無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

地球の危機/宍戸留美

◆レビューNo.798◆
Photo

「地球の危機」宍戸留美
作詞:石嶋由美子
作曲:福田裕彦
編曲:福田裕彦
(1991年5月22日発売)

宍戸留美ちゃんの4枚目のシングル曲です!

宍戸留美ちゃんと、森下純菜ちゃんのRunJunのライブに行ってきました~!!!

 ■7月18日(祝)
 「ルンルン&純菜姫ツーマンライブ~アイドルを歌う!~」
 11:30 Open /11:50 Start
 場所:渋谷テイクオフセブン
 出演:宍戸留美・森下純菜
   RunJunメイツ(蝦名恵・山咲智美)
 特別ゲスト:中川雅子

デビューしてから現在も活動されているレジェンドアイドルの2人!
しかもTPD DASH!!(東京パフォーマンスドール)の中川雅子ちゃんまで登場という素晴らしい組み合わせのライブでした!

これは見逃せません!!

ルンルンが事前に80年代&90年代のアイドルポップスで聴きたい曲を募っていて、そこからもう期待が高まりましたね!

リクエストは、乙女塾関連を☆´∀`☆
さてどうなったでしょう。

セットリストはコチラです↓

 ♪RunJun(宍戸留美&森下純菜)
 01.渚のはいから人魚(小泉今日子)
 02.水平線でつかまえて(三浦理恵子)
 03.TOO ADULT(渡辺美奈代)
 ♪森下純菜 ソロコーナー
 04.Melody
 05.おちゃめなパイナップル
 06.ホワイトピーチの純情
 07.with you

 ♪宍戸留美 ソロコーナー
 08.コズミック・ランデブー
 09.WE CAN DO!
 10.おとこのこ
 11.nth color
 ♪中川雅子 ソロコーナー
 12.again(工藤静香)
 13.さよならを過ぎて(酒井法子)

 ♪RunJun(宍戸留美&森下純菜)
 14.サザンウィンド(中森明菜)
 15.話しかけたかった(南野陽子)
 16.夏色のナンシー(早見優)
 17.渚のバルコニー(松田聖子)
 18.17才(森高千里)
 19.C-girl(浅香唯)
 ■アンコール■
 ♪RunJun(宍戸留美&森下純菜)
 20.Legend(森下純菜)
 21.地球の危機(宍戸留美)

 ♪RunJun(宍戸留美&森下純菜)+中川雅子
 22.学園天国(小泉今日子)

すごい!
圧巻の22曲!!!

夏のアイドルソングを中心に構成された、名曲揃いのライブでした!
それぞれのオリジナルソングもこれまた素晴らしい物ばかりで。
大満足の2時間でしたね~。

キョンキョンから始まり、三浦理恵子ちゃんの楽曲までも!!
『水平線でつかまえて』の振り付けも踊ってくれていて。
一緒に踊った~ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

渡辺美奈代ちゃんの『TOO ADULT』ではあの"Bダッシュ"の振り付けですよ!
最高じゃないですか~Σd(ゝ∀・)
実は今回最前列で観ることが出来まして~。密かに(?)Bダッシュやってました(笑

ステージは80年代のアイドルのステージのようなきらびやかさがあり、そういう部分の演出も素晴らしかったですね。
そしてスクールメイツのような「ルンジュンメイツ」もバックダンサーとして、ステージに花を添えてましたね☆

ソロコーナーも充実でした!
純菜ちゃんのアイドルステージ!
初期の楽曲で、夢時間が広がりますPq’v`*)

ルンルンのソロコーナーでは、デビュー曲『コズミック・ランデブー』から圧巻ですね!
大人の雰囲気で歌うルンルン。でも歌声の可愛さは変わらないですねぇ。
そしてドラマ「アイとサムの街」主題歌の『おとこのこ』!!
この曲大好きで~。
ミュージカル風なステージを観ることができました!
1曲でこんな素敵な表現方法ってあるんですねぇ。
「アイとサムの街」は見ていたので、当時かなり聴いていたと思うんですが、歌っている姿を見たのは初めてかも知れません。
感動的な数分間でした!

そして特別ゲストの中川雅子ちゃん!
今回は、いつも歌っているTPD曲を封印してのステージ!
たまにはTPD曲以外を聴けるのも嬉しいです!
工藤静香ちゃんと酒井法子ちゃんの渋めの曲をチョイス☆
まちゃこちゃんの歌への想いが伝わってきますね!

80年代、90年代という自分的にも直球ど真ん中の大好きな楽曲ばかりで、大満足な2時間でした!

ライブ後は物販で3人とお話が出来たり!
簡単にですが、感想も伝えてきました~☆
3人と一緒にチェキも撮ったりと、90年代の自分には考えられない状況でしたね。
Photo
夢時間をありがとうございます!!!

