωノ)
いや、真樹ちゃんも近すぎて笑っちゃうし(笑
ちょっと下がって歌ってましたが、あまり見すぎないように聴いてました(笑
あまり見てほしくはないらしく(笑

 昼の部のセットリストはコチラ↓

 1.シャボンのため息
 2.君がくれた宝石[ジュエル]
 3.ひまわり
 4.明日の恋
 5.EQUALロマンス(with 田中有紀美)

 夜の部のセットリストはコチラ↓

 1.シャボンのため息
 2.明日の恋
 3.赤い花束(中嶋美智代)
 4.君がくれた宝石[ジュエル]
 5.ひまわり
 6.EQUALロマンス(with 田中有紀美)

まきボーの好きな曲を歌ったらこうなったっていう感じのセットリストで!

そうそう、ライブ前に、写真を購入してサインをしてもらったんですけど、そこでこう伝えました。
「季節的に難しいかもしれないけど、『夏の友達』が大好きなので歌ってもらえるといいなあ」と。
まきボー、自分が『夏の友達』が好きな事をわかっててくれたんですよ~。それが嬉しかったですね。
前々から何度かそのことを伝えていたのでね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

MC(というのかな笑)でも、「『夏の友達』が好きと言ってくれる人がいたり・・・」とかそのことにも触れてもらえて。
結局歌われなかったけど、その言葉が聞けただけでもありがたかったです☆

選曲もまきボーの歌声に合う、優しいふんわりした楽曲ばかりですね♪

有紀美ちゃんとの『EQUALロマンス』も最高でしたね!
やはり歌声が合いますね~。
真樹ちゃんも、「2人の声が重なるとアイドルみたい」とおっしゃってましたが、まさにそうで!
個人的には2人でのライブもやってほしいと思ってます!ユニット組めます!笑

夜の部ではミッチー(中嶋美智代ちゃん)の曲も歌ったそうで!!
これは!聴きたかったな~。
まきボーと美智代ちゃん、乙女塾時代からの親友ですもんね。

宮前真樹ちゃん&田中有紀美ちゃん、素敵な時間をありがとうございました!

そして次の日・・・

2DAYSラストは、2人のトークライブ!!!

 ■トークライブ 田中珈琲店ミーティング■

 2015年10月18日(日)
 トークライブ 田中珈琲店ミーティング
 ゲスト:宮前真樹
 場所:下北沢 風知空知
 開場:18:00 開演19:00
 前売り:3500円+1D お子様(中学生以下)2500円+1D
 当日4000+1D

Photo

ゆきどんとまきボーのアイドルトーク!
アイドル時代の話しからいろいろ、興味深い話がたくさん聞けましたね!

2人のアイドル時代の関係性だとか。
当時はCoCoが先輩でMelodyは後輩だったので、特に話したことがなかったそうで。
そこから飛び出した、【恐怖の黒ドレス事件】(笑
要は、まきボーとゆきどんが一緒に歌う時に、似た感じの衣装で丸被りしてしまったという。
先輩のまきボーと同じような衣装になってしまった有紀美ちゃん、替えの衣装もなく、そのまま出ることになったそうな~。
有紀美ちゃんはしっかり覚えていたのですが、まきボーは映像を見ても思い出せなかったそうです。
それがコレ↓の16分50秒くらいからのメドレーのやつね。

本当に似てますね( ゚Д゚)
まるで2人組ユニットかのような~。
今となっては良いコンビ!と笑って言えることも当時は恐怖だったでしょうね~。

それにしてもこの映像、大阪パフォーマンスドールも出ていて、今の「アイドル会」のメンツがたくさんいてすごいんですよ!
あ~、いいな~!
OPDの映像を見て、「今でも変わらない」と有紀美ちゃんもおっしゃってましたが、ほんとそうなんですよね。
もちろん有紀美ちゃんやまきボーもそうなんだけど、この頃のアイドルの変わらなさが驚異です!
変わらずいてくれるのは、嬉しい事ですね!

そして休憩を挟み、質問コーナーなど。
その中で、真樹ちゃんがCoCoのメンバーのソロ曲で好きな曲を挙げていたのがおもしろかったのでまとめておきます!

