無料ブログはココログ

« 行け 行け モンキーダンス/Berryz工房 | トップページ | レースのカーディガン/坂上香織 »

2016年1月14日 (木)

見つめていたい/水野あおい

◆レビューNo.775◆
Photo

「見つめていたい」水野あおい
作詞:沢田聖子
作曲:沢田聖子
編曲:勝又隆一
(1994年12月16日発売)

水野あおいちゃんの3枚目のシングル曲です!

あおいちゃんの、ゆめかわいい1曲(最近覚えた単語「ゆめかわいい」(笑

沢田聖子ちゃんプロデュースで、本当に乙女チックなかわいい世界観を創り上げています☆

あおいちゃんの歌唱も本当にドリーミンなんですよねぇ。
夢へといざなってくれる歌声!

出だしのバラード調の部分なんて、完全に夢の入口ですよね。
ふわふわしていて、体中が包み込まれる感じで。

声のかわいさだけでなく、歌唱力もしっかりしています。
伸びやかで奥行きのある歌声で、才能を感じます☆

でも、ただの「歌の上手い人」ではなく、アイドル感があるのがまたあおいちゃんのすごいところで。

ここまで乙女チックな世界観を歌声で再現できるなんて、素晴らしい宝ですよ!

女優やタレントではなく、「アイドル歌手」として活動するという気持ちがファンとしても嬉しいものですね。

1994年と言えば、CoCoの解散や、TPDの中核メンバー卒団など、アイドル界は激動の年だった訳で。

純粋に「アイドル歌手」と言えるアイドルが激減していく中、がんばってアイドル歌手として活動してくれていたのは、本当に嬉しかったです。

現代は、地下アイドルやライブアイドルがあふれていますが、そんなアイドルたちの草分け的存在と言われていますしね、あいいちゃんの「正統派アイドル」としての活動が、今につながっているのはやはりすごい存在なんだと思います!

楽曲をプロデュースしていた沢田聖子ちゃん(ここでちゃん付けするのもあれですが)もすごかったですよね。
水野あおいちゃんのアイドルとしての魅力を引き出してくれる楽曲を数々作っていて。
さすが元アイドル!

あおいちゃんの実力も鑑みて作っていたのでしょうね。
あおいちゃんの伸びやかな歌声が心地よい楽曲になっています☆

歌詞もね、ザッツ正統派アイドルなところが作り込まれているなと。

『見つめていたい』が発売された頃は、あおいちゃん19歳。
もう高校生ではないけれど、学園ものですね。

あおいちゃんに年齢は関係ありません!いつまでも高校生でOKな訳です!
「永遠の17歳」と言っていいでしょう!
それがアイドルと言うものですから!

そんな、引退するまで「アイドル」を貫き通したあおいちゃんは伝説ですね。
『見つめていたい』のカップリング曲にもあるように、『あおい伝説』が永遠に語られていくことを願います☆

あおあおあおあお!あおい~!!!

関連記事:
春の輝き/水野あおい
恋のはじまり/水野あおい
楽園~パラダイス~/水野あおい
ホワイトバレンタイン/水野あおい
Love Song/水野あおい

« 行け 行け モンキーダンス/Berryz工房 | トップページ | レースのカーディガン/坂上香織 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

コメント

夏の友達さん。
初めまして。80年代アイドル動画好きと申します。
夏の友達さんとお呼びしても良いですか。
しばらく前から、こちらへはお邪魔しています。自分とほとんど同じアイドルが好きで、とてもで驚いています。

CoCoが大好きで、お名前を見てすぐにピンときました。
自分は80年代前後のアイドルの動画をアップしているサイトを開いています。

夏の友達さんの様な気の利いたコメントは書けませんが、良かったら覗いてください。
私的なサイトなので、見ているのは自分と、仲間たちだけですが、某動画サイトには無い、
又は、元になった動画をアップしいてます。

もしかしたら期日限定になるかも知れませんが、よろしかったらどうぞ。
Passは「idol80」です。問題があったら削除してください。
自分以外は、観覧のみのサイトです。

では、夏の友達さんの更なるご活躍をお祈りします。
80年代アイドル動画好きより。

>80年代アイドル動画好き。さん

コメントありがとうございます!
お邪魔していただいてたんですね!ありがとうございます。
同じアイドルお好きですか!それは嬉しいですね~。

CoCoがお好きなら「夏の友達」でピンときますよね。
勝手に名前を使って申し訳なさもありますが^^;

動画アップされているんですね。
観てみますね。
今後もよろしくお願いします!