こちらは森下純菜ちゃんのブログ。
写真も充実していて夢時間が蘇ります(*бωб)

http://blog.junna.tv/?eid=881324
宍戸留美ちゃんのブログです↓
http://ameblo.jp/sundaliru/entry-12182224703.html?frm_src=thumb_module
おたぽるのライブレポートはコチラ↓
http://otapol.jp/2016/07/post-7459_entry.html

 

ということでここから、今回は宍戸留美ちゃんの『地球の危機』のレビューです♪

今回のライブでは森下純菜ちゃんと歌ってくれました~!

ルンルンは純菜ちゃんに、「演技力がいるけど大丈夫?」と声をかけていました。

確かにこの曲、演技力いりますよね。
台詞のように歌う、みたいな感じですよね。
アニメソングのような感じで。

ルンルンの歌声が声優さんそのものです。
純菜ちゃんもキュートな歌声でさすがのアイドルです!
もう一度聴いてみたいですねぇ。

最後はステージ上のみんなが地面に倒れ込むという演出。
ドラマを感じました。
本当に楽しいステージでございました☆

楽曲の話しに戻りますと、この曲を聴くと、伊集院光さんの「オーデカナイト」を思い出す(笑

ファンを集めてレコーディングをしたんですよね。
サビの「地球のきっき!地球のキッキ!」という部分をみんなで歌って。
サビではライブ感のあるルンルンの歌声が聴けるのもおもしろいですよね!
生で歌っている気迫がビシバシ届きます!

当時、ノストラダムスの予言、子供だったので真に受けてまして、めっちゃ怖かったんですよね~。
ある意味この曲のノー天気さに救われたのかも知れません、子供の頃の自分!
と言うことで1999年7の月に、『地球の危機』を聴いて、生き延びることができました(笑

デビュー曲『コズミック・ランデブー』では宇宙人(?)とのロマンティックな恋を描いた楽曲でした。
その反面、と言いますか、『地球の危機』では宇宙から地球の危機を救うという指令が来てしまうごく普通の女子高生の物語で。
『コズミック・ランデブー』から『地球の危機』の間にルンルンに何かが起きたのは間違いない(笑

どちらも壮大なテーマを歌った曲ですが、世界観は180℃違いますよね~。
このふり幅、ルンルンの芸達者なところも感じ取れますね。

まあ、キャラがほんと変わっちゃいましたけどね。

曲は変な曲ですが、90年代のアイドル史に残る1曲でしょう(`・ω´・+)v

『地球の危機』と言えば、1年後に発売された胡桃沢ひろ子ちゃんの『日本がアブナイ!』も同時に思い出されます。
1990年代初めにバブルもはじけ、危機感や不安が大きくなった日本で、こうやって明るく歌ってくれるアイドルは、やっぱり救世主です!
暗くなってふさぎこんでちゃいけないですからね。

そう思うとルンルンは、ファンにとっては選ばれし救世主、だったんでしょう。
暗い世の中を明るくできる、それがアイドルにできる素敵な魔法ですね!!!

関連記事:
ナクヨアイドル平成2年/宍戸留美
るみちゃんの危機/宍戸留美
Panic in my room/宍戸留美
銀河でクリスマス/宍戸留美
おとこのこ/宍戸留美

2016年7月16日 (土)

Strawberry Diamond/鈴木まりえ

◆レビューNo.797◆
Strawberrydaiamond

「Strawberry Diamond」鈴木まりえ
(2015年)

鈴木まりえちゃんの楽曲です!

日本一のぶりっこアイドル!まりえちゃん37歳です!!

なんと!まりえちゃんを、地上波でがっつり見ました!
2016年7月11日放送のテレビ東京系【youは何しに日本へ】で!!!

これは快挙!!
海外の日本のアイドル好きなボブさんが、現在ハマっているアイドルということで登場しました!
このボブさん、70年代、80年代、90年代と、いろんなアイドルがお好きなようで。
CoCoの名前が出た時はびっくりしました(●’x`*)⌒%
お会いしてみたい(笑

そんな海外のファンの方とまりえちゃんの関係性も素晴らしくて。
20年も海外から通って応援してくれているなんて、素敵ですよねぇ。
まりえちゃんがここまでがんばってくれている一因になっているのは間違いなさそうですね!

番組では、まりえちゃんのライブ映像もありました☆
なんだか楽しそ~☆

オンエアに乗っていた曲は『ストロベリーリップ』、『Strawberry Diamond』♪

"ストロベリー"と付いた曲が多いんですねぇ。

今回紹介する『Strawberry Diamond』、他には『ストロベリーリップ』、『ストロベリーツインテール』、『恋のストロベリーマシンガン』、『StrawberryLolita』、『Strawberry kiss』!(他にもあるかも!?)
そして極めつけは、『私はいちごでできている』(笑
言い切りました(笑
堀川早苗ちゃんの『私は魔法でできている』のオマージュかな~☆

にしてももう、まりえちゃん自体がいちごなのですね(笑
どれだけ苺が好きかが伝わってきますね!