 ★宮前真樹ちゃんセレクト CoCoのメンバーのソロ曲で好きな曲♪

 大野幹代 → 行かないで夏休み
 羽田惠理香 → 無言のファルセット
 三浦理恵子 → 日曜はダメよ
 瀬能あづさ → もう泣かないで

だそうです~。メモメモ!
ミッキーの曲とかいいところついてきますね!

そんなこんなで、無事2DAYSも終了した訳です。
まきボー、ゆきどんお疲れ様でした~!!

と、言うことでライブでも歌われた『シャボンのため息』です♪

この曲は真樹ちゃんの作詞!!
そこ重要ですよね!

乙女チックな真樹ちゃんらしい歌詞で~。

まきボーのソロ1曲目と言えば、CoCoの4枚目のアルバム「Share」(1992年3月25日)の『笑顔でNo-Side』ですが、こちらは元気な女の子のイメージでしたね。
ショートカットのまきボーの元気で明るい!イメージそのものの楽曲で。

ところがまきボー本人が作詞してみれば、乙女チックなが曲が出来上がったと言う。
これが真樹ちゃんの素に近いんでしょうね。
ボーイッシュなイメージだけど、実はメンバー1女の子らしいという話も聞いたことありますし。

ソロデビュー曲は、CoCoのアルバム「Sylph」と同日発売の『夢へのポジション』(1992年12月16日)。
『シャボンのため息』と同じ日に発売された訳ですが、雰囲気が全く違って。

『夢へのポジション』はアニメ関連でしたからね。
真樹ちゃんのイメージとはまた違っていたような。

『シャボンのため息』をシングルリリースしていたら、また真樹ちゃんのソロでの歌手活動も、違っていたでしょうね~。

透明感があってキラキラした楽曲に、真樹ちゃんの乙女な歌声がまたマッチしていて。

まきボー自身、シャボン玉が大好きと言ってましたもんね。
家でシャボン玉を吹いていると語っていたことも(笑

まさに、まきボーらしい楽曲ですね!
まきボーのソロ曲と言えば、『シャボンのため息』が1番に思い浮かぶほどなので、それ程イメージに合ってたんだな、と思います!

宮前珈琲館で聴いたまきボーの『シャボンのため息』も、乙女の心が失われていない、キラキラした歌声でした!
ほんと癒されますね、この曲と歌声に☆

もっと真樹ちゃんの生歌を聴きたい!と言うことで!!
なんと!2016年1月には真樹ちゃん、ライブを行うそうですよ!
今回のライブよりも歌うそうなので、大注目です!!
正直今回は内容的には満足でしたがやはり曲数は少なかったな~、と曲数に関しては物足りなさも感じていたので、これは朗報です!!!

今まで歌はかたくなに断っていたように感じていたので、ほんと有紀美ちゃんのおかげですよね!
ありがとうございます!!!!!

最後に感動の田中有紀美ちゃんのブログを読みましょうね↓
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12085901396.html
素敵な関係ですね~。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そして最後に、2日間のライブの物販で購入した写真と手作りバッグとサインです!
Photo_2Photo_3

この手作りバッグがまた良かったんです!!
まきボーとゆきどんの手書きです!!
この有紀美ちゃんのブログ↓を見ると、ほんといろんな絵があって楽しいですよね!!
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12084631058.html
かなーり迷って結局1枚目に描いたという栗を購入しました(笑
秋ですからね~☆

「Cafe Restaurant M.Nature」のイベントの記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/mnatureblog/entry-12085840857.html
宮前真樹ちゃんのイベントの記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12086252436.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12086241887.html
http://ameblo.jp/makibotchi0116/entry-12085390440.html
田中有紀美ちゃんのイベントの記事はコチラ↓
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12085738906.html
http://ameblo.jp/tanaka-yukimi/entry-12085896012.html

関連記事:
はんぶん不思議/CoCo
夢は眠らない/CoCo
夏の友達/CoCo
思い出がいっぱい/CoCo
妖精たちのラプソディー/CoCo
君の歌、僕の歌/CoCo
Live Version/CoCo
幸せかもね/CoCo
さよなら/CoCo
ひまわり/CoCo
行かないで夏休み/大野幹代 with   CoCo
笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo
ちいさな一歩で/CoCo
夏と君と・・・/宮前真樹

2015年10月20日 (火)

やわらかい風/宝生舞

◆レビューNo.763◆

「やわらかい風」宝生舞
作詞:末永都
作曲:坂本昌之
編曲:坂本昌之
(1994年10月11月 NHK「みんなのうた」オンエア)

 

宝生舞ちゃんの1994年発表の楽曲です!

