無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月25日 (水)

Be My Diamond!/ribbon

◆レビューNo.793◆
Be_my_diamond

「Be My Diamond!」ribbon
作詞:原真弓
作曲:楠瀬誠志郎
編曲:松本晃彦/コーラスアレンジ:楠瀬誠志郎
(1993年4月7日発売)

ribbonの12枚目のシングル曲です!

1993年3月9日にNHK-BSで放送された、劇団☆新感線の舞台【TIMESLIP 黄金丸】をついに観ることができました!
生では観に行っていないので、初めて観れましたね。

3人とも声がつぶれているようで、つらいものはありましたが、でもがんばってるのが伝わりました!
3人の熱演に感動です!!!

永作博美ちゃんの、女優への道の第一歩って感じの作品ですかね。
その前にも【世にも奇妙な物語】の「テレフォンカード」や、さらにさかのぼるとファーストビデオ「FIRST WAVE」の中のミニドラマ(コント!?)「水の悪魔」とかありますが(笑

ひろちゃんも、ribboとしてデビューした当時は女優になるとは思ってもいなかったようですしね。
本当に重要な作品ですよね。
ribbonとしてのアイドル活動を糧に、女優に転身した良い例ですね。

そんな、ひろちゃんの転機ともなった作品【TIMESLIP 黄金丸】の主題歌的な楽曲がこの「Be My Diamond!」ですね!

これがまたすごい良い曲で~。

アイドルって路線変更しかけてきたら、個人的にですがピンとこなくなっちゃうんですが、ribbonはバリバリアイドル時代から、後半の路線も良いんですよねぇ。

ひろちゃんメインボーカルで、あみちゃんとあいちゃんを従えている感じですね。
11枚目のシングル『Do You Remember Me?』からひろちゃんメインの曲になって、その第2弾的な?感じですよね。
まあ、そうなっちゃうのかな~、とも。

Qlairも最後の方は吉田亜紀ちゃんがメインになって、3人組は真ん中が重要と言いますか。
そういうバランスになっていくものなのかな、と。

ribbonもひろちゃんのボーカルが正統派と言いますか、あみちゃんとあいちゃんが個性派って感じがして、ひろちゃんがメインを歌うとバランスがものすごくよい感じはしますね。

といっても、きちんとあみちゃんとあいちゃんのソロも多めにあります!
サビがひろちゃんソロなので、メインっぽくなりますね。

あと、歌う時にスタンドマイクで歌っていて位置固定なので、その辺の印象もひろちゃん中心的な感じに受けます。

作曲の楠瀬誠志郎さんがコーラスとしても参加されており、コーラスも耳に残るような印象的な作品になっております!
シュワシュワしていてさわやかです(*ゝωб*)
ひろちゃんのソロパートからのキラキラ感、ほんと素晴らしいです☆
ひろちゃんのくしゃっとした笑顔もかわいすぎてねぇ。
これがアイドルですよね、このきらめきを出せるのは!

振り付けは今までの初期の難易度からは、低めになっている気がします。激しさはない感じですね。
その分真似したくなりますが☆

腕をぐるぐるする列車の振りがこれまたかわいくて!
歌詞に出てくる「列車」が表現されているようですね~。

こんなかわいい曲だけど、失恋の歌なんですよね。
でも悲壮感はあまりなく、前向きな歌で。
それにしても主人公の女の子、健気な女の子だな~。
きっと素敵な女性へ成長していくことでしょう(*^▽^*)

でもですね、この曲のキャッチコピーは、

 「甘く見るなよ!オトコたち」

Be_my_diamond2
というとても力強いものなんですよね~。
女は強し、ってことでしょうか。
健気な女の子・・・ではなさそうですね(笑

あと、『Be My Diamond!』と言うタイトルから雰囲気たっぷりですが、ロネッツの『ビー・マイ・ベイビー』がルーツとも言えますね。
CDジャケットもそれっぽく仕上げている感じがしますd(ゝ∀・)

そして以前にもちょっと触れましたがこの『Be My Diamond!』、中国語バージョンもあるんですよね~。
これ全然当時知らなかったんですが、前に知って驚いたものです。
舞台に海外デビューにと、着実にステップアップしていた3人でした!

ribbonの新たな挑戦がつまった1曲になりましたね(゚∀゚人)

ribbonの本気、ここにあり!!!

関連記事:
リトル☆デイト/ribbon
そばにいるね/ribbon
避暑地の風/ribbon
あのコによろしく/ribbon
太陽を聞いて/佐藤愛子(ribbon)
Boy's Dream Days~あの頃の気持ち/永作博美 with ribbon
ゆるせない!!/ribbon
サイレント・サマー/ribbon
Deep Breath/ribbon
卒業/永作博美 with ribbon
My Home Town/永作博美
いちばんの友達 ~I Hope Your Happiness~/永作博美
Without You/永作博美

2016年5月12日 (木)

トライ・エヴリシング (Dream Ami version)/Dream Ami

◆レビューNo.792◆
Photo

「トライ・エヴリシング (Dream Ami version)」Dream Ami
作詞:Stargate・Sia Furler・Tor Erik Hermansen・Mikkel S. Eriksen
作曲:Stargate・Sia Furler・Tor Erik Hermansen・Mikkel S. Eriksen
編曲者:Masaki Iehara
(2016年4月20日発売)

Dream Amiの2枚目のシングル曲です!

