無料ブログはココログ

« 秋のスケッチ/キャンディーズ | トップページ | ナクヨアイドル平成2年/宍戸留美 »

2015年11月 5日 (木)

夕陽のクレッシェンド/田中陽子

◆レビューNo.768◆
Photo

「夕陽のクレッシェンド」田中陽子
作詞:森雪之丞
作曲:いしいめぐみ
編曲:鷺巣詩郎
(1990年7月25日発売)

田中陽子ちゃんの2枚目のシングル曲です!

宍戸留美ちゃんのライブに行ってきました~!
あれ?って感じだと思いますが、ルンルンのライブによっきゅんがゲスト出演しました!
ルンルンのライブの中に、田中陽子ちゃんが歌うというコーナーがあり。
これは、、「ヨッキュンコーナー」とでも言っていいのでしょうか(笑
そうとは言っていませんでしたが、そのようなものと思っていただいて結構です(笑

田中陽子ちゃんが登場したのは、宍戸留美ちゃんの誕生日のお祝いと、デビュー25周年記念イベントでした!

 11/3(祝火)『宍戸留美誕生祭&デビュー25周年記念イベント』
 場所:風知空知
 出演:宍戸留美
 スペシャルゲスト:田中陽子
 開演:14時
 前売¥4,500(1D別)

Photo_2

ルンルンもほんとすごいですよね。
短いアイドル時代を経て、フリーで頑張ってらっしゃってて。
こんなに続けられているなんて、ルンルンの努力の賜物ですよね。
ルンルンを称えましょう!!!

そんなルンルンのライブに、同期の田中陽子ちゃんがゲスト出演すると言う!!

今年6月5日に開催された、田中有紀美ちゃんの「トークライブ田中珈琲店ミーティング3」に突如として公の場に現れたよっきゅん!
トークの次は、歌うことが決定したんです!!!

これもルンルンのおかげですよねぇ。
ゆきどんにルンルンに、素晴らしい仲間がいますね☆

ライブは、1部はルンルンの弾き語りライブ。
そして2部が、よっきゅん登場で、トーク&ライブって感じでした。

セットリストはコチラです↓

【一部】うた:宍戸留美

 01.ミルク
 02.セクシィ
 03.TAWAGOTO
 04.昼下がりのうた
 05.ハマナスの記憶

【二部】うた:minmin(山咲智美、蝦名恵)

 01.クリスマスツリー

【二部】うた:田中陽子

 01.陽春のパッセージ(Short ver)
 02.一人にさせない
 03.夕陽のクレッシェンド(Short ver)
 04.おジャ魔女カーニバル(with 宍戸留美&minmin)

【アンコール】

 01.井の頭にて

ルンルンの癒しの歌声から始まり、和んだところで休憩を挟みよっきゅんの登場!!

よっきゅんかわいい!!
よっきゅんもほんとに相変わらずの可愛さですよね。
芸能界から離れていたら、だいぶ変わっちゃってたりしそうなものですが、そんなことはなく!

そしてよっきゅん、登場してみんなの視線を集めておびえてました(笑

 「みんなこっち見てるー」

もう最初はほぼそれしか言ってなかったです(笑

そして心落ち着かせて、ライブスタート!!!

感動!!!

オリジナルカラオケで『陽春のパッセージ』のイントロが!!!
オリジナルカラオケっていうのも重要です!

当時のままの空気を感じられますもんね。

「踊らない」と言っていましたが、立って歌ってくれました♪

1990年に一気に戻ってしまいました!

当時、よっきゅん大好きで、ファンクラブ「マスカットクラブ」にも入っていて、歌もほんとに大好きで、そんなあの頃が呼び起されましたね。
もう夢のような時間でした。

歌声も、変わらずかわいいんですよ!
それにもびっくり!
こんな日が来るなんて、思っても見ませんでしたね。
当時はよっきゅんを生で見ることはなくて。
今こうやって夢が叶うなんて、みなさんに感謝ですね。

そして次は『一人にさせない』♪
『陽春のパッセージ』のカップリング曲ですね。
こちらも名曲なんですよねぇ。
アレンジも大好きなので、オリジナルカラオケの音源がまた素晴らしくて。
座って歌うよっきゅん。
ほんと素敵です(pdvωv☆!)

次に『夕陽のクレッシェンド』(1990年7月25日)♪
セカンドシングルですね。

迫力あるイントロからすぐに歌に入るのが印象的!