この曲CD化されていないなんて、もったいないですよねぇ。

舞ちゃんのさわやかな歌声が聴ける楽曲ですね☆

舞ちゃんの本格的な歌手デビューは、1997年11月6日リリースの『Carnival』なので、その3年前の楽曲になる訳ですが。

NHK【みんなのうた】でも放送された楽曲で。
舞ちゃん、17歳の頃の楽曲なんですよね。

歌う姿を見てもまだあどけなさが残ってます!

歌声も、アイドルです!!!

宝生舞ちゃんの歌っているイメージって、笑顔よりも凛々しい顔の方が印象強いんですよね。
顔立ちがね、丹精ですからねぇ。
本格的に歌手デビューしてからは、楽曲もアイドルポップスと言うよりアーティスト志向でしたしね。
ドール感のある見た目なので、いつもキリッとした表情が多いように思えました。
ドラマでもそういう焼きが多かったですからね。
人気ドラマ【ショムニ】での、あの無表情な感じのイメージも強く残っているからでしょうね~。

なのでこんなに笑顔が見れる曲って言うのも珍しいですね!

照れた感じで歌う舞ちゃんがほんとに新鮮で。
まだまだ未完成な感じが見て取れて素晴らしいです(。uωu。)

この危うさが、少女の微妙な心の揺らぎを表現しているようで~。
ドキドキが伝わってきますね!

『やわらかい風』は、少女の気持ちを歌ったさわやかな楽曲♪
秋はなんだかセンチメンタルに物悲しくなりがちですが、この曲を聴くと新しい季節に心弾みますね☆

心地良い秋風に包まれて、想いを空へ飛ばしたいですね!

穏やかな秋晴れの午後に、夢心地になれる1曲です。

この曲、2015年2月21日に【みんなのうたリクエスト】(土曜20:55 - 21:00)で本放送から約20年ぶりの再放送されていたんですね。
見れば良かった~。見逃しちゃいましたよ。
20年ぶりに少女の頃の舞ちゃんに出逢えるなんてね。

と言うことで、また放送されるようにリクエストしなきゃですね。

↓こちらがリクエストフォームです♪是非~☆
http://www2.nhk.or.jp/minna/search/index.cgi?id=MIN199410_04

そう言えば舞ちゃん、不明者リストに載っちゃったらしく、話題になったこともありましたね。
驚きました~。
消息はつかめたようで、リストからも削除されたそうで。
無事で良かったです!

きっと今もどこかで、やわらかい風に包まれて過ごしてくれていることでしょう*)゚+ ゚+゚*((Pq’v`★)゚+。

2015年10月15日 (木)

Virgin少年に接吻を/生稲晃子

◆レビューNo.762◆

Virgin

「Virgin少年に接吻を」生稲晃子
作詞:売野雅勇
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1988年9月21日リリース)

生稲晃子ちゃんの2枚目のソロシングル曲です!

おニャン子クラブ会員番号40番の晃子ちゃんです☆
とは言え、1988年当時は既におニャン子クラブは解散。
工藤静香ちゃん、斉藤満喜子ちゃんとのユニットうしろ髪ひかれ隊も、活動休止して、完全ソロとして活動していた頃の楽曲ですね♪

『麦わらでダンス』に続くシングル曲♪
『麦わらでダンス』の路線を引き継いでいる、マイナー系のダンスナンバー♪♪

晃子ちゃんのイメージはお嬢様っぽくほんわかしていてゆったりした楽曲が似合いそうなイメージなのですが、こういう曲を歌わせるんですね~。

おニャン子クラブで近いイメージだった(と思われる)渡辺満里奈ちゃんのソロとの住み分け的な感じでしょうかね。
同じような楽曲を歌っても新鮮味がない、みたいな感じかな?(想像ですが)