2016年4月23日全国公開のディズニーアニメ映画【ズートピア】の主題歌♪
オリジナル版ではシャキーラちゃんの歌唱で、日本語吹替版ではDream Amiちゃんが歌っております☆

Amiちゃんと言えば、Dreamに加入し2003年2月13日に『MUSIC IS MY THING』でデビュー☆
当時は3人だったdreamが一気に8人になってとまどいました(笑
Amiちゃんも、当時はあまり印象薄かったと思いますね。
そんなAmiちゃん、E-girlsとして活動が始まってから、跳ねましたね!
金髪になったのも功を奏したようで!

2012年1月7日放送の【めちゃ×2イケてるッ!新春SP】に 出演した時に、ナインティナインの岡村隆史さんから言われた言葉が印象的でした!
「【志村けんのだいじょうぶだぁ】に出演してた頃のいしのようこみたいな顔」だと(笑
岡村さん良い事言うΣd(ゝω・o)

あの日からAmiちゃんを見ると、いしのようこちゃんを思い浮かべております☆

E-girlsでは中心的な存在で、ほんと飛躍しましたよね~。
ソロデビューも果たし、ついにはディズニー映画の主題歌まで登りつめました!

と言うことでそんなAmiちゃんの曲が聴ける、日本語版の【ズートピア】観てきました~。
主人公のウサギの女の子「ジュディ」の声は、上戸彩ちゃんでした!そこにも注目☆

親の反対を押し切り、小さなウサギが警察官になんてなれるはずがないと言われてもがんばったジュディ。
努力の末、初のウサギの警察官誕生となりました!
そしてズートピアに一人旅立ちました☆

動物たちの楽園、ズートピアがまた夢のような世界で!
肉食動物と草食動物が、共存していて、一見幸せそうに見えるが・・・。
警察官がいるということは、犯罪もある訳で。
夢のような世界だけどその辺はリアルですね。

そんな新しい街へと旅立っていく、夢があふれる新生活が始まる時にかかる曲が、『トライ・エヴリシング』♪

ズートピア、夢と希望にあふれている感じですよね~。
この箱庭のような世界観も、映画館で見ていてうきうきしました(〃ゝω’)b

ズートピアに到着したら、ガゼルのお出迎えが☆
日本語吹替版で、Dream Amiちゃんは、ガゼル役として登場~!
セクシーな歌姫の役ですが、なんだかかわいらしい声なんですよね~。

歌の方は♪オオオオオ~♪が印象的!

主人公のウサギの女の子、ジュディの気持ちを歌ったような歌詞でもありますね。
前向きで希望でみなぎっている感じで!
ジュディも警察官に何て慣れないと言われても、あきらめずがんばって警察官になると言う夢を手にいれて。
あきらめないことが大事だと教えてくれています。

MVがこれまたすごくて!
ジャングルのようなファンタジーな世界で、動物たちに囲まれて歌うAmiちゃん。
フラミンゴや猿もいて、トラまでいて、しかも合成じゃないって言うのがすごいですよね!
まさにズートピアと言えますね!!

トラが近づいてくるところとかちょっと見ていてドキドキしますが、Amiちゃん自身、撮影も楽しんでやれたようで!
そのハッピーな雰囲気が伝わってきますね☆
Amiちゃん、ほんと輝いてます(*从>∀o*)o.゚。*・

2016年5月 5日 (木)

ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)/荻野目洋子

◆レビューNo.791◆
Photo

「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」荻野目洋子
作詞・作曲:A.Kate - T.Baker
日本語訳詞:篠原仁志
編曲:馬飼野康二
(1985年11月21日発売)

荻野目洋子ちゃんの7枚目のシングル曲です!

荻野目ちゃんのファンミーティングに行ってきました~~!!

2016_3
「荻野目洋子ファンミーティング2016」
 ●公演スケジュール(3公演)
 2016年4月23日(土) 17:30開場/18:00開演
 2016年4月24日(日) 13:30開場/14:00開演
 2016年4月24日(日) 17:30開場/18:00開演
 ●会場:原宿駅前ステージ

会場は最近通っているおなじみの、原宿駅前ステージ☆
2016_42016
この会場のすごいところは、演者さんとの距離の近さですよね~。
100席ほどのステージで、あの荻野目ちゃんを観れるなんて、思ってもみませんでした!

自分が参加したのは24日の夜の最終公演なのですが、いつも以上の年齢層の高さ(失礼・・・
雰囲気が違うのがわかりましたね。

自分は会場で販売されていた荻野目ちゃんのサイン入りTシャツを着て応援しました~!
多分ですが、自分以外には着ている人いなかったような・・・?
2016n

そしてついに、荻野目ちゃんの登場!!!