で、この曲でよっきゅん、感極まって歌えなくなってしまって。゚(。ノωヽ。)゚。
会場のみんなでの合唱が始まりました。
そしてルンルンに抱きしめられ、泣きそうになりましたね、あれは。
ほんと感動のシーンを目の当たりにしました!
ルンルンも言っていましたが、歴史的瞬間です!!!

当時の事とかいろいろ思い出しちゃったんですかね(涙
90年代の厳しいアイドル時代を生き抜いた2人がこうしてまた出会って、一緒に歌っているなんてね。
夢の様ですもん。
まさにこれは!伝説のライブとなりました!!!
思い返してみても、夢のような時間で+゚。*(*´∀`*)*。゚+

涙して歌えなかったよっきゅんに、「最優秀新人賞」のシーンを重ねたルンルンがまた素晴らしかったです(笑
まさにそんな光景ですよね。
最優秀新人賞を獲得して涙で歌えないよっきゅん。
それが再現されたような感じのね。
貴重な出来事を垣間見ることができました☆

トークでは、ルンルンとよっきゅんのアイドル時代の話しがたくさん聞けて。

当時は携帯もない時代だから文通してたとか。
ルンルンとよっきゅん、この3年で特に仲良くしているとか。
アイドル時代は、「新曲いいね」とか語ったりしていたそうです。

おじゃ魔女ドレミの歌をルンルンと歌っていた時には、よっきゅんらしい(?)一言!

 「知ってる人歌えばいいじゃん☆」

"☆"をね、付けておきました(笑
ルンルンも言っていましたが、活字にするとね、生意気に思えちゃうので。
そんな感じではなかったですよ☆
よっきゅんの愛がこもった言葉なのです(*◇‘v´+艸)

本当に、夢のような時間を過ごすことができました。
宍戸留美ちゃん、田中陽子ちゃん、ありがとうございますヽ(´▽`)ノ

物販で購入したサイン色紙とよっきゅんの写真&サインとバッジはコチラ↓Photo_3

そして『夕陽のクレシェンド』の話しに移ります!
今回は歌えなかったですが、当時はこの曲、テレビで良く見かけましたね~。

衣装がね、刺激的なやつですね(笑

このようなブログ↓が存在する位、インパクトがあったものだと思います☆
http://ameblo.jp/youko-tanaka/

アンスコの色の話しとかね。
正直当時はあまり気にしていなかったのですが、結構重要事項だったのですね(笑

最初は白だったけど、生々しいからと紺色になったとか。

この伝説の衣装、田中珈琲店ミーティングで実物が見れましたね。
これを着て歌ってたんだな~って。
アイドル界の歴史に残る1着ですよ(笑

よっきゅんと言えば、この衣装!って感じで思い出しますね~。

この曲も大好きでした。
デビュー曲『陽春のパッセージ』のかわいい感じから、ちょっと激しい楽曲へと変化して。

PVでは、青春ドラマみたいな内容ですよね。

曲の内容もまさに青春!ですもんね。

夕陽に向かって走り出したくなりそうな☆

でも実際は、駆け出さないんですよね(笑
夕陽を追いかけて駆け出すだけが青春じゃない!と歌われていますね。

イメージは、曲の疾走感から駆け出しているイメージです!ε-(=`ω´=)

青春時代を思い起こさせてくれる名曲ですよね♪

今回のライブでは歌えませんでしたが(それはそれで素晴らしい結果になりました!)、『夕陽のクレッシェンド』が歌えなくてリベンジ!
と言うことで、またライブがあるかも知れません!
是非、実現してほしいです!!!
今からまた、待ち遠しいです(☆$VЗv)☆

アイドルはやっぱり、いつまでもアイドルなんですね~。
いくつになっても夢を見させてくれるアイドルのみなさんに感謝です!

伝説のアイドル田中陽子ちゃんに、また一つ、伝説が増えた一日でした♪

宍戸留美ちゃんのイベントのブログ記事です↓
http://ameblo.jp/sundaliru/entry-12091773834.html

関連記事:
陽春のパッセージ/田中陽子
一人にさせない/田中陽子
太陽のバースディ/田中陽子
陽炎のエチュード/田中陽子
陽のあたるステーション/田中陽子

« 秋のスケッチ/キャンディーズ | トップページ | ナクヨアイドル平成2年/宍戸留美 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

お、言わずとしれた名曲来ましたねw
昨日Twitterでイベント行かれた色んな方のツイート拝見しておりましたw
よっきゅんさん泣いちゃったってきいてなんか切なくもなりやっぱり懐かしい気持ちになりました、私の中で今でも90年代前半って最近な感覚あるんですが実際のところ半半世紀も過ぎていてちょうどその半半世紀前が田中陽子さんが芸能活動されていた1年なんだなと...あれから25年なんだなと...懐かしい昔の話なんだなと思うようになりつつあります。