まあ、うしろ髪ひかれ隊の路線を組んでいる楽曲、と言えばそうですよね。
晃子ちゃんがうしろ髪ひかれ隊を背負って活動を続けた流れ、と言ってもいいのかも知れないですね。

そう言えば話が逸れますが、古谷一行さんと早見優ちゃんが親子役で初共演したドラマ【アメリカ映画みたいに】で、生稲晃子ちゃんが女子大生の役で出演されてまして。
そこで名言(笑)、「ラッキー ポッキー これっきり~!」が印象に残りました(笑
こないだ再放送をやっていてちょっと見たんですけどね。
晃子ちゃんの(当時の)現代風女子大生っていう感じが良かったですよね☆
1989年の放送のドラマだったので、『Virgin少年に接吻を』の後になりますが、ほぼ同時期と言えますね。

と、横道に逸れてしまいましたが~。
『Virgin少年に接吻を』について話を戻しましょう。

読みは、「バージンしょうねんにくちづけを」です☆
「接吻」は「くちづけ」ね!OK~♪

タイトルからドキッとしちゃいますね!
清楚な雰囲気の晃子ちゃんとのギャップでね。

工藤静香ちゃんが歌うとハマり過ぎておもしろみにかけるから、晃子ちゃんの楽曲としてまわってきた感じでしょうかねぇ。
とても良い曲なのは確かですよ!

アレンジがビシバシ来ますよね~笑
激しくムチで打たれるような(笑
わかります、サビの最高に盛り上がる部分のビシバシくる感じ(*’A^q)
晃子ちゃんがムチをふるう・・・ってオイ!

でもなんだかそんな感じですよね、歌詞を見ると。
いや、SMの歌じゃあないですよ(汗
内気な男の子を、大人へと目覚めさせようとするっていうね。

そんな積極的な少女もいざとなったら・・・というオチですね。
そこに晃子ちゃんらしさが覗いているようで、リアルを感じるのですね。

晃子ちゃんの本気を、この曲から読み取りたいですね(*бωб*)
晃子ちゃんの、愛のムチをあびながら←

関連記事:
ファンファーレが聴こえる/生稲晃子
Japanese Girl/生稲晃子

2015年10月 7日 (水)

HARAJUKU❤駅前Stageで逢いましょう!(原宿駅前ステージで逢いましょう)/原宿駅前パーティーズ

◆レビューNo.761◆
Photo

「HARAJUKU❤駅前Stageで逢いましょう!」原宿駅前パーティーズ
作詞:伊秩弘将
作曲:伊秩弘将
編曲:佐久間誠
(2015年8月~原宿駅前ステージで発表)

原宿駅前パーティーズの楽曲です!

2015年8月24日に原宿の玄関口、竹下通りの【原宿駅前ステージ】で公演を開始した、【原宿駅前パーティーズ】!!!

ライジングプロダクションが手掛ける劇場型アイドルグループですね☆

そんな【原宿駅前パーティーズ】。
メンバーは多数いるのですが(メンバーの変動はありそうです)、4つのユニットに分かれています☆
その4つは、「ピンクダイヤモンド」「ふわふわ」「原宿乙女」「原駅ステージA(仮)」。

 ■ふわふわ■

 赤坂星南(19)
 石井美優(13)
 岩崎春果(12)
 遠藤みゆ(14)
 兼次桜菜(13)
 鈴木瞳美(14)
 高岡志帆(13)
 谷野有沙(14)
 塚本凪沙(15)
 中野あいみ(14)
 平塚日菜(15)
 山本七聖(14)
 山本七穂(16)
 吉澤瑠莉花(12)


 ■原宿乙女■

 上原瑠愛(15)
 加藤瑞歩(15)
 斉藤ジェニファー愛里(16)
 佐久間ジュリー(14)
 堤 理緒(16)
 中田陽菜子(15)
 三根優希(14)
 湯浅璃々愛(16)