水野あおいちゃんと沢田聖子ちゃんのタッグは最高ですよね。バラード調から始まるパターンもアイドルポップスの定番でこの時代にこの曲を!?と涙したアイドルファンもたくさんいたんでしょうね。
あたしがこの時期で印象があるのは10月リリースですが由美子ちゃんの「3年過ぎた頃には」。大活躍の94年を〆るのにピッタリの素敵な曲でした。
後、涼子ちゃんの紅白出場が決まったり、よねみーが角松先生プロデュースのアルバムを出したりと結構あたしは浮かれてましたね(笑)
でも角松先生プロデュースならしつこいですがやはり翌年の『FOREVER』(笑)
しかしこの名曲揃いのアルバムからなぜ「It's just a moment ~weariness~」がシングルカットされたのかいまだに不思議です。一番微妙な曲ですよね(^^;
角松先生的にはこの時期はまってたパターンの曲で(途中で外国人男性のラップが入るみたいな)推したい部分があったのかなぁ~と。
こんな動画あったんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=BoTHwhFgxBI&sns=em
はのぴゃ、美穂ちゃんの「ユアマイ」を名曲と言ってくれて感謝です!!
99年の映像だと思いますが角松先生がテレビに出ることが珍しいし、ましてやトークだなんて…かなりレアですよ。
角松先生は90年代前半活動を突然休止して、よねみー側からプロデュースの依頼がなかったら90年代の角松先生はなかったんですよ。だから角松先生ファンからしたらよねみーって実は凄く偉大な存在なんですよ!!

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
水野あおいちゃんと沢田聖子ちゃんのタッグ、良かったですね~。
沢田聖子ちゃんのアイドル時代の曲とかも聴いたんですけど、良いですね~。
こういう方がアイドルの曲を作ったら素晴らしいものができますよね。
あおいちゃんも実力のある子ですしね!

バラード調から始まる曲、いいですね!
アイドルはこれですよね!夢への入口って感じです!
ほんと自分もあの頃って、アイドルポップスに物足りなさを感じていた時期だったのであおいちゃんや純菜ちゃんはありがたい存在でしたねぇ。

由美子ちゃんの「3年過ぎた頃には」、グッと大人っぽい雰囲気でびっくりでした。
最近あまり聴いてなかったのでまた聴いてみなきゃですね!
94年末、ラパスさんにとって嬉しい出来事が多かったんですね~。確かにそう言われると!

『FOREVER』名盤ですよね、ほんと。
「It's just a moment ~weariness~」、確かにあの中だとそこまで推す曲なのかわかりませんが。
何度も聴けるタイプの曲かな~、と思ったりします^^
途中で外国人男性のラップが入るみたいな曲(笑 気に入っていたんですかねぇ^^

はのぴゃ!!
この動画は見てなかったです!
美穂ちゃんの「ユアマイ」について語られていますね!
はのぴゃ、名曲だと言ってますね!^^
角松先生と出演されていたなんて!
99年にトーク番組に出演されるって、貴重なんですねぇ。
おー!よねみーがプロデュース依頼したから90年代の活動はなかったんですね。
よねみーほんとに音楽界を動かしましたね!偉大だ~。
今後ももっと歌ってほしいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/63457747

この記事へのトラックバック一覧です: 見つめていたい/水野あおい:

« 行け 行け モンキーダンス/Berryz工房 | トップページ | レースのカーディガン/坂上香織 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連