ライブに行けてないので申し訳ないですがほとんど聴いたことはなく。
でも聴きたいと思わせる何かがあります!
ちなみにまりえちゃんのCDは、5枚ほど所有しています☆
デビューした頃に買ったCDもありますし、乙女塾関連のカバーもされているのでねぇ。

『Strawberry Diamond』のPVもオンエアされていて、これがまたある意味すごい(笑

バナナマンの日村さん、この曲のPVを見て、「どこで歌ってんだよ!」って。
ほんまそれ!笑

電車好きなんですね、まりえちゃん。
それを知ってたら納得ですけどね、このPV(笑

曲とは合ってない感じがしないでもないですが~。
どちらかと言うと草原とかで歌ってほしい楽曲で~笑

それにしてもいちごと電車が好きなまりえちゃん。
なんだろう、両極端すぎると言いますか(*’A^q)
その両方を詰め込んでしまったまりえちゃんにとっては究極のPVではないでしょうか!

楽曲の方はキラキラキュートなアイドルポップス☆
こういう曲は10代のアイドルだけのものではないですね、かわいいです!
歌声もフレッシュさがあり、これぞアイドルですよ!

サビも印象的!
【youは何しに日本へ】を見てからというもの、この曲を思い出すことが多く。
まりえちゃんの存在と共にインパクトがあったんですよね~。

こうやっていくつになっても歌ってくれるのは、ほんと嬉しいですよね☆
しかもずっとアイドルを貫き通してくれるってね、普通できないですよ!
ぶりっこアイドルなんてなかなか37歳でやれるもんじゃないですよ!
それを続けてくれているんだからありがたいですよね~。
ファン想いのまりえちゃんなんだな~って思います!

海外から応援しに来てくれている方がいることも、まりえちゃんの大きな心の支えになっていることでしょう。
ほんと、素敵な関係ですよね。
これがファンとアイドルの最高のつながりなんだと思いました(*・∀-)b

番組ではまりえちゃんの名言も出てましたね!

 「時の流れは みんな平等なので
  
ファンと一緒に想い出を作りたい
  私は年齢にこだわりがなく やれればいいなと思う」

アイドル自身がこう思って活動できているのはほんと幸せなんじゃないかな~。
ファンの人も幸せだろうし、まりえちゃんもきっと幸せだろうし。

ボブさんの言葉もまた良かったんですよね。

 「有名じゃなくていい 若くなくてもいい
  光り輝く笑顔の まりえちゃんが大好きなんだ」

そうですよね、アイドルはいくつになっても輝けるものですよね!
ほんと素敵だな~って思いました。

2016年7月 9日 (土)

ほおずき市/あいあい(早苗・由美)

◆レビューNo.796◆
Aiai

「ほおずき市」あいあい(早苗・由美)
作詞:石丸博
作曲:三木たかし
編曲:船山基紀
(1979年発売)

あいあいの5枚目のシングル曲です!

第2回ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞!
双子の池田早苗ちゃんと池田由美ちゃんの、双子デュオの楽曲です☆

東京都台東区浅草の浅草寺で開催されている「ほおずき市」を歌ったものです!

あいあいの『ほおずき市』については情報があまり得られず・・・
Wikiにもあいあいのページがないんですね><
レコードの発売日も見つけられず・・・ご存知の方教えていただけると助かります><

なので、浅草寺で開催されている、ほおずき市について調べてみました(笑

ほおずき市は、江戸時代から続いている縁日だそうです。

愛宕神社の千日詣が浅草寺に波及したものなんですねぇ。
江戸時代享保元年(1716)から浅草寺で縁日に併せて開催されるようになったそうで。

そのほおずき市が開催されているる7月10日に参拝すると、4万6千日お参りしたのと同じ御利益があるらしいです!
いやはや、すごいじゃないですか~。
7月10日に浅草寺、行くっきゃないですね!

朱色の鮮やかなほおずきも他のしみて、ご利益まであって、古き良き日本の風習が楽しめるなんて素敵ですよねぇ。

と言うことで、ほおずき市についてざっくりではありますが勉強したところで、やっと本題のあいあいの『ほおずき市』の話しへと(笑

あいあいの『ほおずき市』、まさに「和」を感じれる楽曲ですね。
演歌ではないですが、古風な楽曲で。
この楽曲を聴くことも御利益があるのではないでしょうか!
7月10日に浅草寺に行けない方は、あいあいの曲を聴くことをオススメします☆
御利益があるかどうかは保証できませんが←

切ない歌ですよねぇ。
♪ほおずき市は来るけれど あなたは来ない♪ですよ。
イントロから切ないメランコリックな雰囲気を醸し出してますからね。
幼なじみでほのかに恋心を抱いてた人へ向けての想いを歌った曲ですよね。

でもしっかりほおずき市の場所と開催日まで入れて宣伝しているところが笑えます☆
彼への想いより、ほおずき市の宣伝に対する熱心さが伝わります(笑
ほおずき市の心得が伝わる楽曲ですよね~♪

それにしても原点に戻った話になるけど、「あいあい」って?
どういうことなの!?笑

愛子ちゃんと愛美ちゃんで、「あいあい」とかならわかるけども(笑

池田早苗ちゃんと池田由美ちゃんなんですよね~。
「さなゆみ」ちゃうのん?笑

「あいあい」の名前の由来、気になります!ヽ(。ゝω・)ノ☆;:*

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連