 ■原駅ステージA(仮)■

 磯部杏莉(16)
 伊藤貴璃(14)
 入江ひなた(15)
 染野里奈(17)
 田谷菜々子(14)
 馬場夏美(18)
 牧野真鈴(16)

 ■ピンクダイヤモンド■

 大川まみ(19)
 清水愉子(16)
 瀧澤彩夏(16)
 辰巳さやか(16)
 野村舞鈴(17)

※こちらの情報は、2015年10月6日現在の公式ホームページで発表されている名前&年齢になります。

メンバーの詳しい情報については、公式ホームページでチェックしてみて下さいね☆
http://harajuku-estage.jp/

各ユニット、それぞれ個性がしっかりしているんですよね~。
「ピンクダイヤモンド」はグループの中では結構異質ですね、いい意味で!
男装をしたりと、歌もダンスも本格的でカッコいいです!
原宿駅前ステージが始まる前から存在していたグループと言うことで、実力派ですね。
バク転などアクロバティックなダンスでランウェイを縦横無尽に駆け巡ります☆
トップバッターで、開場を熱くしてくれるユニットですね!

「ふわふわ」は、名前通りPOPでかわいい!!
キャンディーカラーのカラフルな衣装がほんとにかわいいですね☆
メンバーもアイドルらしい子たちがそろっています♪
フレッシュすぎてまぶしいです!!
曲もほんとふわふわしててかわいーーーo(*’▽’*)/☆゚’
『ふわふわSUGAR LOVE』でのパンパンパンってやつー、三々七拍子も楽しくて~。

「原宿乙女」はモデルや女優を目指す女の子が集まっているだけあり、スタイル抜群で!
ここから人気女優が生まれるんだろうな~って。
みんな優雅!エレガント☆
ランウェイを歩く姿もほんと様になっていて~。
きらびやかな世界を堪能できますね☆
マジックも見所です!

「原駅ステージA(仮)」は、パワフル.+゚ヽ(`・ω・´)ノ.+゚
オーラもすごいし、アイドルの本気を感じますね☆
このままユニットでCDデビューしても良さそうな完成度で!
一人一人が個性的で、それぞれの個性が融合して最強のユニットになっています!
まさに、「エース」がそろったグループなのかも知れないです。
どの子がセンターになっても戦えますね☆
名前も募集中ということで、どんな名前になるのでしょうか!?

ということで、いろいろ話しましたがここでセットリストを。
セットリストは公演により、少し変わったりしているようなので、コチラはここ最近のもので。
(さらに現在セットリストは変わっています)

 ■セットリスト■

 01.can you hear my voice

 ♪ピンクダイヤモンド
 02.SUSHI PARTY
 03.Oh!-Ma-Tsu-Ri

 ♪ふわふわ
 04.ふわふわSUGAR LOVE
 05.ミルフィーユ
 06.WHITE SWEET KISS

 ☆ファッションショー☆

 ♪原宿乙女
 07.Gleek
 08.Bad Anniversary
 09.FINALE

 ♪原駅ステージA(仮)
 10.RockStar
 11.パラノイア
 12.Let's breakin' out!!

 ☆レインボートーク☆

 13.can't stop dreamin'
 14.原宿駅前ステージで逢いましょう

いい曲!!
どれも耳に残る!!
さすがライジングプロダクションですね~。

どの曲もシングル曲として勝負できる楽曲ですよ!
ベストアルバムを聴いているみたいな凝縮感♪
それを惜しげもなく1公演に詰め込んでいるなんてね~、すごいです☆

ファッションショーでは事務所の先輩の楽曲がかかっているのかな。
SPEEDやERIHIROの曲などが使われていたりして、そこも毎回楽しみなところなんですよね。
観月ありさちゃんの曲も聴けたらいいな~なんて。
そんな感じで細部に楽しめるものが盛り込まれています.+゚ヽ(`・ω・´)ノ.+゚

いろいろとサプライズもあり!
ふわふわのコメント入り風船プレゼントや、原宿乙女のチェキプレゼントなどなど。
そんな仕掛けがたくさん散りばめられた公演です♪

今後も通常公演のほかに、体育祭や生誕祭などさまざまな企画で楽しませてくれそうです!