ついに、よっきゅん3大シングルのレビューが完結しましたね♪
「夕陽のクレッシェンド」だけを語るブログが存在するなんて驚きです(笑)
こんな日が来るなんて思ってもみませんでした…感慨深いですよね。90年組アイドルが揃って25周年を迎えたと同時に夏の友達さんにとっても今年は【正式アイドルファン歴(ほぼ)25周年】でしたからね。あっという間に30周年に入りそうですが(笑)
「井の頭にて」という曲がかなり気になります。
加藤晴子ちゃんの「冬」、カバー曲なんですが晴子ちゃんのオリジナルの如く声にはまってて。83年に出たあみんのファーストアルバムにひっそり収録されてるソロ曲なんですがなんかやたら目立ってる名曲なんですよね。
「冬」とかなりテイストの似てる曲があって、石川秀美ちゃんの「SUMMER RAIN」です。こちらは夏ですが(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=K8x_NUzBFjE&sns=em
美穂ちゃんの再発アルバム、タクトの10月度売上月間ランキングに3枚食い込みました♪
http://tactocd.exblog.jp/25054884/
オリコンなど、一般の売上ランキングもタクトのようなチャートなら理想なのに…1位が桜たまこちゃんですからねぇ(笑)
ってか、あたしの魚津市も神保町みたいな町ならいいのに…
昔はあんなにたくさんいた美穂ちゃんファンも今や魚津市には1人も残っていませんからねぇ(苦笑)
CDショップでも美穂ちゃんのCDは、【大人の音楽】コーナーの【な行】にゴールデンベストがあるくらいで(笑)『CATCH THE NITE』ですら置いてない(^^;

>わびさん

コメントありがとうございます!
そうですね!名曲です!!!
Twitterでいろんな方の感想流れてましたね!
見ていましたか~。
そうそう、よっきゅん泣いちゃいましたねぇ。
『夕陽のクレッシェンド』の最初のワンフレーズを歌ってすぐに。
歌おうとしたけど最後まで歌えず、ルンルンに抱きしめられました><
感動。。。!!!
切ないと言うか、ジーンときましたねぇ。
90年代前半は最近と思いきやもう、25年も経ってて驚きですよね。
そうですね、1年しか活動していないよっきゅんなのに、こんなに今でも愛されているなんてすごいです!!

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
そうなんです!ついに、よっきゅんの3大シングルのレビュー完結です!
温存させておきたかった感じもしますが、でも今『夕陽のクレッシェンド』を語らずにはいられませんのでね(笑

「夕陽のクレッシェンド」だけを語るブログ、すごいですよね!
この曲には特別な思いがあるんですね、みなさん^^
ほんと、よっきゅんの生歌を聴けることになるとは、去年までは想像できなかったですよほんとに。
ゆきどんとルンルンのおかげですよねぇ^^
そうですね!自分にとってもアイドルファン歴25周年!!
いつの間にやら人生の半分以上アイドルの曲を聴き続けていたんですね^^
ほんと、30周年なんてあっという間ですよね(汗

ルンルンの「井の頭にて」、リアルでエロスな内容で(笑
アイドルらしさはないですけどねぇ、大人のルンルンを感じてしまいました!

加藤晴子ちゃんの「冬」はカバー曲でしたか。
あみんのファーストアルバムに収録されていたんですね。他の曲に負けていない名曲なのですね。
石川秀美ちゃんの「SUMMER RAIN」、夏の曲なのに「冬」に似ているとは(笑
あ~、この曲も好きです!穏やかですね^^

美穂ちゃんの再発アルバムおめでとうございます!!!
お~!タクトのですか!!一時期タクトでCD購入しまくってました!最近はたまに寄る程度になっちゃいましたが。
一般の売上ランキング、タクトのようならいいですよね(笑
1位すご(笑
桜たまこちゃんって(笑
あ~!おじさんがどうのこうの歌っている方ですね^^
以前曲を聴いてWAO!って感じでした^^(←どんな感想やねん)

神保町みたいな町になるといいですよね。
あらら、美穂ちゃんファン、いなくなっちゃいましたか><
寂しいですね。神保町のように美穂ちゃんのファンがたくさんいれば・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/62381529

この記事へのトラックバック一覧です: 夕陽のクレッシェンド/田中陽子:

« 秋のスケッチ/キャンディーズ | トップページ | ナクヨアイドル平成2年/宍戸留美 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連