『キラー通りは毎日がパーティー』のVTRでスタートです!
この曲も良いんですよねぇ。
わくわく感が止まらないです!

目の前に荻野目ちゃん!感動~!
やっぱりスターですよねぇ。
有名人の輝きはいくつになっても衰えないな~。

正直なところまだ荻野目ちゃんの楽曲、詳しくはなく、知らない曲がほとんどでして。
でもその場で聴きながら覚えて、ノッテみました(笑

今回のライブではリクエストメッセージを募集していて、自分も投稿していたんですよね~。

リクエスト曲は、『2Bの鉛筆』♪
この曲、ほんと良いですよね~。生で聴けたら感動だなって(*pωq*)

と言うことで、DJ風にメッセージを読んだりと、楽しませてくれました!
結局、『2Bの鉛筆』は歌われず、メッセージも読まれなかったのですけどね~、残念。

セットリストはコチラです。

 01.キラー通りは毎日がパーティー
 02.続・六本木純情派
 03.246プラネット・ガールズ
 04.あなたに帰りたい
 05.C'EST LA VIE
 06.さよならの果実たち
 07.Someone Like You(ギター弾き語り/イギリス人歌手ADELさんのカバー)
 08.コーヒー・ルンバ(ギター弾き語り)
 09.六本木純情派(ギター弾き語り)
 10.ギャラリー
 11.4/23昼公演 ⇒ ダンスビートは夜明けまで
      4/24昼公演 ⇒ フラミンゴ in パラダイス
      4/24夜公演 ⇒ 湾岸太陽族
 12.ダンシング・ヒーロー
 

盛り上がりますよねぇ。
ギターでの弾き語りもあったり、クイズ大会もあったり。
ファンミーティングというだけあって、ファンとの交流もしっかりとっていましたね。

途中歌えなくなったハプニングもあり(笑
客席が近いせいか、目が合うのを動揺したようで、手で目を覆って歌うと言う暴挙に出てました(笑
そんなところも楽しかったですね!

そしてラストは『ダンシング・ヒーロー』!!
最高潮に盛り上がりました~!!!

荻野目ちゃんも、客席にマイクを向けてみんなで一緒に歌って会場と一体感を生んでました!
やっぱりすごかったです!
これがスターのオーラなんだな~って実感しました!

最後はなんと、お見送りまであって!

荻野目ちゃんと握手して会話までできました~!

短い時間だったので言いたいことはほとんど言えずでしたけどね。
『2Bの鉛筆』をリクエストしました!と言っておきました☆
あと、荻野目ちゃんからは来ているグッズのTシャツを見て、「似合ってる」とおっしゃってくれました(*´∀`*)
ありがとうございます☆

そんな夢のような時間を過ごさせてくれました☆

そうそう、作詞家の売野雅勇先生も見に来られていたようで、お見かけできたのも嬉しすぎました!!
お声はかけれませんでしたが、至近距離で見れただけでもありがたや~です!

と言うことで、ほんとに夢の時間を過ごせました(*бωб*)
荻野目ちゃん、ありがとうございましたヾ(*・ω・*)o

それではライブのラストに歌われた『ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)』のレビューです!

Angie Gold(アンジー・ゴールド)の1985年のオリジナル楽曲『Eat You Up』(邦題「素敵なハイエナジー・ボーイ」)のカバー♪

やっぱり荻野目ちゃんと言えばこの曲を思い出しますね。
第37回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした時にも歌われた曲でもあり♪
代表曲ですね。

リアルタイムでファンではなかった自分でも、当時から知っている曲であります。
これぞまさに国民的大ヒットですね☆
荻野目ちゃんもこの曲で飛躍的に有名人になったことでしょう。

イントロからもうテンション上がりますよね↑↑↑
振り付けも印象的で、一緒に踊りたくなる!!!

テンション上がるイントロからの荻野目ちゃんのボーカルも最高!
カッコいいですよね~☆

80年代のディスコサウンドも心躍らせてくれます!!!
胸にズキュン!ズキュン!来る感じがね、上がりますねヽ(*´∀`*)ノ.+゚

こういうヒット曲って、改めてじっくり聴かなかったりするんですが、改めて聴くとほんとにいい曲ですよね。
ヒットした理由がちゃんとありますよね。
振り付け、アレンジ、ボーカル、ノレる曲!全ての魅力が合わさってますもんね。

今の荻野目ちゃんが歌っても、その輝きが色あせないのがすごいです!
ヒット曲は時を経ても生き続けるものだな~、とつくづく思い知らされましたね!

今回のファンミーティングでもみんなで合唱して、とても重要な楽曲だと実感しました。
荻野目ちゃんとファンの人たちとの心をつなぐ曲♪
これからもいくつになっても、ずっと歌い続けてほしいと思います!!

ファンミーティングについての荻野目ちゃんのブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/oginome/entry-12154841139.html
http://ameblo.jp/oginome/entry-12153615546.html
http://ameblo.jp/oginome/entry-12153265531.html

この原宿キディランドの映像好きなんですよね~☆

関連記事:
クリスタル・マイ・ラブ/Milk

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連