と言うことで、公演のラストに原宿駅前パーティーズの全員で歌われている『原宿駅前ステージで逢いましょう』を今回はピックアップします☆

明るい楽曲だけど、どこか切なくなる要素も隠れていて。
ラストに感動を呼ぶ楽曲でもありますね♪

どことなく懐かしいメロディに思えるのも、切なさの要因になってるのかな。
きっと5年後、10年後に聴いたらさらにグッと来るものがあるんだろうな~。

原宿駅前ステージでは、ランウェイやステージに所狭しとメンバーが並び、歌い踊ります♪

振り付けもまた良いんですよね。
メンバーと目の前で指トントンできると、気持ちが一つになれる感じがします。
心打ち抜かれますよね~。
そしてみんなグルグル回って手を振ってくれて。
これで最後か~、っていう切なさをかみしめつつ、メンバーに手を振るのも幸せですね+.(*’v`*)+

ほんとオールスター登場!って感じでそれだけでも圧巻ですが、こんな最高の1曲を歌ってくれるなんてね。
青春です!青春゚+゚*((Pq’v`★)゚+。
青春時代に一気に戻してくれますね。

歌詞がまたね、健気で泣けますよね。

原宿駅前ステージで、逢いに来てくれるのを待ってくれているのですよ☆
ほんと健気だ~。
いつかはここから大きくなって巣立っていくことを思うと、胸が熱くなります。
その夢に向かって今、ここで頑張ってるんだな~、と、原宿力前ステージでの活動とシンクロしていきます♪
物語性があり、今後の行く末が気になりますよね。
シンデレラストーリー、見せてほしいです!!!

原宿駅前ステージから、スターが次々出てくれたら、本当に泣ける!
そんな作品!

きっとスターになった子も、この曲を聴けば初心に戻れるんだろうな~って勝手に想像してしまいますよね。
そこまで想像させてしまうんですよね。

CD化などはまだ未定ですが、原宿駅前パーティーズの動向が見逃せません!
原宿駅前ステージに、逢いに行かなきゃですε-(=`ω´=)

決して、有楽町に行ってはいけません!
「有楽町で逢いましょう」by フランク永井(違

2015年10月 2日 (金)

第23シーズンレビュー

あと3ヶ月で2015年が終わる~。早い!
秋ですね~。

夏色の第23シーズンも終了です。

ということで、7月からの3ヶ月のまとめです!
では第23シーズン(2015年7月・8月・9月)完結です!

第23シーズンでレビューした曲は、以下の18曲でした!

◆第23シーズンレビュー◆

  • ふへへへへへへへ大作戦/寺嶋由芙
  • いちばんの友達 ~I Hope Your Happiness~/永作博美
  • 青空をあげたい/Melody
  • 今度私どこか連れていって下さいよ/加藤紀子
  • 素肌の季節/MISSION
  • キスと流星/八木田麻衣 from 東京パフォーマンスドール
  • Happy Birthday/横山知枝
  • Wa・ショイ!/堀ちえみ
  • 毛サバイバル/MAX
  • SWEET&TOUGHNESS/南青山少女歌劇団
  • 蜜/田中有紀美
  • ジャングル・ラブ/高見知佳
  • 行くZYX! FLY HIGH/ZYX
  • 未確認飛行少女/羽野晶紀
  • Bye,Bye,September/原真祐美
  • GAME/宮沢りえ
  • 月影のジャワイアン/Niki-Niki
  • 帰らざるビーチ/かとうれいこ
  • いつもより少なめでしたね。
    と言うのも、前回第22シーズンの締めでお話しした通り、引っ越しをしていまして~。

    7月からバタバタしておりました。

    そんなこんなで引っ越しから約3ヶ月経って、部屋の掃除もほぼ完了し、落ち着いてきました。
    また元のペースに戻れるかな?まあ、マイペースに続けていきます!

    という事で、秋冬はエレガントなアイドルポップスが聴けるかな(笑
    お楽しみに~♪

    それでは今月からの第24シーズンもよろしくお願いします!

    « 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

    2022年2月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28          

    アイドルポップス関連